男「れ、冷蔵庫が謎の粘液で固められている!?」back

男「れ、冷蔵庫が謎の粘液で固められている!?」


続き・詳細・画像をみる

1:
男「なんてこった、これじゃ夕飯が作れないぞ」
プリン「…」プルン
男「このままじゃ俺は空腹で死んじまう」
プリン「…」タユン
男「かくなる上はプリン、お前を食うしか」
プリン「///」プルンプルン
男「ってバカ者」デコピン
プリン「!?」プルルン
3:
男「あーあー、カラメルでガチガチだよ」
男「ドライバーでこそぎ取るか」
ガッ!ガッ!
男「駄目だな、硬すぎる」
男「どーすんだよコレ」
プリン「…」タユン
男「たゆんじゃないよお前」
4:
男「もういい歳なんだから、こういうことすんのはやめような」
プリン「…」タユン
男「とりあえず出前でもとるか」
プリン「…」プルンプルン
男「お前はイタズラしたから飯抜き」
プリン「!」プルルン
5:
男「ってことが昨日あってさ」
友「プリン怖っ!!」
友「え?なにそれ、そんな硬くなんの?カラメルって」
男「野生のプリンはまずカラメルソースで獲物の自由を奪うんだそうだ」
友「だから怖ええよ!!ってか肉食なのかよ、プリンって」
男「雑食だから基本何でも食うんだとさ」
友「ふーん」
6:
友「それで、冷蔵庫はどうしたよ」
男「固まったトコにちょっとずつお湯かけて溶かした」
友「そりゃ大変だったな」
男「まあ慣れてるっちゃ慣れてるからいいんだけどさ」
男「あいつも小さい頃はやんちゃだったし」
男「そういや昔は家中カラメル塗れだったっけ」
友「プリン飼うのって大変なのな」
7:
男「それでも最近は大人になって、滅多にそんなことしなくなったのに」
男「どうしたんだろ、あいつ」
友「さあなあ」
友「お前に構って欲しかったとか?」
男「うーん散歩は毎日行ってるし、スキンシップもそれなりにとってるつもりなんだけど」
8:
女「食べて欲しかったんじゃない?」
男「女さん」
女「前にも言ったけど、プリンを食べることは自然なことなんだよ」
男「…」
女「男くんがあの子を大事にする気持ちはわかるけど」
女「それが本当にお互いの為に良いことなのか、一度考えてみたらどうかな」
女「なんて、ごめんね私なんかが偉そうなこと言っちゃって」
男「いえ、そんなこと、ないですよ」
9:
女「じゃあプリンちゃんによろしくね」
男「はい」
男(そうだよな、わけもなくプリンがあんなことするなんて思えないし)
男(ただのイタズラって決めつけずに…)
男(なんであんなことをしたのか、帰ったらプリンに確かめてみるか)
12:
男「ただいまー」ガチャ
シーン
男「ん?」
男(おかしいな、いつもならアイツ飛びついてくるのに)
男「おーい、プリーン!いないのかー?」
ガタゴト
男「!」
男(キッチンの方から物音が…)
13:
男「まさか、泥棒?」
男「…」
男(とりあえず音のした所を見てみるか)
ガチャ…
男「!な、これは…!?」
14:
ぐちゃあ
男「台所が悲惨な状況に!?」
男(果物の皮やら生クリームやらが飛び散ってあーもー)
男「何やってんだ!プリン!」
プリン「…」プリッ☆
男「あ?」
15:
男(なんで頭にフルーツ乗っけてんだコイツ?)
プリン「…」プリッ☆プリッ☆
男「…」
プリン「…」プリッ☆プリッ☆
男「あのなぁ」
プリン「?」プルン
男「いい加減にしろっ!」
プリン「!」
16:
男「お前、食い物で遊ぶなんて最低だぞ」
プリン「!?」
男「しかも家の中おもっきり汚してくれちゃって」
プリン「…」タユン
男「昨日といい今日といい、どうしちゃったんだよ」
プリン「…」
17:
プリン「…」ススス
男「ってコラ!どこへ行く」
プリン「…」カチッカチッ
男「な!!何やってんだ!!やめろ!!」
プリン「…」カチッカチッ
ボッ!
男「プリーーーーーーーーン!!」
19:
バシィッ!!
プリン「!!!」ポヨンッポヨンッ
男「あ、危なかった」ゼエハア
プリン「…」タユン
男「一体なんのつもりだ、プリン」
プリン「…」
男「コンロに火なんか点けて、もう少しでお前焼きプリンになっちまうとこだぞ」
プリン「…」タユン
21:
男「たゆんじゃわかんないだろ」
男「なんでこんなバカなことしたんだ」
男「怒らないから言ってみ」
プリン「…」ユラユラ
男「言いたくないって?」
プリン「…」プルッ
22:
男「…」
プリン「…」
男「はあ、わかったよ」
男「お前のことだ、なんか言えないワケがあるんだな」
プリン「…」タユン
男「ほら、お袋達が帰ってくる前に片付けちまうぞ」
プリン「…」プルン
男「と、その前に」
23:
男「頭に乗っけてるその邪魔そうな果物は捨てとけよ」
プリン「!!!?」ガーン
男「カラメルに色が移っちま…って、どうした?」
プリン「…」プルプルプル
男「?」
プリン「お、男さんのカバッ!!」ススス
男「しゃ!?喋っ!?っておい!!」
プリン「…」スススイー
男「ど、どこにいくんだ!!プリン!!」
男「プリイイイイイイイイイイイイン!!!!」
24:
友「で、家出したプリンを一晩中探したけど見つからず」
友「そんなゾンビみたいな顔して登校してきたと」
友「そういうことか?」
男「…」
男「プルン」
友「ぷるんじゃないよお前」
25:
友「まあプリンが喋ったってのはお前の幻聴として」
男「タユン」
友「そこまで聞けば俺だってプリンの気持ちは分かるわ」
男「!?プルン」
友「要するになあ」
男「プルン」
友「って、しつけえよ!なんだお前さっきから、ふざけてんのか?!」
26:
男「い、いや俺なりにプリンの気持ちになってみようかと思って」
友「それでプリンの真似か、この鈍感男め」
男「そんなことより、教えてくれ、なんでプリンはあんなことを」
友「なんでも何も、昨日女さんが言ってた通りだろ」
友「男に自分を食べて欲しかったんだよ、プリンは」
男「!?」
27:
友「お前の食欲をそそる為にア・ラ・モード風になってみたり」
友「こんがり炙って焼きプリンになろうとしてみたり」
友「いじらしいじゃないのよ、ほんと」
友「お前も薄々わかってたんだろ?」
男「…」
友「だから、今までそんなに強く叱れなかった、違うか?」
28:
男「お、俺は」
友「…放課後になったら俺も探すの手伝ってやるよ」
男「ありがとう、友」
友「ったく、見つかったらちゃんと食ってやれよ」
男「う、ううむ」
29:
男「ぷりーーーん!!」
友「ぷりんちゃーーーん!!」
男「…」
友「なんか…」
友「男二人でキャラメル持ってプリンプリン言ってんのって」
男「ああ、完全にアレな人達だな」
30:
友「帰りたくなってきた」
男「すまん」
ワアアアアアアアア!!
男・友「!?」
???「見つけた!!見つけました!!」
???「ついに我々は伝説のUMAを発見したのです!!」
32:
男「な、なんだアイツら」
友「カメラ持ってるし、テレビ局の人じゃね?」
司会「この地方に残る逸話や目撃情報からその存在を噂されていた珍獣『揺らりひょん』」
司会「まさか本当にこんな街中で捕獲に成功するとは」
司会「隊長!今のお気持ちをどうぞ!」
33:
隊長「感無量です」
隊長「こんな立派なUMA(未確認動物)を捕獲することができて私は今、非常に感動しています」
司会「本当に、見れば見るほど立派なUMAですねえ」
隊長「ええ、色といい艶といい、素晴らしいUMAだ」
プリン「///」プルンプルン
男「ってプリーーーーーーーーーーーーン!!!!」
34:
プリン「!?」
男「お前、珍獣扱いされて何照れてんだよ!!」
男「っじゃなくて、その、心配させやがって!!」
プリン「…」
男「ほら、帰るぞ」
プリン「…」ツーン
男「プリン?」
35:
隊員「きみィ困るよ、今おじさん達撮影中なんだよ」
男「!すいません、でも、コイツ俺の家族なんです」
プリン「…」ツーン
隊員「このUMAと?おいおい大人をからかっちゃいけないよ」
男「本当なんです、コイツがまだ手の上に乗るくらい小さかった頃から一緒に暮らしてきたんです」
隊員「そうは言ってもねえ」
36:
隊長「いいじゃないか」
隊員「隊長!?」
隊長「UMAと心通わせる少年…実に絵になる」
隊員「で、でも隊長、見た感じ、この子ら全然心通わせてませんよ?」
隊長「ん?」
男「お、おいプリン」
プリン「…」ツーン
37:
男「なに意地張ってるんだよ」
男「このままじゃお前、見世物にされちまうかもしれないぞ」
プリン「…」ツーン
男「プリン!!」
友「…なあ男、お前プリンを叱る前に、言う事があるんじゃねえのか?」
男「う」
プリン「…」ジー
38:
男「…」
男「その、昨日はお前の気持ちを考えなくて、えっと」
男「悪かったよ」
プリン「…」ユラユラ
男「でも、お前も悪いんだからな」
友「おい、男」
男「わかってる、わかってるよ」
39:
男「プリン、お前俺に食べて欲しかったのか?」
プリン「…」
プリン「…」プルッ
男「そうか、そうだったんだな」
男「…食べるよ」
プリン「!」
男「帰ったら、お前を食べる、約束するよ」
男「今まで気づかなくてすまなかったな」
40:
プリン「…」ユラユラ
プリン「!!!!!」ピョイーン
男「ちょっ!ばか」
男「飛びつくなって!重っ」
プリン「!!」プルンプルンプルンプルンプルン
男「…ぷっ」
男「ははははは、ったく、はしゃぎ過ぎだっての」
41:
隊長「今の、カメラに?」
カメラマン「バッチリっす、こりゃ数字とれますよ」
隊長「そうか」
隊長「そおい!!」ベキッ
カメラマン「!?」
カメラマン「あー!!なにするんですか!!?隊長」
隊長「伝説の珍獣は、やはり伝説だった」
隊長「それでいいじゃあないか」
カメラマン「えー!そんなー」
43:
男「じゃあ、その」
男「食うぞ」
プリン「///」プルン
男「…」ドキドキ
プリン「///」プルンプルン
男「あ!あー!!スプーン持ってくるの忘れた!!」
男「ちょ、ちょっと取ってくるわ!!」
プリン「…」タユン
45:
男(な、なんでこんな緊張してんだ、俺は!)ゴクリ
男「ただプリンを食うだけだろうが」ボソッ
男(…そう、プリンを食べるだけ、自然なことだ)
男(俺はあいつを守るって昔誓ったけど)
男(これはあいつ自身が望んだことなんだ)
男(何も悪いことじゃない)ドキドキ
47:
男「…」スーハー
男(落ち着け、クールになるんだ、男!)
男「…」パンッ
男「よし!!」
男「プリン!!」
プリン「!」プルン
男「こっちおいで」
48:
プリン「///」ススス
男「ふう、それじゃ」
男「いただきます!!」ツンッ
プリン「…ッ!」ピクッ
男「!い、痛かったか?」
プリン「!」プルップルッ
男「そ、そうか、でも痛くなったらすぐ言えよ?」
プリン「…」プルッ
49:
男(プリンの表面、きめ細かくてまるで絹みたいだ)
男(今からこの綺麗なプリンを、俺が)ドキドキ
プリン「?」プルンプルン
男「…」ゴクリ
男(ええい!男ならやってやれだ!!)
男「えいっ!」
ヌプッ
プリン「!」ビクンッ
51:
男(やっぱり痛いみたいだな)
プリン「…」プルプル
男(こんなに震えて)
男「大丈夫か?」
プリン「…♪」プルッ
男(強がりやがって、くそ、健気じゃねえか)
男(食うぞプリン!俺はお前を食う!!)
52:
パクッ
男「…う」
男「うんんめえええええええええええええええええええええええ!!!!」
プリン「//////」カアア
男「なんっじゃこりゃ!!!うめえ!!うめえぞプリン!!」
プリン「///」プルンプルンプルンプルン
53:
男(口に入れた瞬間、まるでそれは地面に舞い降りた初雪のように舌の上から溶けて消えた…)
男(だというのに、確かに口中へ広がるこのカラメルとバニラの芳醇な香りはどうだ!!)
男(極上の甘味は脳天を貫き、俺の意識は天上の彼方へと舞い上がる!!)
男(まるで、まるでそれは、それは…)
男「それはミニスカート!!」
プリン「!?」
54:
男「それはプラネタリウム!!」
男「それはヨハン・シュトラウス!!」
男「それはピカソ!!」
男「それはアルプス!!」
男「すべての美しいものに出会うということ、そして」
男「かくされた悪を注意深くこばむこと」
55:
男「生きているということ」
男「いま生きているということ」
女「泣けるということ」
友「笑えるということ」
不良「怒れるということ」
女生徒「自由ということ」
56:
男「生きているということ」
男「いま生きているということ」
57:
ピザ「いま遠くで犬が吠えるということ」
教師「いま地球が廻っているということ」
生徒1「いまどこかで産声があがるということ」
生徒2「いまどこかで兵士が傷つくということ」
生徒3「いまぶらんこがゆれているということ」
58:
男「いまいまがすぎてゆくこと」
59:
体育教師「生きているということ」
犬「いま生きてるということ」
男(小)「鳥ははばたくということ」
委員長「海はとどろくということ」
隊長「かたつむりははうということ」
60:
男「人は愛するということ」
61:
男「あなたの手のぬくみ」
プリン「…」
プリン「いのちということ」
おわり
6

続き・詳細・画像をみる


真面目に聞くけど、知的障害者って生きてる資格あんの???

ほむら「まどかにエッチなイタズラをしてみる」

やれやれ系主人公ってもう飽きられてる(流行ってない)?

マツコDX「日本代表は気取りすぎ、サッカーだけやってろ!」

フレディマーキュリーの死後、彼の部屋から大量の乾燥した葉が発見された

【名前】慧紅音

back 削除依頼&連絡先