チノ「ココアさん、起きて下さい、ココアさん」ココア「う〜ん、あと五分ムニャムニャ...」back

チノ「ココアさん、起きて下さい、ココアさん」ココア「う〜ん、あと五分ムニャムニャ...」


続き・詳細・画像をみる

1:
チノ「もう、ココアさんてば...」ボソ
ココア「zzz...ムニャ...」
チノ「いつまで寝てるんだろう...」ボソ
ココア「zzz...」
チノ「...」ジー...
チノ(...お姉ちゃん...)
4:
ココア「zzz...」
チノ「...」
ココア「zzz...」
チノ「...お、おねぇ...」ボソ...
ココア「ファッ!焼きたてパンが!!待って!待ってぇ?...!」
チノ「いぇ⁉︎...び、びっくりしたぁ...」
チノ(...お姉ちゃん...)
8:
チノ(そろそろホントに起こさないと...)
チノ「ココアさん、起きてください、ココアさん」ユサユサ...
ココア「...う?ん...まだだよ?...」ムニャムニャ...
チノ「ココアさん、ココアさん、もう...、お姉ちゃんっ...!」
ココア「...!」
チノ(...今なんかお姉ちゃんって呼んじゃったような...)///
ココア「...」
10:
チノ(...)///
ココア「ん...?」ジー...
チノ(しばらく普通に一緒に暮らしてるうちに...、なんだかホントにお姉ちゃんて気がして...)///
ココア「...wktk...」ジー...
チノ(...はっ...、ココアさん、起きてる?...)ウウ...
ココア「...」ネタフリネタフリ...
11:
チノ「...」
ココア(チノちゃんが私を起こしにきてくれてる...)キュン...
チノ「...」
ココア(私ねぼすけなのに...)キュンキュン...
チノ「...」
ココア(どうしよう、チノちゃんの顔みたい...)ウズウズ...
チノ「...」
14:
ココア(...よーし、ちょっと薄目で見てみちゃおっと...)wktk...
チノ「...」
ココア(せーのっ...!)!!!
チノ「...ジー...」ジー...
ココア「...!あw!あぁぃえいえ!?チ、チノちゃんっ...!?」
チノ「...コ?コ?ア?さ?ぁん...?」
ココア「ひゃぁっぅっ...!」ビクッ!
16:
チノ「ココアさんっ!」mgビシッ!
ココア「チ、チノちゃん...?」ウウ...
チノ「...もぅ...ココアさん、起きて下さい、寝坊です...」毛布バサァ...
ココア「チノちゃん、起こしてくれてありがとう、えへへ...」ニコ
チノ「しっかりして下さい、ココアさん、あと最後の方寝たふりするのやめて下さい」ブー
ココア(バレてるッ...!)ビビクン...!
18:
ココア「えへへ、チノちゃんの観察力、すごいよ?」ニコ
チノ「...見てれば誰でもわかります」フンス!
ココア「ん?でもチノちゃん?」
チノ「何ですか?」
ココア「さっき、私のこと、お姉ちゃんっ!て呼んだよね?」ニコ
チノ「う!ゔぇぇ!?」ギクッ!
チノ(ココアさんさっきの聞こえてた...?)ドキドキ...
20:
チノ「そ、それは、ココアさんが全然起きないから...」ドキドキ
ココア「チノちゃん」
チノ「な、何ですか...?」ドキドキ
ココア「お姉ちゃんのお着替え、手伝って?」ニコニコ
チノ「!!な...、何言ってるんですか...!もうお姉ちゃんなんだから、自分で着替えて下さい!」ハッ...!
ココア「えへへ?またお姉ちゃんって呼んでくれたよ?」ニコニコ
チノ「うう...」ブー
22:
チノ(完全にココアさんのペースだ...)ウウ...
ココア(ちょっとやり過ぎちゃった、えへへ...)
ココア「チノちゃん、ごめんね、あ!今日もいい天気になりそうだね?」
チノ「ココアさん、話をそらさないで下さい、もう」プンプン
ココア「ごめんごめん、チノちゃん、さ、朝ごはん行こ」ニコ
チノ「もう...今朝はトーストとハムエッグですよ」ニコ
23:
チノ「...ご馳走様でした」人
ココア「ふぅ?お腹いっぱいだよ?」
チノ「ココアさん、ほら、準備しないと遅刻しちゃいます」
ココア「チノちゃんてば、おせっかちだね?」ニコ
チノ「それを言うなら、せっかちです」ジー...
ココア「あ、えへへへ?」アセ
25:
チノ「今日はこれとこれと...」セカセカ...
チノ(忘れ物大丈夫かな...)
ココア(今日はこれでいいんだよね...?)
ココア(ずいぶんカバン軽いけど...大丈夫だよね!)
チノ「ココアさん、時間もうギリギリです!」
ココア「わっ、えっ、もうこんな時間なの??」
チノ「では、いってきます!」ガチャ
ココア「チ、チノちゃん、待って?...」アセアセ
26:
チノ(...)テクテクテクテク...
ココア「はぁはぁ...」タッタッタッタッ...
ココア(チノちゃん、早すぎるよ?)ハァハァ...
ココア(私朝、お寝坊したから怒っちゃったのかなぁ...)ハァハァ...
チノ(ココアさん、来てるかな...?)テクテク...
チノ(ちょっと冷たかったかな...)テクテク...
28:
チノ(ココアさんのこと、嫌いじゃないのに、どうしてこんな気持ちになるんだろう...)テクテクテクテク...
チノ(朝起こしてる時も感じた、あのお姉ちゃんって気持ち...)テクテク...
チノ(のんびりしてるココアさんを見て、もうっ!て思う気持ち...)テクテク...
チノ(なんだろう...ココアさんと暮らし始めてから、初めて感じるこの気持ち...)テクテク...
チノ(...わからない...)テクテク...
ココア「チノちゃん?」
チノ(...)テクテク...
ココア(チノちゃん、学校そっちじゃないのに...)
29:
ココア「チノちゃん、チノちゃん」ポンポン
チノ「あ、はい、ココアさん?」
ココア「チノちゃん、学校、道違うよ?」
チノ「あ、ごめんなさい、ココアさん...」
ココア「謝らなくていいんだよ、チノちゃん、大丈夫?」
チノ「あ、は、はい、何でもないです...」ウウ...
ココア「チノちゃん、どうかしたの?大丈夫?」
チノ「だ、大丈夫です、そ、それではいってきます...」アセアセ...
ココア「チノ、ちゃん...?」
31:
マヤ「おっはよー!」ニコ
メグ「おはよう?」ニコ
チノ「お、おはようございます」
マヤ「んー?チノ?なんか元気ないぞ、どしたどしたー?」
チノ「そ、そんなことないです」アセ
マヤ『実は...、ココアさんとケンカしちゃって、悩み中なんです...』ボソ
チノ「マヤさん、その心の声するのやめて下さい」
33:
メグ「チノちゃん、ホントに大丈夫??」
チノ「心配いりません、私は平気です」
マヤ「まーなにかあったら、友達なんだから、遠慮せず相談してくれよな!」
チノ「マヤさん...」
メグ「私達、なんと言ってもチマメ隊だもんね?」ニコ
チノ「その名前なんとかなりませんか...」
34:
マヤ「チノ、また今度ラビットハウス手伝い行ってもいいか?」
チノ「いいですけど、人手足りてますよ?」
メグ「自由研究と社会勉強のため私からもお願いしたいな?」
チノ「インタビューする相手、間違えないで下さいよ?」
マヤ「よーし、リゼみたいにカッコ良くキメるぜー!」
メグ「私もバンバンッって撃つやつ、憧れるなぁ?」
チノ「どんな手伝いする気ですか...?」ジー...
35:
チノ「ではマヤさん、メグさん、また明日です」ペコリ
マヤ「おう!じゃなー!」ノシ
メグ「また明日ね、ばいば?い」ニコ
チノ(...おじいちゃん...、今日も一日、無事過ごせたようです...)テクテク...
チノ(おじいちゃん...、おじいちゃんもいつも、一日に感謝したりしてたんですか...?)テクテク...
チノ(...)テクテク...
37:
ティッピー「...う?む...」
タカヒロ「...どうした親父?」
ティッピー「今朝のチノ...、どこかおかしく感じてな...」
タカヒロ「...バタバタしてたせいじゃないか...?」
ティッピー「いや...、もっとこう...、何か悩んでるような...」
タカヒロ「...悩みの無い人なんていない、年寄りの余計な気苦労さ...」
ティッピー「年寄りは余計じゃ!年寄りは!」
39:
チノ「ただいま戻りました...」ガチャ
チノ(ココアさんはまだみたいですね...)
チノ(...)
リゼ「チノ、帰ってたのか?」ガチャ
チノ「! リゼさん、今帰ったところでした...」
リゼ「そうか、ん?チノ、どした?元気ないぞ?」
チノ「そ、そんなことないです、学校で疲れただけかもです...」
チノ(朝も同じこと言われたような...)
44:
リゼ「そうか?悩みがあるって顔に書いてあるぞ」
チノ「...そんな事書きません...」
チノ「...」
リゼ「チノ...」ニコ
リゼ「一人で抱えすぎるのも良くないぞ、だから、私でよければ話してごらん?」
チノ「...リゼさん...」
チノ「...実は...」...
46:
リゼ「...そっか...チノは今、一つ大人に成長しているところなんだな...」
チノ「...」
チノ「...大人...ですか...?」
リゼ「ああ、自分が感じた事の無い新しい気持ちに、自分自身どう接したらいいのか分からない...」
リゼ「正解が無い問題...大人になればなるほど身近に増えてくる...」
リゼ「誰もがそれにぶつかり、自分なりに乗り越えて行く、そうやって大人になっていくんだと思う...」
チノ「...リゼさん...」...
47:
チノ「...リゼさん...、リゼさんはもう....、大人なんですか...?」
リゼ「私もまだまだだぞ?チノの悩み、私もすぐに答えられないかもしれないな...」
チノ「...」
リゼ「でもチノはチノらしく素直なままで行けばいいんじゃないかな?」
チノ「...私らしく...ですか...?」
リゼ「ああ、なにか自分の気持ちを押さえつけたり、無理に変えたりっていうの、自分が疲れるだけじゃないか?」
チノ「...ガマンは得意ではないです...」
49:
リゼ「自分の気持ちが疲れない、難しいバランスがとれる、それが大人なのかもな...」
チノ「リゼさん、大人です」
リゼ「チノと年、そんなにかわらないぞ?」
チノ「でも...、リゼさんに話したら、なんだか気持ちが少し楽になりました...」ニコ
リゼ「そうか、私もそう言われて安心したぞ!」ニコ
チノ「今なら、パトリオットサーブ、決められそうです」フンス
リゼ「私が猛特訓してやるからな」フンス
ココア「ただいま?」ガチャ
51:
リゼ「ココア、遅かったな」
チノ「ココアさん、おかえりなさいです...」
ココア「千夜ちゃんと話してたらこんな時間になっちゃった?」ニコ
リゼ「ホントに仲いいな、お前たちは」
ココア「私達波長が合うみたい?ってよく言われるよ?」ニコ
53:
ココア「でも私とチノちゃんだってほら、姉妹のように仲いいよね?」チラッ...
チノ「私とココアさん、血は繋がってないです」キッパリ
ココア「そこから否定っ...!?」ウウ...
チノ「...」
ココア「チノちゃん...?」
チノ「...ココアさん...、あの...、...今日はごめんなさい...!」
リゼ「!!...」
ココア「!?チノちゃん??」
チノ「ココアさんに対して...、その...、うまく言えないんですが...、冷たくしてしまいました...」...
リゼ「...」...
57:
チノ「...」
リゼ「...」
ココア「チノちゃん、私気にしてないんだから、謝らなくったっていいんだよ?」ニコ
チノ「...あの...」
チノ「...ココアさん...、ココアさんと一緒にいるうちに...、その...、どうやってココアさんと接すればいいのか、よくわからなくなってしまって...、グスッ...、ココアさん...」グスッ...
ココア「チノちゃん...」
チノ「グスッ...ごめんなさい...」グスッ...
ココア「チノちゃんはチノちゃんだよ!?」ニコ
チノ「...ココアさん...」
リゼ「ココア...」
60:
チノ「私は私ですよ...?」グスン...
ココア「...うん!私にとってのチノちゃんは、仕事の先輩であったり、可愛い妹でもあったり、下宿先の住人さんでもある...、そんな全部がチノちゃんなんだよ!」
ココア「だから、笑ってるのもチノちゃんだし、怒ったり泣いたり悩んだりしてるのも、みんなみーんなチノちゃんなんだよ!!」
チノ「...ココアさん...、言ってる意味がよくわかりません...」
チノ「でも...」
チノ「でも...、よく意味はわかりませんが、なんとなくわかったような気がします...」ニコ...
リゼ(どっちなんだ...??)
ココア「チノちゃん...」グス...
63:
チノ「...ココアさん...?」
ココア「グスッ...、チノちゃんがわかってくれて、嬉しいよー...」エーン...グスン...
チノ「ココアさん、泣かないでください」
ココア「だってチノちゃんが、チノちゃんが?...」グスングスン...
リゼ(さっき気にしてないって言ってたような...)
チノ「もう、ココアさん、しっかりしてください、お姉ちゃんなんですからっ!」!
リゼ「チノ...!」
ココア「!!...」
66:
チノ「...」///
ココア「...チノちゃんが、チノちゃんがお姉ちゃんって呼んでくれたよ?...」グスングスン...
リゼ(誰に言ってるんだ?)
チノ「ココアさん...、もう...、だから私がわからなくなるんです...」ブー...
ココア「チノちゃん...、えへへ...、ごめんね...、」ニコ
チノ「...もう...」ニコ
リゼ(...)ウズウズ...
リゼ「...お前たちっ...!」
68:
ココア「リゼちゃん?」
リゼ「お前たち...」
リゼ「わ、私も...、混ぜてもらっていいかな...?」///
ココア「...え?」
チノ「...はい?」
リゼ「なんだかお前たちを見てたら、その、姉妹っていいなっていうか...」///
リゼ「だめ...かな...?」///
69:
リゼ「...」///
ココア「リゼちゃんならいつでも歓迎だよ?」ニコ
チノ「こっちのお姉ちゃんの方が頼れるかもです」
リゼ「ココア...、チノ...」///
ココア「チノちゃん、ココアお姉ちゃんをもっと頼って?」
チノ「もっとお姉ちゃんらしくしっかりしてくれればいいですよ」フンス
リゼ(一人じゃないって、なんだかいいなぁ...)ポワーン...
千夜(...さっきからお店に来てるんだけど、全然気づかれない私達って、透明人間かしら...?)
シャロ(私だってリゼ先輩ともっと姉妹になりたいのにっ...!)

70:
たいしたオチなくてすいません
ありがとうございました
71:
乙乙
7

続き・詳細・画像をみる


2と4と6と+と-を使って答えが7になる数式作ってみて

父親が庭にいたハトを捕まえて両手でふわって感じで空に投げたら地面に頭から落ちた…

腐向けマンガによくいる糸目キャラってなんなん?

現場はひどいありさま、派遣法改悪で加速する労働者イジメ

夜勤上がりのSEだけど嫁に専業主婦の方が10倍大変だと言われたからやってみたら楽過ぎて涙出てきた

通話SIM月額1250円キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 最大通信速度は200kbps

back 削除依頼&連絡先