初美「巴ちゃんの怒ったところを見てみ隊」back

初美「巴ちゃんの怒ったところを見てみ隊」


続き・詳細・画像をみる

1:
十曽「何言ってるんですか…」
明星「何故巴さん?」
初美「はるると霞さんはもう怒ったとこ見たことあるから、次は巴ちゃんかなぁと思って」
明星「その後は私達と姫様ですか…」
初美「姫様にはそんなこと出来ないし、2人は薄墨会の大事なメンバーだからそんなことしないですよー」
明星(薄墨会…)
十曽(いつのまに入会させられたんだろう…)
4:
明星「霞さんも春さんも怒らなそうですけど、本当に怒らせたんですか?」
初美「あの2人はチョロかったよ」
初美「はるるはおなかすいたから勝手に黒糖を貰ったら怒ったし」
十曽「それは怒りそうですね」
初美「怒ったはるるはとっても恐かったですよー」
明星(怒らせないように気をつけよ…黒糖関連でしか怒らなそうだけど)
9:
十曽「霞さんにはなんで怒られたんですか?」
初美「霞さんと姫様のお母さんって同い年に見えますねって言ったら怒られたよ」
明星「あぁ…でもあながち間違 初美「やっぱりそうだよね!だいたい霞さんは中身がもうおばさんなのにちょっと見た目の事言うとすぐ怒るんですよー」
霞「初美ちゃん良く聞こえなかったからもう1回言って貰えるかしら?」
初美「しょうがないですねえ、霞さんの中身はすでにおばさん……って、いつから…そこにいたんですか……」
霞「そこを通りかかったら初美ちゃんが私の事おばさんって言った気がしたから本当かどうか聞きに来たの」
初美「そ、そんなこと言ってないですよー…ねっ十曽ちゃん?」
明星(私じゃなくて良かった…)
十曽「え、えぇー!私ですか!?」
12:
霞「早く教えてくれるかしら?十曽ちゃん」
十曽(初美さんごめんなさい…)
十曽「は、初美さんは…霞さんのことを…ババアのくせにすぐ怒る更年期障害だって言ってました!!」
霞「あらあら」
初美「そ、そこまで言ってないですよー!十曽ちゃんの裏切者ー」
十曽「ごめんなさい!つい初美さんの心に秘めた部分を代弁してしまいました」
霞「あらあら、そうなの?初美ちゃん」
初美「そ、そんなこと有るわけ無いじゃないですか」
霞「どっちにしろ少しお話する必要はあるわよねぇ?」
初美「嫌です!絶対少しじゃ終わらないじゃないですかー!」
明星「連れてかれちゃったね」
十曽「うん…」
13:
十曽「昨日はあれから初美さん見なかったね」
明星「霞さんお説教されて力尽きたらしいよ」
明星「これで薄墨会も解散になれば良いんだけど…」
十曽「いつのまにか会員にされてたもんね」
明星「だいたい薄墨会なんて昨日初めて聞いたし」
十曽「そんなことより、早くお掃除終わらせちゃお」
明星「うん」
初美「ちょっと待ったー!第2回薄墨会をここで行うですよー」
十曽「初美さん…生きてたんですね」
初美「勝手に殺さないで!まず、十曽ちゃんには昨日の責任をとってもらうからね」
十曽「ひっ…」
15:
巴「ハっちゃん掃除サボってるとまた霞さんに怒られるよ」
初美「地味メガネは黙ってるですよー」
明星(そんなこと言ったら怒られそうな気が…)
巴「はいはい…大人しく掃除してくれたら黙っててあげるから」
十曽「聞き流してる…」
明星「初美さんお掃除頑張ってください」
初美「2人ともー、掃除の後は薄墨会だからねー」
巴「薄墨会?何それ?」
初美「巴ちゃんには関係無いですよー」
16:
初美「という訳で第2回薄墨会ですよー」
十曽「今日のおやつ何だろうねー?」
明星「私はあんみつが良いなー。初美さんは何が良いですか?」
初美「私はプリンが…ってそうじゃないよ!」
初美「2人ともしっかりしてよー、そんなんじゃ巴ちゃんを怒らせることはできないよ」
十曽「怒らせたくないからいいです」
明星「おなじく」
初美「そういえば十曽ちゃんには昨日のことで借りがあったよね?」
十曽「うぅ…」
初美「ちゃんと会に参加してくれたら、水に流してあげてもいいよ」
十曽「わ、わかりました…」
18:
初美「十曽ちゃんが正式に薄墨会のメンバーになったところで、巴ちゃんをどうやって怒らせるかの作戦会議をしたいと思います」
明星「今朝思ったんですけど、あんな暴言はかれて怒らないんだし無理だと思います」
初美「明星ちゃんは分かってないねぇ、だからこそ見たいんだよ…巴ちゃんの怒ったところが」
十曽「でもそれって良くないことですよ…それに、もしそれがきっかけで2人の間に溝が出来たらどうするんですか?」
初美「その時は2人が私をフォローしてね」
十曽(…)
明星(…)
20:
明星「とりあえず巴さんはなかなか怒らなそうなので、初美さんには巴さんの怒りポイントを溜めてもらいます」
初美「良く分かんないけど、それなら3人で協力して溜めようよ」
明星「それは無理です。その場合はターゲットが3人に分散されるので、より多くのポイントが必要になります」
初美「それじゃあ仕方がない、2人には作戦立案で手伝ってもらうよ」
明星(よし、これで私と十曽ちゃんが巴さんに怒られる事はなくなった)
十曽「このままだと本当に巴さんが怒りそうだよ」ヒソヒソ
明星「こればっかりはもうしょうがないよ」ヒソヒソ
初美「2人だけで話さないで私も混ぜて欲しいんだけど…」
21:
明星「すみませんでした会長」
初美「会長?」
十曽「薄墨会ですよね?」
初美「あ、そうだね私会長だねー。で、何かいい作戦はある?」
十曽「ええっと、もうすぐおやつなので…巴さんのおやつを奪うのはどうでしょうか?」
初美「いいね、私だったら絶対怒るよこれは。怒らなくてもポイントいっぱい溜まりそうだし、ナイス十曽ちゃん」
明星(この人なんで私達より年上なんだろ…)
巴「ハっちゃん達?おやつの時間だよー」
初美「早時間がきたね…巴ちゃん待ってるですよー」
23:
十曽「今日のおやつは何ですか?」
小蒔「フルーチェです」
明星「やった」
初美(フルーチェか…たい焼きとかなら楽に奪えるのに)
霞「初美ちゃんどうしたの?」
初美「巴ちゃんの隣良いですか」
春「私が変わる」
初美「ありがとう、はるる」(よし…後は奪うだけ)
「「いただきまーす」」
巴「ハっちゃんもう食べ終わったの?!」
初美(隙あり!)
「「あっ!」」
明星(巴さんのフルーチェを一瞬で)
初美「ごちそうさまでした!」
巴「……」
30:
十曽(これはまずいんじゃ…)
霞(あらあら)
春(食べ物の恨みは恐い)
初美「巴ちゃんもフルーチェ食べるの早いですねー」
明星(自分で食べたのに…これは怒るんじゃ)
小蒔(巴ちゃん…)
巴「ハっちゃん…」
初美「な、なんですか?」
巴「今度からは欲しかったらちゃんと言ってね。分けてあげるから」
初美(なっ?!こいつ…)
霞「私も分けてあげるわよ」
春「私も」
初美「い、いらないですよー…これからは巴ちゃんの分も私がもらいますから。いいよね?巴ちゃん」
明星(一気に勝負を決めるつもりか…)
34:
小蒔「いい加減にして下さい!!初美ちゃんは最近、巴ちゃんにイジワルしてばかりじゃないですか!!」
十曽(姫様が怒った)
巴「姫様!私は大丈夫ですから」
小蒔「私が大丈夫じゃありません!!初美ちゃん2人で話をしましょう」
初美「はい…」
春「大丈夫かな…」
霞「私も小蒔ちゃんが怒ったところは見たこと無いから分からないわ」
巴「止めた方がいいんじゃ…」
霞「すでに何か降りて来そうだったから下手に邪魔しない方がいいわ」
十曽「し、死んだりしませんよね?初美さん」
霞「さすがにそれは無いと思うけど…」
明星(これで死んだら私のせいだ…)
39:
小蒔「ただいま戻りました」
春「やっと終わった」
巴「姫様…ハっちゃんは?」
姫様「私も初美ちゃんも途中で寝てしまったみたいで、初美ちゃんはまだ眠ってますよ」
明星「初美さん!」
十曽「死なないで!」
霞「初美ちゃんはあの2人に任せましょう。なんだかんだで初美ちゃんに懐いてるみたいだし」
小蒔「なんだかおなかがすきました」
巴「晩ご飯の準備をしますね」
春「私も手伝う」
40:
初美「……」
明星「初美さんしっかりして下さい!」
十曽「死んじゃいやです!」
初美「んー…うるさいですよー巴ちゃん……」
明星「起きてくださいよ」
十曽「良かった…生きてる」
初美「うーん…うるさくて目が覚めちゃいましたよ…あと十曽ちゃん勝手に殺さないで」
明星「良かったー。心配しましたよ」
初美「かなりヤバかった気もするけど、薄墨会会長として簡単には死ねないからね」
十曽「良かったです。あの姫様恐かったから…」
初美「じゃあ次の作戦を考えようか」
明星「まだやるんですかー!」
初美「当たり前だよ。さっきのでポイントも結構溜まっただろうし」
十曽「でも…」
初美「次からは姫様がいないところで実行するから大丈夫だよ」
43:
初美「というわけで、次から2人には姫様を引きつけてもらいます」
明星「いいですけど、私達も姫様に怒られるのは嫌ですよ」
初美「私達の関係がばれなければ大丈夫だよ」
十曽「でもどうやって巴さんを怒らせるんですか?」
初美「今度は悪口を言い続けてみるよ。さすがの巴ちゃんも澄まし顔ではいられなくなるはず」
明星「じゃあ晩ご飯の後に私達が姫様をお風呂に誘いますね」
十曽「それなら悪口を言ってるところに姫様が来ることもないね」
初美「よし、決定だね」
霞(あらあら)
46:
初美(よし、作戦時間になった…2人が姫様を引きつけてるうちに)
初美「巴ちゃんお話があるですよー」
巴「何?」
初美「巴ちゃんはなんでそんなに地味なんですか?存在感も胸も無いですよねー」
巴「ハっちゃんも胸無いよ…」
初美「わ、私はこれからですよー!これから背も大きくなりそうじゃないですかー」
巴「ハっちゃんもう今年で18だよね…無理だよ…成長期終わってるよもう」
初美「うっ!…って私のことはいいんですよ!巧妙に話をすり替えるなんて小賢しいですよー」
初美「だいたい巴ちゃんはですね。地味でメガネでインハイでも活躍しないくせに、そつなく家事をこなして勉強も私より出来るくせに嫌味がなくて、全然怒らないしなんなんですかもー」
巴「そんなこと言われても…」
48:
初美「これでも怒らないですか…こうなったら実力行使ですよー」
霞「そこまでよ初美ちゃん!十曽ちゃん達にも聞いたけど、今のではっきりしたわね」
初美「あの2人をどうしたんですか!?」
霞「安心して姫様とはるると麻雀してるわ。そんなことより初美ちゃん、興味本位で巴ちゃんを怒らせるるのはやめなさい」
巴「そういうことだったんですね」
初美「霞さんには関係無いですよー」
霞「おやつの時のことを忘れたのかしら?」
初美「それは…」
51:
巴「ハっちゃん、私が怒ったらもうこんなことしない?」
初美「当然ですよー。作戦終了ですからね」
巴「じゃあ今から怒るから覚悟してね」
初美「いつでも来いですよー」
霞(よく分からないけど本当に怒るのかしら?)
巴「……」
初美「……」
霞「……」
巴「ハっちゃん…もうこんなことしちゃメっだよ」
初美「それだけ?」
巴「うん、じゃあ私は姫様達のところに行くから」
霞(笑っちゃダメだけど、これって絶対…)
初美「拍子抜けだったけど作戦完了ですよー」
霞「初美ちゃん本当にそう思うの?」
初美「なんで笑いをこらえてるんですか霞さん?」
52:
霞「…今から怒るって言って…メって…絶対バカにされてる…もしくは子供扱い……ごめんなさい…ツボに…入っちゃって…」
初美「……」
霞「初美ちゃん?」
初美「とーもーえーちゃーんー!こらー!私を子供扱いするなですよー!」
巴「あんなことされて素直に怒ってあげる訳ないでしょー」
初美「待てー!私は怒ったですよー!!」
春「うるさい…」
十曽「なんて言うか…」
明星「やっぱり初美さんだね…」
小蒔「2人とも仲良しさんで良かったです」
カン
54:
乙でー
5

続き・詳細・画像をみる


任天堂 「助けて! スマホの倒し方がわからないの! パズドラのパクリゲーを発売wwww

いとこの中2男子にドヤ顔でxvideosの無修正動画見せたら

民主党がプロジェクトチームを設置し、百田尚樹国会招致の構えを強めている件

【慰安婦問題】オーストラリア全域に慰安婦少女像を 韓中コミュニティーが協力

【驚愕】思春期に毎日牛乳飲みまくった結果wwwwwwwwwwwwwww

パチ屋でお菓子交換してる奴wwwwwww

鳥羽水族館の人気者だったダイオウグソクムシ「NO.1」、亡くなる

おのれはいつも俺の顔見ると「しゃー」とか言って

【動画あり】甲府で観測史上1位の積雪量76センチ!!

羽生凄い→俺凄いホルホルホルホル この思考が気持ち悪い

「オタク」という呼び方が市民権を得たように、「ネトウヨ」という呼び方も似たような地位を確保するだろう…小田嶋隆

ガラケーのメリット多すぎだろwwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先