提督「ええんか、名取?」名取「うむ!」back

提督「ええんか、名取?」名取「うむ!」


続き・詳細・画像をみる

1:
提督「名取?」
名取「は、はい?何でしょう?」
提督「すまんがこれから、何を言われても『うむ』と答えてくれ。」
名取「えっ?ええ?」
提督「いいな?」
名取「は…う、うむ!」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418060992
2:
提督「ええんか?名取?」グイッ
名取「ひゃあああっ!?な、何するんですかぁ!?」
提督「ええんか名取!!」グイ
名取「い、いやぁぁあ!!」
3:
提督「返事はどうした!?『ええんか、名取?』」ズズイ
名取「…へ?う、うむ?」
提督「そうだ!!ええんか?名取?」
名取「う、うむ…」
提督「名取!!」ズズイズイ
名取「うむ!」
提督「ふっ…」
コトッ
名取「?」
4:
名取「これは…お塩?」
提督「これがホントの塩化ナトリウムってな!!」
提督「わーはっはっはっ!!!」
名取「 」
名取(ふえぇぇっ…長良型のみんなぁ、どこに行っちゃったの??私じゃ提督さんのセンスについていけないよぉ…)
5:
名取「あれ?」
提督「わーはっはっ!」
名取「あの…提督さん?」
提督「わーはっは…ん?」
名取「これ、塩化ナトリウムじゃないですよ」つ食卓塩
提督「へ?」
名取「食卓塩には食塩と違ってミネラル分も含まれるから、純粋には塩化ナトリウムとは言えないんですよ。」
6:
提督「え…そうなの?」
名取「たしかそうだったはずです。」
提督「そ…そんな……コレ、ずっと温めてきたネタだったのに…」ガクッ
名取(ええぇっ!?ずっとそんなしょうもないこと考えてたの?)
7:
長良「司令官?走り込み終わりました…って何してるの?」
五十鈴「あれ?名取も一緒?って提督は何で膝ついて倒れてるの?
あっ!さては名取にアタックして振られたのね!ご愁傷様。」
長良「えっ!?名取ったらいつの間にそんな男泣かせに…」
名取「ち、ちがうよ…提督さんが食塩と食卓塩を間違えるから…」
長良・五十鈴「?」
8:
提督「メソメソ…」
名取「あ、あの?提督さん?元気出して下さい。今回はちょっと間違えただけじゃないですか……ね?」ナデナデ
提督「名取ウム…」
名取「それはやめてください…」
提督「名取ーダー」
名取「ま、まぁ、二水戦の旗艦だったこともありますから…」テレテレ
提督「名取っぱい」
名取「ひゃああっ、だ、駄目ですよ…もうっ!」
提督「でへへ」
長良「満更でもなさそう…」
五十鈴「名取のあーゆーところが提督を駄目にしていくのね…」
20:
『名取ーディング』
長良「名取?、何読んでるの?」
名取「えっと…『人間の尊厳と八○○メートル』だよ。」
長良「どんなお話?」
名取「ん?…バーでお酒を飲んでたら、800メートル走をすることになって…って、ネタバレになるからダメだよぉ。」
長良「そっか…でも800メートル走ってことは陸上競技の話ね!」
名取「えっ?いやこれはミステリ作品で…」
長良「きっとアルコールを抜くために走って汗を流すのね。」
名取「余計に酔いが回っちゃうよっ!」
名取「うーんと…読み終わったら長良姉さんに貸してあげるから読んでみて。」
長良「ありがと。」
名取「もし気に入ったら、同じ作者さんの本も持ってるから…よければ言ってね。」
長良「名取はこの作家さん好きなの?」
名取「うん、大好き!お嫁さんになりたいくらいだよっ!…なーんて。」
長良「おぉっ!名取にしては積極的!」
名取「あはは……」
参考文献 『人間の尊厳と八○○メートル』深水黎一郎著
22:
『名取と潮にあって阿武隈にはないものはなーんだ?』
阿武隈「名取姉さぁん!」
名取「ふぇっ?阿武隈ちゃん?どうしたの?」
阿武隈「よかったらお買い物行かない?これから潮ちゃんと出かけるの。ねっ?一緒に行こうよ!」
名取「えっ、私なんかがついていっていいの?」
阿武隈「いいに決まってるよぅ!潮ちゃんの改二お祝いに何か買ってあげようと思って。
名取姉さんも来てくれたら潮ちゃん喜ぶよ。」
名取「そうなんだ。阿武隈ちゃんは偉いなぁ…。じゃ、私もご一緒するね。」
23:
阿武隈「潮ちゃん、お待たせ?」
潮「阿武隈さん!こんにちは。」
名取「潮ちゃん、改二になれたんだね。おめでとう!」
潮「名取さん!ありがとうございますっ!」
名取「改二になるとハチマキ巻くんだよね。」
潮「はいっ!今日は私服なので巻いてないですが…」
24:
阿武隈「ハチマキ巻いただけで随分凛々しくなるよね。」
潮「えへへ…」
名取「そっかあ…私もカチューシャの代わりにハチマキにしてみようかな?」
阿武隈「むむっ、名取姉さんがハチマキなら、やっぱりトレーニングウェア姿が…」
名取「えっ?それは長良姉さんのほうが似合うんじゃないの?」
潮「あっ!でもこういうのはどうでしょう?」
25:
?想像?
名取「先輩!お疲れ様ですっ!あのっ…よかったらこのタオル使ってくださいっ!」///
名取「やりましたね、先輩。記録更新してます!
この調子なら試合もきっと勝てますね。私、応援してます!」
名取「明日はいよいよ試合ですね。私、先輩のためにお守りつくってきました。
頑張ってください……私が…一緒にいると思って…」ウワメヅカイ
???
26:
潮「こ、こんな感じはいかがでしょう?スポーツ選手を応援する部活の後輩女子スタイルです。」
阿武隈「ヒューッ!やるわねぇ、潮ちゃん!」
潮「実は、その…こういうの憧れてたり…」///
名取「えっと…この先輩さんって…誰?」
27:
次回、買い物編。
30:
名取「それじゃあ、お買い物にいきましょう。」
阿武隈・潮「はーい!」
街中
カップルA「イチャイチャ」
カップルB「イチャイチャ」
大井&北上&提督「ドロドロ」
カップルC「イチャイチャ」
名取「わぁ…やっぱり中心街はカップルも多いねぇ…」
潮「うらやましいです…」
阿武隈「あれ?何か変な組み合わせ混じってなかった?」
31:
名取「潮ちゃん、今日はどんなものを探してるの?」
潮「えっと…その…下着のサイズが合わなくなってきたから…新しいの買おうと思って…」///
名取「そうなんだ…じゃあ、私と阿武隈ちゃんで可愛いの選んであげるね。ね?阿武隈ちゃん?」
阿武隈「うん。任せて。ご期待に応えちゃうよ。」
(北上さんたちは見なかったことにしよう…)
32:
お店
阿武隈「あっ!見てみて!このブラなんか可愛いんじゃない?」
潮「そ、そう…ですねぇ…でも…」
名取「う?んと…阿武隈ちゃん?このあたりのは潮ちゃんには合わないんじゃないかなぁ?」
阿武隈「えっ?可愛くて似合うと思うんだけど…」
潮「あの…可愛いとは思うんですが…サイズが小さいのしかないから……」
阿武隈「あ…」
名取「潮ちゃん、サイズは計った?いくつくらい?」
潮「あ…そういえばまだ計ってないです。」
名取「じゃあお店の人にメジャーを借りて計ってあげるね。」
潮「ありがとうございます。」
阿武隈「……」
33:
更衣室のカーテン越し
名取「はい、それじゃあ計るね。」
潮「は、はい」ヌギヌギ
名取「あ、背中丸めないで……はい、両手を広げてね。メジャーを腋の下を通して…」
名取「トップが【機密事項】で、アンダーが【機密事項】だね。
潮ちゃんスタイルいいね?。」
潮「名取さんだって素敵ですよ。」
名取「ありがとう。でも、おっきいと皆にからかわれたりしちゃうんだよねぇ…はぁぁ…」
潮「あ…わかりますぅ…」
阿武隈「カーテン一枚挟んだだけで…違う世界の話だなあ…」ペタペタ
35:
『名取とヘアスタイル』
由良「はぁ?いいお湯だった?」
名取「由良ちゃん、髪の毛梳いてあげるね。」
由良「ありがとう、名取姉さん。」
名取「髪の毛長いと大変だよねぇ。」
由良「そう?リボンでぐるぐる巻きにしてるから気にならないわ。」
名取「もーっ、ちゃんとお手入れしないと傷んじゃうよ。」
由良「はーい…ってあのくらい?」
名取「え?」
36:
鬼怒「もー、阿武隈。いつまで前髪気にしてるの?」
阿武隈「えぇ!?待ってよぅ!なかなか決まらなくて…」
鬼怒「どうせ北上さんに崩されちゃうって?」
阿武隈「その名前は出さないでっ!」
名取「うーん…」
由良「私としては阿武隈の前髪よりツインテールをセットするほうが大変だと思うんだけどなぁ…」
名取「そ、そうだね?…はい、完了。」
由良「ありがとう。今度は私が名取姉さんの髪を梳いてあげる。」
名取「わ、私は短いからいいよぅ…」
由良「駄目よ。お姉さん孝行させて頂戴。」
名取「由良ちゃん…いい妹をもって幸せですぅ…」ジーン
由良「大袈裟な。」
37:
『名取と戦闘訓練』
名取「はぁ?、お茶がおいしいなぁ…」ズズズ
ダダダダッ
ガラッ
長良「あっ!名取、いたいた!」
名取「あれ?長良姉さん。どうしたの?」
長良「名取、ちょっと演習に付き合って!」
名取「ふえっ?今日私たち非番だよ?」
長良「だからよ。今のうちに訓練するの。」
名取「でも演習って提督さんが一緒じゃないと…」
長良「大丈夫。個人的なトレーニングみたいなものだから。
向こうは数人の小隊だから、私達も数を揃えたいのよ。五十鈴はもう来てるから、名取もお願い。」
名取「え?っ、私なんかじゃ、足引っ張っちゃうよぉ?」
長良「そうならないために訓練するんでしょ。」ガシッ
名取「ふえぇっ…」ズルズル
38:
名取「ううっ…準備できたよ…」
長良「さっ…行くわよ!」
名取「えっ…海はこっちだよ?」
長良「いいから、いいから。」
名取「?」
39:
長良「さっ、着いたわ。五十鈴、お待たせ!」
五十鈴「おっ、来たわね。状況は既に整ってるわ。準備が出来次第、訓練開始よ。」
長良「そう…名取、そういうことだから、準備はいい?」
名取「う…うん。」
長良「じゃあいくわよ。五十鈴、開始の信号弾を。」
五十鈴「了解!」
40:
名取「あの…五十鈴姉さん?」
五十鈴「五十鈴にはまる見えよ。
人型3、タンクもどき3、人型にはビーム兵器…足の遅い夕張には脅威になるわね。」
名取「これって市街地戦だよね……って、夕張ちゃんもいるの?あと、ビーム兵器って!?」
五十鈴「落ち着きなさい。夕張は…ほらあれよ、私達のフラッグ。」クイッ
夕張「むぐーっ!むぐっ!」ジタバタ
42:
名取「夕張ちゃんがドラム缶に詰め込まれてるぅ!!?」
長良「あれを護衛しつつ、相手を全滅させるのが今回の訓練よ。長射程のビーム兵器に気をつけて。当たったら蒸発するわよ。」
名取「ええっ?これ訓練だよね!?しかも、あんまり艦娘には役立たない訓練だよ!?」
五十鈴「陸の上にしがみついてるフラットランダーどもに目にもの見せてやるわ。」
名取「ふえぇん…そりゃ確かに私達は海の上でも活動するけど?」
45:
名取(訓練では五十鈴姉さんが『怯えろ!すくめ!マシンの性能を活かせぬまま死んでいきなさい!』って暴れ回ってたんだけど…)
夕張「……」プスプス
名取(どこからか狙撃された夕張ちゃんが黒焦げになって大破してしまいました…)
名取(それを見て激怒した長良姉さんが見境なく相手を潰滅させたんだけど、最初から前線に出ればよかったんじゃないかなぁ…)
長良「あぁ?残念。もうちょっとだったのに…」
五十鈴「前線の部隊だけに気を取られていたわ。狙撃手がいたなんて…」
名取(っていうかこれ…訓練じゃなくてサバゲーだよね。いつの間にか私の主砲もBB弾が出るようになってたし…)ガチャ パシュンパシュン
46:
お風呂
ザバァン
夕張「ふあぁぁ?生き返りました?。運んでくれてありがとうございます。名取さん。」
名取「うぅん…姉さん達が巻き込んじゃってごめんね。」
夕張「いやー私も『ドラム缶以外に役に立てる方法があるよ』って言われて、ホイホイついていったのが悪いので…」
名取「そんな勧誘してたの!?姉さんたち!?」
47:
名取「じゃあ私は戻るから、ゆっくり直してね。」
夕張「はーい」
鬼怒「おりょ?名取姉さん?」
名取「あ…鬼怒ちゃん…も、もしかして鬼怒ちゃんもトレーニングかな?」
鬼怒「うん!!マジパナイ相手が模擬戦の相手してくれるんだ!」キラキラ
名取「そ…そーなんだ…頑張ってねぇ。それじゃ、私はこれで…」ソソクサ
鬼怒「ちょうどよかった」ガシッ
名取「ふぇぇ…離して!離してぇぇ!」
名取(なんだかんだで鬼怒ちゃんのトレーニングにも付き合いました?
もうヘトヘトです?)バタン
皐月「あっ、名取さーん!ボク達、今から自主トレするんだけど…」
長月「よろしければ名取さんにご指導いただきたい。」
文月「えへへ、また五水隊で集まれるね!」
第ニニ駆逐隊s「ワクワク」キラキラ
名取「 」
48:
『名取とカチューシャ』
ウサギ「…」ピョコピョコ
名取「あれ?こんなところにウサギが…」
ウサギ「キタコレ!キタコレ!」
名取「あはは。ウサギさん、変な鳴き声だね。」
(あれ?ウサギって鳴いたっけ?)
ウサギ「メシウマ!メシウマ!」スリスリ クイクイ
名取「えっ?足によってきて…引っ張ってる?」
名取「こっちに来いってことかな?」スタスタ
ウサギ「…」ピョコピョコ
名取「あっ、これは!?ウサ耳カチューシャ!?」
49:
ウサギ「……」タタタタッ
名取「あっ…ウサギさん、行っちゃった…このウサ耳…どうしよう。」
名取「ちょっと着けてみようかな…えへへ。」
※カチューシャ換装中
ウサ耳名取「あはっ、島風ちゃんみたい。ウサギだから卯月ちゃんかな?よーし…」
ウサ耳名取「不思議の国から来た軽巡名取だっぴょ?ん!」ピョコピョコ
ウサ耳名取「悪戯ウサギが皆にイタズラしちゃうぞぉ!」
ウサ耳名取「な?んちゃって、うっそぴょ?ん!あははは…」ピョンピョン
五十鈴「……」
ウサ耳名取「あはは…はは…は………いつから?」
五十鈴「『よーし』くらいから………ぷ」
ウサ耳名取「違うの!これは違うのぉ!」
五十鈴「だ、だいじょうぶ。似合ってるから!すごく似合ってるから………ぷ、くく」
ウサ耳名取「うわああぁぁぁん!!」
50:
『長良と月の光』
長良「今日のランニング終了!っと、シャワーあびてこよーっと。」
しゃわわわわ
長良「ふーっ、さっぱりした!」
長良「あれ?脱衣所に三日月の形をしたブローチが落ちてる。」
長良「睦月型の子の忘れ物かな?後で届けてあげないと…」
51:
長良「月、か……」ナガメ
長良「……」ウズウズ
長良「………」ババッ
長良「我が世の春がきたぁ!」クルクルッ
長良「ムーンライトながら!定刻どおり華麗に参上!」パアァァ
長良「この魔法少女すごいよ!さすが長良型のお姉さん!」
長良「勝利!勝利!大勝利!絶好調であ?る!」
長良「あはは…なーんてね……」
三日月「」
長良「……」
三日月「あの、その…私、ブローチを忘れて…」
長良「そっかぁ…コレ三日月ちゃんのかぁ…」ガシャッ
三日月「見てません!私、何も見てません!その主砲下ろして下さい!」ブンブン
53:
『おまけ:三日月と日曜朝っぽいヒロイン』
テレビ「『2隻は艦(フネ)キュア』来週もお楽しみに!」ジャーン
三日月「ふぅ…今週もフネキュアは面白かったです。」
三日月「子供っぽいと言われようが、見逃したくはありません。ニチアサなのですから。」
三日月「私もこう…キラキラーって変身してみたいですね。」
三日月「月よ、私に力を…」クルクルッ
三日月「DDクレッセント!」パアァァ
望月「…私もDDフルムーンとかやったほうがいいの?」
三日月「ええ!行きましょう、フルムーン!過ちはくりかえ…」
望月「……」
三日月「させ…ない…」
望月「……」
三日月「」
望月「あー…なんだ…『Under the moonlight』もいろいろ言われてたけど頑張ったと思うよ、うん。」
55:
『長良型の恋バナ』
五十鈴「この前、大井と提督がね?」
長良「あれ?私は司令官と北上がイチャイチャしてるところを見たよ。」
由良「実は…あの3人が提督さんの部屋から出てきたのを見たわ…妙にスッキリした顔で。」
鬼怒「なにそれ!?パナイよ!」
阿武隈「うわ…お盛ん。」
長良「私には『長良は“ながら訓練”しちゃだめだぞ』とかしょうもないこと言ってるのに。ヤることはヤッてるのね。」
名取「ふ、ふえぇ?っ…そんなことになってるんだぁ…全然知らなかった。」
阿武隈「前に潮ちゃんと買物に行ったとき、目撃してるんだけどね。」
名取「全然気付かなかったよ。」
56:
五十鈴「お盛んといえば、長良姉さんも彼氏とラブラブだったじゃない。」
長良「なっ!五十鈴、見てたの?」
五十鈴「バッチリ!五十鈴には丸見えよ。最近スポーツブラじゃなくて勝負下着を着けてるのはどういうことなのかなぁ?」ニヤニヤ
鬼怒「おおーっ!」
由良「長良姉さんが色気づいて…」
阿武隈「どんなイチャラブ話か気になるっ!」
長良「だ、だってスポブラとブルマじゃ雰囲気が…」
名取「ふ、雰囲気って…」///
57:
名取「そ、そもそも長良姉さんに彼氏なんていつの間に…?」
長良「何言ってるの?五十鈴も由良も鬼怒も阿武隈も彼氏持ちでしょ。」
五十鈴「うん。」
由良「私も海軍の男性と…」
鬼怒「私はトレーニング中に出会った人と。えへへ。」
阿武隈「前髪可愛いって言ってくれる人がいて…」
名取「ふわぁっ…みんな進んでるんだねぇ…」
58:
長良「そこで悔しがらないのが名取の良いところでもあり、引っ込み思案なところでもあるよね。」
名取「だって男の人となんて…そんな…恥ずかしいよぅ…」
五十鈴「まぁ心配しなくても名取なら引く手あまたでしょ。」
由良「もう少し積極的になれば…」
鬼怒「魔性の名取姉さんとかかな?」
阿武隈「ぐぬぬ…あんなに豊満な体をしていながら…」
その後、頑張って男の人にアプローチしようとするが、いいところで「それじゃあ私はこれで…」と立ち去ってしまう名取であった。
生殺しにされた何人もの男の目から、塩化ナトリウムを含んだ水が流れたという……
おしまい
6

続き・詳細・画像をみる


経団連、8年ぶり政策提言 「女性活用」「60歳以上の労働者比率向上」「外国人登用400万人」

第1期振り返りキャンペーン「公式サイト de デュララランニング!! 」の詳細スケジュールが決定

【急募】来季の中日がAクラス入りする方法

【動画】渋谷の交差点でドリフトした結果wwwwww

馬の寿命とオウムの寿命が!

νガンダムが強いのは宇宙だけだよな&ファンネルの運用について

back 削除依頼&連絡先