美希「ハニー、精液ちょーだい」back

美希「ハニー、精液ちょーだい」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「断る」
美希「むー、なんで!今日はオフなんだしいいでしょ!」
P「よくない、もう十分やっただろ……」
美希「たったの3回なの!ミキまだ満足してないよ」
P「そもそも精液欲しがるアイドルがどこにいるんだよ……」
美希「ここにいるの」
10:
真「プロデューサー」
P「どうした?」
真「その……子供が欲しいです」
P「どうしたんだ?」
真「プロデューサーさんは、ボクをお姫様扱いしてくれますよね?」
P「ああ」
真「あはは、ボクを最後までカッコいい系のアイドルでしたが……、さっきのお陰でボクのアイドル生活はずっと幸せでした」
真「で、でも次はお姫様じゃなくて……」チラッ
真「あの……」チラッ
真「その……そろそろお母さんになりたいなって」じっ
15:
P「そもそも一週間に1回で十分じゃなかったのか……?ここんところ毎日だぞ?」
美希「それは何にもしないときだけなの……色々してたらもっと必要だよ」
P「色々……?」
美希「うん、ハニーのお家にお泊りするために催眠術をおねーちゃん達にかけたり、ハニーに精力増強の魔法かけたり、あとは趣味で翼はやしてみたり……あとは……」
P「おい……ちょっと使いすぎなんじゃあ……」
美希「ハニーはおにぎりが何個でも貰えるのに1日に2個しか食べなくていいっていうの?」
美希「つまりそういうことなの」
P「どういうことだよ……」
美希「とにかく!ミキはお腹ぺこぺこなの、3回なんかじゃ足りないの」
美希「ね、ハニー……もっかいしよ?」
P「……>>19」
1.いいから服着ろ、仕事行くぞ
2.ったく、しょうがないな……
19:
2
20:
P「しょうがないな……じゃあ時間も無いし……1回だけだぞ」
美希「やったの!それじゃすぐに終わらせるからね……サキュバスらしくね」ゆさっ
美希「ミキのふかふかおっぱいへご招待なのー!」ギュムッ
P「っ……!」ビクッ
美希「ねえハニー、キモチイイ?お口でもやってあげるね……」ムニ…ムニ…
美希「……ズズッ♪ジュルッ♪」ムチッ、ムチッ
P「っかぁっ……!」ビクッ
美希「……ひんかす、おいひいほ……ジュプッ♪」
P「美希……っ……」
美希「もうでふほ?やっぱりそーろーさんだね……ひゃあいっぱいだひてねー」
P「……ううっ!」ドクン
ビュルッ、ビュルルルッ
美希「あはっ♥いっぱい出てるぅ♥」
22:
P「――――」ビュウッ、ビュー
美希「うんうん、ハニーにかけたおちんちん成長魔法が上手く効いてるってカンジ!」
美希「おちんちんもそうだけど、射精量も濃さもあがってるんだよ、うれしい?」
美希「美希がいいならそれでいいって……むー……それじゃ、いただきますなの……」
P「――」ビクッ
美希「んっ……やっぱりハニーの味が一番なの……」チュー
美希「……ふう……お腹いっぱいなの……ありがとハニー、それじゃお仕事いこっか」
24:
P「――――」
美希「ねえハニー、それともお仕事休んでもっかいしよっか?今度はもっとすごいことしてあげるの」
P「……いいから仕事行くぞ……」フキフキ
美希「むー、ケチなの!」
P「今日は一回多かったんだしケチじゃない!さ、服着てくるんだ、美希」
美希「はーいなの……」
――――――
――――
――
P「おはようございまーす」
美希「おはようございますなの!」
小鳥「プロデューサーさん、美希ちゃん、おはようございます!」
美希「それじゃ、こっちも頑張らないとね、
プロデューサー!」
P「……ああ」
26:
美希(小鳥はミキ達のことを知ってるの)
美希(サキュバスに成り立てのミキはすごくグラグラでムラムラしてて……いろんなことをしちゃったの)
美希(小鳥は最初の犠牲者……ミキがふたなりの呪いをかけちゃったの)
美希(それからミキはさらに暴走して……みんなを淫魔にしちゃった)
美希「……そこらへんの、話聞きたい?」
>>29
1.飛ばして
2.話して
30:
1
34:
美希(じゃあ、省略するね)
美希「ねえハニー、今日は何するの?」
P「ん?そりゃ今日もいろいろすることはあるが……一番大きい仕事は……これか」パラパラ
P「ああ、>>36と>>39がテレビの収録をすることになってる」
美希「え……ミキじゃないの!?」
P「流石にえこひいきは無理だな……」
36:
やよやよ
39:
やよい
42:
美希「やよいと伊織……」
P「どうした?なんかあったか?」
美希「う、ううん?なんでもないの!」
美希(……二人ともまだ淫魔になってないの……だから心配は要らないね……でも)
美希(でも……あの時のデコちゃん達からは……魔力の匂いがしたの)
美希(様子、みに行こうかな)
美希「ねえ、ハニー……ミキのお仕事は?」
P「……うん?今日は……オフだな、何かあったのか?」
美希「えっと……ちょっとミキ、買い物行ってきていいかな、ハニーが帰る頃までに帰ってくるの!」
P「ああ構わないよ、仕事中にムラムラしたとか言われても困るからな」
美希「うん……それじゃ行ってきますなの!」
美希(嫌な予感がするの……ミキの予感は当たるの)
43:
――テレビ局
美希「デコちゃんはもう着てるんだね……ここにはミキも何回もきた事があるの」
美希「たしかこっちに控え室があって……あ、765プロなの、ちょっと渡すものがある通してね☆」
美希「控え室……デコちゃんはこっちだね……よし」
美希「ミキなの!デコちゃん、ちょっと入るね!」コンコン…ガチャッ
美希「……あれ?デコちゃんは一体……」
伊織「……っ…く…!」プルプル
美希「デコちゃん?!なんで地面で唸ってるの?」
伊織「デ……コ……いうな……っ!な……んで……あんた……が……っ……」
美希「待ってて!今助けるの!」
44:
美希「とりあえずソファーに……」
伊織「……あり……がとう……」
美希「どうしたの一体?救急車呼んだ方が……」
伊織「……見なさい……あれ」
美希「え?この缶ジュース?なんか青いけど……なっ!?」
伊織「すぐ……そこの自販機で……売ってた……のよ……そいつを飲んでから……」
伊織「嵌められたわ……あれは…ただの夢で……これは……ただのジュースだと……思ってた」
伊織「記念に……もう一杯飲んだら……このざまよ……笑いなさいよ……」
美希(すごい魔力なの……)
46:
伊織「……あんたも……あいつらの仲間なんでしょ……私にはわかるわよ……」
美希「あいつら?」
伊織「私は……与えられるような薄っぺらい偽物の勇気になんか……頼らない……人間をやめたら……やよいになんていえば……やよい?」
伊織「やよい……いぃ!?」グッ
美希「デコちゃん!?」
伊織「アツイ!熱い!熱い!股間が……あつい……あうっ!」ビクッ
伊織「負けるもんですか……こんな……こんなのに……!やよいも……やよいもきっと……せっかくここまで来たのに……負けたくないはずよ……!」
美希(きっとあの双子の仕業なの……完全に忘れてたの!)
美希(今のデコちゃんは自分の中の欲望と魔力に必死で耐えてるの……)
美希(だけどちょっとでも負けたらふたなり化して、インキュバスになっちゃうの……デコちゃんが落ちたら……多分やよいも一緒に堕ちる)
美希(ミキがなんにもしないと多分負けるの……でも助けてあげるべきなの?こんなに苦しそうなのに……)
美希「デコちゃん……>>50」
1.ううん、伊織ちゃん、頑張って!
2.もう……楽になっていいんだよ
50:

52:
美希「デコちゃん……ううん」ギュッ
美希「伊織ちゃん、頑張って!」
「伊織ちゃん!頑張って!」
伊織「!……や……よい……?……っ!」フラッ
美希「デコちゃん!」ガシッ
伊織「熱いのが……治まったわ………やったの?……私は……」
美希「……うん、もう大丈夫なの!やっぱりデコちゃんはデコちゃんなの!」
伊織「何よ……それ……デコちゃん言うなっていってるでしょうが……美希……私を背負えるかしら」
美希「うん……やよいの所に行くの!」
53:
伊織「やよい……間に合って良かったわ」
やよい「伊織……ちゃん……」
美希「良かったの……本当に良かったの……」
伊織「良かったじゃないわよ……あんたもあいつらの仲間なんでしょうが!」
やよい「えっ……美希さんも……ですか?」
美希「えっ」
伊織「よくも私たちの中に二度も水を刺してくれたわねぇ……覚悟はできたかしら……」
美希「ち、違うの!ミキは無実なの!確かに仲間っていえばそうだけど!」
伊織「うるさい!進藤!こいつを縛りなさい!」
美希「だから違うってええええ!」
55:
美希「亜美達が何やったかまではわからないの……でもミキの予想だけど……ある程度までは言ったの……」
伊織「インキュバスねぇ……全く、この美少女伊織ちゃんに男になれだなんて失礼しちゃうわね!」
やよい「美希さん……私が……もしそれになっちゃってたら……どうなっちゃうんですか?」
美希「……性欲が強くなって好きな相手以外ともするようになっちゃうの……ミキも同じなの……」
美希「ハニー以外とも……何回もした……」
伊織「……そう」
56:
美希「多分亜美達も……自分たち以外の仲間が欲しかったんだね……」
伊織「……そういうことだったのね……美希、一ついいかしら」
美希「……うん?」
伊織「もしよかったら、私に力を貸してくれないかしら?」
美希「何する気なの?まさか今から人間やめるとかいわないよね?」
伊織「そうじゃないわよ……あの生意気な双子を懲らしめてやるのよ!二度と他人に手を出さないようにトラウマにしてやるのよ」
伊織「そして宣言するわ、わたしはあんたらとは違うって」
伊織「たとえインキュバスとやらになろうとやよいだけを永遠に愛するってね……にひひっ♪」チュッ
やよい「伊織……ちゃん……♪」
美希「相変わらず甘ったるいの……おにぎりをずっと噛み続けたときより甘いの……」
59:
美希「わかったの……3日後までには準備しとくね……それじゃデコちゃん、また後でなの!」
伊織「ええ、それと美希」
美希「……やり方は、デコちゃんがもう知ってるはずなの」
伊織「そうよね……ありがとう、それと今日ぐらいデコちゃんっていうのはやめなさい」
美希「むー……じゃあ伊織、ばいばい」ギイ…
バタン
伊織「……もう知ってる……ねえ……」
61:
やよい「伊織ちゃん……何を聞いたの?」
伊織「……私は貴方だけを愛する、堕ちても絶対によそ見なんてしないって」
やよい「うん……」
伊織「せっかく自分の力で掴んだものですもの……堪能しなきゃ勿体無いじゃない」
やよい「た、たんのう……ですか?」
伊織「ねえやよい……もし貴方が万が一貴方がさっきのような感覚に陥っても……私だけをみると約束できるかしら?」
やよい「……うん」コクン
伊織「そう……それならいいのよ……にひひっ♪」
伊織「なら……私はやよいだけをじっと見ていられる……」
やよい「伊織ちゃん、もしかして――」
伊織「>>66」
1.邪魔者は居なくなったわ……それを今から証明して見せましょう
2.もう、いつもやってることじゃない
3.3日後あいつらに教えてやるのよ!
4.その他
66:
1
68:
伊織「さあ、邪魔者は居なくなったわ……今から証明して見せる」
伊織「……やよい……私は貴方だけを愛することを……でも、やっぱり怖い」
伊織「途中で負けちゃったりしないか……オーディションの時でもここまで落ち込んだりしないのに」
やよい「伊織ちゃん……」スッ
伊織「あっ……」
やよい「私たちなら……二人なら大丈夫だよ」
伊織(やよいの顔がこんなにも……近い……もう抑えられない……)
やよい(みんな……私……今日、本当に決めたんだ……)
伊織「やよい……ええ……もう大丈夫よ」ドクン・・・
やよい「一緒に……いこう?」ドクン・・・
チュッ
美希「結局ダメだったの……でもあれなら二人ともきっと大丈夫だって思うな」
>>71さん、どうするの?
1.最後まで見届ける
2.素直に事務所に帰る
71:
1
83:
チュッ
やよい「………ううっ!」 ドクンッ!
伊織「…………くうっ!」ドクンッ!
唇を重ねた瞬間、私の中で何かが弾けた
体の中の昂りが、魔力の渦が解き放たれる、津波となって私を押し流して行く
やよい「ちゅぱ……ちゅるっ……」
伊織「……ちゅっ……ずずっ……」
拒もうとする私を、人であろうとする私を止めたのはやよいの舌だった
私も負けじと舌を入れる、拒むやよいを押し流すために、人の身を捨てさせるために
そして離れる二人の唇、その瞬間、私はインキュバスになった
やよい「伊織……ちゃん……ぁぅっ♡」キュンッ
伊織「……き……た……ぁっ♡」ムクッ
変身の快楽に思わず喘ぎ声が漏れてしまう、それはやよいも同じだった
下腹部に熱が集まる、私のクリトリスが、不要とされたそれが役割を与えられる
徐々に長く、太く、硬く、そして熱くなっていく
やよいの下腹部に手を当てると激しく押し戻された
消化器が、筋肉が、そして膣が……ありとあらゆる器官が私のそれに見あった形になっているのだ
私はインキュバスへ、やよいはサキュバスへ
85:
伊織「はぁ……はぁ……たいして……怖くなかった……わね……っ――」
やよい「ふぅ……ふぅ……あっ――」
あまりの疲労と快感に耳鳴りがする、顔の横に手を当てるとそこには尖った耳があった
元人間の二人のアイドルは、二人の淫魔になったのだ
伊織「人間……やめちゃったわね……私達」
やよい「伊織ちゃん……本当によかったのかな?」
伊織「それは……終わってから決めましょう?」チュッ
やよい「……伊織……ちゃん……」
伊織「さあ、横になりましょ……もう私を受け入れたくて仕方がないんでしょ?」
やよい「……うん」
伊織「私もよ、あなたに入れたくて仕方がないわ……にひひっ♪」ヒョイッ
やよい「はわっ!?」
伊織「伊織ちゃんのお姫様になれることを……光栄に思いなさい」
87:
伊織「……その……初めてだから……痛かったらいいなさいよね!」
やよい「……伊織ちゃんったら、もう!」クスクス
伊織「仕方ないでしょ!私がこうなるなんて知らなかったし……ちょっと大きくしすぎたかもしれないし」
自分の股間にあるそれの大きさを再確認する、やよいに入るかしら
やよい「大丈夫だよ、伊織ちゃんのだったらきっと痛く無いかなーって!」
伊織「きっとって……まあいいわ、やよい……いくわよ」
やよい「うん……伊織ちゃん、来てください」
そういうとやよいの秘所はひくつき、さらに大量の蜜を出した
伊織「……ぁ……っ……♡」ヌプッ
期待と不安の中、私はやよいのそこへと踏み入れていく、やよいの粘膜が私の粘膜を包む
未知の快楽のその先あったのは……
>>91
1.心地よい太陽のような快楽だった
2.野生のような激しい快楽だった
91:
222
99:
伊織「やよい……入ってる……」ヌプ…ヌプ…
やよい「伊織ちゃん……いいよっ……♡」
伊織「くぅっ……ふぅっ……♡」ズッ、ズッ
うねるやよいの胎内、本来は知り得ない雄の快楽、そして何よりやよいと一つになれたという嬉しさで、腰が動いてしまう
私が達してしまうまで、時間はそうかからなかった
伊織「やよい……やよぃぃ……♡」パンッ、パンッ
やよい「いおりちゃん……いおりちゃぁんっ♡♡」ジュプッ、ニュプッ
伊織「やよい……なんか……♡なんかわたし……いいっ」ズンッ ジュブッ
伊織「にょぽって……くりゅぅっ」ビクッ♥♥
やよい「うう……っああっ♥」ビクンッ
101:
伊織「やよいぃぃぃぃぃぃっ♥」ビュクウウウウ
やよい「いおりちゃぁぁぁんっ♥」
伊織「なんでよぉっ♥もうイッてるはずなのにぃっ♥」ビュルルルルル
伊織「さらにすごいのがくる……あっ!?」ビクンッ!
ずりゅんっ!
伊織「おおおおおっ♥♥♥」
やよい「は、はわわわっ!?」
伊織「は……はぁっ……♥あれぇ……なによこれぇ……?!」ズッ…ズッ
伊織「な、なんなのよこれぇっ♥なにがあったのよこれえっ♥♥」ズッズッ
やよい「わわっ!?伊織ちゃ……ひゃぁっ♥」
そう言ってしまうのも無理はない、自分のペニスを引き抜くことができなかったのだから
私が射精をした瞬間、傘が大きく広がりやよいの中で引っかかってしまったのだ
真美達の特性ドリンクを2回に分けて飲んだせいか?やよいに対する執着心の成せる技か?色々な説が浮かんでは消えて行ったが、そんなのはもはやどうでもよかった
傘が広がって抜けないのならばひたすら出し続けて萎えさせるしかない、ただその真実だけがすべてだった
103:
伊織「おおおあっ♥うううう♥」ズリュンッ、ズボッ
やよい「れぅぅ……♥あう……」キュンキュン
伊織「にひひっ♡やよい……大好きよ……貴方だけを愛してあげるわ……もう離さないんだからっ♥」ビュゥゥゥ
やよい「ぃぉりちゃん……わたしもだよぅ……ああっ♥」ビクンビクン
伊織「ぁああぁ……抜けないぃぃ♡離せないぃぃ……♥」ズッズッズッズッ
――――――
――――
――
美希「」
104:
初春「どうやら、最終的に佐天さんが満足するSSが、現行で張り付いていた場合3割ということみたいです」
佐天「完結しててもつまんない奴も多いんだね……」
初春「本文がよくても、後書きや合いの手で興醒めするのもですね」
初春「糞スレが伸びてる理由もわかりませんし」
初春「百番煎じのSSは、書いてる奴も読んでる奴も何考えてるんですかねえ」
初春「独自性出せないなら創作やるんじゃないっつーの」
初春「臭過ぎて鼻が曲がるわ」
佐天「初春?」
10

続き・詳細・画像をみる


許嫁「私は幼馴染の上位互換という事に?」

誰かこの問題に答えてよ!

トランポリンで連続宙返り中に子供が突入してくる危機一髪映像がヒヤヒヤ!!

おぎやはぎと共演NGの大物司会者wwwwwwwwww

【サッカー】バロテッリ、ユベントス移籍合意か。伊紙伝える

とんでもない戦闘力!白血球が体内の寄生虫を徹底攻撃するGIF動画

back 削除依頼&連絡先