海未「今回のラブライブ!は叩かれます」back

海未「今回のラブライブ!は叩かれます」


続き・詳細・画像をみる

1:
穂乃果「叩かれるってどういうこと?」
海未「叩かれるというのはブーイングやバッシングを受けるということです」
穂乃果「な、なるほど。今回は覚悟して行かなきゃね」ゴクリ
海未「では張り切って、まずは>>5をやって行きましょう」
5:
放尿
6:
穂乃果「やったね海未ちゃん!今回は脱糞じゃなくて放尿だよ!」
海未「これなら楽ですね!さあ、すぐにトイレに行きましょう!」
にこ「待ちなさい!」
穂乃果「え?なに?にこちゃん」
にこ「トイレで放尿したって意味ないでしょ!そんなの見て何が楽しいのよ!
ねらーは女の子が恥ずかしそうにおもらししてるところに萌えを感じるんでしょうが!」
穂乃果「楽しいとか楽しくないとかそんなの関係ないよ!
ただ穂乃果たちは放尿しろって言われたからするだけだよ!行こう海未ちゃん!」
海未「はい!」
にこ「こら!待ちなさーい!」
ートイレー
穂乃果「はぁ……」チョロチョロチョロ
海未「ふぅ…………」シャアアア
フキフキ ポイッ ジャアアアアアア
海未「あっさり片付きましたね」
穂乃果「そうだね!おしっこしてすっきりしたし、次は>>10をやろう!」
10:
昼寝
11:
穂乃果「なんだか穂乃果眠くなってきちゃったよ……ふわあ」
海未「こら穂乃果!まだ今回のラブライブは終わってませんよ!」
穂乃果「あーもう無理限界。あと海未ちゃんよろしくね……むにゃむにゃ」
海未「穂乃果!起きてください!穂乃果っ!
もう!あなたはいつもそうなんですから!
お仕置きとして額に肉と書いておきますからね!」キュッキュッ
穂乃果「」スピー
海未「まったく……では気を取り直して>>15をしましょう」
15:
穂乃果の顏に放尿
22:
ムラムラ
海未「なんだか穂乃果の寝顔を見ていたら興奮してきました」ムラムラ
バサッ
海未「まず服を脱いで……はあっ!」ズチュッズチュッ
海未「ふふ……あっ!……顔面騎乗……あんっ!……してしまいました……あぅん!」ズチュッズチュッ
海未「あぁっ……ああんっ!……穂乃果……穂乃果……イクぅッ!」プシャアアアアア
海未「はぁっ……はぁっ……あっ」ジョロロロロロ
海未「漏らしてしまいました……先程のインクが消えてしまいましたが、
お仕置きはこのまま放置でいいでしょう。さて、体を拭かなければ」フキフキ
海未「一杯出しましたし、もう出ないでしょう。さあ、次>>25行ってみましょう」
25:
猫と遊ぶ
28:
海未「猫と遊びましょう」
猫「ニャー」
海未「よしよし」
猫「ナーゴ」
海未「うりうり」
猫「ゴロゴロゴロ」
海未「ほら、猫じゃらしですよ」スッスッ
猫「シャッシャッ」ブンブン
海未 (かわいい)
>>32「あれ?海未ちゃんって猫飼ってたっけ?」
海未「!>>32……」
口調は気にせずどうぞ
32:
りん
36:
凛「あれ?海未ちゃんって猫飼ってたかにゃ?」
海未「!……凛。違いますよ、この子は野良猫ですよ」
凛「へー!とっても可愛いにゃー!ねえねえ!凛も遊んでいい?」
海未「もちろんです。はい」サッ
猫「ニャー!」バッ
海未「あ……逃げちゃいましたね」
凛「凛が犬好きだってバレたのかもしれないにゃー」
海未「残念ですね……」
凛「それそれとして次は>>40するよ!」
40:
寝る
45:
凛「……なんだろ、急に眠気が」
海未「ええっ!?凛もですか!?」
凛「!海未ちゃんも?」
海未「いえ、違います。先程穂乃果も急に……」
凛「まあ今日は天気もいいし……しょうがないんじゃ……ないかにゃあ……」スースー
海未「凛!?凛ッ!?」ユサユサ
海未「ダメです……完全に寝ています……。これはもしや誰かの陰謀!?」
>>50「その通りよ!」
50:
ドラクエのスライム(♀)
51:
ドラクエのスライム(♀)「その通り!ラリホーマを使えるようになったから試し撃ちよ!」
海未「あの……どなたですか?」
スライム「ええっ!?わからないの!?全ゲームで最も有名な敵キャラよ!?」
海未「すいません……ゲームとかやらないもので」
スライム「もういい怒った!くらえラリホー!」
海未「>>55」
55:
ゆみ
58:
海未「ふっ!」パシュッ
スライム「ぎゃっ!」
スライム を たおした!
4 の けいけんち と 3 ゴールド てにいれた!
海未「まだまだ鍛錬が足りませんね」フフン
海未「さて、みんなが起きる前に>>61をしましょう」
61:
ダンボールでスクワット
64:
海未「ダンボールでスクワットしましょう」
ダンボール「!」
海未「ふっ!……くっ、結構重いですね。ですが!」
海未「ふっ!ふっ!ふっ!ふっ!」ヒュンヒュンヒュンヒュン
ダンボール「!!!!!????」
海未「よし、日課のスクワット100回終わり!
みんなも起きたでしょうし>>67のところに行きましょう!」
<スネエエエエエエエエク!!!!
67:

69:
海未「凛……凛!起きてください!」
凛「ふぁ?海未ちゃん……?」
海未「全部終わりましたよ……これでみんな眠くないはずです」
凛「んん?!確かに、体が軽いにゃー!今なら>>72だって出来そう!」
72:
ノック
75:
凛「ノックだって出来そう!」
海未「ノック?野球のですか?」
凛「そうだよ!みんなで野球しようよ!」
海未「ちょうどμ'sは9人ですしね。やりましょうか」
ーグラウンドー
絵里「で、野球ってわけね」
真姫「イミワカンナイ!」
にこ「にこ?バットなんて持てな?い」
凛「バットなんて持つ必要ないよ!凛がノックするんだから!それっ!」カキンッ
にこ「え?ぶはっ!」ボゴォ
花陽「さ、殺人ノック……」
凛「どんどん行くよー!」
77:
凛「それ!穂乃果ちゃん!」カキンッ
穂乃果「オッケー!」パシッ
凛「はい次!ことりちゃん!」カキンッ
ことり「わあっ!」サッ
凛「こら!ことりちゃん!逃げてちゃ球は取れないよ!次はフライ!真姫ちゃん!」カキンッ
真姫「わっ!とっとっとっ……いたっ!」ゴツッ
凛「大丈夫ー!?ちゃんと後ろ見なきゃだめだよー!」
真姫「うるさいわねー!わかってるわよー!」
凛「はい次かよちん!」カキン
花陽「わっ!わっ!」パシッ
凛「いい感じだにゃー!次ゴロ!希ちゃん!」カキンボテボテボテ
希「よっ!」パシッ ボインッ
凛「……やっぱり次フライ!絵里ちゃん!」カキンッ
絵里「ええっ!?よっと!」パシッ
79:
凛「最後海未ちゃんライナー!」カキンッ
海未「はいっ!」パシッ
凛「みんなお疲れ様!楽しかったにゃー!」
希「たまにはこうやってスポーツするのもええね」
絵里「野球っていうの?……初めてやったけどなかなか楽しいわね」
にこ「甘いわ!アイドルがスポーツして怪我でもしたらどーすんのよ!」
真姫「まあ確かに怪我したら踊れないしね」
海未「だったら事前にしっかり準備運動する必要がありますね」
凛「もう何時間も準備運動するのは嫌にゃー!」
あはははははははは!!!!
穂乃果「じゃあ、全員揃ったし>>82をやろう!」
89:
穂乃果「この真姫ちゃんの病院から盗んできた薬でふたなり化するよ!」
μ's「!?」
穂乃果「ふたなり化するのは???>>90-93!」
90:
にこ
91:
全員
92:
かよちん
93:
俺!
97:
穂乃果「ふたなり化するのは花陽ちゃん!にこちゃん!絵里ちゃん!それから>>93君だよ!」
93「うーっすwwwww」
真姫「誰よ」
にこ「そんなのことよりなんでにこ達なのよ!?」
花陽「ハヤサレチャウノォ⁉︎」
絵里「さ、さすがに冗談よね……?」
穂乃果「押さえ込んで」パチン
ほのキチ「はっ!かしこまりました!」ガシッ
にこ「ちょっ!離しなさいよ!」ジタバタ
花陽「や、やめて下さい!離してええ!」ジタバタ
絵里「くっ!やめなさい、穂乃果!流石に怒るわよ!」
穂乃果「どんなにもがいても無駄だよ」
98:
93「あ、じゃあ一足先に頂きますねwwwww
おっおっおっおっwwwwwうはwwwwwでかくなったwwwww」
9cm→12cm RankUP!
穂乃果「ほら、早く飲む!」
にこ「んー!(絶対あけるもんですか!)」
花陽「んー!んー!(絶対やだ絶対やだ絶対やだ!)」
絵里「…………(生えたらもうこの学校にはいられない!絶対飲まされる訳にはいかないわ!)」
穂乃果「しょうがないね、みんな!」
希「ふふふ……にこっち?お薬の時間やで?」
にこ「んん!?(希!?冗談はやめなさい!)」ジタバタ
希「ほら!わしわしわしわしぃ?!!」
にこ「んん!んんんんん!!!(ちょっ!ホントにやめなさい!)」
希「ほほう……しぶたいやん。なら次は本気で行くで?
名付けて、WMR(わしわしマックスレクイエム)ッ!」
にこ「んん!!!(や、やめっ!)」
101:
希「わしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわわしわしわしわしわしわしわしわし
わしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわし
わしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわし
わしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわし
わしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしィィィィッッッ!!!!」ワシワシ*100↑
にこ「ひゃあああああああ!!!!うっああああああああああんんん!!!」ビクビクガクガクプッシャアアアアアアア
希「今や!」ポイッ
にこ「んむ……」ヒュー…ヒュー…ゴクン
にこ「!?(あ、あそこが熱い!?)」
にこ「うあああああああああああん!!!」ビキビキビキッ
希「おお!立派なの生えたやん!」
にこ「うう……もういや……」ビクンビクン
104:
穂乃果「さあ、次は花陽ちゃんだね」
花陽「や、やめて……」ガクガク
凛「凛はふたなりになったかよちんも好きだよ?」
花陽「そういう問題じゃないよぉ……うう……」
凛「覚悟するにゃー」
花陽「り、凛ちゃん!ホントにやめて!」
凛「いくらかよちんの頼みでもこれは聞けないにゃ!
凛は常に新しい可能性を模索するにゃ!」クチュクチュ
花陽「ふわっ!そ、そんなとこ触っちゃだめぇ……」プルプル
凛「あっ、口開けたにゃ!」ポイッ
花陽「あっ」ゴクリ
花陽「わわっ!(嘘……あそこが……熱く……!)」
花陽「いやああああああああああああああ!!!!」ビキビキビキッビクンビクンッ
凛「かよちんのおっきいにゃー!」ツンツン
花陽「ひゃああああああ!!!ツンツンしないでえ!」ビクッビクッ
105:
穂乃果「さて、残るは絵里ちゃんだけだね」
絵里「……………」
穂乃果「あくまでも口を開けないつもりだね。じゃあ穂乃果も本気で>>108させてもらうよ」
108:
口移し
111:
穂乃果「口移しさせてもらうよ」
絵里「!…………」
穂乃果「ん???」グイッ
絵里「ッ!」プイッ
穂乃果「避けちゃうの?穂乃果傷ついちゃったよ。ことうみまきちゃん!」
ことうみまき「了解!」
ことうみまき「こちょこちょこちょこちょこちょこちょ」コチョコチョコチョコチョコチョコチョ
絵里「ッ!?んっ!んんっ!」クネクネ
穂乃果「ふふ……いつまで耐え切れるかな?」
絵里「んんっ!!んんんんんん!!!んっくぅっ!あっ、はぁっ!や、やめっ!」
穂乃果「今だ!」ズチュッレロッレロッ
絵里「ッ!(しまった……ここは、下で押し返すしかない!)」
>>114
1.絵里が飲まされる
2.穂乃果が飲まされる
3.途中で溶ける
114:
3
118:
穂乃果「んむっ……ずちゅっ……(くっ!思ったより粘る!)」レロッレロッ
絵里「んんっ……はむっ……(はやく、はやく押し込まないと!)」レロッレロッ
穂乃果「ぷはあ……あれ?薬がなくなった?」
絵里「や、やったわ……私の勝あひぃっ!?」
穂乃果「ふふ……どうやら薬は絵里ちゃんのnひゃうんっ!?」
海未「な、なにが起こっているのです!?」
真姫「恐らく、お互いが舐め合ってる内にお互いの中に薬の成分が入ったんだと思うわ」
絵里「そ、そんな!ああんっ!」ビクビクッ
穂乃果「あははは!最終的に生やしたんだから穂乃果の勝tひやああああああ!!!」ビクンビクンッ
ことり「……ち、ちっちゃい」
真姫「まあ、薬の効果も半分みたいね」
海未「まあ、無事にふたなり化させたわけですが、これからどうするんです?」
穂乃果「>>120」
120:
元に戻る薬で元に戻す
121:
穂乃果「じゃあこの薬で元に戻すよ!」
海未「えっ」ことり「えっ」花陽「えっ」凛「えっ」真姫「えっ」にこ「えっ」絵里「えっ」希「えっ」
穂乃果「ふたなり化させただけでもうお腹いっぱいたがらね!はい飲む!」グイッ
にこ「も、戻った……」
花陽「よかった……よかったよお……」
絵里「は、ハラショー……」
希「ウチはちょっと残念かなあ」
凛「凛もにゃー」
海未「じゃあ穂乃果、最終安価、ビシッと決めてください!」
穂乃果「>>123!」
123:
にこまきがラブラブに
124:
トラックに轢かれて死ぬ
128:
ー夜ー
にこ「まったく!今日は散々な目にあったわ!
ナニを生やされたり、ボール食らったり、無視されたり……最低の一日よ!まったく!」
真姫「ふーん。最低の一日なんだ」
にこ「そうよ。何か悪い?」
真姫「じゃあさ、にこちゃん。こっち来て」
にこ「なによまったkんむっ!」チュッ
チュッ…レロッ…ムチュッ…ズチュッ
にこ「ぷはっ!きゅ、急になにすんのよ!」
真姫「今日がにこちゃんにとって最低の一日だったんなら……
今から変えてあげるわ、この真姫ちゃんがね」
にこ「っ!ま、真姫ちゃん……」
真姫「さあ、終わらないパーティーを始めるわよ!」
終わらない
134:
あ、終わりですはい
でも終わらないって言った直後に終わりってのもほら……
おまけ>>124の場合
だってーかのーせーかんじたんだ
そーだ、すすめー
こーかいしたくない、めーのまえにー
ぼくらの、みちがあるーーーーー
穂乃果「レッツgゴハァッ!」グシャッ
海未「穂乃果ぁ!」タッ
穂乃果「な、なんじゃあっ!?こりゃあっ!?」
海未「穂乃果!穂乃果しっかり!」
真姫「もうダメよ!致命傷よ!」
穂乃果「待ってくれよ…待ってくれよ…おら死にたくねえよ…待ってくれよ…おいてかないでくれよ…」
海未「穂乃果!喋ると傷が!」
穂乃果「まだ死にたくねえんだ!待ってくれよ!
まだ終わってないんだ!私たちの夢は…」
海未「喋らないでくださいッ!真姫ッ!
まだ間に合うでしょう!?そう言ってくださいっ!」
真姫「……」フルフル
135:
穂乃果「そうか…穂乃果死んじゃうんだ…」
海未「いえ!あなたは死なせません!かならず!」
穂乃果「いいよ、海未ちゃん。穂乃果は他のssで一杯悪い事をしてきた。
これはその報いなんだよ。何処かで返済しないと渇いちゃうんだよ」
海未「穂乃果……っ!」
穂乃果「だからね……海未ちゃんは海未ちゃんで、みんなはみんなで、それぞれの夢を叶えてね…。穂乃果、見守ってるから……
じゃあね……海未ちゃん……」ガクッ
海未「穂乃果…?穂乃果あああああああああああ!!!!」
138:
ー5年後ー
海未「穂乃果、お久しぶりです。ここに来たのも三年振りですね。
結局あのあとμ'sは解散、音乃木坂も廃校になってしまいました。
ことりは海外に行ってしまったし、みんなとも音信不通です。
とても寂しいです……寂しいです。
穂乃果、あなたがいなくなってから私の人生はっ!」プルプル
海未「後悔ばかりですっ!」ボロボロ
海未「……ですが、それも今日で終わり。
穂乃果、やっと今あなたのもとに……」スッ
139:
真姫「ダメーっ!」ガシッ
海未「ま、真姫!?どうしてあなたがここに!?」
真姫「なによ、ここは私の地元よ?いちゃいけないの?」
海未「いえ、そういうわけでは……それにしても随分と久しぶりですね」
真姫「そんなことはどうでもいいのよ!
あなたは今なにしようとしたの!?」
海未「なにって穂乃果の元に」バシンッ
海未「………………」
真姫「……あなたは、最低よ」ボロボロ
海未「なぜ、ですか。私は最愛の人を失ってしまいました!
今の今まで抜け殻のように生きてきたのです!
けれどそれももう限界、この世に生きる価値を見出せないんです……」ボロボロ
140:
真姫「だから…なんだっていうのよ!」ボロボロ
真姫「あなた忘れたの!?穂乃果の最期の言葉を!
みんなはみんなで、海未は海未でそれぞれの夢を叶えてって!穂乃果そう言ってたじゃない!
だからことりは有名デザイナーになったし
花陽は農家になったしにこちゃんはアイドルになったし
私は医者になった!なのにあなたは!最も近くで穂乃果の声を聞いてたあなたが!
なんで穂乃果の言ったことを忘れてしまったのよ!」ボロボロ
海未「っ!……そうだ、私を……穂乃果が……見守ってくれているんでした」
真姫「そうよ……だからあなたは頑張らなきゃいけないのよ……」
142:
海未「でも……私にはもうなにも……」
真姫「……西木野グループがね、音乃木坂の再開発を始めたの。去年からね。
結構順調に進んでるの。けどPRが足りなくって……
よかったら、私たちと一緒にまた新しくアイドルやらない?」
海未「え?で、でも、私高校卒業以来歌ってませんし……」
真姫「そんなの私たちも一緒よ!さあ、行くわよ!」
海未「えっ?あ、ちょっと!……って私たち!?」
144:
ー元音乃木坂学院ー
真姫「着いたわよ」
海未「ここは……」
ことり「遅いよ海未ちゃん!」
にこ「まったく、ヒヤヒヤさせて!」
絵里「ま、来てくれてよかったわ」
希「これもカードの導き通りやね」
花陽「うう……緊張してきた……」
凛「なにはともあれ、集まってよかったぁ!」
真姫「さ、早く行くわよ!時間押してるんだから!」
海未「ちょ、ちょっと待ってください!これは一体……?」
真姫「説明はあと!今すぐライブよ!」
海未「ええっ!?」
146:
ー元講堂ー
絵里「よく今まで取り壊されなかったわね……」
真姫「そこはこのマッキーに感謝してもらおうかしら」
希「せやね。これを企画したのも真姫ちゃんやし」
にこ「ちょっと!いつまで喋ってんの!?もう始まるわよ!」
花陽「その前に…点呼、とりませんか?」
凛「それいいにゃー!」
真姫「やるならさっさとやる!」
一同「……………………」
花陽「あっ……ご、ごめんなさい私」
海未「1!」
一同「!………」
ことり「2!」真姫「3!」凛「4!」花陽「5!」 にこ「6!」希「7!」絵里「8!」μ's「9!」
147:
海未「μ'sミュージック???」
μ's「スタート!!!」バッ
終わり
149:

また書いてくれ
150:
乙!
152:
乙!
後、腹筋破壊ありがとう。
153:
まさかトラックENDも採用されるとは・・・
乙!
15

続き・詳細・画像をみる


スロットやめまぁす!

朝日新聞、池上氏コラム連載中断でおわび 「多様な言論を大切にする朝日新聞として間違った判断で、読者の信頼を損なった」

「男は曲で、女は歌詞で好きになる」←正論

【朗報】柏木由紀、本気を出す (※画像あり)

ごちうさの背景とか小物とかの画像が欲しい

【デング熱】舛添都知事「過度にパニックにならないでほしい」 ロシア・トムスクで記者団に答える

back 削除依頼&連絡先