アイドルこわいback

アイドルこわい


続き・詳細・画像をみる

1:
モバP「お前達、何の話してるんだ?」
凛「あ、プロデューサー。みんなで怖いものについて話していてね。」
奈緒「そうだ、Pさんは怖いものってあるか?」
加蓮「ちょっと興味があるわね。」
モバP「怖いもの?う?ん・・・」
モバP「そうだなぁ、強いて言うならアイドルかなぁ・・・」
凛「アイドル?」
加蓮「なんで?」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397977175
2:
モバP「いや?、うまく説明できないんだけど、怖いものは怖いんだよ。」
奈緒「よく今までプロデューサーの仕事が出来たな・・・」
モバP「まぁ、これでも大人だからな。怖くても仕事ならやれるもんなんだよ。」
モバP「社長に拾われるまで、俺がアイドルと触れ合い様な職場に行くとは考えてもいなかったしな。」
モバP「もし、アイドルに添い寝なんてされたら・・・考えただけでも体が震えてくる・・・」
加蓮「ふ?ん。そんなに怖いんだ。」
モバP「あぁ・・・想像したら、気分が悪くなってきた。ちょっと仮眠室で休んでいるよ。」
ガチャ  バタン
3:
凛「さっきの話。どう思う?」ヒソヒソ
奈緒「まさかの答えが返ってきたな。」ヒソヒソ
加蓮「・・・ねぇ、プロデューサーが怖がってるとこ、見たくない?」ヒソヒソ
奈緒「えっ!?」
凛「・・・そうだね。今までプロデューサーが怖がっているところ、誰も見たことないし。」
奈緒「小梅とホラー映画見たり、お墓に行っても楽しんでたって聞いたな。」
加蓮「スカイダイビングもおもしろかったって言ってたね。」
凛「動物とかも平気みたいだしね。」
5:
加蓮「・・・・・・私、ちょっと行ってくる。」
凛「仮眠室に?」
加蓮「うん。」
奈緒「なっ、やめておけよ!」
加蓮「三人で行って、本当に苦手だったらかわいそうだから、私一人で試してみるよ。」
凛「あまりやり過ぎないようにね。」
奈緒「本気かよ・・・・・・」
加蓮「わかってるって。それじゃ。」
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
6:
加蓮「ふふっ。プロデューサー・・・」
モバP「うわっ!か、加蓮!」
加蓮「どう、怖い?」
モバP「あわわわわわ・・・・・・・・・・・」
加蓮「こんなのはどうかしら。」
モバP「やめろー!怖くて動けないことをいいことに、俺の腕をまくらの代わりにするのはやめろー!」
加蓮「こんなこともしてみたり。フーッ」
モバP「うわー!顔に息を吹きかけるのはもっとやめろー!」
7:
加蓮「ふふっ、可愛い・・・・・・」
モバP「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏・・・・・・・・」ブツブツ
加蓮「ほらほら。こんなこともしたらどうなるのかしら」ツツー
モバP「ひぃいいいい。指で俺の胸をなぞるのはやめろー!」
モバP「くそっ!こうなったら!」ガバッ
加蓮「え・・・ちょっと・・・きゃっ・・・」
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
8:
ガチャ
加蓮「///」ポー
奈緒「あ・・・出てきた。」
凛「どうだった?」
加蓮「えっ・・・あぁ・・・本当に怖がってたよ///」
加蓮「でも、可哀想だからこれ以上はやめてあげたほうがいいかな///」
凛「・・・・・・なにか隠してない?」
9:
加蓮「そ、そんなことは///」
奈緒「怪しいな・・・」
凛「・・・・・・私も行く。」
奈緒「えっ!」
加蓮「やめてあげなよ・・・」
凛「加蓮の行っていることが本当かどうか、その態度だと怪しいからね。」
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
10:
凛「プロデューサー・・・」
モバP「うわっ!り、凛!」
凛「どう、怖い?」
モバP「あわわわわわ・・・・・・・・・」
凛「ほら、こんなのはどう?」
モバP「ひぃいい、添い寝しながら優しく俺の髪の毛を撫でるのはやめろー!」
11:
凛「ふふっ、震えてるね。」グリグリ
モバP「やめろー!俺の胸に頭を押し付けるのは!」
凛「ずっとこのままでいたらどうなるのかな?」
モバP「女子高生アイドル特有の匂いが・・・・・・」ガクガク
モバP「くそっ!こうなったら!」ガバッ
凛「え・・・きゃっ・・・」
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・
12:
ガチャ
凛「///」
加蓮「帰ってきたね。」
奈緒「・・・どうだった・・・」
凛「え・・・うん。怖がってたよ、うん///」
奈緒「・・・・・・・・」
加蓮「プロデューサーがアイドルが怖いってのは本当だったでしょ?」
凛「そうだね。きっと今まで必死に我慢してたんだよ。」
13:
加蓮「私たちのために・・・そうだ。」
加蓮「プロデューサーの苦手を克服するのに、協力してあげようかな、私。」
凛「えっ・・・ちょっと待った!」
加蓮「何?」
凛「その役、私がやるよ。」
加蓮「なんで?」
凛「これでもプロデューサーとは一番付き合いが長いからね。」
加蓮「そんなこと関係ないと思うけどな。」
14:
奈緒「な、なぁ、二人とも。そんな怖い顔しないで・・・な。」
奈緒「・・・・・・あたしも確かめてこようかな・・・」
凛「どうして奈緒まで?」
加蓮「私たち二人が嘘をついてると?」
奈緒「ち、違うよっ!気になっただけだから!それだけだから!」
加蓮「可哀想だからやめてあげなよ。」
凛「そうだよ。加蓮の言うとおりだよ。」
15:
奈緒「・・・・・・なにか隠してるだろ。」
凛「そ、そんなことはないよ。」
加蓮「う、うん。なにも隠してないって。」
奈緒「自分で確かめるしかないようだな。」
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
17:
奈緒「Pさん・・・」
モバP「な、奈緒!」
モバP「ひぃいい・・・・・・」ガクガク
奈緒「・・・・・・本当に怖いんだな、アイドル・・・」
奈緒「なぁ、あたしだよ!怖いことなんて何もしないよ!」
モバP「」ガクガク
奈緒「なぁ・・・・・・あたしでもダメなのかよ・・・・・・」
奈緒「ちょっと傷付くなぁ・・・」
18:
モバP「」ガクガク
奈緒「なぁ、いつものPさんに戻ってくれよぉ・・・こんなPさん、嫌だよぉ。」
奈緒「いつもの真剣な顔で仕事をして、あたし達のことちゃんと見てくれてるPさんが・・・」
奈緒「そんなPさんが・・・あたしは好きだったんだよ!」
モバP「・・・・・・」
モバP「そうだな・・・・・・格好悪いところ見せちまったな・・・」
モバP「俺・・・克服できるように頑張るから・・・」
19:
奈緒「Pさん・・・」
奈緒「ん?・・・この匂い・・・?」
奈緒「なんでPさんから加蓮と凛の匂いが?」
モバP「えっ、それは・・・」
奈緒「なぁ・・・二人にしたこと・・・あたしにもしてくれよ///」
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
20:
ガチャ
奈緒「///」
凛「おかえり。」
加蓮「プロデューサーも一緒なんだ。」
モバP「あぁ。」
凛「しかし、本当に怖いんだね。アイドル。」
加蓮「なにかきっかけでもあったの?」
21:
モバP「・・・・・・お前達になら話してもいいか。」
モバP「昔、あるアイドルと知り合いになって・・・」
モバP「最初はなにも問題はなかったんだが、だんだんと俺に対してのアプローチが激しくなってな・・・」
モバP「電話やメールがほぼ24時間きたり、ほかの子と話すのもNGだと言われてな。」
モバP「最終的には自宅にまで入られたこともあったんだ・・・」
凛「そっか・・・そんなことが・・・」
加蓮「それなら怖いのも仕方ないね。」
奈緒「でも、怖いならなんであたしたちにあんなことを・・・///」
22:
バP「そのアイドルが朝起きたとき、横で添い寝しててな・・・」
モバP「怖くて、言われるがまま命令されたことに従うことにしたんだ。」
モバP「そして、お前たちにやったようなことをしたら、おとなしくなったんだ。」
モバP「本能的にあの時のことを思い出したんだろうなぁ・・・」
凛「・・・大丈夫だよ。私が治してあげるから。」
加蓮「将来、“もし”アイドルと付き合うようなことになった時大変だもんね。私が協力するよ。」
奈緒「あ、あたしなら優しくし治してやるよ!不本意だけど仕方なく・・・な!」
モバP「お前達・・・そこまで俺のことを・・・」
23:
ガチャ
ちひろ「あっ、プロデューサーさん。ここにいたんですね。」
モバP「どうかしましたか?」
ちひろ「社長の知り合いから、ある女の子をうちの事務所で面倒見て欲しいと言われましてね。」
モバP「俺が担当するんですか?」
ちひろ「えぇ。なんでも元読者モデルもやったことがあるとか・・・」
モバP「えっ・・・・・・・」
ちひろ「えっと・・・名前はたしか、さくm」
モバP「ひぃいいいいいい・・・・・・」
モバP「アイドル怖い・・・・・・」ガクガク
おわり
24:
饅頭こわい的なものかと思ったらガチだったかw
30:
饅頭オチかと思ったらガチでトラウマ背負わされてたとか…
3

続き・詳細・画像をみる


駅で知らない高校生に「だ〜れだ!?」するの楽し過ぎワロタwwwwwwwwwwwwww

コナン「よろしくね、斉木さん!」 楠雄「(どうしてこうなった)」

たわわなGカップのグラビアアイドル「乳輪が見えているかも知れません」

ゾンビの襲来から逃れる最適の隠れ場所を科学的にシミュレーション(米研究)

【政治】「思い切って賃上げを」安倍首相、中小企業に呼び掛け

もし身長1cmを100万で売買出来たら売る?買う?

back 削除依頼&連絡先