曜「え!?ここどこ!?」 千歌(大人)「よーちゃん?どうしたの?」back

曜「え!?ここどこ!?」 千歌(大人)「よーちゃん?どうしたの?」


続き・詳細・画像をみる


高海家・千歌部屋
曜「ちぃ〜かぁ〜ちゃ〜ん♪」
曜「ほぉ〜ら!そろそろ起きないと駄目だぞ!」
千歌「Zzzzz・・・」
曜「もぅ!寝る前に朝になったら初詣に行くって言ったのに!」プンプン
曜「千歌ちゃ〜ん!」ユサユサ
曜「お正月からお寝坊さんは駄目っ!」
千歌「うぅ〜ん。もうちょっと〜。後30分〜。」
曜「ちょっとっ!後5分じゃないの!?」
引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1514795302/
4 :
千歌「だから///も、もう一回してほしいな〜。なぁ〜んてね♪」ウルウル
曜「〜〜〜っ/// ホントウニチカチャンハズルイヨ///」ギュ〜
曜「じゃあもう1度っ♪」
チュッ
千歌「/// ありがとうよーちゃん///」
千歌「チカばっちり目が覚めたのだ!」
曜「それはよかった。」アタマナデナデ
曜「それじゃあ着替えてみんなに挨拶しに行こうか!」
千歌「うん♪」
6 :
ようちか初詣いいぞ〜
7 :
千歌「よーちゃんがそういうなら・・・。」
美渡「うへぇ〜、朝から甘ったるくなる・・・。」
志満「それにしても曜ちゃん良かったの?お正月は家族みんなで過ごさなくて?」
曜「うん、ママに聞いてみたら『たまにはパパと2人っきりで過ごしたいから遠慮なく行っておいで♪』って言
われて・・・。」アハハ
曜「だから大丈夫かな。」
千歌ママ「相変わらず仲がいいのね。」
曜「普段あまり会えないからだと思うんですけどね。」
曜「それより私のほうこそお邪魔じゃなかったですか?せっかく家族水入らずだったのに・・・。」
千歌ママ「あら?曜ちゃんはうちの家族みたいなものだし別に気にしなくていいんだよ?」
8 :
何ら違和感なく家族に溶け込む渡辺
10 :
再び高海家・千歌部屋
曜「はぁ〜、お腹いっぱいだね〜。」
千歌「そ〜だね〜。」
千歌「もうこのままぼーっとしたいね〜。」
曜「そうだね〜・・・。って駄目だよ!初詣に行かないと!」
千歌「え〜、お外寒いよ〜。風がぴゅーぴゅー行ってるよ?」
千歌「そ・れ・よ・り〜♪チカと一緒にここでぬくぬくしてよ〜よ♪」ハグッ
曜「とっても魅力的な提案だけど、駄目だよ♪」
曜「1年の計は元旦にあり!だよ!ほぉ〜ら♪いこ〜よ♪」
11 :
たこやき様キター
12 :
|c||^.- ^||b
13 :
曜「寒いのは冬だから仕方ないよ〜。」アタマポンポン
千歌「むぅ〜。はぁ〜、それじゃあ行こうか・・・。」スリスリ
千歌「あまり我侭言ったらチカ、曜ちゃんに嫌われそうなのだ♪」ニシシ
曜「私が千歌ちゃんを嫌いになるて天地がひっくり返ってもありえないよ。」
曜「でも素直な千歌ちゃんは可愛くて大好きだよ♪」
千歌「えへへ〜、チカも曜ちゃんのこと大好きなのだ♪」
曜「じゃあそろそろ行こうか!」
千歌「うん♪ ・・・!?そうだ!よーちゃん!ちょっと待ってて!」パタパタパタ
曜「え?ちょ、ちょっと千歌ちゃん!どこ行くの!」ポツーン
曜「まったく千歌ちゃん相変わらずなんだから♪」
15 :
ごめんちょっと30分離席します。
18 :

19 :
ほす
21 :
再開します。
24 :
千歌ママ「ええ、曜ちゃんの分もあるわよ。」
千歌ママ「ほらっ!曜ちゃんの分は綺麗な水色の着物!」
志満「昔私が来ていたものだから少しサイズが合わないかもしれないけど、着付けでなんとかするから安心して
ね。」
美渡「というわけだから、ほら2人ともさっさと服を脱ぎな!」
千歌・曜「は〜い!」
―着付け完了
千歌ママ「はい!終わり!」パンッ
志満「二人ともとっても可愛くて綺麗よ♪」
美渡「じゃあみんな玄関にいくか。2人の写真を撮ってやるよ!」
25 :
千歌「いいの?」
千歌「可愛い着物せっかく着させてもらったから、撮ってもらえたら嬉しいけど・・・。」
千歌「みんな忙しいいんじゃ?」
美渡「せっかくだしいいんじゃない?写真でも撮っておけば2人のいい思い出になるって。」
千歌「美渡ねぇありがとう!」
千歌「とっても嬉しいよ!」ダキッ
美渡「ほら!///さっさといく!///」
曜「千歌ちゃん!行こうか!」テヲサシノベル
曜「二人の思い出しっかり撮ってもらおう♪」ニコッ
千歌「うん!」テヲギュッ
26 :
高海家・玄関
美渡「じゃあ撮るぞ!」
千歌ママ「2人とももっと寄って!笑顔も忘れず!」
美渡「3・2・1・はいっ!」パシャ
千歌「ありがとうみんな!」
曜「ふふふ、千歌ちゃんとっても可愛く写ってるよ♪」
千歌「そんな/// 曜ちゃんこそとっても可愛いよ♪」
曜「2人の宝物また出来たね。」ダキヨセ
千歌「うん///」
28 :
―神社前
千歌「うひゃ〜、やっぱり人でいっぱいだね。」
曜「そうだね〜。はぐれないようにしないと。」
曜「はい、千歌ちゃん。手を貸して!」
千歌「うん!絶対に離さないでね♪」
曜「もちろん!どんなことがあっても手を離さないよ♪」テヲギュッ
曜「それじゃ並ぼうか。多分30分くらいでお参りが出来ると思うよ。」
千歌「そうだね。でもよーちゃんと2人ならあっという間だね。」
曜「私も千歌ちゃんと一緒ならどこでも楽しいよ。」
29 :
曜「でも、疲れちゃったら言ってね。」
曜「私が抱っこしてあげるから♪」
曜「千歌ちゃん専用の曜ちゃん号に乗船してもらってもいいのであります!」
千歌「ぶー、流石に着物姿で抱っこされたら恥ずかしいよ!」
曜「えー、せっかく千歌ちゃんをお姫様抱っこしてあげられると思ったのに・・・。」トホホ
千歌「そんなことされたらお正月早々恥ずかしさで死んじゃうかも。」シクシク
曜「それは困る!でも千歌ちゃんが死んじゃっても大丈夫!」
千歌「ふえ?大丈夫なの?」
曜「私のキスで生き返らせてあげるね♪」ミミモトササヤキ
30 :
千歌「もぅ!///今日のよーちゃんは恥ずかしすぎの意地悪しすぎなのだ!!///」
曜「あはは、お正月に千歌ちゃんと過ごせて少しテンションが上がっちゃったのかも。」
曜「ごめんね・・・。嫌だったかな?」
千歌「ううん。恥ずかしいけどよーちゃんに愛されてるって思うと///」
千歌「えへへ///幸せだから嫌じゃないよ///」ウデクミ
千歌「だからこれからもい〜ぱい意地悪してもいいよ〜!なぁ〜んて♪」テヘペロ
曜「あ〜、もう〜♪可愛い!」
曜「千歌ちゃん!ずっと、ず〜っと可愛がってあげるよ!」
千歌「うん♪ずっとおそばに置いてね♪」
31 :
―拝殿前
曜「よ〜やく見えてきたね。」
千歌「そ〜だね。お外寒いかなって思ったけど、よーちゃんにくっついてたから全然寒くなかったのだ♪」
曜「私もだよ♪千歌ちゃんのおかげでポッカポカだったよ!」
曜「お賽銭用意しなきゃ。はい!千歌ちゃん!」
千歌「ありがとうよーちゃん!」
曜「一緒にお願いしようか?」
千歌「うん♪」
曜「せ〜の!」チャリン
32 :
曜「・・・・。」
千歌「・・・・。」
曜「千歌ちゃんなんてお願いしたの?」
千歌「チカのお願い?多分よーちゃんと同じだと思うよ?」
曜「ふふふ、私も一緒だと思う♪」
曜「千歌ちゃんとずっと仲良く幸せにラブラブで過ごせますようにってお願いしたよ♪」
千歌「やっぱりよーちゃんと同じお願いだったのだ♪」ニコニコ
曜「じゃあいこっか♪帰りもはぐれないように、はいっ!」テヲサシノベ
千歌「ありがとう♪」ギュッ
34 :
―社務所
千歌「おみくじ1回お願いします!」
曜「私も1回お願いします。」
巫女「はい、こちらをおふりください。」
千歌「さあ今年こそ大吉引くぞ〜!」
曜「あはは、私も頑張るぞ!」
千歌「ええっと・・・、1番!1番です!」
曜「おお〜、なんか良さそう。私はっと・・・。3番だね。」
巫女「はい、それではお受け取りください。」
36 :
千歌「夢じゃないかなって///」
千歌「だから幸せすぎてチカちょっと怖いかも・・。」ウルウル
曜「大丈夫だよ。私がずっとそばにいるから。」
曜「千歌ちゃんがピンチになったら絶対にかけつけてあげるから。」
曜「だから安心してほしいな♪」
千歌「うん!」
千歌「よーちゃんの言葉だから信じられるよ///」
曜「さあ帰ろ♪ちょっと暗くなってきたから危なくなる前にね?」
千歌「うん♪」ウデニギュッ
37 :
―高海家・千歌の部屋
曜「はぁ〜やっぱり千歌ちゃんの家は癒されるね〜。」
千歌「そ〜だねぇ〜。」
曜「着物から着替えたからもう完全にまったりモードだよ〜。」
千歌「そ〜だねぇ〜。」
曜「・・・、って千歌ちゃん?流石にだらけすぎじゃないですか?」ツンツン
千歌「今日のチカはもう閉店したのだ〜。」
千歌「だから何もやる気がおきないのだ〜。」
曜「へぇ〜、じゃあ千歌ちゃん私帰っちゃってもいいのかな?」
39 :
イケ曜ちゃんいいぞー
40 :
千歌「でもたまに本当だったらって思うと不安で、怖くて・・・。」グスッ
曜「ごめんね・・・。これからは出来るだけ意地悪しないようにするよ。」
曜「お詫びってわけじゃないけど、何か1つだけ何でもしてあげるよ♪」
千歌「いいよ、別に・・・。こうしてもらってるだけで十分なのだ。」
曜「それじゃ私の気がすまないよ。」
曜「私が何かしたいの!何かさせて!」
曜「なんでもいいから! ね?」ウワメヅカイ
千歌「それじゃあ・・・、チカお願いするね?///」
千歌「チカのこと壊れちゃうくらいぎゅっとして!」
43 :
はい!
というわけで初詣編終わりです。
ご覧いただきありがとうございました。
相変わらず砂糖吐きそうなくらい甘々にしてみました。
次も機会があれば甘々ようちか書きたいと思います。
44 :
前作も宜しければご覧ください。
千歌「新年!」曜「明けまして!」千歌・曜『おめでとうございます!』
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1514730069/
45 :
甘々過ぎるようちかって需要あるのか悩みどころだわ
46 :
おつおつ
高海家との絡み良かった
47 :
むしろ需要しかない
ようちか年越しそば編まで続けてどうぞ
49 :sage(たこやき) 2018/01/01(月) 23:08:26 INaTM7eZ
需要ありそうで良かった。
じゃあまた甘々なようちか書くことにします!
イケ曜と姫千歌っていう設定は変えるつもりないけどね。
50 :
sage入れるところ間違えた・・・
51 :
|c||^.- ^||もっとたくさん書いてくれていいですのよ
52 :

続き・詳細・画像をみる


『ONE PIECE』最近の「悪魔の実」意味が分からない… 昔のワンピ「ゴムゴムの実 バラバラの実」←分かりやすい!最近のワンピ「キロキロの実 ドアドアの実」←は?

爆走兄弟レッツ&ゴーとかいう神アニメ

【悲報】バドミントン桃田、女子選手とセ○クスをして今度こそ永久追放か

【画像あり】くっそブス男優と美女のAVってどこに需要あるねん…

【悲報】映画館行きまくった結果ww

中古車を“現車見ないで”買うという選択

職場のテニス歓迎会で、借りたラケットの振動止めと言うパーツを3個も壊してしまった。弁償した方がいいの?

爆走兄弟レッツ&ゴーとかいう神アニメ

『ペルソナ5』19話感想 修学旅行でハワイへ!ギスギスしてきた・・・

樋田容疑者のとばっちりで逮捕された無職男(44) 「(樋田容疑者は)アホやろ...単純に」

友達「でさーw」 ワイ「(なんでワイ以外と仲良くしてるんや…!)」イライラ

一般的なスパロボでの光景wwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先