P「ちょっと貴音のトップシークレットを探ってくる」back

P「ちょっと貴音のトップシークレットを探ってくる」


続き・詳細・画像をみる


真美「兄ちゃん、もう一週間もどこに行っちゃってるんだろ……」
亜美「ちんぱいだね……」
真美「うん……」
亜美「あーあ、兄ちゃんいないとつまんないなー……事務所もなんか暗いしー」
真美「……」
真美「ねえ、亜美」
亜美「んー?」
真美「真美はね、なんか、なんとなくだけど、>>5が怪しいと思う」
5: 以下、
ラブホ
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 「シャイニーフェスタ」アニメBlu-ray同梱版(完全生産限定版) [Blu-ray]
----------------------------------------------------------------------------
6: 以下、
亜美「ほんと!? それってどこ!?」パアァッ
真美「……ほ」
亜美「え、なんて?」
真美「ら、らぶ……」カアァ
亜美「らぶ?」
真美「うう……」
真美「ほ、ほら! あるじゃんか!! あのキューケーする所! うふ?んなところ!!」
亜美「ま、真美……?」
7: 以下、
かわいい
8: 以下、
貴音スレかと思いきや亜美真美スレ
9: 以下、
亜美「亜美、よくわかんないよ、もうちょっと詳しく」
真美「うう、だーかーらっ!」
亜美「らぶ、らぶ……? なに?」
真美「もー! わっかんないかなー! 亜美のお子ちゃまー!!」
亜美「わ、分かんないものは分かんないもん! しょうがないじゃんか!!」
真美「うー……! らぶほてるだよ!!」
伊織「なんてこと言ってるのよ大声で!!?」
10: 以下、
真美「うあうあ……」カアァ
亜美「あ、いおりん! らぶほってなにー?」
伊織「知らなくていいこともあるのよ、アンタにはまだ早いし」
亜美「?? 分かったー」
伊織「はあ……」
真美「そ、それよりさいおりん! 兄ちゃんの場所分かったー?」
亜美「そーそー! いおりんチナマコで探してたじゃんか! 兄ちゃんのこと!」
伊織「まだ、分からない。けど、私は>>12だと考えているわ」
12: 以下、
風俗
14: 以下、
大人だなあ
15: 以下、
伊織「NASAよ」
真美「NASA!?」
亜美「兄ちゃん宇宙に行くの!?」
伊織「そこで面妖なPヘッドを見た、って聞いたのよ、人づてにね」
真美「すごっ……」
亜美「どこからそんなコネをっ……」
伊織「月を、目指すらしいわ」
16: 以下、
真美「なんか、壮大……」
亜美「うん……」
伊織「ああ、でも、>>18だったらしいわよ、それからまた、消息不明」
伊織「はー、ほんとどこほっつきあるいているのかしら、あのプロデューサーは」
18: 以下、
Pではなくp
19: 以下、
ちいさくなっちゃった?
20: 以下、
伊織「pだったらしいわ」
亜美「へ?」
真美「うん?」
伊織「プロデューサーじゃなくて、p。つまりは別人ってこと。あーあ、ぬか喜びもいいところよね」
亜美「え、それ、どういうこと? さっぱり分かんない」
真美「うんうん! もちょっと真美達にも分かりやすく!」
伊織「世の中には知らなくてもいいことがあるのよ」
伊織「知ってはいけないことが、ふ、ふふ」
伊織「>>23のように……にひひっ!」
23: 以下、
アナルファック
26: 以下、
伊織「あ…る……くのように」ボソッ
真美「へ……い、いおりんそれってどういう」
伊織「あーあ! プロデューサーはいったいどこにいるのかしら!! もうっ!」
真美「いおりん!! 今すごいこと言ったでしょ!?」
伊織「プロデューサーと私のトップシークレットよ、話すわけないじゃないの」
真美「え、ちょそれって」
伊織「じゃあ私達はレッスンがあるから、じゃーねー、にひひっ」
真美「い、いおりん! 待ってよ聞き捨てなんないよいおりん!! ちょっと!!!」
バタン
真美「行っちゃった……とんでもないこと言って行っちゃったよ」
亜美「ねー真美ぃー、あなr
真美「言わなくていい!」
亜美「う、うん」
27: 以下、
真美「なに、トップシークレットってなに……」
亜美「ま、真美? とりあえず>>29にも話聞いてみよ―よ」
真美「…・…」ブツブツ
亜美「真美ー? あ、亜美先行くかんね、ちゃんと来てねっ?」
29: 以下、
961
31: 以下、
亜美「というわけで来ました961プロ!」
真美「来ました……」
黒井「帰れ」
亜美「もー! 真美! もうちょっとテンションアゲよーよ!!」
真美「うん……なんか、あのいおりんの言葉が頭にしみこんじゃってさ」
亜美「むー!」
黒井「あー! ぴーぴーうるさい!! 帰れ765プロの底辺アイドルたちよ!!」
黒井「ここは貴様らのような品のない人間が居るような場所ではない!!」
亜美「ねー兄ちゃんの場所知んない?」
黒井「あのへっぽこプロデューサーのことか?」
真美「うんうん! もしかして知ってるの!?」
黒井「>>34」
34: 以下、
知らん知ってても教えん
36: 以下、
黒井「私は知らん」
亜美「えー?」
真美「そんなこと言っちゃってー、ほんとは知ってるんでしょー?」
黒井「例え知っていたとしても、私は貴様らなんぞに教えん」
亜美「けちんぼ!」
黒井「さあ帰れ! 早く!! 一刻も早く!!!」
真美「くろんぼ!!」
黒井「私はくろんぼではなあい!!!」
黒井「早く帰りたまえ不愉快な765プロのエテ公達め!!」
亜美「ふん! 二度と来るもんかー!」
真美「ばーか! べーっだ!!」
黒井「私は忙しいんだ! 仕事のない765プロの暇人どもと違ってなあああ!」
37: 以下、
亜美「なんの情報もなかったね」
真美「うん、ムカッてなっただけだったね」
亜美「>>40のとこ行ってみよ、気晴らしにでもさ」
真美「だね」
40: 以下、
Pのデスク
41: 以下、
ガサゴソ
真美「んー、なんか難しいこと書いてある紙ばっかり」
亜美「つまんないねー」
真美「お?」ヒョイッ
亜美「>>43だよね、それって……」
真美「う、うん……」
43: 以下、
あずささんの写真集とDVD
44: 以下、
亜美「あずさお姉ちゃんの」
真美「この前撮ったのだ……」
亜美「やっぱおっきい……」
真美「ぐぬぬぬ」
亜美「しわくちゃだ、なんども読み返したのかな」
真美「ぐぬぬぬぬぬ」
ガチャリ
亜美「わひゃあ!?」
真美「あわわわわっ」パサッ
>>46「……」
真美「あ、>>46お、お帰りっ」
46: 以下、
みき
47: 以下、
美希「……」
真美「み、ミキミキっ! お帰り!」
美希「そこ、ハニーの机だよね? 二人とも、なにやってるの?」
亜美「え、えっと亜美達はちょっと兄ちゃんの
美希「ハニーの? ハニーのなにをどうしようとしていたの?」スタスタ
亜美「ちょ、ミキミキ? ちょ、ちょっち怖いよ?」
美希「真美、なにを隠しているの? ミキに教えて? ね?」
真美「こ、これはあずさお姉ちゃんの写真集だよ?」プルプル
亜美「そうそう! ちょびっとえっちいやつ!」
美希「へー。亜美、真美は、ハニーのことなにもしらない?」
亜美「し、知んないよ」
美希「ほんと?」
真美「ほんとほんと! み、ミキミキは知らないの!?」
美希「ミキもそれを知りたいって思ってるよ、ホントに知らない?」
真美「知らないってばあ!」
48: 以下、
美希「そうなんだ、知らないんだ」
亜美「ね、ねえミキミキ、今、寝不足?」
美希「なんで?」
真美「め、目が……」
美希「それよりさ、>>50知らない?」
真美「え……?」
美希「探してるの、怪しいから」
50: 以下、
春香
52: 以下、
真美「はるるん……?」
美希「どこかな? 知ってる?」
亜美「え、えっとはるるんは、今……」
美希「うん」
亜美「あ、や、やっぱり分かんないや、えへへ、ごみんっ」
真美「真美も……」
美希「むー」ムスッ
真美「ど、どうしてはるるんを探してんのさっ?!」
美希「>>54だから」
54: 以下、
ボロボロのリボンが落ちてた
55: 以下、
美希「これ……」
真美「リボン……? あ、こ、これって!?」
亜美「はるるんのだ!」
美希「ボロボロのリボンがね、落ちてたの」
亜美「うわ、すご、ほんとボロボロだー……」
美希「ミキね、春香が、なんだかとても、心配なの」
真美「そ、それどこに落ちてたのさっ?」
美希「……さあ?」クスッ
真美「」ゾクッ
美希「春香は、どこかな? ほんとに知らない?」
美希「見つけたら、ミキに教えてね」
美希「ゼッタイ、だよ?」
亜美「い、いえっさ!!」
真美「わが命に代えてでも!!」
美希「じゃあね」ガチャリ
56: 以下、
真美「と、とりあえずはるるんさがそっ?」
亜美「う、うん、兄ちゃんはその後でいいのかな?」
真美「あ、そだった、えと、どうしよ、あはは……」
1.プロデューサーを探す
2.春香を探す
3.その他
>>58
58: 以下、
2
59: 以下、
亜美「はるるん! はるるんをさがそう! 兄ちゃんには悪いけど!」
真美「そ、そだよね! ミキミキ、急いでるっぽいし!! なんか怖いし!!」
亜美「でも、分かる? はるるんの場所」
真美「携帯があるじゃんか」
亜美「あ、すっかり忘れてたった」
真美「真美がかけてみるね」
亜美「うん、お願いー」
真美「えへへ、ケータイ取り出し」ポパピプペ
Prrrrr
>>61『もしもし』
61: 以下、
双葉杏
63: 以下、
杏『もしもしー……』
真美「あ、はる……る?」
杏『あー、どなたですか……? 私今ねむ』
真美「だれだYO!!?」ピッ
亜美「真美!? モップホイップな切り方だったよ!? ラッパーみたい!」
真美「あ、あはは……」
亜美「誰だったの?」
真美「分かんない、番号間違えてたっぽい」
真美「今度こそ」
Prrrrr
春香『真美?』
真美「あ、はるるん、あのねミキミキが
春香『>>67』
真美「え……?」
66: 以下、
逆探知されて――
67: 以下、
美希なら隣で寝てるけど
70: 以下、
何があったんだ…
71: 以下、
すげえスピードで落とされたな美希
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00HIDW47E/
72: 以下、
春香『美希が探してたんでしょ?』
真美「!? なんで知って
春香『美希なら隣で寝てるよ、ばたんきゅーって。ふふっ』
真美「ちょ、はる
春香『声、聞く?』
真美「はるるん!!!!」
春香『ひゃっ!? うわわっ!?』
真美「真美なにがなんだかわけわかんないよ!!」
春香『あわわっ!? きゃあっ!!!』ドンガラry
真美「え、こけた……?」
亜美「こけた? なんで?」
真美「真美の声におどろいたのかも」
『はるかぁぁ……!! 隙ありなの!!』
春香『まって、待って美希! どうどう、タンマタンマ、お願い! いやあ
真美「……切れちった」
73: 以下、
真美「な、なんだったのさ……」
亜美「はるるん無事みたいだし、多分」
亜美「兄ちゃんさがそーよ」
真美「……」
>>77
1.プロデューサーを探す
2.その他
76: 以下、
探らなきゃ…お姫ちんの秘密…探らなきゃ……
77: 以下、
貴音がボロボロになって帰って来た
78: 以下、
ガチャリ
貴音「っ……う、ぐ……」フラフラ
真美「お姫ちん!?」
亜美「ボロボロじゃんか!? 服もなんだかセクチーになってるし!!」
貴音「抜かり、ました……わたくしとしたことが……」
真美「しゃ、しゃべらないで、今はそのソファーに横になって!」
貴音「まさか、まさか……く、ぐ、うう」ウルウル
亜美「今キューキュー箱もってくるかんね、バンソウコウはったげるから!」ダッ
貴音「おのれ……」ウルウル
真美「お、お姫ちんもしかして怒ってる?」
貴音「おのれ……!! >>83め……!!!」プルプル
83: 以下、
千早
85: 以下、
貴音「千早……如月、千早ぁ……!!」グスッ
真美「千早お姉ちゃんが、お姫ちんにこんなことを……?」
亜美「ショードクしなきゃ」プシュッ
貴音「あつっ……」
亜美「ご、ごめんなさいお姫ちん」
貴音「いえ、いえ、よいのです、ありがとうございます、亜美、可愛らしい、医者の卵。ふふ」ナデナデ
亜美「ふふん、どうよ、亜美のシュワン、ふふふんっ」ドヤッ
真美「ま、真美は信じらんないっ……」
貴音「わたくしとて、信じられませんでした。この目で、見るまでは」
亜美「バンソウコウ貼んなきゃ」ペタペタ
貴音「くっ……」
真美「お姫ちん……」
亜美「バンソコウコウじゃ無理な気がしてきたけど亜美は貼り続けるよ」ペタペタ
86: 以下、
真美「な、なんで千早お姉ちゃんがそんなことしたのっ?」
貴音「>>89であるから、と。如月千早は言っていました」
亜美「包帯つかおっと」
87: 以下、
眠り姫に憑かれた
89: 以下、
春香に頼まれた
90: 以下、
貴音「春香に頼まれたから、と」
貴音「そう、言っておりましたよ彼奴は、ええ」
真美「はるるん、そういえばミキミキも探してたっぽいね」
貴音「美希が……」
亜美「も、もしかしてお姫ちんたち、ケンカしてるのっ?」
真美「ダメだよケンカなんて! 今兄ちゃんもいないっていうのに!」
貴音「いえ、ケンカなどでは……それに、プロデューサー……」
真美「あ! お姫ちんなんか知ってるっぽい顔だー!」
亜美「ねぇねぇお姫ちん! 兄ちゃんさ、どこで油売ってるか分かるー?」
真美「お姫ちんなら分かるっしょ!」
貴音「>>95」
95: 以下、
ピエリ守山
97: 以下、
貴音「ぴえり、守山……」
亜美「?」
真美「ど、どこ? そこ」
貴音「生ける廃墟、かつては繁栄していた、しょっぴんぐもーる……」
貴音「そこに独り佇む、男がいたとのことです」
亜美「それが、兄ちゃん……?」
貴音「ぽつん、と。孤独に佇み、遠く目を据え、口を閉ざして」
貴音「かつての栄華を、懐かしみ、哀しみ、涙さえ流して……」
真美「な、なにやってんの兄ちゃん……」
98: 以下、
貴音「ああ、そこには諦観がありました」
貴音「もーる内を包み込む、厳かな諦観、悲しい悲しい、諦め」
真美「語るねお姫ちん」
貴音「諦観は、時としてものをこの上なく美しく魅せます」
貴音「プロデューサーは、それを眺めに行っていたのです」
貴音「生命に満ち溢れるアイドルを見続けたプロデューサーは」
貴音「ふと、その真反対を覗いてみたくなったのですよ、空虚な、ガランドウを」
亜美「仕事サボって?」
貴音「はい」
真美「わ、わあ、ダメ人間……」
99: 以下、
貴音「まあ、ウソですが」
真美「やっぱりウソかー」
貴音「まあ、そういうことです、そういうことなのですよ、それでは、亜美、真美」
亜美「どういうことだろ?」
貴音「千早、千早、ふふ、ふふふふっ、この恨み、はらさで
真美「あ、ま、待ってよお姫ちん!!」
貴音「なんでしょう?」
真美「兄ちゃんは、本当はどこにいるの?」
貴音「猫は、その過ぎた好奇心ゆえに、命を落とすことがあります」
亜美「へ?」
貴音「知らなくてもいいことは、知らなくてもいいのですよ」
貴音「殺される猫になりたくなければ、おとなしくしていなさい」
貴音「それでは」
100: 以下、
真美「う、ぐっ……! みんなして真美達をのけものにしちゃってさ!!」
亜美「真美!」
真美「分かってるよ!」
>>105
1. 貴音を問い詰める
2. その他
105: 以下、
貴音を追いかける
108: 以下、
真美「お姫ちんをおいかけよう」ボソッ
亜美「うんっ」ボソッ
貴音「……」
ガチャリ
バタン
真美「行ったね」
亜美「よし、亜美達も行こう」
真美「うん!」ガチャ
109: 以下、
貴音「……」スタスタ
真美「こっそり、こっそりとだよ」
亜美「分かってるって」
貴音「……」ピタッ
亜美「と、止まった……?」
貴音「……」クルッ
真美「うわわっ」バッ
貴音「……」ジー
亜美「見てた、めっちゃこっち見てたけど」ボソッ
真美「だ、大丈夫だよ、モノカゲにちゃんと隠れてるしっ」
貴音「……」
>>113「おーい!」
貴音「>>113……」
113: 以下、
下半身丸出しのP
114: 以下、
貴音「あ、あなた様……」
P「ふぅ……やっと見つけたぞ」ブランブラン
真美「」
亜美「」
貴音「し、痴れ者め! その粗末なものをしまいなさい!!」カアァ
P「そ、粗末……」ショボン
P「ようやく見つけたっていうのに、粗末はいくらなんでもひどいだろ……」チンマリ
貴音「くっ、な……!!」ウルウル
P「俺が丸出しかどうかなんて瑣末なことだ」
P「もっと重要なことがある」
貴音「うう……」カアァ
P「貴音、>>117」
117: 以下、
脱げと指示したのは貴音じゃないか
118: 以下、
P「脱げと言ったのは貴音じゃないか」
貴音「くっ……」
P「なんとまあワガママなことだ、脱げと言ったり、しまえと言ったり」
貴音「いいから今はしまってくださいっ、気が変わったのです、そのぐろてすくなものをしまってくださいぃ」ウルウル
P「分かったよ、残念だ……」
亜美「」
亜美「はっ!」
亜美「亜美、と、飛んじゃってた、今」
亜美「や、ば、ま、まだなんか亜美夢見てるっ。真美」
真美「うあうあうあうあうあうあうあ……」カアアァアァ
亜美「おおう……」
119: 以下、
真美かわいい
120: 以下、
P「ほら、これで大丈夫」
貴音「ありがとう、ございます」
貴音「前科もちのプロデューサーなど、嫌ですから」
P「まあ、そうだよな」
貴音「ところであなた様」
P「ん?」
貴音「猫が、います」
P「おおっ、どこにだ? 野良か?」
貴音「出てきなさい、>>122」
P「え」
122: 以下、
亜美
124: 以下、
貴音「亜美、そこにいるのは分かっています」
亜美(え、亜美だけ……?)
真美「あ、亜美、出ちゃダメ。ゼッタイに出ちゃダメっ」ボソッ
亜美「う、うん……」
貴音「出ないのですか? いるのは分かっていますよ?」
貴音「わたくしは、きちんと、言ったはずなのですが……」
貴音「忠告、したのですが……」
貴音「至極、残念極まりない、ですよ、亜美……」
貴音「出て、こないのですか……? こちらから向かいますよ?」
亜美(い、今来られたら二人とも見つかるっ……!)
亜美(このままじゃ真美もっ……ううんっ、そんなのゼッタイダメ!)
亜美「……」チラッ
真美「!? だ、ダメだよ亜美、それはゼッタイしちゃいけないよぉっ」ボソッ
真美「いっせーので逃げよっ、ねっ? バラけたら捕まんないからっ」ボソッ
126: 以下、
亜美「ダメな、気がする」
亜美「疑われたのが亜美だし、真美は、おとなしく待ってる良い子って思われてるはず」
亜美「そんなときに真美の姿も見られたら、きっと、お姫ちん、真美も、ねらう」
真美「ううっ……」ゾクッ
亜美「い、行きなよ、真美っ、亜美は、大丈夫だからさっ……!」プルプル
真美「い、行かないよ、真美はゼッタイに見捨てないからっ」
亜美「ばか真美。こういうときはお姉ちゃんらしく言うこと聞きなよっ」
真美「あ、亜美こそお姉ちゃんの言うこと聞きなよっ」
亜美「と、とにかく亜美は行くかんね」バッ
真美「あっ」
127: 以下、
亜美「や、やっほーお姫ちん、元気?」
貴音「はい。元気ですよ」ニコッ
P「あれ、亜美、真美と一緒じゃないのか?」
亜美「え"っ」
亜美(兄ちゃん空気読んでよっ!!)
貴音「真美も、いるのですか?」
亜美「い、いないよ、いないいないっ! 亜美だけだってばー!」
貴音「ふふ、そうですか。>>130」
129: 以下、
死ね
130: 以下、
実は新潟出身なのです
131: 以下、
貴音「実はわたくし、新潟出身なのですよ」
P「え、うそっ!?」
亜美・真美「「ええぇぇ!!?」」
貴音「……」
真美「あ…………」
貴音「……」
亜美(真美ぃぃぃぃいいいいいい!!!!)
真美「にゃ、にゃーん……」
P「なんだ、猫か」
真美「そ、そうだにゃ、猫、にゃ」
P「なるほど……」
貴音「ふふふ、ふふふふふふふっ」
貴音「やはり、いましたね、真美」
亜美「真美のあほぅっ」
132: 以下、
これは貴音が策士だったのか
133: 以下、
貴音「出てきなさい、真美」
真美「うう……しくじったぁ……」
亜美「真美のバカちんっ」
真美「し、仕方ないじゃんか! 驚いたんだから!」
貴音「さて……」
真美「やばい、やばいよどうしよ亜美ぃ」
亜美「うわわわわ……」
P「まあ待て貴音。ここは>>136で手を打とうじゃないか」
貴音「あなた様……」
136: 以下、
うどん
138: 以下、
手打ちうどんってか
139: 以下、
>>138
やるじゃん
140: 以下、
P「うどんをさ、作らせるってことでどうだ!」
P「ほら、手打ちにちなんでみたんだ! 手打ちうどんだけに! はははっ!!」
貴音「……」
真美「……」
亜美「……」
真美(ば、場が凍った……お姫ちんまで、あんな、路傍の石ころを眺める目で、兄ちゃんを……)
P「……」パチッ
亜美(あり? ウィンク?)
真美(兄ちゃん……!!)
亜美「真美!!」
真美「うん!! 逃げるよ!!!」ダッ
亜美「あいさっ!!」ダッ
貴音「あ、ま、真美、亜美!! 待ちなさい!!」
143: 以下、
貴音「くっ……!!」
P「まあまあまあ待て待て待て貴音」
P「だいいちさ、亜美と真美を追いかけまわしてもなんにもならないだろ?」
P「目的が見えないよ」
貴音「しかし、忠告を無視して探ろうとしてきたので、罰を、と」
P「それは厳し過ぎだよ。とにかく、真美達はほうっておこう」
貴音「むむむ……!!」
P「俺達が今すべきは、>>146だ」
146: 以下、
秘密を知った者の処分
149: 以下、
P「秘密を知ってしまった人間の、処分、だ」
貴音「……」
P「残酷かもしれない、とても」
貴音「はい……」
P「けど、けどな、俺達のためなんだ」
P「知られたという事実が、後から俺達の首を絞めに来るかもしれない、放っておいたらな」
P「そのとき後悔しても、遅いぞ」
P「だから、早くに手を打とう」
貴音「……」
P「誰から行く?」
貴音「>>152」
150: 以下、
あなた様
152: 以下、
心中
154: 以下、
貴音と雪歩、どちらがより心中が似合うだろうか
155: 以下、
貴音「……」
P「決められないのか? まあ、いいさ、ゆっくり考えれば」
貴音「…………」
P「まあ、のんびり待つよ」
ギュウ
P「え……?」
貴音「一番最初にわたくしの秘密を知ろうとした者は、誰か」
P「ど、どうした貴音……」
貴音「それは、あなた様、です」クスッ
156: 以下、
貴音「では、処分されなければならないのは、誰、か」
P「お、おい、まさか、まさか貴音っ……!!」
貴音「それは、あなた様に、ほかなりません」ギュウウ
P「やめ、くっ、止めろ、止めてくれっ……!!!」
157: 以下、
病んでる…
158: 以下、
貴音「せめてわたくしの胸の中で」ギュウウウウ
P「う、うあ……」
貴音「ふふ、ふふふふふっ」
P「」
貴音「全ては、知ってしまったがゆえの、悲劇」
「まさか、胸で……」
貴音「ご安心を、あなた様。わたくしも、すぐに」
「私には到底できない、芸当ですよ」
貴音「わたくしの下手人はあなたでしたか、千早」
千早「すみません四条さん」
千早「春香に、頼まれましたので」シュッ
161: 以下、
P「はっ!!?」パチッ
P(なんだ、夢か……ヘンな夢だったな)
P(どんな夢だったっけ、んー、よく、思い出せない)
P(貴音が、たしか……トップシークレットが、貴音の……貴音?)
P(そういえば貴音の秘密って、なんだ)
P(気になる)
P(そうだ!)
P「ちょっと貴音のトップシークレットを探ってくる!」
おわり
162: 以下、

160: 以下、
       -‐ァ -‐=ニ=‐-\ ´\
                    / /ニニニニニニニ∧
            ′  ア´           `マ|   i
      /}  /  / //   :|i \ |:. 
             / ,: |i /」L /|ハ/| |  | ,
              /  i∧_「{  ー‐′ ⌒ー/|  | ′
     /  / | 〃灯拆   rf亦卞  :i |i
            _,,..     /   :|圦       ,       /:| ′|i  \
      -‐=      /  |:::::::..  n    .:::::|/  八 \ 丶
                   |:::i::个 `| | ´ .イ.:/    \ \ \
        / 〃 / / {     `、::i::::i::::::fヘ.| |< {ーァ/ ノ ',  \
.       {  八 __/   八   \ \__.::ノニ/ へぅニ{ {   / ノ \
 -‐==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /   \ __       `、ニr' 二ヽ〉ニヽ  /,斗r ´  `、
           /  /ニ)ヽ}    ノニ ー‐r'ニ// {ニニ \
/ ̄ ̄)        // __  -=≦ ノ   <ニニ| }∠ニ{ 〈     \ニ   〉  ノ
___彡'        //} く  /ニニニ{{| /,ニニ\       \ / / /{
アイドルマスター ワンフォーオール
バンダイナムコゲームス 2014/5/15
Amazonで詳しく見る
関連記事
- P「アイドル達がエロゲの声優をしている?」小鳥「はい」
- やよい「うっうー!動きが止まって見えます―!」
- 千早「5人揃って、アイドルレンジャー!!」
- 律子「時が流れて」
- P「アイドルが全員やめてしまった……!」
- 千早「パイズリってこうやるんですね、なるほど」
- 春香「小鳥さんからAVを借りたんだけど…」
- P「飲み物に媚薬を入れてみた」【後編】
- P「炬燵戦争」
- P「小鳥さんの胸が揉みたくなった」
- P「高槻家に軟禁された」
- 真美「おちんちん!おちんちん!ひゃっほー!イエーイ!」
- 貴音「四条と五郎のラーメン探訪」井之頭五郎「……」
- 春香「怪しい…」
- P「小鳥さんが俺の机でオナニーしてる…」
「amazon」の新着おすすめ
イジメっ子お嬢様に倍返し!?: イジメの罰としてなんでもします (美少女文庫)
進撃の巨人 6 [初回特典:Blu-ray Disc ビジュアルノベル「リヴァイ&エルヴィン過去編」他
WHITE ALBUM2(「introductory chapter」+「closing chapter」セット版)
1/700 艦隊これくしょんプラモデルNo.05 艦娘 駆逐艦 島風
妹のおかげでモテすぎてヤバい。 初回版
僕は友達が少ないNEXT 柏崎星奈 キャットコスチュームVer. (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)
サキガケ⇒ジェネレーション! 早期予約CP付き【予約特典&Amazon.co.jpオリジナルポストカード付き】
他の男の精液で孕むとき2~障子に映る、快感に悶え狂った妻の影~
【Amazon.co.jp限定】コードギアス 亡国のアキト 第2章 (オリジナル収納BOX付き) (完全数量限定版)
ログ・ホライズン7 供贄の黄金 【ドラマCD付特装版】
艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(1) (ファミ通クリアコミックス)
ばくあね~弟しぼっちゃうぞ!~【Amazon.co.jpオリジナルイラストカード付き】
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- やよい「うっうー!」ドワオ!!! 貴音「面妖な・・・」
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
アイドルマスター ワンフォーオール 765プロ 新プロデュースBOX (初回封入特典ミリオンライブで限定アイドルが手に入るコード同梱)ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 特典サントラCD『PERSONAQ SOUND OF THE LABYRINTH』 付
ランダム記事ボタン
カテゴリー
禁書目録SS
エヴァンゲリオンSS
Fate SS
アイドルマスターSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン企画
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
劇場版ペルソナ3 (完全生産限定版) [Blu-ray] ソードアート・オンライン Extra Edition(完全生産限定版) [Blu-ray] ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― (初回封入特典 スペシャル衣装プロダクトコード 同梱)進撃の巨人 9 [初回特典:特典DISC「進撃の巨人」Reading&Live Event「Attack 音 体感」] [Blu-ray] けいおん! Blu-ray BOX (初回限定生産) 劇場版マクロスF 30th dシュディスタb BOX少女のトゲ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)クイーンズブレイド リベリオン 沼地の魔女ウェルベリア 【初回限定版】 ランス9 ヘルマン革命 【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】 レンアイサンプル (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
週間人気SSランキング
【全ランキングを表示】
最新記事
- P「ちょっと貴音のトップシークレットを探ってくる」
- やよい「うっうー!」ドワオ!!! 貴音「面妖な・・・」
- 海未「んー最近疲れてますね……」
- ヴィニエイラ「仮面ライダー1号にはお風呂場を頼むぞ」
- 澪「あれ?わたしの机が無い」
- 千早「……? なにかしら、この輪っか」
- いろは「私は先輩の事大好きですからねぇ!」八幡「はぁ?」
- 貴音「わたくしは認めません!!」
- 切嗣「…僕はね、正義の味方切嗣マンなんだ」 士郎「ほ、ほんとかよ!」
- モバP「☆☆☆☆☆」
- バハムー娘(ばはむーこ)「さあ、朝ご飯だ!」
- マリオ「ちょっとクッパ殺してくる」
- 男「グヒヒ、エルフの奴隷を買って無理やりご奉仕させちゃうぞ!」
- 安心院「映画の招待券だ」赤「・・・・はあ」
- 海原雄山「ほぅ、ここがアニメイトか」
新刊ピックアップ
フィギュア
ゲーム
アニメ
最近のオススメSS
清麿「強くてニューゲームか…」ヌァァァァァァ!!
一夏「ドゥフッw拙者織斑一夏でござるwwww」ギャプッwwwコポォwwww
佐天「またレイプされた…」初春「佐天さんも大変ですね」黒髪美少女のレベル0が性的過ぎてヤバイ
佐天「すごいテニスが出来る能力かぁ」間違いなく攻撃的な能力だなぁ
浜面「女の子になれる能力かぁ」アイテムで性別逆転して……
オーキド「ここに3人の女性がおるじゃろ?」 レッド「は?」僕はナツメちゃん!!
【※ネタバレ注意】エレン「同期にホモとレズしか居ない……」確かに
ボーボボ「黒の騎士団入団希望のボーボボでぇす!!」ゼロ「ほう?」死ねやぁ!!!!!
桐乃「そうです!私はブラコンの変態ヤローです!」きゃわわ!!!!!!!
岡部「紅莉栖をひたすら愛で続けたらどうなるか」うわぁぁああぁ!!(AA略
クリリン「やっぱりオレも、サイヤ人の子供欲しいな・・・」スレタイのインパクトェ……
ゆうしゃ「くらえー!まおー!!」魔王「くはははは!!」ゆうしゃちゃん!!!!
俺「グヘヘヘ……」 女騎士「早くこの手錠を外せ!」お○んぽなんかには絶対負けない!
鍛冶師「今日中に仕上げるぞ」弟子「はい」雰囲気が良いSS
「ついに地球はウリ達の物ニダー」ニダニダ
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
モバイルゾーン
新着コメント!

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


【韓国旅客船沈没】いったいどうすれば許してくれるの? 朴槿恵大統領の何度目かの涙の謝罪にも韓国民満足せず

【悲報】板野友美の顔がいよいよやばいことにwwwww

彼女(29歳)は寝るとき半ズボン。毛玉で覆われてて色気がまったくない…。

各球団本当に背番号18をつけて欲しい選手は?

今年やらかした四天王 「小保方」 「佐村河内」 …あとは?

【画像】 2014年って大物多すぎだろwwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先