男「トイレに紙がねぇぇ!!!」花子「私、トイレの花子」back

男「トイレに紙がねぇぇ!!!」花子「私、トイレの花子」


続き・詳細・画像をみる

1:
< 公衆便所 >
ダダダッ! ガチャッ! バタン!
男(あぁ〜……腹痛い、腹痛い!)カチャカチャ…
男(公園なら公衆便所があるはず、と入ってよかった)ズルッ
ゴソゴソ……
男(隣の個室から物音?)
男(隣に誰か入ってるっぽいけど、ここは気にせず思いきり気張らせてもらうぜ!)
男「ふんっ……!」
男「ぬぅぅぅんっ!」ブリュッセル
男「出たぁ〜……」ニッコリ
元スレ
ニュース報(VIP)@2
男「トイレに紙がねぇぇ!!!」花子「私、トイレの花子」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1382363041/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
8:
男(さぁ〜て、とっととケツ拭いて退散するとしますか!)
男「──って」
バカな! バカな! バカな! そんなバカな!
こんなことはありえない! あってはならない!
神はなぜ我にこのような試練を与えたもうたのか──
男「トイレに紙がねぇぇ!!!」
花子「私、トイレの花子」フッ…
花子「あなたを呪い殺しに来たわ」
11:
男(ウソだろ!?)
男(ウソだといってくれ、頼む!)
トイレに紙がないなどということはありえない!
紙あってこそのトイレ! トイレあってこその紙!
二つは共存関係にある! なのに片方が欠けている!
理不尽! 不条理! 非現実! 荒唐無稽! あってはならないこと!
男「ハハ、ハハハハ……!」
男「そうだ、これは幻だ! 幻覚に違いない!」
男「目をつぶって目を開くと、きっと紙がそこにある!」
花子「あの……」
14:
男(目をつぶるぞ……)パチッ…
男(漆黒の闇の中で、今までの人生を振り返れ……)
生誕── 幼稚園の頃は神童と呼ばれ──
小学校ではドッジボールが得意── パンツごとスカートめくって学年集会──
中学では5人にフラれ── 体育祭の棒倒しで大怪我──
高校では帰宅部── 大学受験失敗──
定職につかずブラブラ── 公衆便所に入る──
男(まったく! いい人生だった!)
男(開く!)パチンッ
男「やっぱり紙がねぇ!!!」
花子「もしもし?」
15:
男「さっきから、なんなんだ!?」
花子「あ、やっと気づいてくれた!」
花子「私、トイレの花子!」
男「ああ、あの有名な? 公衆便所でも出るんだな。俺になんの用だ?」
花子「私の怨念パワーが溜まったから、あなたを呪い殺しに来たの」
花子「あなたが犠牲者第一号よ」
男「俺を?」
男「悪いけどさ、俺は今呪い殺されてやるほど暇じゃないんだ」
男「ケツを拭かないまま死ぬなんてありえねえ」
男「なぁ、紙持ってねえか?」
花子「持って……ないわ」
男「ちぇっ、なんだよ……花子のくせに」
16:
男「なら仕方ねえ」
男「どこかから紙を持ってきてくれねえか?」
花子「ごめん、私ってこのトイレから出られないの」
男「なんで?」
花子「私はいじめっ子たちにこのトイレに連れ込まれて」
花子「この個室に閉じ込められて上から水をかけられて、滑って転んで死んじゃったの」
花子「それが悔しくて、自縛霊になっちゃったから……出られないの」
男「そりゃ気の毒に……」
男「じゃあさ、さっきから隣の個室にいる奴を連れてきてくれ」
17:
花子「連れてきたわ」
ぼっち「ボ、ボクに何か用ですか……?」
男「紙持ってねえか?」
ぼっち「持ってません」
男「ん〜、じゃあなにか代わりになるようなものは?」
ぼっち「バランならありますけど……」
男「こりゃ弁当とかに入ってる、緑色のギザギザのアレじゃねーか!」
男「こんなギザギザでケツ拭いたらケツに穴が空いちまう!」
ぼっち「元々穴はありますよ」
男「うるせえ!」
18:
男「しょうがねぇ、花子、舐めろ」
花子「えっ」
男「だからおれのケツを舐めてきれいにしろっていってんだよ」
花子「えっ、えっ」
男「ほら、いいからしゃがんでこっちに舌向けろよ、よっと」
花子「ふぁ、ふぁい、これでひいの??」
男「よーし、そのままおれのケツの穴をぺろぺろしろ」
花子「ぺろぺろ、ぺろぺろ」
男「あぐぁ、くっ、おれとしたことが、すぐいっちゃいそうだぜ」
19:
男「っつうか、お前なんでこんなもん持ってやがるんだ」
ぼっち「ボク、トイレで弁当食べてたもんで……」
男「トイレで? 変わった奴だな」
花子「便所飯ってやつね!」
男「便所飯?」
花子「トイレでご飯を食べることを、そういうのよ」
男「ふうん……知らなかった」
花子「もしかして、あなたもいじめられ経験があるの?」
ぼっち「うん……」
花子「私たち、仲間ね!」
ぼっち「う、うん……」
男「意気投合すんな!」
20:
地味に重い意気投合
22:
男「──よし!」
男「お前ら二人手分けして、外から紙を持ってそうな奴を連れてこい!」
ぼっち「は、はいっ!」
花子「さっきいったけど、私はトイレから出られないんだけど」
男「大丈夫、お前なら出られる! 俺が保証する!」
花子「!」ドキーン
男「俺のケツ……お前らに託す!」
男「頼んだぜ」ニッ
ぼっち「は、はいっ……!」
花子「私……頑張る!」
24:
一時間後──
男「遅いな……なにやってやがる!」
男「もうとっくの昔にケツが乾いちゃったぞ!」
男「まぁ、拭く時に紙を水で湿らせてもらえばいいか……」
ぼっち「つ、連れてきました……」ザッ
男「でかした!」
インド人「ワタシ、インド人デース!」
男「!?」
26:
ターバンときたか
27:
男「まぁ、この際、国際交流も悪くない」
男「インド人さん、俺に紙をくれないか?」
インド人「紙はありまセーン!」
男「は?」
インド人「でも、カレーありマース! ワタシいつもカレー持ってマース!」
男「バカヤロウ! トイレでカレーなんか食えっか!」
インド人「じゃ、二人で食べまショーウ!」モグモグ…
ぼっち「そ、そうですね……」モグモグ…
男「…………」ゴクッ…
男(この香ばしいニオイ……。う、美味そう……!)
29:
男「俺にもくれぇぇぇ!」
インド人「しょうがない人デース!」サッ
男「う、うめぇぇぇ!」モグモグ…
ぼっち「本場のスパイスが効いていて、美味しいですね」モグモグ…
インド人「ありがとうございマース!」
男「あ、やべえ」
男「食ったらまた出したくなっちゃった。しかたねえ、出しちまおう」ブリュッセル
男(さらにケツが汚れたけど……いいよな。どうせまだケツ拭いてなかったんだし)
男(花子が紙持った奴を連れてきてくれるだろ。アイツはできる女だ)
30:
花子「連れてきたよ!」
男「でかした!」
少女「は、はじめまして……」
男「なんだ、まだ中学生ぐらいの女の子じゃないか」
男「で、紙は持ってるのか?」
少女「持ってます」
少女「持ってますけど──」サッ
男「こ、これは!?」
33:
男「賞状!?」
少女「はい、あたしの家、お父さんがリストラされてしまい貧乏で……」
少女「でも、あたし字を書くのが大好きで、書道だけは続けさせてくれて……」
少女「この間の品評会で、やっと入選することができて……」
少女「その時もらったのが、その賞状なんです……」
男「…………」
男「花子ッ!」
花子「ひっ!」ビクッ
男「こんな賞状でケツ拭けるわきゃねーだろ!」
花子「ごめんなさい!」
35:
また重いのを連れてきたな
38:
男「しょうがない。ミスは誰にでもある」
男「花子とぼっちは少し休んでいい」
男「じゃあ今度は──」
男「インド人さんと少女ちゃんが、紙を持ってそうな誰かを連れてきてくれ!」
インド人「分かりマシター!」
少女「はい!」
男「二人とも……俺のケツを頼んだぞ!」
ぼっち「ボクたちの分まで、お願いします!」
花子「しっかりね!」
40:
男「二人を待ってる間ヒマだし、少し話すか……」
男「ぼっち、なんでお前はトイレなんかでメシ食ってたんだ?」
ぼっち「ボク、他人としゃべるのが苦手で、友だちがいないから……」
ぼっち「それを冷やかされるのが嫌で……」
ぼっち「いつしか、一人でトイレでご飯を食べるようになって……」
ぼっち「そのうちそれが習慣みたいになってしまって……」
男「それでこんな公園でも、トイレにこもって弁当食ってたってわけか」
花子「そうだったの……」
41:
男「ぼっち」
男「お前はもう一人なんかじゃねえ!」
男「お前は他人と話すのが苦手だっていってたが──」
男「今、こうして俺らと話せてるじゃねえか!」
男「しかも、インド人さんを連れてきてくれたじゃねえか!」
男「見ず知らずのインド人に話しかけるとか、なかなかできることじゃねえ!」
男「正直いって、俺もできないかも!」
花子「うんうん」
男「そしてなにより──」
男「俺と花子はもう、お前のダチだ!」
花子「そうよ!」
ぼっち「!」
44:
でもずっとケツ出しっぱなしなんだよな
45:
男「──ってわけだ」
男「もう、トイレで飯を食うなんてのはやめろ」
男「メシなら俺たち二人が付き合ってやる」
ぼっち「あ、ありがとう……ござ、い、ま、す……」グスッ
花子「もう、泣かないの!」ナデナデ…
ぼっち「うっ、うっ、うっ……」
男(いじめられてた花子と、ハブられてたぼっちに友だちができた……)
男(これであとは俺がケツさえ拭ければ──)
男(万事解決だな)
50:
インド人「連れてきまシター!」
男「でかした!」
富豪「うぉっほん、私は大金持ちである」
富豪「私に頼みがあるというのは、チミか? セニョール」
男「おう」
男「ケツを拭く紙が欲しいんだ! 俺に紙をくれよ!」
富豪「ほほう、紙とな? お安い御用だ」
53:
富豪「札束ならいくらでもあるぞ」
富豪「ほれ、ケツを拭くがよい」ドサッ
男「…………」
富豪「どうした? 100万円では足りぬか?」
男「…………」プルプル…
男「この、大バカヤロウ!」
バキィッ!
富豪「げぶうっ!?」ドサッ…
55:
富豪「な、なにをするのだね、セニョール!?」
男「いいか……」
男「金ってのはな、大切なもんなんだ!」
男「お前にとってはたかが100万円でも」
男「世の中にゃ100万を稼ぐために必死こいてる奴もいるんだ!」
男「愛する娘に書道をやらせるために、やりくりしてる両親だっているんだ!」
男「そんなもんで、ケツなんか拭けるわけねーだろうがぁ! バチ当たりが!」
富豪「ううっ……」
花子「そのとおり!」
ぼっち「そのとおりです……」
インド人「そのとおりデース!」
富豪「わ、私が間違っておりました! どうかお許しを!」
男「そうか。だったら──」
57:
男「アンタ金持ってるなら、ちょっくら紙買ってきてくれねえか?」
富豪「私が……紙を……?」
花子「大きなこといって、結局お金に頼るんじゃない」
男「うるさい!」
富豪「どんな紙でもいいのかね、セニョール?」
男「なんでもいいよ! 誰かの賞状とか、紙幣とかじゃなきゃな!」
富豪「分かった! すぐ買ってくる!」
ダダダッ!
男(脂肪たっぷりな体しておいて、足はえーな、あのおっさん)
男(ま……これでケツはなんとかなりそうだ)
59:
男「待ってる間ヒマだし、少し話でもするか……」
男「インド人さん、なんでアンタは日本に?」
インド人「本場のインドカレーを日本の方に食べさせるためにきまシター!」
インド人「だけど、店を出すにはどうすればいいか分からず困ってマシター!」
男「ふうん、でもさっきのカレーは美味かったよ」
男「俺もカレーは好きでよく食うが、その中でもトップクラスの味だった」
ぼっち「ええ、とても美味しかったです」
男「アンタなら、きっといいカレー屋を出せるぜ!」
インド人「ありがとうございマース!」
花子「いいな、私も食べた〜い!」
インド人「どうぞ、食べて下サーイ!」
花子「美味しい〜!」モグモグ…
男(幽霊でも食べられるんだ……)
62:
富豪「セニョール、紙を買ってきたぞ」
男「おお! 買ってきてくれたか!」
富豪「帝王製紙を買収してきた!」
男「は!?」
富豪「これでチミは、明日から帝王製紙の社長だ!」
男「いやいやいやいやいやいや!」
男「誰が製紙会社買収してこいっていったよ!?」
男「ティッシュペーパーかネピアかトイレットペーパーが一個ありゃ」
男「それでよかったんだよ!」
富豪「すまん……」
富豪「私にとって、何々を買ってこいというのは会社ごと買えって意味なので……」
男「ハァ〜……なにやってんだ、まったく」
64:
富豪「お金の大切さを知らない上に……」
富豪「買い物すらまともに出来ないなんて、私はなんて役立たずなんだ……」
富豪「ああっ……」ガクッ
花子「泣かないで、おじさん」ナデナデ…
ぼっち「そうですよ……きっといいことありますよ」
インド人「カレー食べて下サーイ!」
男「ったく、しょうがねえな。俺も言いすぎたよ、すまねえ」
男(こうなったら、あの書道好きの女の子が頼みの綱、だな)
65:
少女「紙を持ってそうな人を、連れてきました!」ハァハァ…
男「でかした!」
神「おぬしかのう? ワシに用があるというのは」ゴッドォ…
男(なんか、妙なオーラが漂う爺さんだな……)
男「だれだこの爺さんは?」
神「ワシは神じゃ」
男「な……」
花子「な」
ぼっち「ん」
インド人「だ」
富豪「っ」
少女「てー!?」
男「なんで君まで驚くんだよ」
少女「てっきり、ただのおじいさんだと思ってたもので……」
68:
男「まぁいいや、神なら話が早い」
男「俺がケツを拭くための紙をくれよ!」
男「いい加減、この和式便所でずっとケツ丸出しで中腰でいるのも疲れたんでな!」
神「……ダメなんじゃ」
男「へ?」
神「ワシには……おぬしに紙を与える力は……ない!」ゴッドォ…
男「な……」
花子「な」
ぼっち「ん」
インド人「だ」
富豪「っ」
少女「てー!?」
69:
男「紙を与える力がないって、どういうことだよ!?」
神「神にも色々いるでのう」
神「残念ながら、ワシは紙を出す能力は持たぬ神なんじゃ」
神「すまぬ……すまぬ……!」グスッ
男「爺さん……」
花子「神様……泣かないで」ナデナデ…
ぼっち(辛いだろうなぁ、神様なのに人間の頼みごとを聞けないなんて……)
インド人「悲劇デース!」
少女「おじいさん、連れてきてごめんなさい……」
富豪「この札束で涙を拭きたまえ、セニョール」サッ
70:
こら富豪
71:
男「もういい、分かった。気にすんな。老人が泣いてる姿はいたたまれなくなるから」
神「おおっ、なんと優しい人間じゃろうか」
男「しっかし、どうしよう」
男「俺はこのままケツを拭けずに、このトイレで一生を終えるのかな……」
花子「そんなあ、それじゃ私みたいに自縛霊になっちゃうわ! ダメよ!」
神「ワシに力がないばかりに……すまぬ……」
富豪「金の力とは、なんと無力なのか! たった一人のケツを拭くことすらできない!」
少女「あたしの筆で肛門をこすっても、とても拭き取れないでしょうし……」
ぼっち「なにかいい手はないでしょうか……」
インド人「!」
インド人「いい手がありマース!」
73:
男「いい手って?」
インド人「簡単なことデース!」
インド人「紙がないなら、左手で拭けばいいんデース!」
インド人「インドではケツを左手で拭きマース!」
男「そうか、その手があったか!」
男「俺は今まで、ケツは紙で拭くものという固定観念にとらわれていた……」
男「だが、それを取っ払えば、物事は解決できるんだ!」
花子「じゃあさっそく拭きましょうよ!」
男「任せとけ、花子!」フキフキ…
75:
ついに不浄の手の出番か
76:
男(いいっ!)フキフキ…
男(爪先とか指紋とか手相とかの紙にはない絶妙な凹凸が──)フキフキ…
男(ものっすごい新鮮な刺激を肛門に与えてくる!)フキフキ…
男(これは紙で拭くより、いいかもしれない!)フキフキ…
男(決めた!)フキフキ…
男(俺、今日からケツは自分の手で拭こう!)フキフキ…
─────
───
78:
五年後──
< 帝王製紙本社 社長室 >
秘書「社長、昼食のお時間です」
社長「分かった」
社長「そうだ、今日は珍しく時間があるし、久しぶりに社員食堂で食べようか」
花子「はぁ〜い!」
社長「有能な側近が二人もいると助かるよ」
社長「もっとも一人は便所飯の元常連で、もう一人は幽霊だがね」
秘書「今でも昔が懐かしくてたまにやっていますよ、便所飯は」ニコッ
花子「私ももっともっと頑張るからね!」
79:
< 社員食堂 >
インド人「いらっしゃいマセー! おおっ、社長ーっ!」
社長「やあ、今日も大盛況じゃないか」
社長「さっそくだが、インドカレーを二つ……いや三ついただこうか」
インド人「毎度ありがとうございマース!」
秘書「この会社が活気であふれてるのは、インド人さんのカレーのおかげですよ」
花子「うんうん!」
インド人「そう褒められると、照れマース!」
84:
モグモグ……
秘書「しかし……不思議なものですね」
秘書「あのトイレで出会った翌日、あなたは帝王製紙の社長となり」
秘書「あなたの手腕で帝王製紙は飛躍的な発展を遂げました」
秘書「私と花子さんは、こうして秘書になり──」
秘書「少女さんの父はあなたのおかげで、この会社に再就職することができ──」
秘書「インド人さんもこの会社でカレー屋を開くことができ──」
秘書「大株主である富豪さんもさらなる大富豪となった」
社長「ま、これも、あの時やってきた神が“商売繁盛の神様”だったという」
社長「おかげもあるがね」
花子「そんなことないわよ!」
花子「あの神様もいってたでしょ!」
花子「本人が努力しなきゃ、いくらワシがついても無意味だって」
社長「フッ……そうだな」
社長「しかし、なんともうまい具合に皆の“運命”が絡み合ったものだ」
88:
社長「ところで、お前たち結婚するんだろう?」
秘書「はい……」ポッ…
花子「うん……」ポッ…
社長「花子も精神的に成長したからなのか、なぜか幽霊なのに美しく成長してるし」
社長「お似合いのカップルだよ」
社長「人間と幽霊の結婚だから、正式な結婚式が挙げられんのが残念だが」
社長「その分、心から祝福させてもらうよ」
社長「仲良くやるんだぞ」
秘書「はい! ボクが死んでも花子さんとはずっと一緒です!」
花子「私たち、ずっと一緒!」
社長「ハハハ、こっちはマジメに話してんのにのろけやがってぇぇ!」
社長「絶対死後もお前らにちょっかい出してやるからな!」
89:
帝王製紙社長は、後のインタビューでこう答えている。
──座右の銘はなんでしょうか?
社長「自分のケツは自分の手で拭け……かな」
──なるほど、責任感の強い貴方らしいお言葉です。決して神頼みなどはしないと。
社長「いや、神様にはしょっちゅうお世話になってるよ」
──では、神がいたおかげで、今の地位があると?
社長「いや、紙がなかったおかげでもある」
──え?
         <おわり>
90:
うまいな乙
91:
乙面白かった
99:
いい奴らばかりだけどどこか変
101:
これはセンスある、乙
102:
なんかうまくまとまってるから不思議
105:
とてもほのぼのしたクソスレだった
10

続き・詳細・画像をみる


日本伝統失いすぎじゃね?お前ら危機感持てよ

松本人志疲れ過ぎワロタwwwwwwwwwwww

60代男「本当に在日韓国・朝鮮人に特権があるのか知りたい」、54歳男「在特会が主張する在日特権を検証すべき」

【ネタバレ注意】ゲームやってて嘘だろ・・・?ってなった展開挙げよーぜ

【頭髪の日】 ガチで禿げてきた どうすればいいんだ…

兄「ここでハッキリさせておきたい!!」 妹「なによ?」

GTAが楽しくて現実世界辞めたいwwwwwwwwwwww

その犬に会っても声をかけず目も合わせないようにしてる

暇つぶしにうどんプラモはいかが?

【画像あり】アメリカ人のハロウィンの飾り付けが凄すぎる件 これが本場か… (((((((( ;゚Д゚))))))))

ベジタリアン死亡 肉を食わないと、偏頭痛、顔面痛、口内炎、記憶力減退、認識機能障害、脊髄変性 etc

迷彩服で復旧作業してる自衛隊員は何から隠れてるの?被災者から隠れたら意味ないじゃん(´・ω・`)

back 過去ログ 削除依頼&連絡先