穂乃果「海未ちゃんなにか技見せて!」back

穂乃果「海未ちゃんなにか技見せて!」


続き・詳細・画像をみる

1:
穂乃果「武道やってるんでしょ!?なにか技見せて!」
海未「イヤです」
穂乃果「ことりちゃん使っていいから!」
ことり「ほ、穂乃果ちゃん?」
海未「ダメですよ、床はコンクリートですし怪我させたら大変です」
海未「そもそも私は守るために鍛練しているのですよ」
穂乃果「じゃあ捻るやつでいいから!」
海未「特に面白くないですよ」グイ
穂乃果「いたたたたたた!ギブギブ!」ギリギリ
2:
ことり「おお?♥」パチパチ
穂乃果「地味だけど効くね?これ……」
海未「さあ、満足したでしょう」
海未「みんなが来る前に準備しますよ」
穂乃果「あ、そうだ!あれできない?」
海未「……?」
穂乃果「残像だ!ってやつ!」
海未「……できるわけないでしょう」
穂乃果「ええ?!?」
ことり「……」そろりそろり…
穂乃果「今までなにをやってきたのさ!」
海未「……フィクションの世界と一緒にしないでください」
穂乃果「ぶー」
ことり「今だっ!海未ちゃんわしわし?!!!」ガバッ
スカッ
ことり「あれ?」
3:
海未「どうかしましたか?ことり」スタスタ
ことり「あれ?いま確かに海未ちゃんを捕まえたと……」
穂乃果「……!!」
穂乃果「いま瞬間移動しなかった……?」
海未「してませんよ」
穂乃果「いや!したよ!絶対した!ことりちゃんも見てたよね!?」
ことり「ごめんね、私はよくわからなかったの……」
海未「人間にそんなことできるはずがありません、貴女の勘違いですよ」
穂乃果「むむむぅ?」
穂乃果「ことりちゃん!挟み撃ちだよ!」ガバッ
ことり「わかった!」バッ
海未「……」
シュンッ
5:
穂乃果「それっもっぎゅー!!!」
ことり「穂乃果ちゃんっそれはことりだよ?!」
穂乃果「やっぱりしてるじゃん!」
海未「してませんってば」
ことり「私も消えたと思う!」
穂乃果「ほら!!ことりちゃんもこう言ってるよ!?」
海未「穂乃果たちが移動したんじゃありませんか?」
穂乃果「私たちにできるわけないよ!」
海未「私にもできるはずないです」
穂乃果「もう!いつまでしらを切るつもりなの!」
6:
ありゃー・・・海未とうとう人間やめちゃったか・・
12:
次の日
穂乃果「海未ちゃん久しぶりにあれやって!」
穂乃果「手刀!ズバっと!」
海未「できませんよ」
穂乃果「ウソ!小学校の頃から海未ちゃんがハサミつかってるところ見たことないよ?」
ことり「そういえばそうだよね」
ことり「工作の時間もノコギリ使わずに手で切ってたよね」
海未「……」
穂乃果「海未ちゃんこのヒモ切って!」
海未「はぁ……」シュパッ
穂乃果「手が見えない!すごいすごい!」
13:
海未「この程度なら頑張れば誰でも出来ますよ」
ことり「それはどうかな……?」
穂乃果「海未ちゃん爪短いけどどこで切ってるの?」
海未「指ですよ」
穂乃果「は?」
ことり「海未ちゃんこれ切って!」ズルズル
穂乃果「おお!ゴツいロープだ!」
海未「やけに太いですね……ふんっ」ジャキン
海未「はい出来ましたよ」
穂乃果「カッコいい!」
ことり「」
ことり「海未ちゃん、それは船舶用のロープなんだよ……?」
海未「……」
海未「触っただけで千切れてしまうとは……相当な不良品のようですねぇ」
穂乃果「断面めちゃキレイじゃん!」
14:
穂乃果「海未ちゃん、あれやって!」
穂乃果「壁蹴って壁蹴っていくやつ!」
ことり「マリオみたいな?」
穂乃果「そうそう!」
海未「三角跳びですか?」
海未「それなら……出来ないこともないかと」
ことほの「本当?やったあ!」
海未「というわけで路地裏にやってきました」
海未「では行きますよ?」
ことほの「わくわく」
海未「それそれそれ」トンッタンットン
ことり「わぁ?!!」
穂乃果「あっという間に10mくらい登っちゃった!」
15:
海未「降りていいですか??」
穂乃果「うん!もういいよ!」
ことり「気を付けてね!」
海未「……」スタッ
ことほの「……」
ことり「10m落下したけど……海未ちゃん大丈夫なの?」
海未「あっ……」
海未「私のローファーは着地するときに高圧の気体を逆向きに噴射して衝撃を和らげる仕様になっております」
穂乃果「そんなわけないでしょ!」
ことり「普通のローファーだよ!」
海未「むむ……」
海未「人間なんだかんだで1000mくらいなら落ちてもなんとかなりますよ」
ことほの「ならないよ!」
16:
穂乃果「海未ちゃん!もっかいやって!」
海未「……いいでしょう」タンットン
ことり「!?ちょっと海未ちゃんストップ!」
海未「?」ザクッ
穂乃果「ことりちゃん、どうしたの?」
ことり「足場……ないよね」
ことり「海未ちゃん、いまどうやって張り付いてるの……?」
穂乃果「あっ」
海未「あっ」
海未「……実はいまスパイク履いているのですよ」
ことり「自分でローファー履いてるって言ってたよ!」
海未「くっ……」
穂乃果「ああ?!海未ちゃんの指が壁に刺さってる!」
海未「しまった!」
海未「……もともと穴が空いていたのですよ」
穂乃果「ウソだ!」
海未「うぅ……壁がやけに柔らかいような……」
ことり「めっちゃ硬いよ!」
18:
ことり「じゃーん!ばーん!」チャッ
海未「……?」
穂乃果「あっ鉄砲だ!」
ことり「真姫ちゃんの身体検査していたら見つけたの?♥」
ことり「クラッカーみたいなやつだって!」
穂乃果「へぇ?かっこいいねぇ?」
ことり「結構重くて造りが細かいの!」ガチッ
ことり「ミッションを開始するよ!」チャッ
海未(ん……?安全装置が……)
ことり「穂乃果ちゃんのハート撃ち抜くぞ?♥ばー」ドッギュウウン!!!!!
「なんと……本物でしたか……」
「弾はそうはありませんね……」
「弾くのは……跳ねて危ないです」
「掴み取りましょうか」
19:
ことり「きゃあっ」ドカッ
海未「反動で……ことり!大丈夫ですか!」
穂乃果「え?え?」
ことり「肩が……肩が抜けちゃったよ……」
ことり「ってそれより穂乃果ちゃんは!?」
穂乃果「ことりちゃん!?どうしたの?」
ことり「あれ……?なんともない……良かったぁ……」ジワ
穂乃果「???」
海未「ふんっ」ゴキッ
ことり「いたぁっ!!」
海未「肩は戻りましたね」
海未「さあ、危ないのでその銃を」サッ
ことり「あ……うん」
穂乃果「なんだったの……?」
24:
海未「全く真姫にはあとでお説教です」ベキッメキゴキゴキゴキ
ことり「穂乃果ちゃあ?ん」ダキッ
ことり「ほんとに何にもない!?」
穂乃果「だ、大丈夫だよぉ?うっ苦しい……」
穂乃果「あれ?ことりちゃん、鉄砲は?」
ことり「それなら海未ちゃんが……」
海未「……」ゴキメキバキッ
ことり「ウソ……」
穂乃果「海未ちゃん……その鉄くずなに……?」
海未「ああ、スマートフォンを落としてバラバラになってしまって」
穂乃果「そ、そうなんだ……」
ピロリロリン
海未「はい園田です」
穂乃果「バラバラになってないじゃん!」
26:
穂乃果「海未ちゃあ?ん?」
穂乃果「人のモノは大切に扱わないとダメだよ!」
海未「申し訳ございません」
ことり「まあまあ、穂乃果ちゃん、その辺に……」
海未「それでは真姫に謝りにいって参りますね」ガチャ
穂乃果「ああっ!まだ終わってないのに!」
穂乃果「今度から私もああやって逃げようかな……」
ことり「あはは……ん?」
ことり(……?これは……?)
ことり(実弾……!?)
ことり(やっぱりあれは本物だったの!?)
31:
穂乃果「海未ちゃん!」
海未「穂乃果?」ズシ
穂乃果「腕のそれ!重り!穂乃果知ってるよ!トレーニングに使うんだよね?」
海未「はい使っていますよ、このリストウエイトですよね?」ズシ
穂乃果「日頃から鍛練を怠らないなんて海未ちゃんカッコいい!」
海未「ふふ、ありがとうございます」ビキッ
海未「持ってみますか?」ミシッ
穂乃果「えっ!?いや!いいよ!穂乃果潰れちゃうから!」
海未「大袈裟ですね……1kgもありませんよ」ミシミシ
穂乃果「本当?……本当だ……!」
海未「全く……この頃貴女は私のことをスーパーマンと勘違いしていませんか?」ミシミシバキッ
穂乃果「実際そうだよぉ?!!」
海未「失礼ですね、私はごくごく一般的な女子高生ですよ……」ミシミシミシ…
穂乃果「アーッハァッ!どの口がァ?!」
海未「ふふふ……」ピキパキ……メキメキ……
ミシッ……ゴゴゴゴゴゴ
ことり「海未ちゃん……!一体その身体のどこにこれほどの質量の重りを……!」
絵里「ことりっ!避難の放送が聞こえなかったの!?早く逃げるのよっ!」
┣¨┣¨┣¨┣¨ド
ことり「ぴぃ?!!!」
絵里「きゃあっ!!」
ことり「海未ちゃんの近くのほうが間違いなく安全だよ!」
絵里「そ、そんなはずは!やめて!放して!!!」
ガラガラガラガラ……
32:
穂乃果「……」
海未「……」
ことり「……」
絵里「……」
穂乃果「全壊……しちゃったね……」
海未「そうですね……」
穂乃果「編入……になるのかな……」
海未「わかりません……」
ことり「離れ離れになっちゃうのかな……」
絵里「イヤねぇ、この時期に……」
穂乃果「どうすれば……」
ことり「どうすれば……」
絵里「どうすればいいの……?」
海未「……」
海未「ン?可能性を感じたというわけでもなく、そもそもすることは決まっているんですよねぇ」
海未「面倒なことこの上なしです」
海未「……父上、30人ほど消すので500億ほど貸してください」
33:
穂乃果「うっみうっみうー!!うっみうっみうー!!!」
ことり「うっみうっみう?♥」
穂乃果「うっみちゃーん!!!」
海未「?」
穂乃果「あれやって!あれ!手刀!!!」
海未「この間見せませんでした?」
穂乃果「違うよ?!気絶させるやつ!」
海未「ああ、そちらですか」
穂乃果「そうそう!首をタンッって!カッコいいよね!」
海未「……」
穂乃果「はやく見せ……」トスッ……ばたん
ことり「!?」
34:
海未「……ふぅ」コキッ
ことり「う、海未ちゃん……?」
海未「そろそろ潮時です」コキコキッ
ことり「ど、どうしちゃったの……?」
海未「この辺りにしておかないと……」
海未「もう、時間です」
ことり「ほ、穂乃果ちゃんは……?」
海未「気絶しているだけですよ……」
海未「ことり、あなたも」ユラァッ
ことり「ぴいぃっ!!!」ダッ
海未「……」シュンッ
ことり「!?」
海未「……私から逃げられるとでも?」バッ
ことり「め、目の前に」
35:
ことり「海未ちゃん、やっぱり瞬間移動出来たんだね……」
海未「……瞬間?すこーし歩いただけですよ」
ことり「私を……ど、どうするの?」
海未「眠ってもらう、だけですよ」
海未「ちょっと最近の記憶が曖昧になるかもしれませんが」
ことり「そ、そんな」
海未「あまりこちら側を知ると、取り返しのつかないことになりますので」
ことり「海未ちゃんが言うなら……」
海未「ふふふ……いい子です」メキメキビキビキ
海未「それでは、」
ことり「ま、待って!」
海未「む、どうかなさいました?」
36:
ことり「私が銃を間違えて撃ったときに、止めてくれたのは海未ちゃんだよね?」
海未「ん?……そうですね」
ことり「そっか……やっぱそうなんだ……」
ことり「ごめんね……?そしてありがとう……!」
海未「……」
海未「……礼には及びませんよ」
海未「貴女と穂乃果は、私が何にかけても守りますから……」
ことり「うふっ、ありがとう」
海未「もう、宜しいですか?」
ことり「このことは、忘れちゃうんだよね……?」
海未「そうですね……頭を揺らしますし……」
ことり「いつか、このことを、カッコいい素敵な王子様のことを、思い出せる日がくるといいな……!」
海未「……あ?」
海未(眠らせてから二人とも私の部屋へ連れ込みましょうか……)
ことり「?」
海未「いえ、なんでもないです」
海未「では、おやすみなさい……」スッ
ことり(海未ちゃんの手が、ゆっくり私の項へ近づいてきて)
ことり(冷たい手が触れたとき、私は意識を失った)
38:
穂乃果「海未ちゃ?ん!!!」
穂乃果「あれやって!あれ!」
穂乃果「残像だ!ってやつ!」
ことり「私も見たい!」
海未「はぁ……出来るわけがないでしょう」
穂乃果「えぇ?!?つまんない!」
穂乃果「ん?……んん?……んーでも前やってたよーな……?」
ことり「そういえば、私もなんかそんな気が……」
海未「……」
海未「変な夢でも見たんじゃないですか?」
穂乃果「いーや!やってた!」
穂乃果「試せばわかるよ!ことりちゃん!挟み撃ちだ!」ガバッ
ことり「らじゃー!」バッ
海未「はぁ……」
3

続き・詳細・画像をみる


【画像】彼女いないやつに朗報wwwwwwwww

【サヨク悲報】「九条おじさん」が窒息死

南ロンドンで現在売り出し中のお屋敷の一室が明らかにおかしい・・・

【放送事故】 ミヤネ屋で宮根誠司がカメラマンにキレまくるwwwwwwwwwww

【動画】 マックフライポテト、10週間放置しても腐らない事が判明!ビッグマックも2週間変化なし

資産7兆円のビル・ゲイツ一家のバカンスをご覧ください

back 削除依頼&連絡先