バーダック「フリーザ……貴様が俺に協力だと……?」back

バーダック「フリーザ……貴様が俺に協力だと……?」


続き・詳細・画像をみる

1:
ベータ王「パラガスの息子を、直ちにこの世から抹殺しろ!」
ベジータ王「パラガス……何用じゃ」
パラガス「ブロリーは必ず、将来惑星ベジータの、ベジータ王子の役に立つ、優秀な戦士に育つはずです! お助けください!」
ベジータ王「だから困るのじゃ……」
パラガス「ベジータ王!!」
ベジータ王「お前も一緒に、あの世へ行けい!」
バーダック「その辺にしとけよ、王……」
元スレ
SS報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
バーダック「フリーザ……貴様が俺に協力だと……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385555024/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
2:
ベジータ王「!!」
パラガス「バ、バーダック!」
バーダック「せっかく生まれた高戦闘力の子供だ……将来必ずフリーザ様の役に立つ……」
パラガス「下級戦士が戯言を……」
バーダック「下級かどうか……試してみるか?」ゴゴゴゴゴゴゴ
パラガス「!!」
ベジータ王「スカウターで測るまでもない……1万近い戦闘力か」
パラガス「ブロリーとほぼ同等か!」
バーダック「そういうこった……とにかくこいつは生かしておけ」
パラガス「あ、ありがとう……」
バーダック「てめえの礼なんて聞いてる暇なんざねえよ……俺は今すぐ惑星ミートに行かなきゃなんねえんだ」
3:
パラガス「ブロリー……バーダックに助けられたな」
ブロリー「……」
パラガス「ゆっくりおやすみ」
カカロット「アンギャー!アンギャー!」
パラガス「寝付けそうもないか」
バーダック「クズが……やはり下級戦士の子か……ちくしょう……」
4:
惑星ミート
バーダック「なに!? フリーザ様が裏切っただと……!?」
トーマ「そうだ……お前ははやく惑星ベジータに戻り、仲間を集めてフリーザを倒すんだ……サイヤ人の力を……見せてやれ……」ガクッ
バーダック「トーマ!」
バーダック「うおあああああああああああ!!」バキッ ドカッ
フリーザの手下「こ、こいつっ!」
ドドリア「少しはやるみてえじゃねえか……」
バーダック「ド、ドドリア!! なぜだ、なぜ俺たちを……」
ドドリア「お前たちサイヤ人は、もう用済みなんだよ!!」カッ
バーダック「うわああああああああああああああああああ!!」
ドドリア「ちっ、あっけねえ奴らだ」
バーダック「俺を倒したぐらいで図に乗るなよ……俺たちには、ベジータ王やブロリーがいるんだ……」
ドドリア「こいつ、まだ……!!」ピピッ
ザーボン『こちらザーボン、ドドリア、早く戻ってこい』
ドドリア「ちっ、命拾いしたな!」
5:
フリーザの宇宙船
ザーボン「ブロリー、ですか?」
ドドリア「ああ、あのサイヤ人が確かに……調べさせたところ、今日生まれたばかりの、戦闘力1万のガキらしいです」
ザーボン「生まれながらにして戦闘力1万だと!! 何かの間違いじゃないのか」
フリーザ(ベジータといいそのサイヤ人といい……かなりの戦闘力を身に着けているようですね……)
ドドリア「殺し損ねたサイヤ人は、すぐに単独で追尾します」
フリーザ「いいえ問題ないですよ。あんな猿1匹いたところでどうにもなりません。それよりも先に、ベジータ星を破壊しに行きます」
ザーボン「ついに……おやりになるのですね」
フリーザ「美しい花火だと、良いですねえ」
6:
ラディッツ「おい、泣いてばっかいるなよ〜」
カカロット「アンギャー、アンギャー!」
ブロリー「うわあああああああああああん!」
ラディッツ「隣の子供と、どうしてこうも出来が違うのかな」
ラディッツ「せめてこいつみたいに……静かにできないものかな」
ターレス「ZZZ」
研究員「どけラディッツ、いまからカカロットを宇宙船に乗せるんだ」
ラディッツ「ねえ、やっぱりこいつは辺境の星行きなの?」
研究員「当たり前だ、戦闘力がたったの2しかないんじゃな」
ラディッツ「ちぇっ、カカロット、俺でももう少しはあったってのによ……」
7:
ベジータ「はぁーっ」ズォッ
強化栽培マン達「キエエエエエエエエエエエエエエ!!」ドーン
研究員「す、すげえ……あの強化栽培マンを、一発で……」
ベジータ王「もちろん、私の息子だからだ」
研究員「ああ、そうだな……」
ベジータ「お父様!」
ベジータ王「よくやった、息子よ」
ベジータ王(なにがブロリーだ……我が息子が最強に決まっておる……)
8:
フリーザ「まだあのサイヤ人はこちらに来ていないようですね」
ドドリア「フリーザ様、やるなら今ですぜ!」
フリーザ「久しぶりのショーの、始まりですよ……!!」ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
フリーザ「デスボール!!」クイッ
ラディッツ「ねえ、カカロットのこと、考え直してくれない? こんなに嫌がってるし……」
カカロット「アンギャー! アンギャー!」
ブロリー「うわあああああああああああああああん!!」
研究員「お前は早く命令された星に……ん? 何の音だ……?」ズゴゴゴゴゴゴ
ターレス「……」パチ
カカロット「アンギャー! アンギャー!」
ブロリー「うわあああああああああああああああん!!」
ラディッツ「う、うわっ、なんだあれ!? こっちに向かってくる!」
研究員「う、うわー、逃げろー!」
カカロット「アンギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」
ブロリー「うわあああああああああああああああああああああああああああん!」
ターレス「……」ニヤ
9:
フリーザ「ホーッホッホッホ!! これでおしまいですよ!」
ブロリー「うおあああああああああああああああああああああ!!」パアアアァァァ
ブウウン……
ドドリア「なんだ……? あの光は?」
ザーボン「あの光の中心にいるのは……サイヤ人!?」
フリーザ「まさか……ブロリー……」
ブロリー「……」ニヤ
ザーボン「フリーザ様の攻撃が、奴のバリアに無効化された!?」
フリーザ「そ、そんな……たかがサイヤ人が……この俺の攻撃をはじくだと……!?」
ザーボン「フリーザ様……あの……」ガクガク
フリーザ「今日のところは引き上げるぞ!!」
ザーボン「はっ、はい!!」
フリーザ(くそ……すぐにでもまた……! 通信?)ピピッ
10:
サイヤ人「聞いたか……? 昨日の事件」
サイヤ人「ああ、巨大隕石の衝突をパラガスんとこの息子が防いだって話だろ?」
バーダック「今や星中がブロリーの話でもちきりだぜ」
ベジータ王「……」
バーダック「だから言ったろ? 生かしておいてやれってな」
ベジータ王「あんなもの……何かの間違いだ……!! 私にだって……ベジータにだってできたはずじゃ……!!」ブルブル
バーダック「どう思おうが勝手だが、とにかくブロリーのおかげで貴様らは助かったんじゃないのか」
バーダック(そして俺の息子たちもな……)
バーダック「あのガキどもを、ちゃんと鍛えてやらねえとな」
ベジータ王(許せん……我が王家のプライドを傷つけおって……ブロリーめ……)
13:
乙!
結構親バカなベジータ王www
18:
バーダック(なんにせよ、ブロリーがフリーザを倒さなくてよかったぜ)
バーダック(トーマたちの仇は、俺が討つ!)ギリッ
バーダック「グッ!?」フラ
バーダック「フリーザ……貴様が俺に協力だと……?」
フリーザ「勘違いしないでもらいましょうか。私は奴らが気に入らないだけです」
バーダック「な、なんだこの映像は……」
バーダック「そういえばカナッサ星で言っていた……俺は未来を見通す力を手に入れたと」
ターレス「久しぶりだな、ブロリー」
ターレス「クウラ、貴様はここで俺が倒す!」
バーダック「てめえがセルか……とうとうなったな、完全体に」
カカロット「勝負だ、魔人ブウ!」
バーダック「な、なんだってんだ……」
19:
宇宙
バーダック「見つけた! あれは巨大宇宙船だ!」
バーダック「フリーザのと少し形が違う気がするが、細かいことはどうでもいい」
バーダック「出できやがれ! フリーザー!!」
クウラ「騒がしいサイヤ人だな、出来の悪い弟と一緒にさせてもらっては困る」
バーダック「な……き、貴様はフリーザ……なのか……?」
20:
バーダック(いや……こいつはこの間の映像に出てきた……クウラ!!)
バーダック(確かあの映像では、ターレスがクウラと……一体どういうことだ……?)
クウラ「サウザー!」
サウザー「はっ! クウラ様!」
バーダック「しまった!」
サウザー「はぁっ!」ザシュ
バーダック「うわあああああああああああああああああああああ!!」
クウラ「ふん、他愛もない」
バーダック「き、貴様さっき『出来の悪い弟』とか言ったな……ということはてめえは……」
クウラ「そうだ! 俺はフリーザの兄で一族最強、クウラ様だ!」
バーダック「ぐっ、フ、フリーザの兄貴だと……?」
ドーレ「クウラ様、こいつどうなさいますか」
クウラ「この傷なら助からん。それよりもフリーザを探せ」
ドーレ「はっ!!」
バーダック(ち、ちきしょう……意識が……)
カカロット「見ててくれよ父ちゃん。これが俺たちの、サイヤ人の力だ!」シュインシュイン
ベジータ「……」コク
バーダック(金髪……? まったく、おかしな夢だぜ……)
21:
惑星ベジータ
バーダック「!!」ピッ ピッ
ラディッツ「父さん! 気が付いた?」
バーダック「……!!」ゴポゴポ
ラディッツ「まだ出ちゃだめだよ。もうすぐ……ほら」ビー ビーッ
バーダック(傷が……治っている)
ラディッツ「父さんが一人でフリーザ一族のところへ行ったって聞いて、驚いたよ」
バーダック「俺は……助かったのか」
ラディッツ「ナッパから連絡があったんだ。確かあいつは……地球とかいう星を攻め落としに行く途中だったらしいんだけど……」
バーダック「ぐっ、いますぐフリーザとクウラを倒しに行くぞ! ついて来い! ラディッツ!!」
ラディッツ「無茶だよ! 俺たちで倒せるわけないよ!!」
バーダック「そんなんだからてめえはいつまでたっても、下級戦士のままなんだ! この、弱虫ラディッツめが!」
ラディッツ「カカロットはどうなるのさ! あいつはこの間産まれたばかりで……ブロリーの騒動で、星に送り込まれるのが延期になったんだ! あいつから居場所を奪わないでやって……」
バーダック「けっ、下級兄弟同士、仲良くしてろ!」
ラディッツ「父さん……俺、強くなりたいんだ。俺たちを、鍛えてよ」
バーダック「……」
22:
それから7年の時が過ぎた……
カカロット「はぁっ!」ボウッ
ターレス「戦闘力5000……なかなか強くなったな」
カカロット「いやあ、ターレスの8000には届かないよ」
ターレス「ラディッツはっと……」ピピピピピ
カカロット「ははは面白え! 3000しかねえや!」ケタケタ
ラディッツ「黙れ……」
カカロット「ラディッツこんなのできないんじゃねえか? ライオットジャベリン!」ドオッ
ターレス「カカロット、バーダックに教えてもらったのか! キルドライバー!」ズオッ
カカロット「おーすげえターレス! ラディッツとは大違いだな!」
ラディッツ「黙れ……」
ターレス「まあ弱虫ラディッツには無理な芸当だろうな……」
ラディッツ「黙れ! ダブルサンデー!!」バチバチ
カカロット・ターレス「あががががががががが」ビリビリ
ベジータ「……」
23:
ベジータ「親父、下級戦士どもが調子に乗ってるぜ」
ベジータ王「分かっておる……下級なサイヤ人は星に送り込まれ地上げを行うが、そんなもの我らの手にかかれば造作もない」
ベジータ「下級戦士は……」
ベジータ王「必要ない……」ニヤ
24:
ブロリー「すぅ、すぅ……」
パラガス「ブロリー……」ピピピピピ
パラガス(50万……このスカウターで測れる限界に近い……)
パラガス「これ以上力をつければ、ブロリーは……」
パラガス「力を制御する装置が必要なようだな……」
25:
ターレス「なあ、バーダックはどこに行ったんだ」
カカロット「最近うちに帰ってこないんだ……フリーザとクウラをまだ探してるみたい」
ターレス「7年も探しているんだろ? バーダックも意外と無能なのかもな」
カカロット「父さんは無能なんかじゃないよ!」ガバッ
ターレス「分かった分かった。もう寝ようぜ」
ターレス(フリーザ一族が敵であることが分かった以上、俺たちで奇襲をかけてもいいような気がするが……いかんせんこの戦闘力じゃな)
ターレス(だが、近い将来何かが……何かが起こる……)ドーン
カカロット「な、何の音!?」
ラディッツ「あれは……ベジータ王だ!」
カカロット「ベジータ……」
26:
ベジータ王「自分の創り上げてきた星を破壊するのも、気分の悪いことではないな……」ドーン ドーン
ベジータ「カカロット……」バシュッ バシュッ
――
カカロット「仲良くしような!」
ベジータ「下級戦士に興味はない」
カカロット「落ちこぼれでも、努力すりゃエリートを超えることがあるかもよ」
ベジータ「フン」
――
ベジータ「気に入らねえぜ……ギャリック砲!」ドーン
27:
カカロット「ベジータの攻撃だ! うわったったった!!」ドタバタ
ターレス「落ち着け! これぐらい返せる! キルドライバー!」
ターレス(王子と争うなんて……面白いことになったぜ)
ベジータ「返せる、だと?」ニヤ
カカロット「ベジータ!」
ベジータ「はっ!」バキ
ターレス「うわっ」
カカロット「ベジータやめろ! どうして……」
ターレス「気に入らねえんだよ……!! ギャリック砲!」ズオッ
ラディッツ「この至近距離で!?」
ベジータ「返せるものなら返してみろ! うははははははー!」
ターレス「だめだ……勝てない」
バチッ!
28:
カカロット「!?……と、父さん!」
バーダック「……」
ベジータ「バーダック……」
バーダック「ちっ、下級戦士どもが……あれだけ鍛えてやったのに、まだこの程度の戦闘力か!」
カカロット「だって、たまにしか帰ってきてくれないから……」
バーダック「甘ったれてんじゃねえ! ……お前らじゃかなわねえ。お前らは逃げてろ!」
ターレス(ほお、優しいじゃねえか)
ベジータ王「はっはっはっは、かえってきおったかバーダック」
バーダック「貴様……いくら俺たちが気に入らねえからって、ここまでするこたあねえだろ」
ベジータ王「私の星を、私がどうしようと勝手だ!」
ラディッツ「くそ……」
バーダック「こいつを片付けたら、お前も倒してやるからな……覚悟しておけ」
ベジータ王「はっはっは! この星をつぶすのに、俺たち二人だけだと思ったか!」
カカロット「あ、あれは……」
バーダック「クウラの……宇宙船……!?」
31:
うおおおおおおおおおもしれええええええええ
38:
バーダック(なぜクウラがこの星に……ベジータ王と結託したのか)
バーダック(ベジータを放っておいてクウラのところに行くか……? だがそうすればこいつらが……)
バーダック(……今はベジータに集中すべきだな)
バーダック「場所を変えるぜ……」
ベジータ「好きにしろ同じことだ」
ターレス「逃げるぞ、お前ら!」バシュッ
カカロット「うん!」バシュッ
ラディッツ「あ! ま、待て!」バシュッ
39:
バーダック「……」スタッ
ベジータ「……」スタッ
バーダック「王子様と戦うのは初めてだな」グッグッ
ベジータ「ここを貴様の死に場所に選んだわけか」
バーダック「なあ、ベジータ。貴様がこの星を破壊するのは、王に命令されたからなんだろ? 本当はガキどもと……うまくやりてえんじゃねえのか」
ベジータ「……黙れ!」
バーダック「特にカカロットは……お前と仲良くなりたいみたいだぞ」
ベジータ「気に入らん!」
バーダック(俺が見たヴィジョン……あれが本当に未来のサイヤ人の運命なら……俺もベジータも死なないはず……だが)ピピピピピ
バーダック(戦闘力2万4000……!! ここで殺されるかもな)
ベジータ「ほう……」ピピピピピ
ベジータ「1万5000か……少しは楽しめそうだな」
バーダック「はあーっ!」ギュン
40:
ベジータ「はっ!」バキ
バーダック「うっ!」
ベジータ「はあああああああ!」ズドドドドドド
バーダック「ち、ちくしょう……」ヨロ
ベジータ「終わりだー!」ブン
バーダック「くっ!」バシュッ
ベジータ「上に逃げても無駄だぞ! ずあっ!」ブワッ
バーダック「!!」ドカーン
ベジータ「ふん……跡形もなく消え去ったか……きたねえ花火だ」
バーダック「後ろだ!」シュンッ
ベジータ「!!」
バーダック「ファイナルリベンジャー!」ドドドドドドドド
ベジータ「ぐっ、かはっ、ぐおおおおおおおおおおおおおお!」
41:
バーダック「ちくしょう……全然へこたれやしねえ」
ベジータ「このやろう……ここまでやりやがるのか……」
バーダック「ここまでできて金髪の保険もあるんだ、未来を任せてもよさそうだな」
ベジータ「金髪……? 未来……? 何を訳の分からねえことを! これならどうだ!」ブババババババ
バーダック「エネルギー弾連射か! い!」
ベジータ「うははははー!」バババババババ
バーダック「くっ、くっ……」シュッ シュッ
ベジータ「どこまで逃げ切れるかな!?」バババババババ
バーダック「こいつのパワーは無尽蔵か!」
ベジータ「追い詰めたぞ! 終わりだー!」ブン……
バーダック「よく聞け王子。お前らに、サイヤ人の……いや、宇宙の運命はかかっている……」
ベジータ「知るかー!」ズオッ
バーダック「なら……これで……最後だー!」ズギューン
――
カカロット「父ちゃん……! 父ちゃん……!! ち、ちくしょう!」ボロボロ
ベジータ「よくもバーダックを……」ギリ
――
バーダック(たとえ俺が死んでも……大丈夫なようにな)
42:
ベジータ「こ、こいつ戦闘力が上がってやがる……!」ピピピピピ
ベジータ「2万……2万5000……さ、3万……!? うわあああああああああああああ!!」ド-ン
ブロリー「……」パチ
ブロリー「うおあああああああああああ!」バチバチ
パラガス「ブロリー! どこへ……」
バーダック「ふう……だいぶ傷ついちまったぜ」
バーダック「あとはこいつをメディカルマシーンに……」ガッ
バーダック(……! カカロットたちのところに、計測できない巨大なパワーが……! クウラだ!)
43:
ターレス「もうすこしだ、頑張れ!」
カカロット「うん!」
ラディッツ「おまえら……年上を労われ……」ゼエゼエ
クウラ「よう、猿ども」バッ
カカロット「……!!」
ラディッツ「ク、クウラ……」
ターレス「こ、こいつが……クウラ!」
クウラ「死ね」ブウン
カカロット「!!」
ブロリー「うおあああああああああああああああああああ!!」
クウラ「な、なんだ!?」
カカロット「ブロリー!」
ブロリー「……」スタッ
クウラ「この俺とやろうってのか? 身の程知らずが」
45:
ブロリー「うおあああああああああああああああああああああああああ!!」バチバチ
クウラ「……!?」
ブロリー「んん……んんんぬ……カカロットオオオオオオオオオオオオオ!」シュインシュイン
カカロット「!!」
ラディッツ「うわっ」ブオッ
ターレス「ラディッツ! あいつ吹っ飛ばされやがった!」
クウラ「ど、どういうことだ……サイヤ人は大猿にしか変わらんはず……や、奴の姿は……」
ブロリー「俺はぁ……伝説の超サイヤ人だ……!!」
ターレス「伝説の……超サイヤ人……?」
カカロット「今のうちに逃げよう!」
ターレス「すまんな……足が震えて動けない」ブルブル
カカロット「お、俺も……」ガクガク
ラディッツ「おーい! カカロットー! ターレスー!」
ラディッツ「はぐれちまったか……ここはどのあたりなんだ」
ドーレ「こいつ、サイヤ人のガキだぜ!」
ラディッツ「!!」
ネイズ「本当だ! やっちまおうぜ!」
サウザー「1対3とはさすがに良心が痛むが……いいだろう」
46:
ブロリー「カカロットオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!」
カカロット「ひ、ひいっ」
クウラ「貴様の相手はこの俺だ!」バッ
カカロット「クウラ……!?」
クウラ(これはいい戦闘実験になる……うまくいけば支配下におけるだろう)
ブロリー「貴様だけは簡単には死なさんぞ……」
クウラ「はっ、はっ! てやあ!」ガッ ガッ ガッ
ブロリー「……」
ターレス「すべてガードした!?」
クウラ「……!!」
47:
ブロリー「ぐおああああああああああああああ!」バキッ
クウラ「ぐうっ」ヒューン
ブロリー「でやぁ!」ヒュッ
カカロット「は、い!」
ブロリー「うおあっ」ガッ
クウラ「は、離せ!」
ブロリー「プラネット・ゲイザー!」ヒューン
ターレス「クウラを抱えたまま、自分も地面に突っ込む気か!」
クウラ「う、うわあああああああああああああああああああああ!」ドーン
ブロリー「面白くない……があああああああああああああああああ!!」ブババババババ
カカロット「エネルギー弾をこの星全体に……」
ターレス「狙いが正確でなくてよかったぜ……まともに狙ってたら俺たちは死んでる」
カカロット(ブロリー……化けもんだ……)
48:
バーダック「カカロットたちのところに向かおう……ベジータは後回しだ」
バーダック(な、なんだ……? クウラのそばに大きな戦闘力が一つ……今までの規模とはケタ違いだ……)
バーダック(何がどうなってやがる……? 待ってろ、カカロット!)バシュッ
ベジータ王「ベジータ……これほどまでにダメージを……メディカルマシーンに連れて行ってやるからな……」ヒューン
49:
クウラ「ぐっ、くく……」ヨロ
ブロリー「まだ生きていたのか!」
クウラ「クウラ様を舐めるなよ! 超サイヤ人など、取るに足らん存在なのだ!」
ブロリー「そう来なくちゃ面白くない……」ニヤ
ブロリー「でやっ!」ブン
クウラ「ふんっ」ガッ
ターレス「今度はブロリーがガードされた!?」
カカロット「クウラのやつ……今までは様子見だったってことかよ……」
クウラ「貴様の攻撃は単調なのだ……動きを読み切ってしまえば、なんということはない」
50:
ブロリー「なんだと……?」
クウラ「そらっ!」ピッ
ズウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウン……
ブロリー「……!?」
ターレス「こ、この星を……切りやがった……」
クウラ「その気になればこの星を破壊することも可能だということだ」
ターレス「ば、バカな……」
クウラ「ベジータなど優秀なサイヤ人だけを残しておこうと思ったが……やめだ」
クウラ「サイヤ人は皆殺しだ!」ブゥン
カカロット「!!」
クウラ「死ね!」クイッ
ブロリー「ぐおああああああああああああああああああああああああ!!」
カカロット「う、うわあああああああああああああああああああああ!!」
ターレス「ちくしょお……ちくしょおおおおおおおおおおおおおおお!!」
51:
ターレス「う…く…」
カカロット「ぐ……あ……」
クウラ「ほう! まだ生きていたか」
バーダック「生きてるか! お前ら!」スタッ
クウラ「超サイヤ人のいなくなった貴様らに助かる道はない」
クウラ「消えろ!」
52:
ベジータ王「1時間もすれば全回復するはずだ」ウイーン
ベジータ王「バーダックめ……許さんぞ……」
ドーレ「待ちやがれ! このガキィ!」
サウザー「逃げても無駄だ……じきに追いつく」
ネイズ「3人で囲んじまおうぜ!」
ラディッツ(あいつらの言うとおりだ……時間稼ぎにしかならない)
ラディッツ(大きなパワーは消えた……クウラか?)
ラディッツ(親父……カカロット……ターレス……みんなが傷だらけで戦っているのに)
ラディッツ(俺だけ逃げるのか!? ……俺は……俺は弱虫なんかじゃない!!)キッ
ネイズ「止まった! 諦めたかー!」
ラディッツ「……来いよ」
53:
クウラ「あっけなかったな!」ピッ
バーダック「やめろー!! クウラー!!」
バーダック(体が動かねえ……!)
ターレス「お、終わった……」
バチッ!!
クウラ「……!?」
ターレス「お、お前は……」
バーダック「フ、フリーザ……!!」
55:
乙!
まさかのクウラ対ブロリーという劇場版を代表するキャラが戦う日が見れるとは
61:
フリーザ「……」スタッ
クウラ「第二形態か……フリーザ……何の用だ」
フリーザ「俺の管轄でうろうろしているらしいからな……ずっと探していたのさ……お前もだろう?」
クウラ「サイヤ人は働き者だからな……奴隷としてほしくて偵察に来ていただけさ」
フリーザ「……サイヤ人は俺の奴隷だ」
バーダック「……」ギリ
62:
フリーザ「この星の利権を奪おうとするなら……俺が相手だ」
ターレス「兄弟同士の争いってことなのか……?」
クウラ「フリーザ……貴様が俺に勝てたことなど一度もなかったな」
フリーザ「今度はどうかわからんぞ……ずあっ!」
クウラ「はぁっ!」
フリーザ「ずああああああああああああああああああああ!!」ドドドドドドド
クウラ「があああああああああああああああああああああ!!」バババババババババ
ターレス「すごい肉弾戦だ……」
クウラ「おらっ」バキッ
フリーザ「ぐぅ……」ヨロ
クウラ「その程度では話にならん、猿どもの駆除の邪魔だ」
フリーザ「ならば、その上の段階を見せてやろう!」ズゴゴゴゴ
クウラ「……!!」
フリーザ「がああああああああああああああああああ!!」ズゴゴゴゴ
63:
クウラ「変身したところで相手にならん。猿どもの駆除が先だ」
バーダック「ぐおお!」バシュッ!
カカロット「と、父さん!」
クウラ「自ら死を選ぶか!!」
バーダック(黙ってみててもしょうがねえ! 7年も探してたんだ……ここで俺が……終わらせる!)
クウラ「ふんっ」キュイーン ボボボボボ
バーダック「ぐっ、ぐああああああああああああああああ!」ズザザザザ
クウラ「終わりだ!」ボウッ
バーダック(く、くそ……)
フリーザ「こっちですよ」グイ
バーダック「……!!」
64:
クウラ「フリーザめ……余計なことを」
バーダック「フリーザ……なぜ俺を助ける……?」
フリーザ「あなたには今死んでもらっては困るのですよ。一時的に利用するためです」
バーダック「フリーザ……貴様が俺に協力だと……?」
フリーザ「勘違いしないでもらいましょうか。私は奴らが気に入らないだけです」
バーダック「奴ら?」
フリーザ「クウラとその部下、機甲戦隊ですよ」
バーダック「まさか……あのサウザーとかいうやつらか!」
フリーザ「私は単独でやってきましたが、奴らもここにきているでしょう」
バーダック(く……ラディッツの周りに3つのパワーが……そういうことか!)
65:
クウラ「フリーザ……それが第三形態か……今まで俺が与えたダメージが回復している……」
フリーザ「第二回戦と行きましょうか……」
クウラ「がああ!」バッ
フリーザ「ひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃあ!!」ズドドドドドド
クウラ「バカめ! 当たらんわ!」ヒュッ
バーダック「逃がすか!」ガシッ
クウラ「こ……こいつ……は、離せ!」
バーダック「今だ! フリーザー!!」
フリーザ「デスビーム!」ビッ
クウラ「ぐおああああああああ!!」
バーダック「でりゃあああああああああああああああ!」バキッ
クウラ「ぐふっ」ヒューン
ターレス(バーダックとフリーザが協力するとはな……)
クウラ「ぐっ、くっ……き、きさまぁ……」
フリーザ「一気に決めますよ……があああああああああああああああああああ!!」ズゴゴゴゴゴゴゴ
バーダック「これが……フリーザの最終形態……!!」
66:
カカロット「これがフリーザの本当の姿か……思ってたよりガキっぽいな……」
ターレス「お前が言うな」
クウラ「そこまでして……俺に歯向かうつもりか……ならば、第五形態を見せてやろう」
バーダック「第五……形態……?」
フリーザ「驚くことはないよ。今まであいつは第4形態で戦っていたってだけさ」
クウラ「貴様の比ではないことを教えてやる……」ズゴゴゴゴゴゴ
クウラ「……」ズアッ
カカロット「か、かっけー!!」
ターレス「バカか! 潜在パワーを探ってみろ!!」
バーダック(こりゃあ……死んだな)
フリーザ「はああああああああああああああああああああああああ!!」
バーダック「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」
クウラ「……」
カカロット「き、効いてない……!!」
バーダック「行くぞ! フリーザ!!」シュッ
フリーザ「これで……決めるよ!!」シュッ
クウラ「……」
フリーザ「デスソーサー!」ズアッ
バーダック「ライオットジャベリン!」ゴオオ
ターレス「挟み撃ちだ! これなら……」
67:
クウラ「……」ドーン
カカロット「直撃……!! やったあ!!」
クウラ「今……何かしたか?」
バーダック「!! む、無傷……!!」
フリーザ「こ……これほどまでとは……」
バーダック「フリーザ……なぜドドリアたちを連れてこなかったんだ」
フリーザ「一族の争いに部下を巻き込むような汚いやり方は嫌いなんだよ……お前みたいなね」
クウラ「フリーザ……お前もまだまだ甘い。力こそがすべてなのだ!」
バーダック「けじめってことか……お前、結構部下思いなんだな」
フリーザ「君たちをもう少しこき使ってやるのも悪くないと思ったよ」
バーダック「けっ……そいつはごめんだぜ……はは、はははははははは!!」
フリーザ「くくくくくくく……」
クウラ「笑ってやがる……気でも狂ったか」
バーダック「お前とは……違う出会い方をしたかったぜ」
フリーザ「……」
バーダック(フリーザ……死ぬ気だ!!)
フリーザ「今見せてやろう!! 100%の力を!!」ズゴゴゴゴゴゴ
68:
クウラ「とんだ茶番だ……」
フリーザ「こいつが……100%!」
カカロット「だめだ……これが本当に100%だとしたら……」
バーダック「勝てねえ……!!」
クウラ「圧倒的な力というものを……見せてやろう……」ズゴゴゴゴゴゴ
フリーザ「があああああああああああああああああああああ!!」バシュッ
ターレス「自らクウラに突進していくとは……!!」
カカロット「フリーザ……」
クウラ「消え去れ!! 愚かな弟よ!! スーパーノヴァ!!」クイッ
バーダック「フリーザ……フリーザああああああああああ!!」
フリーザ「こんなもの……こんなものお……」グググググ
フリーザ「バ、バーダック……」
バーダック「!!」
フリーザ「あとは君の好きなようにするといい……クウラに勝てたら、だけどね」
バーダック「フ、フリーザ……」
フリーザ「うっ、うわあああああああああああああああああ!!」
ターレス「!!」
カカロット「あ……あ……」ガクガク
バーダック「フリーザが……死んだ……」
69:
クウラ「はははははは!! これで俺の自由だ! 死ねぇ!」
バーダック「クウラ……クウラァー!!」ボウッ
クウラ「な……俺の攻撃をはじいただと!?」
バーダック「うっ」ドサ
ターレス「バーダック!!」
カカロット「気を失っている……」
クウラ「イタチの最後っ屁ってやつか……無様だな」
カカロット「ち、ちくしょう!!」
クウラ「消えてもらおう!」ピッ
カカロット「……!!」ザク
ターレス「か、カカロット、カカロットー!!」
カカロット「……」ガク
ターレス「おい……冗談はよせよ……俺たちはずっと一緒だったじゃないか……こんな危ないところに、俺だけ残して死んでいくなんて許さんぞ……」
カカロット「……」
ターレス「許さん……許さんぞ……クウラァー!!」ズオオオオオオオ
70:
ターレス(ブロリー……バーダック……カカロット……仇は俺が……)
ターレス(そうだ……ガキどもの中じゃあ、俺が一番強かったじゃねえか……)
ターレス「勝たなきゃならねえ!!」ボウ
クウラ(なんだ……? 一気に戦闘力が減った……)
ターレス「はじけて……まざれ!!」カッ
クウラ「フン……擬似的な月か」
ターレス「グオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」
71:
ラディッツ「うっ、うぅ……」バキッ
サウザー「つまらんな……もう少しやるかと期待したが……」
ネイズ「ほかのサイヤ人たちはほとんど死んだぜ! 早くそいつを殺してクウラ様の元に戻ろうぜ」
サウザー「そうだな」
ラディッツ(く……くそ……結局一人じゃ何もできねえってのかよ……)
ラディッツ「ちくしょう!」ガバッ
ラディッツ「……!!」ドクンドクン
ドーレ「な……なんだ?」
ネイズ「見ろ、あの光を!」
ドーレ「あれは……満月……!?」
ラディッツ「グオアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」
72:
サウザー「案ずるな、尾を切ればいいだけだ……がはっ」ドサ
ドーレ「サウザー!?」
ベジータ「この星を……貴様らの好きにはさせん……」
ネイズ「ベジータ! なーに言ってんだ! お前の親父が、クウラ様にこの星の破壊を依頼したんだぞ!」
ベジータ「もう親父の言いなりにもならない……」ドクンドクン
ラディッツ「ベジータ……!!」
ベジータ「行くぞ! ラディッツ!!」
73:
ターレス「くそ……勝てねえ」
クウラ「10倍の戦闘力とやらもその程度か……」
バーダック「ぐっ……」フラ
ターレス「バーダック……遅いぞ、このノロマが……」
バーダック「た、ターレス……カカロットはどうした」
ターレス「殺されたよ……あっさりとな」
バーダック「な、なに……!?」
クウラ「大事な息子が殺されて悔しいか? ええ?」
バーダック「よくも未来を……俺たちの未来を潰してくれたなあ!!」ズゴゴゴゴゴゴ
ターレス「ば、バーダック……?」
75:
バーダック「情けねえ……本当に……」ゴロゴロ
バーダック「俺にもっと力があれば……!!」ピシャーン
バーダック「あの時も……」ドン
――
バーダック「なに!? フリーザ様が裏切っただと……!?」
トーマ「そうだ……お前ははやく惑星ベジータに戻り、仲間を集めてフリーザを倒すんだ……サイヤ人の力を……見せてやれ……」ガクッ
バーダック「トーマ!」
――
バーダック「あの時も……」ドン
――
バーダック「しまった!」
サウザー「はぁっ!」ザシュ
バーダック「うわあああああああああああああああああああああ!!」
――
バーダック「……」ゴロゴロ
――
フリーザ「あとは君の好きなようにするといい……クウラに勝てたら、だけどね」
バーダック「フ、フリーザ……」
フリーザ「うっ、うわあああああああああああああああああ!!」
――
クウラ「どうした? かかって来いよ!」
76:
バーダック「んん……うおおおおおおおおおおおおおおおお……」バチバチ
ターレス「ば、バーダック……」
バーダック「ん……うく……貴様を、倒す!!」ピシャーン
クウラ「この俺を倒すだと? 自分が何を言っているのかわかっているのか?」
バーダック「はあああああああああああああああああああああああああああ!!」シュインシュイン
ターレス「こ……これは……伝説の超サイヤ人……!!」
クウラ「な、なに!?」
バーダック「……」シュインシュイン
79:
ベジータ王「クウラ様! まだ手こずっておられるのですか!」スタッ
バーダック「ベジータ王……貴様らのせいでカカロットは……」
ベジータ王「バーダック……なんだ、その姿は……?」
バーダック「ベジータ王―!!」ズオッ
ベジータ王「う、うわああああああああああああああああああああああ!!」
クウラ「王を……殺すとは、貴様……」
バーダック「俺は怒ったぞーっ!! クウラー!!」
80:
クウラ「!!」
バーダック「でりゃああああああ!!」バキッ
クウラ「おぐっ!」
バーダック「オラオラオラオラオラオラァ!!」ズドドドドドド
クウラ「ぐわああああああああああああああああああああ!!」ヒューン
バーダック「……」シュッ
クウラ「ぐっ……このお……!! い、いない!?」キッ
バーダック「ずああ!!」ドカッ
クウラ「うわあああああああああああああああああああ!!」
ターレス(動きが……見えない……)
81:
バーダック「どうした……そんな程度か?」
クウラ「ば、ばかな……あの超サイヤ人と全く違う……!!」
バーダック「あの超サイヤ人……? そうか、ブロリーもこの姿に……」
クウラ「あいつはあっさりと……殺せたんだ!! なのに!!」
バーダック「この金髪は、超サイヤ人っていうのか……超サイヤ人は、そう簡単には死なない……ブロリーも死んではいない」
ターレス「なんだって?」
バーダック「聞いたことがあるぜ……超サイヤ人は1000年に一度現れる伝説の戦士……簡単に死んじゃあ名前負けだ」
クウラ「1000年に1度だと……!! じゃあなぜお前らは……」
バーダック「どちらかが本物で、どちらかが偽物なんだろう……よっ!」ヒュッ
クウラ「!!」
バーダック「俺としては……どうでもいいけどな、お前を殺すことさえできれば」バキッ
クウラ「ぐっ、……き、きさまぁ……!!」ヨロ
82:
クウラ「こ……この俺が……た、たかがサイヤ人なんかに……サイヤ人なんかにぃ〜!!」ワナワナ
ターレス(ブロリーとは違って、複雑な攻撃だ……これが大人の経験の差なのか?)
バーダック「もうおしまいか? 力こそすべて、なんだろ?」
クウラ「だまれぇー!! デスチェイサー!!」シャッ
ターレス「バーダック! よけろー!!」
バーダック「……」
クウラ「舐めやがって……はっ、ずあっ、てぇいやぁー!!」ズドドドドドド
バーダック「うわーっ!」ヒューン
クウラ「だめ押しだぁー!!」ドカッ
ターレス「!!」
クウラ「あっはっはっは!! 踏みつぶされてぐちゃぐちゃだぞー!! うはは……は!!」
バーダック「効かねえなあ……」ニヤ
83:
クウラ「あ、ありえん……この俺が……」スーッ
バーダック「はあああああああああ……」ブゥン
クウラ「この俺が宇宙一なんだ……」ゴゴゴゴゴゴゴ
バーダック「いつまでも寝言ほざいてんじゃねえ!」
クウラ「死ねー! スーパーノヴァ!!」クイッ
バーダック「死ぬのは……てめえだぁー!!」ズアッ
クウラ「ぬ、ぬあああああああああああああああああああああ!!」
バーダック「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお……」ズズズ
クウラ「甘かったのは……弟だけではなかった……」
バーダック「くたばれー!!」ズオオオオオオオオ
クウラ「う、うわあああああああああああああああああああああ!!」
ターレス「か、勝った……バーダックがクウラに勝った……!!」
ターレス「やった!! 勝ったおおおおおおおおおおおおおおお!!」カチッ
84:
ターレス『勝った!! やりやがったんだ!!』
ラディッツ「こちらも倒した、今そっちに向かう」
ベジータ(親父が死に、バーダックが超サイヤ人にだと?)
ラディッツ「……ベジータ」
ベジータ「……な、なんだ!!」ビクッ
ラディッツ「来てくれてありがとう、お前がいなければ死んでいた」
ベジータ「フン、俺は奴らが嫌いだっただけだ」
ラディッツ「……だが、カカロットは……」
ベジータ「……とにかく、合流するぞ」
85:
バーダック「ドラゴンボール?」
ベジータ「ナメック星人には、不思議な力があると聞いた……それを使えば死人を生き返らせることも可能かもしれん」
ラディッツ「そうか、それでカカロットを……」
ターレス「ベジータ……貴様なぜ俺たちに協力するようなまねをする……」
ベジータ「勘違いするな、今回の騒動で、生き残ったサイヤ人は……」ピピピピピ
ベジータ「俺たちと、パラガスしかいないのだ。ナッパは地球とかいう星で生きてるだろうがな。同胞は多いほうがよかろう」
ターレス「チッ、ほとんど自分が殺しておいて、よく言うぜ」
ラディッツ「やめろターレス! 親父、ブロリーは?」
バーダック「探しているが、まだ見つからねえ」
ターレス「死んじまったんじゃないか?」
バーダック「いや……あいつは簡単に死ぬようなタマじゃねえさ……」
86:
ラディッツ「親父、指示を」
バーダック「よし、全員宇宙船に乗りこめ! 目標、ナメック星だ!」
ベジータ「……」
バーダック「ベジータ……王を殺したのは俺だ……憎いか?」
ベジータ「フン、親のことなどどうでもいい……俺はただ、戦いを楽しみたいだけだ」
バーダック「……俺もだ」ニヤ
96:
ナメック星
バーダック「着陸態勢に入るぞ!」ゴゴゴゴゴゴ
ターレス「ドラゴンボールか……」ゴゴゴゴゴゴゴ
ベジータ「ナメック星人……」ドーン
ラディッツ「水と空気はあるようだな、出るぞ……」ウイーン
バーダック「ここがナメック星か……戦闘力は……」ピピピピピ
ベジータ「けっ、たったの1000程度の奴らばかりだ」
ターレス(なのになんだこの違和感は……俺が恐怖する相手がここにいるような感じだ)
バーダック「ベジータ、ドラゴンボールはどんな形なんだ」
ベジータ「そこまでは知らん」
バーダック「しらみつぶしに探すしかないか……行くぞおめえら!」
97:
ネイル「……」ピク
最長老「どうかしたか、ネイル」
ネイル「この星に侵入者が……4人、サイヤ人です」
最長老「サイヤ人というと……戦闘民族の」
ネイル「危険です! 今すぐお逃げください!」
最長老「ふむ……」
最長老「サイヤ人にしては、気性が荒くない人たちばかりだ、少し様子を見よう」
ネイル「しかし最長老様、あなたが以前おっしゃっていた脅威とは、このことでは?」
最長老「少し予感がしているだけですよ……これではない、もっと先の未来にある、もっと恐ろしい脅威です」
ネイル「……」
最長老「サイヤ人の皆さんが、脅威の排除に役立ってくれるかもしれません」
ネイル「それを試すために、おびき出しましょう」ドーン
98:
ベジータ「な、なんだ今の爆発音は!」
ターレス(今一瞬記録した戦闘力……確かに4万を超えていた……故障か?)
ターレス「おいベジータ、本当にナメック星人はおとなしい連中なのか?」
ベジータ「俺が信用できないのか?」
ターレス「俺はお前と仲良しごっこをする気はねえぜ」
ラディッツ「やめろって言ってるだろ! とにかく行ってみよう!」
バーダック(この星……未来のヴィジョンで視たところだ……確かここでクウラとターレスが……)
バーダック(と、いうことは、クウラはまだ死んじゃいねえのか!!)
99:
ネイル「来ました」
最長老「1人が突出した力を持っている……それ以外の人は潜在能力を開放しきっていない」
ネイル「協力するおつもりですか、最長老様!」
最長老「ええ。あなたはその間に試験をしなさい」
ネイル「ええ……しかしその前に」
最長老「願いの内容を聞かねば」
100:
バーダック「……」スタッ
ベジータ「この辺りで爆発があったはずだが?」
ネイル「あれは俺が起こしたものだ。貴様らをおびき寄せるためにな」
ターレス(こいつだ! こいつが俺が感じた恐怖……冷静さの中に燃えるような戦闘力を秘めている……)
ベジータ「なに、貴様が……サイヤ人の王子ベジータ様にケンカを売っているようだな」
ターレス「やめろベジータ! そいつは戦闘力を抑えているだけだ!」
ベジータ「なに!?」
ネイル「ほう……」
101:
ネイル(この少年……よく周りを観察している。パワーも高そうだ)
ネイル(こちらの王子と名乗った男は孤独だ……力はあるがなれ合うことを嫌う……危険因子はこいつか)
ラディッツ「ベジータ、ターレスの言う通りかもしれんぞ」
ベジータ「弱虫ラディッツは黙ってろ!!」
ネイル(こちらの背の高い少年は外見に反してパワーが最も低く、最も穏やかだ)
ネイル(そして……)
ネイル(物静かに一点のみを見つめている男……こいつがリーダーだ、最も強い)
102:
バーダック「あんたがここのボスか」
最長老「ボスというより……親と言ったほうが正しいですかね」
バーダック「親?」
最長老「ナメック星人は最長老が口からタマゴを産むことで産まれるのです」
バーダック「なるほどな……」
ネイル「俺はこの星で唯一の戦士型だ」
ターレス「戦士型だと……? 戦闘民族サイヤ人を超えるほどの戦士型だというのか!」
最長老「あなた方がここに来た理由は分かっています」
ネイル「ドラゴンボールがほしいのだろう?」
バーダック「ああ、そうだ」
最長老「ドラゴンボールは現在、各村の最高位の者に預けており、有事の際に話し合いで授けることになっています」
ラディッツ「各村? ドラゴンボールは1つじゃないのか!」
最長老「ドラゴンボールは全部で7つ。玉の中に1〜7個の星が入っています」
ターレス「7つもあるのか」
最長老「最長老の権限により、すぐにすべてのドラゴンボールを集めて願いをかなえさせてあげることも可能です」
ラディッツ「本当か! ならばすぐにでも……」
103:
ネイル「願いの内容による」
最長老「ドラゴンボールは『勇者』と認められた者たちの身に与えられることとなっています。あなた方が本当に勇者にふさわしいかどうか……まずは願いを聞かせてください」
ラディッツ「俺の弟……カカロットというサイヤ人を生き返らせてほしい……決して乱暴なヤツじゃない……あいつは、クウラという悪人に殺されたんだ」
最長老「クウラ……?」
ラディッツ「クウラはフリーザ一族の、あ、フリーザ一族っていうのは俺たちの……」
最長老「ああ、みなまでしゃべらなくていい。頭を貸してください」
ラディッツ「頭?」
ネイル「最長老様は他人の頭の中を覗くことができる」
バーダック「なら俺の頭を使え。クウラについては俺のほうが詳しい」
104:
最長老「では……失礼しますよ」ピト
バーダック「……」
最長老「こ……これは……」
ネイル「どうされましたか! 最長老様!」
最長老「こ、これは……未来に現れる脅威……そ、そんな……」
ネイル「な、なに……!?」
バーダック「俺もそんな気がしていた」
最長老「……いいでしょう、願いをかなえてあげましょう」
ラディッツ「ほ、本当か!」
ネイル「最長老様! そんなに簡単にご決断なさってよろしいのですか!」
最長老「かまわん……お前の試験に合格さえすれば」
ネイル「分かりました……全員ですか?」
最長老「いいや、色黒の少年だけでいい。私の予感では、彼がクウラと……」
ネイル「……わかりました」
105:
ネイル「お前、名は」
ターレス「俺の名はターレスだ」
ネイル「ターレス、これから1対1の戦闘試験を行う」
ベジータ「な、なぜターレスなのだ! 俺であれば必ず勝てるというのに……!」
ネイル「私が合格と判断した場合には、サイヤ人を生き返らせてやろう」
ラディッツ「……と、いうことは、カカロットの復活はターレス次第ってことか」
バーダック「ターレス、勝て」
ターレス「……全力は尽くすぜ」
バーダック「ターレス、超サイヤ人だけが力のすべてじゃない……そいつをよく覚えておけ」
ターレス「分かった」
ネイル「場所を変える、ついて来い」バシュッ
ターレス「……」バシュッ
106:
最長老「ネイルたちを待つ間、私があなた方の潜在能力を引き出してあげましょう」
バーダック「潜在能力?」
最長老「少しきっかけを与えれば、あなたたちのまだ見ぬ力が解放されるのです」
ラディッツ「それはいいや……俺も少しは強くなれるかも……」
最長老「まずバーダックさん、どうぞ」
バーダック「お前らは離れてろ」
最長老「実のところ、あなたは超サイヤ人だ……もう引き出せる力はない」
バーダック「だろうな」
最長老「少しお話が……あなたは、死んでしまった次男を目にかけていたようですね」
バーダック「戦闘力の伸びしろが最も大きかったのはあいつだからな」
最長老「長男のラディッツさんのことも、見てあげてください」
バーダック「あいつはそこまで強くなれるとは思えんが」
最長老「彼はこの星を救ってくれる……そんな気がするのです」
バーダック「……」
107:
ラディッツ「へへ……」ソワソワ
最長老「あなたはサイヤ人らしくない……」
ラディッツ「え!?」
最長老「もちろんいい意味でですよ。殺伐とした感じがありませんから」
ラディッツ「でもそのせいで、強くなれない……」
最長老「その優しさは、強固な強さとなります。覚えておいてください……」ヴン
ラディッツ「……!!」ズオッ
ラディッツ「力が……力が噴き出してくる……!!」
108:
ベジータ「さっさと俺もパワーアップさせやがれ!」
最長老「あなたは最もサイヤ人らしい……しかしもう少し周りを見てみては?」
ベジータ「黙れ! 俺もすぐに強くなってみせる!」
最長老「そのためには結束が必要です……生き返るであろうサイヤ人とも……」
ベジータ「カカロットのことか? あいつは気に入らん下級戦士だ」
最長老「あなた方が、良き未来を歩むよう……」ヴン
ベジータ「……!!」ズオッ
ベジータ「よし、これで俺も超サイヤ人に近づいたぞ……!!」ニヤ
109:
ネイル「お前は死んだサイヤ人のことをどう思っていたんだ」
ターレス「あいつとは双子みたいな感覚だったからよ……いなくなるとさびしいぜ」
ネイル「フン、子供だな」
ターレス「なっ、だ、黙れ!」
ネイル「だが穏やかだ……お前なら間違った力の使い方はしないだろう」
ターレス「どうかな……?」
ネイル「だがまだ信用ならん。行くぞ! はぁー!!」ギュンッ
ターレス「はあーっ!!」ギュンッ
118:
ネイル「ふんっ」キュイーン
ターレス「ぐっ」サッ
ネイル「は!」ブバババババババ
ターレス「……」シューッ
ネイル(正面から受け止めたか……粋なことをする)
ターレス(エネルギー弾連射……ナメック星人がこんな技術を持っているとはな……さすがに戦士型か)
ネイル「……」ニッ
ターレス「……」ニッ
ネイル「……やるな小僧」
ターレス「……お前もな」
ネイル「これはどうだ?」
119:
ネイル「……」グッ
ターレス(腕を伸ばしたまま黙っている……なんだ?)
ネイル「はあーっ」ブンッ
ターレス「う……腕が伸びた!?」
ネイル「どうだ、おどろいたか?」
ターレス「正面から来るか? キルドライバー!」ズボッ
ネイル「まさか」グイッ
ターレス「しまった! 方向を変えられた!」
ネイル「体が小さいとつかみやすい」ガッ
ターレス「後ろから!? こいつの腕はどこまで伸びるんだ!」
ネイル「はっ」バンッ
ターレス「ぐっ……動けねえ……」
ネイル「はっ! はっ!」バンッ バンッ
ターレス「い、いたいぞちくしょう……」
120:
ターレス(とりあえずこのつかまれてる腕をどうにかしないとな……)
ネイル「どうした? もう終わりか?」
ターレス(幸い伸びすぎてあいつもうまく身動きが取れないはず……手刀で切ってしまえば……)
ネイル「来ないならこっちから行くぞ」
ターレス「ぐ……やぁー!」ブンッ
ネイル「な、なに!?」ザクッ
ターレス「今だぁっ」バシュッ
121:
ターレス「はぁはぁ……これだけ距離をとれば届かない」
ネイル「驚いた……まさか俺の腕を切り取ってしまうとはな」
ターレス「しかもお前の左腕はもう使えない……悪いことをしたが、これで俺の勝ちは確定した」
ネイル「ハッ、確定だと? 早合点するな」
ターレス「なに?」
ネイル「俺の伸縮能力を舐めてもらっては困る」ギャッ
ターレス「今度は足が!?」
ネイル「くらえ!」
ターレス「うわっ」バキッ
ネイル(腕を切られたのは予想外だった……だがこれは逆に戦術として使えるかもしれんぞ……)
ターレス(ナメクジお化けめ……こうなったらパワーボールで大猿になって一気に決めるしかない……)
122:
ターレス「はぁ……はぁ……」ブゥン
ネイル「な、なんだ……?」
ターレス「はじけて、まざれーっ!」カッ
ネイル「ぐっ……目が……」
ターレス「弱っているとはいえ、戦闘力が十倍になれば楽勝だ……」ドクンドクン
ネイル「……!!」
ターレス「パワーボールと尾が可能にする、サイヤ人の真の姿だ!」カッ
ネイル「その減らず口が命取りになるんだ……うわあああああああああああ!」ドーン
123:
ナメック星人「なんだろう、今の音」
ナメック星人「面白そうだ! 行ってみよう」
ナメック星人「や、やめたほうがいいよ……」
ナメック星人「お前は臆病者だなあ、行くぞ!」バシュッ
ナメック星人「あ、ま、まって!!」バシュッ
124:
ターレス「……減らず口がなんだって? これで俺の勝ちだな」
ネイル「ぐっ……はぁ、はぁ……これがサイヤ人の力か……」
ネイル「さすがだ……ぜひ近くで戦いたいものだ……」
ターレス「肉弾戦か? 大猿になった俺にはすべてが無駄だとは思うが……いいだろう……」
ネイル「……」ギュン
ターレス「はははははは……」
ネイル「たぁ! つぁっ! ぐおおおおお!!」ドドドドドドド
ターレス「かゆいぜ……いい加減に……」
ネイル「かかったな……」ニヤッ
ターレス「なに?」
ネイル「はぁっ!」ズアッ
ターレス「なっ……腕が再生しただと……!!」
125:
ネイル「はあっ!!」ブツン
ターレス「し、しまったー!!」
ネイル「パワーボールと尾……そのヒントがなければ俺は負けていた……」
ターレス「ち、ちくしょう……!! なら俺の最高の技で終わらせてやる……!!」スーッ
ターレス「はあああああああああああああああああ!!」ゴゴゴゴゴゴゴ
ネイル「……!!」ビリビリ
ターレス「受けてみろ! 特大のキルドライバーだ! はーっ!!」ズボッ
ネイル「面白い……はっ! あ、あれは……」
ナメック星人「お? 何だあれ」
ナメック星人「近寄ると危ないよ……あ!」
ネイル「やめろ! やめてくれ! ナメック星人たちに当たってしまう!!」
ターレス「なんだと!! もう撃っちまったじゃねえか!! くそ!!」バシュッ
ターレス「ぐっ!」ダンッ
ネイル「自分の気功波を素手で受け止める気か……!!」
ターレス「ぐおおおおお……止まれ止まれ止まれ止まれ……!!」ググググググ
ナメック星人「うわああああああああああああああああああ!!」
ターレス「だ……だめだあ……!!」
ネイル「どいてろ! ターレス!! はーっ!」ドウッ
126:
ターレス「ネイル……!! くっ」バッ
ネイル「ぐおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」ググググググ
ネイル「はーっ!」ドーン
ターレス「俺のキルドライバーを……返した……?」
ナメック星人「ふう、ありがとう、ネイルさん……」
ネイル「無事か」
ナメック星人「おかげさまで……」
ネイル「……」ニッ
ターレス「ちくしょう……完敗だ」
127:
ターレス「すまない……勝てなかった」
バーダック「……」
ラディッツ「なんだと! じゃあカカロットは……!!」
ターレス「……」
ネイル「案ずるな、合格だ」
バーダック「……!!」
ネイル「強さを測ることだけが試験の内容ではない……ターレスは身をもってナメック星人を救おうとした……優しさを持ち合わせているサイヤ人なら、合格だ」
ターレス「や……やったあ!!」
ベジータ「フン、くだらん」
最長老「すでにドラゴンボールはそろっています……神龍(ポルンガ)を呼び出しましょう」
128:
最長老「タッカラプト ポッポルンガ プピリット パロ!!」ブン
ラディッツ「空が暗くなった!」
神龍「さあ、願いを言うがいい……どんな願いも3つ叶えてやろう」
ラディッツ「すげえ……でけえ……」
ターレス「3つも叶えることができるのか!?」
ベジータ「なら俺を不老不死に……」
バーダック「黙れベジータ。カカロットをよみがえらせるのが先だ」
最長老「殺されてしまったカカロットというサイヤ人を復活させてください」
神龍「たやすい願いだ……願いはかなえた。カカロットというサイヤ人は惑星ベジータで蘇った」
ラディッツ「やった!!」
神龍「ほかに願いはないのか?」
ベジータ「俺を不老不死にしやがれ!」
ネイル「ナメック語で言わねば意味はない」
129:
バーダック「うるせえなあ、試験に合格したのはターレスだ、他の願いはターレスに決めさせろ」
ターレス「いいのか?」
バーダック「ああ、何でも言うがいいぜ」
ターレス「……願いは、ない……ベジータを不老不死にも……させない」
ラディッツ「よくいったターレス!」
バーダック「……だそうだ。願いはもういい」
ベジータ「ターレス貴様ぁ……」
ターレス「貴様だけ戦闘を永久に楽しもうなど……させるか」
最長老「もう願いはありません。ありがとう」
神龍「了解した、さらばだ」ヒューン
130:
バーダック「俺たちはカカロットが蘇ったのを確認するため自分たちの惑星へ帰る」
最長老「わかりました。さようなら」
ターレス「ネイル……」
ネイル「なんだ」
ターレス「次に会うときは……必ず!!」
ネイル「……ああ、待っている」
ラディッツ「本当に、ありがとう! またな!」
131:
惑星ベジータ
カカロット「ん……俺は……確かクウラの攻撃で……」
カカロット「クウラはどうなったんだ……!! みんなは……!!」
ブロリー「カカロットォ……」スゥ
カカロット「ブロリー! 生きていたのか!!」
ブロリー「カカロットオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」シュインシュイン
カカロット「あ……あ……」
ブロリー「今更怖気づいても遅いぞカカロット……消えろー!!」
カカロット「ち、ちが……あ……あれ……」ガクガク
ブロリー「なにぃ?」
ブロリー「あ、あれは……!!」
134:
カカロット「フ、フリーザ……」
ブロリー「あんなところにいたのか!」
カカロット「いや……フリーザは死んだはず……」
???「そうだ、フリーザは死んだ」
ブロリー「じゃあ、貴様は……」
コルド「フリーザとクウラの父、コルド大王だ」
カカロット「フリーザとクウラの……父親!?」
コルド「まったく……くだらん兄弟げんかで死んだようだな……愚かな息子たちだ」
カカロット「それが息子にかける言葉かよ!!」
コルド「最強でない息子に興味はない……だが」スゥーッ
コルド「伝説の超サイヤ人……非常に興味深い。ぜひ一度戦いたいものだ」
ブロリー「面白い……うぐっ」ヨロッ
カカロット「ブロリー! お前まだクウラと戦った時の傷が……!!」
ブロリー「かまうな、敵、てきヲオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」
カカロット「だめだ……かないっこない」
コルド「愚かな……」ニヤッ
135:
ブロリー「ずあっ」ブンッ
コルド「おっと」ヒョイッ
ブロリー「うぐ……」
コルド「こっちだ」バキッ
ブロリー「うぐあああー!!」ヒューン
カカロット「ブロリー!!」
ブロリー「ぐっ」キッ
カカロット(くて強い……これがフリーザたちの父親……!!)
136:
ブロリー「ブラスター・……」ブウン
ブロリー(くそ……狙いが定まらん……)グラッ
ブロリー「シェルッ!!」ポーピー
コルド「どこを狙っている」シャッ
カカロット「かわされた!!」
ブロリー「くそ、イレイザー・キャノン!」ドウッ
コルド「それガキ、パスだ」ドム
カカロット「足蹴りで方向を変えた!? うわっ」
コルド「死ねえっ!」
カカロット「ライオット・ジャベリン!!」ズオッ
コルド「ほう……」
137:
ブロリー「はぐっ……くそぅ……」シュン
カカロット「ブロリーの姿が……元に戻った!!」
コルド「つまらん……拍子抜けだな」
カカロット「万事休すか……!!」
コルド「ふんっ」シャッ
ブロリー「……」
コルド「消えろ! はっ、でやっ、はあああああああ!!」ドンッ バキッ メキャッ
ブロリー「ぐっ……ぐうっ……ぐふっ……」ヨロ
カカロット「やめろコルド! ブロリーにはもう戦う意思はねえ、これ以上は……」
コルド「何を甘ったれたことを言っている……こいつは戦闘民族としての価値を失ったのだ!」ゲシ
ブロリー「うぅ……」
カカロット「……!!」
コルド「所詮弱小民族サイヤ人はこの程度だ! 無残にチリとなれ!」
カカロット「……ろ」
コルド「ん?」
カカロット「……めろ……やめろ……」
138:
カカロット「仲間がみんな殺されて……父さんたちもどこかへ行っちゃって……俺……俺にはもう誰も……」
カカロット「ブロリーは、乱暴だけど……」ガクガク
カカロット「強くて、かっこよくて……」
カカロット「俺の大事な、仲間なんだ!!」キッ
コルド「仲間? 敵味方の区別もつかんこの化け物がか?」
カカロット「お前が俺の大事な仲間を傷つけるなら俺は……俺は……」ブン
コルド「……!!」
カカロット「許さないぞ!! はぁーっ!!」カッ
ブロリー「カカロットォ……」
コルド「まさか、貴様も……!!」
カカロット「……」シュインシュイン
139:
コルド「超サイヤ人……」
カカロット「……」シュインシュイン
コルド「ふ、フン……所詮はガキ……恐れるに足らん……」
カカロット「……」シャッ
コルド「!!」
カカロット「こっちだ」シャッ
コルド「ぐおおっ!」ブン
カカロット「……」シャッ シャッ
コルド「おのれえ……ちょこまかと小猿があ……」
カカロット「力の出し惜しみはしないぞ……この一撃で消えろ」ブウン
コルド「……!!」
ブロリー「カカロットォ……」ググ
コルド「ま、待て……!! お前もわしらの仲間にならんか!? もちろんコイツは殺さないでおく……!!」
カカロット「興味がない」
コルド「ひ、ひい……!!」
140:
ブロリー「カカロットオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」ブン
カカロット「ブロリー、狙うのは俺じゃない、奴だ」ギン
ブロリー「……」クルッ
コルド「お、おいお前ら……」
ブロリー(お、俺がカカロットに恐怖など……ありえん)
コルド「は、話せばわかる!!」
ブロリー「ブラスター・シェルッ!!」ポーピー
カカロット「ライオット・ジャベリン!!」ズォッ
コルド「ぐ、ぐわああああああああああああああああああああああああ!!」サアァ
141:
カカロット「ふう……」シュンッ
ブロリー「……」
カカロット「大丈夫かブロリー。すぐにでもメディカルマシーンに……」
ブロリー「カカロットォ……貴様とはいつか必ず決着をつける……」
カカロット「そんな話をしてる場合じゃねえだろ!」
ブロリー「ぐおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」バシュッ
カカロット「あ……行っちまった」
パラガス「おーいカカロット! ブロリーを知らんか?」
カカロット「パラガス!! 今どこかへ飛び去って行ったぜ」
パラガス「なんだと……制御装置が無駄になってしまったか……」ガク
カカロット「ブロリー……いったいどこへ……ん?」ピピッ
バーダック『聞こえるかカカロット。俺だ。あと数日でそっちにつく』
カカロット「父さん! 生きてたんだね!」
バーダック『おまえこそ、無事に生き返ったか』
カカロット「死ぬかと思ったよ〜」
バーダック『なんだと?』
142:
数日後
バーダック「カカロット、詳しく聞かせろ」
カカロット「フリーザの父親ってのがやってきて、俺とブロリーが倒したんだ」
ベジータ「貴様とブロリーが共闘……!?」
カカロット「俺、超サイヤ人になったんだぜ!」
ベジータ「な、なにっ!」
バーダック「だろうな、でなければフリーザの父親は倒せん」
カカロット「なんだよー、もっと驚いてくれよーっ、ベジータみたいにさあ」
ベジータ「この俺が……カカロットにまで先を越されるとは……」
バーダック「それで、ブロリーは」
カカロット「叫んでどっか飛んでっちまった」
バーダック「そうか……」
ラディッツ「親父、俺たちはこれからどうするんだ」
143:
バーダック(おそらくクウラがもう一度襲ってくる……そのための準備が必要だな)
バーダック「よし、これからは別々な星で別々な行動をとれ」
ターレス「派遣ってことか」
バーダック「拠点づくりだ。俺とベジータはここに残る。カカロットはヤードラット星に行け」
カカロット「ヤードラット?」
バーダック「大した奴らのいる星じゃねえ……皆殺しにしてもいいぞ」
カカロット「わかった」
バーダック「ラディッツはナメック星に戻れ」
ラディッツ「ええ!? せっかく帰ってきたのによぉ……」
バーダック「戦闘力の引き出し方を覚えろ。そして……あの星を守れ」
ベジータ「皆殺しだの守れだの、わけのわからんことを言うやつだな」
バーダック「うるせぇ! 最長老には恩があるしな……」
バーダック「そしてターレスは、地球に行ってナッパを迎えに行って来い。あのやろうが制圧してるだろうから苦労はないだろう」
ターレス「ああ」
バーダック「よし、いけ!!」
144:
そして――
ベジータ「くそ……このままで終われるか! 俺もなってみせる! 超サイヤ人に!!」
バーダック「焦るなベジータ。俺が鍛えてやる」
それぞれの思いを胸に――
カカロット「ヤードラットってどんな星だろうなー……いい奴が多かったら殺すのやめようかな」
物語は動き出す――
ラディッツ「最長老は優しさが強さになると言っていた……本当だろうか」
それぞれの星での、それぞれのサイヤ人の物語――
ターレス「そもそもナッパって誰なんだ」
お楽しみに!―― 
惑星ベジータ編、完
150:
地球
『地球まで、あと3分……』
ターレス「ナッパの野郎も、たった一人で暇だったろうな……2人で組手でもやってやるか」
『着陸態勢に入ります』ゴオオオオオオオ
ターレス「さて……どんな星だろうな……な、警告音だと?」ビービー
『前方に障害物、前方に障害物……衝突します』
ターレス「バカな! さっきまで障害物なんて見えなかったぞ……うわああああああああああああ!!」ゴゴゴゴゴゴゴ
ターレス「ぐっ……くっ……ここは……地球、なのか……?」
???「大丈夫か、悟天!」
ターレス「ゴテン? あ、あいつらか……見つかると面倒だな、隠れるか」ガサッ
悟天「う、うん……一体何が起こったの? トランクス君」
トランクス「タイムマシンが着陸する前に、何かにぶつかったらしい。不時着には成功した」
悟天「ここが……過去なの?」
トランクス「そのはずだ……」
ターレス(こいつらが俺の宇宙船にぶつかってきたわけか……こいつら、どこかで会ったことがあるような気が……)
151:
トランクス「お、おい悟天、大変だ!!」
悟天「え?」
トランクス「過去に来すぎた! ここに悟空さんはいない!」
悟天「なあんだ、痛い思いをしたっていうのに失敗か……」
トランクス「早く乗り込めよ、悟天。悟空さんに会いたいんだろ?」
悟天「ん……何かいる……」
トランクス「何かいる……? 何かって、何が」
悟天「悪いトランクス君。先に乗ってて」
トランクス「燃料の問題もあるし、早くしろよ」
悟天「ああ、わかってる」
ターレス「体中がいてえ……くそ、あいつら……」
悟天「ごめんよ?」ガサッ
ターレス「!!」
152:
ターレス「なぜ居場所が分かったんだ! 完璧に隠れていたのに……」
悟天「そんなもの、気で分かるさ。ごめんね、僕らのタイムマシンにぶつかったのは君か」
ターレス「キ……?」
悟天「僕は孫悟天。よろしく」
ターレス「……」
悟天「それにしても君は、父さんにそっくりだな。小さくなった父さんを思い出すよ」
ターレス「何を言ってやがる……」
悟天「僕の父さんは孫悟空って言ってね。体が小さくなってから、1年ぐらいで消えてしまったんだ」
悟天「それまでに、僕らはベビーに操られていて、父さんにひどいことをしたりしてしまったんだ……」
悟天「僕が生まれたとき、父さんは死んでいて会えなかったし……いなくなってさびしいから、ブルマさんが過去への時間旅行を提案したんだ」
153:
ターレス(体が小さくなるだの死んでるだの訳が分からねえ……が、こいつは未来からやってきたのか……?)
悟天「そしたら君にぶつかっちゃった上に、ここに父さんはいないっていうんだ……ゆっくり手当してあげられなくて、本当にごめん」
ターレス「こんなこと、大したことじゃねえよ」
悟天「本当に君は、父さんにそっくりだ……地球を守る勇敢な戦士!……ってね」
トランクス「おーい悟天、まだかー?」
悟天「今いくよー! ……と、いうことだからバイバイ! この埋め合わせはいつか必ずするよ! またいつか会おう!」
ターレス「会えるといいな、その……親父ってやつに」
悟天「ああ! ……じゃあね、小さなサイヤ人くん!」バシュッ
ターレス「な……!! お前今なんて……」
ターレス「いねえ……いったいどうなってんだ……」
154:
???「おや?」
ターレス「今度はなんだ!」
孫悟飯「こんなところに子どもが……!! 大丈夫かい?」
ターレス「俺は戦闘民族、サイヤ人だ! 近づくとぶっ殺すぞ!」ピピピピピ
ターレス(戦闘力100……大したことのねえ雑魚だな)
孫悟飯「そんな乱暴な言葉遣いをしてはならん……ほれ」
ターレス「はあっ!」ブン
孫悟飯「それっ」ガシ
ターレス「な……俺の拳を受け止めただと?」
孫悟飯「元気があってよろしいのう、ほほほほほ」
ターレス「ありえん……戦闘力8000のこの俺が……」ピピピピピ
ターレス(戦闘力10……戦闘力10だと……!! ばかな、なぜ……)
ターレス(は!! さっきの衝突のショックで、戦闘力が著しく低下した……?)
ターレス「いや……違う、故障だ! どうせでたらめな数値なんだ!」ピピピピピ
ターレス「戦闘力4000……はは、ははは……この星にこんなやつがいるわけねえ!! やっぱり故障だ! こんなもの……!!」グシャッ
155:
ナッパ「……なんだか懐かしい感じだ……まるで知り合いが近くにいるような……」
ナッパ「でも、何も思い出せねえんだよなあ……頭を打ってから……」ピピピピピ
ナッパ「戦闘力4000……これって強いのか? 弱いのか?」
ナッパ「それにしてものどかでいい場所だぜ、ここは」
156:
ターレス「このっ、このっ……」ゲスゲシ
孫悟飯「子供が武道の達人に勝てるわけがなかろう」
ターレス「何が武道だ! 俺は戦闘民族サイヤ人……」
孫悟飯「とにかく家へ来なさい、美味い物を食べさせてあげよう」
ターレス「……」
157:
ターレス(とにかく、失った戦闘力を取り戻すのが先決だ……なぜここの星のやつらが生きてるのかはわからねえが……は!!)
ターレス(そうだ……さっきの戦闘力4000はナッパの……ということはやはり故障じゃねえのか!!)
孫悟飯「お前さん、名は?」
ターレス「……」プイ
孫悟飯「教育がなっておらんな……捨て子なら仕方があるまい」
ターレス「俺は捨て子じゃねえ!……いや、捨て子か」
孫悟飯「そんなことでは筋斗雲にも乗れんぞ」
ターレス「キントン?」
孫悟飯「筋斗雲じゃ。心の清いものだけが、自由に空を駆け回れるのじゃ」
ターレス「……」
孫悟飯「試してみるか。筋斗雲よーい!」
158:
ターレス「これが……筋斗雲」
孫悟飯「乗ってみい」
ターレス「はっ……うわっ」スポッ
孫悟飯「やはり心が清らかではないようじゃな、よし、わしがおまえをきたえてやろう、いろいろとな」
ターレス(今はこのじじいを利用するのも悪くないか……)
159:
そして、孫悟飯による教育が始まった――
孫悟飯「そりゃ、ご飯の用意ができたぞい」
ターレス「……!!」バッ
孫悟飯「こりゃ!」ガンッ
ターレス「いってぇ〜」
孫悟飯「食事をいただく前には、感謝の気持ちの合掌じゃ」
ターレス「ちぇっ……」パン
孫悟飯「うむ、よろしい」ニコッ
160:
ターレス「そういえばじじい」モグモグ
孫悟飯「悟飯じいちゃんじゃ!!」
ターレス「ご、悟飯じいちゃん……その黄色い球、ドラゴンボールか?」
孫悟飯「これか? わしもようわからんのじゃ……きれいじゃから拾ってきたんじゃがな」
ターレス(なぜここにドラゴンボールがあるんだ……ここにもナメック星人がいるのか?)
孫悟飯「この球のこと、知っておるのか?」
ターレス「いや! 何でもねえ」
ターレス(しめた……! 神龍に願えば戦闘力が元に戻るかもしれんぞ!)
161:
そして、数か月が過ぎたある日――
ターレス「おはよう、じいちゃん」
孫悟飯「うむ、おはよう」
ターレス「マキ割りの仕事、手伝ってやる」
孫悟飯「おお、たすかるわい……ん?」ブロロロロ
ブルマ「見つけたわ、反応はここよ!」
孫悟飯「お嬢ちゃん、ここになんの用じゃ?」
ブルマ「ここにドラゴンボールがあるはずなの! 渡してくれないかしら?」
孫悟飯「ドラゴン……? ああ、いつかターレスがいっておった……」
ターレス「お前は、何を願うつもりなんだ」
ブルマ「あら、小さいのによく知ってるわね、ドラゴンボールのこと。私の願いは、いくら食べてもなくならないイチゴのケーキか、素敵な彼氏よ!」
ターレス(ふざけるな……そんな下らねえ願いにドラゴンボールを使われてたまるか!)
162:
ターレス「じいちゃん、俺、この人についていくぜ!」
孫悟飯「お……おう?」
ターレス「少し、腕に覚えがあるんでな……ボディーガードとして雇ってくれないか?」
孫悟飯「そうじゃな、お嬢さん一人では危ないし……これなら差し上げよう!」
ブルマ「うん、いいわねいいわね! 四星球もゲットしたし! あなた、名前は?」
ターレス「ターレスだ! じいちゃん、行ってくるぜ! 筋斗雲よーい!」ヒューッ
孫悟飯「気を付けての」
ターレス「はあーっ」ギュンッ
ブルマ「ちょっとなによそれ! 待ちなさいよ〜!!」ブロロロロ
163:
そして、ターレスの冒険が始まった――
ブルマ「待ちなさいってばー!」
ドラゴンボールを集め――
ウーロン「ギャルのパンティおくれー!!」
ターレス「くそ、力づくでピラフの熱室から出たらこれだ……尾があれば大猿になれたのによ……」
仲間と出会い――
クリリン「東の村からやってきました、クリリンと申します!」
ターレス「よろしくな」
悪の組織に勝利し――
ターレス「か〜め〜は〜め〜波〜!!」
ブラック「うわあああああああああああああああ!!」
強くなり――
鶴仙人「亀仙流などと……お笑いだわ!」
天津飯「……」ニヤ
ターレス「鶴仙流か……おもしれえ」
大魔王を倒し――
ターレス「この拳に、俺のすべてをかける!!」ゴオオオオオオ
ピッコロ大魔王「ぬっ!!」ズボ
その息子にも勝ち――
ターレス「お前の、負けだー!」
ピッコロ「な!!」
164:
そして、11年の時が過ぎた――
ターレス「今日は亀仙人のじいさんのとこでパーティーがあるんだよな〜!」ヒュー
ブロリー「敵を……敵をォ……」グウウウウン
『まもなく、地球に着陸します』
それぞれの星に――
ナメック星人「ラディッツさん、おいしい水が汲めましたよ」
ラディッツ「ああ、いただこう」
ナメック星人「あ……ああ……」ガクガク
ラディッツ「ん?……お……おまえは……うぐっ」
それぞれの脅威が迫っていた――
165:
以上、このスレでの物語はここでおしまいです
今までお付き合いありがとうございました!
続きは春ごろにまたスレを立てて投下するつもりです
また見てくれよな!
167:
>>165
遠いなぁ 早く続き読みたい
17

続き・詳細・画像をみる


ルパン「ルパンルパーンww」ジゲン「ジゲンジゲーンww」ゴエモン「ゴ・ゴエ・・」

映画・ライブ等の趣味を楽しむ生活保護受給者のネット批判と政治批判

俺「今回もコミケ徹夜すっかw」 バカ「ルール守れや」 俺「は?」

P「安価でアイドルをデートに誘え?」小鳥「はい!」

仮面P『顔も声も出さなくていいなら働きます』キュキュ

※この女の子たちの画像、コラじゃありません!

【戦姫絶唱シンフォギア】TVアニメ3期制作決定

離婚して以来、絶縁状態で音沙汰無しだった母親が披露宴の当日、式場ロビーに紋付を着て登場

【話題】 XPサポート終了で特需・・・どんなノートパソコンを購入すればいいのか、専門家に聞いた5つのポイント

【画像あり】「京王電鉄」と「京急電鉄」の違いクソワロタwwwwwww

俺が妹の制服着て見た結果wwwwwwwwwww

最近電車で携帯ゲームする奴が5年前に比べて激減してるな

back 過去ログ 削除依頼&連絡先