【自動車】輸入車販売は2年連続30万台、過去2番目の高水準back

【自動車】輸入車販売は2年連続30万台、過去2番目の高水準


続き・詳細・画像をみる


日本自動車輸入組合(JAIA)が10日発表した2018年の輸入車販売台数(日本メーカー車除く)は、前年比1.1%増の30万9405台だった。年間販売が30万台を超えるのは2年連続で、96年に続く過去2番目の高水準となった。多目的スポーツ車(SUV)の人気が続き、メルセデス・ベンツなどドイツ勢の好調がけん引した。
ドイツ勢の好調がけん引した
登録車全体に占める外国メーカー車の割合は9.2%で過去最高。18年は外国メーカー車の約3割を占めるSUVに加え、クリーンディーゼル車や限定車の販売が好調だった。
独メルセデス・ベンツは1%減の6万7554台だったが、4年連続で首位を維持した。18年に主力の「Cクラス」や「Gクラス」の新型を投入し、新たな客層を取りこんだ。18年末に投入した新型「Aクラス」も販売に大きく貢献した。
2位は独フォルクスワーゲン(VW)で、6%増の5万1961台だった。15年に発覚したディーゼル車の排ガス不正問題以降は苦戦が続いていたが、2年連続のプラスで順位も一つ上げた。新型「ポロ」の投入や19年に生産を終了する「ビートル」の販売キャンペーンなどが好調だった。
3位は独BMWで、2.9%減の5万982台。4年ぶりのマイナスとなった。一方で小型車ブランドの「ミニ」は好調を維持し、2.2%増の2万5984台だった。モデル別でもミニが3年連続で首位となった。
18年は多くの海外メーカーが実績を伸ばした。スウェーデンのボルボ・カーは10.5%増の1万7805台だった。18年に投入した小型SUV「XC40」が17年の「XC60」に続き「2018―2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。米ジープも11年ぶりに全面改良したSUV「ラングラー」がけん引し、1万1438台と過去最高を記録した。
全体に占めるクリーンディーゼル車の割合は前年より1.4ポイント高い23.2%となり、7年連続で過去最高を更新した。各社が環境性能に優れたクリーンディーゼル車の新型車を積極的に投入。19年の見通しについて、JAIAは「消費増税など不確定要素もあるが、順調に伸びていくのではないか」とみる。(為広剛)
2019/1/10 13:00
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39842600Q9A110C1XA0000/
7
三菱iでいいや
19
物価は殆ど横ばいなのに車の価格だけ瀑上げだもんね
アルト47万円の頃が懐かしい
32
さすが好景気や
33
ベンツやBMWでも、コンパクトカーを出しているからね。
近所の歯医者もBMWのコンパクトカーだった。
40
一昔前のが嘘みたいに全く壊れなくなったからな
44
ラングラーは良いよね乗って楽しいし使い出があるし値段も手ごろだしオススメだよ。
年末にちょっとぶつけちゃって今スズキに預けてあるけど帰って来るのが待ち遠しい。
47
フィアットすごく見かけるようになったと思ってたけど台数的にはランキングに入らないんだな
48
マセラッティばっか走っとるけどアベノミクス効果やな
67
景気いいなあ
どこの日本だ
73
国産と値段殆どかわらんとこまできてるからなあ…
75

続き・詳細・画像をみる


ZOZO百万当選者「パレスチナ難民のために使いたい」→パレスチナ総代表「了解」→逃げ道を潰される

【ハンターハンター】イルミが旅団に入った本当の理由wwwwwwwwww

琉球新報「ローラさんに勉強しろというのは暴言だ。戦前、戦中を彷彿とさせる」

世界一の富豪、アマゾンの創設者ジェフ・ベゾス氏が離婚…資産15兆円の財産分与に注目が集まる

世界一の富豪、アマゾンの創設者ジェフ・ベゾス氏が離婚…資産15兆円の財産分与に注目が集まる

NGT運営 山口真帆の騒動でメンバーが関与していたことを認める

冬のボーナス50万全部スロットにつぎ込んだ結果wwwwwwwww

『マクロスΔ』1話のワクワク感は凄まじいものがあった

『劇場版シティーハンター』に“キャッツアイ”登場!戸田恵子さんが泪と瞳を担当

【超!閲覧注意】女さん、犬に顔をずーーーっと食べられ世にもおぞましい姿になる(衝撃動画)

三大ガチで要らない演出といえばSPラストボタンPUSH、ST残り10回転カウントダウン、

【悲報】引退の可能性も…「純烈」の友井雄亮が脱退 事実と異なる「解決済み」ブログ削除wwwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先