美希「ねえデコちゃん、膝枕してよ」back

美希「ねえデコちゃん、膝枕してよ」


続き・詳細・画像をみる

1:
伊織「突然何を言い出すのよ、あとでこちゃん言うな」
美希「美希ね、今すっごい疲れてて膝枕してほしい気分なの」
伊織「最近仕事頑張ってるものね、でもどうして私なの?別に太股丸出しの事務員がいるじゃない」
美希「デコちゃんがいいの!減るもんじゃないんだしいいでしょ?」
伊織「嫌よ、絶対に」
美希「…すきあり!」ボスッ
伊織「あっ!ちょっと!」
美希「」zzz
伊織「もう寝てるし…」
伊織「…今日だけ特別よ」ナデナデ
4:
響「うう…」ズビビ
伊織「どうしたの?」
響「仕事で失敗しちゃってすごく怒られたんだ…」グスグス
伊織「まあそういうこともあるわよ、泣いたって仕方ないわ」
響「伊織は強いな…」グスッ
伊織(そういえば響って沖縄から一人できてるのよね)
伊織(私と背も歳も大して変わらない子が一人で…)
伊織「はぁ…こっち来なさい」
響「う?」ズビッ
伊織「慰めてあげるって言ってるの!ほら早くしなさいよ」
響「伊織!」パァ
伊織「何かあったら遠慮なく言っていいのよ、愚痴を聞いたり相談に乗るくらいなら出来るから」ボスッ
響「うう…ありがとう伊織…」
響「…」スースー
伊織「寝ちゃった、全く世話が焼けるわね」ナデナデ
5:
貴音「伊織!」ドアバターン
伊織「何よ大きな声だして」
貴音「先日響に膝枕をしたそうで」
伊織「あの馬鹿なんで言うのよ…」
貴音「真心地よかったと話していました」
伊織「そ、そう」テレッ
貴音「そこで私もお願いしたいのですが」
伊織「なんでそうなるのよ」
貴音「私も長らく国を離れています、たまには安らぎがほしいのです」
伊織「う…そんなこと言われたら断れないじゃない」
貴音「では失礼して」ボスッ
伊織「早いわね」
貴音「確かにこれは心地よいですね」
伊織「わ、私の膝枕なんだから当然でしょ」
6:
貴音「昔、じいやにこうしてもらったのを思い出します」
伊織「あんたが自分の事話すなんて珍しいわね」
貴音「それほど伊織の膝枕が心安らぐということです」
伊織「ならこの機会にもっと聞かせてもらおうかしら」ナデナデ
貴音「しかし残念ながら少し眠くなってきました」ウトウト
伊織「…しょうがないわね」
貴音「私の話はまたの機会に…」
貴音「…」スースー
伊織「やれやれだわ」ナデナデ
11:
伊織「ふう、疲れた」
亜美「亜美最近忙しくて全然真美と遊んでないよ」
あずさ「仕事が入るのは嬉しいけど、こう休みがないとね」
亜美「そうだ!あずさねーちゃん、膝枕してよ!」
あずさ「ごめんね、今すごく脚が疲れてて」
亜美「ちぇー、じゃあ伊織やってよ!」ボスッ
伊織「返事する前に来てるじゃない」
あずさ「じゃあ私もお言葉に甘えて」ボスンッ
伊織「いいなんて一言も行ってないわよ!」
12:
すまん亜美のとこ伊織じゃなくていおりんだ
亜美「まあまあ」
あずさ「まあまあ」
伊織「もう、なんなのよ…」ナデナデ
あずさ「なんだか眠くなってきたわ」ウトウト
亜美「亜美も眠くなってきたかも」ウトウト
伊織「ちょっとあんたたちなに言って…」
亜美・あずさ「…」スー
伊織「寝てる…」
伊織「…脚が疲れたらすぐやめてやるんだから」ナデナデ
13:
律子「はあ疲れた」
伊織「お疲れさま」
律子「あれ?伊織だけ?他の二人は?」
伊織「二人とも次の現場に行ったわ」
律子「そういえば二人とも次にも入ってたわね」
律子「じゃあ伊織、事務所に帰ろっか」
ヘイタクシー
14:
律子「はあ…事務所に帰ったら今度は事務の山か…」
伊織「目の下にクマが出来てるわよ、最近きちんと寝てないんじゃないの?」
律子「そうね、最近は竜宮の仕事がすごく入るからやることが多くてあまり寝れてないわね、嬉しいことなんだけど」
伊織「移動中くらい寝ればいいじゃない着いたら起こしてあげるわよ」
律子「んー、じゃあそうしようかしらね…」グテー
律子「うーん」zzz
伊織「なんだか寝顔が険しい…」
律子「」ズリズリ ボスッ
伊織「膝に…」
伊織「…」ナデナデ
伊織「…いつもありがとうね」ボソッ
16:
伊織「あら真美、今日は亜美は一緒じゃないの?」
真美「うん、風邪引いちゃったみたい」
伊織「あんたたちは風邪も同時に引くもんだと思ってたけど違ったわね」
真美「あはは、いくら双子でもそれはないっしょ」
伊織「亜美がいないってことは今日の竜宮の3人での仕事は休みね、どう時間を潰そうかしら」
真美「んー、ならいおりん、真美が膝枕してあげよっか」
伊織「なんでそうなるのよ」
真美「んふふ、この前亜美がお世話になったみたいだし?」
伊織「あれは…」
真美「まあまあ」グイッ
伊織「ちょっ…」ボスッ
真美「えへへ」ナデナデ
18:
伊織「…や、やらなきゃあんたの気がすまないっていうなら特別にこのままでいてあげるわ」
真美「えへへ、そりゃどうも」ナデナデ
伊織(これは確かに眠たくなるわね)ウトウト
伊織「…」スースー
真美「寝ちゃった」ナデナデ
真美「…」ウズウズ
真美「…とりあえず肉って書いとこう」キュッキュッ
20:
伊織「ふぅ、今日も疲れたわ」ドアガチャ
やよい「お疲れさま伊織ちゃん」
伊織「あら?やよいしかいないの?」
やよい「うん、私も今帰ってきたばっかりなんだけどそうみたいだね」
伊織「そう、私はPに用があるからアイツが帰ってくるまで待つんだけれど、やよいはどうするの?」
やよい「私もPに用事があるから、一緒に待ってようよ!」
伊織「そうね、一人て待つことにならなくてよかったわ」
23:
伊織「ふああ…」
やよい「伊織ちゃん眠いの?」
伊織「少しね、最近忙しくて…」
やよい「そっかー、じゃあ」ポンポン
やよい「私の膝、使ってよ!」
伊織「ん?えっとつまり膝枕ってこと?」
やよい「うん!最近真美が伊織ちゃんに膝枕してもらったって聞いたから伊織ちゃん好きなのかなーって」
伊織「そんな、ソファーだってあるんだしいいわよ」
伊織「違うのよ、別にやよいの膝枕が嫌なんじゃなくて単にその…そう、やよいの脚が疲れるといけないじゃない?」
やよい「大丈夫だよ!弟たちにもよくするから慣れてるから!」
26:
伊織「でも…」
やよい「もしかして嫌だった?」
伊織「そ、そんなことないわ!」
伊織「はあ…」ボスッ
やよい「えへへ」ナデナデ
伊織「まったくもう…」
やよい「えっと、寝心地どうかな?」
伊織「ええと、すごくいいわ」
やよい「えへへ、よかった」
伊織「ふああ、今にも寝ちゃいそうなんだけど本当にいいの?」
やよい「まかせて!」エッヘン
伊織「…そう、ありがとう…」ウトウト
伊織「…」スースー
やよい「…おやすみ伊織ちゃん」ナデナデ
29:
P「ただいまー、あ、音無さんお疲れさまです、何してるんですか?」
小鳥「しー!Pさん、声が大きいです!」ヒソヒソ
P「ん?」
やよい「…」スー
伊織「…」スースー
P「こりゃまた」
小鳥「二人とも最近疲れてたみたいですし、起こさないであげましょう」パシャッ
P「そうですね」
31:
伊織「ん…やよいも寝ちゃってる」パチリ
伊織「…」キョロキョロ
伊織「アイツはまだ帰ってないみたいね」
やよい「…」ズリズリ ボスッ
伊織「膝に…」
伊織「結局こうなるのね」クスッ
伊織「…ありがとうね、やよい」ナデナデ
小鳥「萌えますね」コソッ
P「萌えますね」コソッ
小鳥「そういえばPさん、私の太ももも空いてるんですがどうです?」
P「ほう、では失礼して」ボスンッ
小鳥「やったぜ」ガッツポ
おわり
3

続き・詳細・画像をみる


俺「幼女ひろってきた」

ゲームボーイ「カラー」が出たときの衝撃は凄かったよな

ヴェープキューブ。ゲームキューブを電子水タバコ化してみた

今のゲーセンって昔みたいな殺伐感が足りないよな

秋葉の同人ショップ、冬コミ新刊入荷告知で『艦これ(成年向け)』が多すぎwwww

ほっともっとの店員に恋した結果wwwwwwwwww

苗木「霧切さん・・・霧切さん・・・」ドピュ 霧切「苗木君・・・」

「ココリコ」とかいう謎の芸人wwwwwwwwww

疫病、拠点閉鎖、クーデター…IBMがつくった人生ゲームが超辛口だった

「Sound Drama Fate/EXTRA 第三章 セイジャのシカク」2014年2月28日に発売!ジャケ絵のメインはラニ!

ひきこもり女子に萌える! その魅力とは?

秋葉の同人ショップ、冬コミ新刊入荷告知で『艦これ(成年向け)』が多すぎwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先