【羅援速報】 過激発言「中国は日本を火の海にする」中国軍元少将 中国のお前ら「口だけ将軍」back

【羅援速報】 過激発言「中国は日本を火の海にする」中国軍元少将 中国のお前ら「口だけ将軍」


続き・詳細・画像をみる


尖閣諸島周辺や南シナ海での強引な海洋進出で、日本をはじめ周辺諸国との緊張を高めている中国。その領海・領土拡張路線をメディアを利用して援護しているのが元中国人民解放軍少将の羅援(ルオ・ユエン)氏という人物だ。その過激発言は有名で、5月22日に陸上自衛隊が離島奪還訓練をした際には、「中日が開戦すれば、日本は必ず一面火の海と化す」といった調子。当然、中国では人気があるのかと思いきや、意外と支持は低く、それどころか「口だけ将軍」などと揶揄される始末。その理由は、「恥ずかしい過去」がネットで暴露されたことにある。
米国に本拠を置く中国系新聞「大紀元」などによると、羅援氏は現役少将当時の2013年2月に中国版ツイッターの微博(ウエイボー)に登録し、自らの主張などを書き始めた。しかし言論統制が当たり前で、自分の主張がすんなり受け入れられた中国メディア界とは違い、双方向通信のインターネットの世界は少々勝手が違った。
 精神論で「中国共産党軍最強説」を振りかざし、一般人民を軽視する書き込みを続けたことに対し、他のユーザーが一斉に批判的なコメントで応えたのだ。
これに対し羅援少将が取った手が稚拙だった。他人になりすまし、「羅援少将の見解は素晴らしい。軍時評論も視聴者に歓迎されている」などと自分を擁護する書き込みをした。しかし、アカウント(ID)がそのままだったために、他のユーザーにすぐバレ、再び批判を浴びる結果に。
 羅援少将は「パスワードを盗まれた」(つまり自分が書いたコメントではない)と釈明したが、これがまた逆効果。ユーザーから「おまえは軍人なのに自分のパスワードも守れないのか」と指摘される始末だ。
 問題の“逃亡”は1979年の中越戦争(中国側が開戦、侵攻した)時。戦争前に雲南省のベトナム国境近くの部隊で作戦参謀をしていた羅援氏は、開戦直前に人事異動で北京に戻った。羅援氏の父が周恩来元首相に近い要職にあったことから、事前に開戦を知り、戦場に行かなくても済むよう手を回したのでは?との疑惑が出ているという。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140612/waf14061207000002-n3.htm
6
この人て典型的中国人だよね
7
ソウルを火の海にするぞ っていう北朝鮮の名言をパクるなよ中国
11
自作自演将軍
2
また羅援さんか
相変わらずの減らず口やな
12
カッケー
横山マンガに出てくるダメ将軍そのものやないか
14
羅援少将をそろそろ萌え化する日本人が出てくる頃合いかと
16
おもしろ少々キター
18
戦争でも核でもいつでもどうぞニッコリ
19
コスト勘案したら意味のないことだ
それより移民押し込みまくって内部から乗っ取るほうが安く付く
20
もうええで
21
こう言う逃げ腰の人の方が危険じゃないかな
23
みんなのアイドルこと羅援ちゃんじゃないですか(*^。^*)
25
地球のガン
26
いつもの人か
28

続き・詳細・画像をみる


オリックスの貯金が17もある事実

ソシャゲー「スカイロック」が鳥山明の作風に類似 漫画家・田中圭一氏が批判「マジ有り得ない!」

やっぱ尾田栄一郎が描く女より

この後殺されるはずのブタが走るトラックの荷台から飛び降りる奇跡の映像

男「惚れた相手は幼馴染の母親」

【画像】ブラックマジシャンガールが帽子を脱いだ姿可愛すぎワロタwwwwww

back 削除依頼&連絡先