P「美希、卵焼き食べるか?」back

P「美希、卵焼き食べるか?」


続き・詳細・画像をみる

1:
美希「卵焼き? 食べるの!」
P「じゃあ、はい」コトッ
美希「わーい」
P「しょうゆはお好みでな」
美希「はいなの」
4:
美希「ん?、焼き立てほやほやの匂いなの!」
P「はは。文字通り焼き立てだからなー」
美希「ハニーが作ったの?」
P「ああ。まだ夕飯には早いけど、ちょっと小腹が空いたんでな」
美希「ミキも、さっきちょうどレッスンが終わったところだったから、お腹ペコちゃんだったの」
P「そりゃちょうどよかった。さ、熱いうちに食べてくれ」
美希「はいなの!」
6:
P「それでは手を合わせて……いただきます」
美希「いただきますなの」
P「では早……はむっ」
美希「はふっ」
P「はふはふ……はふっ」
美希「は、はにー……あ、あひゅいの……はふはふ」
P「はは。大丈夫か、美希」
美希「はふはふ……でも……」
P「ん?」
美希「……スッゴク、美味しいの!」
P「はは、そりゃよかった」
8:
美希「しかも、この卵焼き……じゃこ入りなの!」
P「フフフ。流石美希。良く気付いたな」
美希「あー、ハニーったらミキをバカにしてるの! これくらい気付いてトーゼンなの!」
P「ははは、悪い悪い。でもこのじゃこが良いアクセントになってるだろ?」
美希「うん! なんていうか、このさりげなさが嬉しいカンジなの。はふはふっ」
P「はは、ゆっくり食べろよ」
10:
美希「でもこの卵焼き、本当に絶品なの! 外はふわふわ?ってやわらかで、中はとろとろ?ってしてて溶けちゃいそうで……まさに理想の卵焼きなの!」
P「はは、そこまで大したもんでもないと思うけど……まあ、褒めてくれてありがとうな、美希」
美希「ううん、ミキ的には、この卵焼きは後世に語り継ぐべき卵焼きだって思うな! それくらい美味しいの!」
P「そこまで喜んでもらえて何よりだよ。昔とった杵づかってやつだな」
美希「え? ハニーって昔料理人だったの?」
P「いやいや、全然。ただ学生の頃、金が無い時とかによく作ってたんだよ、卵焼き」
美希「そうだったの」
P「卵って栄養抜群の割に安いからな。特売の時とか10個98円とかで売ってたりするし」
美希「そーいえばやよいもたまにそんな話してるの。お買い得さんなの」
P「ま、そんなこともあって、卵焼きだけはそれなりの味のものを作れるようになったってわけだ」
美希「なるほどね?。ハニーに歴史アリってカンジなの」
P「はは、そんな大層な歴史でもないけどな……」
12:
美希「あふぅ。あー美味しかった! ごちそうさまでしたなの」ペコリ
P「御粗末さまでしたなの」
美希「あー! ミキのマネしちゃヤーなの!」
P「はは、ごめんごめん。……っと、そろそろ仕事に戻らないと」
美希「ハニー、まだお仕事なの?」
P「ああ、今夜も遅くなりそうだ」
美希「そっかー。……無理しちゃ、ダメだよ?」
P「なあに、美希達をトップアイドルにするためなら、多少の無理くらい……」
美希「だーめ! いくらミキ達のためでも、ハニーが倒れちゃったりしたらイミないんだからね!」
P「……ああ、そうだな。悪かった」
美希「……もー」プクー
13:
P「はは。そんな顔すんなって。大丈夫、ちゃんと終電までには帰るから」
美希「……ミキ的には、それでも頑張り過ぎだって思うな」
P「ま、疲れたときは美希と食べた今日の卵焼きの味を思い出して頑張るよ」
美希「……卵焼きも良いけど、そこはミキの方を思い出してほしいの!」
P「ああ、じゃあ美希を思い出すよ」
美希「もー! テキトーなの!」
P「ははは」
1

続き・詳細・画像をみる


【近未来】学習型人工知能プログラム「ロィディ」と会話してみないか?

【朗報】 全国チェーンのデリヘルにブス混入 苦情が相次ぎ警視庁が怒りの摘発!!!

こどもスマホ怖過ぎワロタwwwwwwwww(※画像あり)

Galaxy S6シリーズは金属製サイドフレームとガラス製バックパネルを採用か

彼氏さんが急な出張になってしまったらしく、ソファーでメソメソ。

カピバラさんの真似で対応してみた

back 削除依頼&連絡先