穂乃果「お洋服欲しいな、でもお金ないし・・・」back

穂乃果「お洋服欲しいな、でもお金ないし・・・」


続き・詳細・画像をみる

1:
穂乃果「あ、そういえばことりちゃんバイトしてたよね(ニッコリ
6:
穂乃果「部室にある物売れば少しはお金になるかな...」
7:
穂乃果「真姫ちゃん家ってお金持ちなんだよね?(ニッコリ
12:
ことり「お洋服ならことりが作ってあげる♪」
穂乃果「ホント?やったー!あのねあのね、今流行の…」
穂乃果「あ…」
ことり「どうしたの?」
穂乃果「穂乃果、お金持ってないんだった…一着作るのにだって、けっこうかかるんでしょ?」
ことり「…そうだね」
穂乃果「じゃあ悪いよ…やっぱりこの話は…」
ことり「………………」
ことり「…穂乃果ちゃん…こういうのはどう?」
穂乃果「…ことりちゃん?」
ことり「タダで穂乃果ちゃんのお洋服を作ってあげるから…その代わりに………」
17:
穂乃果「その代わりに…?」
ことり「その、あの……ちゅ…」
穂乃果「ちゅー……?」
ことり「ちゅ、ちゅ、……チュパカブラ探しに行こう」
穂乃果「ちゅぱかぶら……ってなに?」
ことり「知らないならいいの知らないなら! じゃあ、穂乃果ちゃん。どんなのがいい?」
19:
それから三日間
ことりは学校も休み、不眠不休で穂乃果の為の服を作り続けた
今自分が作れる最高のものを…
四日目
部屋で倒れているのを母親に発見されて、緊急入院されることとなった
診断結果は栄養失調、脱水症、寝不足ということだったため、僅か半日で退院出来た
六日目
たっぷり休息と栄養を取り、万全の状態で学校へ
しかし、日曜日のため誰も居なかった
七日目
満を持して登校
ようやく出来た服、合計二八着を手渡し、安心のあまり膝から崩れ落ちる
20:
穂乃果「わぁぁ……すっごい! ありがとうことりちゃん!」
ことり「えへへ。遅れてごめんね穂乃果ちゃん」
穂乃果「むしろこの量を一週間で仕上げたことに驚いてるよ」
穂乃果「本当にすごい! ことりちゃんかっこいい!」
ことり「ふへへへへ……」
穂乃果「あ、そういえば約束してたね。チュパチュパを探しに行こうって」
ことり「あ! あの、それならもういいの……」
穂乃果「でも、約束したよ?」
21:
ことり「よく考えたら日本に居ないらしいんだって」
穂乃果「え、そうなの? じゃあどこに?」
ことり「……アメリカ?」
穂乃果「アメリカかぁ。アメリカなら仕方ないね、うん」
ことり「その、かわりに、なんだけど」モジモジ
穂乃果「なあに? なんでもいって」
ことり「私と一緒にプリクラと……テクダサイ……」モゴモゴ
穂乃果「え、いいけど。いつも遊びに行く時に撮ってるよ?」
ことり「それはみんなとだよ。だから、あの、わ、私とツーショットで!」
穂乃果「うん! いいよ!」
ことり「ホノカチャン……!」
穂乃果「そういえばツーショットで撮ったコトなかったよね。学校終わったら一緒にいこ!」
ことり「うん!」
22:
プリクラ代は二人で折半しました

23:
ことり「ふへへへへ……」
24:
かわいい
2

続き・詳細・画像をみる


【ひまつぶし】アルミホイルを極限まで丸め続けると神々しい何かができるらしい

現場はひどいありさま、派遣法改悪で加速する労働者イジメ

あー今日負けたわーって思う瞬間

「ぼく、ダメヨって言ったの。たっくんダメヨ!って」

「性能の日本」VS「安売りの中国」 インド高速鉄道めぐり受注争奪戦

猫が腹の上で寝てる時に

back 削除依頼&連絡先