宮城谷昌光さん 12年がかり「三国志」完結back

宮城谷昌光さん 12年がかり「三国志」完結


続き・詳細・画像をみる


 三国時代の本当の姿がここにある。宮城谷昌光さん(68)が12年がかりで完結させた
中国歴史小説『三国志』(文芸春秋、全12巻)は、そう思える渾身こんしんの大作だ。
広大な大陸を舞台に後漢中期から三国時代の終焉しゅうえんまで、約160年の
長大な時間と向き合うことで何が見えてきたのか。
「演義」排し正史に立ち戻る
 「書き終えた後も多忙で感慨にふける暇はなかった。ただ、体は疲れを知っているらしく、
両腕に痛みがでました」。自身一番の大作を終えて、そう息をつく。
 乱世に現れた劉備りゅうび、関羽かんう、張飛ちょうひの義兄弟が、諸葛孔明しょかつこうめいという
名軍師を得て、曹操そうそう、孫権そんけんらと覇を争う三国志。その一般的イメージは、
後世に小説化された「三国志演義」によるが、諸葛孔明の天才ぶりや曹操の悪役像など、
勧善懲悪的な誇張や虚構も多い。
 「怪力の張飛が1人で何万人も撃退したりする作り話の爽快さが『演義』にはある。けれど、
私は1人で3人を相手にするありのままの人間のほうが素晴らしいと思う」。そう考えて正史
「三国志」など歴史書をベースに時代の実像に近づくことをめざし、「演義」の始まりから
約70年さかのぼった曹操の祖父の時代から書き起こした。ただ、常に正史に立ち戻る書き方は、
「飛ぼうとする空想の翼を押さえ地面から離れないように進むようなもので、難しさも感じた」ともいう。
イカソース
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20131008-OYT8T00519.htm
三国志 第十二巻
(2013/09/17)
宮城谷 昌光
商品詳細を見る
6
正史ベースとは珍しいな
14
いままで宮城谷氏の作品呼んでない人には辛いかも
1巻なんかは後漢の乱れていくさまや宮廷闘争などを
史書をもとに解説していく歴史解説書っぽい感じ
そういうのが好きなら是非試してみて
21
>>14
文章に引っかかるところがないから、初めてでもつらくないと思うけどなあ。
17
1巻から買い揃えてえ、年に1回楽しみにしてたので、読み手としても格別の思いがある。
格調はいままでで一番高い物語。だからといって面白いかは別。
ただ俺には面白かったわ。北方と比べるのは双方にとって不幸。
20
・前振りが本編
・後半gdgdになる
・主人公は爽やか
特徴としてはこんなところか?
貴重な中国史小説作家ではあるが、面白いかと言われると・・・。
29
一巻が曹操のじいさんの話でびっくりした
43
>>29
大宦官だな。
あの爺さんなくして曹操はなかったのは確かだ
あの爺さんの蓄えた遺産と人脈で旗揚げしたから
30
演義じゃないから
派手な演出は、ないと思っていたが
赤壁の前のあたりの趙雲だけは
すごくかっこよかた
その辺作者はどういった
思いがあったんだろう?
35
宮城谷で面白いのは太公望、重耳、楽毅かな。他のも悪くないけど。
重耳(上) (講談社文庫)
(1996/09/12)
宮城谷 昌光
商品詳細を見る
64
>>35
樂毅と孟嘗君かな、孟嘗君は半分白圭だけど
孟嘗君(1) (講談社文庫)
(1998/09/04)
宮城谷 昌光
商品詳細を見る
74
>>64
孟嘗君もいいね。「風は山河より」も悪くないと思うけど、四郎君が
ちょっと頑張りすぎたって印象。
ちなみに北方は「水滸伝」は面白かった。あと老犬シリーズも好き。
風は山河より〈第1巻〉 (新潮文庫)
(2009/10/28)
宮城谷 昌光
商品詳細を見る
75
>>35
個人的には香乱記や青雲はるかに、だな。
この人の一番良い所はちゃんと書き続ける事だと思う。
本を書かない人は本当に書かないからなぁ。
青雲はるかに〈上〉 (新潮文庫)
(2007/03/28)
宮城谷 昌光
商品詳細を見る
94
>>75
「香乱記」や「青雲はるかに」、あと「草原の風」「子産」も主人公が偉くなって
からの活躍を書き込んで欲しかった。まあそれをいったら「晏子」もそうなんだ
けど、あっちは前半でお父さんの晏弱が活躍してるからまだマシなんだよね。
晏子〈第1巻〉 (新潮文庫)
(1997/08/28)
宮城谷 昌光
商品詳細を見る
38
三国志以後を書いて欲しいな
晋から五胡十六国、南北朝から随まで
田中芳樹氏のチームが書いてるけど
短期間ぶつ切りで通しの作品とないじゃん
56
古代中国の小説を書きたい
 ↓
資料を集めようとしたが日本語の資料がほとんどない
 ↓
中国本土の資料も少なく、なんと当時の書物(竹簡)を自力で解読しなければならない
 ↓
【自力で解読しました。甲骨文字も読めます。これで小説書ける!】
こんな感じの人だからな
古代中国モノは抜群に面白い
ただその資料探しへの執念があだになって、日本史モノはやたら資料説明を挟んで来るから面白くないんだが
67
>>56
三国志になると中国人の学者が昔から研究してるからその方面の
参考書になりそうな資料は多い。ただし日本語訳されていないものが多いので
中国語が読めないとムリ 毛沢東が三国志マニアだったおかげでその方面の
研究は文革の影響免れてる
93
>>67
この人の場合、そういう既成概念にとらわれず
文献から自力で引用先までたどり着いてしまうから
正直、演技ベースの三国志好きには辛い読書になるかもしれない
少なくとも先に出版された夏殷周戦国関連の作品を読んでないと
かなりおもしろさがスポイルされるのは事実
63
というか曹操が活動し始めるまで長すぎだろw
曹操のじいさんのころの外戚の専横とか宦官の跋扈とかから書いてるし
69
>>63
なんで曹操が出てきたかを言うにはそこから始めないと。
曹操は能力だけであそこまでいけたんじゃなくて、この爺さんの
財産と人脈でのし上がれたようなもん
97
漢字に関しては碩学だから文中見慣れない漢字が多用しててかえって
職人的作品だと思った。
100
>>97
あれでも北原白秋(だったけ?)に「変な漢字使いすぎ」って言われた
らしいよ。そのせいか、普通に漢字を使うところでもひらがなにヒラいてる。
あの妙な漢字使いも宮城谷の小説の楽しみのひとつ。
104
>>100
石田衣良だっけ?にも批判されてたけど
その批判が的を射ているかは別としてそういう奴は必ず出てくる。
個人的には司馬と白川の薫陶を受けている時点で
そんな批判はどうでも良くなるね
101
こいつの作品一回読んでみたけど主役がテンプレートみたいな
キャラ設定で萎えた。
116
>>101
主人公は常に聖人君子タイプ、呂不イですら聖人
剣の腕は常に超級 ヒロインは常に超絶貞淑
これに耐えられない人は一つも読めないと思うw
557
>>116
君主は父親が暗君で子供は英邁、またはその逆か
ってのもあるぞw
138
この人の文体、人物描写がすごく好きだなぁ
春秋戦国時代の作品は、日の少し傾いた草原に吹く清風の如し
新三河物語は、土と木々のむせかえるような匂いが感じられた。
さて三国志はどんなだろう(貧乏なので文庫本化を待ちます)。楽しみだ。
180
>>1
宮城谷さんの小説は主人公より、その父親役や脇役が輝くものが多いよね。
「晏子」の晏弱とか、「孟嘗君」の風洪とか。
今度はどうなんだろう? さすがにキャラの立った主人公が沢山居るから、そっち中心かな。
199
宮城谷三国志は9巻まで読んだかな
箱庭の中にある「三国志」という世界じゃなくて、漢から続いた世界というの感じられるのがおもしろい
夏侯嬰や曹参がいたから曹操もいたんだなと思えることとか
(ほんとに子孫かどうかはともかく、そして自分の想像力や記憶力じゃ全部は追いつかないけど)
あと、宮城谷小説は「孟嘗君」や「孟夏の太陽」が好き
「孟夏の太陽」は何度読んでも目頭が熱くなる
224
「孟夏の太陽」読んだ後に「沙中の回廊」読んだら
趙盾の扱いがひっくり返っていてワロタ
沙中の回廊〈上〉 (文春文庫)
(2004/12)
宮城谷 昌光
商品詳細を見る
506
12年でも完結が見られるだけファンが羨ましい
最近の作家ときたらもうね‥‥
544
こいつの小説
最初は物凄く丁寧にじっくり書いてるのに
終盤物凄い勢いで雑に畳みだすんだよな
546
>>544
基本的な構成は、史料にある最も印象的なエピソードをクライマックスに持ってきて
そこへ至るまでを他のエピソードと想像力で補うって感じで、歴史小説としてはオーソドックスな形式なんだよな
そしてその想像力で補った部分が明らかに抜けて面白いってのが魅力なんだと思う
だた肝心のクライマックスは史料に極めて忠実で「自己流解釈も無し」「話を盛るのも無し」を貫くんだよ
盛り上がって盛り上がって、さあ決めるぞってところで、いきなり無味無臭になる
で、そこまで思い切りやっちゃった後で「想像力で補完したエピソード」は……今更書けない
だから後は収束するだけ、書くことも残ってないしってことになる
このクライマックスでの大きな落差とそれに続く微妙なフェードアウトは、まぁ個性といえば個性だけど、ちょっと俺も苦手だ
547

続き・詳細・画像をみる


「焼きそばって自宅で食べるものなんですか…?」 彼氏が食べててドン引きしました

セイバー「士郎の居ぬ間に」

車でバックするときにドアを開けて後方確認する奴って何なの?こうなっても知らないよ?

【画像】アニメだけでなくリアルで『ツンデレ』っているの?

【速報】戦力外通告 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!

気象予報士 「天気図を見たが、震えが止まらない。日本に恐ろしい災害が起こる」

back 削除依頼&連絡先