にこ「なんでまたセンターが穂乃果なのよ!」back

にこ「なんでまたセンターが穂乃果なのよ!」


続き・詳細・画像をみる

1:
ほのハーよりのほのにこもどき
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407051810
2:
海未「では、次の曲のセンターは穂乃果ということでいいですね?」
ことり絵里希凛花陽真姫「賛成!(にゃ)」
にこ(……)
海未「では今回の会はこの辺りで終わりにしておきましょう」
ことり「そうだね、帰って早く衣装のデザイン考えなきゃ♪」
真姫「私もイメージを膨らませとかないとね」
にこ「……ちょっと待ちなさいよ」
海未「どうしましたか?」
にこ「なんでまたセンターが穂乃果なのよ!その前も前も前も前も穂乃果だったわよ!?」
真姫「そんなこと言われてもねぇ……」
凛「それはしょうがないんだにゃ」
にこ「真姫ちゃんもちょっと前までそのことに対して文句言ってたわよね!」
4:
真姫「……人は変わるものよにこちゃん」
にこ「一体なにがあったのよ!とりあえず私は認められないわ!」
希「にこっち、ちょっと落ち着いて……」
絵里「そうよ、これには深い事情が……」
にこ「知らないわよ!絶対に私は認めないからね!」タッタッタッ
バタン
花陽「帰っちゃいました……」
凛「にこちゃんはまだこっち側じゃなかったのかにゃー」
ことり「穂乃果ちゃん最近まで真姫ちゃんにべったりだったからねぇ……」
希「多分穂乃果の次のターゲットはにこっちやろうなぁ」
ことり「穂乃果ちゃんの無意識に惚れてない人を落としに行く特性……」
海未「本当やっかいですね……、ライバルがどんどん増えていきます」
5:
凛「しかもにこちゃんとかすぐ落ちそうだよねー」
真姫「そうね……、あれに耐えられる人はいないわ」
絵里「凄まじいちょろさを発揮してた真姫が言うと説得力あるわね」
真姫「しょうがないじゃないっ///」
希「とりあえずセンターは穂乃果ちゃんってことで進めとこか
また今度、にこっちのことは説得してみよか」
海未「そうですね、ではこれで第24回のほの会を終わります」
海未ことり真姫花陽凛絵里希「お疲れ様でしたっ!」



にこ「なんなのよ、ほの会って!しつこく呼ばれるから行ってみたけど……」
にこ「もう二度と参加することはないわね……」
にこ「それにしても最近穂乃果ばかりセンターだと思ったらそういうことだったのね」
にこ「こうなったら例え私一人になったとしても断固戦いぬいて見せるわ……」
6:
??????
翌日!
穂乃果「真姫ちゃ?ん!」ギュッ
真姫「うぇえ///ちょっと穂乃果、離しなさいよっ///」
ことり「穂乃果ちゃん、真姫ちゃん嫌がってるみたいだしやめてあげよう?」
絵里「人肌恋しいなら私の胸を貸してあげるわよ?真姫のより気持ちいはずよ」
希「だったらうちの胸貸してあげよか?穂乃果ちゃんのこと包み込んであげるわー」
花陽「あ、あのぅ!私の胸も……その……お、大きいと思うんです!」
海未「くっ……、胸の話だと出ていきにくい……」
凛「まったくだにゃ……」
ワイワイキャッキャッ
にこ(まったく穂乃果のどこがそんなにいいのよ……)ジーッ
にこ(確かにかわいい方だとは思うけどにこの方が25倍はかわいいわよ……)ジーッ
穂乃果「あっ!」
にこ(やばっ!目があった!)
7:
穂乃果「にーこーちゃーん!」タッタッタ
にこ「……なによ?」
穂乃果「そんなとこで一人でいないでにこちゃんも遊ぼうよ!」
にこ「私が何してようと勝手でしょ、一人の方がいいのよ」
穂乃果「えー……、でも穂乃果はにこちゃんとも遊びたいなぁ……」シュン
にこ「くっ……」
穂乃果「ねぇ、にこちゃんお願い……」ウルウル
にこ(この子、ことりの技を!)
穂乃果「お願ぃ……」ウルウル
にこ「あ!ひ、一人でいるのも飽きたしにこも混じろうかなー」
穂乃果「本当!?」
にこ「たまたまちょうどいいタイミングで飽きただけだから!勘違いしないこと!」
穂乃果「わーい!にこちゃん優しいねっ」ギュッ
にこ「だ、抱き着くのはやめなさいよ!///」
にこ(な、なんかすごくいい匂いがするわ……)
8:
穂乃果「あー!にこちゃん顔真っ赤だよ?照れちゃってかわいいっ!」
にこ「もう、早く離しなさいよっ!///」ドキドキ
海未「にこも案外ちょろいんですね」ヒソヒソ
凛「ツンデレはちょろいって真姫ちゃんでわかってたにゃ」ヒソヒソ
真姫「何よそれ」ヒソヒソ
にこ(聞こえてるわよっ!)
にこ「いい!?私はあんたたちとは違って絶対に落ちないんだから!」タッタッタッ
穂乃果「あれ行っちゃった……、穂乃果怒らせちゃったかな?」
絵里「そんなことないわ、にこが素直じゃないだけよ」ナデナデ
希「せやでー、落ち込むことないよ?」ナデナデ
穂乃果「ありがとうっ、なんだか元気出てきたよ!」
9:
???????
にこ(それからというものなぜか穂乃果は私に付きまとい続けた)
穂乃果「にこちゃん!おはよう!」
にこ「ほ、穂乃果!?あんたなんで私の家の前にいるのよ!」
穂乃果「にこちゃんと一緒に学校行きたかったから……、迷惑だったかな」ウルウル
にこ「べ、別に迷惑でもないけど……、あーもう!いくわよっ」
穂乃果「わ?い!にーこちゃんっ」ギュッ
にこ「ちょ、ちょっと腕絡めるのやめなさいよ!///」



10:
穂乃果「にこちゃん!練習のペア一緒に組もう!」
海未ことり「!?」
にこ「へ?私と?」
穂乃果「そうだよ?他ににこちゃんって人はいないでしょ!」
にこ「なんで急に私と組みたがるのよ、いつも海未かことりでしょ?」
穂乃果「んー、気分だよ!ほらほら柔軟しよー♪」ギュッ
にこ「ちょ、ちょっと!わかったから離しなさいよ///」
穂乃果「にこちゃん体柔らかいし線も細くてかわいいねー」
にこ「ちょっと変なこと言わないでよ!あとくっつくすぎよ!」
にこ(やっぱりほのかっていい匂いが……って何考えてるのよ!)



11:
穂乃果「にこちゃん寄り道して帰ろうよ!」
にこ「は?海未やことりといきなさいよ」
穂乃果「二人とも忙しいんだって」
にこ「それなら絵里や希とか……」
穂乃果「にこちゃん以外みんな忙しいらしいの!付き合ってよー」
にこ(ずっと穂乃果のペースに乗せられるわけにもいかないわ)
にこ「嫌よ!」
穂乃果「ええー?用事でもあるの?」
にこ「そういうわけじゃないけど私が付き合う義理もないわ」
穂乃果「にこちゃんと寄り道したかったのにな……」シュン
にこ(なぜかとても胸が痛いけど我慢よ……、心を鬼にするのよ……)
穂乃果「そういえばにこちゃん、昔穂乃果のポテト食べたよね……」
にこ「へっ?ポテト?」
12:
穂乃果「うん……μ'sに入る前にさ……」
にこ「あ、あったわねそんなことも……」タラタラ
穂乃果「急にあの時の悲しみを思い出しちゃったよ……」
にこ「もう時効よ!今更すぎるわ!」
穂乃果「へぇ……、にこちゃんってそんな人だったんだね……」
にこ「うっ……、じゃあ謝るわよ……」
穂乃果「謝ってもポテトは戻ってこないよね」
13:
にこ「……どうすればいいのよ?」
穂乃果「にこちゃんが一緒に寄り道してくれたらポテトのこと忘れられるかも……」
にこ「やっぱりそうくるわね……」
穂乃果「ねえにこちゃん、ポテト……」
にこ「ええい!わかった!どこにでも行くわよ、とことん付き合えばいいんでしょ!」
穂乃果「わーい♪にこちゃん優しいから大好き!」ギュッ
にこ「その代わり何かおごりなさいよ……」
穂乃果「もっちろん!じゃあまずはクレープ食べに行こう!」ギュッ
にこ(な、なんで手を握るのよ///)



14:
穂乃果「にこちゃん!お昼ご飯一緒に食べよー?」
にこ「ほ、穂乃果!?」
穂乃果「穂乃果だよ?」
にこ「そ、そうじゃなくてなんで私と!?」
穂乃果「えー、気分だよ?だめかな……」
にこ「ダメって言っても連れてくんでしょ?ほら行くわよ!」
穂乃果「さっすがにこちゃん!話が分かるねっ」
にこ「これだけ付きまとわれればね……」
穂乃果「えへへ、じゃあせっかくだし屋上で食べようか」
にこ「はいはい、行くわよ」



穂乃果「わー、にこちゃんはお弁当なんだね」
にこ「ええ、まあね」
穂乃果「美味しそうだね!それ手作りなの?」
にこ「当たり前よ!アイドルたる者お弁当は手作りって相場が決まってるのよっ」
穂乃果「そうかなぁ……」
15:
にこ「もちろんよ!あんたも毎回パンだとアイドル力が落ちるわよ」
穂乃果「あはは、なにそれ……、そうだ!」
にこ(面倒事の予感がする……)
穂乃果「ねえにこちゃん、穂乃果に料理を教えてよ!」
にこ「やっぱりね……」
穂乃果「やっぱり?」
にこ「なんでもないわよ、別に教えてあげてもいいわよ」
穂乃果「えっ!?本当?」
にこ「ただし最近忙しいからね?、暇になったらね」
16:
穂乃果「えー!今度っていつ頃?」
にこ「今度は今度よ」
穂乃果「それお母さんが良く使うやつだ!その今度は一生来ないって知ってるよ!」
にこ「暇になったら教えるわよ、暇になったらねー」
穂乃果「うぅ……、絶対教えてくれる気ないよね」
にこ(これ以上付きまとわれたら堪ったもんじゃないわよ……色々とね)
穂乃果「……ポテト」
にこ「!?」
穂乃果「……あの時ポテト食べたかったなぁ」ウルウル
にこ「ちょっと!もうその話は流れたはずじゃないの!」
17:
穂乃果「にこちゃんに冷たくされたらあの時のこと思い出しちゃって……」ウルウル
にこ「ああもうわかったわよ!今度の休みに教えてあげるから!」
穂乃果「……本当?」ウルウル
にこ「本当よ!だからその上目づかいで瞳ウルウルさせるのやめなさい!」
穂乃果「わーい!にこちゃん大好きっ」ギュッ
にこ「は、離れなさいって///」
にこ(なんでこんなにドキドキするのよ!)ドキドキ
穂乃果「じゃあ今度の休みに穂乃果の家でね!材料とか用意しとくから!」
にこ「はいはい、ちゃんと準備しときなさいよ?」
穂乃果「まかせといて!」
18:
?????
次の休み!
穂乃果「ではにこ先生!さっそくお願いします!」
にこ「何よその先生って……」
穂乃果「雰囲気は大事だよにこちゃん!」
にこ「早戻ってるし……、まあいいわ。じゃあ何が作れるようになりたいの?」
穂乃果「えっとね、から揚げと卵焼きとたこさんウィンナー!」
にこ「何よそのラインナップ……」
穂乃果「お弁当に入ってたら嬉しい物かな!材料も用意したからお願いします!」
にこ「約束だし良いけどね、その代りビシバシいくわよ!」
穂乃果「はい!お願いします!」



19:
にこ「たこさんウィンナーは切込みが大事よ!均一になるように切りなさい!」
穂乃果「はい!……あっ!たこさんが真っ二つに……」
にこ「あんた結構不器用ね……」
穂乃果「面目ないです……」
にこ「落ち込んでるヒマはないわ
ウィンナーを斜めに切る簡単なやり方もあるからそっちでいくわよ!」
穂乃果「はい!」



にこ「卵焼きの難しいところは何と言っても巻く時よ
油を気持多めに引くとくっ付きにくくて楽になるわよ」
穂乃果「はい!」タラー

にこ「あら、こっちは結構上手じゃない」
穂乃果「えへへ、褒められちゃった!」ニッコリ
にこ「くっ……、中に具を入れることで色々アレンジできるから試してみるのもいいわよ///」



20:
こ「から揚げのポイントは二度揚げよ、最初は低温であとから高温で揚げることで
カリっとした衣になるわ」
穂乃果「へぇー、さすが詳しいね!」メモメモ
にこ「常識よ/// ほらさっさとやるわよ!」
穂乃果「はーい」
穂乃果「油がはねたっ!熱いよにこちゃん!」
にこ「バカ!早く冷やすわよ!痕になったりしたらどうするの!」パッ
穂乃果「……にこちゃんってなんだか頼りになるね///」
にこ「あんたが頼りなさすぎるのよ、とりあえず大丈夫そうね」
穂乃果「むぅー……」
21:
????
穂乃果「やった完成!」
にこ「色々あったけど何とかできたわね……」
穂乃果「にこちゃんのおかげだよ!早食べよう!」モグモグ
にこ「そうね……」モグモグ
穂乃果「お、美味しい!穂乃果が作ったとは思えないほどおいしいよ!」モグモグ
にこ「形は悪い物が多いけど味の方は初めてにしては中々ね」モグモグ
穂乃果「にこちゃんのおかげだよ!本当にありがとう!」
にこ「お礼を言うのは早いわ、今度は一人で作らないとダメなのよ?」
穂乃果「そうだね!今度何かお礼するから楽しみにしといてねっ」
にこ「別にお礼なんていらないわよ、……私も楽しかったし」
穂乃果「へっ?今なんて?」
にこ「だから楽しかったからお礼は別にいいっていったのよ!ちゃんと聞きなさいよっ」
穂乃果「に、にこちゃんがデレた!」
にこ「そんなんじゃないわよ!一応ごちそうにもなってるし!」
穂乃果「えへへ、でもお礼はするから待っててね!」
22:
???????
数日後!
穂乃果「にこちゃん!一緒にお昼ごはん食べよう!」
にこ「また来たのね、今日も海未とことりはいなかったの?」
穂乃果「そういうわけじゃないよ!今日は特別だからね///」
にこ「特別?」
絵里「あら穂乃果じゃない、三年の教室に来るなんて珍しいわね」
希「ウチらもこれからお昼なんだけど一緒にどう?」
穂乃果「えっと今回は… にこ「ダメよ」
絵里 希「!?」
23:
にこ「穂乃果は私を誘いに来たんでしょ?なら二人で食べたましょうよ」
希「にこっち……」
絵里「ちょっとキャラ変わりすぎじゃない?」
穂乃果「にこちゃん///」ジーン
にこ「ほら、さっさと行くわよっ」タッタッタ
穂乃果「うん!ごめんね、絵里ちゃん希ちゃん!また今度ねー」タッタッタ
絵里「……」
希「……にこっちもついにこっち側かもしれんね」
絵里「そうね。ほの会を開いた方がいいのかもしれないわね」
24:
??????
屋上!
にこ「くるなら前もって連絡くらいしなさいよね?」
穂乃果「えへへ、ごめんね?忘れちゃってて……」
にこ「まぁ、いいけどお昼でしょ?早食べましょうか」
穂乃果「そうなんだけど……にこちゃんこれ食べてっ!」
にこ「これは……お弁当?」
穂乃果「うん!にこちゃんに料理教えてもらった後も練習してみたんだ」
にこ「ってことはこれ手作りのお弁当……?」
穂乃果「うん……、結構上手にできたから食べてほしいなって///」
にこ(穂乃果の手作りお弁当……手作り?手作り!?)
穂乃果「だからもしよかったらお弁当交換しない?ダメかな……///」
にこ「もちろんよ!もちろん!ちょうど他人のお弁当は食べたいと思ってたのよね!」
25:
穂乃果「本当、ありがとう!嬉しいな/// はいこれ穂乃果のお弁当っ」
にこ「はい、これが私のよ」
にこ(あー!穂乃果とお弁当交換するなんて知ってればもっと豪華にしたのに!)
穂乃果「わー、にこちゃんの彩鮮やかでおいしそうだね!」
にこ「ちゃんとバランスは考えないとダメよ?」
にこ(確か今日はピーマン使ってないはずよね……、それだけが救いね)
穂乃果「はーい。私のお弁当もあけてよ!にこちゃんほどじゃないけど自信作だから!」
にこ「はいはい、どれどれ……」
にこ(これは……!多少形の悪いおかずもあり、卵焼きのサイズもバラバラ、
しかしピックやワックスペーパー、添えるようにおいてあるプチトマトが可愛らしさを演出してるわ!
そして何よりアナタのために一生懸命作りましたという手作り感にあふれている!)
27:
穂乃果「どうかな?」
にこ(女の子の手作り弁当として申し分ないレベルね、100点と言ってもいいわ。
実際これを海未やことりにあげたら喜びのあまり絶命するかもしれないレベルね。
渡されたのが私で良かった……!)
穂乃果「ねえ……、感想は?」
にこ「……はっ!ええっとまあまあね、まあ頑張ったんじゃないかしら?」
穂乃果「えーっ!にこちゃん厳しい!」
にこ「ま、まぁ、私はあんたの料理の先生だからね!ほら食べるわよ」
穂乃果「えへへ、そうだね!いただきます!」モグモグ
にこ(食べる前に写真残しておきたい……!だけど穂乃果の前じゃあ……)
穂乃果「美味しいっ!やっぱりにこちゃんのお弁当はすごいねっ
にこちゃんも穂乃果の食べてよ」モグモグ
28:
にこ「えぇ、今食べるわ」モグモグ
にこ(写真を残せなかった……その分記憶に焼き付けるのよ!)ジーッ
穂乃果「そんなにお弁当を凝視しながら食べてどうしたの?
美味しくなかったかな……?」シュン
にこ「……まぁ、悪くないんじゃないの?」
穂乃果「えー!美味しいか美味しくないかで言ってよっ!」
にこ「悪くないわよ」モグモグ
穂乃果「にこちゃんは素直じゃないね」モグモグ
29:
にこ(本当はとっても美味しいわよ、味自体は大したレベルじゃない
もちろん最初のに比べれば全然美味しいけど、まだまだ経験が足りないわ)モグモグ
にこ(だけどこのお弁当にはそれを補って余りあるほどのスパイスが入っている……)
にこ(そう、愛という名のスパイスがね!
このお弁当には『大好きな先輩に少しでも美味しく食べてもらいたい!』って言う思いが込められているのが感じられるわ!)モグモグ
穂乃果「すごい勢いで食べてくれてる、うれしなぁ」
にこ「……ごちそうさまでした」
穂乃果「夢中で食べてたね!やっぱり美味しかったんでしょ!」
にこ「ま、まあまあだったわよ///」
30:
穂乃果「あんなに夢中で食べてたのによく言えるよね」ニヤニヤ
にこ「あんたこそ食べ終わってるじゃない」
穂乃果「にこちゃんのお弁当は美味しいからね!ぺろっといけちゃうよ」
にこ「……そこまでいうならまた交換してあげてもいいわよ」
穂乃果「えっ!?本当?」
にこ「ただし前日から言っとくこと、わかったわね?」
穂乃果「はーい、次はもっと美味しく作ってくるから期待しといてね!」
にこ「はいはい、期待しないで待ってるわよ」
穂乃果「本当は楽しみなくせに?、素直じゃないね」
31:
キーンーコーカーコーン
穂乃果「あっ、昼休み終わっちゃった。って急がないと遅刻だよこれ!」
にこ「さっさと行くわよ。」ダッ
穂乃果「ちょ、ちょっと急に走り出さないでよ!」
にこ「……お弁当美味しかったわよ、また作っていなさいよね!」タッタッタッ
穂乃果「に、にこちゃん!」ジーン
穂乃果「絶対また作るからね!もっと美味しく作るからー!」
穂乃果「って、行っちゃった。本当に素直じゃないんだから……。
ちゃんと聞こえたかな?」



33:
にこ「はぁ……はぁ……、さすがに追ってはこないわよね……」
にこ「食後すぐに全力疾走はきついわね……」
にこ「それにして……」
にこ(『絶対また作るからね!もっと美味しく作るからー!』か……
あの時の穂乃果の笑顔とても可愛かったわね……)
にこ(あの笑顔がもっと見たい……、あの笑顔を一番近くで見守っていたい……)
にこ(今なら絵里や希……みんながなんであんなに穂乃果を推していたのかがわかる気がするわ)
34:
?????
海未「これより第27回のほの会を始めるところなんですが……」
海未「今回正式加入のメンバーが一人増えましたので自己紹介お願いします」
にこ「なんで今更……」
海未「決まりですから、別に加入しないのならいいのですが」
にこ「わかったやるわよ!」
にこ「名前は矢澤にこよ、好きな穂乃果のポイントは笑顔
自慢できるエピソードは穂乃果の手作り弁当を一番最初に食べたことよ!」
希「なんやて……」
絵里「穂乃果のお弁当を……!?」
ことり「しかも幼馴染でも食べたことない手作り……?」
凛「大型新人がきたにゃ……」
35:
にこ「メンバーになったからって私は穂乃果を諦めるつもりも共有するつもりもないわ」
真姫「ヴェェ!?」
にこ「絶対に穂乃果を振り向かせて見せるわ!以上よ!」
花陽「せ、宣戦布告ですか……!?」
凛「新人の癖にやってくれるにゃー」
ことり「やっぱりにこちゃんは面白いね」ニッコリ
花陽(め、目が笑ってないよぅ……)
希「何いってるんかな、にこっちは」
絵里「本当ね、私たちがまるで穂乃果を諦めて馴れあってるみたいじゃない」
にこ「へ?」
36:
海未「そうですよ、私たちは穂乃果を諦めたりはしていません
みんな虎視眈々とチャンスを狙っているだけです」
絵里「なんで私たちが集まって会議しているか、それは情報収集のためなのよ」
希「あと、穂乃果ちゃんの前で無駄に争うのを防止するためってのもあるなぁ」
真姫「穂乃果の話を聞いてほっこりしたいってのもあるけどね」
花陽「例え自分の話じゃなくてもほっこりできるよね///」
海未「わかりましたが?私たちは仲間でもありライバルでもあるんです」
37:
にこ「……そうみたいねちょっと誤解してたわ」
絵里「だからと言って敵愾心丸出しにするのもダメよ?」
希「せやで、穂乃果ちゃんが好きである前に同じμ'sのメンバー同士やからね」
にこ「わかってるわよ!」
海未「それでは議題の方に移りますか次のセンターとその両サイドを誰にするか……」
花陽「前回は希ちゃんだったし今回は私の番だと思いますっ!」
凛「かよちんは同じユニットになって美味しい思いしてるんだから控えるべきゃにゃー」
38:
ことり「ユニットは公平に決めたんだから、それとこれとは別だよ?」
絵里「そうね、じゃあ右サイドは花陽で左サイドは私ってことでどうかしら?」
希「ええわけないやん!」
にこ(すごい白熱して入り込めない……)
真姫「ちょっとにこちゃん!あなたも参加しないと置いてかれるわよ!」
にこ「へっ?」
海未「ぼさっとしてたら殺されますよ?ここは戦場なのですからね」
にこ(全員ぽんこつかと思ってたらこんな強力なライバルたちだっただなんて……!)
にこ(だけど諦めない!いつかあの笑顔を一番近くで独占してみせるわ!)
おわり
39:
誕生日なのに全く関係ないSSになっちゃったけどごめんなさい
でもにこちゃんのお祝いメッセージ見たら書きたくなったんだ・・・
料理やお弁当は作ったことないので違和感はおやつにしといてください
46:
にこちゃんの誕生日おめでとうセリフ可愛すぎて萌え死んだ
乙でした
4

続き・詳細・画像をみる


連続放火事件「くまえり」の服役後初の獄中手記を公開

【ベトナム】根強い猫肉食の習慣、飼い主は捕獲リスクに戦々恐々

【画像】中国のシマウマが胡散臭い

【画像】 資産7兆円のビル・ゲイツ一家のバカンスをご覧ください。

もしも手からビームが出たらお前らどうする?

お前らは戦闘機や戦車は好きなのに、兵装備には無関心だよな

小鳥「何もする事がないなぁ」

【動画】18年間誰も取ることが出来なかった「スーパーマリオ64」の隠されたコイン

【六畳間の侵略者!?】5話まとめ バトル展開に! デレ早苗ちゃんかわええええ!

アニメやゲームで大人気のスクール水着が激減! その理由とは?

【超悲報】流行りの妖怪のせいでいたいけな少年少女が死ぬ恐れ

「428〜封鎖された渋谷で〜」とかいうノベルゲーwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先