妹「ふぇぇ…お兄ちゃんが私のアナルに住み着いちゃった…」back

妹「ふぇぇ…お兄ちゃんが私のアナルに住み着いちゃった…」


続き・詳細・画像をみる

1:
妹「ふぇぇ…キモいよぉ…出てってよぉ…」
オレ「やだねったら やだね」
こいつは妹の兄・たかし
顔はキモいけど 性格はクズ
妹「もう!ウォシュレット浴びせてやる!」
オレ「フヒヒ…いいのかな?そんなことして」
オレ「よし おまえら通っていいぞ」
妹のウンコA「え?でもオレたちまだ…?!」
オレ「早くいけって!」
妹のウンコB「ハ?イ」
妹「!!」
ゾゾゾッ
妹「きゃっ」
ブリリリリッ
妹「ふぇぇ…ウンコ漏らしちゃったよぉ…」
オレ「ククク…オレを追い出そうとしたら どうなるか わかったか!」
12:
-
姉「ご飯だよ?」
姉「あれぇ??たかしは?」
妹「私のアナルの中…」
オレ「やぁ」
姉「なんでそんなとこにいるの?妹ちゃん 困ってるでしょ?早く出なさい」
オレ「やなこった」
スルンッ
姉「ご飯ここに置いとくからね」
グイッ
オレ「わーい!ラーメン!ハフハフ!」
ドテーヘン
妹「うぇぇ…お兄ちゃん 私のアナルの中でラーメン食べないでよぉ!」
姉「ご飯食べるときくらい アナルから出なさい!」
16:
妹「お風呂入ろう」
妹「お兄ちゃん まだアナルにいるの?溺れちゃうよ」
オレ「アナルにシャッターするから大丈夫」
ピシャッ
妹「ふぇぇ…私のアナル 改造しないで…」
26:
-妹のアナル
オレ「ククク…妹のアナルは最高だぜ」
オレ「『今 妹のアナルにいるけど質問ある?』っと」
カチカチ
なんと たかしは妹のアナルにWi-Fiまでつけていた
妹のウンコ「あ…あの?」
オレ「なんだおまえ?」
妹のウンコ「あんたがGOサイン出さないと 外に出られないんですが…」
オレ「知るか 臭いから消えろ」
妹のウンコ「あんたの仕事だろうが!」
オレ「なんで仕事したくないから妹のアナルに入ったのに 妹のアナルで仕事しなくちゃいけねェんだよ!!」
妹のウンコ「行こうぜ…妹が便秘になっても知らないからな」
妹のウンコC「ああ…」
オレ「勝手にしやがれ」
31:
オレ「なるほど そう来たか…なら増殖するG」
妹のウンコC「くそっ…」
妹のウンコD「たかし!遊んでないで 仕事しろ」
オレ「はあ……?」
妹のウンコD「ほら これ」
ウンコDはタッパーを渡した
タッパーの中には毛がいっぱい
オレ「なんだこれ?」
妹のウンコD「ケツ毛だよ アナルの周りに植えてきてくれ」
オレ「はあ………?まんどくせ…おまえやれよ」
妹のウンコD「たかしの仕事なんだよ!ほら!」
オレ「はいはい」
オレ「どうせ処理されるのになんでこんなことを…」
ピッ
妹のウンコD「まあそう言うなよ…オレも手伝うからさ」
ピッ
36:
オレ「疲れた」
妹のウンコD「休憩はまだだぞ!少し空気をだす『ホワイトホール』のレバーを引いてくれ」
オレ「お…おう」
ガシャッ
妹のウンコD「バカ!!ゆっくり引け!!」
-聖ホーリー小学校
妹「!!」
ブーッ!!
妹「い…いやっ…」
『アハハハハ!!聞いたか?!妹のでっかい屁!!』
『くっせー!!』
『かわいいからってなんでも許されると思わないでよね!!』
妹「ふぇぇ…」
-妹のアナル
妹のウンコD「おまえのせいだぞ」
オレ「す…すみません…」
39:
アナルの中に入れる方法教えてくれ
37:
ちょっとアナルに就職してみたくなった
46:
妹のウンコD「ゆっくり引かないと いっきにオナラが出ちまうんだ」
妹のウンコC「ウンコDはすかしっ屁マスターだから 外に出る前にいろいろ教えてもらうといいよ」
オレ「外に…?」
妹のウンコD「ああ…オレたちもウンコ 時が来たら排泄され 流される運命なんだ」
オレ「そ…そうなのか…」
妹のウンコC「オレたちを排泄するときのレバー 任せたぞ」
オレ「は…はい…」
妹のウンコD「あと何日 おまえといっしょに仕事できるかなー」
妹のウンコC「オレたちが出るまでにきっちり仕事覚えるんだぞ 次に来るウンコはこんなに優しくないからな」
オレ「わ…わかりました…」
50:
妹のウンコD「ほら飲めよ たかし」
ウンコDはおしり汁を持ってきてくれた
オレ「でもオレ お金持ってない…」
妹のウンコD「バカ オレのおごりだ」
オレ「あ…ありがとう ございます!」
妹のウンコD「仕事後のいっぱいは死ぬほどウメェんだ」
オレ「はい…」
オレ「Dさんはあと何日くらいここにいるんですか?」
妹のウンコD「2 3日くらいかな?」
オレ「…」
54:
ブー ブー
オレ「うわっ!!うるさ!!」
妹のウンコC「起きろたかしくん!大変だ!」
オレ「まだ朝の6時!仕事まであと2時間もある!」
オレ「なんすか!」
妹のウンコD「バカ野郎!!おまえがてきとうに仕事するから ゲリのヤツが侵入しやがった!」
オレ「ゲリ?!」
ゴゴゴゴゴ
ゲリ「エェェェェ…」
オレ「なんだありゃ…まるで津波…!!」
妹のウンコD「肛門閉鎖しろーーーッ!!」
妹のウンコC「二重ロックは完璧!!あとは妹ちゃんがトイレに向かうだけです!」
ギチギチッ
オレ「だ…ダメだ…!!ロックが破られる!!」
妹のウンコD「もってくれェーーーッ!!」
ギチギチッ
57:
妹はランニングをしていた
妹「早朝マラソン?♪朝日を浴びて?♪」
妹「ミルク片手に?♪いっき飲み?♪」
ゴクゴク
妹「ふぇぇ…この牛乳腐ってるよぉ…!!」
妹「うぅっ…!!お腹が痛い!」
ゴロゴロ
妹「トイレ…!!どこかにトイレないのぉ?…?!」
ハァハァ
-聖ホーリー公園
妹「ふぇぇ!!誰か入ってる!早く!!早く出てきてよぉ!」
ゴンゴン
「あいよ?」
妹「漏れちゃうんです!早く!早くゥ!!」
「あいよ?」
妹「お願いだから早くしてェ?!!」
キリキリキリッ
「あいよ?」
64:
-妹のアナル
ゲリ「エェェェェ…」
ゴゴゴゴゴ
妹のウンコD「妹はまだトイレに到着しないのか!?」
妹のウンコC「かなり苦戦しているみたいだ!!」
妹のウンコD「ウンコC!おまえあと どのくらいパワー残ってる?」
妹のウンコC「さ…最初の半分くらいは…」
妹のウンコD「わかった!!なんとか堪えてくれ!」
オレ「なんでこんなことを…?!もう漏らしちゃえばいいじゃないですか?!」
オレ「どうせ恥かくのは妹だし オレたちじゃない!あとは妹に叱られるだけでしょ?!」
妹のウンコD「バカ野郎…!!オレたち『妹の体内 アナル本部』は…一見 クソを排泄するだけの仕事だが…」
妹のウンコD「それは同時に…妹の人間の尊厳を守る重要な役目でもあるんだ…!!」
グググ
オレ「ウンコDさんッ!!」
妹のウンコD「ウンコC!!本気見せろォ!!」
妹のウンコC「おう!!」
バッ
67:
オレ「ああクソッ…!!」
ガッ
たかしもウンコたちと協力し
ゲリを抑える!!
オレ「なんて力だ…!!CさんDさんは こんなヤツを相手にしてたのか?!」
ゲリ「アァァァァァ…」
ゴゴゴゴゴ
オレ「ギギギ…!」
妹のウンコD「バカ野郎め…なんて非力なヤツなんだ…おまえなんかが協力しても 全然力になんねェ…」
オレ「えっ…?」
妹のウンコC「たかしくん…!!離れろ!!キミまで排泄されるぞ!」
オレ「排泄されるって!まさか…!!」
妹のウンコC「ああ…オレたちは このゲリと共に排泄されるキミとはもう お別れだ」
オレ「そんな…!!」
妹のウンコD「バカ野郎!オレたちはどうせ最後には排泄される…それが早いか遅いかの話だ」
グググ
オレ「Dさんッ…!!」
68:
泣けるぜ
71:
-公衆トイレ
妹「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ッ!!」
ブルブル
「あいよ?」
ピシュンッ
日影「はあい…」
こいつは妹の親友の日影
日影が瞬間移動して助けにきてくれた!
妹「日影ちゃん?!たしゅけて!!」
日影「任せて…日影ート」
ピシュンッ
-日影の家のトイレ
日影「さあ…早く…あたしの目の前で妹の汚物をひり出して!!」
ゾクゾクッ
妹「うん!ありがとう!!」
ブリブリッ
72:
>>1は才能あるな
これマンガ化すべき
76:
ゲリ「エェェェェ…」
ゴゴゴゴゴ
妹のウンコC「くっ…ありがとう…みんなっ…」
ザザーンッ
ウンコCはゲリに巻き込まれた
妹のウンコD「Cィィィィッ!!」
ゲリ「アァァァァァ…」
ゴゴゴゴゴ
妹のウンコD「があああああ!!」
ウンコCが消えたことで
ウンコDは1人でゲリを相手しなければならないッ!!
オレ「Dさんッ!!」
ガッ
妹のウンコD「たかし…!!テメェ…!!」
オレ「Cさんの代わりにはならないだろうけど…オレにも…協力させてくださいッ…!!」
妹のウンコD「男になったか!」
グググ
81:
ゲリ「オォォォォ…」
ゴゴゴゴゴ
妹のウンコD「いいのか?!おまえまでいっしょに排泄されるんだぞ!」
オレ「どうせ生きててもウンコみたいな人間なんだ!だったら本当のウンコになって死ぬのも悪くねェ!!」
妹のウンコD「ハッ 言うじゃねェか」
「日影ちゃんに見られてると 恥ずかしいよぉ…」
オレ「!!」
妹のウンコD「!!」
オレ「妹がトイレに到着しました!!」
妹のウンコD「やっと楽になれる…」
ザザーンッ
ブリブリブリッ
84:
オレ「…」
オレ(妹のゲリにまみれて死ぬ…最高…)
妹のウンコD「まだ仕事が残ってやがったか…」
ガッ
ウンコDはゲリから たかしを救いだした!!
妹のウンコD「生きろ!!おまえはアナルでくすぶってるような人間じゃねェ!!たかし!!」
オレ「ハッ…!!」
ボトボトッ
妹のウンコD 死亡
オレ「Dさァァァァァんッ!!」
89:
-日影の家のトイレ
ブリリリリッ ビチャビチャ
日影(なんて下品な音なの…録音して着信音にしよ…)
妹「んっ…」
ブリュリュリュ
オレ「ぎゃッ!!」
ボトッ
元のサイズに戻ったクソまみれのたかしが出現した
妹「きゃあ!!」
日影「えっ?!えっ?!」
妹「ヒィィィィッ!!怖いよぉ!!」
日影「死ねっ…!死ねっ…!」
ボコッ
オレ「ぎゃああああッ!!」
日影「よくも!妹のウンコをのぞいたなっ!許さないっ!許さないっ!」
オレ(妹のゲリにまみれて ロリに踏まれる…こんな幸せ かつてあったでしょうか?)
オレ(いいえ ありませんでしたねェ…ありがとう…ウンコDさん…ウンコCさん…)
92:
-家
オレ「決めた!オレェ…寿司屋で働くよ」
姉「あれ??楽で稼げる仕事がよかったんじゃなかったっけ??」
オレ「いや オレに楽で稼げる仕事なんてないってわかった だから今できることを精一杯することにした」
姉「そうなんだ えらいよ えらいよ? 面接がんばってね」
オレ「うん!」
落とされたのは言うまでもない

97:
-寿司屋
店長「この空白は?」
オレ「空白の100年です」
店長「前のアルバイト『アナル』っていうのは?」
オレ「妹のアナルに入り込んで ウンコを流したり ゲリを食い止めたりする仕事です!」
店長「…」
店長(不採用)

103:
乙イデア
104:
泣いた乙
108:
イイハナシダナー
8

続き・詳細・画像をみる


ついにパチンコ店 新たな課税へ

にゃんこが恐い(´;ω;`)

【朗報】C.ロナウドが食わず嫌いに

飲酒運転で捕まったwwww

飛行機内でインターネット、国内線の一部でも可能に

今いくよ・くるよ師匠の若い頃が結構かわいい件

back 削除依頼&連絡先