やよい「うっうー!」ドワオ!!! 貴音「面妖な・・・」back

やよい「うっうー!」ドワオ!!! 貴音「面妖な・・・」


続き・詳細・画像をみる

1:
「な・・・なんだこれは!帰ってきたら事務所がサラ地になっている!まるで爆発でもあったかのように!」
春香「プロデューサーさん!ドワオですよドワオ!」
真「プロデューサーが留守の間にドワオしたんですよ!」
P「春香!それに皆も!無事だったか。・・・一体なにがあったんだ?」
千早「くっ・・・」
響「実は・・・」
やよい「うぅ・・・」グスン
あずさ「大丈夫大丈夫・・・心配することなんかないわよ」ナデナデ
雪歩「そ、そうだよ!よくあることだよ。うん・・・」
貴音「・・・」
P「や、やよい?お前がやったのか?・・・一体何があったんだ・・・」
3:
真「やよいと皆でマリオカート64をやってたんですけど・・・やよいがスターを取った瞬間に・・・」
 ???
やよい「やったー!スターを取りましたー!」
やよい「うっうー!」
 ドワオ!!!
 ???
響「突然爆発して事務所が吹っ飛んだんだぞ」
P「そんなことが・・・」
やよい「ごめんなさいです・・・」
P「気にするな。それより今は更地になった事務所をどうするかだが・・・」
伊織「心配いらないわ。すでに建て直す手配をしてあるからすぐに元通りよ」
P「さすがだな伊織」
7:
P「わりとすぐに建て直ったな事務所」
やよい「でもまた壊しちゃうかも・・・うう」
春香「だ、大丈夫よ!きっと」
P「で、まずは率直な疑問を投げかけてもいいか?」
やよい「はい」
P「なんでやよいは爆発したんだ」
P「なんで事務所が吹き飛んだのにアイドルの皆はホコリかぶったくらいのダメージなんだ」
P「なんで音無さんだけボロボロなんだ」
小鳥「ピョ・・・」ボロボロ・・・
貴音「面妖な・・・」
10:
亜美「原因はわかんないけど、やよいっちが『うっうー!』ってなったら爆発したYO!」
真美「一瞬何が起こったかわかんなかったZE!」
P「うーむ、人体には影響のない爆発か」
小鳥「ぇ・・・」
P「やよい、何か心当たりはあるか?なんで爆発したかとか」
やよい「いえ・・・何もわかんないですぅ・・・」
P「どっか具合悪いとかないか?」
やよい「大丈夫ですぅ」
P「そうか。原因がわかるまでは皆で注意してくれ。爆発の引き金が何なのかつきとめないと、今後の活動にも影響してくるしな」
伊織「やよい、遠慮せずにどんどんドワオしちゃっていいのよ。事務所なんかいくらでも建て直してあげるんだから」
やよい「・・・うん。ありがとう伊織ちゃん」
小鳥「ぇ・・・」
15:
真「それじゃあさ!皆でトランプでもして気分変えようよ!」
春香「いいねー!ババ抜きしようよババ抜き!」
亜美「ババ抜きですか→」
真美「ババは抜きですか→」
雪歩「私が配るね」パラララ・・・ダバダバダバダー
響「おおっ!すごいぞ!トランプ二束にしてなんかハデにバタバタと混ざってく!」
雪歩「はい、配りまーす」シュッ シュッ
春香「カードを投げて配ってる。ギャングみたい」
真「あ!手札に揃ってるカードがけっこうあるぞ!ラッキー」ポイポイ
やよい「私もですぅー。えーと、これとこれと・・・」ポイポイ
春香「やよい、ペアのカード多いね」
やよい「これとこれと・・・あ!て、手札全部ペアでしたー!」パァー
真「ほ、ホントに!?」
雪歩「すごーい!」
亜美「さすがやよいっち→!」
真美「戦わずして勝つとは→!」
やよい「なんだかうれしくなっちゃいますー!」
響「完璧な自分でもそこまではできないぞ!」
春香「すごいねやよい!」
やよい「ありがとうございますー!うっうー!」
 ドワオ!!!
18:



春香「プロデューサーさん!しっかりしてください1」ユサユサ
P「うう・・・み、皆・・・大丈夫か」ガラガラ・・・
小鳥「」ガララ・・・
春香「私たちは無事です。でも事務所が・・・」
真「また建直しかぁ・・・」
千早「くっ・・・」
やよい「み、みなさぁん・・・ご、ごめんなさいですぅ?・・・」
伊織「気にしないでやよい。いくらでも建て直しちゃうんだから」
 ブロロー キィーッ
美希「ただいまなのー!・・・って、どうしたのコレ?」
律子「うわっ!事務所が瓦礫の山に・・・」
P「美希、律子・・・これはカクカクシカジカで」
律子「やよいがドワオしたって・・・そんな」
貴音「面妖な・・・」
19:
伊織「とりあえず事務所立て直したわ」
P「で、爆発の原因はなんだったんだ?」
響「たしかやよいがババ抜きで手札全部ペアになって・・・」
真「うっうーって言った時に光に包まれた」
P「むう・・・最初の時もうっうーって言った時にドワオしたんだな」
やよい「・・・はい」
あずさ「ということはやはり・・・」
P「ええ、あずささん。おそらく、やよいが『うっうー!』をすると爆発が起こる」
亜美&真美『な、なんだってぇー!』バァー
響「そ、そんな!なんでそんなことになったんだ!?」
やよい「うう・・・私にもさっぱりですぅ・・・」
美希「Zzz・・・」
貴音「面妖な・・・」
雪歩「一体どうして・・・」
P「うーむ・・・」
律子「どうやら話さなきゃならないみたいね」
P「知っているのか律子!?」
22:
律子「それは『うっうー線』という未知のエネルギーによるものよ」
亜美&真美『な、なんだってぇー!』バァー
やよい「?」
あずさ「・・・うっうーせん?・・・それはなんなんですか?」
律子「この前の健康診断で・・・やよいの診察の後、お医者さんに呼ばれて説明されたの。やよいの中には未知のエネルギーが存在していると」
貴音「面妖な・・・」
春香「やよいの中に・・・エネルギーが!」
真「すごいじゃないかやよい!永久機関やよいだ!」
やよい「えぇー・・・」
P「だがそれがなぜ爆発を・・・?」
律子「・・・そこまではわかりません。なにせ未知のエネルギーですから・・・私はその秘密を知ってから、日夜あらゆる文献を研究してるんです。きっと何か掴んでみせますよ!」
P「ああ。任せたぞ律子。やよい、これからはうっうーを使うのは時と場合を考えてくれ」
やよい「はい・・・」
23:
春香「ひえぇ・・・なんだか妙なことになってきちゃったね」
響「うん・・・やよいがエネルギーを持ってるなんて」
美希「Zzz・・・」
P「ところで、仕事の話になるんだが千早、今度のテレビ収録で竜宮小町のメンバーに混じってクイズに出場することになったんだが」
千早「・・・」
P「竜宮のメンバーの誰かと組むことになるんだが・・・誰と組みたいとかあるか?」
伊織「フン、そんなの聞くまでもないわ。スーパーアイドルの伊織ちゃんに決まってるでしょ」
亜美「いやいや→ここは亜美っしょ→」
千早「あずささん一択で」キリッ
亜美「え→!」
あずさ「あら?」
伊織「ええっ!?なんでよ!別にダメとは言わないけどちょっとは考えなさいよ!」
千早「フッ・・・私はボインちゃんが好きなのよ」
伊織「!!?」
春香「ぷ、プロデューサー!千早ちゃんが変ですよ!」
26:
P「ち、千早!どうしたんだ!普段のお前はそんな感じのこと言わないだろ!」
千早「何を言っているんですかプロデューサー。私はいたって正常ですよ。フフ・・・」
P「こ・・・これは一体・・・」
律子「・・・おそらくうっうー線の影響よ」
亜美&真美『な、なんだっつぇー!?』バァー
律子「うっうー線による影響で、千早の性格が少し変わってしまったみたいね」
P「そ、そんな・・・」
やよい「ふえぇ?!千早さんごめんなさいですぅ?!」
千早「何を言っているのやよい。こんなことを気にしているようではトップアイドルなんて無理よ」
真「ち、千早?・・・」
千早「私があずささんを選んだのはボインちゃんだからというだけではないわ。あずささんには闘争心がないのよ。おっとりとしているからね・・・だから私が鍛える意味も含めて選んだの」
あずさ「千早ちゃん?・・・」
千早「これからは弱いアイドルは歌う資格はないのよ!アイドルがいきぬくには、弱い部分の原因をつきとめて刈り取るのよ!」
28:
伊織「な、なんだか様子が変よ!」
千早「さああずささん、一緒にクイズの勉強としゃれこもうじゃありませんか。きっとすごいことになりますよ」グイッ
あずさ「えぇ?」
P「しっかりしろ千早!何をやってるんだ!あずささんを離せ!」
千早「邪魔すんじゃないわよ!」シュバァ
P「ウギャー!目が、目がァ???!」
千早「耳だァー!」ドシュッ
P「ヒィー!」
律子「マズイわ!真!響!千早を抑えつけて!」
真「は、はい!」
響「ほら!大人しくするんだぞ!」
千早「ヒヒヒ、ヒヒヒハハハ。ハハハハハハハーッ!」
29:
今更になりますが、キャラ崩壊しまくりですご注意ください
アイマスSS書くのは初めてです。タイトルだけ思いついただけの勢いなので内容はスッカスカです
32:
やよい「千早さん・・・私のせいであんなことに・・・うう・・・」ションボン
春香「やよいのせいじゃないよ。きっと千早ちゃんは歌の練習のしすぎでちょっと疲れてただけだから・・・」
やよい「でも・・・」
伊織「もうっ、やよいらしくないわね。いつもみたいに元気出しなさいよ」
やよい「うぅ・・・」
亜美「そうだよやよいっち→うっう→ができないだけで後は普通にしてればいいじゃん」
真美「そうそう♪ほら、はいたーっち!」サッ
やよい「・・・はいたーっち」ペチン
真美「ムウ・・・全然元気ないな→」
雪歩「皆の言う通りだよ。あんまり深く考えないで、いつもどおりにしてればいいと思うよ」
春香「ほら、元気だしてやよい!」
やよい「みなさん・・・ありがとうございます?」
P「お、元気出てきたか?」
やよい「はい!うっ――」
亜美「おおっと!それは禁止」ガシッ
やよい「ムググ・・・そうだった」
真美「じゃ、こっちにしよ→手ェだして→」サッ
やよい「うん!せーのっ」
やよい「はい!たーっち!」
 ドワワッ!!!
33:
春香「まさかハイタッチでもドワオしちゃうなんて・・・」
やよい「すみません?・・・」
伊織「事務所はいつも通り立て直したわ。昼寝してた美希も元のスペースに戻しておいたし」
美希「Zzz・・・」
小鳥「ギ・・・ウゥ・・・」ボロボロ
P「な、なぜかわからんが俺にも多少のダメージはあるようだ・・・いてて・・・」
雪歩「プロデューサー!ひじをすりむいてますよ!」
P「ああ・・・だがこの程度で済んでよかった。しかし、うっうーをしてないのになぜドワオが?」
やよい「わかりません?・・・」
律子「おそらく、やよいのテンションがあがると爆発が起きるんですよ。うっうーしかり、ハイタッチしかり」
あずさ「そんな・・・」
伊織「それじゃあやよいはずっとローテンションでいろっていうの!?」
亜美「真美だったら絶対無理だね」
真美「亜美こそ」
律子「今から私はうっうー線の研究をさらに究めるわ。何かわかるまでここには戻ってこないから」
P「律子・・・」
律子「大丈夫ですよプロデューサー。きっとうっうー線を解明してみせます。では」シュタッ
35:
 ?その後?
律子「うっうー線についての研究結果がでたわぁ!」バン
P「ほ、本当か律子!」
春香「私にわかるように説明してくださいぃ!」
真美「やっとやよいっちの謎が解けるね。そう思うでしょ?亜美ぃ」
亜美「う、うん。長くも感じたし、あっという間にも感じるね、真美ィ」
響「はいさいー!ちゅう!にゅう!」
律子「こ、これは・・・」
P「すまん律子・・・お前が研究にこもってる間に皆がうっうー線の影響を受けまくってしまったらしい・・・」
律子「いえ・・・むしろこの程度で済んで少し安心したくらいです」
やよい「律子さ?ん!」ダキッ
律子「やよい・・・あなたのうっうー線のことが少しだけ解明したわ」
春香「一体なんだっていうんですか。うっうー線とは!」
律子「うっうー線とは・・・周囲に笑顔を振りまくエネルギーなのよ。やよいは自然と、その場にいるだけで皆に笑顔を振りまく存在・・・人を笑顔にするエネルギー!それがうっうー線なのよ!」
やよい「笑顔に・・・」
P「律子大丈夫か?なんだかお前も少し興奮してる風にみえるが・・・」
律子「そりゃそうですよ!うっうー線はスバラシイものなんですよ!もっともっと知りたい!うっうー線とはなんなのか!うっうーとはなんなのか!」クワッ
小鳥「あのー、社長がちょっと来てほしいって呼んでますけど」
律子「またせとけ!」
36:
P「律子・・・やっぱりお前も様子が変だぞ。少し休んだ方がいい。もう十分だ。これ以上うっうー線のことを調べたって無駄だ」
律子「これ以上なんて言葉はありゃあせんのですよ!」
小鳥「あのー・・・社長が・・・」
律子「ええい!千早を社長のトコに放り込んでおいて!」
 ―――――
社長「ム、来たか律子くん。・・・・・・ん?」
千早「スケジュゥ?ルを教えてくれないかしらぁ?・・・・・・私が歌手になるまでのスケジュールをね」
37:
 ドカッ! バキッ! グチア!
社長「ひいっ・・・許してください如月さん!君がソロ歌手なんて・・・君はまだ高校生です!」
千早「あなた、遊びで私をアイドルに参加させたの?歌を金儲けの道具だと思ってたの?」
社長「わあっ!許してください!僕はアイドルという言葉のかっこよさだけで事務所を立ち上げたんです!許してください!」
千早「許せですって?ふん、私のソロ活動を勧めない上・・・私の過去を聞いて許せると思うか!やあっ!」バリ!
千早「目だ!」ビシッ!
千早「耳だ!」バシーン!
千早「鼻ッ!」ビシー!
千早「胸!」ビシィー!
P「社長室が騒がしいな・・・」
律子「放っておいてください」
44:
律子「とにかく、うっうー線とはやよいの周囲から常に発声している笑顔エネルギーよ。やよいがいれば自然と周りが笑顔になるにはそういう理由がある!」
律子「そしてやよいのテンションが高まった時、うっうー線が一気に放出されてドワオしちゃうの。それだけじゃないわ・・・うっうー線は・・・うっうー線とは!」
P「律子!しっかりしろ!目がグルグルしてるぞ!」
律子「うっうー線は・・・アイドルを促すエネルギーなのよ!765プロの皆はうっうー線によってアイドルに選ばれた者達!うっうー線によってトップアイドルへと促されているのよ!」
P「な・・・何をいっているのかさっぱりわからん」
律子「その証拠にアイドルの皆がうっうー線の影響を受けている!すでに『変化』がはじまっているのよ!」
真「わっ!背中にコウモリ羽が生えてきた!」
雪歩「ふえ?、いつものシャベルがドリルに変身してますぅ?」
貴音「面妖な・・・」
春香「物理法則もあったもんじゃないですね・・・」
45:
響「確かに皆ちょっと変わってきてるぞ。見ろ、あずささんが空を飛んでる」
あずさ「あら?」スイー
P「っぐ・・・もはや何でもありかこの事務所!」
伊織「まったく、やよいのうっうーにも困ったものね」
やよい「ごめんなさいですぅ?」
ζ 'ヮ')ζ<でもこれも仕方がないかなーって思いますー
伊織「!!?」
P「や、やよいが二人!?」
やよい「わわっ!だ、誰ですか?!?」
ζ 'ヮ')ζ<うっうー!
律子「これは・・・おそらくうっうー線によるやよいの完全なるコピー!うわおお!うっうー線はクローンまでも可能にしているというのね!」
やよい「ふえ?」
P「やよいのクローン・・・教えてくれ!この状況はなんとかできないのか!お前なら何か知ってるんだろう!」
ζ 'ヮ')ζ<こうなるのも勢いと成り行きかなーって
P「!?」
伊織「ちょっと!やよいのニセモノなんて私が認めないわよ!」
ζ 'ヮ')ζ<今度ナマイキなことをぬかすとその口を縫い合わしますよーって
伊織「!!?」
真「このやよいは思考が過激みたいだ」
46:
真美「どうやらうっうー線は思ってる以上にすごいエネルギーみたいだ。そう思うだろ?亜美ぃ」
亜美「う、うん。きっとトンでもないことになるね。真美ぃ」
P「なんてこった・・・こんなんじゃ今日のライブはおじゃんだ!皆で揃ってのライブなのに!」
春香「そんなぁ・・・」
雪歩「ふええ」
ζ 'ヮ')ζ<うっうー!
貴音「面妖な・・・」
律子「いいえ!ぜひ皆でライブに出るべきよ!」
響「律子!?」
律子「やよいの秘密は未だに謎が多い。だがわれわれにわかっていることは、愛するファンがいるかぎりそのためにだけでも歌い続けるということよ!」
やよい「律子さん・・・」
律子「私は事務所でうっうー線についてもっと研究をしてます。知りたい!うっうーがどこからきて、どこへゆくのか!」
P「わかった・・・竜宮小町の皆の分も俺に任せろ!行くぞ皆!」
『オオー!』
律子「伊織!亜美!あずささん!私が引いたレールも最後よ!
   あとは自分達で切り開いて・・・アイドルの未来を!」
律子「さらば!」
47:
 ?ライブ中?
春香「♪?♪???」
真「♪♪?!」
千早「イッヒヒヒヒヒヒ!ヒヒヒヒヒヒヒヒ!歌だぁ!これは私の歌よぉ!」
やよい(プロデューサーさんはあんなこと言ってたけど・・・)
?P(回想)「やよい!ドワオしても気にするな!音無さん以外の人間には一切無傷なんだからな!むしろエフェクトとして多様すべきだ!元気だしてけ!」?
やよい(やっぱりまた爆発しちゃうと思うと・・・やりづらいですぅ?!)
貴音「やよい」ボソ・・・
やよい「!貴音さん」
貴音「気にすることなどありません・・・思いをこめて・・・・・・パワーをあげるのです」
やよい「!」
貴音「それが本来のあなたなのです。元気のないあなたはあなたではない・・・さあ!うっうーするのです!」
やよい「・・・貴音さん・・・・・・はい!」
やよい「うっうー!」
 ドワオ!
貴音「面妖な・・・」
48:
春香「やよいが吹っ切れたみたい!」
伊織「観客達も盛り上がってるわ!」
真「このまま一気に最高潮までいこう!僕もテンション上げてくよー!」ズオオ!
雪歩「ウオオ!真ちゃんがセンターをくっちまってますぅ?!」
響「アドレナリン!はい!さい!」ズワワ!
あずさ「アズーサ!」ギューン
真美「あずささんが飛びまわってますね→亜美ぃ」
亜美「う、うん!もはやカオスだね真美ぃ」
やよい「うっうー!」ドワオ!
観客『オオオオオオオ!』
美希「・・・」プルプル
P「い、いかん!美希がプルプルしてる。お、おそらく自分よりも周りが・・・特にやよいが目立ってるからか・・・まずい!」
49:
やよい「うっうー!盛り上がってますかー!?」ドワオ!
観客『うおおおおおお!』
美希「・・・」プルプル
やよい「?・・・ど、どうしたんですか美希さん」
美希「よ・・・よくも・・・」プルプル
春香「美希!?」
美希「よくもこんなスバラシイライブにしてくれたのぅ!最高なの!」
春香「!?」
美希「ファンの盛り上がりをみたでしょ?やよいのドワオがあれば、美希達は天下無敵なの!」
美希「美希達は史上最強のトップアイドルなの?!」ドワオ!
貴音「面妖な・・・」
50:
ζ 'ヮ')ζ<アイドルの皆さんもどんどんやる気が出て、万々歳です?
ζ 'ヮ')ζ<それもこれも、みーんなうっうーのおかげですよー!うっうー!
ζ 'ヮ')ζ<見てましょう。うっうーの行きつく先を。そこに結論が待っているかもしれません?
ζ 'ヮ')ζ<なぜアイドルが存在するのか。ファンはアイドルに何を求めているのか?
ζ 'ヮ')ζ<答えを出すには永劫の時が流れるかもしれませんが、私達はあきらめるわけにはいきませんから?
ζ 'ヮ')ζ<765プロの皆がなったように、皆さんもうっうー!で笑顔になってください!
ζ 'ヮ')ζ<うっうー!
ζ 'ヮ')ζ
ζ'ヮ')ζ
ζ('ヮ')ζ
 ドワオ!!!
52:
春香「うおおおお!行くよ!次のアイドルステージへ!」
観客『うおおおおおおおお!』
伊織「DVDも!アルバムCDも買わずに違法ダウンロードする冷血なエセファンども!あんた達なんかに・・・やよいは渡さないわ!」
響「ハッイサーイ!ギャオオオオ!」
真美「もっと面白いことがある!」
亜美「それは!」
貴音「あなた様はまだ・・・なにをやろうというのか!」
あずさ「アズーサ!」ギューン
真「まだまだアイドルも捨てたもんじゃないぜ!」
雪歩「真王子降臨す!」
美希「美希はキラキラアイドル連合初代会長、星井美希なの!」
やよい「うっうー!」ドワワッ!
千早「でたな・・・」
   千
   早
    ?
   で
   た
   な
   !!
    8
    7
    6
   プ
   ロ
   !!
    ?
53:
 ド ワ オ !!!
54:

 ・
 ・
 ・
 ・
  ・
春香「・・・そうか・・・私達は・・・・・・ッフ・・・」
千早「そうよ。この未来永劫二次元の舞台で歌い続けるために」
真「ここから先は僕達だけで十分だ。プロデューサー、あなたは」グイッ

 ・
 ・
 ・
 ・
  ・
55:
P「765プロのアイドル達は・・・これからも歌い続けるだろう・・・ファンがいる限り・・・永遠に・・・」
P「果てしなきアイドル闘争の世界で・・・・・・永劫のライブを続けているだろう・・・」
P「なんか知らんが舞台ソデにいたのに楽屋まで追い返されたけど、アイドル達のライブは今も続いてる。俺達の戦いはこれからだ!」
律子「プロデューサー・・・これからアイドルに何が起こるんです?」
P「素晴らしいことだよ」
P「アイドル達の・・・そして765プロの力を信じるんだ!」
56:
やよい「うっうー!」ドワオ!!!
貴音「面妖な・・・」
        完
5

続き・詳細・画像をみる


このプレデターのコスプレ可愛すぎワロタwwwww

ゲームの宝箱で入ってて嬉しかったアイテム

高円宮典子さまと結婚する千家国麿さん(40)、ネトウヨだった「羽田空港の床に日本国旗。そういう国籍の人がわざとやったのでは?」

吉野家とすき家、うな丼を発売…中国で育てたウナギを使う

【画像あり】西川貴教の足細過ぎワロタwwwwwwww

ドトールvsコメダvsスタバvs英國屋vsベローチェvsエクセシオールvsサンマルク

back 削除依頼&連絡先