モバP「伊吹って可愛かったんだな」back

モバP「伊吹って可愛かったんだな」


続き・詳細・画像をみる

1:
のんびりと書いていきます
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410249489
2:
伊吹「どうしたのいきなり?」
P「いや、俺のPCの中に伊吹が事務所に来たばかりの頃の映像があったんだけどさ」
伊吹「あっ、なつかしー♪てかなんでそんなの持ってるの?」
P「まあ、一応資料としてだな...」
伊吹「ホントにー?」
P「ホントホント」
伊吹「へへ、まあそういう事にしといてあげる♪」
P「しかし、この頃の伊吹はなんていうか...」
伊吹「なに?」
P「生意気そうな顔してるなぁ」
伊吹「あー!そういう事言う!?」
P「だってさ、会ってすぐにタメ口だったし、しかも俺の事を呼び捨てで...」
伊吹「好きに呼んでいいって言ったじゃん!」
P「だけど仮にも年上だぞ俺...」
伊吹「堅苦しいのは苦手なんだもん、それに...」
P「それに?」
伊吹「Pには飾らない本当のアタシを見てほしかったんだ...なんちて♪」
P「アー、ソウデスカー」
伊吹「なにその反応はー!」ギュウウウウウ
3:
P「おいこら、抱きつくなって...」
伊吹「そんな事を言うのはこの口?」ムニッ
P「いでででで...」
伊吹「あははっ、変な顔!」
P「んっ?ひょっというき...」
伊吹「へへーん、なに言ってるかわかんないよー♪」
P「んむぅ...伊吹!」
伊吹「な、なによ?」
P「お鍋!お鍋吹いてるぞ!」
伊吹「あっ、いっけない!火弱めないと...熱っ!」
P「大丈夫か?」
伊吹「うん、大丈夫...」
P「本当か?指見せてみろ」グイッ
伊吹「あっ...」
P「よかった、水ぶくれとかにはなってないな...」
4:
伊吹「もう...心配しすぎだってば」
P「そんなことないぞ、伊吹に何かあったら大変だろ」
伊吹「...ホント?」
P「ホントだよ、こんなことでウソなんかつくか」
伊吹「うん...ありがと♪」
P「手伝わなくて大丈夫か?」
伊吹「平気、のんびりしてていいよ」
P「でも俺だってたまには...」
伊吹「ダーメ♪」ピトッ
P「むぐっ...」
伊吹「家事はアタシの仕事、旦那様はおとなしく座って待ってて♪」
5:
小松伊吹(19)
http://imgur.com/Ln38Kpt.jpg
http://imgur.com/kbk3dVP.jpg
6:
とりあえずこんな感じです ヤマなしオチなし
イチャイチャしてます
8:
??????
P「あむっ...むぐむぐ」
伊吹「...どう?」
P「うん、いい感じだと思うぞ」
伊吹「ホント?やったぁ♪」
P「だいぶ味が安定するになってきたな、前は毎回味が変わってたけど」
伊吹「へへっ、Pの好みの味、なんとなくわかってきたからね!」
P「分量を適当に決めてさえいなければ...」
伊吹「いいの、こういうのはフィーリングが大事!」
P「うーん、まあいいか、美味しいのは確かだし」
伊吹「でしょ?ほらほら、もっと食べた食べた♪」
P「へいへい、ビールもう一本もらえるか?」
伊吹「うん、アタシも飲んでいい?」
P「ああ、一緒に飲もう」
9:
P「ところで伊吹、レッスンはどんな感じだ?」
伊吹「うーんとね、ひとりひとりの動きは仕上がってきてはいると思うよ」
P「おっ、そうか」
伊吹「ただね...」
P「ただ?」
伊吹「全員の動きがバラバラなんだよねー、もっと周りを意識して踊れるようにならないと」
P「なるほど...」
伊吹「でも、みんな一生懸命だしライブまでには大丈夫!」
P「ならよかった、今回はあの子たちにとって初めての大きなライブだからな、絶対に成功させて今後に繋げたいんだ」
伊吹「きっと上手くいく、Pもみんなも頑張ってるもん」
P「お前もだろ」
伊吹「えへへ、そうだね...」
P「頼むぞ、伊吹トレーナー」
伊吹「うん、任せといて♪」
11:
P「伊吹のレッスンはアイドルたちからも評判いいんだぞ?」
伊吹「ホント?」
P「ああ、わかりやすいし、ちゃんとアイドルたちの事を考えてメニューを組んでくれてるってな」
伊吹「へへっ、そうなんだ」
P「でも聞いたところによるとアイドルとしゃべってる時間も多いらしいな」
伊吹「えーっとそれは...親しみやすいトレーナーを目指してるから...」
P「余計なことを言ったりしてないか?」
伊吹「い、言ってない言ってない!」
P「ほう...じゃあなんで一部のアイドルたちがお前へのプロポーズの言葉を知ってるんだ?」
伊吹「あっ...」
P「不思議だなぁ?」
伊吹「本人の前で言っちゃダメって言ったのに...」
P「やっぱり言ったんじゃないかこいつー!」
伊吹「ご、ゴメーン!」
12:
P「ご馳走様でした」
伊吹「お粗末さま、洗うまでのんびりしててね」
P「ああ、わかった」
伊吹「あのさP...」
P「なんだ?」
伊吹「その...ゴメンね、アタシ口軽くて...」
P「まったくだ、その辺は昔から変わってないなぁ」
伊吹「ホントにゴメンね...」
P「そんな悲しそうな顔するなって、もう怒ってないよ」
伊吹「...ホント?」
P「ああ、ホントだ、だから泣くな」ナデナデ
伊吹「...泣いてないもん」
P「ウソつけ」
伊吹「もう...」
伊吹「...ありがと」
13:
ジャブジャブ...
伊吹「フンフフーン♪」
P「あっ、そういえばな伊吹」
伊吹「なに?」
P「今日、仕事の帰りにこれ借りてきたんだ」
伊吹「なにそれ?」
P「見たいって言ってた恋愛映画、今日からレンタルしてたからさ」
伊吹「あっ、覚えててくれたんだ...」
P「忙しくて映画館には行けなかったからな、二人で見よう」
伊吹「うん!じゃあ洗い物すぐに終わらせるね!」
P「おいおい、ゆっくりでいいぞ」
伊吹「ダメ、早くPと一緒に見たいんだもん♪」
14:
伊吹「準備できた?」
P「おう、いつでもいいぞ」
伊吹「へへっ、はいこれ!ポップコーンとコーラ♪」
P「晩御飯のあとにこんなの食べたら太るぞ?」
伊吹「アタシは普段から運動してるもん、平気平気」
P「伊吹はそうかもしれないけど、俺がなぁ」
伊吹「その時はアタシがダイエットに付き合ってあげる!なんなら一緒にダンスする?」
P「俺の体力じゃついていけないかもな」
伊吹「Pなら大丈夫だよ、ほら見よ?」
P「ああ、そうしようか」
伊吹「よいしょっと...ちょっとゴメンね」
P「狭くないかそこ?」
伊吹「全然平気♪居心地いいよ」
P「でもわざわざ俺の脚の間に来なくても...」
伊吹「ここがいいの、Pの身体の温度を一番近くで感じられるからね...」
15:
P「伊吹...」
伊吹「ほら、ギューってしてよ」
P「わかった...」ギュッ
伊吹「んっ...」
P「痛くないか?」
伊吹「ううん、安心する...」
P「そっか...」
伊吹「Pにもたれかかってもいい?」
P「いいぞ、好きなだけ身体を倒してくれ」
伊吹「ありがと...」
P「じゃあ再生するぞ」
伊吹「うん...?」
16:
??????
伊吹「グスッ...ヒック...」
P「......」ポリポリ...
伊吹「うぅぅ...」ポロポロ
P「ほれ、ティッシュ」
伊吹「ありがと...グスッ...ちーん」
P「そんなに泣くことないだろ」
伊吹「だって...すごく切ないから...」
P「確かにな、出てる人たちがみんないい演技してる」
伊吹「もう...すぐにそうやって演出面とか気にする...ズビッ」
P「あっ、すまん...」
伊吹「いつも言ってるでしょ、大事なのは...」
P「わかってるわかってる、フィーリングな」
伊吹「そうだよ、どう感じるかが大事なんだから」
P「ああ、その通りだ、話はそれくらいにして続きを見よう」
伊吹「うん♪」
17:
チャプン...
P「おもしろかったか?」
伊吹「うん、とってもおもしろかった!」
P「後半ほとんど泣きっぱなしだったけど、ストーリーわかったのか?」
伊吹「大丈夫だよ、ちゃんと見てたもん!」
P「どうだかなぁ」
伊吹「ホントだよ、ホントだからね?」
P「わかったわかった」
伊吹「でも...最後がハッピーエンドで終わって、ホントによかった...」
P「ああ、そうだな」
18:
伊吹「特に最後の結婚式のシーンがとっても良くて...」
P「ヒロインのウェディングドレス姿も綺麗だったな」
伊吹「うん、すごく...」
P「なんかあれ見てたら、伊吹のドレス姿を思い出したよ」
伊吹「えへへ?どっちが綺麗だった?」
P「どっちだろうなぁ、うーん...」
伊吹「ちょっと!そこは即答するところじゃない?」
P「冗談だよ、伊吹の方がずっと綺麗だった」
伊吹「そう思う?」
P「ああ、でも確か俺の記憶が正しければ、最初にウェディングドレスを着たのはたしか...」
伊吹「アイドルの時のイベント♪」
19:
P「そうそう、それだ、確かまだ俺のPCの中に画像がある」
伊吹「もう...恥ずかしいってば、消してよ」
P「ダメだ、大切な思い出だからな、ミニスカウェディング姿の伊吹」
伊吹「ふふっ、可愛かったでしょ?」
P「ああ、すごくな...」
伊吹「えへ...♪」
P「明日アイドルたちにも見せてやろうかな、伊吹のアイドル時代の写真」
伊吹「ちょ、ダメだからね!絶対にダメ!」ザバーッ!
P「でも可愛かったし...」
伊吹「ダメなものはダメー!」ギュウウウウウウ
P「モガッ...伊吹、息できない...」
伊吹「へへっ、アタシの胸で潰れちゃえー!」
20:
??????
P「......」カタカタ...
伊吹「......」カチカチ...
P「...よし」
伊吹「できたー!」
P「おっ、できたのか?」
伊吹「うん、Pもライブの資料できたの?」
P「ちょうど今な」
伊吹「アタシもできたよー、来週からのレッスンプラン」
P「どれどれ...うーん」
伊吹「どうかな?」
P「...うん、大丈夫だ、これで頼むよ」
伊吹「はいはーい、了解♪」
P「くれぐれもアイドルたちに無理させないように頼むぞ」
伊吹「わかってる、それにPも、でしょ?」
P「おっと、もうこんな時間か...」
伊吹「明日も忙しいんだし、早く寝ないとね♪」
P「そうだな、もう寝るか...」
伊吹「旦那様早く?、若奥様がベッドでお待ちだよ?ん?」
P「わかってるわかってる、若奥様は寂しがりだから早く行かないとな」
伊吹「そういうこと?」
21:
ボフンッ
P「あー、疲れた...」
伊吹「今日も一日お疲れ様♪」
P「ありがとう」
伊吹「えへへっ、ナデナデしてあげる♪」ナデナデ
P「伊吹もな、本当にお疲れ、明日も頑張ろうな」
伊吹「うん...」
P「じゃ、電気消すぞ?」
伊吹「うん、おやすみ」
P「おやすみ」
パチッ
22:
P「ふぅ...」
伊吹「ねえP...」
P「なんだ?」
伊吹「あのさ、寝る前に聞きたいんだけど...」
P「なんだよ、浮気ならしてないぞ」
伊吹「そんなの聞かないってば!」
P「おっと、そうか」
伊吹「ホントにしてない?」
P「してません」
伊吹「よかった...それでね、晩御飯作ってた時のことなんだけど...」
P「晩御飯作ってた時?」
伊吹「ほら、アイドルだった時のアタシの画像見て、『伊吹って可愛かったんだな』って...」
P「ああ、あれか...」
伊吹「それ聞いて思ったんだけどね...」
伊吹「トレーナーやってるアタシよりも、アイドルやってる頃のアタシの方がいいのかなって思ったの...」
23:
P「......」
伊吹「ど、どう?」
P「もしかしてそれ、今までずっと考えてたのか?」
伊吹「うん、まあ...」
P「はぁ...」
伊吹「P...?」
P「バーカ」
伊吹「ば、バカってなによ!?」
P「まったくお前は...」ギュッ
伊吹「あっ...」
P「初めて会った時からそうだったけど、意外と繊細でなおかつ純情だよな、伊吹は...」
伊吹「うん...」
P「でもそういうお前だから好きになったのかもな」
伊吹「えっ?」
P「初めて見たときからティンときたんだよ、お前の言うフィーリングってやつだ」
24:
伊吹「フィーリング...」
P「そう、フィーリングだ」
P「確かにアイドルやってた時のキラキラしてたお前はとっても可愛かった」
伊吹「うん...」
P「でもな、今はトレーナーとしてアイドルたちに一生懸命ダンスを教えて...」
P「それにも関わらず、家の中の事はちゃーんと全部やってくれてる」
P「そして、俺にいつもお帰りって言ってくれる...」
P「今の伊吹の方が、ずっと可愛くて好きだよ」
伊吹「P...」
P「ゴメンな、不安にさせるようなこと言って、それと...」
P「いつも家の中の事をやってくれて本当にありがとう、感謝してるぞ」
25:
伊吹「P...」ギュッ
P「んっ...」
伊吹「P...」チュッ
P「んむっ...」
伊吹「好き...好き...ちゅっ...」
P「伊吹...」
伊吹「愛してる...大好き...好きぃ...」
P「俺も...」
伊吹「アタシ、ちゃんと奥さんできてるかな?」
P「当たり前だろ、俺にはもったいないくらいのいい奥さんだ」
伊吹「Pも...アタシにはもったいないくらいのいい旦那様だよ...」
26:
P「伊吹にそう言ってもらえて、嬉しいな...」
伊吹「何回だって言うよ...」
伊吹「アタシ、Pと結婚できて...本当に幸せ...」
伊吹「毎日毎日、幸せでたまんないよ...」
P「ああ、俺も同じ気持ちだ...」
伊吹「ねえ...しよ?」
P「でも明日仕事...」
伊吹「やだ...したいのぉ...」
P「まったく...」
伊吹「んんっ...」
伊吹「大好き...P?」
???
??????
27:
伊吹「そこ!もっと早く!」
「はい!」
伊吹「手の動き、意識して!」
「はい!」
伊吹「はーい、休憩ー!」
「はぁ...疲れた...」
伊吹「お疲れ様、みんな水分取って!10分したら再開...ふわぁ...」
「トレーナーさん、寝不足ですか?」
伊吹「えっ?うん、ちょっとね...」
「うっひっひ♪」
伊吹「なに?」
「そんなに夜更かしして何をしてたのかなぁ?ひょっとして愛する旦那様と...」
28:
伊吹「ふーん、そんなに休憩なしでレッスンしたいんだ?」
「あぁ!違います!ゴメンなさい!反省します!」
伊吹「来週からのレッスンプランを考えてたの」
「来週のですか?」
伊吹「そう、このライブを成功できるようにアタシなりに色々考えてたってワケ」
「私たちのために...」
伊吹「プロデューサーもね、みんながトップアイドルになれるように色々走り回ってるの」
伊吹「だからみんなもプロデューサーの期待に応えられるように頑張らないとね!」
「「「はい!!!」」」
伊吹「オッケー、いい返事♪」
伊吹「それじゃ今日のレッスンも、楽しんで頑張ろう!」
おわり
29:
駄文失礼しました?
またもや夢の中に緑の服の女の人が出てきて
「伊吹を書くのです」と言われたので書きました
セリフを見て思ったのですがこの子普通にプロデューサーにデレデレですね
機会があったら続きを書いてみたいです
ではまた?
30:
http://imgur.com/mf0QgEU.jpg
http://imgur.com/iHp8dTP.jpg
http://imgur.com/7BcoHIL.jpg
31:
すごくよかった
激しく乙!
33:
素晴らしいSSをありがとう。心から感謝
俺は一番最初の普段着とスマイルバレンタインのエプロン腕捲りでティンときたなぁ
3

続き・詳細・画像をみる


朝日新聞記者・抜井規泰くんがtwitterのアニメアイコンの殺害予告リストに入れられるwwwwwwwwwwwwwwwww

旦那が妊娠した!養育費を寄こせ

【画像】34歳の無職と結婚したら大変なんだろうかとか思いながら、こういうの読んでるとかわいいなって思う

【画像】板野友美、豊胸した疑惑wwwww

幽体離脱=明晰夢だから。紛らわしい呼び方やめろwwwwwwww

賢い女性は男性のそういう部分を否定しない。

猫のささやかなイタズラ

会社の行事で使うお茶菓子を近くのスーパーに買いに行ったら、親子連れに「あら〜、たくさんねぇ」と声をかけられた。

整形した女の末路悲惨過ぎワロタwww  (画像あり)

デブな♀がミニスカはいてみたぞ!!

スーパーちょい悪マリオうざすぎワロタwwwwwwww

『仮面ライダー鎧武』45話感想 始まる紘汰と戒斗の最終決戦!ザックが主人公のようでカッコ良かった

back 過去ログ 削除依頼&連絡先