モバP「愛梨の生お○ぱい揉みたい」愛海「ほほう」back

モバP「愛梨の生お○ぱい揉みたい」愛海「ほほう」


続き・詳細・画像をみる

1:
前回
モバP「愛梨のお○ぱい揉みたい」愛海「任せて!」
URL貼れてなかったらすみません
2:
夕方 事務所
P「2人で話すのも久しぶりだな」
愛海「プロデューサーこの頃忙しかったしね」
P「ハハハ…この前はお世話になりました」ペコリ
愛海「いえいえとんでもない」ペコリ
P「まさか愛梨からあんなにグイグイ来るとは思わなかったよ…」
P「ちひろさんがあの時来てなかったら…」
愛海「行くとこまで行ってたかもしれない?キャー!プロデューサーったらインモラルアニマル!」
P「愛海に変態呼ばわりされる日が来るとは…でもまぁ、事実だしな」
3:
愛海「それで?オフの私を事務所に呼び出したのはお礼を言う為だけじゃない…よね」
愛海「例によってちひろさんも他のアイドルもいないし…」
P「流石師匠…話が早くて助かるよ」
愛海(仕事を早めに終わらせたり事務所に誰もいない状況を作ったり…)
愛海(この要領の良さをもっと有意義に…でも結果は出してるからいいのか)
4:
P「前回、俺はタンクトップの上から愛梨のおっぱいを揉んだ。揉みしだいた」
P「早々に手を服の中に滑り込ませることはしなかった…『段階を楽しめ』とも言われたしな」
愛海「ふむふむ…つまり、ちひろさんが来て中断したから」
P「そう…俺はまだ愛梨のおっぱいを直に揉んでいない!」
P「次の目標は!そう!愛梨の生乳を堪能することだ!!」バァーン
愛海(あぁ、眩しい)
5:
愛海「でも私が言うことはもう無いんじゃ…と思うんだけど、そう単純でもないのかな?」
P「あぁ…1度あそこまで行ったから、これからも触らせてもらえるのかなーとか期待してたんだが…」
P「アニバーサリープリンセスの仕事とかもあって忙しくてな、余計なこと考える時間も無かった」
愛海「ふーん…」
P「選択肢間違えて愛梨のコンディションに影響するのも避けたかったから、そっとしておいたよ」
愛海「そこら辺はちゃんと考えてるんだ…」
7:
愛海(でもそっちの方が愛梨さんにとって不満だったりして)
P「あ、でも意味有り気なボディタッチは少し多くなったけどな…」
P「距離が近付いた時に、肩寄せてきたり
胸押し付けてきたり…他のアイドルにバレないかヒヤヒヤもんだが」
愛海(やっぱ欲求不満じゃないすか!やだーー!)
9:
P「まぁ今は2代目シンデレラガールが活躍中だし、ちょっと落ち着いた所だ」
P「ということでそろそろアクションを起こそうと思う!舞台は『セクシーバニーパーティー』!」
愛海「おお!言葉の響きだけでもそそられるぅ!」
P「愛梨以外にも数人のアイドルが参加するから2人きりになるのは難しいかもしれないが…」
P「なんってったってバニーガールだ!パーリーだ!うさぎさん姿の愛梨を想像しただけで何かもう…うわああああ!」
愛海「ヒェア!ヒェア!」
11:
愛海「でもプロデューサー…その…お山を生で…なんて経験私にも中々無いよ?」
P(無いことは無いんだな…)
愛海「『服の上から偶然触っちゃった』って事故は起こり得るかもしれないけど」
愛海「『服の中に手が滑り込む』なんて事故が起こる確率なんてそれこそ小数点以下だろうからね」
P(気が遠くなるほど低い確率だがゼロではない)
12:
P「まぁ難易度の高い行為ではあるよな…」
P「でもまぁ、今の俺と愛梨の関係なら…!」
愛海「あぁそうだ、その『関係』なんだけどさ…」
P「うん?」
愛海「ちゃんとはっきりさせておいた方がいいんじゃないかな」
愛海「愛梨さん、隙が多い様に見えるけど…一番リラックスしてるのはプロデューサーの側にいる時だと思う」
愛海「プロデューサーも…他の誰かじゃなくて『愛梨じゃないとダメなんだ』って態度を見せないと、愛梨さんも安心できないかも」
13:
P「…そうだな、その通りだ。許してくれるからって甘えてちゃダメなんだ」
P「俺は愛梨にとっての魔法使い、って師匠は言ったよな」
P「王子様じゃなくて魔法使いでも…シンデレラと一緒になっていいのかな?」
愛海(既に手を出しておいて何言ってんだコイツ…でも、まぁ…)
   
愛海「大丈夫だよ、多分愛梨さんもそれを望んでるだろうし」
愛海「魔法使いなら…シンデレラの願いを叶えなくちゃね!」
14:
P「よし!……あ、そうだ。なぁ師匠」
愛海「なに?」
P「良かったらまた練習させて欲しいんだけど…」
愛海「え?…あぁ、いいよ」
愛海「………………」
愛海「!?………いやいやいやいやダメダメダメダメ!!」
P「どうしてだ!前回はそっちから提案してきたんじゃないか!」
愛海「今さっき愛梨さんへの気持ちを固めたばっかでしょうが!早他人に手を出してどうすんの!」
P「ま、まだ愛梨に交際申し込んでないからセーフだ!」 
愛海「うわああああ!純愛路線に持ってこうとしたのにいい!」 
16:
愛海「それに今回の練習は…私のを…直接見て、触るってことだよね?」
愛海「プロデューサーのことは嫌いじゃないけど…流石にそこまではなぁ…って」
P(むぐぐ…師匠のラインはこの辺りにあったか…)
P(いや、まだだ!こんなこともあろうかと…)
P「なぁ愛海、今回のセクシーバニーパーティーの参加者リストがここにある。見てくれ」スッ
愛海「え?あぁ…うん……」
17:
愛海「!?……こ、これは…!!」
P「そうだ…高峯のあ!ヘレン!相馬夏美!太田優!」
愛海「な、なんという巨山艦隊…!」
P「さらに結城晴、関裕美もいる…そこら辺のカバーも万全さ」
P「練習させてくれるなら…師匠をこのイベントのアシスタントとして連れていこう」
愛海「ふぇ!?」
18:
愛海「そ、それは可能なの!?私すぐ出禁になっちゃいそうだけど…」
P「もちろんちゃんと仕事をすることが前提だ。だが、頑張ればヘレンに認めてもらえるかもしれないぞ?」
P「夏美も優もノリがいいしいけるかもしれんな…のあは厳しいが…」
愛海「う、うおお…」フルフル
P「あとは…そうだな、練習する時は師匠の後ろに回って服の下から手を入れて触ることにするよ。」
P「そうすれば俺に見られないで済むだろ?どうだ!」
愛海「乗ったあああああ!!」
P(ちょろいっっ!!!)
19:
愛海の登山レッスン
愛海「さぁ!思う存分触っちゃって!」
P「打って変わってノリノリだな…じゃあいくぞ」グイッ
愛海「おっと…迷いなく手を入れてきたね…」
P「毎日イメトレは欠かさないからな」ゴソゴソ
愛海(もう何も言うまい…ん?)ピクッ
愛海(ってもうブラの中に手が!?怖っ)
20:
サワソワサワサワ
P(これが生の感触か…すべすべしてて気持ちいいな)
愛海「最初は頂点を敢えて触らないようにね…程々に焦らされた方が気持ちが盛り上がるってもんよ。触られてる私が言うのもなんだけど」
P「りょ…了解」
P(しかしスゴイことしてんな俺…今更だけど)
ムニムニムニィフニュ フニッ
21:
スリスリ ムニュ…グニッ
愛海「円を描くように指を這わせて…半径を狭めるように…」
スーッ…
愛海「ん、頂点に近づいた所でまた半径を広げるように…」
スー…
愛海「んで油断したスキを点いて頂点…を…」
キュッ
愛海「???ッ!」バッ
P「うぉっ!?どうした師匠…」
23:
愛海「あ、いや…ちょっとビックリしただけ…うん。良かったよプロデューサー、これでもう大丈夫!」
P「そ、そうか…」
P(もうちょっと触っていたかったが…まぁいいや)
愛海(あー、変な気分になるとこだったよ…ホントこの人はもう…まぁレクチャーしたのは私だけど)
愛海「頑張ってねプロデューサー!」
P「おう!師匠もご褒美もらえるように頑張れよ!」
24:
セクシーバニーパーティー当日
控室の1つ
P(ふぅ…四方八方手を尽くして、何とか愛梨と2人きりになれたな)
P(まだ時間には余裕がある…いける!)
愛梨「これが次の衣装ですかっ!すごいせくしーですっ!」
P「なんってったってバニーガールだからな!」
愛梨「あれ…?でもこの服、ちょっとサイズが…?」
P「ん、そうか?」シラッ
愛梨「あ、頑張って着てみますね!待っててください!」
25:
愛梨『…これ…いいのかな?あっ…ふぅ…そっか…はぁ…あっつい…』ゴソゴソ
P「……」ドキドキソワソワ
ガラッ
愛梨「プロデューサーさん!見てください?っ!着れましたよ!」
愛梨「バニーガールの衣装、とってもかわいいですねっ!むぎゅーって感じです♪」
P(感動し過ぎて声が出ない)
愛梨「どうですか?ほら、うさみみもぴょんぴょんって感じで、私とってもかわいいと思うんですっ!ぴょん、ぴょーん♪」
ぷるんっ ぷるっ たぷんたぷん
P(絶対分かっててやってるだろ…襲うぞこのやろう…)フルフル
26:
愛梨「ほらっ、おしりにも尻尾が着いてるんですよっ!あはっ、見えませんかっ?ぽよん、ぽよーん♪」ピョンピョン
ぷるんっ ぷるるるんっ ぽよんぽよん
P「あぁ…ぽよんぽよん…だな…」ムラムラ
ズリッ
P「!?」
27:
愛梨「あぁっ、動いたらはみ出しちゃいました?っ!」
愛梨「あ?んっ、あのっ、ちょっとしまうので待ってください!んっしょ…よいしょ…」
ぽよん パァーンッ!
P「」
愛梨「あぁっ!今度はボタンが外れちゃいました?っ!ど、どうしましょう?っ!」
愛梨「助けてください、プロデューサーさ?んっ!!」
28:
P「あ、あぁ…助けたいのは山々なんだが…その…見えてる…」
愛梨「見えてる?ボタンがどこに飛んでったか見てたんですか?」
P「いや…胸元…」
愛梨「…えっ?胸元…あんっ♪」
P(り、理性が…持たない…っ)
愛梨「…あ、でもここにありましたよ……あんっ、奥に入っちゃいました…」
P「!?」
愛梨「え?っと…プロデューサーさん…」
29:
愛梨「ボタンをとるので、衣装を抑えておいてもらえますか…?」ぷるんっ
P(…さよなら理性)
30:
むにゅっ
愛梨「あんっ、ここはダメですよぉ?っ♪」
P「いや…取りやすいように、胸…広げないとな…」
ぐにいいいい
愛梨「はぁ…プロデューサーさんったら…♪」
ぽよんっ ふにゅ…
31:
プルッ…ムニュウ…フニィ…ムニュウウ…ウゥ
P(あぁ…夢にまで見た…愛梨の生乳が…目の前に…!)
P(しかもそれらを鷲掴みにして…揉みしだけるなんて…)
愛梨「えへへ…プロデューサーさん、本当に嬉しそうですね…」
P「え、あぁ…魅力的…だからな…」
ムンズ プルンッ ユサッ…ムニュウウ
愛梨「なんだか照れます…んっ」
33:
P(しっとりとした肌触りが最高だ…布越しでも感じられた柔らかさが更にダイレクトに…少し汗かいてるところもいい…)
ムニュウウッ
愛梨「…♪」
P(そして…初めて見た…この…愛梨の生おっぱい…)ジーッ
愛梨「あ…プロデューサーさん…っ」
P(バランスも整ってるし…本当に綺麗だ…)ハァ…
愛梨「あ、あんまりマジマジ見られると…うぅ…」
34:
P(いつまでも弄ってたいけど…時間も無限じゃない)
ツン…ツン…
P(今度こそ納得のいくようにしないと…)
ツンツン…ツンツンツンツン…
愛梨「あぁ…下からばっかり突っついて…ばっかり…」
P「え、あぁ…本当に下乳が柔らかくてさ、つい指を食い込ませたくなって…」
愛梨「もう…本当にえっちです…っ」
愛梨「ん…っ、でも…」
35:
モミュ…ムニュ…ムニィ…ムニュゥ
愛梨「あの日…えっちなプロデューサーさんと密着してた時…私、とても幸せでした」
スーッ
愛梨「ん…それからしばらく…プロデューサーさんともそんなに会えなかったこともあって…」
スッ…スッ…
愛梨「その…プロデューサーさんとの触れ合いを思い出しては…し、しちゃってたんです…」
P「…!?」
愛梨「だから…私もあまり人のこと言えませんね…私たち2人ともえっちです…えへへ」ニコッ
P「??ッ!」
キュッ
愛梨「あっ…♪」
36:
愛梨「やっと先っぽ…触りましたね…」
P「ん…?触って欲しかったのか…よし、分かった…」
キュッ…クリッ…クリクリッ
愛梨「いじわる…です…っ」
モニュ…クリ…ッ クリッ…クリッ
P(軽くつまんだり…つねったり…)
愛梨「……!」ゾクッ
P(指で押し込んだり…引っ張ったり…少し弾いたり…)
グリグリ…グイーッ ピシッ ピシピシッ
愛梨「え、わわっ…あ、?ッ!」
38:
愛梨「……んっ…はぁ…っ」
P(何か…大分勃ってきたな…これはもう…)ジーッ
愛梨「…?」キョトン
P(口で…行くしか…)アーン
愛梨「……!」ビクッ
39:
コンコンッ
『愛梨さん…いますか…?』
41:
P「………」ピタッ
愛梨「………あ、ちょっと…待ってて…ください」
ハーイ
P「ボタン…返すよ。服…何とかなりそうか?」
愛梨「あ、はい…何とか…」
P(何故だ…前回の反省を踏まえて念には念を入れた、愛梨のおっぱい突っついてる時だって時計は確認していたんだ…しかしまさかあの子が来るとは完全に想定外だ…!)スタスタスタスタ
42:
P(カメラも無い、音も漏れにくいこの控室を選んだというのに…むぐぐ)
ガチャッ
P「どうした?裕美…このタイミングで…」
裕美「あ、プロデューサーさん…」
P「もしかして愛海が暴れたか?とんでもないことになったんじゃ…」
裕美「愛海ちゃんはしっかりお手伝いしてくれてるよ…もう少しでヘレンさんに世界レベル認定してもらえるんじゃないかな」
裕美「まだ出番には時間がある愛梨さんの所に来たのは…その…」
愛梨「…その?」ヒョコッ
43:
裕美「あ、愛梨さん…いきなりなんですけど…私…今、前向きにがんばって可愛いアイドルになろうって思ってるんです」
裕美「でも何から始めたらいいか分からなくなって…それならお仕事で一緒になるセクシーなお姉さん…愛梨さんを見習おうと思ったんです…」
裕美「急に押しかけてしまってすみません」
P「そういうことだったのか…」ウルウル
愛梨「プ、プロデューサーさん!?」
P「愛梨…急で申し訳ないんだが、裕美と順番替わってもらえないか…裕美に…元気なお手本を見せてやってほしい」
裕美「プロデューサーさん…」
愛梨「わ、分かりました…スタッフさんの所に言ってきます!」
P「あぁ!俺もすぐに行く!」
44:
裕美「あ、ありがとうございます…」
P「裕美がそんなこと言うようになるとはな…予想外だったよ…先輩の勇姿、しっかり見とくんだぞ?」
裕美「…うんっ」
P「…でも裕美、後でおでこペロペロの刑な」
裕美「えっ!?」
47:
オツカレサマデシター
アリガトウゴザイマシター
P「お疲れ、愛梨…無理言ってすまなかったな…」
愛梨「いえいえこれくらい!あ、そういえばどうですか…この白ウサギ!さっきのもセクシーでいいですけど、こっちも負けていませんよ…ふわふわですっ!」
P「あぁ…とっても似合ってる…ぞ…」クルッ
愛梨「…プロデューサーさん…?なんで目をそらしちゃうんですか…」
P(いかんいかん…もうあんなことできる時間はないんだ、撤収撤収…)
愛梨「もう、プロデューサーさんったら…よし!聞いちゃいます!セクシーな私と、ふわふわな私…どっちが好きなんですかっ!?」
P「!……どっちって…そりゃあ……まぁ…」
48:
P「……どっちも」
愛梨「やん♪」
師匠『つづく!』テヘペロ
51:
長々と失礼しました…
続き…というか最終回は短くまとまると思います
後半、投下スピードが低下してしまい申し訳ないです
愛梨との前半の会話は、ほぼ後半エピソードまんまです…運営が病気なのです
俺は悪くねぇ!俺は悪くねぇ!
5

続き・詳細・画像をみる


和服にはまって和服集めた結果wwwwwww

某有名ホストのフリしてTwitter始めたらヤバイ事になったwwwwwww

NMB48の鉄人4人 【小ネタ7つ】

【訃報】藤巻幸夫・参議院議員 享年54--伊勢丹の「カリスマバイヤー」として注目浴び、福助社長やイトーヨーカ堂顧問などを歴任

ぱっと見彫りの深い日本人に見える人なんだけど、付き合って家族構成とか詳しく知ったらロシアのクォーターだった

【動画】 格闘技の試合“オナラ”で決着、技の応酬の中で顔へ放屁され戦意喪失

back 削除依頼&連絡先