マミ「同じ条件で私に勝てる?」ほむら「根比べなら負けないわ」back

マミ「同じ条件で私に勝てる?」ほむら「根比べなら負けないわ」


続き・詳細・画像をみる

1:
ほむら(あっさり勝てた…)
マミ「ま、待って!」
ほむら「何?」
マミ「いまのは同じ条件じゃないわ」
ほむら「え?」
マミ「私は胸が大きいからその分大きく避けないといけないのよ」
ほむら「…」
マミ「だからあなたも胸を大きくしないと同じ条件にならないわ」
マミ「だから胸を大きくしてもらえるかしら?」
ほむら「なら胸を大きくする方法を教えなさいよ!」
さやか(いいところで格好良く現れる予定だったのになにこれ)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
----------------------------------------------------------------------------
3:
マミさんのおっぱいマミマミ
5:
マミ「パッドを入れて服が破けたら負けでどうかしら?」
ほむら「時間を止め続けてる私の消耗は無視なの?」
マミ「あなた武器に魔力使ってないでしょう?」
マミ「それにベベを狙われるんじゃって考えないといけないこっちは不利だと思わない?」
ほむら「…」
マミ「ベベは私の家に待機してもらって正々堂々同じ条件で戦うってことでどうかしら?」
ほむら(時間停止封じられてるのはハンデじゃ…)
マミ「無言は肯定ってことね」
さやか(消火器重い…)
10:
ほむら(そして何故かまたあっさり勝てたわ)
マミ「あ、暁美さんは盾があって防御できるから不公平だもん!」
ほむら(子供っぽくなってる…)
マミ「私は全部避けないといけないしリボンが解けないようにしないといけないし」
ほむら(リボンにひっぱられる私の足はハンデじゃ…)
マミ「そう、そうよ!戦いなんて良くないわ!」
ほむら「え?」
マミ「ピュエラマギホーリークインテットのメンバーで争うなんて悲しいもの!」
マミ「だから勝負の形式を変えましょう!そう、もっと平和で公平な戦いにしましょう」
ほむら「だから私はさっさとあの魔女を…」
マミ「そこにいる消火器をもってる美樹さんが審判ね!」
ほむら「え?」
さやか(あ、ばれてた)
11:
マミさんは平和主義者だなぁ
まさに平和の象徴女神
12:
マミ「さぁ美樹さん、平和的な勝負を言うのよ」
さやか「え?えーと…ゲーセンのダンスゲームとか杏子とよく戦いますけど」
マミ「それよ!」
ほむら「え?私やったことないんだけど…」
マミ「私もやったことないからこれなら対等ね」
マミ「さぁゲームセンターに案内して美樹さん」
さやか「あ、はい」
ほむら(どうしようこの状況…)
さやか(なにこの状況…)
15:
杏子「人が遊んでるのに割り込みかよ…」
さやか「まぁまぁ」
マミ「えっと100円をいれて…」
ほむら「財布今持ってないのだけど…」
マミ「しょうがないわね、貸してあげるわね」
ほむら「え、えぇありがとう…」
マミ「で、これはどう遊ぶの佐倉さん」
杏子「目の前の画面の矢印がここに来た時に床の対応してる場所を踏むだけだよ」
マミ「なるほどね、ルールは理解したわ!勝負よ暁美さん!」
ほむら「え、えぇ」
17:
ほむら(ゲームセンターにいる多くの男性客の揺れる胸で目を釘付けにして自爆するなんて…)
マミ「…」
ほむら「えっと審判」
さやか「え?えーと」
さやか(なぎさを殺されるのはできれば避けたいけど勝敗は明らかに…)
杏子「これはどう考えても」
マミ「まって!これはノーゲームよ!」
ほむら「え?」
マミ「だって暁美さんずっと下を見てたでしょ?私は下をみたくてもみれないのよ!」
マミ「これは対等な戦いじゃないわ!」
ほむら「ならその胸を半分よこしなさいよ!」
杏子(あ、ほむらが怒った)
さやか(どうしようこれ…)
19:
マミ「とにかく次こそ公平な戦いをしましょう暁美さん」
ほむら「…」
マミ「佐倉さん何かいい案はないかしら?」
杏子「いきなりだな…そこのガンシューティングでもしたらどうだい」
杏子「これならそこまで動かないし対等だろ」
ほむら「これって協力プレイじゃ…」
杏子「そこはスコアってことでいいだろ」
さやか「うんそうしよう!ガンシューティングでほむらとマミさんが勝負!」
マミ「異論はないわ、次こそ正々堂々戦いましょう、お金は貸してあげるわね」
ほむら「ありがとう…」
ほむら(なんだかどんどん変な方向に向かわされてるような…)
さやか(次でマミさんが勝てばもうちょっと時間稼ぎもできるかも)
21:
杏子「うまいもんだなー」
さやか「この2人だしねー」
マミ「危ないわ暁美さん!攻撃を撃ち落とさないと!」
ほむら(スコアをとにかく稼いで…)
マミ「暁美さん回復アイテムよ、あなたのほうがダメージを受けてるし取りなさい」
ほむら「え?えぇ」
ほむら(勝つ気あるのかしら…)
26:
ほむら(私の援護をしてスコアを稼ぐのを忘れて自爆するなんて…)
マミ「…」
ほむら「審判」
杏子「スコアでいえばほむらの勝ちだな」
さやか「うん」
マミ「だめよ!これは同じ条件じゃないわ!」
ほむら「まだ言うの?」
マミ「だって大切な後輩がダメージを受けそうになってたら助けちゃうじゃない!卑怯よ!」
ほむら「確かに助けられてたけど元々勝負はスコアを競うものじゃ…」
マミ「じゃあ暁美さんは私の援護をしながらスコアを稼げるの!」
ほむら「確かにここまでのスコアは出せないと思うけど…」
マミ「そうよね!ならこれは同じ条件ではないわ!」
ほむら「…」チラッ
さやか「…」プイッ
杏子「…」プイッ
29:
マミ「ちゃんと暁美さんと戦うものにしましょう」
ほむら「そうね、できれば勝敗がはっきりしそうなものをお願いしたいわね」
さやか「うーん」
杏子「って言われてもなぁ」
さやか「とりあえず外にでも出ますか」
杏子「だな」
31:
デブさんの圧勝やないかい!
32:
さやか「それにしてもお腹が空きましたね」
マミ「それよ!」
杏子「え?」
マミ「暁美さん、多く食べたほうが勝ちよ!」
ほむら「私お金ないんだけど…」
ほむら(それに私は少食なのに対等じゃないんじゃ…)
マミ「大丈夫よ、私が出すわ」
33:
ほむら(多くというのはグラム単位なのかしら……それとも見た目かしら?)
ほむら「かぼちゃパイ1つで」
さやか(これならマミさんが勝つよね…)
さやか「ラズベリータルト1つお願いしいます」
杏子(腹減ってたしラッキー)
杏子「アップルパイ1つ」
マミ「チーズケーキを1つ」
34:
食事はマミさんの得意分野
http://www.amazon.co.jp/dp/4088708555/
35:
マミ「美味しい、一度食べに来ようとおもってたのよねこのお店」
さやか「確かにこれは美味しいですね」
杏子「ちょっと高いけどな」
ほむら(これどうやって戦うつもりなのかしら…)
マミ「暁美さん、私のケーキ一口あげるからあなたのパイを一口もらってもいいかしら?」
ほむら「え?えぇどうぞ」
マミ「はいあーん」
さやか「あ、いいなー私達とも交換しましょうよマミさん」
マミ「えぇ、いいわよ」
ほむら(あれ?)
36:
マミ「どれも美味しかったわね」
さやか「ですねー」
杏子「ところでマミとほむらは戦いあるんじゃないのか」
マミ「あ!」
ほむら「…」
マミ「引き分けね!」
ほむら「…」
マミ「いい勝負だったわ暁美さん!」
ほむら「えぇ…」
39:
マミ「次の戦いは…」
まどか「あれ?皆一緒にいたんだ」
マミ「あら、鹿目さん」
ほむら「まどか」
まどか「ほむらちゃんもマミさんも突然出て行くからびっくりしちゃいましたよ」
まどか「べべが帰ってきたからお留守番を任せてでてきちゃいましたけど」
ほむら「ごめんなさい」
マミ「色々あったのよ」
さやか「そうだまどかはいい勝負方法とかうかばない?」
まどか「勝負の方法?」
杏子「今マミとほむらが戦ってるんだよ」
まどか「え?うーんじゃんけんとか」
40:
マミ「いいわねじゃんけん!」
ほむら(じゃんけん…)
ほむら(今のは後出しだったわと言われるのが目に浮かぶ…)
ほむら「まどかには悪いけど却下よ」
マミ「え?どうしてよ」
ほむら「同時に手を出せているか判定ができないからよ」
マミ「…確かにそうね」
さやか(紙に書いて私達にあずけたらいいんじゃ…まぁいっか、もしも完全に運なだけにマミさんが負けたらなぎさが大変だし)
41:
マミ「思いついたわ!私の家に行きましょう」
ほむら「私はいいけど」
ほむら(何をするつもりかしら。あの魔女もいるからありがたいけど)
さやか「じゃあ私も」
さやか(なぎさを守らないと)
杏子「あたしも暇だしいくか」
まどか「私もついていっていいですか?」
マミ「えぇ、もちろんよ鹿目さん」
44:
まどか「寒いね…」ガタガタ
さやか「え?あーそうだね」
杏子「窓を全開にして寒さを耐える戦いなんて何を思って考えたんだマミは…」
まどか「でも寒いって言わずにマミさんもほむらちゃんもよく耐えれてるよね」ガタガタ
杏子「こっちはマミのベッドで3人ひっついて耐えてるってのにな…」
さやか(そっか私とほむら以外は寒さを消せるって知らないんだった)
さやか(あれ?じゃあほむらは耐えるもなにもないからやばいかも…)
ほむら「…」
マミ「…」ガチガチガチ
ほむら(そろそろギブアップしてくれないかしら…)
45:
マミ「クシュ…」ガチガチ
ほむら「…」
まどか「あ、あの…勝負がつかないしこの勝負はもうやめでいいんじゃないですか?」
杏子「こっちも寒いしな」
さやか「そうですよ!」
マミ「そ、そうね!そうよね!」
ほむら「私は余裕だけど?」
マミ「そ、そうじゃあ続行ね…」
まどか「…」ジィー
さやか「…」ジィー
杏子「…」ジィー
ほむら(皆も寒いからやめろって言いたいのね…)
ほむら「冗談よ、やめましょうこんな勝負」
46:
ほむら「あの…」
マミ「何?」
ほむら「近くない?」
マミ「気のせいよ」
さやか(寒かったんだねマミさん)
杏子(よっぽど寒かったんだな)
まどか(寒かったもんねさっきまで)
ベベ「ムジュモベ」
49:
杏子「しっかしまだ寒いな…」
まどか「お風呂で温まりたいね」
マミ「いいわね!皆で銭湯にでも行きましょう!」
さやか「さっすがマミさん名案ですね」
ほむら「あの…」
マミ「どうしたの暁美さん」
ほむら「戦いは…」
マミ「それよりあなたも体が冷えているでしょう?」
ほむら「まぁそれはそうだけど…」
マミ「じゃあみんなでお風呂に入ってから考えましょう」
ほむら(いけない…ずっとペースを握られてる気がする…)
マミ「ベベはお留守番よ」
ベベ「ム」
53:
マミ「今からお風呂に入りに行くって思うとなんだか寒いのも温まる前の楽しみの一部ね」
さやか「確かにそうですね」
杏子「こんな日はナイトメアとか出なければいいけどな…」
まどか「うぇひひ、そうだね」
さやか「マミさんとほむらは魔法少女服が長袖だし羨ましいって思うことあるよね」
マミ「でも普段タイツだから寒く感じることもあるのよ?」
さやか「となるとほむらが一番いいのかな?」
ほむら「多分そうじゃないかしら」
ほむら(あれ?今時間を止めて魔女を殺しに戻ったらあっさり殺せるんじゃ…)
まどか「うぇひひ、寒いから手をつなごっかほむらちゃん」
ほむら「え?えぇ」
ほむら(あ…つないじゃった…)
56:
さやか「いやーひろいお風呂は最高ですなー」
杏子「のびのびとできるのはいいよなぁ」
まどか「んーあったまるー」
杏子「おら!」ピュー
さやか「ちょ、やめ!やったな杏子!」
マミ「ふたりとも他のお客様に迷惑がかからないようにね?」
ほむら(何やってるんだろう私…)
まどか「あったかいねーほむらちゃん」
ほむら「えぇ、そうね」
57:
マミ「思いついたわ暁美さん!」
ほむら「?」
マミ「あそこにサウナがあるわ、これで勝負よ!」
ほむら(一応戦う意志はまだあったのね…)
ほむら「わかったわ」
まどか「えと、ほむらちゃんもマミさんも無茶はしちゃ嫌だよ?」
マミ「大丈夫よ鹿目さん」
ほむら「えぇ、ちょっとサウナに行ってくるだけだから」
まどか「大丈夫かなぁ…」
さやか「喰らえ杏子!」
杏子「そんなの食らうかよ!」
59:
マミ「…」
ほむら「…」
マミ「そ、そろそろ限界じゃない?」
ほむら「根比べなら負けないって言ったでしょう」
マミ「そう…」
ほむら「暑いなら無理はしないほうがいいわよ」
マミ「わ、私は暁美さんが倒れたりしないかって心配していただけであって」
63:
マミ「暁美さんはそろそろ限界じゃない?」フラ
ほむら(倒れそうじゃない…)
ほむら「そうね、そろそろ限界よ」
マミ「そ、そうよね!」
ほむら「ほら、引き分けってことで一緒に出ましょう?」
マミ「えぇ、それがいいわ!」
ほむら「はぁ…」
64:
さやか「いやーいいお湯だったねー」
杏子「誰かさんのお陰で怒られたけどな」
まどか「二人とも騒ぎすぎだよ…」
マミ「はい、暁美さん」
ほむら「何?」
マミ「サウナに長時間いたんだから水分とらないと」
ほむら「…ありがとう」
65:
杏子「結局お前らは勝負がつかなかったんだな」
さやか「まぁまぁいいじゃん」
マミ「そうだわ!暁美さん今日は私の家に泊まっていかない?」
ほむら「え?」
マミ「勝負の決着を付ける方法が浮かんだわ」
マミ「あと皆も良かったらどうかしら?」
さやか「お泊り会いいですねー」
杏子「さやかが行くなら行くかな」
まどか「家に連絡してOKだったら行きたいです」
ほむら(私は行くなんて行ってないのだけど…)
68:
ほむら(なんだかんだでお泊り会に連れて行かれ)
ほむら(挑まれた勝負は先に寝たほうが負けという勝負)
マミ「すぅ…すぅ…」
ほむら(真っ先に寝てるし…)
まどか「すぅ…すぅ…」
杏子「すぅ…すぅ…」
さやか「すぅ…すぅ…」
ベベ「モベ?」
ほむら(全員寝てるし今ならあの魔女を殺せるわね…)
マミ「うーん、ダメよ暁美さん、ベベと喧嘩したなら仲直りしなさい…」
マミ「みんな仲良くが一番…すぅ…」
ほむら「はぁ、勝負なんてもういいわね…」
ほむら(もっと詳しく調べてからでも遅くはないかな…)
ほむら「寝よ…」
ほむら(誰よりも繊細で誰よりも周りに気を配るこの人はやっぱり苦手だわ…)
69:
おやすみ
75:
マミさんと抱き合ってお布団入ってぬくぬくしたいな
80:
マミさんかわいい
72:

布団でイチャイチャしてもいいのよ?
8

続き・詳細・画像をみる


【秘密保護法】芸人・庄司智春「オレたちの知らない所で大事な事がどんどん変えられているような気がしてずっと不安だった」

時速240キロの高速鉄道の屋根に無賃乗車 氷点下の中、650kmの旅をした結果→

KAT-TUN亀梨和也さんwwwwなにやってんのwwwwww

【動画】猫をいじめていたおばちゃん、猫に殺されそうになる

親父がおふくろに声かけるたびに愛してるって言ってた。

『片手に剣+盾』 と 『両手で大剣』 ってどっちが強いんだろうな?

back 削除依頼&連絡先