俺「か、かかか、かよちん!?」花陽「ひぃっ!」back

俺「か、かかか、かよちん!?」花陽「ひぃっ!」


続き・詳細・画像をみる


うみぱなァァァ!!!
11: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 22:42:03.71 ID:aPf3ym6Q0
花陽「で、でも。そしたら海未ちゃんが……」
海未「私の方が年上なんですから少しくらいいいかっこをさせてください」
花陽「……うん。それじゃあお願いします」
海未「お願いされました。無事家まで送り届けますね、花陽姫」
花陽「ひ、姫っ!?」パナァ
海未「お手をどうぞ」スッ
花陽「も、もう! 海未ちゃんってば!」カアアアアアアアア
海未「ふふ」ニコッ
花陽「あはは」ニコッ
海未「行きましょうか」
花陽「うん!」
12: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 22:44:53.61 ID:aPf3ym6Q0
――――
――

土曜日
花陽「ど、どど、どうしよう……」アワアワ
花陽「あ、明日海未ちゃんとおでかけだよ……」アセアセ
真姫「落ち着きなさい、花陽」
凛「そーニャそーニャ。あわてたっていいことないよ?」
花陽「だ、だって! どんな服を着てけばいいんだろうとか海未ちゃんと花陽が並んで歩いてたら変じゃないかなとか……」
真姫「別に変なことなんてないじゃないの」
凛「かよちんは何着てもかわいいよ!」
13: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 22:48:24.55 ID:aPf3ym6Q0
真姫「大体、友達と遊ぶだけでしょ? 別にそこまで気にする必要ないんじゃないの?」
花陽「違うの! だって相手は海未ちゃんだよ!?」
真姫「海未だからなんなのよ……」ハァ
花陽「だって海未ちゃんは大和撫子でかっこよくて……」
花陽「花陽なんかとは絶対不釣り合いだもん!」
凛「かよちんまるで恋する女の子ニャ」アハハ
花陽「ぅえぇっ!?」
凛「かよちんもしかして海未ちゃんのこと好きなのかニャ?」ジッ
花陽「う、うぅ……。うん……」カアアアアアアアア
凛「なーんて――えっ!?」
真姫「はあっ!?」
14: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 22:52:49.16 ID:aPf3ym6Q0
真姫「なるほどねー……」
凛「海未ちゃんのことが……」
花陽「ご、ごめんね。同性の海未ちゃんのことが好きだなんて、気持ち悪いよね……?」アセアセ
真姫「別にそんなこと思ってないわよ」カミノケクルクル
凛「そうだよ! 凛達はかよちんの味方だよ!」
花陽「真姫ちゃん……?」
真姫「……。まあ、そういうことなら応援してあげるわ」プイッ
花陽「凛ちゃん……っ!」
凛「それなら目一杯かわいいかよちんで行かないとだね!」ニコッ
15: 以下、
待って、俺は?
17: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 22:56:39.54 ID:aPf3ym6Q0
花陽「ありがとう、真姫ちゃん! 凛ちゃん!」ウルウル
真姫「……聞いてもいい?」
花陽「?」
真姫「そ、その。海未のどこが好きになったの?」
凛「っ! 真姫ちゃん!」
真姫「あ! 別にどこがって海未に魅力がないっていうことじゃなくて、その。やっぱり好きになるきっかけってあるでしょ? それを聞きたいのよ!」
花陽「なんで海未ちゃんを好きになったかっていうこと?」
真姫「そうよ、それ!」
18: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 22:59:16.72 ID:aPf3ym6Q0
花陽「えっと、前からかっこいいなって思ってたっていうのはあるんだけど」
花陽「この前ファンに話しかけられちゃったことがあったんだけど……」
花陽「その時に花陽が困ってたら海未ちゃんが助けてくれたの」
花陽「それで海未ちゃんのことがすごく気になるようになっちゃって、気付いたら……」
花陽「あのね! 海未ちゃんってかっこよくて優しくてかわいくて、一緒にいるとすっごく楽しいの!」
花陽「それにね胸がドキドキして――」
凛「か、かよちんが本当に海未ちゃんが好きなのはわかったニャ」アセアセ
19: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:02:06.08 ID:aPf3ym6Q0
真姫「でも海未って結構人気あるんじゃない?」
凛「確かにバレンタインデーにいっぱいチョコもらってるの見たニャ」
花陽「そ、そうだよね……」シュン
真姫「落ち込むところじゃないわよ」
真姫「だからこそ、海未を振り向かせちゃうくらい可愛い花陽で行くのよ」
真姫「この可愛い真姫ちゃんが花陽に海未を悩殺するテクニックを伝授してあげる」フフッ
花陽「ありがとう! 真姫ちゃん!」パアアアアアアア
真姫「え? ま、真姫ちゃんに任せなさい」アセアセ
凛(真姫ちゃん、思ってたのとは違う反応が来て焦ったニャ)
20: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:04:20.55 ID:aPf3ym6Q0
真姫「まず、海未が好きなタイプってどういう系かしら?」
花陽「うーん、海未ちゃんはやっぱり普通に男の子が好きなのかな……?」
真姫「可能性はあるわね」
花陽「……そうだよね」シュン
真姫「落ち込まない! だったら花陽が男に負けないくらい魅力的になって、海未を振り向かせればいいでしょ?」
真姫「花陽にはそのくらいの魅力があると思うわ」ニコッ
花陽「そ、そうかな……?」
真姫「そうよ、私から見ても花陽は魅力的だもの」
凛「そうだよ! かよちんは可愛いよ!」
21: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:08:24.02 ID:aPf3ym6Q0
真姫「それで、海未が好きなタイプだけど……」
凛「うーん、やっぱり穂乃果ちゃんみたいな元気系?」
花陽「幼馴染なわけだし、やっぱり花陽よりも穂乃果ちゃんの方が好きだよね……?」ウルウル
真姫「そう? 私はそんなことないと思うけど?」
花陽「え?」
凛「海未ちゃんは穂乃果ちゃんが好きじゃないっていうこと?」
真姫「そういうことじゃないわよ」
真姫「穂乃果と海未は幼馴染なわけでしょ?」
花陽「うん、お腹の中からの幼馴染って言ってたよね……。花陽よりずっと付き合いが長くて……」
22: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:10:43.68 ID:aPf3ym6Q0
真姫「だからこそよ」
凛「だからこそ?」
真姫「花陽と凛は幼馴染でしょ?」
花陽「うん」
凛「凛とかよちんは幼馴染ニャ」
真姫「あなたたち、お互いに意識したことは?」
花陽「花陽は、凛ちゃんのことは大切な友達だと思ってるけど……」
凛「凛もかよちんは大切で特別な友達だけど恋愛対象として見たことはないよ?」
23: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:12:35.17 ID:aPf3ym6Q0
真姫「つまりそういうことよ」
凛「? どういうこと?」キョトン
真姫「幼馴染って恋愛対象っていうよりは兄弟姉妹みたいな感じなの」
真姫「その上同性で意識するなんて相当なものよ?」
凛「っていうことは!」
真姫「海未は穂乃果みたいなタイプが好きっていう可能性は低いんじゃない?」
花陽「っ!」パアアアアアア
24: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:15:33.99 ID:aPf3ym6Q0
凛「でも、じゃあことりちゃんみたいなタイプ?」
真姫「ことりも幼馴染でしょ?」
凛「でも、確か海未ちゃんの活動日誌にはことりちゃんと会ったのは小学校に入るちょっと前って書いてあったニャ」
真姫「幼稚園からでしょ? だったら幼馴染よ」
真姫「それに、ことりみたいなタイプが好きだったら花陽にも可能性あるじゃない」
凛「あー、確かに! ことりちゃんとかよちんって雰囲気似てるもんね!」
花陽「似てるかなぁ……?」
25: 以下、
まさかうみぱなの流れにいくとは……
大好物です(真顔)
26: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:17:44.10 ID:aPf3ym6Q0
真姫「おっとり系」
凛「ふわふわ系」
真姫「優しい」
凛「かわいい!」
真姫「ほら、そっくりじゃない」
花陽「う、うぅ……」カアアアアアアアア
真姫「でも、そうね。海未はそっち系が好きって考えていいかも」
凛「なんで?」
27: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:20:09.96 ID:aPf3ym6Q0
真姫「人って基本的に自分と似てる人や自分にないものを持ってる人を好きになりやすいのよ」
真姫「類似性の法則と相補性の法則っていうものね」
真姫「海未といえば?」
凛「かっこいい系で、厳しくて――」ハッ
凛「かよちんと逆だニャ!」
真姫「そう。だから無理に海未に近づけるんじゃなくて、逆に海未にないものを見せていけばいいの」
凛「それにそれに! 海未ちゃんって胸がないからきっとかよちんの胸を求めるはずニャ!」
花陽「む、胸っ!?」カアアアアアア
真姫「海未も凛には言われたくないと思うけど?」
凛「むっ……」ジッ
真姫「ふふっ」カミノケクルクル
28: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:22:19.56 ID:aPf3ym6Q0
真姫「それに確か海未ってお姉さんがいたわよね?」
花陽「うん、歳の離れたお姉さんが1人いるって」
真姫「それじゃあ、花陽は生まれ持ったその妹っぽさを出していけばいいわ」
花陽「い、妹っぽさ?」
真姫「そうよ。花陽って同い年の私から見ても妹っぽいもの」
凛「かよちんってお姉さんっぽい一面もあるけどどっちかって言えば妹っぽいニャ」
真姫「μ'sの妹担当ね」
花陽「花陽ってそんなに妹っぽいかな……」
29: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:24:40.58 ID:aPf3ym6Q0
花陽「で、でも! それが海未ちゃんに対して強みになるなら……!」
真姫「その意気よ。可愛く、妹っぽく」
凛「女の子っぽく!」
花陽「うん! 頑張ります!」
真姫「それじゃあ真姫ちゃんがとびっきり可愛いコーディネートしてあげる」
凛「でも真姫ちゃんのファッションセンスって……」
真姫「何よ?」ジッ
凛「なんでもなーい」
30: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:28:57.87 ID:aPf3ym6Q0
――――
――

真姫「花陽、着替えた?」
花陽「う、うん!」
凛「それじゃあ開けるニャ」ガチャッ
真姫「あ、ちょっと凛! もっとタメっていうものを――」
花陽「ど、どう、かな?」テレテレ
真姫「……」ポケー
凛「うわー……」ポケー
花陽「や、やっぱり花陽にこんな可愛い服似合わないよね!?」アセアセ
真姫「違うわよ! すっごく可愛いわ!」
凛「うん! これなら海未ちゃんも悩殺間違いなしだよ!」
31: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:31:24.66 ID:aPf3ym6Q0
真姫「そういえば。花陽、メイクはできる?」
花陽「うん、軽くなら……」
真姫「それじゃあデートにはメイクをしていきなさい」
花陽「で、デートぉっ!?」
真姫「デートでしょ?」
花陽「デート、かも……?」
真姫「デートなの! 好きな人と一緒にお出かけするんだからデートよ!」
花陽「そ、そういわれるとなんだか余計に緊張してきたかも……」ドキドキ
32: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:34:41.89 ID:aPf3ym6Q0
凛「真姫ちゃん、余計な緊張させてどうするの!?」
真姫「いいのよ、海未のことだからこっちもお出かけ気分で行ったら何もなく終わるわよ」
真姫「こっちがデート気分で行けばあっちも少しは意識するんじゃない?」
凛「た、確かに一理あるニャ」ウーン
真姫「花陽、今回のデートで決めるくらいの意気で臨みなさい」
花陽「今回で……。うんっ!」
花陽「ありがとう真姫ちゃん、凛ちゃん! 花陽明日頑張るね!」
凛「うん、凛はずっとかよちんを応援してるよ」
凛「気合い入れていっくニャー!」
真姫「必ず努力は報われるわ」ニコッ
34: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:37:51.01 ID:aPf3ym6Q0
――――
――

翌日
花陽「うわーん、支度してたら遅くなっちゃったー」
花陽「10分前には行こうって思ってたのに、これじゃ5分前にもつけないよ……」ウルウル
花陽「海未ちゃん、きっともう来てるよね……?」
海未「あ、花陽! こっちです!」フリフリ
花陽「はあ、はあ。海未ちゃん、お待たせ」
海未「いえ、私も今来たところです」
海未「まだ9時前ですし、そんなに急がなくてもよかったんですよ?」
36: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:41:32.21 ID:aPf3ym6Q0
花陽「で、でも……。海未ちゃんを待たせちゃったことには変わりないし」
海未「いえ。私が早く来すぎたんですよ」
海未「さて、花陽はどこか行きたいところはありますか?」
花陽「ううん、特には……」
海未「そうですか。では、私が行きたい所でいいですか?」
花陽「うん! 海未ちゃんが行きたい所で!」
海未「では、早行きましょうか」
花陽「うんっ!」
海未「――と、その前に。少し待っていてくださいね」
花陽「?」キョトン
37: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:46:11.23 ID:aPf3ym6Q0
海未「はい、花陽どうぞ」スッ
花陽「え? わ、わわっ! 買ってきてくれたの!?」
海未「先ほど息切れしてましたので。お茶でよかったですか?」
花陽「わ、悪いよ! お金払うね!」アセアセ
海未「花陽!」
花陽「っ!」
海未「受け取ってください。今日付き合ってくれたお礼です」ニコッ
花陽「……。うん。ありがとう、海未ちゃん」ニコッ
38: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:49:43.74 ID:aPf3ym6Q0
海未「それでは今度こそ行きましょうか」
花陽「うん。どこに行くの?」
海未「ついてからのお楽しみということで」フフ
花陽「えー、気になるよー」
海未「ふふ。退屈なところではないですから安心してください」
海未「あ、それと、花陽」
花陽「?」
海未「今日の花陽、とてもかわいいですね」ニコッ
花陽「……っ!」カアアアアアアア
39: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:53:55.52 ID:aPf3ym6Q0
――――
――

海未「つきましたよ」
花陽「ここって、映画館?」
海未「はい。見たい映画がありまして」
花陽「見たい映画? 海未ちゃんが映画を見るなんてなんだか意外かも」
海未「私だって女子高校生なのですから映画くらい見ますよ」
花陽「そ、そうだよね! 海未ちゃんってかっこよくて大人っぽいから……。ごめんね?」
花陽「それで、どの映画?」
海未「これです!」
40: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/18(水) 23:57:24.12 ID:aPf3ym6Q0
花陽「れ、恋愛映画……っ!?」カアアアアアアア
海未「は、はい。1人で見るのは恥ずかしくて」カアアアアアア
海未「しかし、作詞の参考になるかと……」
海未「作詞をしている以上一度は見ておかないと表現の幅が広がらないと思いまして」
花陽「は、花陽も恋愛映画見るのは恥ずかしいよ……」
海未「れ、恋愛映画、2人で見れば恥ずかしくない! ですよ!」
花陽「そんなの聞いたことないよ!」
海未「私の決心が鈍らないうちに行きますよ!」
花陽「わ、わかりました! 花陽も覚悟を決めます……!」
41: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:00:07.42 ID:r9n7lzHB0
海未「こ、高校生2枚お願いします!」カアアアアアアア
店員「はい、高校生2枚ですね」
店員「本日キス割を行っておりまして、この場でキスをしていただければ半額となりますが、いかがいたしますか?」
花陽「き、キス割ぃっ!?」パナァ
海未「き、キスって接吻ですか!?」アセアセ
店員「はい」
海未「な、なな、何を言ってるんですか!? 私たちは同性ですよ!?」
店員「同性の方でもキスをしていただければ半額になりますよ?」
店員「それに友達同士のキスはノーカウントですよ!」
海未「そ、そういう問題ではありません!」カアアアアアアア
42: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:04:12.94 ID:r9n7lzHB0
店員「でも、彼女さんの方はしてもいいみたいですよ?」ニヤニヤ
海未「っ! は、花陽!?」カアアアアアアア
花陽「は、花陽、海未ちゃんだったら……!」ツムリッ
海未「――っ! ……っ!」
海未「……はあ」
花陽「海未ちゃん……?」
海未「何をふざけたことをいっているんですか?」
花陽「え?」
海未「数に数えないとはいえ、はじめては本当に好きな人に取っておくものですよ」ニコッ
花陽「……。うん」シュン
43: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:10:07.29 ID:r9n7lzHB0
海未「これ2人分の代金です。割引は使いません」スッ
店員「あ、えっと。はい、こちらチケットになります」
海未「ありがとうございます。行きますよ、花陽」
花陽「え? う、海未ちゃん待って!」
花陽「お金、払うよ!」
海未「いえ、花陽は割引を使う予定だったのに私が勝手に払ってしまったので、お代は結構です」
花陽「で、でも!」
海未「いいですから!」
花陽「う、うん……。ありがとう海未ちゃん」ニコッ
44: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:13:00.75 ID:r9n7lzHB0
――――
――

花陽(う、うわぁ……! き、キスシーンだ……!)カアアアアアア
花陽(う、海未ちゃんって確か……)
海未「……っ!」ボンッ
花陽(やっぱりだ、ど、どうしよう、花陽も見れないよ……)ウツムキ
海未「……花陽」ボソッ
花陽「な、なに? 海未ちゃん?」ボソボソ
海未「ち、力を合わせて乗り越えましょう」ポンッ
花陽(花陽の手に、海未ちゃんの手が……?)
花陽「――っ!!!」ボンッ
花陽(な、なんで!? なんで海未ちゃんはもっと恥ずかしいことするの!?)
45: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:15:45.12 ID:r9n7lzHB0
花陽(わ、わぁ、演技とはいえキスするんだよね……?)
花陽(く、くっついちゃうよ……!)
海未「……っ!」ギュッ
花陽「っ!」カアアアアアアアア
花陽(ま、前を見ても恥ずかしいし、下を見ると海未ちゃんに握られてる手が視界の端っこにうつって……)
花陽(完全に逃げ場がないよ……。だれか――)
花陽(ダレカタスケテー!!)カアアアアアアアアアアアア
46: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:19:43.58 ID:r9n7lzHB0
――――
海未「わ、私たちには少し早すぎましたね……」カアアアアアア
花陽「う、うん……」ウツムキ
花陽(正直海未ちゃんに手を握られた辺りから全然内容覚えてないけど……)
海未「私たちもあぁいったことをするときが来るんでしょうかね……」
花陽(海未ちゃんと、映画みたいなこと……?)ポワポワ
花陽「だ、だめです! そんな……っ!」カアアアアアアア
海未「そ、そうですよね!? 私たちには早すぎますよね!?」アワアワ
47: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:20:24.98 ID:r9n7lzHB0
花陽「そ、それで、次はどこ行くの?」
海未「そうですね、次は――」
花陽「」クゥー
花陽「……あっ」カアアアアアアアア
海未「ふふっ、かわいらしい虫の声ですね」クスクス
海未「いい時間ですし食事にしましょう」
花陽「うん!」パアアアアアアア
48: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:23:17.44 ID:r9n7lzHB0
海未「この間ことりと行ったおいしいお店があるんですよ」
花陽「ことりちゃんと……?」
海未「はい、とてもおいしいお店なので。花陽も気に入ると思いますよ」ニコッ
花陽「……。……うん、楽しみっ!」
海未「さ、行きましょう花陽」ギュッ
花陽「あっ……」カアアアアアアア
海未「あ! ごめんなさい!」アセアセ
海未「先ほどの映画館での癖が抜けず、つい」サッ
49: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:26:44.56 ID:r9n7lzHB0
花陽「……。離さないで」ギュッ
海未「え?」
花陽「手、離さないでほしいの」ギューッ
海未「は、はは、花陽!?」カアアアアアアア
花陽「あのね、さっき海未ちゃん、はじめては好きな人に取っておけって言ったよね?」
海未「はい、確かに言いましたけど……」
花陽「花陽、さっきしてもよかったよ?」カアアアアアアアアア
海未「っ!」
50: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:28:05.96 ID:r9n7lzHB0
海未「で、ですから、はじめては好きな人のために――」
花陽「だって。花陽は海未ちゃんが好きだもん」
海未「っ!? は、花陽……?」
花陽「なんて、花陽となんて海未ちゃんの方が嫌だよね……?」アハハ...
海未「――花陽、来てください」グイッ
花陽「ぅえっ!?」
花陽「ちょ、ちょっと海未ちゃん!?」アセアセ
海未「いいですから!」
51: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:30:47.82 ID:r9n7lzHB0
――――
――

花陽「ここ……部室?」キョトン
海未「はい。今日は練習がないので誰も来ませんよ」
花陽「なんで部室に?」
海未「さっきの映画の舞台が、学校でしたので」
花陽「え?」キョトン
海未「花陽、失礼します」ダキッ
花陽「ぅえっ!? う、海未ちゃん!?」カアアアアアアアア
海未「花陽はさっき、私のことを好きだと言ってくれましたよね?」
花陽「う、うん……」
52: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:32:30.85 ID:r9n7lzHB0
海未「私もです」ギュッ
花陽「え?」ドキッ
海未「私も、花陽のことが好きです……っ!」ギューッ
花陽「ええええええ!?」
海未「花陽のことが、好きで、好きで……っ!」
海未「大好きな花陽に好きと言われて抑えきれなくなってしまったんです!」ギュッ
花陽「っ!」カアアアアアアアア
53: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:35:41.38 ID:r9n7lzHB0
海未「花陽のこと、ずっとずっと好きで」
海未「花陽を想うと胸が苦しくて……っ!」
海未「優しくて、可愛くて、おとなしくて、でも芯は強くて、そしてどこか儚い――」
海未「強く抱きしめたら折れてしまいそうな。そんな花陽のことが好きだったんです……っ!」ギュッ
海未「花陽がファンに話しかけられていた日、私は花陽のファンがいることを、憎んでしまったんです……」
海未「花陽が遠くに行ってしまうような、花陽は私なんかよりも殿方を好きになってしまうのではないか……」
海未「そう考えると苦しくて……っ」ギューッ
54: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:40:15.22 ID:r9n7lzHB0
海未「花陽を誘って、私はこの日を待ちわびました」
海未「花陽に気持ちを伝えようと――」
海未「先程は花陽から言われてしまいましたから、今度は私から言わせて下さい」
海未「好きです、花陽。愛しています……!」ギューッ
花陽「……。海未ちゃん……」
海未「……はい?」
花陽「あのね、海未ちゃん。い、痛い……」
海未「はっ! す、すみません。あまりに嬉しくて力の加減が……」バッ
55: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:44:20.05 ID:r9n7lzHB0
花陽「でも、嬉しかった」ニコッ
海未「? 痛くてですか?」
花陽「うん、だってその痛さが海未ちゃんの想いの強さだって思ったら嬉しくて」エヘヘ
花陽「花陽も、大好き。愛してます、海未ちゃん」ニコッ
海未「っ! 花陽っ!」パアアアアアアアアアア
花陽「ねえ、海未ちゃん」
海未「はい?」
花陽「わがままいっていい?」
海未「はい。花陽のわがままでしたら、いくらでも」
56: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:46:09.23 ID:r9n7lzHB0
花陽「さっきの、映画館での続きしてほしい」
海未「つ、続き、ということは、その……」
花陽「花陽のはじめて、もらってください……!」ドキドキ
海未「……。本当に、私でいいんですか?」
花陽「海未ちゃんがいいの」ニコッ
海未「……わかりました。私も女です、覚悟を決めましょう」
海未「で、では花陽? 目をつむってください」ドキドキ
花陽「うん」ツムリッ
57: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:48:44.60 ID:r9n7lzHB0
海未「い、いいですか花陽?」
花陽「うん、いつでも」
海未「で、では失礼して……」ズイッ
花陽「……」
海未「……。んっ……」チュッ
花陽「っ!」
海未「これで、いいですか?」
花陽「――と」
海未「はい?」
59: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:50:20.15 ID:r9n7lzHB0
花陽「もっと、して?」
海未「も、もっとですか!?」
花陽「花陽の気持ち、一回だけじゃ伝えきれないから……!」
花陽「海未ちゃんが花陽にいっぱい想いを伝えてくれたみたいに、花陽も海未ちゃんに想いを伝えたいの!」
花陽「だから、もう一回、お願い」
海未「……。はい、ではもう一度」スッ
ちゅっ
60: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:52:20.94 ID:r9n7lzHB0
花陽「もっと」
海未「はい」
花陽「んっ、もっと」
海未「はい。んっ」
花陽「もっと……!」ポロポロ
海未「は、花陽!?」アセアセ
海未「ど、どうしたんですか? 何か嫌でしたか?」アセアセ
花陽「ううん、違うの」ポロポロ
花陽「何回しても、何回しても花陽の気持ちが伝えきれなくて……」グスン
61: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:54:07.40 ID:r9n7lzHB0
花陽「海未ちゃんはいっぱい伝えてくれたのに、花陽は伝えられなくて……!」
海未「……心外です」
花陽「……え?」
海未「花陽は、私があの程度で想いを伝えきったと。私の想いはその程度と思っているんですね?」
花陽「そ、それは……。えっと……」
海未「残念ながら、私もまだまだ伝えきれてませんよ?」フフ
花陽「っ!」
62: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:56:47.80 ID:r9n7lzHB0
海未「今すべて気持ちを伝えなければならないのですか?」
花陽「……花陽は、伝えたい」
海未「私は、今ではなくてもいいと思います」
海未「だって、私はこれから先ずっと花陽だけを好きでいるつもりですから」
海未「これから、長い時間をかけて。いつかきっと花陽に想いのすべてを伝えます」
海未「それではだめですか?」
花陽「……っ!」
63: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:57:55.91 ID:r9n7lzHB0
花陽「花陽も、ずっと海未ちゃんのことだけ好きでいる」
花陽「だから、花陽も海未ちゃんと同じように長い時間をかけて。海未ちゃんにきっと、想いを伝えきるね!」
海未「はい、楽しみにしていますよ」ニコッ
花陽「花陽も楽しみにしてるね」ニコッ
海未「ふふ」
花陽「えへへ」
おわり
64: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/19(木) 00:58:32.50 ID:r9n7lzHB0
俺なんていなかった。いいね?
65: 以下、
俺とはなんだったのか…
66: 以下、
俺歓喜乙
68: 以下、
恋のキューピット俺君
69: 以下、
俺ェ…最初は俺とかキモッとか思ってすまなかった…
70: 以下、
ラブライブ!小泉 花陽 LoveLive! First Fan Book Ver. (1/10スケール塗装済み完成品フィギュア)
キャラアニ キャラアニ 2015-07-31
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 一夏「寿司職人になりたい」
- 雪乃「由比ヶ浜さんってかわいいわよね」 八幡「……は?」
- ジョルノ「え?まだ童貞だったんですか、ブチャラティ」
- なの「はかせがクッパにさらわれた」
- 一夏(♀)「私がIS学園に入学!?」
- ミラ「なんか可愛い子がついてくるのだが……襲ってもいいのか?」
- 苗木「…ドーナツ」朝日奈「!」セレス「?」
- 江ノ島「苗木、ちょっと新年の挨拶に来てくれない?」
- みほ「二人の軽井沢」
- 神原「やった!ついに阿良々木先輩の子どもを妊娠したぞ!」
- 水銀燈「…金糸雀?」
- 提督「故事成語とか名言でss?」
- ランカ「遊戯王が新しい制限になりましたよ!」 シェリル「ふぅん」
- チャド「一護の霊圧が…消えた…?」
- 海未「なんですかこれは?」真姫「穂乃果が書いた歌詞よ」
Amazonの新着おすすめ
ダブル美少女の心を読んでラブ奴隷に落とした件
DVD付き 進撃の巨人(14)限定版 (講談社キャラクターズA)
大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS
提督初心者に告ぐ! 闘うお嬢さんたちアンソロジー 何これ!?
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 「シャイニーフェスタ」アニメBlu-ray同梱版
ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル official illustration book
ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館 [DVD]
おすすめサイトの最新記事
その他二次創作SSラブライブ!  コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- 三好紗南「しゅ、しゅごい…」
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
新約 とある魔術の禁書目録 (12) (電撃文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Blu-ray BOX(初回限定生産)(特典CD付)
最新記事
- 俺「か、かかか、かよちん!?」花陽「ひぃっ!」
- 三好紗南「しゅ、しゅごい…」
- ボーボボ「オレがトップアイドルじゃーーーーい!!」【アイマスSS】
- 【艦これ】木曾「俺が…改二?」
- 黒井「ウィ」あずさ「あらあら?」
- 唯「むっふっふ…平畑唯三郎だよ!」
- 【ごちうさSS】ご注文は蜜ですか?
- 姉「タブレットになった」
- 提督・不知火「「不知火(司令)は俺(不知火)のことを嫌っている」」
- 悠貴「大好きですっ!」まゆ「そうですかぁ」
- 征竜「子供達が帰ってくる!」
- 初心者提督「電を名前で呼んだらブチ切れた」
- ちひろ「プロデューサーさんだって水虫のくせに!」
- 【ジョジョSS】リバイバル・ザ・ギャンブラー
- みゃーもり「赤ちゃんパブのこと平岡っていうのやめましょうよ!」
週間人気SSランキング
【全ランキングを表示】
カテゴリー
禁書目録SS
エヴァンゲリオンSS
Fate SS
アイドルマスターSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
トリニティセブン リーゼロッテ=シャルロック ~水着Ver.~ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング― 初回限定生産版 (初回特典 限定アイテムプロダクトコード 同梱)美少女万華鏡 -神が造りたもうた少女たち-【予約特典:八宝備仁描き下ろしイラスト付き】Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I【完全生産限定版】SHIROBAKO 第3巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]劇場版ペルソナ3 #2Midsummer Knight's Dream【完全生産限定版】 [Blu-ray]ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3DAngel Beats! -1st beat- 【予約特典:未公開シングル「Million Star」+ Amazon.co.jp限定特典】いまりあ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
フィギュア
ゲーム
アニメ
最近のオススメSS
清麿「強くてニューゲームか…」ヌァァァァァァ!!
一夏「ドゥフッw拙者織斑一夏でござるwwww」ギャプッwwwコポォwwww
佐天「またレイプされた…」初春「佐天さんも大変ですね」黒髪美少女のレベル0が性的過ぎてヤバイ
佐天「すごいテニスが出来る能力かぁ」間違いなく攻撃的な能力だなぁ
浜面「女の子になれる能力かぁ」アイテムで性別逆転して……
オーキド「ここに3人の女性がおるじゃろ?」 レッド「は?」僕はナツメちゃん!!
【※ネタバレ注意】エレン「同期にホモとレズしか居ない……」確かに
ボーボボ「黒の騎士団入団希望のボーボボでぇす!!」ゼロ「ほう?」死ねやぁ!!!!!
桐乃「そうです!私はブラコンの変態ヤローです!」きゃわわ!!!!!!!
岡部「紅莉栖をひたすら愛で続けたらどうなるか」うわぁぁああぁ!!(AA略
クリリン「やっぱりオレも、サイヤ人の子供欲しいな・・・」スレタイのインパクトェ……
ゆうしゃ「くらえー!まおー!!」魔王「くはははは!!」ゆうしゃちゃん!!!!
俺「グヘヘヘ……」 女騎士「早くこの手錠を外せ!」お○んぽなんかには絶対負けない!
鍛冶師「今日中に仕上げるぞ」弟子「はい」雰囲気が良いSS
「ついに地球はウリ達の物ニダー」ニダニダ
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
モバイルゾーン
新着コメント!

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


MT免許取得者に聞いた・・・今でもマニュアル車を運転できるか →半数以上がNO

「ガンダムビルドファイターズトライ」 第25話(終) MS大乱戦のお祭り回!ついにあのキャラの素顔も明かされた!

中国でビキニ女性がガラス掃除して話題に 「過激すぎる」「別にいいだろ」と議論に

ベイスターズ打線がやばすぎる件wwwwwwww

【AIIB】アジア投資銀に48カ国・地域 日米抜き、戦略欠き孤立

魔法使いは重いから鎧装備できないみたいな仕様wwwww

back 削除依頼&連絡先