ルパン三世「カウボーイビバップを刻め」back

ルパン三世「カウボーイビバップを刻め」


続き・詳細・画像をみる

1:
―ビバップ号 船内―
「起きろ、スパイク」
スパイク「……」
「起きろ!!」
スパイク「……ん?」
ジェット「仕事だ」
スパイク「仕事? 仕事なんてあったのか?」
ジェット「まだ寝ぼけてやがるのか? 俺たちの仕事は賞金首を金に換えて、美味いメシと船の修理に充てることだろ?」
スパイク「そうか。だったら、仕事はないな」
ジェット「それがあるんだよ。これを見ろ」
スパイク「なんだよ。また50万程度の雑魚をリストアップしたのか」
ジェット「やるな。もう頭も働き出したか。次に狙うのは10万ウーロンの食い逃げ常習犯と万引き常習犯と置き引き常習犯だ。今は三人とも火星にいるってよ」
スパイク「気がのらねえ。パスだ」
ジェット「これを逃がせば三日九食もやし炒めとカップヌードルのフルコースになっちまうがな」
スパイク「……それは、困るな。さっさと捕まえて肉もテーブルに並べるぞ」
元スレ
SS報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
ルパン三世「カウボーイビバップを刻め」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387102855/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
3:
―施設―
次元「起きな、五ェ門」
五ェ門「……」
ルパン「おきろってのー」
五ェ門「……ん?」
次元「久しぶりだな」
ルパン「ぬふふふ。寝てる間に太ったかぁ?」
五ェ門「ルパン……次元……。ここは?」
次元「どうするよ、ルパン。まだ寝ぼけてるみたいだぜ? まぁ、無理もないがな」
ルパン「わりぃけど、のんびり目覚めのご挨拶をしている暇もねえんだ。行くぞ」
五ェ門「どこへだ?」
ルパン「なははは。んなのきまってんだろぉ」
「侵入者を捕らえろ!!」
ルパン「俺たちの仕事にだ」
五ェ門「……承知した」
4:
―街―
五ェ門「……火星、だと?」
ルパン「そーそー。ここは火星さ。地球の外側を回ってた、あの惑星」
五ェ門「冗談は好かん」
ルパン「ぬふふふ。俺がふざけてるように見えるか?」
五ェ門「見えるからそう言っている」
ルパン「ひっでぇ。折角、苦労して永い眠りから目覚めさせてやったのによ。そーんなこといっちゃうんだから」
五ェ門「拙者が何十年も眠っていたという話自体、信じられん。次元、どうなっている?」
次元「俺に訊くな。俺だって、目が覚めてから一ヶ月ちょっとだ。この世界の技術だってまだ完全には把握してねぇ」
ルパン「浦島太郎さ。俺たちは竜宮城から地上に帰ってきたばかりなわけよ」
五ェ門「……」
ルパン「疑うのか?」
五ェ門「貴様が本当にルパンなのかどうかも今は疑わしい」
ルパン「そこまで言われたら、こっちも証明しねえとなぁ」
五ェ門「それよりも、斬鉄剣はどこにある?」
5:
―ビバップ号 船内―
アイン「ワンッ!!」
スパイク「はいはい。隅のほうで寝てろ」
アイン「クゥーン……」
エド「おでかけ、おでかけ、いってきまーす」
スパイク「留守番、頼むぞ」
エド「あーい。おみやげ、ごちでーす」
スパイク「ちゃっかりしてやがるな。最近、フェイに似てきたんじゃないか?」
エド「えへへ、ありがとー」
スパイク「褒めてねえよ。……そういえば、フェイの姿がねえな。どこいったんだ?」
エド「くるくる絵柄、揃えにいったよー」
スパイク「また貯金か」
エド「お金がでないちょきんばこー。じゃらじゃらじゃらー」
ジェット「準備ができたぞ」
スパイク「了解。エド、お前はあいつよりはマシな預金方法を開拓しろよ」
6:
舞台設定そう擦り合わせてきたかww
期待です。
7:
―レストラン―
スパイク「……居たか?」
ジェット「ああ。奥のテーブルだ」
スパイク「この取り分、フェイには渡すなよ」
ジェット「当たり前だ。もうそんな余裕はねえよ」
スパイク「なんだかんだで、アンタは甘いからな」
ジェット「動くぞ」
スパイク「ふぅー……。行くか」
ジェット「殺すなよ」
スパイク「殺さなければ、いいんだろ?」
ジェット「程々にな。歯型さえ照合できれば賞金は出る」
スパイク「はいよ」
ジェット「はぁ……。あいつが賞金首から心底嫌われてるから、仕事がやりにくくて仕方ねえ」
スパイク「――よぉ、食い逃げ犯。最後の晩餐はステーキか? ちなみに俺は昨日、肉のないチンジャオロースだった」
「な、なんだ、おまえはぁ……!!」
8:
スパイク「ふっ!!」ドゴォ
「ぶげぇ!?」
次元「おっ。面白いことしてんぞ、ルパン。ああ言う所は俺たちの時代と変わりがねえな」
ルパン「戦闘機が車みたいに飛び回るようになってもああいう屑は消えねえさ。だから、俺たちがいるんだろ」
次元「ちがいねえ。で、分かったのか?」
ルパン「いや。俺たちが冬眠することになった理由までは分かったけんども、どうして今もシャバの空気を吸っているのかはわかんねえなぁ」
五ェ門「そんなことよりも斬鉄剣をだな」
ルパン「わかってるって。でも、もうここは俺たちが生きてきた場所じゃねえのよ。情報網だって0だ。待っていれば欲しい情報が手に入ってたのが懐かしいぜ」
次元「チンピラ時代に戻ったみたいだな」
ルパン「あの頃よりひでぇよ。じいさんらが残してくれたもんがあったんだから」
五ェ門「この惨状でよく我々の居場所がわかったな」
ルパン「俺が眠りから覚めたときにな、次元と五ェ門の居場所が残されてあったのよ。カルテの備考欄にな」
五ェ門「一体、誰が……」
ルパン「それはこれから。ゴエちゃんの相棒もこれから。ぜーんぶ、これからよ。ようやく知った顔に出会えて、俺も嬉しいんだぜ?」
次元「よくいうぜ。てめえはこの時代でも図太く生きていけるだろ。俺みたいに繊細な奴はすぐに干上がるだろうがな」
9:
ルパン「どの口がいってんだか」
次元「はっはっは。それで? 何も考えてねえわけじゃねえよな?」
ルパン「まずは知っていかないとな。この世界の仕組みを。その後は自由気ままに行こうじゃないの。とっつぁんももう生きてはいないだろうし、伸び伸び仕事もできるだろうし」
五ェ門「……不二子はどうしたのだ?」
ルパン「不二子は謎だな。生きてるなら、俺のキッスで目覚めさせてあげたいところだけど」
次元「あんな女はどうでもいい。居ないほうが清々する」
ルパン「そんなこといってー。心配してるんだろ?」
次元「虫唾が走る。さぁて、策があるならもういこうぜ。こうしてる時間が惜しい」
ルパン「んじゃ、第二の人生幕開けと行きますか」
五ェ門「斬鉄剣……」
ルパン「すぐに探してやるって――」
「うごぉ……」フラフラ
ルパン「おっとっと。ひでぇ顔だなぁ」
「た、たすけ……」
スパイク「おい、アンタ。そいつを渡してくれ。大事なメシの種なんだ」
10:
ルパン「お前さんの恋人かい?」
スパイク「まぁ、そんなところだ」
ルパン「ぬふふふ。ほらよ」ドンッ
「おぉぉ……」フラフラ
スパイク「サンキュ」
ルパン「行こうぜ」
次元「おう」
五ェ門「斬鉄剣……いずこに……」
スパイク「変わった連中だな」
ジェット「うぇ。また偉く殴ったもんだな」
スパイク「蹴ったんだよ。ほら、あとは任せるぜ」
ジェット「お前、まだ二人残ってるんだぞ?」
スパイク「休憩は大事だろ」
ジェット「ったく。船に戻るならエドとアインにメシでも出してやれ」
スパイク「ガキとケモノはジェットの領分だろ?」
11:
―カジノ―
フェイ「きた……きた……!!」
フェイ「キター!!!」ピッ
カシャン
フェイ「……はぁ。なんでそこで7がすべるのよぉ」
フェイ「あーあ……。ルーレットも思い通りに回ってくれないし……サイフの中身は空だし……」
フェイ「よっと。もう、帰りますか」
フェイ「……」ピッ
エド『もしもーし。こちら、ビパッブ号だよー』
アイン『ワンッ!』
フェイ「……あたしよ。ジェットかスパイクは?」
エド『あー、フェイフェイー。くるくる絵柄、そろったのー?』
フェイ「揃ってたらこんな時間に連絡なんてしないわよ。それで、あたしの質問には答えてくれるの?」
エド『えっとねぇー。スパイクもジェットもぉ、おしごとにいったよー。お土産もあるってー』
フェイ「あら、そう。それじゃ、あたしもお土産貰おうかしら」
12:
エド『あーい、まってまぁーす』
アイン『ワンッ!』
フェイ「……」ピッ
バニー「あら、もうお帰りですか?」
フェイ「ええ。そうよ。十分、預金できたからね」
バニー「そうですか」
フェイ「今度来るときはもう少しぐらい還元してよね。他の客も随分と使ってるみたいだし、あたしが潤ってもバチは当たんないでしょ?」
バニー「ふふっ。そうかもしれませんね」
フェイ「その手にある飲み物は?」
バニー「無料です。如何ですか?」
フェイ「貰うわ」
バニー「……」
フェイ「ふぅー。まぁまぁね。次に来るときはもっと高級なモノでも用意して」
バニー「ありがとうございました。またのお越しをお待ちしておりますわ」
フェイ「あーはいはい。また来てやるわよ。取られた分を取り返しにね」
13:
―ビバップ号 船内―
エド「らんららーん」カタカタ
アイン「……」
スパイク「なんだ。まだ戻ってきてないのか」
エド「あー、おかえり、えりまき、えりまきとかげー」ピョンピョン
スパイク「ほらよっ」ポイッ
エド「はむっ!!」
アイン「ワン!」
エド「にくまんだー!! アイン、はんぶんあげる!」
アイン「ワンッ!!」
スパイク「フェイはどうした? そろそろ持ち金も尽きる頃だろうに」
エド「ふぁっふぃーふぇんふぁふあっふぁふぉー。ふるふるふぇふぁふぁふぉふぉふぁふぁふぁふぁふー」
スパイク「そうか。そりゃ大変だな」
エド「ふぁー!」
スパイク「ジェットが戻ってくるまで寝るか」
14:
スパイク「すぅ……すぅ……」
ピピッ……ピピッ……
アイン「ワンッ!」
エド「んー? おたよりー。だれからですかー? どちらさまのどなたさまー?」カタカタ
ジェット「ん? 一人いないようだな」
エド「あー。おかえりなさーい」
ジェット「ほらっ」ポイッ
エド「はむっ!!!」
ジェット「おい、起きろ、スパイク。次の仕事が首を長くして待ってるぞ」
スパイク「……そんな仕事にありついてみたいもんだな」
ジェット「全くだ」
エド「にくまんだー!! アイン、はんぶんあげる!!」
アイン「ワンッ!!」
スパイク「……やっぱり甘いな、アンタは」
ジェット「ふんっ。ほっとけ」
15:
―店―
アントニオ「こんなところに店が出来とるぞ」
ジョビン「あぁ、しらんかったのぉ」
カルロス「今日はここで飲むか?」
ジョビン「あぁ、それもええのぉ」
ルパン「ぬふふふ。いらっしゃいませぇー。ご注文はおきまりですかぁ?」
アントニオ「酒だ! 酒を出してくれ!!」
ジョビン「あぁ、酒がええのぉ」
カルロス「お前はそればっかりだな」
ルパン「少々、おまちくださぁーい」
五ェ門「……」
次元「おい、ルパン。これがお前の策か?」
ルパン「大変だったんだぜ? いい感じの空き店舗を見つけるのも。俺らのときとはシステムがまるっきり違うしよ」
五ェ門「こんなことをして何になる?」
ルパン「拠点にできて、尚且つ蛇にも道を訊ける、かもしれねえ。悪い方法じゃねえだろ?」
16:
次元「天下の大泥棒が酒場のマスターにまで成り下がるとはな。なさけねえ」
ルパン「何か飲むかい? それともお食事? ぬふふふ」
次元「料理の腕、鈍ってねぇだろうな?」
ルパン「まだ寝ぼけてんのか、次元? もう数百年眠っても錆一つつかねえよ」
次元「なら、頼む」
五ェ門「ルパン。拙者は別行動を取らせてもらう」
ルパン「どこいくんだ?」
五ェ門「斬鉄剣の行方を追う」
ルパン「いいお宝の情報があったら知らせてくれよ。こっちもそれらしいこと聞いたら連絡してやるからよ」
五ェ門「承知」
次元「いいのか?」
ルパン「構わねえよ。できれば俺だってここで立っているよりは、外で大暴れしてぇしな」
次元「だが、今はできねえな。暴れるだけの庭がねえ」
ルパン「そういうこと。まだこの時代にはルパン三世の居場所はねえのさ」
次元「ふっ。まだ、か。さっさとメシを出せよ。あと5分待たせたら、金ははらわねえぞ」
17:
ルパン「ほい。お待ち」
次元「いただく。お前のメシなんていつ以来だろうな」
ルパン「お前は幸せもんだぜ。この俺の料理を味わえるんだからな」
次元「てめぇの料理を味わえる代償が俺の命じゃ釣りあわねえだろ」
ルパン「なはははは」
次元「……ところでルパン。この時代の科学技術は俺たちの頃より遥かに進歩してるよな」
ルパン「まぁな。お宝くさーい場所のセキュリティなんてどーやってはいんの?って訊きたくなるぐらいのもんだしな」
次元「指紋認証の制度も段違いなんだろう?」
ルパン「そっちの心配はしてねえよ。化粧の技術だって上がってるんだしな」
次元「何が問題だ?」
ルパン「一番の問題はゲートだ」
次元「位相差空間ゲートのことか?」
ルパン「そう。俺たちを一度殺した、それだ」
次元「だが、あれを利用すりゃあ太陽系の端まですぐにいけるんだろ? 逃げるときに使えるじゃねえか」
ルパン「通った瞬間にアウトなんだよ。車種と運転手が筒抜けだからな。むしろあれを使うと足がつく。でも、あれを使えば俺たちの行動範囲は一気に広がる。使わない手はねえ」
18:
次元「使うのか使わないのか、どっちなんだよ」
ルパン「目覚めてからの間、次元探しや不動産屋巡りをしていたわけじゃねえよ。情報屋だって確保してる」
次元「情報屋? 信用できるのか?」
ルパン「さぁな。だが、まぁ、金さえ払えば大抵のことは教えてくれる」
次元「お前が俺を目覚めさせることができたのも、そいつのおかげなのか?」
ルパン「店を開けたのは、そいつのおかげだな。いい不動産を紹介してくれよ」
次元「そうかい。次はフランチャイズの経営法でも聞けばいいんじゃねえか?」
ルパン「おいおい。ちゃんとした奴だって」
次元「こんな状態だ。藁にも縋りたくなるのはわかるが――」
ルパン「クリプト・ブレイカー」
次元「なんだそりゃ?」
ルパン「現存する全ての暗号データを解読できるっていうプログラムだ」
次元「何が出来るっていうんだ?」
ルパン「分かりやすくいうとだな。それさえあれば、どこにでも楽に入れちゃうわけよ」
次元「ほう? そりゃあ随分なお宝だな。どこにあるのか分かってるのか?」
19:
ルパン「とあるカウボーイがどっかにやっちまったらしいってところまではわかってんだけどもね」
次元「全然、分かってねえんだな」
ルパン「ぬふふ。そうとも言う」
次元「ったく。これからどうするんだ? ここでウェイターなんてしたくねえぞ、俺ぁ」
ルパン「お前みたいな髭面男は不潔そうだから、こっちから願い下げよ」
次元「なんだと!?」
「……」カラーン
ルパン「いらっしゃいませー。お好きな席にどうぞー」
アントニオ「おい、マスター。この店は曲の一つも流れんのか?」
ルパン「そっちにジュークボックスあるから、勝手に使ってくれ」
ジョビン「ロックがええのぉ。ワシらも歌っとったなぁ」
カルロス「ロックといってもビバップだろ。それにお前はいつも観客席にいただろうが」
ジョビン「ほーじゃったかのぉ」
次元「やれやれ……。先が思いやられるな」
ルパン「気長にやろうぜ? この時代ではだーれも俺たちのことは知らないんだ。見方を変えれば、好き放題できるってことだろ?」
20:
―街 路地裏―
スパイク「ふっ!!」ドゴォ
「ごほっ!?」
スパイク「観念したか?」
「し、した……しました……」
ジェット「おい、スパイク。その辺にしとけよ」
スパイク「こいつが抵抗するからだろ?」
「そ、そりゃするだろ!! いきなり殴りかかってきたら!!!」
スパイク「殴ってない。蹴ったんだ」
「い、いっしょだぁ!!」
スパイク「ジェット、俺は帰るぜ」ドゴォ
「ぶげぇ!!」
ジェット「やれやれ。もう少し優しくできねえのか」
スパイク「育ちが悪くてね。手足の癖が悪いんだ」
ジェット「分かったから戻ってろ。ただし、もう一人いることを忘れるなよ。見かけたらちゃんと捕まえとけ。いいな?」
21:
スパイク「三人捕まえても30万だしな……。いまいちモチベーションが上がらないぜ……」
五ェ門「……」
スパイク(あいつは昼間見かけた……)
五ェ門「ここにもないか。次へ行くか」
スパイク(探し物でもしてんのか)
五ェ門「やはり骨董品を扱っているところでないと……」
スパイク「タバコ……タバコ……」ゴソゴソ
スパイク(こんなところで骨董品を漁っても模造品しか並んでないことを知らないんだな)
スパイク「ふぅー……。火星は初めてってところか」
ピピッ……ピピッ……
スパイク「ん? なんだ?」
エド『スパイクー、やっほー。おしごと、どうですかぁー?』
スパイク「珍しいな。お前がそんなことで連絡をよこすなんて」
エド『さっきねー、変なお手紙とどいたよー。みてみる?』
スパイク「内容はなんだ?」
24:
エド『クリプト・ブレイカーはどこにあるんだーだって』
スパイク「なんだそれ?」
エド『ほらほらー。ずっと前、エドがビパッブ号に乗る前、フェイフェイがこれで借金なくなるってなってたときだよ』
スパイク「あぁ。そんなのことあったな。なんでお前がそれを知ってるんだ?」
エド『だって、エド、ずっとビバップ号のことしらべてたもーん』
スパイク「そうだったな。ええと、チップの中に入ってたマイクロチップだったな。確か……そのチップ1枚は使った。ああ、そうだ。使ったな」
エド『チップはチップの中に?』
スパイク「そういうことだな。もう何百万枚、何千万枚、いや、結構な規模のカジノだったから、億はいってるか。とにかく、チップの海の中に沈んでる。サルベージもできないだろ」
エド『そうなんだー。ざんねんむねん、またらいねん』
スパイク「差出人は?」
エド『わかりませーん』
スパイク「なにやってんだ。お前なら送り主ぐらいわかるだろ?」
エド『だって、ダイレクトメールなんだもん。あー、でもでも、フェイフェイがロープでぐるぐるになってる写真もおくられてきたよー。これで誰かわかるかなー?』
スパイク「……煮るなり焼くなり好きにしろって返事書いて送れ」
エド『あいあーい。今晩はーフェイフェイの姿煮込み焼きーにゃははー』
25:
ジェット「なにぃ!? フェイが誰かに拉致されただと!?」
スパイク「また厄介ごとに手を出したみたいだな」
ジェット「あの女、何回捕まれば気が済むんだ」
スパイク「どうするよ」
ジェット「相手の要求は? 金なら諦めるぞ」
スパイク「クリプト・ブレイカーの在り処だ」
ジェット「あれを? おいおい、相手はどんな奴だ。どうしてその名前が出てくるんだ」
スパイク「知るかよ。あれを探してたのは一人じゃなかったってことだろ」
ジェット「限られてると思うがな」
スパイク「どっちにしろ、あれはもう探し出せるものじゃない。残念だが、フェイはここまでだな」
ジェット「はぁ……。そうなっちまうか」
スパイク「振り返ってみれば、あいつがいる空間は楽しかったな」
ジェット「いや、待て。フェイから今月の諸経費をまだ徴収してねえぞ」
スパイク「マジか」
ジェット「踏み倒しは許されねえな。まだ生きてるなら取立てにいかねえと。スパイク、準備しろ。俺は請求書を作ってくるからよ」
26:
―ビバップ号 船内―
ジェット「世話の焼ける女だ」
エド「おかえり、えりあし、ながいながーい」
アイン「ワンッ!!」
スパイク「手紙はどうした?」
エド「ここにあるよ」
スパイク「……返事は?」
エド「スパイクに言われたとおりだしといたー」
スパイク「上出来だ」
エド「えへへ。ほめられちった」
ジェット「エド。例のクリプト・ブレイカーを知っていそうな奴を洗い出しておいてくれ」
エド「わかったー。にひひ。クリプト・ブレイカーはどこだろー? でておいでー。しってるひと、このゆびとまれー」カタカタ
ジェット「何か分かったら、すぐに俺に知らせてくれ」
エド「はぁーい」
スパイク「まずはこの手紙が出された場所に行ってみるか……」
37:
―カジノ 倉庫―
フェイ「……ちょっと、いい加減にしなさいよ。いつまで拘束されなきゃならないわけ? あんた、男に興味ないタイプの人?」
バニー「ごめんなさいね。今、手紙を読んでいるところだから」
フェイ「今時、ダイレクトメールなんて何世紀前の人間よ」
バニー「何世紀も前ってことでもないでしょう。ゲートが出来上がったおかげで、ここまで技術が発展したんだもの。それに……」
フェイ「……」
バニー「ダイレクトメールだってこうして人物を指定するだけで配達してもらえるんだから。便利な時代になったものね」
フェイ「あんた、ただのバニーガールじゃないわね?」
バニー「そう見える?」
フェイ「何者なの? どうしてクリプト・ブレイカーのこと知ってるわけ?」
バニー「うふふ。それは内緒。貴女は黙って人質になっていればいいのよ」
フェイ「あっそ」
バニー「なるほど……」
フェイ「その手紙、誰からよ? スパイクから?」
バニー「貴女のこと煮るなり焼くなり好きにしていいって。見捨てられたみたいね」
39:
フェイ「ホーント、男は薄情者ばっかりで困るわ」
バニー「あら、意外と動じないのね」
フェイ「お生憎様。捨てられるのは慣れてるの」
バニー「性格に問題でもあるんじゃない?」
フェイ「ほら。人質の価値なんてあたしにはないの。早く解いて」
バニー「そうね……」
フェイ(戻ったら殴ってやるわ、あいつら)
バニー「なら、殺しましょうか?」チャカ
フェイ「な!? え!? ど、どうしてそうなるのよ!?」
バニー「慌てちゃって、可愛いわねぇ。心にゆとりのある女って、白馬の王子様を信じてるタイプなのよね」
フェイ「そんなことないわよ!!」
バニー「そうかしら? 心の片隅で思っているんでしょう? あの人が助けに来てくれるって」
フェイ「ふんっ。それはあたしがいい女だからでしょ。向こうが勝手に助けにくるだけで、あたしは自力でなんとかできるわ」
バニー「あら、そうなの? なら、やってみてくれる?」
フェイ「……っ」
41:
―店―
次元「ジャズの種類が少ねえな。新型のジュークボックスか、これ?」
ルパン「中古に決まってんでしょう。ゴミ捨て場から拾ってきたんだから」
次元「きったねえなぁ。そんなところでケチんなよ」
ルパン「なら、テキトーなところでお金稼いできてくれ。貧乏暇なしっていうだろぉ?」
アントニオ「またカジノで一儲けしたいな」
カルロス「ああ、あのときは大勝できたからなぁ」
ジョビン「したな。若いときはもっとした」
「……」
ルパン「お? きたか」カタカタ
次元「何してんだ、ルパン?」
ルパン「新しい情報が更新されたみたいだ」
次元「例のお宝絡みか?」
ルパン「絡んでるどころじゃねえなぁ。お宝そのものの情報だ」
次元「どこにある? やっぱりどこかの大富豪の屋敷か? それとも研究施設か?」
44:
ルパン「カジノ」
次元「景品にでもなってるのかよ、そのお宝は」
ルパン「まぁ、そんなとこだな」
次元「……できるのか?」
ルパン「お前の目の前にいる奴は誰か忘れちまったのか? あの、ルパン三世だぜ?」
次元「もうお前を知る奴なんざ、歴史好きの変わり者ぐらいなもんだろ」
ルパン「寂しいこと言うなよ。次元と五ェ門が知っていれば、それだけで十分だっての」
次元「気色悪いこと言うんじゃねえよ。で、その情報は信用できるんだな?」
ルパン「金さえ払えばなんとでもならぁ。あとで振り込んどきますよっと」ピッ
次元「金がねえって嘆く割には情報屋に払う分はあるんだな」
ルパン「あんなぁ。次元と五ェ門を目覚めさせるのにも金はかかってんの」
次元「独りで稼いでたのか?」
ルパン「地道に内職をしてたのよ。ぬふふふ」
次元「そうかい。ご苦労なこった」
ルパン「面子も揃ったし、もうつまんねえものを盗むつもりはねえさ。これからはどでかいことをやろうぜ? 太陽系が震えるぐらいにでかいことをな」
45:
「……」タタタッ
ルパン「お客様、おかえりかぁ?」
「え? あ、ああ、はい……」
ルパン「そのカバン、お客様のだっけか?」
「そ、そうだよ……」
次元「はっはっはっは」
アントニオ「お、おい!! カバンがないぞ!!!」
ジョビン「ほーじゃったかのぉ?」
カルロス「あいつがもっとるぞ!!」
「ちっ……!!」
ルパン「次元。あの馬鹿を捕まえてくれ。店の評判に関わる」
次元「何考えてんだ?」
ルパン「いいから。置き引き犯が逃げるだろ?」
次元「カウボーイに憧れるのはよせ。いいことはないぜ」チャカ
ルパン「お前、鏡みたことねえの?」
46:
―カジノ 入り口―
スパイク「エド。手紙はここから出されたんだな?」
エド『はぁーい。そこからお便り届いたよー』
スパイク「てことは……。お、フェイのレッドテイルがあるな。まだこの中で遊んでるのか。いや、遊ばれてるのか」
ジェット「ここまでの交通費もフェイ持ちだな」
スパイク「あと置き引き犯の賞金がパァになったときの賠償も払わせたほうがいい」
ジェット「そりゃ妙案だ。スパイク、俺ぁカジノの経営者をあたってみるが、お前は……」
スパイク「分かってるよ。倉庫らしきところを見て回ってみる」
ジェット「気をつけろよ。相手が何者かはわからねえが、こっちのことはよく知っているはずだ」
スパイク「あいよ」
ジェット「さてと、行くか」
スパイク「倉庫はっと……」
バニー「……あれがビバップ号のクルー」
バニー「さてと――」
不二子「私も活動再開といきますか。何十年ぶりかしらね。私の意識的には3ヶ月ほどしか休んでないけど」
47:
―倉庫―
フェイ「……」ゴソゴソ
フェイ「よしっ、切れた。このご時世に縄だけで安心しちゃうやつっているのね。せめて電子ロックの手錠でも使わないと」
フェイ「さぁて、あのババァに一発かましてやる……」
ガチャ
フェイ「――ふんっ!!」ブゥン
スパイク「おっと。何すんだ」
フェイ「あ……スパイク……?」
スパイク「拳で出迎えとは、随分な歓迎だな。流行ってんのか?」
フェイ「ちょっとあんたぁ!! このあたしを見殺しにしようとしたわね!?」
スパイク「捕まるほうが悪いんだろ? ああいわれても仕方ねえよ。でも、こうして出向いてやってんだから、素直に感謝ぐらいしてほしいな」
フェイ「あの女が逆上でもしてたらどうなってたか……」
スパイク「銃声が聞こえて犯人探しが楽になるな」
フェイ「いい性格してるわ……」
スパイク「で、その女はどうした?」
48:
フェイ「さぁね。5分前にトイレに行くっていって出て行ったけど」
スパイク「じゃ、待ってみるか。運がよければ戻ってくるだろうしな」
フェイ「戻ってこなかったら?」
スパイク「その女は只者じゃない」
フェイ「そうかしら、あれは時代遅れの女よ。私みたいなね」
スパイク「どういうことだ?」
フェイ「別に。それより、あたしが刺されてたらどうするつもりだったわけ? 相手が銃を持っているとは限らないでしょ?」
スパイク「ここはカジノだぜ?」
フェイ「それがなによ?」
スパイク「銃にしろ刃物にしろ、持ち込めるわけねえだろ。持ち込めるなら経営者ぐらいなもんだ。首を絞めて殺すもお前が相手じゃ簡単にはできないだろうしな」
フェイ「でも、あの女は銃を……」
スパイク「よく見たのか?」
フェイ「え?」
スパイク「お前が生きてるのがいい証拠だろ?」
フェイ「は、はらたつ……!! まさか、玩具の銃で私を……!!」
49:
ジェット『おい、スパイク。応答しろ』
スパイク「どうした?」
ジェット『ここのオーナーはシロだ』
スパイク「あんたの勘か?」
ジェット『いや。クリプト・ブレイカーのことを知らない。エドにも確認を取ったが、接点がねえって話だ。勿論、接点がなくとも繋がることはあるが』
スパイク「とにかく今は疑うだけの材料がねえんだろ」
ジェット『ああ。フェイを拉致した命知らずはここの従業員か……』
スパイク「部外者。だな」
ジェット『しかもクリプト・ブレイカーなんていう闇ルートでしか聞かないブツを知っている。相当な野郎だろうな』
スパイク「女かもしれないぜ?」
ジェット『今から従業員を調べてみる。何かわかるかもしれん』
スパイク「了解。こっちは迷惑娘を家に連れて帰る」
ジェット『任せる。捨ててもいいが、経費の徴収は忘れるな』
スパイク「ああ。忘れないように耳に刻んどく。フェイのな」
フェイ「なによ……結局は金なの……」
50:
―カジノ 入り口―
フェイ「あぁー!!!」
スパイク「なんだよ、うっせぇなぁ」
フェイ「ない!! ない!! あたしのレッドテイルぅ……」
スパイク「ホントだな」
フェイ「ちょっと!! どういうことよ!?」
スパイク「俺に訊くなよ」
フェイ「それもそうね。――エド!! 聞こえる!?」
エド『んにゃぁ!? もう、なにぃ? あ、フェイだぁー。くるくる巻かれて、楽しかったぁ?』
フェイ「んなわけないでしょう!? それよりあたしの愛機の行方を今すぐ捜して!!」
エド『え? あいき? アニキ?』
フェイ「レッドテイルよ!! レッドテイル!! 逆探知でもなんてもいいからすぐに在り処を探して!!」
エド『うにゃぁ。フェイフェイが呼べばいいのに。音声認識、あるんでしょー?』
フェイ「あ、そうだった」
スパイク「バカか、お前」
51:
―ビバップ号 船内―
ジェット「戻ったぞ」
スパイク「どうだった?」
ジェット「ダメだ。それらしい奴もいない。あのカジノは立派だよ。信頼できるね」
スパイク「これからはあそこで遊ぶか」
ジェット「それがいい」
フェイ「……やめておいたほうがいいわ。あそこサービス悪いもの。酒もやっすいし」
ジェット「どうした?」
スパイク「盗難事件が発生した」
ジェット「盗難? サイフでも取られたのか?」
エド「フェイのひこうきがいえでしちゃったのー」
ジェット「なっはっはっは。機械にまで見捨てられるとはなぁ」
フェイ「あたし、何を信じればいいのかしら……」
ジェット「呼び戻しもできなかったのか?」
エド「んっとねー。レッドテイルのモノシステムがぐーぐーすやすや寝てるみたい」
52:
ジェット「コンピュータがやられたのか。そりゃダメだな」
スパイク「しっかし、あんなもん盗んでなにしようってんだかな」
フェイ「あんなもんとはなによ!? あの子だっていい子だったのよ!! 少なくともあんたなんかよりはね!!!」
スパイク「逃がしといてよくいうぜ」
フェイ「うっ……」
アイン「ワンッ」
フェイ「犬の慰めなんていらないわ!!」
スパイク「馬鹿にされてんじゃねえのか? ジェット、これからどうするよ」
ジェット「そうだな。もしかしたら高額賞金首が絡んでいる可能性もある。もう少し首を突っ込んでみてもいいかもしれん」
フェイ「あの女よ!! 絶対に!!! あの女があたしのレッドテイルを盗んだのよ!!!」
スパイク「その女は賞金首か?」
フェイ「ちょっと待ってなさい。すぐに賞金首リストから見つけてやるわ」
スパイク「荒れてるなぁ」
ジェット「おい、フェイ。仕事熱心なのはいいが、払うもの払ってからにしてくれねえか?」
フェイ「勝手にもってけばいいでしょ!!」ポイッ
53:
ジェット「まいどどうも。……ん?」
スパイク「どうした?」
ジェット「あぁ、いや、あいつの預金先はカジノだけじゃねえんだなって思ってよ」
スパイク「カジノじゃなきゃ馬か犬だろ?」
ジェット「まぁ、いい。貰っておくか」
エド「おー。きたきたー。今度はだれだれだれでしょー?」カタカタ
アイン「ワンッ」
スパイク「……自由な場所だな。ここは」
ジェット「ビバップ号の名は伊達じゃねえからな」
スパイク「自慢できるところなのか?」
ジェット「ともかくだ。俺たちは通常業務に戻るぞ」
スパイク「のらねえなぁ……」
ジェット「なら、もやし炒めだけだ」
スパイク「カップラーメンはどうしたよ?」
ジェット「カップラーメンも欲しけりゃ動け。10万でも腹の足しぐらいにはなるだろ?」
54:
―店―
ルパン「ふぅー……」
不二子「――この店は喫煙できるの?」カラーン
ルパン「不二子……」
不二子「久しぶりね、ルパン?」
ルパン「あーら、また見ないうちに女を磨いてきたみたいだなぁ」
不二子「まぁ、あんなに寒いところに何十年も寝かされたらね」
ルパン「ワインもびっくりだなぁ。ぬふふふ」
不二子「仕事を頼まれて欲しいの」
ルパン「なんでも言えよ」
不二子「クリプト・ブレイカーって知ってる?」
ルパン「不二子も狙ってんのか?」
不二子「ルパンも? 好都合ね。話が早いわ。手を組みましょう」
ルパン「腰も組んじゃってもいいでない?」グイッ
不二子「うふふ。相変わらずね、あなたは」
56:
ルパン「おー、いってぇ……。このビンタもひっさぶりでうれしくなっちゃう」
不二子「クリプト・ブレイカーが今現在、どこにあるか知っているかしら?」
ルパン「カジノだ。何千万枚以上とあるチップの海に沈んでやがる」
不二子「そう。それを聞いたとき、私だけじゃ無理だって思ったの。チップを持ち出せたとしても量が量だけに調べるのにも時間がかかるし」
ルパン「加えて、俺たちの時代よりもセキュリティシステムは強化されてるしな。この時代のプログラマーたちは全員バケモノに見えてくる」
不二子「だからこそ、私たちみたいな時代に置いていかれた者にとってはクリプト・ブレイカーが必要になってくる」
ルパン「少なくともこの世界のことを知るまではな」
不二子「ええ。それに軍資金もいるしね」
ルパン「不二子。俺たちはゲート事故で死んだことになってんだよな?」
不二子「いいえ。死んだんじゃない。冷凍保存されていただけよ」
ルパン「誰がそんなくだらねえことしたか知ってるか?」
不二子「さぁね。私だって何がなんだか。起きて傍にあったのは高額な治療費とみすぼらしい服だけだったし」
ルパン「他には?」
不二子「ルパンは生きている。カルテの備考欄にそう書かれてはいたけど」
ルパン「そうか。不二子も一緒か」
58:
不二子「……クリプト・ブレイカーよりも違うことが気になっているみたいね?」
ルパン「ん? そんなことねえさ。俺が気にするのは、不二子とお宝だけさ」
不二子「嘘って目をしているわよ」
ルパン「泥棒だからな」
不二子「それじゃ、よろしくね」
ルパン「よろしくって?」
不二子「チップをカジノから持ち出す方法よ」
ルパン「俺一人で考えるのか? 一緒に考えようぜ? 夜明けのコーヒーでも飲みながら」
不二子「見た目ほど安い女じゃないの」
ルパン「お前を知っている奴はもう俺ぐらいしかいねえってのによぉ」
不二子「気を落とさないで。プレゼントも用意してあげたから」
ルパン「おっほぉ。そりゃあ、サイコーだぁ。……不二子、俺たちの居場所は誰から聞いた?」
不二子「情報屋よ。貴方らしい人を知っているってね」
ルパン「その情報屋、金払えばなんでも教えてくれるだろ?」
不二子「ええ。もう大助かりよ。それじゃあ、また連絡してね」
59:
ルパン「ぬふふふ……」カタカタ
次元「ちっ。この時代の酒は舌に合いそうにねえな」カラーン
ルパン「だったらヴィンテージ物をさがすっきゃねえなぁ」
次元「金がかかる。大泥棒さんが酒代だしてくれんのか?」
ルパン「きちんと働いてくれりゃあ、それに見合った報酬はだしてやるよ」
次元「行くのか?」
ルパン「いや、時間がかかるな。すぐには無理だ。早くても一週間は必要になってくる」
次元「それまでは安い酒で辛抱しろってか」
ルパン「小銭ぐらいならすぐに稼げるだろ? 行ってくるか、用心棒として」
次元「この時代の雇用システムがよくわからん」
ルパン「ぬははは。そのまま引きこもりになるなよぉ?」
次元「この俺が部屋に篭らなきゃいけねえとはなぁ。世知辛い世の中になったもんだ。五ェ門はどうする?」
ルパン「斬鉄剣の情報はまだ入ってねえな。募集はしてっけど」
次元「今回は五ェ門の力は頼れねえわけか」
ルパン「協力はしてもらうつもりだ。とにかく人数がいるからな。猫の手だけでも欲しいぐらいに」
60:
次元「店の裏にあったのはなんだ?」
ルパン「不二子ちゃんからのプレゼント」
次元「……生きてたのかよ」
ルパン「あれでも使えってことだろ。まぁ、確かにSSKはないみたいだしなぁ」
次元「運転できるのか?」
ルパン「それ込みで時間がかかるのよ」
次元「ペーパードライバーが盗みで飛行機なんて使うなよ」
ルパン「足があると便利だろ? いや、翼か」
次元「そのまま昇天しちまえよ」
ルパン「不二子も謎の人物におねんねさせられてたみてぇだ」
次元「ほう……」
ルパン「こうなってくると、見当はつくな」
次元「だが、理由がねえ」
ルパン「理由? そんなものわかりきってんだろ?」
ルパン「――俺が事故死するなんてつまらない結末では終わらせなかったんだよ。とんだ嫌がらせだぜ、とっつぁん」
62:
―数日後 ビバップ号―
フェイ「むぅ……」
エド「ねーフェイフェイー、まだにらめっこおわらないのー?」
フェイ「うっさいわね。ちょっと黙っててよ」
エド「あーい。アイン、いこ」
アイン「ワンッ」
フェイ「あー。ちょっと。レッドテイルのことはわかったの?」
エド「わかりませーん」
フェイ「あっそう……」
エド「レッドテイルーしっぽをまいてにげだしたー」
フェイ「あっちいってよ!!」
エド「フェイはかおまっかーにゃはははー」
フェイ「子どもは自由でいいわね……。ん? エド、なんかメールきてるけど?」
エド「あー、はいはーい。おたより、どこより、だれよりですかー?」
フェイ「……ちょっと休憩。あー、つかれたぁー」
63:
―店―
ルパン「……ん?」
スパイク「邪魔するぜ」カラーン
ルパン「ジュークボックスはあちらー」
スパイク「へぇ。ジャズはあるかい?」
ルパン「ビバップならあるんでない?」
スパイク「いいね。俺好みだ」
ルパン「あんた、カウボーイってやつだろぉ?」
スパイク「分かるか? なら、この顔に見覚えはねえか?」
ルパン「どれどれ? こいつなにしたの?」
スパイク「置き引きだ。この辺りから目撃情報が途絶えてな」
ルパン「しらねえなぁ」
スパイク「そうか。ありがとよ」
ルパン「なんか飲んでく?」
スパイク「……そうだな。マスターのオススメでも飲むか」
64:
ルパン「カウボーイなんていかが?」
スパイク「それ貰う」
ルパン「カウボーイって儲かるもんなのか?」
スパイク「いや、全くだ。転職するなら勧めないぜ」
ルパン「ぬははは。俺は今の仕事が一番性にあってるからなぁ。変える気はねえなぁ」
スパイク「そうかい。あんたがカウンターにいるのは似合わないけどな」
ルパン「どういう意味だ?」
スパイク「ああ、気を悪くしないでくれ。個人的な感想だ」
ルパン「そうか。――どうぞ」
スパイク「悪いな」
ルパン「置き引き犯でいくらになるんだ?」
スパイク「こいつは10万だ」
ルパン「それだけか。諸経費差っ引いたら残るのか?」
スパイク「いや。埃ものこらねえな」
ルパン「もっとすげえお宝を狙ったほうがいいんじゃねえか。あんたならできそうな気もするけどなぁ」
65:
スパイク「どうだろうな……」
ルパン「今で満足ってところか」
スパイク「そういうわけじゃねえさ。高額賞金首なんてその辺に転がってるもんでもないしな」
ルパン「まぁ、そうか」
スパイク「ごちそうさん。いくらだ?」
ルパン「おごりだ」
スパイク「いいのか? もう一生払わねえぞ?」
ルパン「お仕事、がんばってちょーだい」
スパイク「ああ。それじゃあな」
ルパン「ばいばーい」
ルパン「――スパイク・スピーゲルか」
ルパン「あの小船の持ち主であるフェイ・バレンタインと同じクルー……っと」
ルパン「行動を起こせば奴も動くだろうな」
ルパン「ぬふふふ……。よかったぜ、つまんねえ仕事にはならねえな」
ルパン「期待してるかんなぁ、カウボーイ?」
66:
―街―
ジェット「どうだった?」
スパイク「空振りだ。エドの情報が外れるのも珍しいな」
ジェット「こっちもダメだ。もう火星にはいねえのかもしれねえな」
スパイク「そうなってくると10万ウーロンはフェイ持ちになるな」
ジェット「ああ、そうだったそうだった。なら、ここらで手を引くか」
スパイク「それがいい。俺たちは一切損しないシステムだ」
ジェット「とはいえ、次はもう少しマシな奴を狙うとするか……」
スパイク「せめて500万ぐらいの奴はいねーのかよ」
ジェット「いたら苦労しないぜ。ボブに聞いておこう」
スパイク「戻るか」
ジェット「おう」
スパイク「そういえば、フェイのレッドテイルを盗んだ女は見つかったのか?」
ジェット「いや、何も情報がないらしい。賞金首リストにも過去の犯罪者履歴にも顔は載ってなかったんだと」
スパイク「初犯の女にでもやられたか」
67:
―夜 店―
ルパン「――以上、質問はあるか?」
次元「いや、ねえな。ただわからねえのはどうして予告を出すかってところだが」
ルパン「次のステップのために決まってんだろ?」
次元「次か……」
五ェ門「ルパン、斬鉄剣の件だが」
ルパン「情報屋に頼んでるところだ。もうすぐ分かるだろうから、寝て待っとけばいい」
五ェ門「……いつまでもその情報屋に頼るのも如何なものか」
ルパン「今は仕方ねえだろ。でも、ここで店を出して色んな奴との繋がりは得た。巣立ちも近いって」
次元「この時代で逃げ切れるもんなのか?」
ルパン「問題ないない。言っただろ? この時代で俺たちのことを知っている人間はいねえってな」
次元「そして銭形を超えるサツも出てくることはねえ、か? 希望的観測だな」
ルパン「少し前までブラック・ドッグなんていう異名まで持った奴が居たいみたいだけどな」
次元「お前、だからか?」
ルパン「張り合いのねえ仕事してなにが楽しいよ? まぁ、とっつぁんみたいな奴はもう二度とごめんだけどな」
68:
―翌日 ビバップ号―
エド「せんたくせんたくー」
アイン「ワンッ!!」
ジェット「そのシーツとってくれ」
エド「あいあーい」
ジェット「はぁ……俺はこんなところでなにしてんだろうなぁ……」
エド「せんたくー」
アイン「ワンッ」
ジェット「ああ、そうだ。洗濯だ。全く、困ったもんだぜ。シーツは綺麗になっても心は荒んでいく一方だってのに」
エド「あー、そうだー。これ、できたよー」
ジェット「んー? なんだこりゃあ?」
エド「リストだよー」
ジェット「リスト……。ああ!! エド、作ってくれたのか?」
エド「そこに書いてある人はクリプト・ブレイカーのこと、知ってる人たちぃー。書いてない人は知らない人たちぃー」
ジェット「ありがとよ。でもな、これはもう必要ねえよ。フェイの船を盗んだ奴は賞金首じゃなかったしなぁ。名前が出たって探しようがねえし、金もねえ」
69:
―船内―
スパイク「すぅ……すぅ……」
ボブ『――ジェット、いるか?』
スパイク「……席を外してる。あとにしてくれ」
ボブ『お前でもいい。耳寄りな情報がある』
スパイク「なんだぁ」
ボブ『まだ正式発表はされてないが、とある盗人に1000万ウーロンの賞金がかけられることになりそうだ』
スパイク「1000万!?」ガバッ
ボブ『こいつだ』
スパイク「こいつは……!?」
ボブ『名前はルパン。この男、顔写真つきでI.S.S.P.にとある予告状を送ってきやがった』
スパイク「内容は?」
ボブ『チップの海に眠るクリプト・ブレイカーを頂きに参上するってな。今時流行りもしねえ怪盗野郎さ』
スパイク「まだ盗んでもいないのに1000万とは面白いな。悪戯だとは思ってないってことか?」
ボブ『この名前は悪戯で使えるものじゃねえし、予告状にはクリプト・ブレイカーがいかなる物で誰が作ったのかまで記載してあった。だからこその金額だ』
70:
ジェット「……なるほどな」
スパイク「俺はやるぜ。知ってる顔だしな」
ジェット「その男が本当に実行するのかはわからん」
スパイク「様子見するのか?」
ジェット「ルパンだっけか。そこまで大胆なことをされると裏を読みたくなってくるねぇ」
スパイク「クリプト・ブレイカーのことを嗅ぎまわっていた奴がいるのは確かだろ」
ジェット「よし。スパイク、まずは酒場にいってこい。もう逃げ出したあとかもしれんがな」
スパイク「行ってくる」
ジェット「待て。――これももってけ」
スパイク「銃は必要か?」
ジェット「本当にフェイを拉致した奴なら、何があっても不思議じゃない」
スパイク「了解」
ジェット「ルパンか……」
エド「ルパンルパーン、ルパンはパンでもたべれませーん」
ジェット「ルパン……いや、なんだっけか……聞き覚えが……」
71:
スパイク「よっと」
フェイ「ちょっと」
スパイク「どうした?」
フェイ「あたしも行くわ」
スパイク「心配ご無用。俺一人でもケツは拭ける。捕まったら助けにきてくれ」
フェイ「誰があんたの心配なんてするもんですか。レッドテイルを取り戻しにいくのよ」
スパイク「スクラップにされてるかもしれないぜ?」
フェイ「少なくともクリプト・ブレイカーを盗み出すまでは丁寧に乗ってくれていると思うけど」
スパイク「そう思いたいだけじゃねえのか?」
フェイ「とにかく行くわ」
スパイク「好きにしろ。守ってやらねえぞ」
フェイ「あーら、心配ご無用よ? あんたなんかより頼りになる子がいるもの」チャカ
スパイク「そりゃ頼もしい相棒だ」
フェイ「ほら、行くわよ」
スパイク「お前、場所知ってるのか?」
72:
―店―
フェイ「動かないで!!!」バンッ
ルパン「……なんだぁ? 強盗なら隣の宝石店にいってくれねえか?」
フェイ「あんた、あの女の仲間ね?」
ルパン「君とは仲良くなりたいねぇ、ぬほほほほ」
スパイク「――ルパン。お前に賞金が間もなくかかる。それまで大人しくしててもらうぜ?」
ルパン「まだなーにもしてない善良な市民に銃口向けちゃうわけ? カウボーイは血も涙もねえのかな?」
スパイク「正義の味方じゃないんでね。欲しいのはお前の首にかかってる賞金だけだ」
ルパン「まだかかってないんだろ? で、ちなみにお幾らウーロン?」
スパイク「1000万だ」
ルパン「ぬふふふ。そりゃ、狙わずにはいられねえなぁ」
スパイク「だろ?」
フェイ「無駄話はそこまでにして。さぁ、返して」
ルパン「君の純潔なら流石の俺でも返せねえなぁ」
フェイ「いらないわよ、そんなもん。あってもお荷物になるだけよ」
73:
ルパン「まだまだ乙女でいられるだろうに。もったいねえ」
フェイ「さぁ!! あたしのレッドテイルを返しなさいよ!!」
スパイク「逃げられねえぜ? ここまで来たからにはな」
ルパン「そうだな。もう諦めるしかねえな……。バカなことしちまったよ」
フェイ「あら、意外と素直じゃない。見直してあげるわ」
ルパン「そうかい? 俺に抱かれたらもっと見直せるぜ?」
フェイ「そこまで見直すつもりはないわ」
ルパン「おかたいこと」
スパイク「……」
フェイ「まずは拘束させてもらうわ。賞金が出るまではね」
ルパン「悪いな、お嬢ちゃん。俺は捕まるぐらいなら死を選ぶタイプの男なんだわ」
フェイ「は?」
スパイク「なんだと?」
ルパン「俺の命は俺のもんだ。好きにさせてもらうぜ」ピッ
スパイク「ちっ!! フェイ!! 店から出ろ!!!」
74:
―街―
ジェット「スパイク!! フェイ!! 無事か!?」
スパイク「ああ……。髪と服が焦げたけどな」
フェイ「最悪……」
ジェット「で、ルパンはどうなった?」
スパイク「……死体は出てきた。爆発で死んだのは間違いないってよ」
ジェット「なんてこった。久々の高額賞金首だったってぇのに」
スパイク「この女が無闇に追い詰めたからだな」
フェイ「なんであたしの所為なのよ!?」
ジェット「当事者が死んだんじゃ、お前の機体も帰ってはこねえなぁ」
フェイ「……まだわかんないでしょ。探すわよ。こうなりゃ意地よ」
スパイク「粘るなぁ」
ジェット「しかし、死んだなら見込み違いだったか」
スパイク「見込み違い?」
ジェット「ああ。ルパンって名前で思い出したんだよ。ゲートが出来る以前、どんなセキュリティも掻い潜る大怪盗がいたって話をな」
75:
スパイク「へぇ……」
ジェット「だが、偽者だったんだろうな。まぁ、生きてりゃ耄碌ジジイだろうし」
スパイク「ジェット。爆発跡から転がり出た死体なんだが、詳しく調べられねえか?」
ジェット「詳しくったってもう警察がもっていったんじゃねえのか?」
スパイク「写真は撮っておいた」
ジェット「変なものを急に見せるなよ。何か気になるのか?」
スパイク「あの男が自殺するとは思えないんだ」
ジェット「お前の勘か?」
スパイク「ああ」
ジェット「分かった。調べてみるよ」
スパイク「何か分かったら教えてくれ」
ジェット「どこにいくんだ?」
スパイク「あいつが生きてるなら次はどこに現れると思う?」
ジェット「そりゃあ、カジノだろうな。例のチップが眠っている」
スパイク「そういうことだ」
76:
―ビバップ号 船内―
フェイ「まだみつかんないの!?」
エド「うん。どこにいるんだろうねー?」
アイン「クゥーン」
フェイ「もー!! つかえないわねー!!」
ジェット「……」カタカタ
フェイ「あんたもあたしのレッドテイル探してよね。さっきから何してんの?」
ジェット「死体を調べてるんだよ」
フェイ「危ない趣味ね……」
ジェット「うるせぇ」
エド「うわーまっくろー。ごしゅーしょーさまぁーちーんっ」
ジェット「こいつ……ルパンじゃねえ……」
フェイ「え? マジ?」
ジェット「こいつは俺たちが追ってた置き引き犯だ」
エド「あー、ホントだー。歯のかたちがピッタリだー」
77:
―街―
ルパン「ぬはははは。どうやら警察は見事に騙されたらしいなぁ。カウボーイがルパンがいたって言ってくれたみてぇだし」
次元「つってもすぐに分かるんだろ? てめえが身代わりにしたのは賞金首だ」
ルパン「それでいいんだよ。今がチャンスだ」
五ェ門「では、拙者と次元は先行するぞ」
ルパン「ああ、よろしくな。誰かに見られても消しちまえばいい」
次元「不二子は?」
ルパン「もうカジノでバニーちゃんになってるよ。にゅふふふ。これがまたかんわいいのよぉ」
次元「知るか」
五ェ門「行くぞ」
次元「いいか、てめえがしくじったら全部終わりだからな」
ルパン「俺がそんなヘマすると思ってんの?」
次元「いや、思ってねえよ」
ルパン「頼むぜ、次元」
次元「この時代では初仕事だからな。腕が鳴るってもんだ」
80:
―カジノ 入り口―
スパイク「ふぅー……まだ、こねえか?」
ジェット『――スパイク。お前の勘は正しかったぜ。死体は別人だ』
スパイク「やっぱりな」
ジェット『I.S.S.P.も死体がルパンじゃないってことには気が付いているが、この置き引き犯がルパンだったんじゃないかっていう意見も出てきてるらしい』
スパイク「つまり……」
ジェット『賞金はまだ出そうにねえな』
スパイク「オーケー。なら、例のチップは一度くれてやるしかないな」
ジェット『高いチップにならねえことを祈る。あれさえあればどんなに厳重なセキュリティも簡単にぶっ壊せるからな。しかも音を立てずにだ』
スパイク「泥棒にとっては喉から手が出るくらい欲しい代物ってこったな」
ジェット『それとクリプト・ブレイカーを熱心に調べていた奴らの中にルパンを名乗る男もいた。だから、もう間違いねえ。カジノが襲われたら捕まえろ』
スパイク「了解っ」
ジェット『ただし』
スパイク「殺すかよ」
ジェット『歯型は残せよ。あとは原型がなくてもいいが』
84:
―カジノ―
バニー「はぁい。ゆっくりしていってくださいねー」
ルパン「はいよー」スリスリ
バニー「ふんっ」バシンッ
ルパン「あだぁー!?」
バニー「お触りは厳禁ですよ?」
ルパン「失敬失敬。そのお尻の重力に惹かれたんだよ」
バニー「はいはい」
ルパン「何番台がよく出るんだ、ここ?」
バニー「……9番台よ」
ルパン「あんがとよ」
バニー「ごゆっくり」
ルパン「9番台ね……」
ルパン「んじゃまぁ、遊びますか」
ルパン「……時間までな」
85:
―ビバップ号 船内―
フェイ「うー……」
エド「アイン、フェイがうなってるね」
アイン「ワンッ」
ジェット「落ち着けよ、フェイ。ルパンさえ捕まえればレッドテイルも戻ってくる」
フェイ「まだ本当にあの死体がルパンだったのかどうかはわかってないんでしょう?」
ジェット「まぁな。置き引き犯が変装していたって可能性もなくはない。だから、未だに賞金もでてねえんだ」
フェイ「だったら、あたしのレッドテイルが戻ってくるかどうかなんて……!!」
ジェット「まぁ、わかんねえな」
フェイ「だぁー!!!」
エド「アイン、フェイが壊れちゃったね」
アイン「クゥーン……」
ジェット「スパイク、まだ何も起きないか?」
スパイク『ねえな』
ジェット「こりゃ、外したかぁ?」
86:
―カジノ 入り口―
スパイク「そんなこと言うなよ、ジェット。俺が辛くなってくるだろ?」
ジェット『あの焼死体がルパンだったってのもアリだな』
スパイク「まだそうと決まったわけじゃねえさ。第一、どうしてもあいつが死んだとは思えない」
ジェット『また勘か?』
スパイク「フェイを攫って、機体まで盗んで、警察にまで犯行声明を出すなんざぁ、変人のやることだ」
ジェット『そうだな』
スパイク「ああ、変人だ。だからこそ、奴はやる。俺はそういう男を何度も見てきた」
ジェット『ま、俺も同意見だ。ここまでお膳立てがあって、カウボーイ二匹に追い詰められただけで人生に幕を下ろすやつぁいねえ』
スパイク「珍しく意見があったな」
ジェット『これは元刑事の勘だ。当てにしていいぞ』
スパイク「そうさせてもらうか。エドに代わってくれ」
エド『なんですかー? こんばんはー』
スパイク「エド、レッドテイルのことは任せるぞ。使うなら今使うはずだ」
エド『はぁーい。エドにおまかせー。にひひ』
88:
―カジノ―
ルパン「ぬはははは。いやー、出るねー。こりゃ、出すぎでしょう」
不二子「いっぱい出てるわね。100万ぐらいはあるかしら?」
ルパン「あるだろうな。こういうの大好きよ」
不二子「でも、貴方が本当に狙っているのはスリーセブンでもファイブカードでもない」
ルパン「100億……いや、何兆もの価値があるんだろ?」
不二子「ええ。欲しがっている人は幾らでもいるもの」
ルパン「それを頂いちゃおうってんだから、ゾクゾクするなぁ」
不二子「できそう?」
ルパン「問題ねえよ。しっかし、この時代の音声認識はすげえな。録音した声じゃ絶対に鍵があかねえでやんの」
不二子「時代は変わったのよ」
ルパン「ああ。だけど、俺は時代を選んだりしねえ。時代は常に俺を選ぶからな」
不二子「……時間ね」
ルパン「んじゃ、行きますか」
『――ショータイムよ』
89:
―カジノ 入り口―
スパイク「こねぇな……。マジで外したのか……」
エド『キタキタキター!!! レッドテイル、おきたー!!』
スパイク「よしっ。どこからだ?」
エド『スパイクの頭の上!』
スパイク「……!」バッ
フェイ『い、いたの!?』
スパイク「ああ、今飛んでった。カジノの中で大暴れするつもりだ。お前によく似てるぜ」
フェイ『どういう意味よ!?』
ジェット『スパイク、分かってるとは思うが出てきたところを狙えよ』
スパイク「いわれなくても」
ジェット『こっちも現場に向かう。ルパンは任せたぞ』
スパイク「よろしく、旦那」
フェイ『ちゃんと私が殴る部分残しとくのよ!!』
スパイク「それは約束できねえな。――いくぞ、ソードフィッシュ」
91:
ルパン「よーし、いい子じゃないのぉ」
「貴様!! 何をしている!!!」
ルパン「何って、ちゃんと予告は出したはずだけんども? 見てなかったかい?」
「な……!?」
ルパン「チップは頂いていくぜ。それじゃあな」
「ま、待て!!」
レッドテイル『――ぬふふふ。こんなかに太陽系を揺るがすお宝が眠ってるんだ。それを盗まずに何を盗めってんだ?』
「うてー!! 賊を打ち落とせ!!!」
レッドテイル『うわわわぁ。あっぶねえなぁ。お返しは高くつくぜ?』ズガガガガガ!!!!
「うわぁぁぁ!!!』
レッドテイル『それじゃ、おさらばしますか』
『――聞こえるかい、大泥棒?』
レッドテイル『やっと来たか、カウボーイ』
ソードフィッシュ?『今、あんたに1000万の賞金が正式にかかった。覚悟してもらうぜ?』
レッドテイル『たかが1000万で本気になれんのかい? 本気でこねえと俺の顔すら拝めねえよ』
93:
ソードフィッシュ?『逃げる奴は追う奴に負けるようにできてるって知らないか?』
レッドテイル『しらねえなぁ。俺は負けたことがねえから』
ソードフィッシュ?『そうか。悪く思うなよ? 不敗記録も奢りの酒代も返してはやれないからな』
レッドテイル『来な。ま、こっちはペーパードライバーなんで、手加減してくれると助かる』
ソードフィッシュ?『するわけ……ねえだろ!!』ゴォォォ!!!
レッドテイル『あらよっと。――こいつの装備じゃうまくやんねえと勝てそうにねえなぁ』
ソードフィッシュ?『両脇のミサイルが虎視眈々と俺を狙ってる気もするけどな』
レッドテイル『大当たりだ』バシュッ!!!
ソードフィッシュ?『ちぃ!!』
エド『スパイクー。レッドテイル、こっちからジャックしますかー?』
ソードフィッシュ?『必要ない。お前は黙ってな』
エド『あーい』
レッドテイル『そんなにムキになっちゃって、なんか辛いことでもあったのかい?』
ソードフィッシュ?『ああ。あったな。てめえのおかげで食卓の品が減ったんだよ』
レッドテイル『それは残念だな』
94:
―カジノ 地下―
次元「五ェ門、これで全部か?」
五ェ門「うむ……。まだ微量に残ってはいるが」
次元「残りカスは不二子がなんとかするだろ。俺たちはこれを――」
ジェット「空と地下の二段構え。まぁ、常套手段だな」
五ェ門「何者だ」
ジェット「これだけのことをするんだ。ルパン一人じゃ無理だよな」
次元「おっさん。見逃してくれるのか? 俺たちには賞金なんてかかってないだろ?」
ジェット「ああ。かかっちゃいねえな。お前たちとやりあっても骨折り損のくたびれもうけだ」
次元「話の分かる奴で助かったぜ。長生きしろよ」
ジェット「ただなぁ」
フェイ「あたしがあんたたちを許すわけがないのよねぇ」
次元「そうかい。残念だ」
五ェ門「容赦はせんぞ」
ジェット「ああ。構うことはねえ。あんたたちも全力でこい。そういうのには慣れてるんでなぁ」
95:
―カジノ 裏口―
不二子「この中にあれば幸せなんだろうけど、確率でいえば次元たちが持ち出したほうにあるでしょうね……」
不二子「さて、行きましょうか」
アイン「ワンッ!!」
不二子「きゃぁ!? あ、あら、犬?」
アイン「……」
不二子「可愛いけど、相手をしている暇はないのよ。ごめんね」
エド「わんっ!!」
不二子「な!? なに!?」
エド「ルパンのなかまだなぁー? がおー」
不二子「……貴女がエドね?」
エド「そうだーかんねんしろー」
不二子「いいの? エドワードの情報、これからも買うつもりだったのにぃ」
エド「え? あー!! お得意さんですかぁ!? わーい!! 初めてお客さんにあえたー!! わーい!!」ピョンピョン
アイン「クゥーン……」
96:
―ソードフィッシュ? 機内―
スパイク「やろぉ。本当に初心者かよ……!! 理不尽な軌道とりやがって……!!」
ルパン『もうお手上げかぁ? 意地張らずにラディカルエドワードの力でも借りればいいんでないの?』
スパイク「エドのことまで知ってるのか?」
ルパン『あの子から色々と情報買ってたんでな』
スパイク「クリプト・ブレイカーもエドから漏れたのかよ」
ルパン『あの子は面白いな。純粋すぎて、俺には毒だ』
スパイク「そうか? 全うな生き方をしてこなかった証拠だな」
ルパン『お前さんはどうなんだ?』
スパイク「お前に語るほどの過去はもってないね」
ルパン『そらぁ、いいことだな。自慢できるぜ』
スパイク「――ここだ」ガチンッ
ルパン『にゅふふふ。ハズレ〜。またどうぞ〜ってなぁ』
スパイク「なら、これはどうだ?」カチッ
ルパン『おっ――』
97:
―カジノ 地下―
次元「このやろぉ!!」バァン!!!
ジェット「つっ……!!」キィン
次元「便利な腕をもってんな、おっさん。銃弾を弾くなんてよ」
ジェット「買いかぶるな。お前の腕がよすぎて、こうすることしかできないだけだよ」
次元「そろそろ白旗ふるか?」
ジェット「振れるもんなら、振りたいねぇ。犬にエサをやる時間だ」
次元「色々、苦労してんだな」
ジェット「そう思うなら、大人しくしろ」
次元「それはできねえな。仕事はこなす」チャカ
ジェット「それでこそプロだ」チャカ
フェイ「この!!」バァン
五ェ門「無駄だ」キィン
フェイ「なによあんたぁ!! そんな鉄の棒で銃弾を弾くなんてぇ!!! 頭おかしいんじゃないの!?」
五ェ門「やはり斬鉄剣がなければ本領が出せない……」
98:
次元「五ェ門!! そろそろ時間だ!! 行くぞ!!」
五ェ門「承知」
フェイ「逃がさないわ!!」
ジェット「やめろ、フェイ」
フェイ「離して!」
ジェット「俺たちが敵う相手じゃねえ」
フェイ「けど……!!」
ジェット「どうしたってスパイクとエドの力が必要になってくる。今は諦めろ」
フェイ「……」
ジェット「よし、いい子だ。――エド、聞こえるか?」
『はぁい? どちらさま?』
ジェット「誰だ……?」
『エドワードとアインって犬、ちょっとだけ借りるわね』
ジェット「なにぃ!? ま、まて!!」
『ごめんなさーい。つかまったー。えへへへ』
99:
フェイ「あんた!? 船で留守番してるんじゃなかったの!?」
『スパイクがレッドテイルのジャックを断ったからすることがなくなって、様子を見に来たの。そしたらルパンの仲間がでてきたと思ったらお得意様でしたー』
ジェット「お得意様ってなんだ!?」
『じょうほう――』
フェイ「あぁー!!! はいはい!!! 分かったから!!! 今すぐ助けにいくから!! 今、どこなのよ!?」
『カジノのう――』
『はぁい、ここまでよ。安心して。この子は大切に扱うから。バァーイ』
ジェット「おぉい!!! 待てよ!!」
フェイ「スパイクに探させたほうがいいんじゃないの?」
ジェット「だが、奴はルパンと交戦中だろうしなぁ」
フェイ「エドとアインが死んじゃってもいいわけ?」
ジェット「そうは言ってねえだろ」
フェイ「いくわよ」
ジェット「……フェイ。なんか隠してねえか?」
フェイ「女は秘密の多いほうが魅力的に見えるでしょ?」
101:
次元「ルパン。おい、今どこにいるんだ? 応答しろ。サツがどんどん集まってるぞ」
五ェ門「ルパンの戦闘機は見えんな」
次元「おーい、ルパン」
『――次元かぁ。わりぃ。墜ちちゃったわ。助けにきてくんない?』
次元「なんだと!?」
『今から座標を送るからよ、それで探してくれ。ああ、チップが入った袋をアジトに置いてきてからでいいからな』
次元「てめぇ……」
『そりゃあ無理だって。こっちは10時間ぐらいしか練習してねえんだからよ』
次元「誰にも見つかるんじゃねえぞ。全く」
『はいはーい』
次元「世話の焼ける奴だ」
五ェ門「しかし、流石だな」
次元「ああ。スパイクって野郎は操縦の腕はかなりのもんだって聞いたが、まさか生きてるとは。あいつはいつになったらツキに見放されるんだろうな」
五ェ門「天は悪人を生かすか」
次元「まぁ、そのほうがありがたいがな。屑でもゴミでも必要とされてるってことだからよ」
102:
スパイク「いねえな……。空から探してみるか」
ジェット『――スパイク。今度はエドとアインがやられた』
スパイク「何やってんだよ、あの2匹は。餌付けでもされたか?」
ジェット『それはわかんねえが、こちらとしては好都合だ』
スパイク「食費が浮くからな」
ジェット『違う。アインの首輪だよ』
スパイク「首輪……」
ジェット『ありゃあ、何のためにつけたか覚えてるか?』
スパイク「ハキムの野郎を追ってるときだったな」
ジェット『そうだ。ハキムがアインを連れ去ることを見越して、俺が発信機をつけておいただろ? それを利用するわけだ。備えあれば憂いなしだな』
スパイク「追えるのか?」
ジェット『船に戻れば追える』
スパイク「早く戻れよ」
ジェット『ああ、あと、ルパンたちが発信機に気が付いてたらアウトだ』
スパイク「だから、早く戻れって」
104:
フェイ「ちょっと、ちょっとぉ」
スパイク「んー? 元気そうだな。ルパンの仲間には会えたんだろ?」
フェイ「この二人よ!!」
スパイク「よく撮れてる」
フェイ「あんた!! あたしのレッドテイルこんなにしてなに考えてるのよ!?」
スパイク「戻ってきただけありがたいだろ。文句言うなよ」
フェイ「これじゃあ当分仕事ができないでしょ?」
スパイク「賭博場で割りのあわねえ仕事してんだろ」
フェイ「修理代は払ってよね」
スパイク「ヘソクリ使えよ、守銭奴」
フェイ「乙女の貯蓄は花嫁衣裳を買うためよ? 知らないの?」
スパイク「これ、運んどけよ。このままだと廃品業者が満面の笑みで掻っ攫っていくからな」
フェイ「どこいくのよ?」
スパイク「骨董品屋巡り」
フェイ「はぁ? 壷でも買うの?」
105:
―アジト―
ルパン「たんだいまぁー。いやぁ、噂以上だなぁ、あのカウボーイは」
エド「でしょー?」
ルパン「お? いらっしゃい」
エド「ルパン?」
ルパン「そういうお嬢ちゃんは、エドワードだな? ぬふふふ。10年後が楽しみだ」
エド「10年後?」
次元「不二子、こんなお荷物どうするつもりだよ」
不二子「ラディカルエドワードは最初から攫うつもりだったんでしょ?」
ルパン「まぁ、な」
エド「ひとさらいーこわーい」
アイン「ウゥゥゥ……」
五ェ門「この小僧はともかく」
エド「エド、小僧じゃないよ。女の子だよー」
五ェ門「……小娘はともかく、犬も必要だったのか?」
106:
不二子「どうしたって離そうとしないんだもの」
エド「アインはエドの友達だもーん。アインの友達はエドだもーん」ギュゥゥ
アイン「ウゥゥゥ……」
ルパン「いいじゃないの、ゴエちゃん。吠えるなら食えばいいんだしなぁ」
アイン「ウゥゥゥ……」
次元「この犬、状況がわかってんのか。唸るだけで吠えようとはしねえな」
ルパン「さぁーて、時間はねえよ。さっさと始めるぞ。この無数のチップからマイクロチップを探し出さなきゃなんねえんだからよ」
次元「取りこぼしはないだろうな。それだけが不安だ。客だっていたんだぜ?」
ルパン「心配ねえよ。その辺は不二子に任せてあったしなぁ」
不二子「伊達にバニーガールをしていたわけじゃないもの。チップを持ち出すような輩はいなかったわ」
五ェ門「ふんっ……」
ルパン「無ければないでもかまわねえさ。どっちにしろ盗み出した事実はかわらねえ。ただ、次の仕事が若干遅れちまうけどな」
次元「次の仕事だと?」
五ェ門「なんだ?」
ルパン「おいおい。俺たちが探してるものはもう一つあんだろ? だから、こうしてゲストにも来てもらったんじゃねえか」
109:
―ビバップ号 船内―
パンチ『――アミーゴォ!! 太陽系にいる全てのカウボーイたちぃ、元気かなぁ?』
ジュディ『毎週ホットな情報をお届けする『BIG SHOT』の時間よぉ。ずっきゅんっ』
パンチ『さぁーて、今回紹介するのはこいつだぁ』
ジュディ『ワァオ。昨日、いきなり1000万の賞金がかかったルパンって男ね』
パンチ『そのとーり。なんでもカジノのチップを全て盗んだらしい』
ジュディ『なんでそんなことしたの? わけわかんなーい』
パンチ『それはさっぱりだ。だけど、あのI.S.S.P.に予告状を送りつけたらしいから、その所為で高額になったって話もある』
ジュディ『ふーん。バカなのかしら』
パンチ『おっと。今、報が飛び込んできたぞぉ。おぉぉ!! これはすごい!!!』
ジュディ『なになに? どうしたのぉ?』
パンチ『なななな、なんとぉ!! ルパンの賞金が5000万にあっぷだぁ!! しかも、仲間もいるみたいで、その仲間も一緒だと!!! 2倍になる!!!』
ジュディ『にににに、2倍ぃ!? それって1億ってことぉ!? すごーい!! カウボーイは今がチャンスね!!!』
ジェット「……1億か。お偉方も大きくでたな、ボブ」
ボブ『盗まれたものがでかすぎる。やりようによってはこの太陽系を支配できるんだからな。ゲートを掌握されたといっても過言じゃない』
112:
―アジト―
次元「聞いたか、ルパン。1億だってよ」
ルパン「なはははは。俺の命、安すぎねえかぁ?」
次元「さぁな。案外、人の命はそんなもんだろう」
ルパン「俺たちのことを誰も知らない世界だしなぁ。まぁだ、わかってもらえてねえか」
エド「ルパンってルパン三世のことでしょー?」
ルパン「なんか見つかったのかい? 俺らのデータはゲート事故の影響で消失しちまったって話だろ。あるとすりゃあ、人伝で残っているお話ぐらいだ」
五ェ門「調べたのか?」
ルパン「とっつぁんの意思を継ぐ馬鹿野郎が生き残ってたらマズいだろ? 俺らのやり方が筒抜けになる」
エド「ルパンで調べてみたら、割といろんなことがでてくるよー。お姫様をすくったとかぁー、世界滅亡の危機をすくったとかぁー、貧しい子どものためにお金をわけたとかー」
ルパン「あーっはっはっはっは!!」
次元「とんだ伝説だな。時間を経て悪党も義賊になってたか。どれも間違いじゃないかもしれんが、それだけ聞けばルパンは正義のヒーローだな」
ルパン「死人は口を出せねえさ。墓の下で雲の流れを見続けることしかできやしねえ。そう伝えるほうが得する連中だっているんだろ」
エド「あ、でもでもー。これはちょとちがうー。ルパンこそ死刑にすべき男だー法で裁くまでは死なないーだってぇー」
ルパン「……エド。そりゃあ、どっから流れてる?」
114:
エド「うにゃぁ……えーと……ざんてつけんの保管場所っぽいけど?」
ルパン「なーるぅ。繋がってきたな」
五ェ門「斬鉄剣が見つかったのか!?」
エド「まだわかんないよー。レプリカだって多いしー」
五ェ門「そこへ向かうぞ。ルパン」
ルパン「まてまて。こっちが先だ。高いチップ払ってんだからよぉ」
不二子「そうよ。早くしてほしいわぁ」
ルパン「だったら、ちぃーっとは手伝ってもくれてもいいんでない、不二子ちゃん」
不二子「地味な作業は苦手なのよ」
次元「放り出せよ、こんな女」
ルパン「エド、助かったぜ」
エド「にひひー。お金、よろしくねー」
ルパン「ぬふふふ。ちゃっかりしてやがんなぁ。でもなぁ、勘違いしてねえか?」
エド「なにが?」
ルパン「糞ガキに払うのがバカらしくなったから、こうやって攫ったんだぜ? 有能な情報屋さん?」
117:
―街―
ジェット『――スパイク。アインの居場所が分かった。今から住所を送る』
スパイク「早かったな。あんたのことだから当てにはしてなかったんだが」
ジェット『お前は何してたんだよ? こっちにも戻んねえで、フラフラするなよ』
スパイク「ヴィンテージのものを探しててね」
ジェット『お目当てのものは見つかったのか?』
スパイク「一応な。ここにルパンはいるんだな?」
ジェット『ああ、間違いない。アインの首輪はある』
スパイク「わかったよ。今から行ってくる」
ジェット『出来るだけ早く頼むぞ。行ってみたら首輪しかなかったなんてことになってるかもしれん』
スパイク「だが、発信機が生きてるってことはあの店みたく爆破されてたわけじゃなさそうだ。痕跡ぐらいは見つかるだろ」
ジェット『……エドは俺たちにルパンの居場所を教えようとしてくれたのかねぇ』
スパイク「あいつがそんなことを考えてるように見えるか?」
ジェット『言ってみただけだ。さっさと向かってくれ。フェイも暇そうにしてるから、そっちに送る』
スパイク「勘弁してくれよ」
118:
―アジト―
五ェ門「これでもない」
次元「くっそ……。本当にあるのかよ」
ルパン「焦らない焦らない。急いては事を仕損じるってなぁ」
次元「既に仕損じてねえか、これ?」
ルパン「そのときはそのときだなぁ」
次元「ったく。てめえはいつでも楽観的だな」
アイン「ウゥゥゥ……」
エド「アイン、ダメ」
ルパン「なんか文句でもあんのか、犬っころ」
アイン「ウゥゥゥ……」
エド「アインっ」
アイン「クゥーン……」
ルパン「仲がよくて微笑ましいねぇ」
五ェ門「ルパン、このチップの中に何かあるようだ」
119:
ルパン「ぬほほほぉ!! さっすが、ごえもーんっ。見せてみな」
不二子「見つかったの!?」
ルパン「そう急かすなって……ええと……」カタカタ
エド「……」
次元「どうだ?」
ルパン「間違いねえ。これだっ。クリプト・ブレイカー。あとはこれを専用の端末に組み込めば、魔法のカギの出来上がりだ」
不二子「やったぁー!! ルパァーン!! ありがとー!! だーいすきよぉ!! んーっ!!」チュッ
ルパン「にょほほほほほ!!!」
次元「何やってんだよ……」
五ェ門「くだらん」
不二子「さ、それを私に――」
ルパン「おっと。不二子ぉ、これはもう少しあとでいいか?」
不二子「どうしてよぉ」
ルパン「……エド。斬鉄剣の場所はどこだっけなぁ?」
エド「それ教えたら、お金くれるの?」
120:
ルパン「あぁ?」
エド「お金くれるから、エドはずっと探してあげたのにぃー」
ルパン「そんなこといえる立場だと思ってんのか?」
エド「エドは働いたよ。だから、報酬はもらうからねっ」
ルパン「かーっ。かっわいくねえ、糞ガキんちょだこと」
エド「えへへー。フェイにも言われたー」
ルパン「ここまで余裕でいられると、なんかつまんねえなぁ」
次元「おい、ルパン。もう行こうぜ。五ェ門が今にも飛び出していきそうだ」
五ェ門「急ぐぞ」
ルパン「あー、はいはい。わーったよぉ。エド、斬鉄剣の保管場所はどこだ?」
エド「お金ー」
不二子「そんなに欲しいの?」
エド「ほしー」
ルパン「仕方ねえ。払ってやるから、教えろ」
エド「わーい。えっとね、ざんてつけんは――」
121:
―廃ビル―
フェイ「ここにいるの?」
スパイク「アインの首輪は確実にあるみたいだな」
フェイ「急ぐわよ。あいつらを一発ぐらい殴んないと気が治まりそうにないもの」
スパイク「はりきるなよ。相手に気づかれちまうだろ」
フェイ「うっさい。ホントだったらアンタも殴ってやりたいぐらいよ」
スパイク「やれやれ……」
バァン!!!
フェイ「え……!?」
スパイク「――上だ」ダダダッ
フェイ「あ、ちょっと待ちなさいよ!!」
スパイク「エドのやろぉ、余計なことしたんじゃないだろうな……!!」
フェイ「エドが? 変な子どもだけど別に殺されるぐらい悪い子ってわけじゃないし」
スパイク「悪党が欲しがってた情報を全部出したらどうなると思う」
フェイ「な、なにを言ってんの……? そんなわけ……」
123:
スパイク「――エド!!!」バンッ!!!
フェイ「エド!!」
ルパン「……また会ったな、カウボーイ」
スパイク「ルパン……」
アイン「クゥーン……」
エド「うっ……あぁ……」
スパイク「……エドに何しやがった?」
ルパン「あんまり金金言うから、黙らせただけだ。出血はひでぇけど、まぁ、この時代の医療技術なら死にはしねえだろ? ぬふふふふ」
フェイ「あんた……!!!」
ルパン「んじゃあな、カウボーイ。何でも開けちゃう鍵も手に入ったしよぉ。これからもう一稼ぎいってくるぜ」
スパイク「待て……」
ルパン「やなこった」
スパイク「てめぇ――」
ルパン「早く脱出しな。証拠隠滅のために、ここも爆破すっからよ」
フェイ「させないわ!!」
124:
ルパン「このガキをつれてけよ」ゲシッ
エド「うぁぁ……」
フェイ「ちょっと!!! 乱暴にしないで!!!」
ルパン「ガキ連れて、こんな商いができると思ってんのか? 心配するぐらいならやめちまえ」
スパイク「……死人がよく喋る。そんなもの手に入れて、なにするつもりだ。黙って寝てろよ」
ルパン「なんだぁ。あんたは俺のこと知ってんのか? これぁ感激だな」
スパイク「ただのコソドロだろ?」
ルパン「だーいせいかい」
スパイク「てめえの賞金をエドの治療費に充ててやる」
ルパン「やっすい賞金だ。あんたはそれで満足か?」
スパイク「釣りが来るね」
ルパン「こうして空気を吸ってんだ。誰だって楽しく生きたいでしょう? 死人でもやれることはあんだよ」
スパイク「なんだ?」
ルパン「ゾンビ映画って見たことないか? 世界中がパニックになってんだろ? あれ、俺からするとすんげえ楽しそうに見えるんだわ」ピッ
スパイク「待ちやがれ!! ルパン!!!」
125:
―街―
スパイク「ごほっ……!! ごほっ……!! またやりやがったな、アイツ……」
フェイ「ちょっと!! おきて!! ほら!! おきなさいってばぁ!!」
エド「……」
アイン「クゥーン……」
スパイク「フェイ、エドを連れてけ」
フェイ「え?」
スパイク「早くしろ」
フェイ「あ、え、ええ……!!」
スパイク「――ジェット、聞こえるか?」
ジェット『スパイク? 何があった?』
スパイク「至急、調べてくれ」
ジェット『何をだ?』
スパイク「斬鉄剣の在り処だ」
ジェット『ざん、てつけん? なんだ、そりゃあ?』
126:
ルパン「なははははは。あの顔みたか? いい顔してたなぁ」
次元「厄介な奴を怒らせてどうすんだよ」
ルパン「空中戦では完敗だが、地上戦じゃあ負ける気がしねえよ」
次元「ふんっ」
ルパン「それにカウボーイがどんなものか見ておきたいしなぁ」
次元「言っただろ。カウボーイに憧れるな。死体になっても噛み付いてくるぞ」
ルパン「そういう奴が欲しいんだよ。人生は楽しくねえとなぁ」
次元「なんでてめぇが真っ先に死なねえのか不思議で仕方ない」
ルパン「同感だ」
五ェ門「エドの言っていた場所にあるのだろうな」
ルパン「エドが言ってたんだ。間違いねえよ」
次元「……行くか」
ルパン「その前に邪魔がはいらねえようにしておかねえとな」
次元「邪魔?」
ルパン「ああ。これから厄介者を二人も相手にしねえといけねえからなぁ。いや、三人か。ぬふふふふ」
127:
―ビバップ号 船内―
ジェット「エド……お前はどうしてこんなことをしてたんだ……」
ボブ『ジェット。聞いてくれ』
ジェット「今、忙しい。エドのやつが色々と残してくれていたみたいでな。整理してるところだ」
ボブ『そのルパンだ。I.S.S.P.にまた挑戦状を叩きつけてきたんだよ』
ジェット「そうか」
ボブ『今度は位相差間ゲートを盗むってよ。恐らく、システムをクリプト・ブレイカーで潰して占拠、独占するつもりだ』
ジェット「……っ」
ボブ『手を貸してくれ。お前たちはルパンと接触を――』
ジェット「ちょっと黙っててくれ!!」バンッ!!!
ボブ『……なんか、あったのか?』
ジェット「……なんでもない。作業に集中したいんだ。その話ならまた今度聞いてやる」
ボブ『分かった。終わったら連絡をくれ』
ジェット「ああ」
ジェット「……」カタカタ
128:
スパイク「――わかったか?」
ジェット「ああ。斬鉄剣とやらはここにあるらしい」
スパイク「……」
ジェット「そこにはルパンの天敵も一緒に眠っているそうだがな」
スパイク「天敵?」
ジェット「詳しくはわからねえ。エドが集めていた情報を見る限りではそう読み取れる」
スパイク「そいつを寝覚めさせるつもりか……?」
ジェット「どうだろうな。殺すつもりなのかもしれねえ」
スパイク「奴の賞金は変わってないか?」
ジェット「ゲートを盗むと宣戦布告したみたいだからな。跳ね上がるんじゃねえか?」
スパイク「上等……」
ジェット「俺も行くぞ」
スパイク「やれるのか?」
ジェット「地上戦なら勝ち目はないさ。が、空中戦なら勝ち目しかねえ」
スパイク「頼むぜ、ジェット?」
129:
―病院―
フェイ「……」
フェイ「あぁ……あたしが情報屋なんてやらせたから……」
フェイ「で、でも、エドが捕まったのは、エドが勝手にやったことで……でも、あたしがやらせなかったら、こんな目に合うこともなかったかもしれないし……」
アイン「クゥーン……」
フェイ「もう!!」ガンッ!!
「申し訳ありません。エドワード・ウォン・ハウ……ペ、ペペル・チブルスキー4世さんのご家族の――」
フェイ「ど、どうなったの!?」
「正直言いまして、手の施しようが……」
フェイ「え……。な、なにいってるのよ? 現代の医療ならあんなのすぐに治るでしょう!?」
「そういう問題ではないんですよ」
フェイ「なら、どういう問題なのよ!!! あんた医者でしょう!? どうにかしなさいよ!!!」グイッ
「で、ですからぁ」
エド「――あー、フェイフェイだー。なにぷんぷんしてるのー? わーい!! アインも一緒だー!!」テテテッ
フェイ「……え?」
131:
またルパンお得意の手品か。全く行動が読めぬ……
132:
―夜 施設―
ルパン「ここだな。それじゃ早、ひらけーごまーってか?」
次元「古臭いことしてんじゃねえよ」
ルパン「気分って大事だろ?」
五ェ門「早くいたせ」
ルパン「こえぇ。んじゃ、行きますか」ピッ
ピピピッ……ピピッ……
ルパン「開いたぜ」
次元「誰にも気づかれてねえのか?」
ルパン「そういうモノだからな。抉じ開けたんじゃなく、普通に開けただけなのさ」
次元「泥棒にとっては最高の道具だな」
不二子「ルパン。斬鉄剣が戻ったら、私にちょうだいよぉ?」
ルパン「わーってるって」
次元「いいのかよ。そんなものもう二度と手にはいらねえぞ」
ルパン「いいのいいの」
133:
―監視室―
ルパン「――はぁーい。ごめんよー」
「な、なんだ!! おま――」
次元「定年まで働きたいなら黙ってることだな、おっさん」チャカ
「お……!?」
ルパン「ここのシステムは全部ダウンさせてもらうぜ?」
「そ、そんなことできるわけが――」
ルパン「それができるんだなぁ。ほいほいっと」ピッ
ピピピピッ……ピピッ……
「バ、バカな!?」
ルパン「これで暫くは誰も助けてには来てくれない。泥棒さん入りたい放題ってわけよ。にゅふふふ」
不二子「さ、行きましょ」
ルパン「次元、よろしく」
次元「あいよ」
「ひぃ……!!!」
134:
―保管室―
五ェ門「ここに斬鉄剣が……!!」
ルパン「そういうこと。感動のご対面と行こうか」ピッ
次元「あのカプセルの中か?」
不二子「早くしてほしいわぁ」
ルパン「――ゲート事故で俺たちは重傷を負った。そらぁもうひでぇ怪我で、絶対に助からないと言われたわけよ」
次元「それがどうした?」
ルパン「見守っていれば、俺たちは全員あの世でランデブーしていたはずだった」
五ェ門「斬鉄剣はまだか……」
ルパン「だが、世界でただ一人、それを許さない奴がいた。前にも言ったけど、それは銭形のとっつぁんしかありえない」
次元「理由がねえとも言ったはずだ」
ルパン「それはご本人から聞けばいいだろ?」
不二子「……出てきたわね」
銭形「――ルパン。貴様のほうが目覚めるのは早かったか」
ルパン「ゲート事故の影響で色々とデータがぶっとんだみたいだかんなぁ。とっつぁんは永久に寝ることになったんじゃねえの?」
135:
五ェ門「ルパン、どういうことだ?」
ルパン「とっつぁん。その手にもっている斬鉄剣は返してくれないか?」
銭形「泥棒が何を言っている」
次元「なんで銭形がもってんだ?」
ルパン「そりゃあ……」
銭形「先にルパンが目覚めてもいいようにだ」
ルパン「考えたな。とっつぁん。全く、そんなことされたらどうしたってアンタを目覚めさせるしかねえじゃねえの」
銭形「あの混乱の中だ。こういう事態は想定できた。ワシより貴様が先だと、誰がお前を逮捕できる? 誰が法廷の場で貴様の所業を語ることができると思う?」
ルパン「なはははは。言わせんなよぉ」
銭形「そうだ。ワシだけだ。お前のような悪党を安楽死させてたまるか。時代を越えようとも、貴様は法で裁き、死刑にしてやる」
ルパン「古い考えだぜ。もう俺もとっつぁんも未来に生きてるっていうのによ」
銭形「ふざけたことをぬかすなぁ。貴様に未来を生きる資格などありはせん」シャキン
ルパン「おいおい……」
五ェ門「斬鉄剣を……!?」
スパイク「よぉ。盛り上がってるなぁ。どうでもいいけど、ルパンの身柄は俺が引き取るぜ。大事なメシと医療費の種だからな」
136:
ルパン「来たか、カウボーイ」
銭形「何者だ、貴様ぁ。ルパンはワシが逮捕する」
スパイク「渡せねえなぁ。こっちにはでかい貸しがある」
銭形「……ならば、貴様も逮捕だぁ」
スパイク「やってみな」
ルパン「――次元!!」
次元「はいよ!」バァン
銭形「ふんっ!!」キィン
スパイク「刀で銃弾を……!? そんなことするのはビシャスだけで十分だぜ!!」
不二子「貴方も邪魔はしないでね」
スパイク「それはできない相談だな」チャカ
不二子「容赦はしないわよ?」チャカ
銭形「はぁ!!」ブゥン
五ェ門「くっ!!」
ルパン「次元と五ェ門の安置場所を残したのもとっつぁんだな? 余計なことをさせると太陽系一だなぁ」バァン!!
140:
銭形「小ざかしい!」キィン
ルパン「五ェ門並みだなぁ。こりゃ、まずい」
銭形「手足が無くとも裁判には出られるぞ、ルパン」
ルパン「こえぇ、こえぇ。まぁ、とっつぁんはそうでないとな。ぬふふふ」
銭形「終わりだ、ルパーン!!!」シャキン
スパイク「――させるかよ」
銭形「貴様ぁ!?」
スパイク「ふっ!!」バキィ
銭形「つっ……!! 刀が……!!」
ルパン「でかしたぜぇ、カウボーイ。ありがとよ。五ェ門、落ちた刀をひろ――」
スパイク「誰がてめぇを助けるかよ!」ドゴォ
ルパン「あづ!?」
スパイク「お前を捕まえるのは、俺だ」
銭形「邪魔はさせんぞ。部外者は引っ込んでいろぉ。これぁ、ワシの仕事だぁ」
スパイク「あんたが誰なのかはよく知らないが、間違いなく言えることがある。これは俺の仕事だ。部外者は引っ込んでな」
141:
銭形「青二才が」
スパイク「年長者なら若人に花を持たせてもいいんじゃないか?」
銭形「花は切らせている」
スパイク「だったら、摘んで来いよ」
銭形「どけぇ!!」
スパイク「うるせぇ」
ルパン「なはははは。ごくろーさん」
銭形「なにぃ!?」
スパイク「てめ……!!」
ルパン「カウボーイとケーサツ同士、仲良くケンカでもしててちょうだい。邪魔はしねえからよ」
五ェ門「斬鉄剣……よくぞ戻ってきてくれた……」
次元「ずらかるぞ。銭形とだけは正面からやりあいたくねえ」
不二子「おさきー」
ルパン「待ってくれよぉ、不二子ちゃぁぁん」
銭形・スパイク「「待て!!」」
142:
銭形「おのれぇ!! ルパーン!! 逮捕だー!!!」
スパイク「冗談じゃねえ!! このまま逃げられてたまるかよ!!」
銭形「貴様はもう余計なことはするな!!」
スパイク「こっちの台詞だ!! 俺の獲物を盗るんじゃねえ!!」
銭形「――ふんっ!!」ドゴォ
スパイク「ごっ!?」
銭形「先ほどの蹴りは見事だったが、腰が入ってはいなかったな。ルパンが現れる場所を突き止めたその嗅覚も見所はあるが、まだまだ甘い」
スパイク「こ、この……」
銭形「出直してこい。若輩者ではルパンを追えん。ワシのように地獄まで追走する覚悟がなければな」
スパイク「ふっ……地獄なら……何度も見てるけどな……」
銭形「安心しろ。ワシが蘇ったからにはルパンの好きにはさせん」
スパイク「待て……」
ジェット『スパイク。応答してくれ』
スパイク「……なんだ?」
ジェット『ルパンを建物の屋上まで誘導する手筈が整った。お前も協力してくれるな?』
143:
スパイク「そんなことであいつを捕まえられるのかよ。大体、あんたの仕事はルパンが出てきたところをネット砲で捕らえることだったはずだ」
ジェット『作戦は変更だよ。逃げ場を狭めたほうが散りにくいだろ。ルパン一味を全員しょっ引けば賞金も2倍だしな』
スパイク「……どうやって誘導するんだ?」
ジェット『隔壁を外から操作してルパンの逃げ道を俺たちで作る。そっちの防犯システムを弄くりまわすんだよ』
スパイク「あんたにそんなハッキング技術があるなんて初耳だな」
ジェット『俺には無理だ。だが、できる奴が戻ってきてくれた。だから、作戦を変更した』
スパイク「なに?」
エド『スパイクー、やっほー!! やっほー……やっほー……!! やまびこー』
スパイク「おまえ……!? 生きてたのか!?」
エド『元気も勇気もモッリモリだよーにひひー』
スパイク「あの出血でもう退院かよ」
フェイ『ふふーん。あんたも騙されることがあるのね。私のことカジノではバカにしてたくせに。これからは偉そうに言わないでよね』
スパイク「騙された?」
エド『エド、血なんてだしてないよー。あれ、水と片栗粉と食紅だもーん』
スパイク「な……」
144:
ジェット『使われたのはペイント弾らしい。エドも撃たれたときは流石に驚いて気絶しちまったらしいが』
エド『あれ、すっごくいたかったんだよー?』
スパイク「その話はあとだ。今はルパンだろ」
フェイ『あ、逃げた。かっこわるぅー』
スパイク「お前は黙ってろ。で、俺は何をしたらいいんだ?」
エド『ざんてつけんが一番厄介だから、スパイクはなんとかざんてつけんを使わせないようにして。あとはエドが隔壁を操作するから』
スパイク「それはいいが、相手はクリプト・ブレイカーを持っているんだぞ。どうやってもプログラムは解析させるだろ」
エド『エドを信じて。クリプト・ブレイカーブレイカーになるから』
スパイク「なんだそりゃ……」
ジェット『リアルタイムハッキングでクリプト・ブレイカーの暗号解析度に勝つつもりらしい。俺から言わせりゃとても人間業じゃねえけどな。そんなことスパコンだって無理だろうぜ』
エド『魔法の鍵も万能じゃないって分かれば、ルパンも使わなくなるでしょ?』
スパイク「できるんだな? あの斬鉄剣を使わせないようにするのも限界はあるぜ?」
エド『安心して。エドならできるから』
スパイク「……なら、やれ」
エド『りょーかいー!! にゃにゃーん!! エド、やっりまーす!!』
145:
ルパン「よぉし。ゴールがみえてきたなぁ」
次元「これからどうするよ」
ルパン「そうだなぁ。南の島、いやぁ、南の惑星にでもいってバカンスなんてどうよ?」
不二子「それもいいけど、ちゃんと私に頂戴ねぇ、そのお宝」
ルパン「だいじょーぶよぉ。プレゼントすっから」
五ェ門「急ぐぞ。追っ手が来たようだ」
ルパン「逃げ足にだけは自信あっけど、とっつぁんの追い足には白旗ふりたくなるなぁ」
次元「外に出たらどうする? ずっと鬼ごっこか?」
ルパン「ここに閉じ込めちまえばいいのよ。こっちには魔法の鍵があるだ」
次元「なるほどな」
ルパン「よーし。ゴール――」
……ウィーン……
ルパン「あらららら!? なんで閉まっちゃうのぉ!?」
次元「どういうこった? こりゃあ、隔壁か……?」
五ェ門「どけ。斬り抜ける」
146:
ルパン「斬鉄剣もある意味、魔法の鍵だもんなぁ」
五ェ門「鍵扱いするな」
次元「ちっ! 五ェ門!! 切っ先を壁に向けてる暇はねえみてぇだ!!」
バァン!!!
五ェ門「はぁぁ!!!」キィン
銭形「ルパーン!!! 逮捕だぁー!!!」
ルパン「とっつぁんが撃ったんじゃねえな」
五ェ門「ルパン!! ここは拙者と次元が食い止める!! 隔壁を開けろ!!」
ルパン「了解。頼むぜ、ふたりとも」
次元「くそ。あいつだけは苦手だっていうのに、ついてねえ」
五ェ門「来るぞ」
銭形「どけぇ!! じげぇん!! ごえもーん!!」
次元「五ェ門」
五ェ門「分かっている。拙者の相手は奥にいる――」
スパイク「こいよ。その魔法の鍵もへし折ってやるぜ」
147:
不二子「ルパン、はやくぅ」
ルパン「だいじょぶ、だいじょぶ。クリプト・ブレイカーでちょちょいのちょいよ」ピッ
ピピピッ……ピピピピッ……
不二子「まだなの?」
ルパン「おかしいな。セキュリティの暗号解析なんて2秒とかからないはず」
ピピピピッ……
ルパン「ふっ……ふふふ……」
不二子「ルパン? どうしたのよ?」
ルパン「はーっはっはっはっはっは!!!!」
次元「何をこんなときに笑ってやがる!!」
銭形「余所見か。いい度胸だな」
次元「つっ……!!」チャカ
銭形「あまい!!」ドゴォ
次元「あ……ぐっ……」
ルパン「やってくれるなぁ、情報屋。こりゃあ、楽しくなってきやがった」
148:
―ビバップ号 船内―
エド「早い……!! 暗号更新を2秒でやっていかなきゃダメなんて……!!」カタカタ
フェイ「だ、大丈夫なの? エドの指、取れたりしないわよね?」
ジェット「それ以前に、あのコンピュータの頭から湯気が出ないか心配だ」
アイン「ワンッ!!」
エド「でも、パターンはある。ウォールを作れば、同じ方法で解析する。その解き方には規則性がある」カタカタ
ジェット「エド、それはお前に任せるぞ。俺たちも準備があるからな」
エド「これがクリプト・ブレイカーなんだ……!! すごい!! これすごーい!! でもでも、エドだってまけないよぉ!!!」カタカタカタ
フェイ「エド!! もう勝手に外にでちゃダメだからね!!」
エド「あーい」カタカタカタ
フェイ「ホントにわかってるのかしら」
ジェット「……」
フェイ「なによ?」
ジェット「いや。お前がそんなにエドのことを気にかけていたとは思わなくてよ」
フェイ「別に。勝手なことされるとこっちが迷惑でしょ。それだけよ。うん、それだけなのよ」
149:
―施設―
五ェ門「せぇい!!」ブゥン
スパイク「おっと。あぶねえな」
五ェ門「……何故、熟知してる?」
スパイク「何の話だ?」
五ェ門「刀を振るう者との戦い方だ。この時代では珍しいはず」
スパイク「ああ、そんな骨董品を振り回す奴は殆どいねえよ」
五ェ門「間合いの取り方だけを見ても、その動きは洗練されている」
スパイク「知り合いにいたんだよ。刃物好きの奴がな。使い手としてはアンタのが上だよ。俺が保障する」
五ェ門「なるほど」
スパイク「あんたらの時代にはいっぱいいたのか? 刃物で戦う奴らが」
五ェ門「いや。この時代となんら変わらん」
スパイク「だが、あんたたちをここまで追い込める奴は増えてるだろ?」
五ェ門「自惚れるな。賞金稼ぎ風情に遅れをとったことなどない」
スパイク「言ってくれるぜ。この状況で」
150:
銭形「邪魔をするなぁ……!! この手錠をルパンにぃぃ……!!!」
次元「ルパン!!! 早くしろ!! なにやってんだ!! もう押さえきれねえぞ!!」
ルパン「……」
不二子「ルパン、もしかしてエドワードが?」
ルパン「こんな芸当ができるやつなんざぁ、この時代にどれだけいるんだが。まぁ、このタイミングでこの施設にハッキングをかける奴は太陽系でも一人だけだろうな」
不二子「やっぱり」
スパイク「今頃気が付いたか? 意外と鈍感なんだな」
銭形「ここからでられんのか? 好都合だ」
ルパン「おいおい。とっつぁんだって閉じ込められてんだぜ?」
銭形「貴様を逮捕したあとでゆっくりと考えればいい」
スパイク「させねえよ。俺が捕まえないと賞金はでねえんだ」
ルパン「ぬふふふ。俺様、モテモテでこまっちゃう」
五ェ門「ならば、斬鉄剣で――」
スパイク「悪いがそれだけはさせねえよ」バァン!!
五ェ門「どこまで邪魔をする」キィン
151:
ルパン「癪だがこのままじゃ、ジリ貧だぁ。逃げるが勝ちだぁ」
不二子「まってよぉ!!」
次元「逃げるったってどこにだ!?」
ルパン「上しかないでしょーよ」
五ェ門「致し方なし……」
銭形「ははははは!!! 袋のネズミとはこのことだな!! ルパン!!!」
スパイク「先に行くぜ、おっさん。あんたは来なくてもいいけどな」
銭形「若造にルパンは捕らえられんぞ」
スパイク「一人じゃ無理でも複数人なら問題ないさ」
ルパン「何かあったかい? エドちゃんの力を借りちゃうなんてよぉ?」
スパイク「あいつに仕事をやっておかねえとまた外にフラフラでちまうからな」
ルパン「ぬふふふ。お優しいことで」
スパイク「適材適所ってことだ」
ルパン「物はいいようだな」
スパイク「事実だ」
152:
―屋上―
ルパン「夜明け前の空だな」
次元「で、ここからどうするんだ? 飛び降りでもするのか?」
ルパン「高さの関係でパラシュートは使えねえよ」
五ェ門「低すぎるか……」
不二子「もう、どうするのよ」
ルパン「今、考えてる。まさかクリプト・ブレイカーが使えなくなるなんて思ってもなかったかんなぁ」
不二子「それじゃあ……」
銭形「追い詰めたぞぉ!!」
スパイク「だから、おっさんは何もすんなよ」
銭形「貴様に指図される覚えはない」
スパイク「こっちにはあいつに貸しがあるんだ。10万ウーロンっていう貸しがな」
銭形「ワシはルパンの悪行を法の場で証言する。そのためにも奴の手首にこれをかけないといかん」
ルパン「仲がよろしいことで」
フェイ「――それじゃあ、あたしたちも仲良く手を繋ぎましょうか。そうね、賞金を出してくれるところまでデートなんてどう? 素敵でしょ」チャカ
154:
読んでてニヤニヤが止まらん
それにつけてもルパーン逮捕だーは名言だなあ
155:
ルパン「あらぁ。かわいこちゃんまで一緒か。ぬふふふふ」
フェイ「笑っていられるのも今のうちよ? もうすぐ、笑えなくなるもの」グリッ
ルパン「いてぇ。拳銃を押し付けないでくれるかい?」
次元「……」ジリッ
フェイ「指に力が入るわよ?」
銭形「小娘、その男をこちらに渡せ。お前に手には余る」
フェイ「残念だけど、警察と同業者は大嫌いなの」
不二子「それなら――」
ハンマーヘッド『妙なことはするなよ。死体になっちまうと賞金はでねえからな』
五ェ門「戦闘機か」
ルパン「ありゃあ、ブラックドッグか。ビバップクルーも総出とは大歓迎じゃないのぉ」
フェイ「嬉しい?」
ルパン「エドワードも近くにいるのか?」
フェイ「勿論。船の番を犬と一緒にしてるわ」
ルパン「なるほど……」
156:
銭形「どいつもこいつも邪魔をしおって。お前らはルパンを見くびっている」
スパイク「見くびってなんかいねえよ。だからこそ、包囲したんだからな」
銭形「ルパンのことを何も知らんやつは皆決まってそう言う」
スパイク「さぁて、大泥棒。年貢の納め時ってやつだな」
ハンマーヘッド『言い残すことはあるか』
ルパン「完敗だな」
次元「おい、ルパン」
ルパン「考えてもみろよ。俺たちはまだ目覚めて間が無い。こっちの未来的技術には馴染むまでに時間がかかる。だからこそ俺はこれに頼るしかなかった」
フェイ「時代に追いつけないからクリプト・ブレイカーに目をつけるは仕方ないってこと?」
ルパン「そゆこと。この時代のセキュリティを楽々潜り抜ける方法を探してたら、そいつのことを知ってなぁ。んで、情報屋エドワードと知り合ったわけだ」
フェイ「……」
スパイク「ツイてないな。よりにもよってエドを頼るなんてよ」
ルパン「ぬふふふ。今じゃ、後悔しかねぇ。有能な奴ほど注意しなきゃな」
スパイク「結局は死人だ。できることなんて限られてる。今、生きているのか死んでいるのか。それを確かめることぐらいしかできない」
ルパン「含蓄あるな。あんたも死人か?」
157:
スパイク「少なくとも俺はいつでも過去を見てる」
ルパン「過去を振り返るのは生きてる奴の特権だ。死人は後ろも前も見ることはできねえ。ただぼんやりと眠るだけ」
スパイク「励ましてくれてるのか?」
ルパン「誰がおたくを元気付けるよ。俺が言いたいのは生きてる奴全員を振り向かせることができたら、快感だろってことよ」
スパイク「何?」
ルパン「俺の時代ではそうだったぜ。あんな事故さえなけりゃ、ルパン三世は誰の頭にも刻まれていたはずなのよ。なぁ、とっつぁん?」
銭形「チンピラが吠えるな。お前のことを知っているものなど屑ばかりだ」
ルパン「ぬふふふ。手厳しいなぁ」
フェイ「あんた、馬鹿ってよくいわれない?」
ルパン「ああ、言われるな」
次元「俺がいつも言ってるよ」
五ェ門「拙者もだ」
ルパン「お前らなぁ」
不二子「ふふっ……」
スパイク「その馬鹿の企みもここで潰える。一緒に来てもらうぜ、ルパン」
158:
ルパン「それは無理だな」
スパイク「この手詰まりでそんな台詞が吐けるとはな。お得意の爆破でここから逃げるのか?」
ハンマーヘッド『そんなことをした瞬間、俺が捕らえるがな』
ルパン「あんたらには負けたが、俺は生きるぜ。地球なんて狭い場所でなく、太陽系に俺の名を刻めるチャンスなんだからよ」
スパイク「お前……!!」
フェイ「いい加減なこといわないで」
ルパン「俺は有言実行がモットーの泥棒よ。誰もルパンをしらねぇ時代にこれてラッキーだわ」
銭形「何を考えている……」
ルパン「また1から出直しだ。クリプト・ブレイカーも役には立たないみてぇだしな。ホーントまいっちゃう」
不二子「そ、そんなことないでしょ?」
ルパン「諦めな、不二子。あのエドが一度触れたプログラムだ。アンチプログラムの一つや二つは近いうちにできあがる。こいつには何の価値も残っちゃいねえよ」
不二子「そ、そんなぁ……何兆ウーロンがパァ……」
ルパン「ま、こんなもんがなくてもお宝は盗むけどな」
スパイク「逃げられやしねえよ。時代が違う」
ルパン「関係ねえな。ルパン三世を阻める壁なんざ、いくら時間が進もうとも作れはしねえのさ」
160:
スパイク「言うね」
ルパン「それに人工血糊で騙されるような奴がカウボーイしてんだ。余裕よ、ヨユー。にゅふふふふ」
スパイク「……腹が立った。ジェット、やるぞ」
ハンマーヘッド『了解だ』
ルパン『――ジェット? あたしのレッドテイルは飛べるの?』
フェイ「なぁ!?」
スパイク「フェイの声……!?」
ハンマーヘッド『あぁ? 飛べるには飛べるが、すぐに墜ちるぞ。ルパンの賞金でオーバーホールするって言っただろう』
ルパン『そうだったわね。ありがと』
フェイ「き、気持ち悪いことしないで!!」
ルパン「こうしなきゃ、あんたの飛行機は来てくれないからよ」
スパイク「お前の喉どうなってんだよ!?」
ルパン「さぁ、ここまでやれば俺が何するかわかっただろ?」
フェイ「まさか……!?」
ルパン「ツキが向いてきな。来てくれて助かったぜ、ビバップクルー。――ショータイムよ」
162:
―ビバップ号 船内―
アイン「……」ピクッ
エド「クリプト・ブレイカーはこっなごなぁ。ブレイク、ブレイクークリプトさーん」カタカタ
アイン「ワンッ!! ワンッ!!」
エド「んー? どうしたの、アイン? 今、いそがしーの」
アイン「ワンッ!!」
エド「えぇ? ちょっとまってねー」カタカタ
フェイ『エド!! そっちで止めて!!』
エド「なにをー?」
スパイク『ジェット!! フェイ!! ルパンを取り押さえろ!!!』
ジェット『こなくそぉ!!!』
エド「なになにー? なにがあったんですかー?」
ゴゴゴゴ……
エド「あれ? レッドテイル、とんでった?」
アイン「クゥーン……」
163:
―施設 屋上―
ルパン「ぬふふふ。見込みどおりだったぜ、カウボーイ」
スパイク「待ちやがれ!!」
フェイ「ジェット!! なにしてんのよ!! あたしの声はもっと上品でしょう!?」
ハンマーヘッド『うるせぇ。後ろに気を配ってろ』
フェイ「ちっ……!!」バッ
次元「嬢ちゃん、ルパンに声を奪われたらおしまいだ。諦めろ」
フェイ「悪用だけはしないでよね」
次元「無茶なこというなよ。俺たちは悪党なんだからな」
五ェ門「初めから計算していたのか」
ルパン「エドをああしてネギしょってやってくるかは半分賭けだった」
銭形「何をしでかしたのかは知らんが、事が起こる前に――」
ルパン「とっつぁん、時間切れだ」
銭形「なにぃおぉ!? ん!? 飛行機がこちらに飛んでくる……!?」
ルパン「とっつぁん、それとカウボーイ。また会おうぜ。今度は万全にしてくるからよ。今回は前哨戦ってことで勘弁なぁ。なはははははは」
166:
ハンマーヘッド『させるかぁ!!!』ガキィィン
フェイ「やめてー!!! あたしのレッドテイルがー!!」
次元「無茶しやがるなぁ。体当たりで止めたぞ」
ルパン「五ェ門。下に行くぞ」
五ェ門「承知。――はぁぁ!!!」ザンッ!!!
スパイク「穴を……!?」
ルパン「レッドテイルは囮。五ェ門の魔法の鍵は信頼性バッチリなんでな」
銭形「待てぇ!!! ルパァーン!!!」
スパイク「いかせるか!!」
フェイ「あたしのレッドテイルを……!!」
ハンマーヘッド『ダメだ!! 押さえられねえ!! スパイク、フェイ!! そこから離れろ!!!』
スパイク「ワイヤーフックでなんとかしろよ!!」
ハンマーヘッド『打ち込んだって止まるかよ!!』
銭形「おおぉぁぁ!!! ぶつかるぅ!?」
スパイク「ちくしょう――!!」
169:
ジェット「おーい。生きてるかぁ?」
スパイク「……おかげさまでな」
フェイ「あぁぁ……レッドテイルがぁぁ……」
ジェット「まさかあそこまでとはな」
スパイク「おっさんの言うとおり、あいつのことを過小評価しすぎてたみたいだな。火、あるか?」
ジェット「ほらよ」カチッ
スパイク「ふぅー……」
ジェット「俺たちの負けか?」
スパイク「……勝ちだろ」
ジェット「今の間はなんだよ」
銭形「ぬぅーん!!!」ガバッ!!!
スパイク「よぉ、おっさん。ルパンならもう行っちまったみたいだぜ?」
銭形「なんてことをしてくれた。お前たちさえ居なければルパンを逮捕できたというのに」
ジェット「……あんたは?」
銭形「ワシはインターポールの銭形だ」
170:
ジェット「インターポール? ICPOってやつか?」
スパイク「なんだそれ? 食えそうにないな」
ジェット「当然だ賞味期限はゲートが出来る前に切れてる。I.S.S.P.の前身組織みてぇなもんさ。俺も詳しいことはしらねえがな」
スパイク「あんたも死人か」
銭形「一緒にせんでくれるか。ワシは生きている」
ジェット「ルパンを知る生き証人ってとこか」
銭形「こうしてはおれん。ワシもルパンを追わねば」
ジェット「おい、待てよ。お前さんはもう刑事でも特殊部隊員でもなんでもない。捜査権限や逮捕権限も当然ない。この時代でルパンを追うならカウボーイになるしかねえぞ」
銭形「ワシは刑事だ。その肩書きを捨てるつもりはない」
ジェット「それなら採用試験を受けることだな。まぁ、あんたみたいな人間はあの組織で生きていけるかどうかわかんねえが」
銭形「何がいいたい?」
ジェット「あんな組織にいたら正義なんて貫けねえってことさ。ルパンだって自由には追わせてもらせないぜ? 上司やマフィアのご機嫌伺いが主な仕事だ」
銭形「腐っているな」
ジェット「だろ?」
銭形「お前のことだ」
171:
スパイク「へぇ……」
ジェット「……」
銭形「信じる正義など、いつの時代も裏切られる。未来永劫、それは変わらん」
ジェット「なに……」
銭形「その口ぶりからして、お前もワシと同じことをしていた人間なのだろう。そして正義から目を背けた」
ジェット「そうじゃねえ。あそこにいちゃあ、何も――」
銭形「ワシは違う」
ジェット「……!」
銭形「正義が怖くて刑事ができるか」
スパイク「……古臭いな」
銭形「古くて結構、もう一世紀ほど前の人間だからな」
スパイク「仰るとおりで。だが、ルパンを捕まえるのは、俺だ」
銭形「無理だ。奴を捕まえるのはワシだ。この時代に蘇らせてしまった罪も、奴を捕まえることで償わせてもらう」
ジェット「お、おい」
銭形「失礼する」
173:
スパイク「あんな奴と競うとなると、うかうかしてられねえな」
ジェット「そうだな」
スパイク「言われっぱなしでいいのか?」
ジェット「良いわけねえだろ。俺のやりかたは間違っちゃいねえよ」
スパイク「否定されても戻れねえもんな。年齢的に」
ジェット「それを言うな」
フェイ「あぁぁ……これどうするのよぉ……めちゃくちゃじゃない……」
スパイク「今回の収穫は?」
ジェット「えーと、食い逃げ犯と万引き犯の賞金20万ウーロンぽっきりだな」
スパイク「諸経費を引けば?」
ジェット「マイナス20万ウーロンってところか」
スパイク「もやし炒めは期待できるか?」
ジェット「あー。今日は水と塩だ」
スパイク「……ざっけんなよ」
ジェット「ほら、戻るぞ。フェイ!! いつまで項垂れてる!! その炎上してるガラクタを積み込むぞ!!」
175:
―ビバップ号 船内―
エド「あー!! おっかえり、えりくび、くびちゃんぱっ!」ピョンピョン
スパイク「……元気そうだな」
エド「えへへへー」スリスリ
スパイク「離れろ、うっとうしい」
フェイ「あーら、可愛いガールフレンドが出来てよかったじゃない」
スパイク「ガキに興味ねえよ」
エド「10年後が楽しみ?」
スパイク「はぁ?」
エド「ねーねー、たのしみー?」
スパイク「なに言ってんだよ。10年後なんてどうなってるかわかんねえよ」
ジェット「エドは美人になると思うね」
スパイク「どうでもいいな。それよりエド、頼みたいことがある」
ジェット「俺もだ」
エド「えへへへー。エド、モテモテー」
179:
―数週間後 ビバップ号―
エド「うにゃうにゃにゃにゃーん」
アイン「……」
フェイ「うーん……もう昼か……。あら? 男共は?」
エド「おでかけー。お土産はないってー」
フェイ「あぁ、そう」
エド「フェイフェイー。新しいお客さんが情報ほしいってー」
フェイ「どんな奴?」
エド「こんなやつー」
フェイ「……あやしいわね。パス」
エド「うにゃぁ……。最近、誰にも情報売ってないよ?」
フェイ「欲しい情報は自分の足で稼いでこいってことよ」
エド「んー? 前は情報も金で買うべきとか言ってなかったっけ? だから、エドが情報屋を始めたんだしー」
フェイ「人間の考えることなんてね、すぐに変わっちゃうものなのよ」
エド「ふぅーん。わかったぁー。それじゃ、エド、情報屋やめるー。もういいやーにゃはははー」
180:
―酒場―
ジェット「――探したぜ、銭形さんよ」
銭形「なんのようだ?」
ジェット「中途採用、合格だってな。流石だよ。中々、できるこっちゃない」
銭形「どこで知った」
ジェット「そんなことぁどうでもいいだろ? 今日は奢ってやるよ」
銭形「……」
ジェット「一つだけ言いたいことがあってな」
銭形「なんだ」
ジェット「あんたがルパンを冷凍保存したのは、正義じゃねえ。自己満足だ。悪人だったらそのまま殺しておくほうが世界のためだと思わなかったか?」
銭形「……」
ジェット「あいつが現れてから太陽系は大混乱だ。ゲートも警備が強化されて俺らみたいなはみ出し者だけじゃなく、善良な市民のチェックも厳しくなっちまったよ」
銭形「死人のことなど誰も気にしない。ルパンが重ねた悪行の中、いくつの命が消えたと思う。ルパンの仕業だと分からないまま捜査が打ち切られたこともあった」
銭形「その者たちの無念をワシは知っている。そして背負ってもいる。故にルパンを簡単に死なせるわけにはいかん。奴が何をしたのか晒すまではワシも死ねん」
ジェット「その消える命があんたの所為で増えようとしているのにか? とんでもねえ正義だな」
181:
銭形「お前のような若造にわかってたまるか」
ジェット「ああ、わからねえな。あんたと俺は違う世界の人間だからな」
銭形「……ワシは、引き返せんのだ」
ジェット「ま、俺もだけどな」
銭形「ではな」
ジェット「もういっちまうのか?」
銭形「ルパンの行方を追っている」
ジェット「なんだ。ここへは聞き込みのためか。悪かったな、仕事の邪魔をして」
銭形「ふんっ」
ジェット「ああ、そうだ。こいつを持っていけ」
銭形「なんだこれは?」
ジェット「有能な情報屋がくれたルパンらしき人物の住居だ」
銭形「何の真似だ?」
ジェット「見せ付けておきたくてよ。俺たちはあんたの前を歩いていることをな」
銭形「礼は言わんぞ。これはワシの仕事だからな」
182:
―店―
スパイク「……やってるかい?」
ルパン「ぬふふふ。やってるぜ」
スパイク「新品のジュークボックスになってるな。曲も増えてるのか?」
ルパン「特にビバップを多く取り揃えておいたぜ」
スパイク「へぇ。なんでまた」
ルパン「カウボーイビバップを刻むためだ」
スパイク「ははっ。どういう意味だ」
ルパン「ビバップ号って船にいるカウボーイがよ、とっつぁんの次ぐらいに厄介だからなぁ。しつこいのなんのって、困ってんのよ」
スパイク「1億なんて賞金をぶらさげてるからそうなるんだろうな」
ルパン「これからもっと増えると思うぜ?」
スパイク「それは楽しみだな」
ルパン「だろ」
スパイク「……また店を出してるってことは、人工血糊の材料を集めてるのか?」
ルパン「あんなのは店をもたなくても揃う。まぁ、あのペイント弾は食材の残りで作ったもんだけどもな。あんなに役に立つとは思ってなかったぜ」
183:
スパイク「エドを撃った理由がようやくわかった。あのおっさんの足止めに使うためでもあったんだろ」
ルパン「ぬふふふ。意外と、鈍感だなぁ」
スパイク「あのとき、おっさんに殺させておいたほうがよかったか」
ルパン「カウボーイはそんなもったいねえことしねえだろ? 血も上ってただろうしなぁ」
スパイク「……どうしてエドを殺さなかった? そうしたほうがより確実だったはずだ」
ルパン「有能な情報屋を殺すなんてできねえよ。利用価値しかねえのに」
スパイク「これからも客でいる気なのかよ」
ルパン「そうしたいんだけどもなぁ。どう接近しても情報売ってくれなくなったのよぉ。エドちゃん、ガードかたくなってまぁ」
スパイク「それは良いことだな。尻の軽い女にならなくて済む」
ルパン「そりゃ、言えてる。で、俺を捕まえるかい?」
スパイク「いや。無理だ。何の準備もしてないからな。ただ、来てやったんだよ。お前の居るところにな」
ルパン「うぇー。いっじわるすんなよぉ。それが一番こええだろぉ」
スパイク「カウボーイを舐めるなよ」
ルパン「まさにビバップだな。何するかわかったもんじゃねえ」
スパイク「お前のほうがよっぽどアドリブきいてるぜ」
184:
次元「――そろそろ店仕舞いだな」
五ェ門「潮時か」
不二子「次へ行きましょう。クリプト・ブレイカーを超えるお宝を盗みに。軍資金がたりないのよねぇ」
ルパン「そうだなぁ。客がきちまったし、畳むか」
スパイク「おかしな店だな。繁盛を嫌うのか」
ルパン「さぁて、ここで問題だ。あんたがここへ来たのか、それともあんたがここへ呼ばれたのか。どっちだと思う?」
スパイク「俺からは逃げられないってことだろ」
ルパン「ぬふふふ……はははは……あーっはっはっはっは!!!」
スパイク「しっかり刻んでおけよ。俺の顔と名前をな」
ルパン「誰が忘れるかよ。お前みたいな面白い奴」
スパイク「邪魔したな」
ルパン「またのご来店をお待ちしてまぁーす」
スパイク「……ああ。そうだ、言い忘れてたぜ」
ルパン「なんだぁ?」
スパイク「銭形のおっさん。もうすぐ、ここに来るはずだ。会いたかっただろ?」
185:
―街―
スパイク「ふんふふーん」
銭形「……向こうで爆発事故があったようだな」
スパイク「店が爆発しただけだろ。よくあることさ」
銭形「お前では無理だ。手を引け」
スパイク「やだね」
銭形「ワシの邪魔だけはするな」
スパイク「お互いにな」
銭形「ふん。生意気な小僧が」
スパイク「頭の固い年寄りめ」
銭形「ルパーン!!! どこだぁー!!!!」
スパイク「どこだろうな」
ジェット『――スパイク、仕事だ。強盗常習犯が金星あたりに逃げたらしい。賞金はなんと50万だ。捕まえれば食卓に肉が並ぶかもしれねえ』
スパイク「乗った。今すぐ戻る」
ジェット『急げよ。もう取り逃がすのはごめんだからな』
スパイク「当然だろ、そんなこと。今度は逃がすかよ。賞金は必ず手に入れるよ。……必ずな」
――See you LUPIN the Third.
186:

思わずモニターの前で拍手しちまったぜ
188:

面白かった
189:
乙ー
すごく大人なssだった
190:
おつ
191:
面白かった
お疲れ様です
192:
すごいいいわこれ…
ビバップ知らないのに今まで見たSSの中で一番よかったわ
めちゃくちゃ面白かった
>>1乙!
カウボーイビバップ見よ
194:
>>192
映画もあるからそっちもどうぞ。
文面から伝わる空気感に痺れた。面白かったよーお疲れ様でした!!(拍手)
195:
良い感じにブレンドされてた。
映像化はよ。
乙でした。
196:
乙でした
魅入られたわ……
200:
どちらもかなりシビアな世界観を生きてる感じが出ていて良かった
しかし「10年後」と言うワードで切なくなっちまうな・・・
201:
乙でした
203:
どっちの世界もキャラも活かしてハードボイルドにまとめたなぁ
最後まで面白かった乙乙
204:
BGMはビバップの方かルパンの方か・・・・
20

続き・詳細・画像をみる


結構簡単に越えるんだ…。iPhoneの7GBの通信制限を越える使い方(動画あり)

非エロで年上お姉さんっぽい二次画像下さい

『飲み会でイラッとする人』ランキング

【バカッター】高校球児の彼女は大変らしい

板野友美、ローラ、麻里子様、本田翼、川口春奈…すっぴん美人アワード2013

29歳公務員だけど県庁職員と結婚したがる地元志向の女性と結婚する気はありません

NMB48林萌々香のモカ新聞、今夜は特大号! 【小ネタ5つ】

こすってつまんでパンツを穿かせるRPG、PSVita「限界凸記モエロクロニクル」

3ナンバー化した次期MINIって何がミニなの?

お前ら「クリリンと同じ強さになる」か「現金68億円貰える」かならどっち選ぶ?

F1のミハエル・シューマッハ氏、スキー事故で意識不明の重体…脳に深刻な損傷、「重篤な状態」と病院が発表

【動画あり】WindowsのCMの女医がめっちゃエロいwwwwwwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先