男「転校生?」back

男「転校生?」


続き・詳細・画像をみる

1:
男「へぇ?……転校生が来るのか」
男友「でも、二学期からって珍しいよなぁ。 何があったんだろう?」
男「そこはいろいろあるんじゃないの? 親の都合とか、理由くらい幾らでもあるだろ」
男友「まぁ、現実的に考えてみればそこに落ち着くか……」
男「それで? うちのクラスにやってくる転校生というのは、男? 女?」
男友「……どうも女らしい。 しかも、オマケにレベルが高いそうだ」
男「流石、校内にあらゆる人脈を持つ男だな。 何でも知っている」
男友「まぁな。 でも、お前にとってみればこんな情報どっちでも構わないだろ?」
男「別にそんなことはないぞ。 クラスに可愛い女の子が増えることは、喜ばしいことじゃないか」
男友「お前には姉さんがいるじゃないか」
男「……どうしてそこで姉ちゃんが出てくるんだ」
男友「知らないわけじゃないだろ? 校内で、“男と姉さんは実は血の繋がっていない姉弟で、付き合っているのではないか”という憶測が飛び交っていることを」
男「……そりゃあ、まぁ」
男友「それどころじゃない、俺くらいにもなると、もっと多種多様な噂話を聞くことができるからな」
男「よくやるよ……姉ちゃんと仲が良いことは認めるけど、前から言っているように、そんな特別な関係であるわけがないだろ」
2:
『キーンコーンカーンコーン』
男「おっ……チャイムか」
男友「さて、謎の転校生のお披露目の時間だぜ」
『ガラララッ!』
先生「席着け?……あぁー、いろいろと面倒だから、転校生の紹介だけするぞ」
男生徒1「それでいいのかよ」
男生徒2「相変わらず先生は適当だなぁ」
先生「いいだろ?、そんなこと。 第一、お前たちにも不都合じゃないはずだしな」
男(やる時はちゃんとやってくれる先生だったら、誰もそんな風に愚痴ったりしないよ……)
先生「そんじゃあ、とりあえず……女! 入ってこい!」
『ガラララッ』
男友「……おぉっ!」
男(なるほど……レベルが高いというのは、強ち嘘でもなかったんだな)
女「……初めまして、女といいます。よろしくお願いします」
先生「ん?……そうだな、何か質問したいヤツとかいるかぁ?」
3:
男友「はいっ! スリーサイごはぁッ!?」
委員長「この変態野郎が……っ!」
男友「し、失礼だな……俺は校内唯一の情報屋として、最低限のことは知っておかねばならないのだよ!?」
女「……上から、“83・58・82”です」
男友「…………わぉ」
委員長「え……? あっ! お、女さんっ、別に無理に言わなくても……」
女「大丈夫、無理しているわけじゃないから。 私だって、答えたくない質問には黙っているつもりだわ」
委員長「そ、そう……?」
女「えぇ。 気を遣わせてしまったのだったら、こちらからも謝ります」
委員長「あ、謝られても困るんだけど……」
男友「じゃあ、初キスの味はどんボグワァッ!?」
委員長「……アンタはいい加減自重しなさい」
先生「……終わったかぁ?」
男友「スルー……だと……? い、委員長、そんなに睨まないで……」
女「……キスはしたことがないので、答えようがないです」
4:
先生「ん?……よし、終わったみたいだな。じゃあ、一番後ろの列に誰も座ってない席があるだろ? あの席に着いてくれ」
男友「おうおう、何だか将来有望な人が来てくれたな!」
男「どういう意味で将来有望なのかは問わないけど……いや、まぁいいや」
男友「ん? 何か聞きたいことがあったら今のうちだぞ? 休み時間には、突撃インタビューをしなくちゃいけないからな」
男「まったく、熱心なことで……って、ん?」
女「…………」
生徒1「おい、女さん、男の方をジーッと見てるぞ?」
生徒2「どうしたんだ……?」
男「……あの、何か?」
女「あなた、昔からこの辺りに住んでいる?」
男「はぁ? あ、一応そうですけど」
女「……そう」
『タッタッタッタッタ……』
男「……何だぁ?」
男友「お前のことに興味を持っていたようだが……よし!」
6:
ー休み時間ー
男友「ねぇねぇ、女さん! ちょっと質問したいことがあるんだけど!」
委員長「こらっ! 男友は質問禁止!」
男友「ひでぇ! っていうか、この質問は別に変なことじゃないから!」
女「何かしら?」
委員長「……ったく、仕方ないなぁ」
男友「さっすが委員長! えっとさ、さっきこいつの側を通った時にじっと見てたじゃん?」
男「無理やり引っ張ってきやがって……!」
女「えぇ、そうね」
男友「ぶっちゃけ、どうして?」
委員長「あ、それは……確かに聞きたいかも」
男友「だろ!? で、それについては答えてくれるかな?」
女「いいわよ。 だいぶ昔のことだけど、私も少しの間ここに住んでいたことがあるの」
男友「へぇっ! じゃあ、この辺に戻ってきたってことなんだね」
女「そうね。 尤も、私もここに住んでいたということはほとんど覚えてないんだけど……でも、一つだけ覚えていたことがあったわ」
8:
委員長「えっ、それがひょっとして男くんとか!?」
男「いや……知らないんだけど。 初対面、ですよね?」
女「覚えてないのも無理もないわ。 というか、本人かどうかすらも怪しいし」
男友「運命の再会ってやつじゃねぇ!?」
委員長「ど、どうやって知り合ったの!?」
男「おい、話を勝手に……!」
女「私が親に叱られて泣きながら道路を歩いていた時に、偶然傍にいて励ましてくれた男の子……それがあなたに似ているの」
男友「おいおい、どんな二次元の世界だよ!」
委員長「いいなぁ、そんな偶然の再会、私もしたいなぁ……」
女「その時名前も聞けなかったから、あなただという証拠は何もないけど……覚えていたりしないかしら?」
男「全然記憶にないぞ……」
委員長「うわっ、男くん覚えてないとかサイテー!」
男「おいっ、俺が悪いのかよ!? っていうか、そもそも俺が、そんな他人の世話を焼いたりするような性格じゃないことは分かるだろ?」
男友「そりゃ、今のお前はな。 でも、昔はもっと純粋でいい子だったのかもしれないじゃないか」
男「悪かったな。 どうせ今は捻くれた性格だよ」
9:
女「でも……やっぱり顔立ちが似てるわ」
男「えっと、女さんも昔の記憶なんですよね? そんなに鮮明に覚えているんですか?」
女「えぇ……私の初恋だもの」
委員長「キャーッ!! 何これ、何でこんなに甘酸っぱいの!? これは絶対に思い出さなきゃダメよ、男くん!」
男友「……いいなぁ」
男「いいのか、これは……? 何というか、俺の記憶にはそんな思い出など、欠片も残ってないというのに」
女「うふふ……」
『キーンコーンカーンコーン』
委員長「あっ、チャイム!」
男友「うへぇ?っ、こんなにいいネタが目の前にあるというのに、授業やんなくちゃいけないのかぁ」
男「うるさいっ、さっさと席に戻るぞ!」
女「あっ……」
男「ん?」
女「……これから、よろしくお願いします」
男「……こちらこそ」
10:
ー授業中ー
男(本当に、昔の俺はどこぞの主人公みたいな行いをしたんだろうか。 どう捻っても、頭の中からそれらしい記憶を引っ張りだすことはできないんだが……)
男友「おい、男」
男「……ん?」
男友「さっきから考え事をしているみたいだが、もうすぐ当てられることに気付いているか?」
男「えっと……マジだ」
男友「途中で変な風にずれたりしなければ、この問題だぞ」
男「おぉ、サンキュ」
男友「いいってことよ。 後で詳しく話を聞かせてもらうから、それでチャラな」
男「……本当に、そういうところは抜け目ないよな」
男友「俺はこれで金を稼いでいるわけだし?」
男「事実というのが、また憎らしいところだよ。 情報屋なんて、よく考えたもんだ」
男友「基本的に校内のあらゆる事情は、俺に聞いてくれれば大体分かるんだからな。 女子にも、“??の好きな人を聞いてきて”とかで大人気だ」
男(俺も数回利用させてもらってる立場だし、何も言えたもんじゃないが……しかも友達割引で)
12:
ー放課後ー
男「……お前に追求される立場のヤツの心情を、初めて理解したよ」
男友「フフフ、情報収集の時の強引さには定評があるぜ?」
男「いい加減、鬱陶しいと言いたいところだ……その表情、“心外だ”とでも言いたそうだな」
男友「まぁ、その代わりにメリットもあるんだし。 情報提供してくれた人には、次回ご利用時に特別割引をさせていただきますっていう」
男「俺の場合いつも割引させてもらっているから、あまりありがたみを感じないんだけど」
男友「俺の友達やってる者の特権じゃん?」
男「そうだな……」
女「ちょっといいかしら?」
男友「おっ! じゃあ、俺はこれで! 男、また明日な」
男「ちょっ、おい!? 待っ……ハァ……」
女「……大丈夫?」
男「あ、うん……えっと、俺に何か用事ですか?」
女「一緒に寄ってもらいたい所があるんだけど、この後に何か用事とかはあるかしら?」
14:
男「いや、用事はないけど……寄りたい所って、ひょっとして俺と会ったっていうところですか?」
女「えぇ、そうね。 何故分かったの?」
男「それぐらいしか、俺と女さんを結ぶモノはないから、ですかね」
女「……じゃあ、行きましょうか」
男「分かった、急いで支度してきますよ」
ー公園ー
男「この公園は?」
女「さっき、私達が会ったという場所に行ったじゃない? そこで泣いていた私は、ここに案内されたわ」
男「ふ?ん……確かにこの公園は来たことあるけど、女さんがここに住んでいたのっていつ頃の話?」
女「そうね、保育所……ぐらいかも。 もしくは、小学校の低学年ね」
男「う?ん……」
女「どうかしたの? 難しい表情をしているけれど」
男「いや……学校側から見れば、俺の家は確かにこっちの方面なんですけどね。 ここからだと、俺の家は結構離れているんで」
15:
女「どれくらい?」
男「歩いて……十分ってところ」
女「それくらいだったら、保育所の頃でも親御さんがいらっしゃれば来れるんじゃないかしら?」
男「いや、こことは反対方向にもう一個公園あるのは知ってます?」
女「……知らないわ」
男「俺の家からだと、そっちの方が近いんで。 五分あれば行けるから」
女「…………」
男「だから、俺はそっちの公園で遊んだなぁっていう漠然な記憶はあるんですけど、こっちの公園で何かした記憶はないんですよ」
女「……ふふふっ」
男「……? どうしたんですか?」
女「このまま強引に押し通してもいいかなとは思ったけれど、これ以上嘘を重ねるのも、私の小さな良心が許してくれそうにないわね」
男「は……? 嘘、って……何が?」
女「全部よ。 あなたと会ったかもしれない、という話自体が嘘なの」
17:
男「はぁッ!? どういう……」
女「そもそも、転校することすらも初めてなのよ。 だから、私はこの場所に来たことなんてなかったわ」
男「えぇ……?」
女「初めての転校で、私は不安だった。 だから、転校先で最初からうまくクラスに馴染むにはどうすればいいか、延々と考えていたわ」
女「最終的に思いついたのが、今日私がしたこと。 “この地で一方的な顔馴染みを作り、そこから輪を広げる”」
男「えっと……じゃあ、俺はそもそも女さんとは知り合いじゃないってこと……?」
女「そうね。 初対面だわ」
男「な、なんだそれは……凄い脱力感……」
女「それと、一つだけあなたに言っておきたいことがあるの」
男「……?」
女「私がクラスの中からあなたを選んだ理由、分かるかしら?」
男「いや、分かんないし、もうどんな理由でも驚かないです……」
女「あなたに一目惚れしたからよ」
男「…………ッッ!?」
19:
女「知り合いのフリをして溶け込むのなら、いっそ最初私が選ぶ人はカッコイイ人にしたいじゃない?」
男「そ、そう、なのか……?」
女「あなたも、私と同じことをするとなれば同じようにしたいでしょ?」
男「それは……まぁ、そうっすね」
女「おめでとう、あなたは私に選ばれたのよ」
男「あ、ありがとう……? え、これはお礼を言うところ?」
女「それで、返事はどうするのかしら?」
男「返事って……えっ!? さっきのって本気なんですか!?」
女「当たり前よ。 私が冗談を言うような人に見えるのかしら?」
男「平然と言いそうに見えますけど」
女「……よく分かったわね」
男「オイ!?」
女「それはともかくとして、さっき私が言った“一目惚れ”に関しては事実よ。 私はあなたのことが好き」
男「なっ、いや、でも、俺達会ったばっかりじゃ……?」
女「私は、インスピレーションをとても大事にしてるの。 これと決めたら、何も譲らないわ」
20:
男「急にそんなこと言われても……」
女「とはいえ、私も自分がいかに迷惑な話を持ちかけているかという自覚はあるわ」
男「そ、そうですか」
女「だから、返事は今すぐにとは言わない。 今から……そうね、二週間くらいなら我慢してあげるわ」
男「我慢って……いえ、何も文句はありませんよ?」
女「そう。 だったら、その間に“私”という人を見極めてちょうだい。 返事も、その後で構わないから」
男「え、っと……一応、了解しました」
女「じゃあ、家まで送ってくれないかしら?」
男「…………分かりました。 いろいろと聞きたいことはあるし」
ー送り途中ー
男「そもそも、ここに住んでいなかったのなら、どうして公園があるなんて知っていたんですか?」
女「事前に調べたのよ。 それらしい話をでっち上げるのだったら、少しばかりのリアリティも含ませないとダメだわ」
男「確かに、完璧に信じ込んでいましたけど……」
女「他には、聞きたいことはある?」
22:
男「……学校でも、今日の嘘のことを説明してくれますよね?」
女「学校では、バラすつもりはないわよ」
男「は? え、何で?」
女「そっちの方が都合がいいじゃない。 周りのみんなに応援してもらえるし」
男「……もしかしなくても、女さんは性格悪いんじゃないですか?」
女「そんなこと、とっくに自覚済みよ」
男「なんてこった……あまり関わりたくないようなタイプの人に、捕まってしまったのか」
女「ふふふ……まぁ、若干行動に移すのが早とちりだったかもしれないわね」
男「どうしてですか?」
女「今日の下校に関しては、あなたの家を確認するために、尾行でもすればよかったと思うわ」
男「ストーカーじゃないか!?」
女「あなたの家を確認して、ちゃんと周りに公園があるかどうかも調べるんだったわね。 少し詰めが甘かったわ」
男「……そこまでされると、流石に一生信じていたかもしれないですね」
女「私、完璧主義だから……あら、不満げね?」
男「失敗してるじゃないですか」
23:
女「それは、あなたが悪いのよ?」
男「はぁ? どうして俺が悪いんですか?」
女「あなたが、かっこよすぎたから」
男「っ―――、なっ、何を急に……!」
女「本当は、私の目に適う人がいなければ適当な女の子を見繕う予定だったの。 でも、あなたがいたのよ」
男「…………」
女「一目惚れって本当にあるのね。 あなたを見た瞬間、とても興奮してしまったわ」
男「……なんか言い方がいやらしいんですけど」
女「事実なんだからしょうがないわね。 少なくとも、あなたの存在は私に冷静さを失わせるのに十分だった、ということよ」
男「一応、光栄に思っておくことにします」
女「今すぐにでも抱かれたいところだけど、今日は我慢するわ」
男「ブッッッ!!?」
女「着いたわ。 ここが私の家……覚えておいて。 それじゃあ」
男「あ、ちょっと……!! ったく、むず痒くなるようなことを易々と言いやがって……」
男「…………帰るか」
24:
ー男の家ー
男「ただいm……おわっぷ!?」
姉「おかえり???っ!!」
男「い、いきなり抱きつくのはいい加減やめてくれないか……姉ちゃん」
姉「いいじゃんいいじゃん?! 私にとってにぃにに抱きつくのは、パワーを充電する大事な儀式なんだよ!」
男「また“にぃに”って……俺は弟だろ」
姉「だって、私よりもにぃにの方がよっぽどしっかりしてるし、背が高いし」
男「背が高いのは普通だろ。 いや、姉ちゃんは確かに小さいけどさ……」
姉「小さい言うなぁぁぁっ!!」
男「痛っ! な、殴らなくても……痛い、痛いって!!」
姉「うぅぅぅ……どうせ私は背が小さくて、童顔で、ぺったんこで、つるつるですよぉーだ……」
男「いや、後半三つは言ってないからな?」
姉「と、とにかく! 男は私の理想的な“お兄ちゃん”像に近いの!」
男「そう言われてもねぇ……」
26:
姉「ぶぅ?っ……それに、今日は一緒に帰ってくれなかったし」
男「たまにはいいだろ? それに、今日男友から改めて言われたんだけどさ」
姉「男友くん? あぁ、情報屋の子かぁ、いつもお世話になってますってお礼を言っておいてね?」
男「姉ちゃんも利用者なのかよ……って、何を聞いてるのさ?」
姉「えっとね、にぃにの傍に悪い女は群がってないかどうか!」
男「最悪だよ! どうしてそんなことにお金使っているんだ!?」
姉「私にとっては、自分の命よりも大切なことだよ!?」
男「……ったく、それはもう過保護だって」
姉「いいのいいの、全部自己満足なの! で、なんの話だったっけ?」
男「え? えっと……そうだ、男友に言われたこと! なんか俺達が付き合ってる、どころか、血が繋がってないっていう噂まで流れてるんだぞ?」
姉「付き合ってる……私と、にぃにが……えへへ」
男「なにトリップしてるんだよっ」
姉「ハッ!? え、えっと……う、噂は噂だから、気にしなくてもいいんじゃないカナ?」
男「……語尾が妙に片言っぽくなってたのはなんで?」
姉「ううん、何でもないよ!? 別に、私が噂を流しているとかじゃないし!」
27:
姉「お、お仕置きするのなら、お尻ペンペンがよかったよぉっ……」
男「誰がするか」
姉「にぃにが反抗期なんだよ……」
男「言葉の組み合わせに、違和感しか感じないんだけど」
姉「むぅっ……そういえば、今日は何をしてたの?」
男「ん??」
姉「なんで一緒に帰れなかったの、ってこと」
男「あぁ……えっと……」
男(どうしよう、何も言い訳を考えていなかった……!)
姉「……?」
男「……まぁいいか。 えっと、転校生が来たんだけど、その人にここら辺を案内していたんだよ」
姉「転校生? この時期に?」
男「珍しいよな。 休み時間に聞いた話では、理由は親の仕事の関係上ってことらしいけど」
姉「この時期に転校って大変よね……にぃに、ちゃんと面倒を見てあげるのよ?」
男「……はいはい」
28:
男「姉ちゃん、今日のご飯は?」
姉「今日は、ビーフシチューなのです!」
男「分かった」
姉「ねぇねぇ、私的には、もうちょっと何かしらの反応があってもいいんじゃないかなって思うんだよ……」
男「……どうしてこれしきのことで涙目なんだ」
姉「にぃにが冷たいもん……構ってくれないんだもん」
男「冷たいって、別にいつも通りじゃん」
姉「今日はいつもより、にぃにの愛に飢えているのよ!」
男「あぁ、そう……で?」
姉「うぅぅぅ……つまんない、もう料理やめる」
男「そこで拗ねるなよ!? っていうか、料理は最後までやり通して! 凄い困るから!」
姉「じゃあ、私のこと好き?」
男「好きだよ」
姉「ひゃーっ……照れる照れる! うにゃぁぁぁっ!」
男「相変わらずだな……表情がコロコロ変わるから、見てて飽きないけど」
30:
ー夕食後ー
姉「にぃに、お風呂沸いたけど?!」
男「ん?……ご飯食べてすぐだから、ちょっと休憩してから入るよ」
姉「じゃあ、私と一緒になるけどいい?」
男「今すぐ入ってきます」
姉「なんですぐに掌返すかなぁ……ちょっとくらい、嬉しそうにしてもいいじゃん!」
男「姉ちゃんのことは好きだけど、だからといって一緒にお風呂に入りたいとは思わないって」
姉「むむぅ……まぁ、“好き”という言葉に免じて許してあげる」
男「それはどうも。 じゃあ、入ってくるよ」
男(姉ちゃんと一緒に入っても、それこそ小学生の妹と一緒に入るような微笑ましさしか感じないんだよな……)
ーお風呂ー
男「んあぁぁぁぁぁ……お風呂はいいなぁ……ボーッとしていたくなる……」
男(……女さん、か。 明日から、変な風に引っ掻き回されなければいいんだけど……あの人、意外と計算高そうだったしな)
男「とりあえず、明日になってみないとなんとも言えないか」
31:
姉『にぃに?、お湯加減大丈夫??』
男「ん? あぁ、姉ちゃんか……そこにいるの? あ、お湯加減は大丈夫だよ」
姉『……今日、学校で何かあった?』
男「えっ?」
姉『にぃには、考えていること……違った、感情が表情にすぐに出るから、何かあったらすぐに分かるって、前から言ってるでしょ?』
男「……流石に、姉ちゃんの目は誤魔化せないかぁ」
姉『今回は深刻そうな顔はしてなかったから話は詳しく聞かないけど、何かあったら相談してね?』
男「うん……ありがと」
姉『じゃあ、一緒に入ってm』
男「却下!」
姉「うぅぅぅ?……けちんぼ! ハァ……一人で寂しくテレビでも見てくるんだよ……」
男「…………行ったか。 ったく、いつもちゃらんぽらんなのに、変なところで気が回るんだから……」
男「だから、姉ちゃんにどう対応していいのか分かんなくなるんだよな……実際、姉ちゃんに対して好感持ってるわけだし」
男(それにしても、よく見てる。 厄介だなとは思ってても、実際のところそこまで危機感があるわけではないし……)
32:
ー男の部屋ー
男「……それで、どうしてあなたがここにいるのか、答えてもらってもいいでしょうか?」
女「理由? 好きな人の傍にいたいと願うことに、理由付けなんて必要ないでしょう?」
男「そういうことじゃなくて! なんでお風呂から出たら、女さんが俺の部屋にいるの!?」
女「ふふふっ……水も滴るいい男、ね」
男「ハァ……第一、どうして俺の家を知っているんですか?」
女「尾行したからに決まっているじゃない」
男「は? いつ……あ、ひょっとして!?」
女「そう、私を家に送ってくれた後よ」
男「素直に帰れよ! どうしてそんな無駄なことを……」
女「だって、私の家の場所も知っておいてほしかったんですもの」
男「それだけのために……どれだけ行動力があるんですか……」
女「私、こんなにも激しい女だったのね。 自分でも知らなかったわ」
男「そうですか……っていうか、どうやってここに入ってきたんですか?」
女「窓からよ」
33:
男「窓からぁ……? いや、何も足場がないのに入れるわけが……って、なんだこのハシゴ!?」
女「私が家から持ってきたのよ」
男「明らかに、運ぶには不便なレベルの大きさですけど!? 完全に不審者だ!」
女「夕方にも言ったけど、あなたは私にそこまでさせる価値がある人だということよ」
男「……もう、素直に喜べないです。 いや、そんな誇らしげな顔をされても」
女「そうそう、それと一つあなたにお願いしたいことがあったのよ」
男「……なんですか?」
女「その、敬語はやめてもらえないかしら?」
男「敬語……あぁ、敬語ですか」
女「どうも、あなたは無意識に使っているみたいだけど……他人行儀にされるのは、少し悲しいわ」
男「気を付けま……えっと、気を付けるよ」
女「ありがとう」
男「……普通にお礼とかも言えるんだね」
女「それは、私に対する偏見なんじゃないかしら? 私は、最低限の礼儀礼節は弁えているつもりよ」
男「そうみたいだね……少し、安心した」
35:
女「それで……ご両親は?」
男「親? 父さんが海外出張で、母さんはそれについていってる。 どうして?」
女「ご挨拶を、と思って」
男「必要ないです!」
女「あら、将来を誓い合った仲なのだから……」
男「いつ誓ったんだよ!? 俺は、そんな記憶を一切持ち合わせていない!」
女「あなたが気絶している時に」
男「ハッ!? まさか、あの時の記憶がないのはそのせい……って、んなわけあるか!!」
女「いいわね、ノリツッコミ。 そうやってしっかりと反応してくれるところも大好きよ」
男「―――っ」
女「あら、照れているのかしら?」
男「照れてないっ!!」
『ガチャッ』
姉「にぃに、さっきからうるさいけど、何を一人で喋って―――?」
男「…………あ」
37:
姉「じゃあ、あなたが男が話していた転校生っていうことなの?」
男「そういうこと」
女「初めまして、今日転校してきた、女といいます」
姉「これはこれは、礼儀正しくありがとうございます。 男の姉です」
男「……とりあえず、俺は現実逃避がしたい」
女「ダメよ、男くん。 説明してもらわないといけないことがあるもの」
姉「わっ、私もだよ!? 転校生の子が女の子だなんて、聞いてないよ!?」
男「言う必要がどこにあるんだよ! で、女さんが聞きたいことって?」
女「あなた、実のお姉さんに“にぃに”と呼ばせるほどの妹萌えだったの?」
男「んなわけあるかぁぁぁッッ!!」
姉「ハッ……! そ、そうなんだよ! にぃには、私に妹のフリを強制する変態さんなんだよ!」
男「姉ちゃんも余計なことを吹き込むんじゃねぇ! 俺の社会的な評価が、今まさにどんどん下がっていってるじゃないか!」
女「そうだったの……分かった、じゃあ明日から、あなたのことを“お兄ちゃん”と呼ぶことに……」
男「するなよ!? 絶対にするなよっ!? いや、そんな“えっ、いいの?”みたいな目はいらないです。 マジでやめてください、お願いします……」
姉「この子……手強い……!」
38:
ー数刻後ー
男「…………疲れた」
女「ふぅ……面白かったわ。 やっぱりからかい甲斐があるわね」
姉「むぅぅ?……」
男「……っていうか、女さんはいつまでここにいるの? 親が心配してるんじゃない?」
女「あぁ、そのことを言うのを忘れていたわ。 男くん……そうね、この場合男くんと姉さんに相談があるのだけど」
姉「私も?」
男「なに? もう、変なことじゃないよね?」
女「何を以て変とするかはともかく、今晩私を泊めてくださらないかしら?」
姉「……へ?」
男「…………」
女「男くん、その“何言ってんのコイツ”みたいな表情はいただけないわ。 こんなにも美人の私と一緒に、寝ることができるのよ?」
男「お、おい……そんn」
姉「ダ、ダメだからねっ!? にぃには私と一緒に毎日寝てるんだから!」
男「コラそこ! どさくさに紛れて、勝手に話を捏造するんじゃない」
39:
女「今日は両親に、“一目惚れをした人の家に泊まってくる”と言ってあるのよ」
男「なんでそんな馬鹿正直に言ってるんだ………」
女「あら、私が両親に嘘をついてはいけないと思うからだけど」
姉「いい子なんだねぇ?」
男「姉ちゃんも感心するんじゃない。 っていうか、そんな理由で親が外泊することを許してくれたのか?」
女「もちろん、許してくれなかったわ」
男「……もうツッコまないぞ」
女「そう、悲しいわね」
姉「許してくれなかったのなら、どうしてここにいるの?」
女「それは、お父さんと密約を交わしてきたからであって」
姉「密約!? 何それ、どんなのっ!?」
男「密約という言葉に、そんなに無邪気に反応できる高校三年生……」
姉「むっ! 今、“子供っぽい”とか“ガキだ”とか考えたでしょ!」
男「いいえ、そんなことはありませんのことよ?」
女「……そろそろ続きを話しても構わないかしら?」
40:
女「密約の内容はどうでもいいとして、とりあえずその条件の下で行動を許可されたのよ」
姉「密約の内容……」
男「姉ちゃん、そんなショボーンとしなくても。 で、女さんはちゃんと両親の許可を貰ってるってことだよな?」
女「そうよ。 だから、あとはお姉さんの許可がいるだけ」
男「俺の意志は……?」
女「関係ないわ。 どうせ私がベッドで一緒になれば、“ハァハァ”言って興奮するに決まっているもの」
姉「ダ、ダメよ!」
男「お、おぉ! そうだ、姉ちゃんもっと言って―――!」
姉「泊まるのは構わないけど、にぃにと一緒に寝る座は譲らないもん!」
男「…………」
女「では、男くんを真ん中にして、その両隣を私達で逃げないように囲むというのはどうですか?」
姉「それは良い案だと思う! にぃに、いっつも嫌がって逃げちゃうし……そうすれば逃げられないから、ようやく念願の……えへへ」
女「男くん、今さら逃げようだなんて思っていたりしないわよね? 何より、私や姉さんに迫られているのに逃げるなんて、男としてどうかと思うわ」
姉「そ、そうなんだよ! これでも私、男子に人気あるんだからねっ!」
男「いや、姉ちゃんの場合は主にロリk……いや、もう何も言うまい。 ハァ…………」
41:
『コッ、コッ、コッ、コッ、コッ……』
男(……ね、寝れるかぁっ!! なんで二人とも、こんなに寝付きがいいんだよっ。 いや、姉ちゃんは小学生みたいな体格だし分かるけど……)
男(時計の針の音が、やけに大きな音のように感じられる……クソッ、こりゃ明日は絶対に寝不足だ……!)
男「……それにしても、両隣から妙にいい臭いがするというのは、年頃の男子にはまさに生殺し……!」
女「……変態」
男「っ……!? おっ、起きてたのか……!?」
女「…………zzz」
男「寝言、かよ……ったく、やってらんねぇ……」
ー翌朝ー
男「…………っ、ん……朝、か……?」
女「…………」
男「……なにゆえ、目の前に女さんの顔があるんでせう?」
女「まずはおはよう、ではないかしら? そしてその問いに対しての返答としては、そこに寝顔があるからよ」
男「…………お、おはようございます」
43:
ーリビングー
男「くぁぁぁっ……眠てぇ」
姉「コラ、いい加減しゃきっとしない子には朝食抜きだよ?」
男「へぇ?い……」
女「……毎日、こんな雰囲気なのかしら?」
男「ん? どういうこと?」
女「あなたとお姉さんは、毎日こんな感じで過ごしているのかしら?」
男「あぁ、そういうこと……まぁ、昨日は女さんがいたから少し賑やかだったような気もするけど、大体はあんな感じだよ」
女「……羨ましいわ」
男「だろ? 俺も、流石に姉ちゃんに面と向かっては言えないけど、姉ちゃんには感謝してるんだ」
女「……少しずれているけど、まぁいいわ」
男「ずれてる? 何が?」
女「あなたとお姉さんを育てたご両親も、さぞかし良い方達なんでしょうね」
男「ん?……どうだろう、良い親かと聞かれれば、そうでもないとも言えるような気がするんだけど」
44:
女「え……? それは、何故?」
男「だって、小学校に入るくらいまではそんなことなかったんだけど、その頃からずっと父親はどこかに赴任してばかりで、母親もついていってたから」
女「…………」
男「ほとんど会えないんだよ。 つまり、放任主義ここに極まり、って感じかもしれない」
女「そう、だったの」
男「だから、俺がこうやって育ったのは……多分、姉ちゃんのおかげ」
女「……確かに、あのお姉さんに育てられれば、真っ直ぐの良い子に育ちそう」
男「あぁ、俺もそう思う。 何しろ、俺が実際そうだし」
女「ふふふ……まぁ、その辺に関しては、敢えて何も言わないでおくわ」
男「……?」
女「自覚がないのならいいわ。 じゃあ、私達も朝ごはんの準備を手伝いましょう?」
男「あっ、おい……! ったく、結局何が言いたかったんだ……?」
姉「にぃに! 女さんが手伝ってくれているのに、にぃにがサボるとはどういう了見なのかなっ!?」
男「はいはい、分かった分かった。 手伝えばいいんでしょ……」
45:
ー学校ー
男友「……おい」
男「どうした? って、なんだか妙に顔がギラついているような気がするんだが」
男友「どういうことだ?」
男「は……? いや、何が?」
男友「恍けても無駄だ。 こちらは、目撃証言が多数寄せられているんだ」
男「だから、なんのことだ?」
男友「まだ分からないのかっ!? それとも、シラを切るつもりかっ!?」
男「さっきから、何を一体興奮しているんだ? とにかく、なんのことだかサッパリ見当がつかないんだから、早く教えろ」
男友「……いいだろう、それならば俺の口から直接問い質すまで!」
男「……?」
男友「女さんが、今朝お前の家から出てきたのは何故だっ!?」
クラスメイト『な、なんだってーーーっ!?』
男「…………あぁ、なるほど。 これは迂闊だったな。 っていうか、お前ら楽しんでるだろ?」
男友「認めたっ!? こいつ、認めやがったぞ!?」
46:
男友「幸い、今は当事者である女さんは教室内にいない。 だから、お前にはいろいろと不躾な質問もできるわけだ」
男「そういや、いないっけか。 まぁ、トイレとかなんだろうけど」
男友「それで、改めて質問させてもらうぞ? どうして、朝、お前の家から女さんが出てきた? 可能性は三つほどだよな?」
男「三つ?」
男友「一つ、わざわざ通学を共にするために、女さんが甲斐甲斐しく男の家までやってきた」
男「……ほぉ」
男友「二つ、女さんが男に、朝食を作ってあげるために来宅。 そして、そのまま一緒に登校」
男「想像力が豊かすぎるんじゃないか?」
男友「三つ……いや、これはあり得ないだろうから、可能性から外してもいいんだろうが……お前の家に、女さんが泊まった」
男「……確かに、簡単に予想できる範囲内では、その辺りまでしか思い浮かばないだろうなぁ」
男友「さて……答えはどれだ?」
『シーン……』
男「いや、正直に答えてもいいんだけどさ? いくらなんでも、この静けさはやりにくいんですけど」
男友「みんな、お前の返答待ちだぞ?」
?「答えは、三番よ」
47:
男友「何っ!?」
男「……どこで聞いていたのさ」
女「お手洗いから帰ってきたらあなたが詰問されていて、偶然最後の部分だけ聞こえてきたから」
男「三番、だと……!? バカな……っ!?」
『ガラララッ!!』
姉「男ちゃ?ん!! それに、女ちゃんも! お弁当忘れてるわよ!」
男友「っ!? お弁当まで同じ姉さんのお手製……姉公認の仲だと……っ!?」
男「サンキュ、姉ちゃん。 それと、男友。 いくらなんでも、それは話が飛躍しすぎだ」
女「ありがとうございます」
姉「……? なんだか、教室の中が殺伐としてるね。 ダメだよ、みんなもっと明るくしなきゃ! ビシっ!」
男「……おぉ、一気に教室内がほんわかムードに。 流石、決めポーズに効果音まで自分で言ってしまうという姉ちゃんの微笑ましさは伊達じゃない」
女「……女の私でも、一瞬抱きしめたくなったわ」
男「あ、姉ちゃんが女友さんに後ろから抱きつかれた」
女「そのまま、クラスの女子全員からもみくちゃにされているわね。 委員長さんまで、おっかなびっくりだけど触ろうとしているし」
男「姉ちゃん、完璧に涙目だけど……まぁ、それすらも可愛いモノを愛でる気持ちに拍車をかけているだけなんだろうな」
48:
男友「……ゴホン。 えっと、お二人とも、よろしいかな?」
男「ん、どうした?」
女「何かしら?」
男友「話が曖昧な方向へと流れていかないうちに、いろいろと聞いておきたいのでs―――」
『キーンコーンカーンコーン』
男「あ、チャイムか」
女「そうね、席に着きましょう」
男友「…………いや、情報屋の名に誓って必ず突き止めてやるから、覚悟しておくんだな……!」
男「あぁ?、はいはい、分かったよ。 ただ、俺としてはあまり言い触らしたくないから、なるべく他の人に聞かれない場所でな」
男友「合点承知!」
女「男友くんって、キャラがぶれているわよね」
男友「…………な、何気に酷いことを言われたような気がする」
男「気にしない方がいいと思うぞ??」
49:
ー放課後ー
男(宣言通り、女さんは昨日の嘘をつき通しやがった……俺が本当のことを言ってもなぁ)
男友「さて、散々待たせたんだ。 そろそろ説明があってもいいと思うが?」
男「心配するな。 女さんが説明していない裏の部分まで、お前だから特別に説明してやるから」
男友「裏の部分……? 何か隠していることでもあるのか?」
男「聞けば分かるさ……っと、女さん? どうした?」
女「男くん、一緒に帰らないかしら?」
委員長「ひゃーっ、女さん大胆っ! 男くん、早く昔のこと思い出しなさいよ!?」
男「あ、えっと……少し、待っててもらえるかな?」
女「どうして?」
男「……こいつに、事情を説明しなければね」
男友「どうも?っ」
女「…………」
男(うわ、明らかに“本当のことを言ったら、どうなるか分かってるわよね?”っていう目をしている……)
女「分かったわ、大体どれくらいかしら?」
51:
ー屋上ー
男友「三十分も待たせるって……そんなに時間がかかる話なのか?」
男「いや、実際はそんなにかからないだろうけど、少し長めにとっておいた」
男友「どうして?」
男「話を聞き終わった後で、お前も聞いておきたいこととかあるだろうと思って」
男友「……さっすが、よく分かっていらっしゃる」
男「さて……ここなら落ち着いて話せるな」
男友「ようやく真実が語られるのか……!」
男「知識欲、じゃないな。 情報欲、とでもいいのか? ほんとにお前はそいつの塊だな」
男友「こっちは商売でやってるんだからな! 半端にはしておけねぇのさ」
男「……単純にそれだけかよ。 まぁいいけど、これから話すことに関しては、お前だから話すことだ。 絶対にオフレコだぞ」
男友「……お金を渡されても?」
男「あぁ。 “情報屋”としてのお前に話すんじゃなく、あくまでも“友人”としてのお前に話すだけだ。 女さんの名誉にも関わる」
男友「……仕方ないな。 分かったよ」
男「よし。 じゃあ、昨日の帰りのことから話すが―――――」
52:
男友「……それなんてエロゲ?」
男「エロゲでも見たことがないやり方だと思うんだが……いや、エロゲには詳しくないから知らないけどさ」
男友「なるほど、知人のフリをして、か。 確かに、その方法はクラスに馴染むにはいい方法かもしれないな」
男(ちなみに彼女の気持ちのことは伏せてあるから、どうして俺を選んだのかは分からないだろうけど……そのうち質問がくるかもなぁ)
男友「それにしても、女さんはやっぱりそういうところがあったんだな」
男「……分かっていたのか?」
男友「いんや、勘だけど」
男「それが本当なら、お前は人を見る目があると思うよ」
男友「褒め言葉として受け取っておくぜ」
男「まぁ、話の大筋としちゃそんなところだけど……何か聞きたいことはあるか?」
男友「そうだな……女さんは、どうしてこの近くに公園があったことを知っていたんだ?」
男「あ、それ説明していなかったか? えっとな、事前に下調べを済ませておいたらしいんだよ。 後で綻びが出ないようにって」
男友「そこまでするのか……結構、底知れない人だな、あの人は」
男「そうだよな。 俺も、油断ならない人だと思う」
?「そう思うのなら、どうしてそんなにベラベラと喋っているのかしら?」
53:
男「げっ……!」
男友「……あちゃー、聞かれていたのか」
女「まったく、あれだけ喋らないでと言っておいたというのに」
男「悪い。 ただ、これに関しては誰にも言わないようにって、先に言っておいてあるから」
女「それでも、私からしてみればあなたがしたことは背信行為よ?」
男「あぁ?……ごめん」
男友「あ、えっと、さ。 俺がどうしても、って頼み込んだんだ。 だから、あんまり責めないでやってくれないかな?」
女「……女というものは、自分の秘密は好きな人だけに明かすものだから。 これ以上他の人に他言は無用よ、分かったかしら?」
男「……肝に銘じておきます」
男友「……なるほどねぇ」
男「……? どうしてお前はニヤニヤしている?」
男友「いや、だってさ……“好きな人にだけ明かす”んだろ?」
男「……!」
女「もう男友くんにはバレてしまっているわけだから、今さら隠す必要もないわ。 それに、私が男くんを選んだ理由くらい予想できたでしょう?」
男友「まぁね。 こいつは隠しておきたかったみたいだけど?」
54:
男「いや、だってお前……他人のそういう感情を、俺の了見で勝手に言うわけには……!」
女「もう知られてしまっている以上、私は隠す必要性も感じないけれどね」
男友「ふむふむ……まぁ、オフレコの約束はきちんと守るから安心してくれ。 情報屋は、情報提供者の秘密主義もしっかりしておかないとな」
男「……信頼されないといけないしな」
男友「そういうこと! で、これは最後の質問だけど……」
女「何かしら? 答えられる範囲なら、私が答えてあげるわよ」
男「ちょっ……!」
男友「ぶっちゃけ、付き合ってんの?」
女「……いえ、まだよ」
男「お、おい……!」
男友「へぇっ、“まだ”ときたか! じゃあ、そういう未来もあるってわけなんだな?」
女「寧ろ、確定事項ね」
男「―――っ」
男友「凄い自信だな! まぁ、姉と付き合うよりよっぽど健全だし……俺は応援するから頑張れ! それじゃあな」
女「ありがとう」
55:
男「……まだあんなこと言ってやがったのかよ」
女「お姉さんのこと?」
男「あぁ。 付き合うって、そんなことあるわけないだろうに」
女「まぁ、なんてことを言っているのかしら? 家の中で、あれだけベタベタしているクセにね」
男「どこからどう見ても、一方的だったじゃないか」
女「別に、あなたもあなたで嫌がる素振りがまったくなかったじゃない」
男「まさか、嫌がるわけないだろ? そりゃ、ちょっとブラコンが過ぎるんじゃないかと思うけどさ」
女「あなた達の中では、それが行き過ぎた姉弟愛で済まされるものであっても、周りから見えるモノとは違うわ」
男「……まぁ、そうだよな」
女「私がちゃんと矯正してあげなければね」
男「いや、もういいから」
女「ふふふっ」
男「ハァッ……姉ちゃん、怒ってるだろうなぁ。 “二日連続で一緒に帰ってくれないとは、一体どういうことなのよ!?”って」
女「まぁ、その辺りは私も妥協してもいいわ。 三人で一緒に帰るとか」
男「女さんは絶対に一緒に帰るつもりなんだな……」
56:
ー学校正門前ー
男「……あ」
女「あら……待っていたみたいね」
姉「あぁ?っ! ようやく来たっ! 遅いんだよ、男ちゃん!」
男「……待ってたの?」
姉「当たり前だよっ! 一日は認めるにしても、二日連続で一緒に帰らないなんてダメなんだからね!」
男「……はいはい、了解しましたよ」
姉「分かったのならよし! で、女ちゃんも一緒に帰るの?」
女「えぇ、そのつもりです」
姉「むぅ?……まぁ、女さんなら許すけど」
男(えっ……? そんな簡単に許すのか?)
女「ありがとうございます、“お義姉さん”」
姉「ん……? んん?? 今、なんか微妙にニュアンスが違ったような……」
男(今までどの女の子もダメダメって言ってた姉ちゃんが、初めて許した……どういうことだ?)
57:
ー帰り道ー
姉「今日の晩御飯は何がいい??」
女「私は、お姉さんの作ったカレーが食べてみたいですね。 今日のお弁当も美味しかったですし」
姉「ありがと?……って! 褒めてくれるのは嬉しいけど、ご飯まで一緒に食べるつもりなの!?」
女「あ、お金なら、材料費、人件費諸々込みで支払いますが」
姉「そういう問題じゃないよっ!? って、にぃに?」
男「……へ?」
姉「さっきから黙りこくっちゃってるけど……どうかしたの?」
男「あぁ、いや、何でもないよ。 ちょっと考え事をしていただけで」
女「私のことかしら?」
男「それは所謂“自意識過剰”だと思うよ」
姉「そうだそうだ! 私のことだよね??」
男「それもない」
姉「ガーンっ!! そ、そんなぁ……」
男「そんなにショックを受けないでくれ……演技じゃなさそうなところが、余計に質悪いって」
58:
ー男の家ー
姉「ただいまぁ?!」
女「ただいま」
男「ただいま?……って、女さんがそれを言うのはおかしいだろ」
女「……予行演習?」
男「うぉい」
姉「……? あっ! ま、まだにぃには譲ってあげないんだからね!?」
男「我が家のお姉さまは気付くのが遅いし……っていうか、ごめん。 ちょっと寝る」
女「寝る? この時間にかしら?」
男「あぁ、ちょっとだるくて……」
姉「もしかして、体調が悪かったりする……?」
男「いや、そんなに心配するほどじゃないから大丈夫だって。 寝ればすぐに良くなるさ」
女「……体調が優れないのなら、夕食もカレーではなくて、食べやすいものがいいのではないかしら?」
姉「あっ……そ、そうだね! どうする?」
男「いや、カレーでいいよ。 心配しなくても、寝れば治るって―――――」
60:
ー男の部屋ー
『ピピピピッ、ピピピピッ』
女「えっと……37,8℃ね。 寝れば治ると言っていた子は、どこのどいつかしら?」
男「……いや、すまん」
姉「食欲ある? なかったら、食べやすそうなヨーグルトとかで済ませてもいいけど……」
男「う?ん、熱の上がってる最中なのか、今はちょっとキツイかも……」
女「薬を飲むのなら、何か食べておかないといけないわよ?」
姉「そうね。 でも、無理に食べさせるわけにもいかないし……私達は待機してるから、何かあったら呼ぶんだよ?」
男「ん……ありがとう。 食べたくなったら呼ぶよ」
姉「どういたしまして」
女「……早く治してね」
『ガチャッ』
男「……女さん、すんなりと溶け込んでるなぁ」
男「ってか、風邪ひいたのなんて何年ぶりだ……耐性ないから、やっぱり辛いな……」
男「…………zzz」
61:
男「……んっ、んぅ……? あ、れ……もう、夜……?」
男「痛ぅ―――!? あ、頭が……そうか、風邪ひいたんだっけ……?」
男「えっ、と……もう二十二時か。 姉ちゃん、どうしてるかな……? 流石に女さんは帰ったか……?」
女「ここにいるわよ?」
男「ッッ!? び、びっくりした……!」
女「最初は苦しそうにしていたけれど、今は少し楽になったかしら?」
男「あ、あぁ……熱は上がり切ったのかもしれないね。 少しは楽になった」
女「だったら、ヨーグルトでも持ってくるわ。 食べられるでしょう?」
男「うん、ありがとう。 姉ちゃんは?」
女「風邪薬とか、熱冷ましシートとかを買いに行っているわ。 起きた時に必要だろうって」
男「風邪薬、なかったのか……」
女「あなたもお姉さんも、最近は風邪をひいていなかったのでしょう?」
男「まぁ、健康は一つの取り柄だったからな……こうして熱出しちゃったけど」
女「いいえ、私にとっては都合がいいわ。 ありがたいくらいね」
男「……? どういうこと?」
62:
女「だって、看病するという名目でここにいられるもの」
男「……、それは今日も泊まる、ということか?」
女「えぇ。 すでに両親にも許可はもらってあるから」
男「……準備がいいな」
女「“最初に友達になってくれた子が風邪で倒れたんだけど、両親が出張でいないらしいから看病してくる”って言ったら、あっさりだったわ」
男「間違ったことは言ってないし……まぁ、その、なんだ。 ありがとうな」
女「……お礼はいいわ。 私は、必死に自分の献身さをアピールしているだけ」
男「打算塗れだとしても、わざわざ口に出さないでくれよ……本当に嬉しいんだから」
女「……少し、照れるわね」
男「そうかい」
女「…………」
男「…………」
女「…………何か、喋ってくれないかしら」
男「女さんは、病人に率先して喋らせるのか?」
女「……、それもそうね」
70:
『ガチャッ』
姉「ただいま?、にぃには……あっ、起きてる! 体調は?」
男「おかげさまで。 姉ちゃん、ありがとうな」
姉「お姉ちゃんなんだから、弟の世話は当たり前だよ!」
男「“にぃに”だったり“弟”だったり、忙しないな」
姉「その時の気分!」
女「さて、お姉さんも帰ってきたからヨーグルトを取ってくるわね」
男「あ……そういえばそうだったな。 なんですぐに取りに行かなかったんだ?」
女「あなたが、一人になるのは寂しいかもしれないと思って」
男「……さいですか」
女「ふふふっ……じゃあ、取ってくるわね」
『ガチャッ』
姉「……女ちゃん、凄い心配してたんだよ?」
男「そっか……まだ、会って二日しか経ってないっていうのにな」
姉「そうだよね、一昨日転校してきたんだから……あの子は、どうしてこんなにもにぃにに固執するのかな?」
72:
男「えっ……? 固執?」
姉「うん。 女ちゃんは男ちゃんに拘っているみたいな気がして」
男「そんなこと言われても……俺には思い当たる節は……」
姉「あるのね?」
男「ぐっ……また顔に出てた?」
姉「かなり分かりやすいんだよ?」
男「そ、そんなにニヤニヤしなくても……いや、でも理由については、女さんから直接聞いてくれないかな」
姉「にぃにからじゃ言えないの?」
男「まぁ、一応は……」
姉「そっか。 分かったよ」
『ガチャッ』
女「ヨーグルト、持ってきたわよ」
男「お、ありがとう……って、女さん?」
女「何かしら?」
男「えっと、早いただきますので、そのヨーグルトの容器を渡していただきませんでしょうか?」
73:
女「…………」
男「どうして無言のまま、封を開けるんだ」
姉「あっ! そ、それは私の役目……!」
女「……はい、あーん」
男&姉「!!」
女「……ほら、早くして」
男「えっ、あ、うん……あ、あーん……」
姉「うぅぅぅ?……こ、今回だけだからねっ! 今度からは、お姉ちゃんである私がやるから!」
女「いいじゃないですか。 私だって、男くんの正妻ですよ?」
男「ぶほッッ!!?」
姉「きゃっ!? ヨ、ヨーグルト飛ばさないで……! っていうか、正妻って!」
男「げほっ、げほっ……そ、そうだよ。 変なこと言わないでく、れ……?」
女「…………この服、お気に入りだったのだけれど」
姉「服に、ヨーグルトが……」
男「ご、ごめん! えっと、なっ、何か拭くものは!?」
74:
女「少し、乳製品独特の臭いが残っているわね」
男「本当に悪かったって……だから、少しはその無表情をなんとかしていただけないでしょうか?」
女「どうして?」
男「どうしてって……その、怒っていらっしゃるのは分かるんだけど、無表情だと……余計怖い、というか」
女「……許してあげてもいいけど」
男「ほ、ほんとか!?」
女「逆に一つ質問するわ。 あなたは、私が嬉しそうに笑っているところを見たことがあるのかしら?」
男「えっ? そんなもの、あるに決まって…………ないな」
女「えぇ、ないわ。 無表情がデフォなのだから、“逆に怖い”などと言われてもどうしようもないのだけれど」
男「いや、それは……ごめんなさい」
女「最初から怒ってなんていなかったわ。 少し、不機嫌といえば不機嫌ではあったけれど」
男「えっと……ふ、服は弁償させていただきます」
女「そんなに気を遣う必要はないわ。 将来のために、お金は貯めておくべきよ」
男「え? あ、それはありがたいんだけど……そんな、普通に諭されるとは思わなかった」
75:
女「何を言っているのかしら。 あなたのお金は、将来私のお金でもあるのよ」
男「…………、あぁ、なるほど」
女「だから、私がいらない支出を控えるように言うことの何が―――」
男「結婚すること前提かよっ!?」
女「あら、ツッコミの旬は、もう過ぎてしまっていると思うのだけれど」
男「そういう問題じゃねぇ!! って、あ、頭が……」
女「パーン?」
男「違ぇよ!」
女「冗談よ。 そんなに叫ぶから、頭に響いたのでしょう? ほら、ゆっくりしなさい」
男「さ、最初から全部女さんのせいだと思うぞ……!」
女「それよりも、そろそろ私にも我慢の限界がきたのだけれど」
男「なんの我慢の限界だよ……」
女「ハァッ……私の服装について、何か言うことはないのかしら?」
男「えっ? 何かって……それ、姉ちゃんの服だよな? よく入ったな」
女「……、もういいわ」
76:
男(……? いや、褒めてほしいとか言うわけないよな? 姉ちゃんのパジャマなんだし)
『ガチャッ』
姉「ふぅ、女ちゃんの服、今洗濯機で洗ってるからね」
女「ありがとうございます」
姉「どういたしまして! それじゃあにぃに、あんまり眠たくないかもしれないけど、もう寝た方がいいと思うよ。 明日も学校なんだから」
男「そうだね……ちょっと前まで寝てたから眠たくないけど、ゆっくりしてるよ」
女「さっき薬も飲んだことだし……最後に、もう一度だけ熱を測っておいたら?」
男「うん、分かった。 じゃあ、二人ともお休みなさい」
姉「お休み! じゃあ、女ちゃん行こう?」
女「分かりました。 お休みなさい、男くん」
『ガチャッ』
男「…………急に静かになったなぁ。 姉ちゃんはともかく、女さんの方も、物静かに見えて意外とお喋りだし」
男「全然眠たくないけど、ほんとにどうしたもんかな」
男(……姉ちゃんは、女さんのことを受け入れつつあるのかな。 そこらへん、今度聞いてみないと)
77:
ー翌日ー
『ピピピピッ、ピピピピッ』
男「37,2℃……」
姉「う?ん……残念だけど、今日はにぃに、学校お休みだね」
男「だいぶ楽になったから、行けないことはないと思うけど」
女「無理はしない方がいいわ。 お姉さんの言う通り、今日はベッドの上で大人しくしていなさい」
男「……、分かったよ」
姉「じゃあ、私達は学校に行ってくるからね。 大人しくしてるんだよ?」
女「あなたの病原菌を、私経由でクラスのみんなにも感染させておくわ」
男「そんなことはしなくてもいい。 じゃあ、いってらっしゃい」
姉「いってきまーす!」
女「いってきます」
『ガチャッ』
男「……さて、大人しくしていると言ってもなぁ。 昨日ほど体調が悪いわけでもないし、暇だからゲームでもやってるか」
男「熱があるとはいえ、学校休むのってなぜかワクワクするんだよなぁ」
78:
ー夕方ー
男「……ん? 玄関の方で音が……誰か帰ってきたかな?」
『ガチャッ』
姉「ただいま! にぃに、大丈夫だった!?」
男「姉ちゃん、おかえり。 体調の方は、もうなんともないよ。 熱も、今は平熱まで下がったし」
姉「そっかそっか?! あ、何か夕飯に食べたいものある?」
男「特にはないかな。 あ、でも食べやすいものがいいかも」
姉「食べやすいもの……うどんとか?」
男「うん、それでいいよ。 量も少なめでいいかな」
姉「食欲は戻ってないの?」
男「いや、今日もヨーグルトとかを最後に食べようかなって思って」
姉「ん、分かった! じゃあ、ご飯作ってくるね」
男「あ、姉ちゃん。 女さんは?」
姉「今日は家に帰るって。 親がそろそろうるさいから、一度帰らないと何を言われるか分からないんだって」
男「まぁ、そうだよな。 二日連続で他人の家、しかも男の家にお邪魔してるなんて親が知ったら……」
80:
男「……まったく、本当にいろんな意味で裏切ってくれるよね」
女「それはどういう意味かしら?」
男「いや、今日は流石に自重するんじゃなかったの? 親御さん、なんて言ってたのさ?」
女「“娘をよろしく頼む”とは言っていたわ」
男「嘘言ってないで、事実だけを述べること! 大丈夫なんだろうね?」
女「大丈夫よ……多分」
男「多分って言った!? ねぇ、俺後で女さんのご両親にとやかく言われたくないからね!?」
女「あら、“娘さんをください!”って言いに来てくれるのかしら?」
男「段階を踏んでからならね!」
女「……、え?」
男「どうしたの?」
女「……! そ、そのニヤけた顔……私を嵌めたわね?」
男「ふふふ……いつもやられてばっかりだったから、この手の会話になった時用に、前々から考えてあったんだ!」
女「ふぅ、まだ三日しか経ってないというのに、もう男くんは純粋さを忘れてしまったのね……」
男「いや、そんな遠い目をしながらしみじみと呟かれても。 第一、そうしたのは女さんなんだからね?」
81:
女「最初の話に戻るけれど、両親にはちゃんと了解を取ってあるから大丈夫よ」
男「なんて言って出てきたのさ? 流石に、転校したばかりなのにこうも家を空けていたら、疑問に思われるんじゃないか?」
女「今日は、また“惚れた男の家に”と」
男「えぇ?……」
女「心配いらないわ、昨日は“風邪をひいた友達の家に”としか言っていないから、三日連続で同じ人の家にお邪魔しているとは思ってないはず」
男「……ご両親を騙すことに抵抗はないの?」
女「恋のためだもの。 しょうがないわ」
男「さいですか」
女「それで……体調は大丈夫よね?」
男「あ、まぁ、お陰様でなんとか。 今はもう平熱だし、明日は学校に行けると思うよ」
女「明日学校に行くなら、朝の教室は覚悟しておいた方がいいと思うわね」
男「は? どうして?」
女「今朝、少し油断して不用意なことを私が口走ってしまったから、あなたにもいろいろと質問が襲いかかってくると思うわ」
男「……本当に、面倒事を次々と運んでくるよね。 ひょっとして、厄病神か何かなの?」
女「失礼ねぇ。 いくら深謀や計略に長けた私であったとしても、そこまで厄介事ばかりをあなたに押しつけたりはしないわよ」
87:
男「ところで、今朝女さんは何を言ってしまったんだ?」
女「それは……、やっぱり明日のお楽しみにしましょう」
男「何で!? 今言ってくれないと、フォローの考えようがないじゃん!」
女「明日の朝に、あなたが慌てふためく姿を想像するとゾクゾクするわね」
男「最低だなアンタ! なんでそんなに性格がひん曲がっているんだ!?」
女「さっき、私を一瞬たりとも嵌めた罰よ」
男「それだけ!? 理由ってそれだけなの!?」
女「常に私が上の立場でいないと、気がすまないわ」
男「えぇー……本当に面倒くさいんですけど、その性格」
女「性格に関しては、諦めてもらうしかないと思うわ。 ほら、某アニメのヒロインも言っていたことよ」
男「アニメ?」
女「“愛情に飢えている、ちょっと優しくされたら誰にでも靡いちゃう惚れっぽいメンヘル処女に、不幸にも目をつけられてしまった”と」
男「……そ、そうか。 なんというか……強烈な告白だな」
女「私もそう思うわ。 でも、共感するところも多いから」
男「物言いといい考え方といい、絶対に女さんってそのヒロインに影響を受けているだろ」
90:
女「それで、男くん。 聞いてもいいかしら?」
男「ん? 何を?」
女「そろそろ、告白の返事は考え始めた?」
男「っ…………、まだ、だ」
女「そう……まぁ、私から二週間という期限を設けてしまった以上、こちらからは何も言えないわね」
男「早めに結論を出したいと思うけど……流石に、まだ今は」
女「そうね、長い時間一緒にいるように感じるけど、まだ会って三日目。 たった三日では、そう簡単に決まらないのも無理はないと思う」
男「じゃあ、なんでわざわざ急かしたんだよ」
女「……そういうことを相手に尋ねるのは、ポイント低いと思うわよ」
男「そ、そうなのか?」
女「えぇ。 それぐらい、察してほしいものね」
男「…………、緊張するから早く答えてほしい?」
女「そうね……大体そんなものよ。 分かるのなら、まず先に自分の頭で考えてから口に出すようにしましょうね」
男「わ、分かったよ」
115:
女「それじゃあ、今日はこれくらいにしておいて帰るわ」
男「えっ? 泊まっていかないのか?」
女「あら……その驚き方、男くんは帰ってほしくないのかしら?」
男「あっ、いや、そういうわけじゃ……」
女「ふふふ……可愛いわね」
男「―――っ」
女「そういう反応をもっと見せてほしいわ。 そうすれば、私も親の言いつけを破ってでも、毎日泊まりにきてあげるかもしれないわよ?」
男「そっ、そんなことを望んじゃいない!」
女「はいはい、それじゃあまた明日の朝にね。 お寝坊さんしたら、“めっ!”よ?」
男「…………、お休み」
女「お休みなさい、男くん」
『ガチャッ』
男「…………何を言っているんだろうな、俺は」
男(あれじゃまるで、女さんが家に泊まっていくのが普通みたいな反応じゃないか……)
116:
ー翌日ー
姉「おはよう、にぃに! 気分はどう?」
男「おはよう、姉ちゃん。 もう大丈夫だよ、心配かけてごめんね」
姉「いいの、にぃにの体調がよくなったんだからね!」
男「それに、分担していた家事とかもほとんど姉ちゃんに押し付けちゃったし……」
姉「風邪をひいてる時くらい、逆に休まなきゃダメなんだよ。 無理をしちゃうと、余計にこっちに迷惑をかけるだけだから」
男「……うん、ありがとう」
姉「どういたしまして。 えっと、朝ごはんはいつも通りパンでいい?」
男「パンでいいよ」
姉「じゃあ、学校に行く準備してきて。 その間に、私もいろいろと支度しておくからね」
ー一時間後ー
姉「忘れ物はない?」
男「大丈夫だって。 行ってきます」
姉「行ってきまーす!」
117:
ー男の家前ー
女「おはよう。 遅かったわね」
男「……おはよう、女さん」
姉「おはよー、女ちゃん! 昨日一昨日も思ったんだけど、朝早いんだねぇ」
男「ほんとだよな。 女さんの家からここまで、少し遠回りになるだろ? 何時に起きてるんだよ」
女「今朝は五時に起きたわね。 というよりは、目が覚めてしまったと言った方が適切かもしれないけれど」
男「……おばあちゃん?」
女「あなたに早く会うため、に決まっているでしょう?」
姉「あ、朝っぱらから男ちゃんを誘惑しないでほしいんだよっ!!」
男「まったくだ……表面的に見る限りでは、相当な美少女に言い寄られているっていう、憧れの構図なんだけどなぁ」
女「表面的には?」
男「いや、キツく睨んでるところ申し訳ないけど、女さんだって性格の悪さは自覚しているんだろ?」
女「自分で言うのと、他人に言われるのとでは全然違うわ」
男「そりゃそうか」
118:
女「こうして考えてみると、まだ四日しか経っていないのね」
姉「うん? えっと……あぁ、女ちゃんが転校してきてからだよね?」
女「えぇ、そうです。 思えば、こんなに密度のある日々を送ることなんて、初めてかもしれないです」
男「俺にとっても、いろんな意味で濃い毎日だよ……」
女「もっと濃い関係をお望みかしら?」
男「結構です」
姉「わ、私が横槍を入れるスペースが、段々となくなってきているような……」
?「あれ、女さんと……男くん? それに、男くんのお姉さんじゃないですか」
男「ん……? あ、委員長じゃないですか。 おはようございます」
女「おはよう、委員長さん」
姉「えっと……委員長? 男ちゃんのクラスの委員長さん?」
委員長「おはよう、二人とも。 初めまして、男くんのお姉さん。 男くんたちのクラスの委員長をやってます」
姉「おぉ、えっと、いつも弟がお世話になっています!」
委員長「いえいえ。 そんなことより……男くんと女さんが一緒に登校してるって話、本当だったんだねぇ?」
男「……確かに、現実としては受け入れざるを得ない状況ではありますけどね? でも、いろいろと誤解を生みそうなニュアンスなので訂正させていただくと―――」
119:
女「本当ですよ」
男「…………、俺が説明をしようとしている中で、サラっと短い言葉で肯定しないでほしいんだけども。 なんとも言えないやりきれない感が……」
姉「小さいことに拘る子は、モテないんだよ? 主に私に」
男「最後の言葉、いらないよね?」
姉「……シクシク」
委員長「あはは……え、えっと、男くんは体調はもう大丈夫なの?」
男「あ、はい。 もうバッチリですよ」
委員長「そっか、良かった! あっ、そういえば男くんに聞きたいことがあったんだったわ……」
男「え……? あの、なんだか嫌な感じがするんですけど。 どうして、そんなにニヤニヤしているんですか?」
女「……あぁ、ひょっとして」
委員長「今すぐ聞きたいところだけど、もう学校に着いちゃったから教室まで待ってあげる。 でも、絶対に逃げられないわよ?」
男「うわぁ……教室に行きたくないんだけど、姉ちゃん、どうすればいいと思う……って、いつまで泣き真似してるんだよ。 いい加減、機嫌直してくれって」
姉「シクシク、シクシク……お姉ちゃん、いつの間にか影が薄い存在なんだよ……」
男「出番がちょっとないからって、そこまで言わなくても……」
121:
ー教室ー
男「お、おはよ?……」
男友「来たぞ! 全員、男を包囲せよ!」
クラスメイト『了解!』
男「はっ? え、いや、何……? ちょっとみんな、なんでそんなに目が血走って……」
男友「男よ……俺達は、詳しく話を聞かせてもらわねばならない。 いや、聞く権利があるっ!」
クラスメイト『そうだそうだ!』
男「ちょ、ちょっと……なんの話だ?」
男友「まどろっこしいことはやめだ。 単刀直入に聞こう……女さんが、一昨年泊まったか?」
男「……、えっ?」
男友「女さんが、お前の家に、泊まったのか、そう、聞いている!」
男「か、顔が近いって! それに、どうしてそんなことを聞く!?」
男友「委員長、説明をよろしく」
委員長「えっ、わ、私? えっと……実はね、昨日の朝の時間の話なんだけど―――――」
124:
ー昨日の朝ー
先生「よ?し、出欠取るぞ?。 空席のヤツ、いるか??」
男友「先生! 男が来ていませんが!」
先生「ん?? 珍しい、男が来てないのか……遅刻か??」
女「先生、男くんなら発熱で欠席です」
先生「発熱?? あいつ、熱出したのか?? そんな連絡、もらってないんだが」
女「えぇ、昨日の夕方に熱が出て、今朝の時点でもまだ37,2℃あったせいで―――」
男友「待て、女さん」
女「……何かしら?」
男友「どうして、先生にも連絡がいってないような話の詳細を、そこまで知っているんですか?」
女「……、それは」
男友「熱の正確な数字まで知っている、ということは、今朝は間違いなく男の家に行ったことになる、違いますか?」
女「…………」
先生「あ?、なんか盛り上がってるみたいだから、もうホームルーム終わるな?」
男友「しかも、“昨日の夕方から”ということまで知っている。 ひょっとして―――――」
126:
委員長「―――ということがあって」
男(……女さん、何余計なことを言っちゃってるんですか!)
女(仕方ないでしょう? 私は、あなたの欠席の理由を述べただけ)
男友「何を女さんに目配せしているのかは知らないが、とっとと白状してもろうか!」
男(くそ、こいつ事情を知っているのなら黙っていてくれても……いや、まさか!?)
男「お前……裏切るつもりか!?」
男友「裏切る? なんのことやら……さぁ、早く言い給え」
男(この顔のニヤけ具合……そうか。 自分からは言わない約束をしてしまったから、俺に言わせるつもりだな!)
男(しかも、他の人が聞いても普通にスルーしそうな女さんの説明のセリフ、事情を知っていた男友ならば違和感に気付きやすい……!)
男友「ほらほら、早く答えるんだ。 みんな待ってるんだぞ? まぁ、黙ってるっていうことは、お泊まりで決定か?」
生徒1「マジか!? 転校してきて早々お泊まりなんて、女さんスゲーな!」
生徒2「マジ女さんパネェっす!」
男(だが、男友は事情に精通しているからこそ、そういう発想に辿り着いただけだ。 他の人ならば、或いは誤魔化し切れるかも……)
男「……結論を先に言うのなら、泊まっていない」
男友「……へぇ、どうして?」
130:
男「前日の夕方に発熱というのは、偶々一緒に帰ったから知っていることだ。 下校途中から体調が悪かったからな」
委員長「えっ、一緒に帰ったの!?」
男「それについては、男友も知っているはずだ」
クラスメイト『何だと!? 男友、どういうことだ!』
男友「え、いや、これはだな……!」
男(よし、一先ず勢いを削ぐことはできたか。 男友とは“言わない”という約束は交わしているから、絶対に言わないだろうし)
男「それで、昨日の朝に女さんが俺の熱が何度だったのかを知っているのは、単純に家に来たからだ」
委員長「家に?」
男「前日に体調が悪かったから、心配して来てくれたんだよ。 だから、結果的に姉ちゃんよりも先に、俺が熱を出したことを報せることになった」
委員長「なるほど?、筋は通ってるね?……女ちゃん、真相はこれで合ってるの?」
女「……えぇ」
委員長「そっかそっか。 なぁ?んだ、結局泊まったりはしてないのかぁ……ちょっと残念かも」
男「委員長さんは、立場上止めないといけないんじゃ……」
委員長「そんな堅物じゃないって。 私だって、今時の女子高生なんだからね?」
131:
ー休み時間ー
男友「……上手く丸め込みやがって」
男「あのなぁ……どうして、泊まったってことになってるんだ?」
男友「そんなもん、女さんに聞いたからに決まっているじゃないか」
男「えぇ?……あの人、自分で散々言うなって言っておいて、そんなに簡単に情報渡していいのかよ」
男友「やっぱり、そうなのか! ちなみに、今のは嘘だからな?」
男「なッ……!? お前!」
男友「みんなの目は誤魔化せても、俺の目は誤魔化せないぜ?」
男「くそ……後で、また女さんに小言を言われる羽目になるじゃないか」
男友「それにしても、俺的にはクラス全員の前でバラしてやりたかったな……矛先を俺にまで向けやがって」
男「咄嗟に考えたにしては、上手い作戦だっただろ?」
男友「確かにな……俺ならもうちょっと際どい質問をしてやれたかもしれないのに、周りの連中に捕まっちまって……」
男「間違いなく、クラスの中じゃお前が一番の注意人物だからな。 早めに排除しておいて正解だった」
男友「俺の口からは言わないと約束したからな。 もうこれ以上はどうしようもない……だけど、何か進展があったら俺には教えてくれよな?」
男「もう教えるかっつーの」
132:
ー別の休み時間ー
男「朝は話を合わせてくれてありがとうな」
女「いいわよ、別に。 これは私の問題でもあるもの」
男「……正直に白状するならば、女さんなら泊まったことも平気でバラすかと思ってたけど」
女「そうね……一応、それも考えたのだけれど」
男「考えたんかい」
女「でも、こういう話はどこでどうなるか分からないわ。 万が一、噂の断片か何かを親に聞かれたら、都合が悪いから」
男「……そりゃ、同い年の男の家に泊まったなんてなぁ。 許す親がどこにいるのやら」
女「僅かなリスクでも、こういうデリケートな話の場合は避ける必要があると判断したから、あなたに合わせただけ」
男「そうみたいだな」
女「だから、感謝しなくてもいいわ。 まぁ、感謝したいというのなら……そうね、ジュースでも奢ってくれればいいわ」
男「いや、奢らねぇよ。 どれだけ図太い神経してるんだ……」
女「褒め言葉として受け取っておくわね」
男「どこがだよ……まったく」
133:
ー放課後ー
女「一緒に帰りましょう」
男「……、まぁそうなるよな。 うん、予想はしていたから」
女「何をブツブツ言っているの?」
男「いや、何でもない。 じゃあ行こうか、多分、姉ちゃんも校門の所で待っているとは思うけど」
女「二人で帰るという選択肢は?」
男「今のところナシだ。 二人で帰るっていうのは……付き合うことになってから、だな」
女「へぇっ……少しずつ、デレてきているわね」
男「どういうことなのか、小一時間問い詰めてもいいだろうか?」
姉「お?い、男ちゃ?ん! 女ちゃ?ん!」
男「お、いたいた……って、あれ? 隣にいるのは……」
姉友「やぁ、お久しぶりってとこかな? 弟クン」
男「お久しぶりです、姉友さん。 相変わらず……その、服装が奇抜ですね」
姉友「そうかな? 単純に、暑いからなんだけど」
男「いや、その……前々から言っていますけど、服がはだけすぎで、男子からすると目の遣り所に困るんですって」
135:
姉「どれだけ注意しても直らないんだもん、もう気にしたら負けなんだよ、多分。 先生も一応注意はするけどねぇ」
姉友「最近じゃ、同学年の男子諸君も開き直ったみたいでね。 堂々と胸元を凝視してくる輩が出てきたくらいさ」
男「嫌なら隠してくださいよ……」
姉友「嫌ではないよ? 別に見られたいという願望があるわけではないけど、だからといって嫌悪感があるわけでもない」
男「…………、さいですか」
姉友「寧ろ、男子諸君が女の子の胸元に目を遣ってしまうのは当然のことだろう? だったら、私一人でその視線を集めてしまえば、姉に危害が及ぶことも…………」
姉「姉友……! って、今ちょっと感動しかけたんだけど、なんで私の胸をガン見したまま固まったの?」
男「姉友さん、言いたいことは分かりますが、それ以上は姉ちゃんのためにも言わないでやってください」
姉友「そうだね……大丈夫だよ、姉。 需要はあるさ」
姉「なっ、なんで二人してそんな可哀想な目で私を見るのよー!!」
女「…………」
姉友「ところで……ふぅん? そちらにいらっしゃるのが、毎日毎日姉が言っている女ちゃん、かな?」
姉「あ、ちょっと! 姉友ちゃん、そういうこと言ったら、私が悪いこと言っていたみたいじゃん!」
女「……私が女ですが」
136:
姉友「へぇ?、君かぁ。 弟クンを狙っているって娘は……うんうん、なかなか魅力的な娘じゃないか」
女「えっと……ありがとう、ございます」
男「一応、忠告だけは先にさせてもらうけど」
女「……? 何かしら?」
男「姉友さん、自他共に認めるバイセクシャルだから」
女「ッッ!?」
姉友「弟クン、先にそういう大事なことをバラされてしまったら困るよ」
男「いや、後で小言を言われたら堪らないので……だから、その人の“魅力的”っていう言葉は、あまり好意的に解釈しない方がいいと思う」
女「わ、私はそういう趣味はありませんので……!」
姉友「ほら、弟クンのせいで怖がっちゃってしまった」
男「どのタイミングであろうと、こういう反応が大多数を占めますよ……姉ちゃんみたいな人の方が特別なんです」
姉「そうかなぁ? ところで、そろそろ“バイ”って意味教えてよ?」
姉友「だぁ?め。 教えてあげない」
姉「ケチぃ?!」
男「姉ちゃんは知らない方がいいと思う。 っていうか、知らないでいてほしいよ、姉ちゃんには……」
137:
男「っと、それで……何か御用でしたか?」
姉「あっ、そうだった! えっと、私達これから買い物に出掛けるから!」
姉友「だから、今日はちょっと姉を借りていくけど大丈夫かい?」
男「えぇ、大丈夫ですよ。 精一杯、愛でてきてやってください」
姉「愛でるってどういうことよ?!!」
姉友「それじゃあ……あ、晩御飯までには返す予定だけど、ご飯は……」
女「それなら、私が作るので大丈夫ですよ」
男「えっ? い、いいのか?」
女「構わないわ。 私だって少しくらい料理ができるというところを、ちゃんと見てもらわないとね」
姉友「ほぉ?、積極的……いいね、そういう娘を自分好みに染めていくのって楽しいんだよなぁ……」
女「…………そ、それじゃあ、私達はこれで」
姉「あ、うん! じゃあ、また後でね?!」
姉友「またね」
男「はい、姉友さん、さようなら」
138:
女「……謀らずとも、勝手に二人だけの下校というミッションが達成できたというのに、どっと疲れたわ」
男「まぁ、姉友さんの相手をするのは疲れるかもしれないな……無駄に威圧感があるし」
女「その……本当に、あの人は女の子も……」
男「実際に付き合っていた人がいるんだからな。 そっちの人は、そこまで親しいわけじゃないけど」
女「じゃあ、お姉さんも?」
男「いや、姉ちゃんは違うだろ。 単純に、可愛いものを愛でる気持ちなんじゃないか? 姉ちゃんが“バイ”を理解していないことが、何よりの証拠だと思う」
女「……いいわ、とりあえず帰りましょう。 あの人に乱された自分のペースを、早く取り戻さないと」
男「最初は絶対そうなるよ。 俺はもう慣れたけど」
女「あの独特の雰囲気って、慣れることができるものなのかしら……」
男「…………」
女「どうしたの? 顔が少し赤いわよ?」
男「……、いや、ちょっと思い出してしまっただけ」
女「何を? 姉友さんの服装かしら?」
男「違う。 あの人前に家に来た時にだな、いきなり目の前で全裸になって……」
女「…………なんというか、豪胆ね」
139:
女「ところで、晩御飯を私が作ることになったのはいいんだけれど、材料とかはあるのかしら?」
男「あー……どうかな、ちょっと分かんない。 スーパー寄ってく?」
女「そうね……どうせなら、得意料理を作りたいし」
男「得意料理? 何が得意なんだ?」
女「ハンバーグよ」
男「へぇ、案外普通なことに、逆に驚いたよ」
女「あなたの中での私の評価が、どんな風になっているのか聞いてみたいものね」
男「そうだな、強いて言うのなら“変人”カテゴリーに属しているかも」
女「……材料に、わさびと辛子と豆板醤を追加しないとね」
男「ゴメンナサイ、それはマジで勘弁して下さい」
女「そう……じゃあ、普通に作ってあげるわ。 感謝すること」
男「はい、偉大なる女様。 私めにそのような料理を振舞っていただけること、大変嬉しゅう―――」
女「長いしつまらないわ」
男「…………」
140:
?「あれ、お二人さん遅いね? 何していたの?」
男「ん? あ、委員長じゃないですか。 俺達は姉ちゃん達と喋っていたからですが」
女「……二人で帰るはずだったのに」
委員長「えっ? 女さん、何か言った?」
女「いえ、何も。 委員長さんこそ、遅いですね」
委員長「私はホラ、委員としての仕事があったから……これくらいの時間になるのは、結構あることなのよ」
男「大変ですね……って、あからさまに他人事みたいに言っちゃって、すみませんが」
委員長「そんな細かいこと気にするの? 別にいいってば!」
女「男くんは、結構器が小さい人ですよ」
男「なんていうことを言うんだよ!」
委員長「ふふっ……! いつも二人で帰ってるの、って、まだ女さんが転校してきて一週間も経ってないか」
女「そうですね。 でも、転校してきてから男くんが学校を休んだ昨日以外、毎日一緒に帰っていますよ」
男「ちょ……!」
委員長「ひゃーっ! ラブラブカップルめ?! もう私見てらんないわ!」
男「……訂正しておきますが、カップルではないですからね?」
142:
委員長「それで、男くんは思い出したの?」
男「はい? 何をですか?」
委員長「何をって……決まってるでしょ? 女さんと最初に会った時のことよ!」
男「…………あぁ?、すっかり忘れてたな」
委員長「忘れてたって……そんなのダメじゃない! ちゃんと思い出さないと!」
女「委員長さん、そう言ってくれるのは嬉しいんだけど、私は男くんが思い出さなくても構わないの」
委員長「えぇ?っ、それでいいの?」
女「そもそも、他人かもしれないんだから。 だから、今こうしていられればそれでいいわ」
男(よくもまぁ、淀みなくスラスラと嘘が並べられるもんだ……)
委員長「健気だねぇ……! 男くん、あなたには勿体ないくらいの子なんだから、ちゃんと気持ちに応えてあげるのよ!?」
男「はぁ……えっと、考えておきますけど」
委員長「煮え切らないわね、もう……って、話しているうちにもうこんなところまで! 私こっちだから! じゃあね!」
女「えぇ、さよなら」
男「さよなら?……って、あっ! スーパー寄らなくてよかったのか?」
女「あ……しょうがないわね、家にあるもので作るわ」
143:
ー男の家ー
男「ただいま?……」
女「ただいま」
男「だから、その“ただいま”について俺は異議を唱えるぞ」
女「“細かいことを気にする人は、モテないのよ!”by姉さん」
男「ぐっ……いや、そうだとしてもだな!」
女「そんなことはいいから、さっさと冷蔵庫の中身を確認するわよ」
男「あっ、おい……! ったく、勝手に人の話をスルーしやがって……」
女「ん?、思ったよりはいろいろあるわね……ハンバーグはちょっと無理みたいだけど」
ー夕飯前ー
姉「ただいま?!」
男「あ、帰ってきた! おかえ、り……?」
女「……!」
姉友「お邪魔しますよ?っと。 ふふっ、女ちゃんの手料理かぁ……」
144:
姉「そんなわけで、姉友も夕飯を相伴することになりました!」
男「……どんなわけだよ」
姉友「まぁまぁ弟クン、ここは私の体に免じて許してもらえないだろうか?」
女「なッッ……!?」
男「だっ、だから脱ごうとしないでくださいッッ!! また裸になるつもりですか!?」
姉友「……そうだけど?」
姉「下着くらいつけてよ??」
男「そういう問題じゃないだろ!? 俺は男なんですよ!?」
姉友「うん。 だから弟クンの目の保養にもなるし、私は涼しくなる。 一石二鳥だろう?」
男「この場合、石が当たった鳥に逆に襲いかかってくるぐらいヤバいです!」
姉友「ふむ、そうか……仕方ないな、姉の言う通り、下着で妥協しよう」
男「それもできればやめてください……」
姉友「室内では、普段は何も着ないんだ。 下着をつける時点で譲歩はしているのだから、それくらい許してくれないか?」
男「…………、分かりました……女さんもそんな呆けてないで」
女「え……あ、うん……そ、そうね」
145:
姉友「へぇ、これは……思っていたよりも、大雑把な料理なんだね」
女「私もまだ覚えたてですから、そこまでの技術はありませんので」
男「じゃあ、いただきまーす」
女「……どうかしら?」
姉「おいひー! うん、味付けもしっかりしてるし、上出来だよ!」
姉友「ふむふむ、私からすれば、若干濃いかな?と思わないでもないけど、美味しいよ」
女「ありがとうございます……男くんは?」
男「えっ? あ、うん、美味しいよ」
女「そう、ありがとう……と言いたいところだけど、何か言いたいことがあるのなら、早めに言ってほしいわね」
男「別に文句があるとか、そういうわけじゃないよ。 俺も姉ちゃんに少し教わっていたけど、負けたなって」
姉「そうだねぇ、にぃによりは料理の腕は上かも」
女「あなたも料理なんてしていたの? そういうこと、お姉さんに任せっきりかと思っていたのだけれど」
男「任せっきりだったからこそ、俺も少しは手伝えるようにならなきゃいけないなって思ったんだけどね」
姉友「お姉さん想いの立派な弟を持って、姉は本当に幸せじゃないか」
姉「うんうん、私は幸せ者なの?。 一生面倒見てもらうもん!」
146:
女「あら、その言葉は聞き逃せませんね」
姉「ふぇ?」
女「男くんは、将来の私の夫なのですから」
男「…………」
姉友「おぉ、堂々と爆弾を投下したけど……弟クン、何も反応ナシかい?」
男「いえ、いい加減慣れてしまったというか……毎回毎回反応していたら、体が保たないです」
姉「ま、まだ決まったわけじゃないんだよっ! それに、にぃにの意見も尊重しないと!」
女「えぇ、確かに男くんは、まだ明確な答えを出したわけではない。 しかし、いずれ分かりますよ」
姉「むぅぅぅ! その余裕の表情も、今のうちなんだよっ!」
姉友「ふふふっ……弟クンは、なかなかに愉快な日常を送っているようだね?」
男「えぇ、まぁ……ちょっと、気になることもあるんですけどね」
姉友「気になること、ねぇ。 それよりも、一つ私から提案があるのだが……」
男「提案、ですか? なんでしょう?」
姉友「是非とも、私も君のハーレムに加えてもらえないかな?」
男「却下です」
147:
男「……今日は泊まり?」
姉「うん、姉友ちゃんのお家、今日は誰もいないんだって。 だから今日はお泊まり!」
男「まぁ、いいけど……え、でも、何も荷物は持ってきていなかったような?」
姉友「あぁ、荷物は何もないけど」
男「明日の着替えとかはどうするんですか? 学校あるじゃないですか」
姉友「明日の服に関しては、朝に一度家に帰るから大丈夫。 今日の夜の着替えは、必要ないし」
男「は……? あ、また裸になるつもりですか……」
姉友「どのみち、寝る時は毎日裸なんだ。 すまない」
男「いえ……別に、同じ部屋で寝泊まりするわけではないので、もう何も言いませんよ」
姉友「助かるよ」
女「……それじゃあ、私は今日は帰るとするわね」
男「お、分かった。 ご飯、わざわざありがとう。 美味しかったよ」
姉友「それじゃあ、またね?」
女「…………っ」
姉「バイバーイ! あ、私ついでにお風呂沸かしてくるね?!」
148:
姉友「……弟クン、私は女ちゃんに避けられているような気がするんだけど、どう思う?」
男「あぁ、まぁ……多分、苦手には思われているんじゃないですか? 実際、そう言っていましたし」
姉友「そうか……どうしてなんだ?」
男「どう考えても、“バイ”という特殊な一面のせいだと思いますけどね」
姉友「しかし、それはあくまでも私の一部分だというのに。 友達としてやっていくことには、不都合などないように思うのだが」
男「……まぁ、普段の女さんからしてみれば、意外にそういうネタに過敏に反応していたような気はしますけど」
姉友「普段? 普段から変わった話をしているのかな?」
男「……、そこんところはあまり詳しく話せませんよ」
姉友「そっかぁ……残念だ」
男(女さん、“バイ”とかって言われても平気でスルーしそうな気がしてたけど、案外純情だったりするのかな)
男「どちらにしろ、俺はそこまで不快には感じませんけど、中にはそういう風に敏感に反応する人もいることぐらい、分かるでしょう?」
姉友「まぁね。 私がこのことを他人に明かしてから、明らかに距離を置くようになった娘がいることは事実だしな」
男「まぁ、そんなに気落ちしないでくださいよ? 俺は、姉友さんが良い人だってこと、ちゃんと知ってますから」
姉友「―――っ、さ、さり気なく恥ずかしいことを言うんだね、相変わらず……」
男「……?」
149:
姉「お風呂沸いたよ?! 姉友ちゃん、先に入る??」
姉友「そうさせてもらうよ?! あっ……」
男「どうかしましたか? 別に遠慮なさらずとも、最初に入っていただいても構いませんけど」
姉友「……君も私と一緒に入るかい?」
男「…………、いいんですかって言われたら、どうするつもりなんですか」
姉友「構わないよ?」
男「はぁ……結構ですよ。 姉ちゃんに何を言われるか分からない」
姉友「たまには、自分で考えて行動してみたらどうだい? 私が思うに、弟クンは何にしても姉に依存している一面があるように見えるけど」
男「そうですか?」
姉友「自分の意思でちゃんと考えるようにならなければ……そうだね、女ちゃんの件でも、痛い目を見る羽目にはるかもしれないよ」
男「…………」
姉友「まぁ、私なりにアドバイス……とまでは言わないけど、気になったから言わせてもらったまでだ」
男「……分かりました、考えておきます」
姉友「うん、素直な子はいいと思うよ。 ふふ、お風呂で可愛がってあげたくなってきた」
男「だから、それに関しては遠慮しておきますって……」
150:
ー男の部屋ー
男(姉ちゃんに頼り過ぎ、か……確かに、言われてみればそうなんだろうなぁ)
男(両親が家にいない時の方が多いせいで、何かと姉ちゃんに頼っていて……親の代わりみたいに思うところもあるし)
男(だからといって、頼らないようにするっていうのは、具体的にどういう感じなんだろう……)
男(…………まぁ、ちょっとずつ考えていけばいいか。 姉友さんは自立しろ、ってことが言いたかったんだろうけど)
『コンコン』
男「はい?」
姉『あ、にぃに? 姉友ちゃんがお風呂出たんだけど、にぃにが先にお風呂入る?』
男「ん、じゃあ先に入るよ」
姉『分かった! じゃあ、なるべく早く入ってね。 それじゃ―――』
男「あ、ちょっと待って!」
姉『ん? 何か用でもあるの?』
男(姉友さんに言われた手前、こんなことを聞いていていいのか迷うけど……前々から聞いておきたかったことだし、いい機会かな)
男「ちょっと、話したいことがあるから……入ってきてくれない?」
姉『話したいこと? うん、分かった』
151:
姉「……相変わらず部屋は片付いているねぇ。 私の部屋はぐちゃぐちゃなのに」
男「姉ちゃんの部屋と比べたら、誰の部屋だって片付いていると思うよ……」
姉「えへへ……そ、それで? 話って何かな?」
男「あ、うん……前から聞きたかったことがあってさ」
姉「うん?」
男「姉ちゃん、昔から“男ちゃんが付き合う人は、私が査定するんだー!”って言ってたじゃん?」
姉「え?っと、そうだね」
男「だけど、機会は少なかったにしても、今まで俺に好意を向けてくれた人に対しては、答えはノーだったじゃん」
姉「うん」
男「だから、てっきり大学生とかになるまでは認めないだけなのかと思ってたんだ。 それなのに……」
姉「あ、女ちゃんのことかな?」
男「……うん。 前の人の時は結構手酷く拒絶していたこともあったのに、今回ってあっさり許しているっていうか」
姉「…………」
男「一緒に帰るって話になった時も、“女さんならいいけど”みたいなこと言った時、内心じゃ凄い驚いてたんだ」
152:
姉「……私はね」
男「ん」
姉「男ちゃんのことが大好きなの」
男「…………」
姉「過保護だって分かっているんだけど、それでもいろいろと世話をしたくなっちゃうの」
姉「だから、絶対に幸せになってほしい。 一応、男ちゃんの親の代わりを務めようと思っていたし」
男「……やっぱり、そうだったんだ」
姉「分かってた?」
男「まぁ、薄々は……姉ちゃんは面倒見がいいだけじゃなくて、責任感もあるから」
姉「そこまで褒められても恥ずかしいんだけどね。 それで、女ちゃんのことだっけ?」
男「そう」
姉「私、これでも人を見る目には自信があるんだよ。 今まで見てきた子達は、多分途中で男ちゃんと上手くいかなくなってたと思う」
男「それは……分かんないんじゃない? もし壁にぶつかっても、乗り越えることだって……」
姉「できたかもしれないね。 でも、そもそもの相性っていうか……お互いの性格を端から見た時、“続かないな”って思ったの」
153:
姉「男ちゃんにしてみれば、お節介だと思うんだけどね。 それでも、男ちゃんには必要以上に傷付いてほしくないから」
男「……傷付くことで、成長することもあるんじゃ?」
姉「男ちゃん、自分が思っているよりも繊細だよ? 一度失敗すると、立ち直るまでに時間がかかっちゃうと思うんだ」
男「…………」
姉「私も今が真っただ中だから実感が湧かないけど、青春って大事なんだよね? その大切な時間を、悲しい記憶で埋めてほしくないなって」
男(そういえば、姉ちゃんも最初から前の人を拒絶していたわけじゃなかったっけ……いろいろと話して、まるで“観察”するような感じで)
姉「……お節介なお姉ちゃんでごめんね。 でも、女さんは大丈夫」
男「……どうして?」
姉「男ちゃんは、女ちゃんと二人でいる時って気まずい?」
男「え? いや、別にそんなことはないと思う、けど」
姉「前の時は、その人と一緒にいる時の男ちゃん、少し緊張してるというか……一ヶ月くらい経っても、気まずそうな表情をしてた」
男「……そんなに?」
姉「うん、普段から男ちゃんを見ている私が言うんだから、間違いないよ! なのに、女ちゃんは最初に見た時からリラックスしてた」
男「……まぁ、そうかもしれないな」
姉「相性がいいんだと思う。 二人が長く続く秘訣って、そういうところにあるんじゃないかな?」
154:
男「そっか」
姉「まぁ、お友達の話を参考にしながら考えた、私の持論なんだけどね!」
男「自分の経験談は?」
姉「うぅ……な、ない……」
男「……姉ちゃんも、出来の悪い弟の面倒ばっかり見ていないで、自分の幸せも考えてくれよ?」
姉「ま、まずはにぃにのことが先決なんだよっ!」
男「ありがとう、聞きたかったことはそれだけだから。 それじゃあ、お風呂入ってくるよ」
姉「あ、うん。 い、いってらっしゃい!」
ーお風呂ー
男(お節介ではあっても、それは全部俺のためのことを考えてやってくれたんだし……滅多なことは言えないよなぁ)
男(……うん、姉ちゃんにばっかり頼ってないで、姉友さんに言われたように少しは自分で行動しなきゃな)
男(知らない間に結論も出ていたみたいだし、な。 あんまり女の子を待たせるもんじゃないか)
男「……明日の放課後にでも、返事をしないと」
155:
ー翌日ー
男「ぐ……っ、お、重い、です……姉友さん……!」
姉友「すぅ…………」
男(気が付いたら、姉友さんが俺の上に……道理で寝苦しいわけだよ……)
男「起きてください……っていうか、裸で体を押し付けれられると……その、いろいろと困ります、って」
姉友「ん……すぅ……」
男「寝たフリは、いい加減やめてください……!」
姉友「ありゃ? 気付いていたのかい?」
男「わざとらしいんですよ……というか、裸で年頃の男の傍で寝るっていう行為が、どれだけ危険なことか分かっていないんじゃないですか……?」
姉友「よっこいしょっと……いや、弟クンなら絶対に襲ってこないと思うけど」
男「うわぁっ!? む、胸を隠してくださいっ!! それに、襲わないって思う根拠を教えてくださいよ!」
姉友「おっと、失敬失敬……だって、君はヘタレじゃないか」
男「ぐっ……何気に傷付くことをさらっと言いましたね。 というか、どうして俺の周りにはこうも俺を困らせる人ばかりなんだ……」
姉友「からかい甲斐があるからに決まっているじゃないか」
男「…………不幸だ」
156:
ー朝ー
姉「どこ行ってたの?? 姉友、起きたら寝室にいないんだもん」
姉友「ん?? いや、軽く外の空気でも吸ってこようかな?と思って」
男(こっちを見ないでください……あぁ、もう! ニヤニヤするな!)
姉「ふ?ん……まぁ、いいけど。 今日は金曜日だから、明日から休みだねぇ!」
男「はぁ……夏休みが恋しいなぁ」
姉友「長期休暇後の初めての連休は、どうしても長期休暇のことを思い起こさせるな」
男「とりあえず、今日の授業はだるいですね……」
ー男の家前ー
男「……今朝もいるんだな、やっぱり」
女「当然でしょう? それぐらいの誠意を持って対応しないと、あなたは鈍いから」
男「そんなことないと思うけどな」
姉「よ?っし、鍵も閉めたし……それじゃあ行こっか!」
女「姉友さん、だったっけ? あの人は……」
157:
男「あぁ、姉友さんなら荷物を家に取りに行ってるから、もういないよ」
女「そう……」
男「苦手?」
女「えっ? あ、まぁ……そうね。 苦手といえば、苦手なのかもしれないわ」
男「悲しんでいたよ? 避けられているような気がするって」
女「えっと……努力するわ」
男「うん。 あ、今日の放課後って時間ある?」
女「……? あるけれど、あなたから誘ってくれるなんて、何があるのかしら?」
男「さぁね。 っていうことで、姉ちゃん、今日は先に帰っていてくれていいよ」
姉「え゛」
男「……露骨に悲しそうな顔をしないでほしいんだけど」
姉「うぅぅぅ?……待ってるから! いつもの場所で待ってるからね!?」
男「そんな駄々をこねられてもねぇ……いや、まぁいいか」
女「とりあえず、放課後ね。 ふふふっ、期待しているわよ?」
男「……はいはい」
158:
ー学校ー
男「おはようさん」
男友「お?っす……ん?」
男「どうした? 俺の顔を見て不思議そうな顔をするとは、いい度胸じゃないか」
男友「あ、いや、ネタとかじゃないぞ? なんか、いつもと違くないか?」
男「……は? 何を言ってるんだ?」
男友「何を言っていると言われても……雰囲気? とにかく、いつもと何かが違うような気がするけど……まぁいいか」
男「……、今日は金曜日だな」
男友「おう! 明日から久しぶりの休みが始まるぞ!」
男「と言っても、多分家でゴロゴロしているだけになるだろうけどなぁ……」
男友「あ? お前は女さんと一緒にどこかに出掛けるんじゃないのか? ケッ、このリア充め」
男「別にそんな約束はしていないし、そもそもどうしてそういう発想になるんだ」
男友「あのさ、付き合ってないにしてもだぞ? 男として、どこかに連れて行ってあげるとか、その程度の甲斐性もないヤツはどうかと思うぞ」
男「……そうか?」
男友「まぁ、お前が女さんのことを憎からず思っている場合に限り、だけどな。 嫌いな人相手に、休日を充てたくはないだろうし」
159:
男友「だが、お前の場合はそうでもないだろ? 毎朝一緒に登校してきているんだ、嫌いとは言わせない」
男「……言っておくが、向こうが勝手に家の前にいるからだぞ」
男友「そこまでしてもらっているなんて怒りが沸々と……いや、今はそういう話じゃない。 とにかく、どこか一緒に遊びに行くくらいはしてやらないと」
男「…………」
男友「大丈夫、最終的にお前が断るという結論に至ったとしても、これぐらいなら罰は当たらないさ」
男「いや、まぁ……そうだな、考えておくよ」
男友「おう、こいつは俺からの餞別だぜ!」
男「……、まぁいいけどな。 とりあえず、サンキュ」
男友「気にするな! で、実際どうするんだ? 付き合うのか?」
男「そうくるだろうとは思っていたけど、教えてやるもんか」
男友「おい、俺からの餞別を返せ!」
男「どうやって返すんだよ……まったく。 ちょっとトイレ言ってくる」
男友「分かった、帰ってきたらちゃんと教えろよ?」
男「やなこった!」
160:
ー授業中ー
男(女さんの様子、少し見てみたい気もするんだけど……席が後ろだから、分かんないんだよな)
男(俺からの誘いがあって、そわそわとかしてないかな……いや、女さんの場合、全然動じてなさそうな気がする)
男(ってことは、俺一人がみっともなくそわそわしてるだけなのかなぁ……放課後に返事をするってだけで)
男(あぁ?、やっぱり落ち着かない……!)
女「…………何を身悶えているのかしら、男くんは」
委員長「さっきから、表情がクルクルと替わってるよね。 それに、落ち着きがないっていうか……」
女「心当たりは……ひょっとして、放課後のこと?」
委員長「放課後? 放課後に何かあるの?」
女「まぁ、ちょっと呼び出されただけよ。 なんの用事なのかまでは聞いてないけど」
委員長「ひょっとして、告白じゃない!?」
女「告白? それは…………ないと思うわね。 あの人、ヘタレだし」
委員長「ヘタレ……そ、そんなバッサリ言わなくてもいいんじゃ……」
女「事実だから仕方ないわ。 優柔不断すぎて、これから私も苦労しそうだもの」
161:
ー放課後ー
男友「終わったぁぁぁ! 明日から久々の休みかぁっ! 男、お前今日はどうするよ?」
男「は? 何が?」
男友「あれ、聞いてないのか? カラオケ行くっていう話だよ」
男「聞いてないぞ……いや、まぁ今日はどのみち行けないけどさ」
男友「ん? 何か用事が……そうか! ひょっとして女さんとデートか……グフフ」
男「笑い方はどうにかならんのか……言っておくが、デートじゃないぞ」
男友「なんだよ、つまんねぇ。 じゃあ、俺はカラオケで仲間達と独り身という事実を慰め合ってくるさ」
男「あいよ。 いってら」
男友「おう!」
男「…………」
女「……話は終わったかしら?」
男「ん? あぁ、別に大した話をしていたわけでもないしな……さてと、ちょっと場所を移そうぜ」
女「いいけど……どこかに出掛けるとか、そういう話ではないの?」
男「いや、そういうわけじゃないよ。 ゆっくり話がしたいってだけさ」
162:
ー屋上ー
女「……前に来た時にも疑問に思ったのだけれど、屋上の出入りは禁止されていないの?」
男「もちろん禁止だけど?」
女「そう……」
男「人がいないうえに簡単に出入りできるから、情報屋の男友と話をする時とか、頻繁に使われていると思うよ」
女「確かに、出入り禁止の場所なら、もう少しまともな施錠とかしておくべきよね」
男「教師の中にも気付いている人はいるだろうけど……黙認なのかもしれない」
女「いい加減ね……屋上って、飛び下りとかに使われたりして危険じゃないの」
男「そこまでの例になると、特別な事情だろうさ。 うちの学校はいじめとかないし、自殺は大丈夫とか思ってるんじゃないの?」
女「そんなのでいいのかしら。 不安だわ」
男「まぁ、そんな話はどうでもいいじゃん。 ここに来た目的と違う」
女「目的? ここには、ただ取り留めもないお喋りをしに来たのではないの?」
男「違うよ。 答えを出すために、連れて来た」
女「…………!」
163:
男「……なんでそんなに驚いてるのさ? 予想できたことじゃないのか?」
女「いえ……正直なところ、全然考えていなかったわ。 まさかこんなに早くに、あなたが答えを聞かせてくれることになるなんて……」
男「“こんなに早くに”って……俺が、期限ギリギリまで悩むと思ってた?」
女「そういうわけじゃなくて、もし答えが出たとしても、ぐだぐだと行動を先延ばしして、結局ギリギリになるものだと」
男「……そんな人間に見えていたなんて、少しショックだなぁ」
女「と、とにかく、答えを聞かせてくれるのね……?」
男「あぁ。 俺は……」
女「ちょっと待って!」
男「……どうしたの?」
女「ほ、本当に予想以上に早かったせいで、心の準備とかが終わっていないのよ。 心臓がドキドキして……今さらだけど、緊張してきてしまったわ」
男「おいおい……」
女「し、仕方ないでしょう? “まだ心積もりしておく時間はある”と思っていたのに、いきなりなのだから……」
男「そんなに唐突だったかぁ?」
女「……、私にとってはね」
164:
男「だったら、明日にしてもいいけど……」
女「今にして!」
男「…………」
女「明日にされたら、今日は落ち着かずにふわふわしてしまうわ。 絶対に眠れなくなりそう」
男「ふぅ……一旦席を外そうか?」
女「それも必要ないわ……もう、大丈夫だから」
男「そっか。 じゃあ、言ってもいいんだな?」
女「待って…………よし、いいわよ」
男「えっと……告白に対する返事だな。 会ってから四日しか経ってないし、自分でもすんなり決まったなって、ちょっとビックリしてる」
女「…………」
男「いろいろ事情があったにしても、俺は女の子と真剣に付き合うことができたことなんてほとんどないし……少し自信がなかったんだ」
女「自信?」
男「今まで姉ちゃんに頼りっきりだったって、自分でも自覚があったからだよ。 でも、昨日女さんが帰ってからね、姉ちゃんとか姉友さんと話して」
女「…………」
男「姉ちゃんにお墨付きをもらったこともあるけど、やっと自信が持てた。 俺は、俺の意思で女さんを幸せにすると誓うよ」
168:
女「……プロポーズ?」
男「なッ……か、からかうなよ!!」
女「いいえ、ちょっとして冗談よ。 素直に嬉しいわ」
男「その割には、あまり嬉しそうに見えないんですけど……主に、表情が」
女「一つ、疑問に思うところがあるからよ」
男「疑問?」
女「えぇ……お姉さんのお墨付きというのは、なんのお墨付きなのかしら?」
男「それは……女さんとなら、上手くいくだろうっていうお墨付きかな」
女「…………」
男「……女さん?」
女「……それだと、結局あなたは最後の最後でお姉さんの意見に流されていることになるとは思わないの?」
男「え……? いや、そんなことは……」
女「そんなことあるわ。 お姉さんのお墨付きがなかったら、あなたはどうしていたの?」
男「そ、それは……」
女「言えないでしょう? あなたは自分の意思で告白したつもりになっているかもしれないけれど、端から聞けば、あなたの意思は少ししか伝わってこない」
169:
男「っ…………でも!」
女「そこまでお姉さんに依存しているとは思わなかったわ」
男「それは……! 一応、親代わりでもあったし……」
女「あなたの家庭の事情は知っているわ。 小さい頃から、ほとんど二人だけで生活してきたということは、親の代わりを姉に求めても仕方のないことかもしれない」
男「…………」
女「それでも、あなたはいつまで姉の存在に依存するつもりなのかしら?」
男「そんなの……分からないよ。 今までずっとそうやってきたんだから」
女「そんな半端な覚悟しかないのなら、私の方から付き合うという話はなかったことにしてもらいたいわ」
男「えっ……!?」
女「……話は以上。 何かあるかしら?」
男「ちょ……ちょっと待ってよ。 なしって……なしって、どういうことだよ!?」
女「それ以上も以下もないわ」
男「そんな……!」
女「こんなことになるのなら、もっとゆっくり考えてから結論を出してもらってもよかったわね」
『ガチャッ』
170:
男「…………ウソ、だろ? マジかよ……」
男「なんだよ、これ……本当に、行っちまった……女さん」
男「せっかく、ありったけの覚悟を振り絞って……それが、このザマ……?」
男「そんなのって……ねぇよ……!!」
男「ふ、振り回すだけ振り回しといて……! 結局、“なかったことにして”って……」
男「恋人からしたら、姉ちゃんに頼ってる姿でも嫌なのかもしれないけど……」
男「今までもこれからも、姉ちゃんは大切な人なんだよ……っ! 仕方ないだろ……」
男「なのに……なのに、俺はどうしてこんなに喪失感を抱えているんだよ……!」
男「…………っ、うぅ……クソッ……!」
ー十五分後ー
男「……みっともないな、俺。 ほんと情けねぇや、こんなに泣いちゃったの、いつぶりだろうな……もう暫く泣かなくても済みそうだな、こりゃ」
男「はぁ……姉ちゃんが校門で待ってるって言ってたし、そろそろ行かなきゃな。 あ?、目が赤いだろうから、何か言われるんだろうな……」
男「ドア開けたらシャキッとしないと……さて、行くか!」
『ガチャッ』
173:
ー屋上前廊下ー
男「…………え? 女、さん……?」
女「……遅いわ、まったく」
男「え? な、なんでここに……えっ?」
女「私にフラれてあそこまで泣いてくれたのなら、もう私ナシではダメよね?」
男「は……? 見て……なッッ!?」
女「気付いたかしら? 試しただけよ、あなたを」
男「???っ!!」
女「ふふふ……顔が真っ赤。 熱でもあるの?」
男「さ、最低だぞ……!!」
女「悪かったわね、それについては謝っておくわ。 それと、お姉さんのことについても、正直そんなに気にしていないの」
男「は……?」
女「その程度の障害で萎えるほど、私のあなたへの想いは小さくないから」
男「―――――っ!」
174:
俺もそう思ったw
175:
女「告白の時のあなたの顔が凛々しすぎて、少し台無しにしてやりたかったの」
男「最悪な性格してんな……!」
女「そうね、自覚しているわ。 とりあえず、いいものが見れたから良しとしましょう」
男「良いもの……チッ、泣いてたことか」
女「良かったわ……素のあなたの言葉に、私はもうメロメロよ」
男「ぜ、全然嬉しくないッッ!!」
女「さて、これからよろしく……と言いたいのだけれど、最後にもう一つ。 キスをしなさい」
男「ぶッッ!? キ、キスするの!?」
女「できないの? これが最後の契約よ?」
男「ぐっ……! わ、分かったよ、すればいいんだろ!? すぅぅぅ?、ふぅぅぅ……」
『チュッ』
女「……ふふっ、これからもよろしく。 精々、私に飽きられないように頑張ってちょうだいね」
男「うるせぇ! そっちこそ、俺に愛想つかされないようにしてくれよ……女」
女「あら、“女”だなんて……いいわ、頑張ってあげるから、覚悟しておきなさい?」
ーfinー
176:
ーおまけー
姉「結局、付き合うことにしたの!? あぁ?……ついに、この時がきちゃったのかぁ……お姉ちゃん、寂しいれす……」
女「……男くんは、晴れて私のモノですから」
姉友「そうかそうか……めでたいな! これでようやく、私も姉にアタックできるわけだ!」
姉「う? どういうこと?」
男「……姉友さんって、姉ちゃんのことそういう対象だったんですか?」
女「……怖いわ」
姉友「だって、姉は弟クンにゾッコンだろう? その弟クンがくっついてくれたということは、姉も準備完了というわけだ」
姉「???」
姉友「というわけで、姉! 今日、姉の家に泊まりに行くから!」
姉「ふぇ? い、いいけど……」
姉友「そして、ベッドでエッ○なことを沢山しよう! うん、私が姉の初めてをもらってあげるから!」
姉「えぇぇぇッッ! ちょ、ちょっと待ってよ!? ど、どうして? お、女の子同士なんだよぉっ!?」
姉友「よいではないか、よいではないか?!!」
177:
男「…………これに干渉することぐらい、許してくれるよな?」
女「まぁ、これは……許してあげてもいいわね」
男「姉ちゃんに真っ当な道を歩んでもらうためにも、姉友さんには諦めてもらう必要があるけど……どうしたもんか」
女「友達をやめていただくしかないんじゃないかしら?」
男「極論だなぁ……もうちょっと穏便に済ましたいんだけど」
女「そんなこと言っているうちに、お姉さんもう捕まっちゃって耳を食まれているわよ」
姉友「はむはむ……おいひいわぁ……!」
姉「や、やめッ……! んぁぁっ……くすぐ、ったいよぉ……! た、助けてぇ、男ちゃーん!!」
男「……し、刺激的な状況が繰り広げられているな」
女「ほら、早く行ってあげなさい。 特別に許してあげてるんだから」
男「わ、分かった! 姉友さん、やめてやってください! 姉ちゃんが……」
女「……姉離れもいつになることかしらね。 私も苦労しちゃうわ……はぁっ」
 ーおわるー
178:
乙!!
で、4Pはまだ??
180:
乙!
面白かった
19

続き・詳細・画像をみる


【速報】自民党 国会議事録で、記録ミスではなく本当に言った内容の修正を要求 前代未聞

【動画あり】世界一凶暴な犬種ピットブル同士を対峙し対決させた結果…

人型ロボット出る作品で人型にする理由きちんとしてるものってある?

バカ「三国志は蜀。孔明最強」にわか「三国志の主役は曹操だっつーのww」1周回ってバカ「呉ですわ」

核戦争後=モヒカンでヒャッハーとかいう風潮wwwwww

女の屑度がわかる漫画が恐怖だと話題にwww

back 削除依頼&連絡先