千早「プロデューサーは格好良い女性が好きなの・・・?」back

千早「プロデューサーは格好良い女性が好きなの・・・?」


続き・詳細・画像をみる

4:
美希「それはちょっと違うと思うなー。美希を見ながら言ってたもん!」
真「それは美希が訊いたからだよ。む・り・や・り、ね」
真「実はボクは……ボクのことなんじゃないかと睨んでるんだけど、どうかな!」
千早(そういえば候補はたくさんいるのね……つい舞い上がっちゃった)
真「ボクのことだよ!」
美希「真くんはかわいい系だもん!」
真「え、そう? エヘヘ……っじゃなくて! あーもうこうなったら!」
真「三人の誰が一番かっこいいか、勝負だ!」
美希「勝負だね!」
千早「……え?」
この方針でオナシャス!
31:
美希「じゃあ曲はこの前踊ったM@STERPIECEね!」
真「望むところ!」
千早「な、何で勝負するつもり?」
真「決まってるよ! ダンス!」
美希「かっこよさを分かりやすくアピールするなら、やっぱりダンスだと思うな」
真・美希「ねー」
千早(この二人相手にダンス対決……やるなら負けたくないけど、難しいでしょうね)
千早(でも別に負けても……ああでも)
真『プロデューサー、今日はいっぱい甘えさせてあげるね!』
美希『今日は美希がハニーを引っ張るから、付いてきてね♪』
千早(それは……胸が痛む……)
33:
千早「ね、ねえ。なら更に分かりやすく、ファッションショーなんてどう?」
真「んー……ボクはそれでもいいけど。美希は?」
美希「ダンスなら練習にもなるし、そっちの方がもっといいと思うな」
真「そっかあ。そうだね!」
千早「くっ」
P「楽しそうだなあ。何を話してるんだ?」
美希「これは女の子だけの内緒の話なの! ハニーは来ちゃ駄目!」
P「うっ、手厳しい……」
千早(そういえばプロデューサー、今日はずっとここにいるのよね)
千早(なら、これを利用して)
36:
P「じゃあ早めに退散するかな。はいこれ、買ってきたから飲んでいいぞ」
真「あっ、これコラボした生茶……ボクたちのために」
美希「み、ミキ、追っ払っちゃったの……」
千早「クス。ならこうしましょ?」
千早「誰がプロデューサーに、最も格好良く思いを伝えられるか」
美希「みみミキがハニーに!?」
千早「このジュースのお礼も一緒に言えるわ」
真「……そ、それはちょっと恥ずか……千早も少し顔があ」
美希「それすっごくいいと思う! いっちばんストレートでいいの!」
美希「じゃあ先鋒ミキ、押して参るの!」
真「行っちゃった……しょうがないな。ボクも乗るよ」
千早(どうにか変えられたけど……私とんでもないことを……)
千早(胸の鼓動が……)
39:
美希「ハニー! さっきはごめんなさいなのー!」
P「うわあ! こぼれるこぼれる!……ふー」
P「別に気にしてないよ。逆にこっちこそ、邪魔してすまなかった」
美希「やっぱりハニーは優しいの。そういうところミキは好きだなー」
P「はは、ありがとな。美希」ナデナデ
美希「うん!……ってこうじゃないの!」
P「ん? 何がだ?」
美希「ハニー、好きだよ」
P「分かったって。美希もいつも元気をくれてありがとな」
美希「完璧に対応が決まっちゃってるの……」
40:
美希「違うの! ミキの好きは、もーっと大きなものだよ!」
P「俺だって負けないぞ。こーのくらいだ!」
美希「あーんハニーの方がおっきいの」
美希「えーっと、えーっと、じゃあね」
P「俺は、こんな! こんな! こ?んなだ!」
美希「ハニー……嬉しいのー!」ダキッ
P「よーしよしよし、よーしよしよし」ナデナデ
美希「うーん満足したら眠くなってきたの……」
真「上手くいったのかな……よーし、燃えてきたぞ! 次はボクの番だ!」
42:
千早(美希にどうなったのか訊きたいけど……眠ってしまったし)
千早(本当に上手くいっていたらどうしよう。真も)
真「あれ? おっかしいなー。じゃあ次行きますよ!」
P「よーし、どうぞ!」
真「君、好みなタイプは?……ふうん。ねえ、その好み」
真「ボクが変えちゃ駄目かな?」
P「うーん、60点ってところかな」
真「ええー60ですか?」
P「真じゃなかったらもっと低かったぞ」
P(今度何かで使う台詞なんだろうな。頼られたからには厳しく採点してやらんと)
44:
真「なら、次は!」
P「来い!」
真「君はボクには眩しすぎる」
真「君を見た日から、ダイヤは路傍の小石に変わってしまった」
P「離れたな。30点だ」
真「さ、30……ヒント! ヒントください!」
P「もっと思いを率直にぶつけるんだ。ひねる必要はないよ」
P(分かりやすい方がより多くの観客に伝わるからだが、それは言う必要はないな)
千早「今度はだいぶ時間がかかってるわね……胸が苦しい」
46:
真「……好きだ! プロデューサー!」
真「言葉にすればするほど! 次から次へと君への思いが溢れでてくるんだ!」
P「いい! 今の結構良かった!」
真「本当ですか!? やったあ!」
P「いやーじんじん来たぞ。俺の中の乙女心がキュンキュンした」
P「いやもうドックンドックンだよ! 会場もドッカンドッカン!」
P「やっぱり真はかっこいいなあ」
真「ふ、複雑だけど……えへへ。ありがとうございます!」
P「よーし、その調子で頑張れよ! では解散!」
真「はい!」
49:
真「はーたくさん喋ったら喉渇いちゃったよ。伊織のラベルのやつもらうね」
千早「どうだった?」
真「美希が点数方式に持ち込んでくれたみたいだよ」
真「で、ボクの点数は―ーっとその前に! 美希は何点だったの?」
千早「訊いてない。すぐ寝ちゃったから」
真「そっかー。じゃあ発表は最後でいいんじゃないかな」
真「ということで! 千早もいってらっしゃい」
千早「……覚悟を決めるときが来たようね」
52:
千早「ああ、胸が熱い……」スーハー
千早「プロデューサー」
P「今度は千早か。俺も大人気だな……ってああすまん! 真面目な話か」
千早「い、いえ、気軽に聞いてください。私もその方が……喋りやすいですから」
P「分かった。……それで?」
千早「あの……ですね……」
千早(ああ駄目、もっとしっかりしないと。でも胸が張り裂けそうで)
55:
千早「失礼します」スーハー
P「うん。いくらでも待つから、ゆっくりでいいぞ」
千早「……プロデューサー」
P「はい」
千早「……プロデューサーはいつも、私を信じてくれます」
千早「苦しくなって自分の殻にこもってしまったときも」
千早「……ついていけないと、美希のプロデュースに変わったこともありましたが」
P(アイドルマスターGPのときか。あれは本当に申し訳なかった)
千早「最後には、また私を信じて、共に歩んでくれました」
P(ん……この流れ、まさか……)
58:
千早「私はプロデューサーが好きです」
P「……」キュン
千早「今度は、プロデューサーが苦しいとき、助けてあげられる人になりたい」
P「……」キュン
千早「トップアイドルへの道を走り切る、その最後に一番そばにいてほしい」
千早「そして途中疲れてしまったときには、私の止まり木になってほしい……」
P「……」キュン
千早「……し、したいとか、欲しいとか、何言ってるんでしょうね私」
P「……千早」
千早「はっはひ!」
P「千早お姉様ああああああああああ!!!!!!!!」
千早「……はい?」
62:
律子「さっきからなーにやってるのよ。千早も、美希と真も」
千早「その、それは」
P「千早お姉様!!」
千早「なっなんでしょう!」
P「俺も千早お姉様のことが好きです! いえ、今大好きになりました!」
千早「あっと、そ、の……あ……うう……」
P「一生、そばにいさせてください!」
千早「ヒッグ……あはは、プロデューサー……逆、ですよ」
P「支えさせて……ぐうっ……支えさせてください!!」
千早「……だから、うう……逆、ですってば……」
P「愛しすぎる……こんなにも人を愛しく思えるなんて……」
P「俺の! 婿になってください!」
千早「……あの、本当に逆ですよ」
律子「はいはい、いい加減目を覚ましてくださいねープロデューサー」ポンポン
64:
真「どうしたの? ってあちゃー。美希、律子にバレちゃったよ」
律子「バレちゃったってどういうことよ。しっかり説明しなさい」
美希「えっと、律子、さん……怒らないで聞いて欲しいの」
律子「もうちょっと怒ってるから大丈夫」
律子「でもそうね、向こうでゆっっっくり話しましょ」
P「千早お姉様あああ!!!!」
千早「ちょっと、プロデューサひゃん! いや待って! ちょっとプロデューサー!?」
響「あー! プロデューサーが千早にえっちなことしようとしてるぞ!」
千早「見てるなら止めて!」
65:
響「はぁっはぁっ……大変、だったぞ」
真「はい。響ラベルのやつあるよ」
律子「あんたたちそんなことやってたの……」
美希「うん……り、律子、さんには、笑顔が似合うと思うなー」
真「そっそうそう! 律子の懐の広いところ、ボク大好きだよ!」
律子「そういう話なら、私も誘いなさいよ! あー自信あったのに」
響「自分もだぞ! かっこよさなら! シュッ! 誰にも負けないぞ!」
真・美希「はあ……」
68:
春香「おはよー千早ちゃん!」
千早「……春香……おはよう」
春香「どうしたの? 元気ないね。ほら、階段だよ」
春香「そういえば昨日事務所戻ったときも皆少し疲れてたなあ」
千早「……おはようございます」
P「千早っお姉っさムぁあああああ!!!!!!!」
春香「おはよ……ってきゃああ! ちち千早ちゃん私を盾にしないで!」
千早「プロデューサー! 気持ちはありがたいのですが私はお嫁さんがいいんです!」
P「千早お姉様の思いやり、一途さ、そして何より格好良さに俺は心底惚れました!」
P「どうかこの気持ちが二人のものなら! 婿に! 婿にいいいい!!!!」
ガシッ...
春香「どういうことか、詳しく聞かせてもらえますか? プロデューサーさん」
ズル...ズル...
END
6

続き・詳細・画像をみる


芦田愛菜ちゃんの胸膨らんできてね…? (※画像あり)

銭湯行くたびに思うけどおっちゃんってなんでズル剥けばっかなの?

【MLB】田中将大「今日の登板前にはももクロちゃん・モノノフさん達からの応援メッセージをいただきました!!」

ドリフターズとかいう古今東西全方位宣戦布告漫画

【動画あり】マクドナルドのチキンてりたまのCMがマジで汚ねぇ

喧嘩の理由になったゲームは古いRPGのエンディング。

back 削除依頼&連絡先