カナ「藤岡無双?」back

カナ「藤岡無双?」


続き・詳細・画像をみる

1:
カナ「何だそれは?」
チアキ「とあるゲーム会社に頼んで、ふじおかをテーマにしたゲームを作ってもらったのだ。ついでにハードも頂戴したぞ」
カナ「そんな事できるのか!?」
チアキ「天候さえ自由にする私のお願い力を甘く見るな。と言う訳で、ちょっとやってみてくれ」
カナ「別に構わんが…。私にかかれば、この程度のゲームはあっという間にクリアしてしまうぞ?」
チアキ「まあやってみろ」
カナ「おう!」
チアキ「私と藤岡は観戦係だ」チョコン
カナ「見てろ藤岡、すぐにふじおかをものにして見せるぞ!」
藤岡「あはは…、頑張って」
2:
いけね、前書き忘れた
みなみけのSS
タイトルの通り、藤岡が無双するお話。ちょっとしたエロ描写あり
じゃ、始める。ってもう始まってるけど
3:
カナ「よっ、はっ、ちょりゃ、そいや!」
チアキ「どうだ、藤岡」
藤岡「どうって、何が?」
チアキ「カナがアクションゲームをやっている姿を見るのは面白いだろう?」
藤岡「なんて言うか…、すごく元気だよね。全身でゲームしてるみたいで」
藤岡(それにしても…)
ふじおか『じゃあな、お嬢さん。短い間だったが、楽しかったぜ』
メスクマ『行かないで、ふじおかさん!』
ふじおか『悪いが、俺には心底惚れた女がいるんだ。あんたはその為の経験値に過ぎないのさ』
メスクマ『それでもいいの、どうか私から離れないで!』
ふじおか『男は抱いた女の数だけ強くなる…。さらばだ』
メスクマ『ふじおかー! カムバーック!』
藤岡(なんだか教育に悪そうな熊だな…)
4:
藤岡(でも、抱いた女の数だけ強くなるか)
藤岡(確かに、例えば俺が南と付き合えたとして…、例えば、例えばだけど!)
藤岡(エスコートの一つもろくに出来ないんじゃ、幻滅されるよな…)
カナ「おい、チアキ! このメスクマ、中々倒せないぞ!」
チアキ「攻略法までは知らん。せいぜい頑張れ」
カナ「くぬうっ…、ほい、それっ!」
藤岡「が、頑張れ、南!」
カナ「待ってろ、すぐに全クリしてやる!」
6:
チアキ「じゃあな、また来てくれ」
カナ「またと言わず、明日来い! 今度こそクリアする所を見せてやるから!」
藤岡「う、うん、じゃあ遠慮なく」
ハルカ「明日も来るの? そうしたら、夕飯四人分用意しておくわね」
藤岡「すみません、いつもいつも」
ハルカ「気にしないで。藤岡くんは家族みたいなものなんだから」
藤岡「か、かぞ…。では、オレはこれで!」ピューン
チアキ「? ハルカ姉さま、藤岡はどうしたんでしょう?」
ハルカ「さあ? 顔赤くしちゃって…、ふふっ」
8:
藤岡「はーっ…、ハルカさんもいきなりあんな事言うんだもんな」
藤岡「南と家族、か…」
妄想藤岡『ただいま、南…、じゃなくて、カナ』
妄想カナ『お帰りなさい、あ、な、た♪』エプロン姿
藤岡「…ないか」
???「もし、そこの者」
藤岡「オレですか?」
???「そうじゃ。そなた、今恋の悩みを抱えておるじゃろう?」
藤岡「な、なんで分かったんですか!?」
???「私は占い師、その程度を見抜くのは朝飯前よ」
???「どうじゃ、今なら無料でそなたの未来を占ってやるが?」
藤岡「…お願いします」
9:
藤岡「ど、どうですか…?」
占い師「う?む、これは良くないな」
占い師「お主はいずれ、想い人と結ばれる。しかしその拙さ故、すぐに捨てられてしまうじゃろう」
藤岡「そんな…! お、オレはどうすればいいんですか!?」
占い師「落ち着くが良い、そうじゃな…」
占い師「身近な女性と手当たり次第関係を結ぶのじゃ。もちろん、肉体関係も含めて」
藤岡「に、肉…//」
占い師「その関係で得た経験値が、やがて想い人との充実した恋愛に結びつくじゃろうて」
藤岡「わ、わかりました、ありがとうございます!」タッタッタッ
占い師「達者でな、若いの?」
占い師「」ニヤッ
10:
占い師「上手く言ったわね」ローブヌギッ
リコ「これで、藤岡くんは遅かれ早かれ私を頼るはず。そうしたら、私のこの磨き上げたテクで…!」
リコ「待ってなさい、カナ。藤岡くんはいずれ私のものになる」
リコ「その時になって悔しがるあの子の姿が目に浮かぶようだわ…」
リコ「ふふふっ…、は?っはっはっは!」
11:
―翌日―
カナ「くそっ、なんでこのメスはこんなに強いんだ!?」
チアキ「流石に同じ敵にやられ続ける姿はつまらないな。会社に頼んでイージーモードを用意してもらうか」
藤岡「…」
藤岡(昨日はあんな感じに言われたけど、に、肉体関係か)
藤岡(身近な人って言われても、一体誰を頼れば…?)
チアキ「ほれ、ここがゲーム会社の住所だ」
カナ「わかった。私の華麗な交渉術で、無事にゲームの改良を成功させて見せる!」
チアキ「おう、頑張れ?」
12:
ハルカ「あれ、カナ出かけたの?」
チアキ「はい、遅くとも夕飯までには帰ってくると思いますが」
ハルカ「そっか」
ハルカ「あ、そうだ。ちょっとお買い物行ってくるから、チアキは藤岡くんと留守番しててくれる?」
チアキ「はい、お任せ下さい」
ハルカ「ごめんね、藤岡くん。そういう訳だから、よろしくね」
藤岡「あ、はい」
チアキ「いってらっしゃいませ、ハルカ姉さま」
ハルカ「行って来ま?す」
13:
チアキ「二人になってしまったな」
藤岡「そうだね」
チアキ「テレビでも見るか」ピッ
『今ならこの未来が見える水晶を、お値段たったの一万円で…』
チアキ「うさんくさっ」
藤岡「そうだね」
藤岡(二人、か…)ムクムクッ
藤岡(し、しまった! しばらくシてなかったから、ちょっとした刺激で臨戦態勢に…)
チアキ「ん…?」グリグリ
藤岡(ああっ、お尻で擦らないで!)
14:
チアキ「おい、藤岡、ズボンの中に何か入れているのか? いつもより座りにくいんだが」
藤岡(お、終わったかも…)チーン
チアキ「う?む、何か棒のような物みたいだな」サワサワ
藤岡「チ、チアキちゃん、触ったらダメだ!」
チアキ「そうなのか?」
藤岡「そうなんだよ、これは女の子が絶対に触っちゃいけない物なんだ!」
チアキ「…」
藤岡(ごまかせたかな?)
チアキ「男女差別は宜しくないな。それがどんな物なのか見せてくれ」
藤岡(悪化したー!!)
15:
チアキ「見せてくれないなら、無理やりにでも…!」
藤岡「ちょっ、ズボン下ろしたら…!」ポロッ
チアキ「…」
藤岡(完全に終わった…)ズーン
チアキ「おい、藤岡、これは何だ?」
藤岡「へ?」
チアキ「大きくて反り返ってて…、こんな物は見た事がないぞ」
藤岡(あ、そうか…。チアキちゃんってお父さんをよく知らないから、結果としてち○こも知らないんだな)
チアキ「おい、藤岡」
藤岡「え?っとね…」
藤岡(ここは適当にごまかそう。そうすれば何とか切り抜けられるはず)
16:
藤岡「これはね、可愛い女の子といるとこうなっちゃうものなんだよ」
チアキ「…可愛い?」
藤岡「そ」
チアキ「…それはつまり、遠回しな告白か?」テレッ
藤岡(あ、これミスったわ)
チアキ「そ、そうか、藤岡はカナとだと思っていたんだがな…//」
藤岡(どうしよう、これは挽回できそうな気がしない)
チアキ「ま、まあ、私も藤岡の事は嫌いではないから//」ニギッ
藤岡「チ、チアキちゃん! そんないきなり握ったら…」
17:
チアキ「私も藤岡の気持ちに応えたいのだ、どうすればいいか教えてくれ」
藤岡「と言われても…」
藤岡(待てよ、これってもしかしてチャンス?)
藤岡(チアキちゃんなら、説明すればわかってくれそうだし…。お願いしてみるか)
藤岡「うん、わかったよ。それじゃあ、オレの言う通りに動いてね」
チアキ「わかった」
藤岡「まず、ゆっくりと全体を撫でて…」
―暗転―
18:
チアキ「ハア、ハア…」
藤岡(や、やってしまった…。二つの意味で)
藤岡(結局肝心な事は言えずに、本番まで致してしまった)
チアキ「なあ、藤岡。男と女はこのようにしておかしな事をするものなのか?」
藤岡「え? う、うん」
チアキ「そうか…//」
チアキ「なあ藤岡、またしてくれないか?」
藤岡「え?」
チアキ「その、気持ち良過ぎて癖になってしまったようだ…//」
藤岡(こ、これは、とても本当の事は言い出せない)
19:
チアキ「なあ、またしてくれるだろ? その為なら、私は何でもするから…」
藤岡「な、何でも!?」
藤岡(そうだ、ここまで来てしまったら開き直るしかない)
藤岡(南の為だったら…、オレは鬼にも悪魔にでもなる!)
藤岡「うん、いいよ」ニコッ
チアキ「!」パアッ
藤岡「その代わり、この事はハルカさんや南はもちろん、他の誰にも内緒だよ?」
藤岡「それと、オレとのおかしな事はできるだけ優先して、オレの指示で動くようにね?」
藤岡「じゃないと、気持ちよくなくなっちゃうから」
チアキ「うむ、わかった」
藤岡(こうなったら、やれるだけやってやる…!)
21:
―翌日―
藤岡(あ、そう言えば。オレの初めてはチアキちゃんになるのか…)
藤岡(いや、そんな事を気にしてどうする。大事なのは愛している人の為に何を捧げられるかだ!)
カナ「おい、藤岡」
藤岡「な、なんだい南!?」ドキッ
カナ「チアキの様子がおかしかったんだけどさ、何か知らないか?」
藤岡「さ、さあ…?」ドキドキ
カナ「ふ?ん。あ、今日も家来るよな?」
藤岡「え? え?っと…」
藤岡(流石に昨日の今日では顔を合わせ辛いけど、南の誘いだもんな)
藤岡「もちろん。でも、ここ最近毎日だけど大丈夫?」
カナ「心配しなくとも、藤岡ならハルカもチアキも大歓迎だ」
藤岡「そっか?。それじゃあ、遠慮なく寄らせてもらうね」
カナ「おう!」
22:
―放課後―
ザア?ッ…
藤岡「うわっ、凄い雨だな…」
藤岡「天気予報で五分五分だって言ってたから、傘は持って来てたけど」
カナ「なんだこれは、ひどい雨じゃないか!」
藤岡「でも、傘は持って来てるでしょ?」
カナ「そんな訳ないだろ?!」
藤岡「え、でも、ニュースで雨が降るかもって…」
カナ「このカナ様が、そんな小さな事を気にする奴だと思っているのか?」
藤岡「思ってないけど…。要は傘を忘れたんだね」
23:
カナ「あ、そうだ。藤岡、傘に入れてくれ」
藤岡「えええっ!?」
カナ「なんだよ、え?って。どうせ家に寄るんだから、いいだろ?」
藤岡「で、でも、それってあいあい傘…」
カナ「細かいこと気にするな、ほら、貸せ!」グイッ
藤岡「ちょっ、南!」
カナ「むむっ、意外と狭いな…。ま、近づけば問題ないか」ピトッ
藤岡(み、南がこんな近くに…! それに、何かいい匂いもする…)
24:
カナ「?♪」
藤岡(鼻歌歌う南、可愛い…)
カナ「ん、何だよ? こっちをジロジロ見て」
カナ「まさか、私の美貌に惚れたか?」
藤岡「えっ!? い、いや、その?」
カナ「…」
カナ「あ、今日小学校半日らしいから、チアキはもう家にいるぞ」ふいっ
藤岡「そ、そうなんだ」
藤岡(なんか機嫌悪くなったかな…、気をつけないと)
25:
―みなみけ―
カナ「ただいまー」
ドタバタ
カナ「ん? なんか騒がしいな」
チアキ「おい、こら、待てー!」ハダカ
トウマ「へへん、悔しかったら捕まえてみろ?!」ハダカ
藤岡「あ」
チアキ「…あ」
トウマ「え…?」
藤岡「ト、トウマ、それ…」
トウマ「」チーン
26:
トウマ「ううっ、ぐすっ、ひっく…!」
カナ「ああもう、そんなに泣くなって」
チアキ「そうだぞ、見られたのが藤岡だけで良かったじゃないか」
トウマ「それが問題なんだよ! うわ?ん!!」
藤岡(まさか、トウマが女の子だったなんて…)気まずいので別室待機
トウマ「ぐすっ、きっと嫌われた…。もう藤岡とサッカーの話も出来ないんだ…!」
カナ「まさか、そんな訳ないだろ?」
トウマ「で、でも、藤岡はオレの事男だって…!」
カナ「あーもう、しょうがないなー…」
27:
カナ「藤岡、ちょっと来い。そんでチアキ、私たちは出かけるぞ」
チアキ「この雨の中をか?」
カナ「こういう時は、二人きりにした方がいいんだ。さ、行くよ」
藤岡「み、南!」
カナ「お前も男だったら、しっかり落とし前つけろよ。じゃ」バタン
藤岡「ほ、本当に行っちゃったよ…」
28:
トウマ「…」
藤岡(トウマはだんまりだし、どうしよう…)
トウマ「…たろ?」
藤岡「え?」
トウマ「だから、嫌いになったろ? ずっと藤岡に嘘ついてたんだぜ? オレ」
藤岡「まさか…」
トウマ「気を使わなくていいよ。もうこうして話をする事も…」
藤岡(ああ、トウマがどんどんネガティブになってる。こうなったら!)
藤岡「ト、トウマ!」ダキッ
トウマ「な、何するんだよいきなり!」ジタバタ
29:
藤岡「男とか女とか、そんな事どうでもいい!」
藤岡「サッカーの話で盛り上がったりしたのは、男でも女でもなく、トウマだろ!?」
藤岡「それなのに、トウマは今までのオレたちの関係を否定するのか!?」
トウマ「藤岡…」
藤岡「それに、オレはトウマが女の子でも良いと思ってるぞ! その証拠に、ほら!」ポロン
トウマ「おまっ、いきなりなにして…!」
トウマ「…//」ジーッ
藤岡(さ、さすがにいきなりち○こを見せるのはまずかったか?)
30:
トウマ「な、なんだこれ? 兄貴たちのとはデカさがぜんぜん違う…」ドキドキ
藤岡「だろ? これはトウマの事が好きだって証拠だ」
トウマ「…オレの事が好き?」
藤岡(あ、またやっちゃった)
トウマ「そ、そうか、さっきまで男だと思ってたオレを…//」
藤岡(どうしよ、これ)
トウマ「わかった。藤岡がそう思ってるなら、オレも//」ニギッ
藤岡「ト、トウマ何して…!?」
トウマ「オレだって、藤岡の事好きだ」
トウマ「それで、好きになった男と女はこういう事するんだ。ハルオの持ってる本に書いてあった」コスコス
藤岡(うわっ、トウマ上手い…)
トウマ「ん…。なあ、もう白い奴でそうか?」
藤岡「も、もう少し…」
トウマ「でそうになったら言えよ、受け止めてやるから…!」ヌプヌプ
―暗転―
31:
トウマ「」ビクビクッ
藤岡(手に口に本番に…、三回もするとは思わなかった)
トウマ「なあ、藤岡、気持ちよかったか…?」ハアハア
藤岡「もちろん、凄く良かったよ」サスサス
トウマ「ひゃあん!? い、今感じやすくなってるから…//」
藤岡(可愛い…)
トウマ「藤岡…。ま、またしてくれるよな?」
藤岡「もちろん。でも他の人には内緒だよ?」ニコッ
トウマ「ああ、わかった」
ただいまー
トウマ「あ、カナとチアキが帰って来た! 早く服着ないと!」アセアセ
藤岡「う、うん」アセアセ
32:
―翌日のみなみけ―
藤岡(またやってしまった…)ズーン
藤岡(二日で女の子二人とヤッたって…、節操無しにも程があるだろ)
ハルカ「―でね―」
内田「へえ?」
チアキ「そうなんですか」
藤岡(しかも、チアキちゃんは相変わらずオレの膝の…、と言うか股間の上)ムクムクッ
チアキ「」ピクッ
藤岡「あ…」
ハルカ「藤岡くん、どうしたの?」
藤岡「い、いえ、何でもないです!」
ハルカ「そう? あ、それでその子がね…」
33:
藤岡(ふーっ、何とかハルカさんには気づかれずに済んだ)
チアキ「ハルカ姉さま」
ハルカ「ん?」
チアキ「宿題でわからない所があるので、ちょっと藤岡に手伝ってもらって来ます」
ハルカ「了解、藤岡くん、お願いね?」
藤岡「あっ、はい」
チアキ「さあ藤岡、私の部屋に行こうか」
藤岡「う、うん」
34:
―チアキの部屋―
チアキ「全く、あんな所で大きくして…。ハルカ姉さまに知れたらどうするつもりなんだ」
藤岡「いやあ、いわゆる一つの男の生理現象という奴で…」
チアキ「で、どうする?」
藤岡「?」
チアキ「わ、私にして欲しいと言うのであれば、してやってもいいが…//」
藤岡「あ…。それじゃあお願いしようかな」ポロン
チアキ「う、うむ//」
―暗転―
35:
チアキ「ん…」コクッ
チアキ「や、やっと全部飲めた…。いくらなんでも出しすぎだぞ?」
藤岡「その、たった二日で随分上手くなってたから…」
チアキ「士三日会わざればと言うだろう? 私を甘く見るな」フフン
藤岡「そうだね、偉い偉い」ナデナデ
チアキ「//」
藤岡「ところで…」
藤岡「いつまでも隠れてないで、出てきたらどうだい?」
!!
36:
チアキ「なにっ、誰か見てたのか!? まさかハルカ姉さま…」
藤岡「ううん、違うよ。ほら、早くおいで」
内田「…//」
チアキ「内田…!」
内田「チ、チアキが戻ってくるのが遅いなって思って、それで除いてみたら…」
藤岡「チアキちゃんが口でしてる所に出くわしてしまったと」
内田「//」
藤岡「これは…。内田ちゃん、こっちにおいで」ヒザポンポン
チアキ「えっ…。藤岡、何を考えてる?」
藤岡「決まってるじゃないか。内田ちゃんにもしてもらうんだよ」
チアキ内田「「!!」」
37:
チアキ「おい、藤岡…!」
藤岡「見られた以上、内田ちゃんにもしてもらって、秘密を共有してもらわないとね?」
チアキ「だ、だが…」
藤岡「もしかして、オレを内田ちゃんに取られるんじゃないかって心配してる?」
チアキ「…」コクッ
藤岡「大丈夫だよ。どれだけ他の子としようと、チアキちゃんの事は忘れないから」ナデナデ
チアキ「//」
藤岡「さ、そういう訳だから。おいで、内田ちゃん」
内田「そ、そんな事言われても…//」
38:
藤岡「もしかして、愛が無いと出来ないって性質?」
藤岡「だったら心配ないよ。オレは内田ちゃんの事も好きだから」
内田「えっ//」ドキッ
藤岡「初めて会った時から、可愛いなって思ってたんだ。だから…」
藤岡「怖がらないで、全部オレに任せて」
内田「は、はい…//」
藤岡「いい子だ。まずは…」
―暗転―
39:
内田「ふう、ふう…」
チアキ「はあ、はあ…」
藤岡「まさか、三人でする事になるとは」
チアキ「だって、二人がするのを見てたら我慢できなくて…」
藤岡「ふふっ、チアキちゃんは可愛いな」ナデナデ
チアキ「ひうっ!? そこは…」
藤岡「可愛い声だね。っと、チアキちゃんの声を聞いたらまた…」ムクムク
チアキ内田「「あっ…」」
藤岡「二人とも、まだ出来るよね?」
チアキ内田「「」」コクッ
―再び暗転―
40:
ハルカ「それじゃあ、またおいで?」
内田「は?い…」ヨロヨロ
ハルカ「…大丈夫かしら? なんかフラフラしてたけど」
チアキ「内田も一緒に宿題やっていたので、その疲れのせいでしょう」
ハルカ「そっか、二人とも頑張ったんだね」ナデナデ
チアキ「//」
41:
藤岡「オレも、今日はこれで失礼します」
ハルカ「あら、夕飯食べていかないの?」
藤岡「はい、朝の残りが家にあるので」
ハルカ「そっかー」
藤岡「チアキちゃんも、またね」シリサスッ
チアキ「//」ピクッ
チアキ「ま、またな…//」
ハルカ「?」
43:
藤岡「う?ん、なんだか手馴れて来ちゃったな…。慣れちゃダメなんだろうけど」ニギニギ
藤岡「いやいや、これも南の為だ!」
藤岡「それに、無理やりじゃなくて同意の上だし…、うん、弁解終了」
藤岡「とは言え、南を満足させられるようになるには、もっと上手くならないと…」
藤岡「後普通の、デ、デートとかでもリードできるようにならないと」
藤岡「でもそうすると、チアキちゃんとか相手はなあ…、保護者的な立ち位置になりそうだし」
藤岡「誰かいないかな。同じような悩みがあって、ちょうどいい年齢の人…」
ヒトミ「あれ、藤岡ー。こんな時間に何してるんだ?」
藤岡(高校生ktkr!)
44:
藤岡「そういうヒトミさんこそ、こんな時間に何してるんですか?」
ヒトミ「…わ、笑わないか?」
藤岡「もちろん」
ヒトミ「『今時男子をオトす料理教室』に参加して来たんだ」
藤岡「ああ、今有名な…。だからと言って、こんな時間に可愛い女性が一人歩きは感心しませんけど」
ヒトミ「かわ…! ひ、一言余計なんだよ!//」
藤岡(あれ、何だかイケそうな気がする)
45:
藤岡「ヒトミさん。料理もいいですけど、どうせならもっと実践的な力も磨きませんか?」
ヒトミ「何だよそれ?」
藤岡「それはずばり…、デート力です!」
ヒトミ「デ、デート力!? 何だか凄そうな力だな…」
藤岡「これはその名の通り、デートの時にリードする力、あるいはリードされる力など」
藤岡「パートナーの好みに合ったデートを展開する為の力なんです」
ヒトミ「ほうほう。それで、そのデート力と言うのはどうやって磨くものなんだ?」
藤岡「それには実践が一番。と言う訳で、今週末デートしませんか?」
ヒトミ「…は?」
48:
ヒトミ「な、何言ってんだよお前! 私たちはそういう関係じゃ…!」
藤岡「ヒトミさん、よく考えてみて下さい」
藤岡「仮に、練習も無しにぶっつけ本番でデートをするとします」
藤岡「その時、パートナーの男性のちょっとした仕草に動揺する可能性が無いと断言出来ますか? いや、出来ないでしょう」
藤岡「だからこそ、あらかじめ親交のある異性とデートをして、デートの雰囲気になれる必要があるのです!」
ヒトミ「ムムム、そう言われると確かに」
藤岡「ですから、デートしましょう?」
ヒトミ「…わかった。週末だな?」
藤岡(よし!)グッ
49:
藤岡「それじゃあ、楽しみにしてます」
ヒトミ「おう、じゃあな?」
藤岡「…行ったか。まさかあんなにあっさりデートに誘えるだなんて」
藤岡「経験が人を変えるって言うのは本当なんだな?。これもチアキちゃんたちのおかげか」
藤岡「さて、デート関係の雑誌を買い漁るとしよう」
藤岡「あんな事言った手前、リードの一つも出来ないんじゃ情けないもんな」
50:
―週末―
藤岡「うん、一時間前に来たのは正解だった。まだ来てないや」
藤岡「さ?て、デートはいいとして、その後はどう説得するか…」
ヒトミ「お?い、待ったか??」
藤岡「え、ヒトミさん?」
ヒトミ「私だぞ? なんでそんな不思議そうな顔をしているんだ?」
藤岡「だって、待ち合わせまでまだ一時間あるから…」
ヒトミ「ふふん、これを見ろ!」
藤岡「雑誌ですね」
51:
ヒトミ「これに、『デートは一時間前に待ち合わせ場所に来て、入念なシミュレーションをすべし』と書いてあったんだ」
藤岡(同じ雑誌読んでる…)
ヒトミ「どうだ、私の熱心さに心打たれたろう!?」
藤岡「そうですね、一生懸命な所がとても可愛いと思います」
ヒトミ「かわ…、お前はまたそういうセリフを恥ずかしげも無く//」
藤岡(デート中は積極的に異性をほめるべし…、こっちの雑誌は読んでなかったみたいだな)
藤岡「さて、とりあえず行きましょう」キュッ
ヒトミ「ちょっ、おま、手!」アタフタ
藤岡「どうしたんですか? デート中に手を握るのは当たり前だと思うんですが」
ヒトミ「で、でも心の準備が…!」
藤岡「ふふっ、ほんとにヒトミさんは可愛いですね」
ヒトミ「//」プシュー
52:
藤岡「ですが、手を握られたくらいで顔を赤くしているようでは、もっと凄い事に耐えられませんよ?」
ヒトミ「も、もっと!?」
藤岡「まあ、それは後にしましょう。まずは軽く食事にしましょうか」
ヒトミ「お、おう」
藤岡(こんな調子で、夜は大丈夫かな?)
藤岡(いやいや、こういう人を説き伏せてこそだ。頑張らないと!)
ナツキ「…ん、あれはヒトミ? だとすると、隣の男は誰だ?」
ナツキ「ま、いいか。それよりも飯だ飯」
53:
お待たせ致しました?
ヒトミ「ピザか。藤岡のチョイスに任せたけど、二人で食べられるからいいな」
藤岡「そうなんですよ、名前もそのままカップルピザですし」
藤岡「それに、これにはちょっとした秘密がありまして」
ヒトミ「秘密?」
藤岡「ここをこう切って、こう畳むと…。ほら、ピザが一口サイズになったでしょ?」
ヒトミ「おお?」パチパチ
藤岡「だから…。はい、アーン」
ヒトミ「」
54:
ヒトミ「おおお前、なんだってそんな事を!?」アタフタ
藤岡「だって、恋人同士ならこれ位はするものでしょ?」
ヒトミ「わ、私とお前はだな…!」
藤岡「練習なんですから、そんなに気負わないで。ほら」
ヒトミ「…ア、アーン//」
藤岡「美味しいですか?」
ヒトミ「」コクコクッ
藤岡「それは良かった」ニコッ
ヒトミ「//」
55:
藤岡「ご馳走様でした」
ヒトミ「ご馳走様…」カオマッカ
藤岡「楽しい食事でしたね」
ヒトミ「お前はそうだろうよ…」
藤岡「ヒトミさんは楽しく無かったですか?」
ヒトミ「当たり前だろ! あんな風にイチャイチャさせて、周りからずっと見られっ放しだったんだから」
藤岡「そうですか。でも、ヒトミさんはそのままで良いかも知れませんね」
藤岡「ヒトミさんのリアクション、全部可愛かったですから」
ヒトミ「…// も、も?う!!」
藤岡「はははっ。それじゃ、次いきましょうか」
56:
ヒトミ「で、次は映画か。しかもホラー…」
藤岡「変に考えるより、慣れてない内はベタなコースの方がいいと思いまして」
ヒトミ「そ、そうか、そうだよな。でも…」
藤岡「もしかして、ホラー苦手ですか?」
ヒトミ「!」
ヒトミ「べ、別に苦手じゃないし! ただ、藤岡がホラーダメだったらかわいそうだと思っただけだし!」
藤岡「大丈夫ですよ、オレこういうの得意ですから。さ、行きましょ」グイッ
ヒトミ「ま、待て! まだ心の準備が…」
57:
ギャーッ
ヒトミ「ひっ…!」ガシッ
藤岡「…怖いんですか? そんなにしっかりと腕にしがみついて」
ヒトミ「は、はあ? 怖くないから。藤岡がして欲しそうな顔してたからしただけだから」
グオーッ
ヒトミ「う?っ」プルプル
藤岡(涙目になりながら震えてホラーを見る女の子…、これは良い)
ヒトミ「そろそろ終わりか…?」
「ワーッ!!」
藤岡「!!」
ヒトミ「ギャーッ!!」
58:
―上映終了―
ヒトミ「うえ゛?ん、ふじお゛か?!!」
藤岡「ほら、もう大丈夫ですから。落ち着いてください」
藤岡(でも、後ろの席で寝てたおじさんが飛び起きるとは。流石に驚いたな?)
藤岡(とは言え、そのおかげでヒトミさんがこうして抱きついて来てる訳だし、怪我の功名って奴かも)
藤岡「さ、そろそろ暗くなりますから、行きますよ」
ヒトミ「…無理」
藤岡「え?」
ヒトミ「腰が抜けて立てない…」ガクガク
藤岡「…仕方ないですね」ヒョイ
ヒトミ「!」
59:
ヒトミ「藤岡、こ、これ!?」
藤岡「他に手は無いんですから、我慢して下さい」
ヒトミ「だからって、お姫様だっこ…!」
藤岡「まあ、ヒトミさんがどうしてもって言うなら、別の案がありますけど」
ヒトミ「な、何だ!?」
藤岡「近くの宿泊施設を使うんですよ。どうせ明日も休みですし」
ヒトミ「と、とま…。いや、もうそれでいいから、とにかく下ろしてくれ!」
藤岡「それは施設に着いてからですね。え?っと、今から利用できそうな所は…」
ヒトミ「くう?っ」
60:
―愛の無いホテル―
ヒトミ「ふ?っ、疲れた?」クタッ
藤岡「そうですね。でも、まだまだこれからですよ」ヌギッ
ヒトミ「ふ、藤岡! お前なに脱いでるんだよ!?」
藤岡「そりゃあ、ヤる事ヤる為には邪魔ですから」バサッ
ヒトミ「や、やるって…//」
ヒトミ「だ、ダメだぞ! 私には好きな人が…!」
藤岡「だからこそ、ですよ。もしその好きな人が、ヒトミさんの不慣れ具合に幻滅したらどうするんですか?」
ヒトミ「…」
藤岡「大丈夫です、オレに全部任せて下さい」
ヒトミ「…シャワーは浴びさせてくれ//」
―暗転―
61:
ヒトミ「ううっ、お尻痛い…」ジンジン
藤岡「ね、大丈夫だったでしょ? 純潔は守られましたから」
ヒトミ「いやいや、お尻でヤらせておいてそれは無いだろ!?」
藤岡「でも、気持ち良かったんですよね?」
ヒトミ「…//」
藤岡「そうそう、これからも小まめにほぐして置いて下さいね。またする時に大変ですから」
ヒトミ「ま、またするのか!?」
藤岡「ローマは一日にして成らず、ですよ。日々の積み重ねが肝心なんです」
ヒトミ「でも…」
62:
藤岡「頑張りましょう、これもヒトミさんが好きな人の為です」ニギッ
ヒトミ「…わかったよ//」
藤岡「さて、それではそろそろ寝ましょうか。ゆっくり休んで下さい」ナデナデ
ヒトミ「お、おやすみ…//」
藤岡「はい、おやすみなさい」
63:
―数日後、学校―
藤岡(流石にペースがすぎる…)ズーン
藤岡(何だよ、わずか数日で女の子四人喰ったって! しかも一人は後ろ!)
藤岡(いくら南の為で、同意の上とは言え、これは良心が痛む…)
カナ「おい、藤岡」
藤岡「み、南!」
カナ「なんか元気が無いが、どうした?」
藤岡「だ、大丈夫だよ、何でもない!」
カナ「ふ?ん…」ジトッ
藤岡「…」ドキドキ
64:
カナ「ま、何もないならいいさ」フイッ
藤岡「あはは…、なんか気を使わせたみたいだね」
カナ「全くだな、なぜ私が藤岡を心配してやらなければいけないんだ」
藤岡「え…?」
カナ「まああれだ、私たちみなみけは藤岡を応援してやってるから、何かあれば頼るといいよ」
藤岡「南…、ありがと」
カナ「じゃあな、私はケイコに勉強を教えてもらわねばならない」
藤岡「う、うん!」
藤岡「…南が応援してくれている。頑張らないと!」
藤岡「でも、そろそろ新しい相手は出ないだろうから…。今関係のある子たちと引き続きするか」
65:
―放課後―
ハルカ「そっか、それじゃあ今日は泊まりなんだね」
藤岡「すみません、ご迷惑をおかけして」
ハルカ「気にしなくていいわよ。チアキの勉強を見てくれるって事だし、にぎやかなのは歓迎するわ」
チアキ「ありがとうございます、ハルカ姉さま」
ハルカ「そろそろ夕飯できる頃だから、もう少し待っててね」
チアキ「はい」
藤岡「ありがとうございます」
チアキ「ではそれまで、カナの愉快なダンスを見ているとするか」
カナ「覚悟しろふじおか、今日こそ全クリしてやる!」
藤岡「あはは…、まだ続いてたんだ」
66:
カナ「くらえ、カナ様スペシャル!」ドゴーン
カナ「ぬおー、かわされたー!」
チアキ「頑張れー」
藤岡「相変わらず、全身を上手く使ったアクションだね」
チアキ「」モジモジ
藤岡「…ん?」
チアキ「ふ、藤岡…//」
藤岡「」ピーン
藤岡「チアキちゃん、もしかして…」シリナデナデ
チアキ「//」ビクビクッ
藤岡「我慢できなくなっちゃったんだ…。ふふっ、悪い子だね」ボソッ
チアキ「!」ゾクゾクッ
67:
藤岡「でも、ここだと気づかれちゃうから…。今はこれで我慢してね」オマタサスサス
チアキ「んっ…、ふうっ…//」
藤岡「ほらほら、声出すと二人に気づかれるよ?」
チアキ「ん…」
ピンポーン
ハルカ「はーい。チアキー、ちょっと出てくれる?」
チアキ「あ、はい…」
藤岡(いい所だったのにね、残念)
68:
内田「おじゃましまーす」
トウマ「入るぜー」
吉野「お邪魔します」
チアキ「おー、皆来たかー」
藤岡「へえ、今日は来客が一杯だったんだね」
内田「あ…//」
トウマ「ふ、藤岡//」
69:
藤岡「お先にお邪魔してるよ」
吉野「こんばんは、藤岡さん」
藤岡「あ、えーっと」
吉野「チアキの同級生の吉野です」
藤岡「そうだったね、しばらく会ってなかったから」
吉野「私は良く覚えてますけど。それに、内田が…」
藤岡「えっ?」
吉野「あっ、何でもないです」
藤岡(どうしてだろう、何か嫌な予感が…)
70:
ハルカ「ご飯出来たよ?」
藤岡「おっ、良いタイミングで。あ、でも…」
チアキ「安心しろ。ハルカ姉さまには事前にお願いしておいたから、きちんと人数分用意されている」
藤岡「そうなんだ」
チアキ「ああ、だから安心して食べるといいよ。それで…」
藤岡「?」
チアキ「と、とりあえず食べようじゃないか//」
藤岡(これは…、エッチな事を考えているな。勉強の時間が楽しみだね、チアキちゃん)
73:
―食後、チアキの部屋―
チアキ「ん…、ふうっ…、はあっ……♪」
藤岡「チアキちゃんのここ、凄く濡れてていやらしいね」クチュクチュ
チアキ「だ、だって、藤岡にされてるから…」
藤岡「うれしい事を言ってくれるね。それなら期待に応えないと」ズブッ
チアキ「ひあっ! ゆ、指二本は…//」
チアキ「ああっ、何か、何か来る!」
藤岡「そういう時は、イクって言うんだよ。前にも教えたでしょ?」
チアキ「イ、イク、イク…!」
74:
トウマ「藤岡ぁ…//」
藤岡「ん、どうしたトウマ?」パッ
チアキ(あ…。もう少しだったのに…)ジンジン
トウマ「オレにもしてくれよ、もう自分の指じゃ満足できないんだよお…//」クチュクチュ
藤岡「トウマ、おねだりの仕方が違うぞ? 前に言った通りにやらないと」
トウマ「…//」
藤岡「ほら、まず足を大きく広げて、割れ目を指で広げて…」
トウマ「お、お願いします。オレの…、じゃなくて私のオマ…」
チアキー、ちょっと入るよ??
75:
チアキ「よ、吉野の声だ! 早く服を着ないと」アセアセ
トウマ「ちぇっ、良い所だったのに…」ブツクサ
吉野「あ、服はそのままでも大丈夫だよ?」
チアキ「吉野、いきなり入って来ては…!?」
吉野「ん、どうしたのチアキ?」
チアキ「だ、だってそれ…!」
吉野「ああ、これ?」グイッ
内田「ふーっ、ふーっ…//」
76:
藤岡(何だこれは! 首輪にバイブに亀甲縛り、後、確かギャグボール? だっけ)
藤岡(まるでその手のAVみたいだ、これは一体…?)
吉野「ふふっ、ハルカちゃんの目を盗んでここまで来るのは大変だったけど」
吉野「その分、みんな驚いてくれたみたいで良かったね? 内田」シリパシーン
内田「んんっ!?」ビクビクッ
藤岡「吉野ちゃん、これは一体…!?」
吉野「藤岡さんだったら、説明しなくてもわかるんじゃないんですか?」
吉野「チアキやトウマ、それに内田を『女』にした藤岡さんだったら」
77:
吉野「ほんと残念ですよ。内田の初めてはゆっくり奪おうと思ってたのに」
吉野「シてる最中に違和感を感じて見てみれば、膜が無くなってたんですから」
藤岡「…」
吉野「それに、チアキやトウマまで。私はまだ秘所に触れてすらいないのに…!」プルプル
藤岡(これは…、少し雲行きが怪しいぞ)
吉野「ハルカちゃんやカナちゃんがいなければ、この場で決着をつける事も出来たんでしょうけど」
ぴんぽ?ん
ハルカ「こんな時間に誰かしら? は?い」
吉野「…少し静かにしていましょうか」
藤岡「」コクコクッ
78:
ハルカ「…わかりました、少し外でお話しましょうか」
ハルカ「藤岡く?ん、ちょっといいー?」
藤岡「あ、はい!」トタトタ
藤岡「どうしたんですか?」
ハルカ「ちょっとおじさんと外に出かけて来たいんだけど、留守番をお願いできるかしら?」
ハルカ「カナはあの通りゲームに夢中だし、藤岡くんに任せられれば安心なんだけど」
藤岡「大丈夫ですよ」
ハルカ「ありがと?。それじゃ、行きましょうか」
ああ、レイコさん…
ほらほら、元気出して下さいよ!
藤岡「…行っちゃったか」
79:
吉野「ハルカちゃん、出かけたみたいですね」
藤岡「うん。それに南はゲームに夢中だから、ちょっとした事では気づかれないと思うよ?」
吉野「…それはそういう意味ですよね?」
藤岡「そうだね。でも、勝負に関わるのはオレと吉野さんだけだよ」
吉野「?」
藤岡「直接対決だ。オレと吉野さんで…!」カチャカチャ
吉野「…いいですよ。内田たちの相手に相応しいのはどちらか、証明してあげます」ヌギヌギ
―暗転―
80:
藤岡「それで、どうだった?」パシーン
吉野「ひううっ!? か、完敗ですぅ…//」
藤岡「これに懲りたら、もう同級生を調教しないって約束できるね?」クチュクチュ
吉野「は、はひ…//」
藤岡「よし、それじゃあ…」クルッ
藤岡「待たせてごめんね、その分気持ち良くしてあげるから」ビビーン
チアキ「//」
トウマ「//」
内田「//」
―再び暗転―
83:
―翌日、みなみけ―
藤岡(なんだか最近、時の経つのが凄く早い気がする…)
ハルカ「…でね、?なんだよ」
マキ「えーっ、何それ?!?」
アツコ「ふふっ…」
藤岡(でも、何かが足りない気がする、何だろ? チアキちゃんたちはこんなに可愛いのに)シリサスサス
チアキ「//」
藤岡(あ、可愛いって言えば)
藤岡(マキさんも可愛いってタイプだよな、見た目的に)
藤岡(対してハルカさんやアツコさんは綺麗って印象がある。落ち着いてるし、スタイルも凹凸があるし)ジーッ
藤岡(特にアツコさんは胸! って感じだよな。大人しい性格に対して自己主張の激しい胸…)ジジーッ
84:
マキ「あれ、藤岡くんどうしたの? アツコの方じっと見つめて」
アツコ「えっ?」
藤岡「あ、いや、その…」
マキ「まさか、アツコが可愛くて見とれてたとか?」
藤岡「え?っと、まあ、アツコさんが可愛いって言うのは否定しませんけど」
アツコ「ふえっ…//」
マキ「藤岡くん、言うねえ?! それじゃ、私は?」
藤岡「その…」
マキ「そこで黙るなよ?!」
藤岡「はははっ」
85:
カナ「藤岡、ほれ、追加の茶だ」ダンッ!
藤岡「あ、ああ、ありがと…」
カナ「私は目を休める為に部屋にこもるが、くれぐれも騒がしくするなよ」フイッ
藤岡「う、うん」
マキ「…あ?あ、カナちゃん拗ねちゃったね」
藤岡「そうみたいですね」
マキ「放っておいていいの? これってチャンスじゃない?」
藤岡「いや、まあ、押してダメなら引いてみろといいますし」
マキ「何だよ?、その手馴れた感じの余裕は?!」
アツコ「可愛い、か…//」
86:
―深夜―
藤岡「ん…、変な時間に起きちゃったな。トイレトイレ」パタパタ
藤岡「それにしても、夜の南家にも随分慣れて来ちゃったな。ここ数日泊まってばっかだし」
藤岡「何かお返しが出来ればいいんだけど。今度来る時はお菓子でも買ってこよう」
藤岡「ふあ?っ、ねむ…。ん?」
―ん、―くん
藤岡「トイレの方から声が聞こえる。誰か入ってるのかな? そしたら戻って後から」
藤岡くん…!
藤岡「え、オレを呼ぶ声? しかも、喘ぎ声っぽい感じがするんだけど」
藤岡「…ちょっと様子を見てみるか」
87:
藤岡「この声、アツコさん?」
アツコ「藤岡くん、もっと触って…、もっと可愛いって言って…!」ハァハァ
藤岡(う?ん、これは下手に引き伸ばさない方がいいかな)
藤岡「あの、アツコさん?」コンコン
アツコ「えっ…、藤岡くん!?」
藤岡「はい、藤岡です」
アツコ「」
藤岡「とりあえず、ドアを開けてもらえませんか? 話はその後でって事で」
アツコ「…」ガチャッ
88:
藤岡「それで、さっきの件ですけど」
アツコ「はい…」セイザ
藤岡「あ、楽にして下さい。別に責めている訳ではないので」
アツコ「う、うん」
藤岡「それで、なんで僕の名前を呼びながら自分を慰めてたんですか?」
アツコ「…言わなきゃダメ?」
藤岡「無理強いはしませんが、さすがに気になるので」
89:
アツコ「実を言うと、さっきマキに指摘される前から、藤岡くんがこっちを見てるって何となく気づいてたの」
アツコ「それで可愛いって言われて…、そうしたら、何だか全身がキュンってして」
アツコ「いけないって思ったけど、それでも身体がジンジンして来て」
アツコ「我慢出来なくなって、皆が寝てる時間にトイレでシてました…//」ウツムキ
藤岡「なるほど…」
アツコ「あの、この事は…!」
藤岡「もちろん、誰にも言いませんよ。それに」ガバッ
アツコ「えっ…?」バタッ
藤岡「オレがそんな気持ちにしてしまった以上、責任は取りますよ。もちろん、アツコさんが望めばですが」
アツコ「…お願いします//」
―暗転―
90:
アツコ「はあっ、はあっ……♪」ギシギシ
アツコ「もっと…、もっと激しく動いてぇ!!」
藤岡(まさか、一回の暗転で終わらないなんて…!)ムネツカミ
アツコ「あぁん!!」
藤岡(オレに足りなかったのは、相手の持久力と胸だったのか)
藤岡(チアキちゃんたちは一回でお終いだったからな…、せいぜいヒトミさんが二回出来ただけで)
藤岡(それなのに、アツコさんはもう五回目。凄いなこの人)
アツコ「藤岡くん、私、またイッちゃう…!」
藤岡「いいですよ、思いっきりイッて下さい!」
ハルカ「こんな夜中に、二人でどこへ行くのかしら?」
アツコ「えっ、ハルカ…?」
藤岡「あっ…」ビュルルッ
ハルカ「…とりあえず、話を聞かせてもらえるかしら」
91:
アツコ「」セイザ
藤岡「」ドゲザ
ハルカ「それで? どうして人様の家でおかしな事をしていたのかしら?」
アツコ「こ、これは私が…!」
藤岡「オレが悪いんです!」
ハルカ「とりあえず、藤岡くんの言い分から」
藤岡「はい、かくかくしかじかで…」
ハルカ「…ふ?ん」
アツコ「ね? だから私が…」
ハルカ「アツコはちょっと静かにしててね?」
アツコ「は、はい…」
92:
ハルカ「それにしても、アツコが藤岡君で自慰をしていたから事に及んだって…」
ハルカ「ちょっと動物的過ぎるんじゃないかな? そもそも、藤岡くんはカナが」
藤岡「あ、その事も実は関係がありまして」
ハルカ「…何か嫌な予感がするんだけど。話して御覧なさい」
藤岡「以下省略と言う訳で…」
ハルカ「」プルプル
アツコ「そ、そうだったんだ…」
藤岡「すみませんアツコさん、何だか騙したみたいで…」
アツコ「ううん、いいの。そもそもの原因が私に…」
ハルカ「良くない!」ダンッ
アツコ「!」ビクッ
93:
ハルカ「いくら同意の上って言っても、そういう関係じゃないのにおかしな事をするのはおかしいでしょ!?」
ハルカ「しかも、チアキやトウマとまで…。と言うより、私の知ってる子の半分くらいとしてるじゃない!」
ハルカ「どれだけ猪君なの? 藤岡くんは!」
藤岡「すみません…」フカクドゲザ
ハルカ「…大体、肉体関係を結べって時点で、その占い師は変だな?って思わなかったの?」
藤岡「いや、オレの悩みをズバリ言い当ててたので…」
ハルカ「そりゃあ、年頃の子はそういう悩みを抱えているものだからね、適当に言えば大体当たるのよ」
アツコ「ハルカは…」
ハルカ「アツコ?」ニコ
アツコ「…はい」
94:
ハルカ「…まあ、カナを愛するが故の盲目さだったと言う事で」ヌギッ
藤岡「ハ、ハルカさん、何を…!?」
ハルカ「藤岡くんが、カナの相手として不足が無いかどうか、私が試します!」
藤岡「た、試すって…!」
ハルカ「あ、両親からの言いつけで初潮時から妊娠対策してるから、心配しないでね?」
藤岡「あ、そうなんですか。って、問題はそこじゃなくて! いや、そこも重要ですけど!」
アツコ「そうだよ! 第一ハルカはまだ…」
ハルカ「…」ニコ
アツコ「あ、はい、すみません…」
ハルカ「私も藤岡くんの事は悪く思ってなかったし…、頑張ってね♪」
藤岡「はい…」
―しばらくお待ち下さい―
95:
―朝―
ハルカ「すう、すう…」
アツコ「くう、くう…」
藤岡「あー、太陽が黄色い…」
藤岡「結局あの後何回したんだろ、終いにはアツコさんも加わって三人になったし」
藤岡「明日が休みだから良かったようなものの、少し押さえないと。さて、トイレトイレ…」ガサゴソ
ハルカ「ん…」
藤岡「あ、すみません、起こしてしまいましたか?」
ハルカ「ううん、いいの…。ふふっ♪」
藤岡「どうしたんですか?」
ハルカ「なんか、藤岡くんがいつにも増して男の子っぽく見えたから」
ハルカ「これなら、安心してカナを任せられるかなーって」
藤岡「ほ、本当ですか!?」
ハルカ「うん、姉の私が保証するんだから大丈夫!」
藤岡「ありがとうございます!」
96:
ハルカ「後はカナの方だけど…。知っての通り、最近あの子はご機嫌斜めなのよ」
藤岡「そうですね、どうしたんだろ…」
ハルカ「…まだ保証するのは早かったかしら?」
藤岡「え?」
ハルカ「何でもないわよ。とにかく、まずはカナに気持ちを伝える所からね」
ハルカ「勘違いの余地がないように、徹底的に」
藤岡「は、はい!」
ハルカ「頑張ってね、応援してるから」
97:
―数日後―
藤岡(なんてハルカさんに言われてからどれくらい経ったんだろ)サスサス
チアキ「んっ…♪」
藤岡(結局良い言い回しが浮かばず、ここまでずるずると来てしまったわけだが)ナデナデ
トウマ「ふうっ…♪」
藤岡(どんなセリフが良いのかな…。好きです! はダメだし、愛してる! はちょっと言えそうに無いし…)
チアキ「な、なあ、藤岡…」
藤岡「ん?」
98:
チアキ「そ、その、服の上からだけでは何だか物足りないのだが…//」
トウマ「ずるいぞチアキ、それならオレだって…//」
藤岡(そしていつの間にか、オレの膝の上はチアキちゃんとトウマが二人で…、まあどう考えてもオレのせいだけど)
チアキ「なあ、藤岡、私はもう我慢出来ないんだ…!」クイクイッ
トウマ「待てよ、オレだって藤岡にして欲しい…//」グイッ
藤岡「う?ん、そうだな…」
カナ「」ダンッ!
チアキ トウマ「」ビクッ
藤岡「ど、どうしたんだ、南?」
カナ「」ツカツカツカ
99:
カナ「おい、藤岡」
藤岡「な、何?」
カナ「お前、チアキの事が好きなのか? それともトウマか?」
藤岡「い、いきなりどうしたの?」
カナ「どうしたもこうしたもあるか。人がゲームしてる所でイチャイチャしやがって…」
藤岡「あ?、それは…」
カナ「…やめた、アホらしい。私はまた部屋にこもるから、静かにしてろよ」
藤岡「ごめん…」
カナ「ふん…」ドタドタ バタン!
カナ(胸がチクチクする…。何でだよ、ただ藤岡がチアキたちと仲良くしてるってだけで)
カナ「…藤岡のバーカ」ボソッ
100:
藤岡「…これはマズイかもしれない。何とかしないと…」
チアキ「なあ、藤岡ぁ…//」サスサス
トウマ「また、これでシてくれよ…!」ナデナデ
藤岡「二人とも、ごめん!」バッ! ドタドタッ
チアキ トウマ「あ…」
チアキ「…戻るまで二人でするか、今ならハルカ姉さまも留守だから」ショボーン
トウマ「そ、そうだな…」シュン
101:
―部屋―
カナ「」ムズムズ
カナ(いけない、藤岡の事考えてたら、アソコが…!)
カナ「んっ…」サスサス ビクッ
カナ「藤岡、藤岡…!」
カナ「なんで私に構ってくれないんだよ…、他の奴らとばっかり仲良くして」
カナ「私だって、もっと藤岡と…!」クチュクチュ
カナ「あ、濡れて来ちゃった…、もうちょっと…」
カナ「藤岡、お前は分かってるのか?」
カナ「私が藤岡で、こんなになっているって」
カナ「…分からないよな、だって何も伝えてないんだから」
102:
カナ「私だって本当は、チアキみたいに藤岡に触れていたい…」クチュ
カナ「藤岡の全部を、ずっと感じていたいんだ…!」クチュクチュ
カナ「ああっ、いいよ、藤岡!」
カナ「藤岡、藤岡、藤岡…!」
カナ「もうイク、イク…! 藤岡、好きだっ!」
カナ「んんーーーっ!!」ビクビク
藤岡「南!」バタッ
カナ「えっ、藤岡!? なんでいきなりドア開けて…、あっ!」プシュッ
藤岡「」パシャッ
カナ「あ…」
藤岡「…とりあえず、入っていい?」
カナ「…//」コクッ
103:
カナ(やってしまった…)
カナ(よりにもよって本人に聞かれて、しかも潮までかけてしまった//)カアッ
藤岡「あのさ、南…」
カナ「は、はいっ!?」ビクッ
藤岡「そんなに緊張しなくてもいいんじゃないかな。オレと南の仲なんだから」
カナ「…私と藤岡。それって、どんな関係なんだ?」
藤岡「えっ?」
カナ「お前は私の事をどう思ってる? 聞かせてくれ」
藤岡「あっ…」
藤岡(ついに機会が来てしまった…、なんて言えば良いんだ!?)
104:
カナ「…やっぱり、私たちはただのクラスメイトか?」
藤岡「へっ、なんで?」
カナ「だって、私はチアキやトウマみたいに小さくないし」
カナ「だからと言ってハルカみたいに良い女でもないし…。中途半端なんだ。女として、私は」
藤岡(こんな沈んでる南、初めて見た…)
カナ「だけどさ、藤岡にラブレターみたいな果たし状貰ってから、何となく私の中でモヤモヤしてて」
カナ「それに最近の事もあって、ぐちゃぐちゃして来てて…」
カナ「良くわからないんだ、私自身が」
105:
藤岡(これは…、もう今やるしかない!)
藤岡「み、南…。いや、カナ!」バタン
カナ「ふ、藤岡…!?」オシタオサレ
藤岡(何の為に、今日まで色んな女の子と関係を持って来たんだ?)
藤岡(全てはこの時の為! オレは南を…、カナを全力で手に入れる!)
藤岡「なんでモヤモヤしていたか、教えてあげる」
藤岡「カナは、オレの事が好きになってるんだよ」
カナ「は、はあっ!? お前、自分で言ってて恥ずかしくないのか!?」
藤岡「だって、事実だから。それにオレだって…」
藤岡「カナが好きだ、カナが欲しい。だから、オレにカナの全てを委ねて」
106:
カナ「ふ、ふざけるな! 藪から棒に!」
藤岡「ふざけてない、オレは真剣だよ」
カナ「いいから、とりあえず離せよ!」ジタバタ
藤岡「無理、もうオレはカナを手放せないから」チュッ
カナ「んんっ!?」
藤岡「ん…、ちゅっ…、くちゅっ……」
カナ「んっ、ふうっ…!」
藤岡「…ふう。どうだった?」ニコッ
カナ「ど、どうって言われても、いきなりキスするとか…!」
藤岡「わからなかった? じゃあもう一回」チュッ
カナ「んん?っ!?」
―暗転―
107:
カナ「はあ、はあ…っ!」グチュグチュ
藤岡「カナ、もう一回出すよ!?」パン、パン
カナ「ダ、ダメだ! さっきからずっとイキっぱなしで…!」
藤岡「いいよ、カナの可愛いイキ顔、オレに見せて!」
カナ「ダ、ダメ、もうイグ、イグ??っ!?」プシューッ
藤岡「くうっ!!」ビュルルルッ!
カナ「あ、膣に…」
カナ「もうダメ…」バタッ
108:
藤岡「あ、気絶しちゃった…。流石に十回はやりすぎたか」
藤岡「でも…、オレの事好きだって。シてる最中に何回も言ってくれて、嬉しかったな?」
藤岡「カナ、オレもカナの事、好きだよ。カナがオレを好きな気持ちの何十倍も」
藤岡「もう回り道はしなくていいよね、これからはカナだけを見て、カナだけを愛するよ」
藤岡「絶対に離さないから…、愛してるよ、カナ」チュッ
カナ「んん、藤岡…」ネゴト
藤岡「夢にまで出てるんだ。どんな夢見てるんだろ?」
カナ「よーし、ついに全クリだ…」ムニャムニャ
藤岡「」ガクッ
109:
―その後―
カナ「おい、藤岡ー、早くしろよ?!」
藤岡「ちょ、ちょっと早すぎるって、カナ!」
カナ「だらしないな?、そんなんじゃ私の素敵な旦那様は務まらないぞ?」
藤岡「…」
カナ「あっ、勘違いするなよ? お前以外を旦那様なんて、あり得ないからな!?」アセアセ
藤岡「ふふっ、分かってるよ。カナは可愛いなあ」ナデナデ
カナ「…ひ、人前で頭を撫でるな、このバカ野郎//」
110:
藤岡(カナと初めてシてから、オレたちは正式に恋人として付き合う事になった)
藤岡(その代わり、他の子との関係の整理が大変だったけど…。あれは胸が痛んだ)
藤岡(でも、皆最終的には納得してくれたみたいだし、そっちは一件落着かな)
カナ「おい、藤岡、何をぼーっとしてるんだ?」
藤岡「ん? カナとの将来について考えてた」
カナ「しょ、将来って…」
藤岡「カナは結婚式あげるならどんなのがいい?」
カナ「そ、そうだな、私は…//」
11

続き・詳細・画像をみる


この中の大学に通ってない大学生wwwwwwwwwwww

【悲報】西内まりやがAKBを公開処刑wwwwwwwwww(画像あり)

「好き」を仕事にしたいって思ってたけど俺には無理だった

SIMカード付きのラブライブのスマホセットが発売してるんだが

東京キー局「東京で雪です!5センチも積もる予想です!」…ISIS人質事件を超えトップニュースに

そんなに広くない温泉施設で子供が湯船でやりたい放題。子供がはしゃぐのもわかるが、限度ってものがあるだろう。

back 削除依頼&連絡先