真姫「ヴェぇぇぇ!にこちゃんと温泉旅行!!??」back

真姫「ヴェぇぇぇ!にこちゃんと温泉旅行!!??」


続き・詳細・画像をみる

5:
にこ「なんでにこ達がスポーツドリンクの買出しなんて行かないといけないのよ!」
真姫「ジャンケンで負けたんだから仕方ないでしょ」
にこ「ふん!」
店員「お嬢さん達可愛いから福引の補助券多めにあげちゃうよ?」
にこ「えー、本当ですか??にこ嬉い?♪」
真姫「はいはい…」
にこ「ねぇ、真姫ちゃん。私がくじ引いて良い?このにこ様が大当たりを引いてあげるわ!」
真姫「勝手にすればいいんじゃない」
カランカラーン♪
店員「大当たりぃぃぃぃぃ!おめでとうございます!特賞の温泉旅行が大当たりーーーー!」
にこ&真姫「えぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!」
みたいの?
8:
花陽「ふえぇ、にこちゃん凄い?」
凛「すごいにゃー!」
にこ「ふふーん♪凄いでしょ、流石世界のアイドルにこにーよね」
真姫「はいはい、でもこれペアなのよね。近くに家の別荘も無いからμ全員で行けそうもないわ」
絵里「あら?じゃあ二人で行ってきたら?」
希「そうやね、ウチのカードもそれが良いって告げてるんよ。見てる人達もそれを望んでるみたいやし」
穂乃果「なんの話?」
希「こっちの話なんよ」
13:
真姫(ヴェぇぇぇぇ!にこちゃんと温泉旅行!!!???)
真姫(二人で買い物行けるだけでもラッキーだったのに最高の幸運なんじゃない!?)
真姫「お、落ち着いて!落ち着いて素数を数えるのよ!」
凛「真姫ちゃんどうしたのにゃー?」
真姫「なんでも無いわ」
ことり「いいんじゃないかな?当たったのは二人が買い物に行ったからなんだし」
海未「私もそれで良いですよ」
ことり&海未&希&絵里(穂乃果とじゃなければ別に構わない よ ですわ んよ わ)
穂乃果「みんなどうしてこっちを見るの?穂乃果も構わないよ」
花陽&凛「 ? 」
15:
にこ「んー、この日はお母さんも連休で家に居るし家の事は大丈夫かな?真姫ちゃんはどう?」
真姫「べ、別に問題無いわ」
にこ「なら遠慮なく使わせてもらうわ!この日は練習を休みにして各々休みをとりましょ」
海未「ほ、穂乃果、その日はダイエットも兼ねて近所の室内プールに行きませんか!?」
こと 絵 希 (!?)
穂乃果「ん?いいよー、でも遊びに行く感覚が良いなー」
海未「ほ、本当ですか?えぇ、ゆっくり遊びましょう!」
希「ウチもお肉が付いてきたところだし一緒に行ってええ?カードもそれが良いって告げてるんよ」
ことり「わ、私も!」
絵里「亜里沙も海未に会いたがってたわ!その日に連れて行っても良いかしら!?」
凛「アタシとかよちんはご飯食べにいくにゃー」
花陽「うん、いいよ」
25:
にこ「ふう、なかなか良い部屋ね?♪ま、世界のにこにーには少し狭いかしら?」
真姫「はいはい(畳の匂いで少し落ち着いたわ…しばらくゆっくりしましょう)」
にこ「それじゃあ、ゆっくりという事で温泉に行って裸の付き合いといくにこー!」
真姫「ヴェぇぇぇぇ!そ、そんな心の準備が!」
にこ「なに恥ずかしがってるのよ、普段一緒に着替えたりしてるじゃない」
真姫「そ、それはそうだけど…それとこれと にこ「それじゃー早行くにこー」
21:
奇数でした
にこ「と言うわけでやってきました日光鬼怒川温泉!しかし何もないわねー…」
真姫「…」
にこ「どうしたのよ?今日はいつも以上に口数が少ないんじゃないの?」
真姫「べ、別に!」
真姫(ドキドキして、昨日は一睡も出来なかったわ…)
にこ「体調が悪いなら言いなさいよね、じゃ旅館に行きましょう」
真姫「そうね、ちょっとゆっくりしたいわ…」
27:
真姫(き、来てしまった…ゴクリ、にこちゃんの体付き小さくて綺麗ね…)
にこ「どうしたのよジロジロ見て、どうせ貧相な体格だって思ってるんでしょ。フンッ」
にこ「それにしても真姫ちゃん羨ましいわ、その腰周りなんかが特に…」
真姫「ちょ、何触ってるのよ!ま、待って待ってー」
にこ「早く脱ぐにこー、ほらほらー」
真姫「い、今行くから先に行ってなさいよ!」
にこ「早くしなさいよねー」
30:
にこ「いやー、極楽極楽?」
真姫「もう、何年寄くさい事言ってるのよ」
にこ「にこは真姫ちゃんと違って家事に妹達の面倒に忙しいにこ」
真姫「アタシだってそれなりに苦労してるんだけど、って何よ」
にこ「温泉にバスタオルはマナー違反、混浴じゃないんだから気にし過ぎよ」
真姫「な、何言ってるのよ!別に…うぅ、ちょっと後ろ向いてて!」
真姫「それににこちゃんだって体洗わないで湯船に浸かって、それもマナー違反なんじゃない?」
にこ「うっ、それを言われると…」
にこ「そ、そうだ!この私が背中流してあげるわよ!」
33:
にこ「うわー、流石お肌白くてすべすべね」
真姫「にこちゃんだってモチモチ肌で小さい子の様で素敵だと思うわ」
にこ「それ遠回しに幼児体系だって言ってるじゃないの!」
真姫「遠回しにじゃなくストレートにだけどね」
にこ「きぃぃぃ!そんな真姫ちゃんにはこうしてやるわー!その無防備な背中にー」
真姫「あ、ちょっと…ま」
にこ「そんなに暴れると、…あ」
真姫「んはぁ!ちょ//////」
にこ「石鹸が落ちちゃったじゃない、ちょっとじっとしててよ!」
真姫「あんっ////////そんな所から手伸ばさないでよ!」
にこ「ちょ、ちょっと、変な声出さないでよ!じっとしててすぐ取るから!」
36:
おばさん「ちょっと!お嬢さん達もう少し静かに出来ないの!」
にこ&真姫「ご、ごめんなさい」
にこ「怒られちゃった…ちょっとふざけ過ぎちゃったわね、お風呂入って頭冷やしましょう」
真姫「…全身暖まるんだけどね」
にこ「揚げ足とるんじゃないわよ」
にこ&真姫「…」
38:
にこ「ふー、まったく散々だったわね。旅行先でもこんなんだなんて」
真姫「もうすぐ夕食の時間ね、部屋に運んである時間帯みたいだから今度こそゆっくりしましょ」
数十分後
にこ「これは美味しそうね、久々にこんな豪華な料理を見たわ…アイツらにも食べさせてあげたいわね」
真姫「…そうね」
真姫(うぅぅ、帰ってきたら料理より隣同士で敷いてある布団が気になって仕方が無いわ)
にこ「どうしたの?食べないなら、その茶碗蒸し貰っちゃうわよ」
真姫「好きにしたら…」
にこ「…」
40:
真姫(…と布団に入ってしばらく経つけどにこちゃんが気になって眠れない…)
にこ「ねぇ、起きてるの?」
真姫「!」
真姫「お、起きてるわよ」
にこ「…」
にこ「どうしたのよ、今日は一日様子が変じゃないの何か気になってるなら相談に乗るわよ」
真姫「そ、それは…」
にこ「私と二人じゃつまらなかった?」
真姫「別に、そんな事無いわよ。ただ…」
真姫「今まで友達もつくってこなかったし、何処に行くにもμのメンバーが居た…」
真姫「だからなんて言ったらいいのかしら…」
にこ「なんとなく分かるわ、距離感が分からないって感じでしょ?」
真姫「そうかもね…」
にこ「そっち行くわよ」
真姫「!?」
45:
にこ「私もね、がむしゃらにスクールアイドル目指して色々してきたから浮いてるって自覚はある」
にこ「だから今のメンバーに恵まれた事はとっても感謝してるし幸せだと思ってる」
真姫「にこちゃん…」
にこ「だから、だから…あーなんて言ったら言いか分からない。情け無いわね」
真姫「にこちゃんの背中、暖かいわね…私より全然小さいのに大きく感じるわ」
にこ「なんでそういう事言うのよ!ま、そういう照れ隠しも慣れたわ」
真姫「にこちゃん、あ////ありがとう!」
にこ「ふん!おやすみ!」
48:
にこ「おはよ、昨日はよく眠れた?」
真姫「おかげさまで」
にこ「お互い仲間も友達も居なくて寂しい思いをしてた者同士だし、これからゆっくりと距離感とか図っていきましょ!」
真姫「そうね、これからもまたよろしくね」
真姫(この気持ちは花陽や凛と居る時の感覚とは違うけど、この事はまだ内緒…自然なままの私を受け入れてくれるし
 離れてもいかないのが分かっただけでも旅行に来て良かったわ、ゆっくりと向き合っていくわ)
にこ「なにボケっとしてるのよ、さっさと帰る準備するわよ」
真姫「はいはい、ちょっと良い曲が創れそうだなと思ったのよ」
にこ「それは是非ともにこにーセンターに合うにこにこにこちゃん用に仕上げなさいよね!」
50:
にこ&真姫「ただいま」
穂乃果「おかえりー、温泉どうだったー?」
真姫「ま、なかなかだったわね」
にこ「ご飯が美味しかったわー」
花陽「それは何処のお米を使ってたんですか!」
にこ「全体的な食事の感想よ…」
凛「おみやげは何かにゃー?」
真姫「あ…」
にこ&真姫「忘れてたーーーーー!」
おしまい
51:
くぅ乙
52:
乙!ありがとう
53:

5

続き・詳細・画像をみる


【画像】板野友美、豊胸した疑惑wwwww

ゲームの裏話や噂教えて

彼女と結婚したくない。妊娠したら出生前診断してほしいんだけど彼女は「障害者だったら殺すの?そんなの最低」と断固拒否。

【画像】 テレビ朝日、番組内で産経新聞に火を付け燃やすパフォーマンスを披露し炎上中

ローマ法王「第三次大戦はすでに始まった。」

プラシーボ効果すげえwwww

back 削除依頼&連絡先