新田美波「え?また蘭子ちゃんが休養ですか?」back

新田美波「え?また蘭子ちゃんが休養ですか?」


続き・詳細・画像をみる

1:
新田美波「蘭子ちゃんが休養?」
2:
美波「いやいやいや…そんな同じ夢を二度も見るわけないですよ」
P「本当です。それに、アナスタシアさんもまだ体調が優れないようなので」
美波「嘘ですよね…嘘だと言ってくださいプロデューサーさぁん!!」
P「もう代役にも来てもらっています」
美波「(女の子…普通の女の子であってください!!)」
P「入ってください」
ガチャ
「「失礼します!!」」
3:
美波「!!」
歌鈴「ど、道明寺歌鈴です!よろしくお願いしましゅ!!」
歌鈴「(噛んじゃった…)」
美波「よかった…本当に良かったぁ!」ダキッ
歌鈴「ふぇぇ!?」
美波「ありがとうございます!一緒に頑張りましょうね!!」
歌鈴「ひゃいっ!がんばりまふ!」
P「あの…失礼ですが、貴女はきっと上の階だったはずです」
歌鈴「へ?」
美波「え?」
ブ蘭子「オハヨーゴザイマース、トニ・カンザキ・ブランコデース」
ペーニャ「ウィリー・モー・ペナスタシアデース。ペーニャトヨンデクダサイー」
P「お二人共、今日はよろしくお願いします」
美波「」
4:
美波「(夢に出てきたブ蘭子さんそっくり…正夢って本当にあるのね)」
ブ蘭子「ペーニャサン、ハジメマシテ」
ペーニャ「コチラコソ」
P「それでは、今日の予定を」
美波「…」
P「只今よりスタジオへ向かい雑誌のグラビア撮影」
美波「待ってください!グラビア撮影なら代役を使わなくても日を改めればいいじゃないですか!!」
P「いえ…今回は世界的にも有名なカメラマンをお呼びしたので日を改めることは出来ません」
美波「そんな…」
ブ蘭子「グラビアタノシミデスネ」
ペーニャ「ダー」
P「その後生放送出演、最後にCDの販促ライブです」
美波「(どう考えてもダメだと思うんですけど)」
6:
美波「…」
ブ蘭子「ペラペラペラ」スペイン語
ペーニャ「ペラペラペラ」英語
美波「(さっぱり何を言ってるのかわからない…夢の時はブ蘭子さん日本語だったのに)」
凛「おはよー…って」
卯月「わあ!大きな人ですねぇ!」
未央「ラテン系のプロデューサーが2人も!?」
美波「おはようございます…」
未央「あ、みなみんおはよう」
卯月「おはようございます。あの、どうかしたんですか?」
美波「…2人は蘭子ちゃんとアーニャちゃんの代役で、今日1日一緒にお仕事するんです」
ブ蘭子「ブランコデース」
ペーニャ「ペナスタシアデース」
未央「ブランランにペーニャん…よろしくね!」
凛「対応はやっ!」
8:
智絵里「そ、そんなことが…」
みく「急に事務所が国際的になっちゃったにゃ」
李衣菜「アメリカンとラテンの音楽を合わせる…ロックだね」
みりあ「わーい!たかいたかーい!」キャッキャッ
ブ蘭子「ミリアハカルイデスネ」
莉嘉「ペーニャー!アタシもー!!」
ペーニャ「ハイハーイ」ヒョイッ
かな子「あの…お菓子食べますか?」
きらり「きらりとおんなじくらい背が高いアイドルがいてうれすぃー☆」
杏「…暑苦しい」
凛「…何で皆こわなに普通でいられるの」
美波「さっぱりわかりません」
コンコンコン
P「新田さん、ブランコさん、ペナスタシアさん。そろそろスタジオへ」
美波「あ、はーい」
11:
?スタジオ?
P「はじめまして。私、こういう者です」スッ
カメラマン「あ、よろしくね?」
美波「新田美波です。今日はよろしくお願いします」
ブ蘭子「トニ・カンザキ・ブランコデス」
ペーニャ「ペナスタシアトイイマス」
カメラマン「君達が代役の子だね。うん、二人共可愛いねぇ」
ブ蘭子「ソ、ソンナ////」カァァ
ペーニャ「////」カァァ
美波「(あ、可愛い)」
カメラマン「それじゃ、早取り掛かるから準備してね」
美波「わかりました」
美波「ブ蘭子さん、ペーニャさん、行きましょう」
12:
?控え室?
美波「」イソイソ
美波「…よし」
ブ蘭子「ミナミサーン!」
美波「どうかしまし…ってきゃあ!!」
ブ蘭子「ミズギガハイリマセーン!!」
ペーニャ「ダー、コッチモデス」
美波「ふ、二人共!!前隠してくださいぃぃ!!!!!」
美波「(うぅ…夢に見た時よりも大きいよぉ!!)」
スタイリスト♀「あちゃー、やっぱり合わなかったか…」
美波「(どう考えても合わないでしょう!!蘭子ちゃんとアーニャちゃんの三回りくらいは大きいですよ!!)」
スタイリスト♀「ブ蘭子さん、ペナスタシアさん。こっち着替えてもらえる?」
ブ蘭子「シー」
ペーニャ「ダー」
美波「(スタイリストさん…流石だなぁ。全然動揺してない)」
13:
カメラマン「はーいいい顔して?」
カメラマン「そうそう!もっと大胆に!セクシーに!!」
カメラマン「いいよいいよぉ!おじさんを誘惑するような感じできちゃって!!」
ブ蘭子「ミナミサン、キレイデスネ」
ペーニャ「ウゥ…キンチョウシテシタシタァ」
ブ蘭子「ダイジョウブ、リラックスリラックスネ」
ペーニャ「」コクン
カメラマン「はーい次ペナスタシアちゃん行ってみようかー」
ペーニャ「ひゃ、ひゃいっ!!」
カメラマン「よーしそれじゃた無邪気な表情ちょうだい!」
カメラマン「いいよいいよ!もういっちょ!」
カメラマン「オッケーイ!!」
カメラマン「今度はこれ持ってみようか!」
ペーニャ「バ、バットデスカ…?」
カメラマン「これをアレに見立てて撮ってみよう!」
ペーニャ「ワカリマシタ」
P「あの、彼女はまだ13歳なんです…ですのであまりきわどいポーズは」
カメラマン「大丈夫大丈夫!ギリギリの方がファンもそそるでしょう!!」
P「…」
カメラマン「お、その構えいいね!!」
15:
カメラマン「はーいじゃあ最後に3人で撮ってみようか」
カメラマン「美波ちゃんが真ん中で、両サイドにブ蘭子ちゃんとペーニャちゃんね」
ブ蘭子「ミナミサン、ヨロシクオネガイシマスネ」
ペーニャ「ミナミナサンノヨコニタテルナンテ、カンゲキデス」
美波「そ、そうなの…」
カメラマン「はーい、いい顔して?」
カメラマン「もうちょい寄り添って」
美波「(二人共凄い身体…羨ましいなぁ)」
ブ蘭子「(オナカ、デテナイヨネ)」
ペーニャ「(ミナミサン、ハダシロクテイイナァ)」
カメラマン「(こんなこと言うのもなんだけど、美波ちゃんを取り囲む外国人の悪友にしか見えない)」
カメラマン「じゃあいくよー」
パシャッ
22:
お疲れ様でしたー
美波「お疲れ様でした」
P「新田さん、次の生放送の収録なんですけど」
美波「いつものスタジオですよね?大丈夫です。歩いていきますから」
P「…2人をお願いします」
美波「はいっ」
P「それでは、また後ほど」
美波「…」
美波「ブ蘭子さん、ペーニャさん。次のスタジオへは歩いて行きますよ」
ブ蘭子「シー」
ペーニャ「ダー」
美波「さてと、着替えましょうか」
23:
?移動中?
ざわ…ざわ…
美波「…」テクテク
ブ蘭子「…」テクテク
美波「…」チラ
ペーニャ「ミナミサン、アノミセカワイイデスネ!」
美波「(何で2人共スーツなの!?さっき普通の服着てたじゃない!!)」
ザワザワ…
エスピ-?
ギャングカモシレナイニャ
ロックダネ
美波「(みんなの視線が痛い…)」
ブ蘭子「ミナミサン!アソコノクレープタベマショウヨ!」
ペーニャ「ブランコチャン、ソレイイネ!」
美波「…もう好きにしてください」
28:
ブ蘭子「オイシイ!」パクチョ
美波「ひ、ひとくち…」ハムハム
ペーニャ「ツナサラダモイケマスネ!」パクチョ
美波「あの、もっと味わいましょうよぉ」
ブ蘭子「ソレナラ、モウイッコタベテイイデスカ?」
ペーニャ「コレジャアチイサスギマス」
美波「いいですけど、そろそろ時間ですから急いで買ってきてくださいね」
ペーニャ「ダー」
ブ蘭子「ペーニャチャン、イキマショウ」
ペーニャ「」コクン
美波「(スーツ着たゴツイ2人がクレープ屋に…何てシュールな絵なんだろう)」
29:
?スタジオ?
美波「もう!ブ蘭子さんがたくさん頼むからギリギリだったじゃないですか!」
ブ蘭子「ス、スミマセン…」
ペーニャ「ミナミサン、ブランコチャンヲオコラナイデアゲテクダサイ。ムリヲイッタワタシガワルインデス」
美波「…今日は間に合ったからいいけど、アイドルは時間との戦いだからね?そこはちゃーんと守ること」
ペーニャ「ダー」
ブ蘭子「シー」
美波「えぇと…こっちね。行きましょう」
30:
?生放送中?
芸人「はい、じゃあ罰ゲームとしてカードを引いてもらいます!」
美波「あぅ…」
ブ蘭子「ミナミサン!ゲキカラハヒイチャダメデスヨ!」
ペーニャ「アシツボマッサージ!アシツボマッサージ!」
芸人「さぁ新田さんカードをお引きください!」
美波「…これ!」スッ
美波「…!」バッ
芸人「おーっと仲間からのけつバットでーす!!」
ワァァァァァ
美波「ごめんなさい…」
ブ蘭子「ドンマイデス。ミナミサン」
ペーニャ「ミナミサン、オシリダシテクダサイ」
美波「うぅ…はい」スッ
芸人「ほい、バットね」
アナウンサー「(美波ちゃん…あんなゴツイ子達のけつバットなんて大丈夫なのかな。と言うか2人は誰?)」
31:
ブ蘭子「イキマスヨー」ブンブンッ
美波「ば、ばっちこいです!」
芸人「(いいケツしてるなぁ…)」
アナウンサー「(心配…)」
ブ蘭子「」グッ
スパコーン!!!!!
美波「んうっ!!」ビクンッ
ブ蘭子「ふぅ」
芸人「ブ蘭子ちゃん容赦ないスイングでしたねぇ。新田さんお尻は割れていませんか?」
アナウンサー「お尻は元々2つですよ!!」
芸人「あっ、そっか」
美波「(あいたたた…ブ蘭子さんもうちょっと手加減してくださぃぃ)」
ペーニャ「ミナミサン、コンドハワタシデス」
美波「ば、ばっちこーい!」
ペーニャ「」ブンッ
バッコォォォォン!!!!!!
32:
美波「ハァ…ハァ…」
芸人「こ、これ柔らかバットだよね?」フニフニ
アナウンサー「とてつもない音がしましたね…」
ブ蘭子「ミッションクリア!ブイブイッ!」vv
ペーニャ「ブイブイッ!」vv
美波「ぶ、ぶいぶいぃ…」ガクガク
芸人「はいそれではミッションクリア致しましたので告知タイムです!」
美波「わ、私達の新ユニットシングル…ぜひ買ってくださいね」ガクガク
ブ蘭子「モシカスルトワタシガウタウカモシレマセンヨー」
ペーニャ「アーニャサンモヨロシクオネガイシマスネー」
芸人「…はい、それではまた来週?」
37:
P「お疲れ様でした。新田さん、お尻の方は大丈夫でしょうか?」
美波「はい、元々柔らかいバットなので音ほど痛くありませんでした」
ブ蘭子「ヨカッタァ」
ペーニャ「チョットドキットシチャイマシタヨォ」
P「…お二人共、凄いスイングでしたね」
ブ蘭子「ワタシタチ、バットノアツカイニハナレテマスカラ」
美波「えっ/////」カァァ
ペーニャ「チイサイコロカラオトコノコトイッショニバットデアソンデマシタシ」
美波「小さい頃から…男の子と!?」
P「野球少女だったんですね」
ブ蘭子「ミナミサン、カオガアカイデスヨ?」
ペーニャ「マサカ、サッキノバツゲームデタイチョウガ!?」
美波「ち、ちがいましゅ/////」カァァ
38:
P「それでは最後にCDの販促ライブです。頑張ってください」
美波「はいっ」
ブ蘭子「…」
ペーニャ「ブランコチャン?」
ブ蘭子「ナ、ナンデモナイデス!ガンバリマショー!!」
美波「そうね!」
P「会場へは車を用意しますので、地下の駐車場でお待ちください」
美波「わかりました」
・・・。
?地下駐車場?
美波「えぇと、プロデューサーさんは」
P「みなさん、こちらです」
ブ蘭子「コレ、ロケバス」
ペーニャ「ハジメテナマデミマシタ」
P「どうぞ乗ってください」
39:
?会場?
ワサワサ
ブ蘭子「ヒ、ヒトガイッパイ…」
ペーニャ「プロデューサー、ワタシタチガデテキテダイジョウブカナ?ビックリサレナイカナ?」
P「…大丈夫です。貴女達は神崎さんとアナスタシアにも負けない笑顔がありますから」
ブ蘭子「…!」
ペーニャ「プロデューサー、ガンバリマス!」
P「(下手な発言をしたら殺されかねない…)」
美波「…よし!準備できました!」
スタイリスト「衣装合ってるー?キツくない?」
ブ蘭子「コシマワリガスコシキツイデス…」
ペーニャ「ウデガハイリマセン」
スタイリスト「おけー」
美波「(…この仕事が終わったら、二人とはお別れなんだよね)」
スタイリスト「これでいけそう?」
ブ蘭子「シー!ダイジョーブデス!」
ペーニャ「ダー、モンダイアリマセン」
40:
スタッフ「ゲート開けますねー」
ゾロゾロゾロ
ファン「!?」
美波「みなさーん!こーんにちーわ!」
美波「今日は新ユニットのライブなんですけど、蘭子ちゃんとアーニャちゃんがお休みなんです…ごめんなさい」
美波「でも!今日はその二人にも負けないゲストが来てくれました!どうぞ!!」
パチパチパチパチパチパチ
ブ蘭子「トニ・カンザキ・ブランコデス!」
ペーニャ「ペナスタシアデス。ペーニャトヨンデクダサイ」
美波「二人は私の後輩なんですけど、とても可愛いくて面白いんです!今日はよろしくね」
ブ蘭子「シー!ガンバリマス!!」
ペーニャ「セイイッパイウタイマス!」
ザワザワザワ
ブ蘭子「(ウゥ…シセンガ)」
ペーニャ「(ワタシ、ヘンジャナイヨネ?)」
41:
美波「それでは聞いてください!新曲…」チラ
美波「ブ蘭子さん、ペーニャさん、笑顔笑顔」ヒソヒソ
ブ蘭子「ヒャ、ヒャイッ」
ペーニャ「デモ…オキャクサンノハンノウガ」
ザワザワ
ナンダアノオッサン
ランコチャンヲダセヨ-
サギニャ-
スペシャルゲストダナンテロックスギルヨ-
ブーブー
美波「…」
美波「み、みn「ミナサン!キタイニソエズゴメンナサイ!」
美波「ブ蘭子さん!?」
ブ蘭子「セッカクCDマデカッテイタダイタノニ、ランコチャンジャナクテコンナガイジンデゴメンナサイ」
ブ蘭子「デモ、ワタシハランコチャンジャナイデスケドランコチャンニマケナイクライガンバリマスカラ!!」
ブ蘭子「ゼッタイニミナサンヲエガオデオカエシシマスカラ!!」
美波「ぶ、ブ蘭子さん…」
ペーニャ「ワタシモ、アーニャチャンニクラベルトゼンゼンウタモウマクナイシカワイクモナイデスケド…デモ、ヤルキハアリマス!!」
美波「ペーニャさん」
ザワザワ
バモス!バモス!ブーランコ!
ゴーゴーレッツゴーペーニャ!
バモス!バモス!ブーランコ!!
ゴーゴーレッツゴーペーニャ!!
43:
P「お疲れ様でした。3人とも、とてもいいライブでした」
美波「ふぅー…一時はどうなるかと思いましたよ」
ブ蘭子「グスッ…ヒック」
美波「ブ蘭子さん!?」
ブ蘭子「ヨカッタ…ヨカッタヨォォ!!」ビエ-
美波「キャッ!」
ペーニャ「ヒャア!」
ブ蘭子「オーイオイオイ!」
美波「(現実でも泣き虫だったのね)」
ペーニャ「ホントウニ、ヨカッタデス」ウルッ
ペーニャ「…デモ、コレデミナミサントモオワカレナンデスネ」
美波「あっ…」
P「…」
ペーニャ「ミナミサン、キチョウナタイケンヲサセテイタダイテアリガトウゴザイマス」
ブ蘭子「」コクコク
P「…あの、その件なんですが」
45:
3人「ユニット!?」
P「はい、既に神崎さんとアナスタシアさんには話をつけています。お2人共、大賛成の様子です」
美波「そ、それじゃあ…」
P「5人の新しいCDの決定。それに」
P「ブ蘭子さんとペナスタシアさんは、正式にデビューとなりました」
ブ蘭子「ウソ…」
ペーニャ「ヤッタ…ヤッタヨオ!!」
ブ蘭子「フェェェン!ペラペラペラペラ!!!!」スペイン語
ペーニャ「ペラペラペラ!!!!」英語
美波「よかったですね」
2人「プロデューサー!!」ダキッ
P「」グキッ
バタリ
美波「ぷ、プロデューサーさぁん!?」
46:
美波「うーん…プロデューサーさぁん」ムニャムニャ
美波「はっ!」ガバッ
アナスタシア「美波、ドーブラエブートラ。おはようございます」
美波「寝ちゃったんだ」
美波「アーニャちゃん、ブ蘭子さんは?」
アナスタシア「ブランコ?それなら、二軍で調整中です」
美波「へ?」
アナスタシア「そろそろスタメン発表ですよ。美波、準備準備」
美波「アーニャちゃん、今からドームライブよね?」
アナスタシア「美波、寝ぼすけさんですか?今からマチュ。試合です」
美波「!?」
美波「あれ?何で私バファローズのユニフォームを!?」
アナスタシア「美波、そろそろ行きましょう」
アナスタシア「今日こそ勝って、最下位脱出です」
美波「なんでー!?」
47:
???「ほぉ…最近は再就職先にアイドルの代役が流行りなんやな」
???「よっしゃ、渋谷繋がりでワイが渋谷凛ちゃんの代役やったろ!」
???「えぇ就職先やでぇ」ズズズ
4

続き・詳細・画像をみる


百度(バイドゥ)日本版、日本での検索サービスを終了していた

浮気ばれた。助けて

春香(お風呂気持ちよすぎて…寝ちゃいそう…)

【悲報】ま〜ん(笑)が乗るスポーツカー、川に落ちかける

怖い画像。 ”毒ヘビにキスをしてはいけない理由”

【動画】ラブライバーのキスマイ宮田君が番組でPile様デュエット! 動きが完全にオタクじゃねーかwwwww

back 削除依頼&連絡先