凛「穂乃果ちゃん、軽食でもどう?」穂乃果「うん、いいよ」back

凛「穂乃果ちゃん、軽食でもどう?」穂乃果「うん、いいよ」


続き・詳細・画像をみる

1:
穂乃果「はぁ…」
にこ「どうしたのよ」
穂乃果「最近みんなが軽食だっていって食事に誘うんだけど、凛ちゃんは騙してラーメン二郎でマシマシを食べさせるし…」
にこ「うわぁ…」
穂乃果「希ちゃんは軽食だって言って焼肉食べ放題で限界を超えさせて食べさせるし…」
にこ「焼肉…(そんなの何年も食べてないのに…)」
穂乃果「花陽ちゃんは軽食だって言って牛丼キングを食べさせるし…」
にこ「すごいらしいわね」
穂乃果「真姫ちゃんは軽食だって言って満漢全席を振舞うし…」
にこ「あー、それね(何かは知らないけど、きっと量が多いんでしょうね)」
穂乃果「絵里ちゃんは無邪気な顔で砂場で泥団子作って食べさせようとするし…」
にこ「絵里ってそういうところあるわよね」
穂乃果「もうやだよ…」
にこ「大変だったわね。ところでもうすぐ夕方だけど、小腹が空いたんじゃない?軽食でもどう?」
穂乃果「うん、行く行く」
にこ「この辺に美味しいラーメンの屋台が来てるらしいの。行くわよ」
10:
にこ「ここよ、ここ」
穂乃果「何か嫌な予感がする…」
店主「はい、お待たせ」ドーン
にこ「この屋台はこれが有名らしいの。さ、食べましょ。言っておくけど、残したらダメよ」
穂乃果「何でこんな事に…。にこちゃんの事信じてたのに…」
にこ「これくらい軽いでしょ。ほら、冷めないうちに食べなさい」
穂乃果「くそぅ…くそぅ…」
14:
花陽「穂乃果ちゃん、この間はごめんね」
穂乃果「いいよ、花陽ちゃんも初めて注文したみたいだったし、メニューにないからどんなものかもわからなかったし…」
花陽「それでね、今日は穂乃果ちゃんとカレーを食べようかなって思って」
穂乃果「で、でも太っちゃうよ…」
花陽「大丈夫だよ穂乃果ちゃん!カレーは辛さで体脂肪を燃焼させるダイエットフードなんだって!」
穂乃果「えっ、そうなの?」
花陽「うん。じゃけん夜行きましょうね?」
穂乃果「そだね。それじゃあそれまで街で遊ぼっか」
花陽「わぁ?、すごいご飯♪」
穂乃果「酷いよ花陽ちゃん…こんなのって…」
花陽「穂乃果ちゃん、冷めないうちに早く!残すのはNGですよ!ご飯の神様に申し訳ないですから!」
穂乃果「くそぅ…くそぅ…」
21:
ことり『穂乃果ちゃん、今暇だったりする?』
穂乃果「あ、うん。どうしたの?」
ことり『今、気軽に行けるお洒落なイタリア料理のお店に行こうかなって思うんだけど。穂乃果ちゃんもどうかな?って』
穂乃果(お洒落な…イタリア料理…。だったら安心だよね?)
穂乃果「わかった、すぐ行くよ」
ことり『よかった?。それじゃあ先に中に入って穂乃果ちゃんの分も注文しておくね♪』
穂乃果「…」
ことり「穂乃果ちゃん、ことりね、バイト代入ったからおごるね♪このお店で一番高いの頼んだから遠慮しないで食べてね♪」
穂乃果「うん…ありがとう…とっても嬉しいよ…」チュルチュル
ことり「えへへ、そんなお礼言われたら照れちゃうよ?///」
穂乃果「…」チュルチュル…
26:
海未「穂乃果、最近太りましたか?」
穂乃果「うん、少し…」グゥー…
海未「だからダイエットを…。ですが、無茶なダイエットはかえって体に毒です」
穂乃果「でも…」
海未「気晴らしにスイーツでも食べに行きましょう。食べ終わったらダイエットすればいいんですから」
穂乃果「そうだよね…。うん、わかった」
海未「さ、穂乃果、遠慮なく食べて下さい…」
穂乃果「…」
海未「実は事前に真姫が来店して頼んでおいてくれたんですよ」
真姫「感謝しなさいよね」
穂乃果「ありがと…」
海未「無茶なダイエットですっかり落ち込んで…。可哀想に…」
真姫「甘いものを食べれば元気も出るわよ。残さず食べてね、この総重量8kgを」
穂乃果「わかったよ…」パクパク
穂乃果「…」パクパク
28:
エリーチカ「穂?乃?果?ちゃ?ん。あ?そび?ましょ?」
穂乃果「うん、いいよ…」
エリーチカ「どうしたの?お腹痛いの?」
穂乃果「うん…何だか喉の奥も苦しいんだ…」
エリーチカ「そうなんだ…。じゃあ、エリーが痛いの痛いの飛んでいけをしてあげるね」ズボォッ
穂乃果「うごぁっ…」
エリーチカ「穂乃果、貴女はA-RISEの出したお茶によって体内に西洋魔術の寄生虫を仕込まれていたの。そして、寄生された状態が続けばツバサの意のままになってしまう」
穂乃果「うぐっ…」
エリーチカ「それを摘出するには、過剰な食事によってその寄生虫を短期間で成長させ大きくし、直接取り出すしかない。エリーも、薬団子を穂乃果ちゃんに食べさせて穂乃果ちゃんの体への影響を少なくさせたりしたの。そしてようやく今、摘出できる…」ズボッ
穂乃果「はぁ…はぁ…。それが穂乃果の中に…?」
エリーチカ「ええ」
穂乃果「他にも穂乃果の中に入ってるんじゃ…?」
エリーチカ「これは栄養を独占する為に、宿主の中で共食いをする性質があるから一匹しかいないの」
穂乃果「それ、どこに持っていくの…?」
エリーチカ「希ちゃんがツバサに呪い返しをするのに使うわ。ツバサは死ぬ」
穂乃果「ダメだよそんなの…。殺すなんて…」
エリーチカ「そう。じゃあ逃がすわ」
猫「バクッ!クチャクチャ…」
エリーチカ「あっ」
穂乃果「今、どこか遠くで誰かの断末魔を感じた…。その虫を体の中に入れてたせいかわかるの…」
エリーチカ「そう…」
後日、A-RISEのツバサが全身を引き裂かれて変死しているのが発見された
そして、穂乃果は自分を助けてくれた絵里と結婚し、絵里の祖国で幸せな人生を送ったという

30:
おつ!感動した
31:
まさかこんないい話だったとはな >>1乙
3

続き・詳細・画像をみる


春香「分かりました、AVに出演します…」 クスン

トイレットペッパーをこう(|p)セットするかこう(|q)セットするかで嫁と喧嘩中

通話付き、150MbpsLTE無制限使い放題の神格安SIMが登場…お値段月2,980円

機動武闘伝Gガンダムについて語ろうぜ

バターとマーガリン、結局どちらが体に良いのか?米専門家に聞く

【画像】次世代の佐々木希こと小林京香さん(18)をご覧下さい

back 削除依頼&連絡先