モバP「口説き方講座」back

モバP「口説き方講座」


続き・詳細・画像をみる

1:
ちひろ「あ、ちょっと電話するんで外行ってきますね」
P「あ、は、はい…えへへ…」
ちひろ「? じゃ、失礼しまーす」
P「……はあ」
2:
瑞樹「あら、浮かない顔ね。どうしたの?」
P「か、川島さん……」
瑞樹「私で良かったら相談に乗るわよ?」
P「あ、いや……恥ずかしいことですし、そんな相談なんて……」
瑞樹「相談相手としてこんなに頼もしい相手はいないのよ?もっとお姉さんを頼りなさい」
P「おねえ……あ、はい。わかりました」
瑞樹「で、どうしたの?」
3:
P「ぼ、僕気になる女性がいるんですが……なかなかデートに誘い出せないんです」
瑞樹「あら、どんな人?興味があるわね」
P「え、えーっと……ミステリアスで……いつも笑顔で……支えてくれていて……」
瑞樹(……ん?ちょっと待って……)
瑞樹(も、もしかしてプロデューサー私のこと……!?)
瑞樹(いやいやいや、考え直して、そんな都合のいいこと……)
P「こ、こんな僕ダメですかね……?」ニヘラ
瑞樹(わっ、笑いかけてきた……!?しかも照れ笑い!?やっぱり……)
P「ど、どうしたんですか?」
瑞樹「い、いや、なんでもないわ!」
4:
瑞樹「じゃあちょっとあっちの個室で色々ゆっくりと二人で語らいましょうか……」ホ゜ン
留美「抜け駆けは無しって約束じゃなかったかしら」
瑞樹「ひぅっ!?」
P「ま、まさか和久井さんまで……!」
瑞樹「わかったわよ……」
留美「プロデューサーにはお世話になってるし、相談くらい乗るわ」
P「ありがとうございます……!」
6:
瑞樹「話し辛いことではあるし、個室に行きましょう」
P「そ、そうですね!こんな話題聞かれるわけには……」カ゛チャ
かな子「ん?」モク゛モク゛
みちる「フゴ」
幸子「ムク゛ッ」
まゆ「あらぁ?」
P「場所変えましょうか」
まゆ「なにを話していたんですかぁ?」
P「……」
瑞樹「……な、なんとかして」
留美「あなたがしなさいよ……」
9:
P「な、なにをやっていたんだまゆ?」
まゆ「みんなでお茶会ですぅ。今日はみんな仕事終わっちゃったのでお疲れ会みたいなものでぇ…」
P「そうだったな……寮に直帰してほしいものだけど」
まゆ「まゆはプロデューサーさんの仕事が終わるまで待ってるつもりだったんですけど……」
P「どっちにしても直帰は無理だったかー……」
まゆ「それで……何を話していたんですかぁ?」
瑞樹「ほほほほほらあのアレよ!好みの女性のタイプはーとか、ねぇ!?」
留美「そ、そうね……そんな感じの……立ち話も何だって……感じのあれなのよ……」
まゆ「ふぅん……」
12:
まゆ「面白そうなんでまゆたちも混ざっていいですかぁ?」
P「いいいですよね!?」
留美「い、いいんじゃないかしら……」
瑞樹「う、うんうん……」
まゆ「ささ、こちらへどうぞー……♪」
P「は、はい……」
瑞樹「(どうするのよ……)」
留美「(私に聞かれても…)」
13:
かな子「なになに!?何の話ですか?」
まゆ「プロデューサーさんが好みの異性について教えてくれるそうですよぉ?」
幸子「ほ、ほんとですかっ!?」カ゛タッ
みちる「フゴフゴ!」
幸子「みちるさんお茶です」
みちる「ファンキューでふ」フコ゛フコ゛
かな子「気になりますよねぇ……」
P「いや、違うんだ実は……」
瑞樹「ちょ、ちょっと待って!」
P「はい?」
瑞樹「(せめてまゆちゃんだけには深窓を知らせないようにしましょう……)」
P「そ、そうですね……」
14:
P「まあとりあえずまゆだけ出てくれないか」
まゆ「え?なんでで……」
P 「まゆだけ『特別に』外に出ていてくれないか」
まゆ「とく……べつ……ですか?」
P「そうそう」
まゆ「はい!わかりましたぁ!外に出てます!」トタタ
P「よし」
瑞樹「ねえほんとに相談乗る必要ある?」
留美「さあ……」
17:
P「実は……気になる女性がいて……」
幸子「はあ!?」
かな子「ほんとですか!?」
みちる「いいじゃないですか」
P「でも、なかなか話しかけられなくて……」
幸子「へえ、そうなんですか」
かな子「それでどうしたんですか?」
P「はい……」
瑞樹「だから私たちが相談に乗ってあげるのよ」
留美「まあ、でも恥ずかしいことだし、一人ずつマンツーマンで相談受けることにしたのよ」
瑞樹「て、いうのを今からやるの」
みちる「じゃあ……最初に誰からするんですか?」
P「考えてませんでしたね」
瑞樹「くじ引きにする?」
留美(なんなのかしらこの雰囲気……私が気を張り過ぎなの……?)
18:
一時間後
瑞樹「じゃあこの順番で」
留美「じゃあ出ましょう」
ソ゛ロソ゛ロ
幸子「……」
P「……よろしくお願いします」
幸子「はい……じゃあまず、どうしましょう」
P「どういうデートしたらいいかわかんなくて……デートなんかしたことないし」
幸子「なっさけない男ですね!それでも女の子をまとめるプロデューサーですか!?」
P「はい……」
幸子「いいですか!?デートっていうのはぁ……」
20:
幸子『もう!遅いですよ!』
P『あはは……すまんすまん』
幸子『もう後で埋め合わせしてくださいよ!』
P『ああ、なんでもしてやるって』スッ
幸子『なんですか?』
P『ほら、手』
幸子『あっ……ふ、ふん!まだまだボクは満足してないんですからね!』キ゛ュッ
P『わかったわかった……これから満足させてやるよ……』
幸子『プ、プロデューサーさんのバカ……』
幸子「こんな」
P「そ、そうか……積極性だな……」
21:
幸子「要はもっと男らしく、かつ紳士的になるべきです」
P「もっと男らしく……よし!」
幸子「ふんふん、やはりボクですね!相談に乗ってもカンペキなんですね!」
P「カンペキだなぁ!もう!」
幸子「ふ、フフーン!そうですねそうですねぇ!」
P「よーしありがとう。外出ていいぞ」
幸子「あ、はい……」トホ゛トホ゛
23:
瑞樹「次は私ね」
P「はい!お願いします!」
瑞樹「それで、どうしたいのかしら?」
P「えっと……そうですね、大人のデートの仕方っていうものを教えてほしいんですが……」
瑞樹「大人っぽいデート?そうねぇ……」
瑞樹「まずBARに行きなさい」
P「おお」
瑞樹「そこでいい感じに酔ってきたところにこうよ」
24:
瑞樹『はあ……ちょっと酔ってきたみたい。あはは』
P『だ、大丈夫ですか?』
瑞樹『もう、飲みの席くらい敬語やめて?』
P『だ、大丈夫か?』
瑞樹『うふふ、やっぱり男ね。あなた』
P『当たり前だろ?』
瑞樹『いいわね、それ。私しか知らない顔みたい』
P『なら……二人きりのときはこうしてやるよ』
瑞樹『もう……』
瑞樹「こう」
P「ほうほう……ギャップ……」
25:
瑞樹「ようするに、普段とのギャップがあるといいのよ」
P「ほうほう!いいですね!」メモメモ
瑞樹「じゃ、次の人に代わるわね。あ、あと」
P「はい?」
瑞樹「いつでも、待ってるからね?うふふ」
カ゛チャリ
P「……あ、はい。わかりました……?」
26:
かな子「私ですよー」
P「おお、かな子。頼む」
かな子「それで、どうしましょう?」
P「あー……そうだな、話しかけられないでいるんだけど」
かな子「うーん……あ、そうだ!お食事に誘うといいんじゃないでしょうか!?」
P「食事……」
かな子「こうですよ!こう!」
27:
P『おーいかな子ー』
かな子『はい?』
P『お前、ローストビーフ好きだったよな?』
かな子『?はい、そうですけど……』
P『スイーツも好きだったよな?』
かな子『はい!』
P『ここのホテルに美味しいのがあるんだ。食べに行かないか?』
かな子『ほんとですか!?で、でも値段が……』
P『大丈夫だ。前払い制な上に食べ放題だから』
かな子『わーい!ありがとうございます!プロデューサーさん大好き!』
P『おいおい、よせよ』
かな子「こんな感じです」
P「これ昨日の会話じゃん」
28:
かな子「まあアレですよ。好きなものを覚えてくれてることが嬉しいんですよ」
P「おお、なるほど……」
かな子「と、いうわけで何か好きな食べ物とか趣味を聞いたらいいと思います!」
P「す、すごい!何が好きかなー……」
かな子「まあ、本人に聞くんなら時間経ってから誘ったほうがいいと思いますね」
P「え?なんで?」
かな子「だってこう、『覚えててくれたんだ…!』みたいな感動がないじゃないですか」
P「おおお……おおおおおおお!なるほどぉ!」
P「……本人に聞かなくてもいいのか?」
かな子「他の人に聞いてもいいと思います。『知っててくれたんだ…』ってなるじゃないですか」
P「好きなものを食べにいくんだな!わかった!」
かな子「……ここにいるお茶菓子って食べていいものなんですか?」
P「いいけど?」
かな子「じゃあ」ハ゜クッ
P「なんで」
29:
留美「次は私ね」
P「頼りになりそう……」
留美「で、何を聞きたいのかしら?」
P「そうですね……デートが終わったらどう言って別れたりしたらいいでしょう」
留美「普通にお別れするのはダメなのかしら」
P「こう、インパクトを残して去ったほうが、またデートに来たいってなるじゃないですか?」
留美「ふーん……」
留美「そうね、こうしたらいいと思うわ」
30:
留美『楽しかったわ』
P『そうですね。』
留美『また是非来たいわ』
P『来たいと思えば来れますし、ね』
留美『仕事でなかなか来れないじゃない』
P『そこはなんとか頑張りますから』
留美『もう……敬語なんかやめてよ、あなた』
P『ああ、そうだね。留美』
留美『今日はちょっと、帰りたくない……』
P『留美……』
留美「あ、違った。これじゃない」
P「ちょっと待ってください」
留美「待たないわ」
32:
留美「まあ、私は次があるようなことをほのめかして意識させたほうがいいと思うわね」
P「ほうほう……意識させるように……」
留美「そ、そうすれば……相手も意識するようになると思うんだけど……」チラッ
P「あ、そうですよねー。頑張ります」
留美「そういう意識のさせ方もあるのね……!?そうなのね!?」
P「どういう意識のさせかたなんですか!?教えてください!」
留美「教えられないわ。絶対に」
P「なんで」
35:
みちる「私ですねー」
P「みちる、とりあえずパン片付けてくれないか」
みちる「わかっは」モク゛モク゛
P「そうじゃなくて、両手に持ったパンテーブルにおろしてくれないか」
みちる「ふぁーい」モク゛モク゛
みちる「んぐっ……で、どうしましょうか」
P「思ったんだが食事中、どうしたらいいだろう」
みちる「と、言いますと」
P「男の人と食事してるとき、どういうとこを気になるものなんだ!?」
みちる「そうですねぇ……」ハ゜クッ
P「なんで食べ始めたんだお前」
36:
みちる『美味しいですねぇ』
P『そうだな』
みちる『……?どうしたんですか?』
P『みちる、口についてるぞ』
みちる『そうでふか?』
P『全く、ダメだなお前は』
みちる『すいません』
P『俺がついてらないとなぁ』
みちる「こういう感じの人にキュンときまふ」モク゛モク゛
P「正直今のお前にキュンと来ないボクはおかしいのかな」
37:
みちる「その人の欠点を優しくフォローされるっていうのは!すこし恥ずかしいですけど、キュンとくるはずです!」
P「ふーん……なるほど」
みちる「頑張ってフォロー出来る点を見つけてあげて、優しくしてあげればいいんです!」
P「ほうほう……カンペキそうな人だけどなぁ……」
みちる「カンペキな人?」
P「そうそう、カンペキな人!」
みちる「ふーん……まあいいんじゃないでしょうか!」
P「え?何が?」
みちる「では」
P「待て」
38:
まゆ「プロデューサーさん?」ヒョコッ
P「うわぁっ!?まゆ!どうしたんだ?外にいてくれって言ったはずじゃ……」
まゆ「気になってちょっと盗み聞きしてたんですぅ。ごめんなさい」
まゆ「けど恥ずかしがることなんてないのに……」
P「え?なに!?まさか応援してくれるのか」
まゆ「もう、まゆの好みを聞きたいなら正直に言ってくれれば……」
P「……ああ……」
39:
まゆ『うふふ……』
P『まゆー』
まゆ『どうしたんですかぁ?』
P『まゆが愛おしすぎて手錠かけて監禁して一日の様子をカメラに収めたいんだけどいいかな?』
まゆ『いいですよ?』
まゆ『ただしまゆも一緒ですよぉ』
P『ああ!いいよ!まゆのそういうとこ好きだよ!』
まゆ「こんな感じで」
P「ごめんな、僕が悪かった。今度一緒に遊びにでも行ってリフレッシュしようか」
まゆ「ほんとですかぁ!?ありがとうございますぅ!」
P(……なるほど……一緒にいたいってことか……)
40:
P「ありがとうみんな……頑張ります!」
留美「頑張ってね」
瑞樹「わかったわ」
幸子「ボクもがんばります……」
みちる「フゴッ」
かな子「みちるさんそれ一口」
みちる「フゴッ!」
まゆ「もったいつけなくてもいいのに…」
P「何かあったら、報告しますから!」スタタッ
瑞樹(何か期待して損したわ……)
留美(婚姻届どこにしまったかしら……)
幸子(ボクもおおきくなったら……)
みちる(フゴフゴ)
かな子(なんでパンくれないんだろう……)
まゆ(プロデューサーさん……走ってる後ろ姿も素敵……)
41:
数日後
P「みなさーん!」
留美「あら、どうし……」
瑞樹「……たのそれ」
P「……えへへ」
ちひろ「どうもー」
かな子「……あれ、どうして」
幸子「どうしてちひろさんと手錠でつながれてるんですか?」
P「いやー、えへへ。努力の甲斐あって?」
みちる「モグモグ」
P「ありがとうみんな!みんなのおかげで結ばれました!」
ちひろ「プロデューサーさんがすごく素敵だから……」
P「そんな……えへへ」
瑞樹「…ちょっと行ってくるわ。いいでしょみんな」
留美「……行きましょうか」
P「え?」
4

続き・詳細・画像をみる


天才には「努力遺伝子」があることが判明 努力できるのも遺伝の影響

【画像あり】大盛りで有名な飲食店教えてくれ

この2014年にスケルトンモデルの2DSを任天堂が出すみたいだけど

人間には意識があるけどさ

【画像】富士山の7合目のカレーライスの値段wwwwwwwwwwww

お前らコンビニのゴミ箱に何捨てたことある?

back 削除依頼&連絡先