【閲覧注意】妹「せっかくだしイヤラシイコトしない?」back

【閲覧注意】妹「せっかくだしイヤラシイコトしない?」


続き・詳細・画像をみる

1:
兄「いやらしいことって……どんな?」
妹「もうっ……言わせないでよ///」
兄「……ごめん」
妹「ホントっ! お兄ちゃんはそんなんだから彼女ができないんだよ?」
兄「うん……そうかも」
妹「ご、ごめんね? そんなにガッカリしないでね」
元スレ
妹「せっかくだしイヤラシイコトしない?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1394522838/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
2:
兄「大丈夫だよ。それに、自分でもわかってるから」
妹「ほんとに?」
兄「うん」
妹「じゃあ彼女ができないお兄ちゃんの代わりに……」
兄「ん?」
妹「わ、私がお兄ちゃんを……き、気持ちよくさせてあげるから///」
兄「じゃあ……しよっか?」
妹「うん……///」
3:

 僕と妹が行為を始めてから、どれぐらい時間が経っただろう。
「そろそろ……入れる?」
「うん、いいよ」
 妹が聞いてきので、僕はうなずいた。
 ベッドに横たわる僕に、妹がまたがる気配がする。
「お兄ちゃんって毎回エッチするときに、目を閉じてるよね?」
 妹の言うとおりだった。僕は彼女と行為に及ぶ際は、必ず目を閉じた。
 理由はわかっている。行為の相手が妹だからだ。
「そんなことはいいから。早くしてよ」
「もう……急かさなくても大丈夫だよ。私は逃げないから」
 こんなことはやめろという理性の訴えも、性欲には勝てなかったらしい。
 僕の分身は屹立して、妹がまたがるのを今か今かと待ち構えていた。
4:
「あっ……」
 妹の口から間の抜けた声が漏れる。 
 僕のものは、たしかに妹の中に入った。自分がイヤになった。
 包まれるような感覚に伴って、悪寒にも似たなにかが背筋に走る。
「また入っちゃった。何回目だろうね?」
 嬉しそうな声。僕は質問に答えたくなかったので、目と一緒に口も閉じた。
「照れてるの? ……まあいっか」
 妹も僕がなにも答えないとわかっているのだ。妹がゆっくりと動き出す。
 結合部から卑猥な音がした。
 遅れて快感が自分のものを通して伝わってくる。
「んっ……ぁぁ…………」
 甘い矯正。妹の腰の動きがじょじょに早くなっていく。でも、僕は身じろぎひとつしない。
 寄せては返す波のような快楽に、僕は無意識に息を漏らした。

5:
「……あっ……んんっ……」
 熱を孕んだ甘い吐息が、小さな部屋を満たしていく。
 彼女の腰の動きがさらにはやくなる。腹部の圧迫感が増して、僕は少しだけ気分が悪くなった。
「ねえ……気持ちいい?」
 僕はなにも言わなかった。ただ首を縦にふった。
 不意に腰の動きが止まる。妹が僕のからだに倒れこんでくる。
 彼女の中から自分が抜け出たのがわかった。汗ばんだ肌と肌が密着して、僕の気分はさらに悪くなる。
 このまま永遠に離れることができないのでは、と奇妙な恐怖を覚えた。
6:
「はぁはぁ……」
 妹の吐息が僕の耳朶を、ねっとりとなめる。
「……お兄ちゃん……私、疲れちゃったよ……」
「いいよ、少し休憩しよう」
「じゃあ……このままの体勢がいい」
「わかった」
7:
「たまにはお兄ちゃんが、攻めてくれてもいいんだよ?」
 少し呼吸が整ったのだろう、妹の声に余裕が戻ってきた。
 どんな表情をしているのかは知らない。僕はいまだに目を閉じ続けている。
 妹の吐息が耳の穴に入ってくる。首が無意識に動いてしまった。
「知ってるでしょ? 僕、体力ないし下手だから」
 事実だった。騎乗位以外の体位だと、腰を動かすのに集中しすぎて、快楽を貪ることなどできなかった。
 まして、それでは目を開けなければならなくなる。
 目を開けると僕は、僕の現実と向き合わなければならない。
 妹と性行為をしている、という。
8:
「……バックだったら、まだなんとかなるかも」
 僕は言った。正常位に比べれば、まだあっちの体勢のほうが動ける。
 それに目を開けても、見えるのは彼女の背中だけなので幾分かマシだろう。
「……私、あの体勢は嫌い。全然気持ちよくないんだもん」
 目を閉じていても、妹がどんな表情をしているかがまぶたの裏に浮かんでくる。
 無駄な足掻きだと思いつつも、僕はさらにまぶたをきつく閉じた。
「そっか。じゃあこのままでいこっか」
「仕方ないなあ。お兄ちゃんの根性なし」
「ごめんな」
「いいよ……お兄ちゃんの代わりに私ががんばるから」
「ありがと」

9:
「でも、ちょっとこのままだと味気ないよね?」
 不意に唇を塞がれた。彼女の鼻息が僕の鼻の下をくすぐる。
 思わず目を開けそうになるのを、なんとかこらえた。
 甲高い音が、口の中で響く。舌を思いっきり吸い上げられたのだ。
 からだの中のものを全部引っこ抜かれるような錯覚に、つま先がピンと伸びる。
「んふっ…………んちゅっ……ぷはっ!」
 一瞬唇が離れる。僕は大きく口を開いて、空気を吸う。
 でもやはりまぶたはキツく閉じたまま。
「もっとしよっか……んちゅっ……!」
 再び妹の唇がぼくのそれを塞ぐ。閉じようとした口の中に、彼女の舌が割って入ってくる。
 妹の唾液が、吐息が、僕の口内を満たしていく。
 妹の呼吸がどんどん浅くなっていく。
 もうなにも考えないほうがいい。僕が思考を手放そうとしたときだった。

10:
 妹の冷たい指先が僕のものに触れる。
 僕のそれは痛々しいまでに勃起していた。
 今のキスで僕は興奮したのだろうか。だとしたら――また自分がイヤになる。
「あぅっ……は、入ったよ……」
「……動いて」
 それでも僕はそんなことを口走っていた。
 自分という生き物が理解できない。そして、またイヤになる。
「ぅん……んああぁっ…………」
 再び僕と妹はひとつになった。
 股間に感じる快楽よりも、下腹部の圧迫感の方が強く感じる。そのことが救いのように思えた。
11:
 快感。
 圧迫感。
 妹の切迫した喘ぎ声。
 
 そして、僕のわずかに漏れ出る吐息。
 それだけが今の自分にとっての全てだった。それ以外、考えたくなかった。なのに。
 どうしてこんなことをしているのだろう。
 そんなことを考えてしまう。考えたくないのに。目を閉じているのに。浮かんでしまう。
12:
「はあうっ……ああんっ……!」
 切迫した喘ぎ声が、そのまま僕の中に響いてくる。
 彼女の冷たい両手が僕の胸に置かれる。冷えた感触が、胸を締め付ける。
 もうやめてくれ。そんな言葉が出かけたが、それより先に瞼の裏でなにかが爆ぜた。
「……っ!」
 わずかな快楽に、ぼくは小さなうめき声を漏らした。
 妹の腕をつかむ。腰の動きが少し遅れて止まる。
 再び妹が僕の胴体に倒れこんでくる。
「はぁはぁ…………もう、お兄ちゃん早すぎ」
「……そう?」
「うん……あと少しだけ、粘ってよ」
13:
 熱に浮かされた思考が、急に冷めていく。虚脱感が全身を襲った。
 妹とセックスしようとした自分は、実は別人なのではないかと思った。
 いや、思いたかっただけか。
 引き潮のように熱が遠のいていくと、今度は現実が襲ってくる。
 どんなにまぶたを閉じても。
 耳をふさいでも。
 僕が妹とセックスしたという現実からは逃れられない。
 自分の胸で未だに喘いでいる妹。その存在が僕を追い詰める。
「……ごめん、どいてくれ」
「うん……」
 妹が自分から離れる。すでに股間のそれは萎えていて、妹の中から抜かれてもなにも感じなかった。
 僕は知らないうちに唾液まみれになった口を拭っていた。
14:
 ゆっくりと目を開ける。
 暗闇が一瞬で現実にとってかわる。まぶたが熱くなって、視界がにじんだ。
「どうしちゃったのお兄ちゃん? 涙目になってるよ?」
「気のせいだよ」
「そう? まあいっか」
 僕は妹を見た。ぼやけた視界の中で、彼女だけが不思議なことに鮮明に映る。
 
 現実がそこにはあった。
 僕は血のつながった妹とセックスをしているという、その事実自体にはなにも思わない。
 道徳観念だとか、そんなことはいちいち考えていない。
 そんなことはどうでもいい。
 そんなことで悩めるのなら、僕たちは裸になんてなってない。
 それに、肌を重ねる合わせることもなかっただろう。

15:
 僕は妹の唾液にまみれた口の中で呟いた。
「ブサイクだなあ」
 どうして自分はこんなブスな女としか、セックスできないのだろう。
 現実とはなんて残酷なのだろう。
 どうして僕はこんなブスとセックスをしているのだろう?
 現実は意味不明だ。でも、自分はもっと意味不明だ。
「またしようね、お兄ちゃん」
 妹が僕を見て、ニッコリと笑った。
 ぼくはなにも言わなかった。
 
 代わりに首を振った――縦に。
16:
おわり
17:
久々に本格エロが来たと思ったらふざけんな
ふざけんな**
19:
ここまで読んでくれた人ありがとうございます
よかったら今書いている後輩「オトコってなんですか?」男「え?」ってスレも覗きに来てください
20:
おい
シリアスかと思ったら
ざっけんな!!
21:
最後のレスだけ見ずに抜けばよかったんだ!糞ガッ!
25:
これはやられた
2

続き・詳細・画像をみる


この画像の違和感、気づいた瞬間クッソワロタwwwwww

リアルな恋愛より“妄想”に走る女性たち……「恋愛妄想市場」が急成長

クレセント鍵を自力で開けて出て行く猫が面白い!!猫「これで開くんでしょ」

父「ついてくるの?俺の家族旅行。お前等家族じゃないし」母姉私「え?」

鳥が広告看板に触発されて巣のインテリアを変えようと奮闘するショートアニメーションが面白い!!

「ブラックサンダー」台湾で大ブーム 入荷と同時に即完売の店舗も

back 削除依頼&連絡先