大学卒業して恋が終わったので勝手に語りたいback

大学卒業して恋が終わったので勝手に語りたい


続き・詳細・画像をみる

1:
こっちのほうがよさそう?なので暇な人いたら
3:
まず1が男か女かをだな
4:
初めての書き込みなんで右左分からないですが、見様見真似でやってみます
とりあえず俺スペック 都内大学生、今年4月から故郷で市役所職員 ルックスは中の下 
相手スペック 都内大学生、今年4月から都内某有名企業に就職 関西出身 神田沙也加に似てるので以降さやかと呼ぶ

5:
さやかと出会ったのは大学2年の夏だった
自分が所属していたサークルに物足りなくなり、友人に誘われて入ったサークルで初日に出迎えてくれたのがその子だった
結構キツめな顔をしてるけど、話してみるとすごい面白くていい意味で気を遣わず、一緒にいるだけで時間がすぐに過ぎていくような子だった
思えばもうこの時点で好きになってたのかな
6:
そして大きな事件が!
8:
>>6
大きな事件はない笑
まぁ、出会って1ヶ月後くらいに向こうに彼氏ができてしまって、まぁ可愛いしあたりまえだよなぁって少ししょげるぐらいでそこまで衝撃的なことではなかった
7:
ここでCMです
9:
そっからは俺にも彼女ができたりで、お互いの恋愛事情を語りつつ相談しあうという、まぁ至って普通な関係を続けていた
でも、仲良くなればなるほどさやかのことが気になってしょうがなくて、自分でも最低だとは思うが頭の片隅ではどこかでさやかのことは意識してた
10:
それでも向こうは彼氏持ちだし、結構幸せそうにしてたのでもちろん行動を起こす気は毛頭なかった
俺は半年ほどで彼女とは別れてしまったが(理由は価値観の相違)さやかはすごい慰めてくれた
落ち込んでるときに頭ぽんぽんされたりしたら、結構男として来るものはあるだろうが、理解していただけるかな
11:
見てる人いないかな?
まぁ、勝手に語らせていただく 
しばらく大学生活を謳歌しつつ、普通にすごしていると共通の友人から俺の家でさやかと3人で飲もうと電話が入った
特に予定もなかったため、愛車のRG50Γをセイユーまで走らせ、ラックススーパーリッチと普段はめったに使わないコンディショナーを買い、部屋を掃除して2人を待っていた
13:
RG50ガンマなんておまえいくつだよ。
14:
>>13
22です。親父が2st信者で俺も趣味が昔の2stになってしまいした。今はDT50に乗り換えしたが、このときはΓに乗ってました
15:
飯食ってたので続きを
すると、誘ってきた友人が遅れるとの連絡があり、さやかとまずは落ち合うことになった
内心、どうしようって思ってたけどめっちゃ普通に接してくれたので助かった
駅近のスーパーで飲み物とか飯とか買って家に向かってる時に、
「最近さぁ、彼氏とうまくいってないんだぁ」とさやかがぼそっとつぶやいた
話なら聞くよと、話を聞こうとしたけど結構長くなるみたいなので近くの公園に入ることにした
16:
読んでるから語ってくれ
17:
>>16
そう言ってもらえるとすごく嬉しい
お言葉に甘えます
話を聞いてみると、彼氏は自分に自信がないらしく、それがストレスになってしまいさやかに強く当たっているとのこと
例えば身長とか、体型とかそういう感じかな
さやかはなんどもそんなことない、私は気にしないって彼氏に伝えたらしいがやっぱり本人は克服できずに、さやかに当たってしまうらしい
落ち着いたあときちんと謝ってくれるものの、辛いと
話しているうちにさやかが泣き出してしまって、俺はあわてふためいてた
周りからは俺が泣かせたようにしか見えなかっただろうな
いてもたってもいられなくて、さやかを抱きしめてしまった
頭をなでながら、気の済むまで泣いていいから、としか言えなかった自分が情けない
18:
さやかが落ち着いた後、内心俺は彼氏に怒り心頭だった
ふざけんなよ泣かせやがって、しかも自分勝手な理由じゃないかとぐっと拳を握りしめた
彼氏とは面識はないので特に文句を言えるわけもなかった
しばらくすると遅れてくる友人が家に向かってるとのことなので、家に戻った
まだ涙の跡が残っているさやかを見て、友人はなにかを察したのか楽しい話題を振ってくれてその日の宅飲みは至って普通に楽しく終わりを迎えた
19:
そこからはまた普通に月日が流れていって、俺も大学4年を迎えた。
民間にはあまり興味がなかったので、東京の市役所を受けるが全落ちしてしまった。
第一志望は故郷の市役所だったので、そこは別にショックではなかった。
最終的には第一志望から内定を頂き、後は残りの単位をどう取得するかとどう過ごすかを考える日々だった。
20:
読んでるよ
21:
>>20
ありがとう
続けます
もうその時には本気でさやかを好きになってた
俺はサークルでは一発ギャグをして場を盛り上げるようなムードメーカーだったので、この頃にはすでにみんなの前でさやか好きだーとか普通に言ってた
このまま大学生活が終わるのか...と思うと寂しくて、思い切ってダメ元でも告白しようと思ってデートに誘った
22:
自宅近くでカーシェアして、ブルーのスイフトでさやかを家の付近で拾った 
とにかく夜景が綺麗なとこに連れて行きたかったので、首都高に乗りC1経由でレインボーブリッジからの東京ゲートブリッジという、夜景てんこ盛りのドライブコースだった
もう一度Uターンして、お台場海浜公園に車を止めて二人で海沿いの道を歩いた。
さやかも、いつもの俺とは違う雰囲気を察したのか、口数は少なかった。
23:
砂浜から夜景を見つつ、俺はいつ言おうかとタイミングをはかっていた。
心臓の高鳴りが自分でも聞こえるくらい、ドキドキしていたのを感じた。
そして、意を決して言ったのが、
さやか、俺と結婚してくれ。
だった
24:
好きすぎて自分でもぶっ飛んだことを言ってしまった。
21の俺が、今まで告白したことはあれどプロポーズしたことはない。
とりあえずもう後には退けなかったので、自分の思いの丈をぶつけることにした
さやかを大好きだということ、幸せにするということ、いつもそばで笑っていてほしいということ、後悔だけはしたくなかったので全力でぶつけた
25:
ごめん、今の幸せを大事にしたい
俺はすごく仲の良い友達だけど、男しては見れない
ほんとにごめん 
そう言われた。ダメ元だったし、そう言われるのは分かってたけどかなり辛かった。このまま東京湾の藻屑になりたい、そんな気分だった。
でも、そこで変にテンション下げてしまってはカッコ悪いので、最高にテンション上げて場をもたせた。それが無理してるって、さやかも分かってたかもしれないけど、どうでもよかった。
26:
さやかを家の近くまで送り届けたあと、ふざけてブレーキランプ5回点滅させたがいまいちピンと来てなかったようだった。
帰りの車で、ずっと堪えていた涙がとめどなく溢れてきて、甲州街道の一番左の車線でハザードを焚いてわあわあ泣いた。
あんなに泣いたのは、初めてかもしれないってくらい泣いた。
それからはまたいつもの日常にもどり、夏休みを満喫して最後の秋学期が始まった。
27:
ほろ苦いのう。
だがいきなりプロポーズとは思い切ったな。
若さゆえの真剣さが極端に発露してしまったかw
腰折ってすまん。続けてくれ。
28:
>>27
想いがとまらなかったです。それくらい、好きでした。というか今でも好きですね。いえいえ、レスつくと嬉しいです。
続けます!
そっからは春休みまではとくになにもなかったが、ある日卒業旅行の話になった。
海外でも行くのかと思ったら、なぜか俺の実家に来たいとのことで東北旅行になった。(俺の実家は北東北です)
まぁ、安比高原でスキーをするというスキー旅行みたいなもんだけど、それだけをモチベーションにバイトと単位取得に精を出した秋学期だった。
29:
そしてその卒業旅行が今からちょうど1週間前の話で、結果から言えばすごい楽しかったがすごい訳の分からないことになった。
一日目は俺の家で薪ストーブにあたりぐだって、温泉に行って終了するというまぁまったりした一日だった。
6人来たので、レンタカーを1台借りたがさやかはずっと俺の車に乗ってくれた。
どう考えても俺のリフトアップジムニーには女の子が乗るような乗り心地と快適性はないのだが、文句1つ言わず乗っていたので大したものだと半ば感心していた。
車内ではいろんな話をして、いろんな曲をかけて楽しい時間を過ごした。
二日目も楽しみにしつつ、みんなで酒を飲んで就寝した
30:
二日目になると、さやかが体調を崩してしまった。
二日目に安比高原に行くつもりだったが、急遽予定を変更し二日目もまったりすることにした。
俺はここぞとばかりにさやかの看病を買って出て、土地に詳しい俺が薬局に行ってスポーツドリンクや薬、冷えピタなどを買って看病した。そのかいもあってか、午後にはだいぶ体調が良くなったみたいで、市内観光を少しだけしてまた温泉に入り二日目も終えた。
31:
三日目はまぁ、スキーをするだけでその日にみんなは帰ってしまうので、とくになにも起こらないと思っていた。
ゴンドラも二人で乗ったし、二人で色んなコースに行ったけどなにも起きなかったのでああ、これで終わりか...と思っていた。
でも、最後の最後でびっくりするようなことが起こった。
なぜかスキー帰りの車内は静かだった。まぁ、疲れているんだろうとしか思わなかったが、さやかがいきなり話があるから耳貸してと言ってきた。
二人しか乗ってない車で耳貸してもあるのか?と思いつつなんだ?と言いながら前を見ながら顔を近づけたら、ほっぺにチュッとされた
32:
何が起こったのか分からなかった。
次はどこ曲がるのかと後ろを走るレンタカーに乗る友人から俺の特小無線に応答を呼びかける声が何度も聞こえていたが、それどころではなかった。
旅行で色々してくれたから、お返し
とだけいって、さやかは顔を下に伏せた。横からでも分かる、顔が少しだけ紅くなっていたのが。
自分の顔もまた、それに釣られて紅潮しているのに気づいた。今まで元カノにされたキスの何千倍も幸せを感じるものだった。
33:
花火の散り際の美しさを感じる。
34:
しばらく車内に沈黙が流れた。
レンタカー組は返却手続きがあったので、俺は駐禁が取られたくなかったので駅前のパーキングに車を止めることにした。
パーキングにつくと同時に、これで終わりか、という想いが一層強くなった。さやかからはキスされたが、自分からもしたかった。
俺からも、していいか...?
と言った。最初は笑いながらえー、男子はしてもらうほうがいいんじゃないのー?笑と言っていたが俺が真剣だと分かるやいなやいいよ、とだけ言ってさやかは前を向いた。
36:
シートベルトを外して、髪をかき分け、頭を座席の中央に寄せる。
顔がまだ紅かった。キスされてから恥ずかしくて直視できていなかったが、そのことに今気づいた。
ほっぺにキスするだけでこんなに緊張するものだとは知らなかった。10秒くれ、と心の準備をしたが余計に心拍数をあげるだけだった。
じゃあ...と言ってほっぺにキスをした
その後、また10秒ほど沈黙があった。永遠のように感じる長い時間だった。
その後はなにもなかったかのようにみんなと合流し、みんなが乗る新幹線を見えなくなるまで見送った。
37:
泣けてきた。
38:
みてるよー
甘酸っぱいなあ
39:
恋が終わり結婚決まったので愛になりますじゃつまんないのでバッドエンドお願いいたします!
40:
すいませんちょっと外に出てました
そして、その所属していたサークルの追いコンがあったのと、卒業式のために東京に出てきた
卒業旅行からは数日しか経っていなかったのでどういう顔で話せばいいのか分からなかったけど、いつも通り話してくれて安心した。相変わらず俺の隣に座ってくれて、小悪魔にもほどがあるなと思いながらも追いコンはお開きになった。
翌日さやかは用事があるので2次会には参加しないとのことだった。これでもうしばらく会えなくなると思った矢先、さやかから少し話をしようと言われた
みんなが2次会のカラオケに向かう中、俺ら二人だけ違う場所に向かうのでみんなからは驚かれてからかわれたが、全く気にしなかった
そして、都心が見える公園でベンチに座って話をすることになった
42:
俺らは、お互いが別の人生を歩むことを当然分かっていた
一方は東北、一方は東京。昔ほど交通の便は悪くないとは言え、頻繁に来れる距離ではない。それに仕事も始まれば色んなことを覚えなきゃいけないし、忙しくなる。
ここでなにをさやかに伝えるべきか分からなかった。また、好きだと伝えるべきか...やめておくべきか...
沈黙の最中、すごく悩んだ。
結果から言うと、俺が幸せにするよ、ではなく幸せになってねと伝えた。現実、状況を鑑みれば現実的に二人がやっていくことは非常に難しかった。だから、俺はさやかに彼氏と幸せになってくれと頼んだ。
本心とは全然違う言葉なのは分かっているし、未練もタラタラなのは知っている。でも、ここを乗り越えないと、お互いが幸せにはなれない、そう思って絞り出した答えだった。
自分が泣いているのが分かった。
そして、さやかも。
しばらく、言葉が出てこなかった。
43:
じゃあ帰ろっか...って言われて、ホントにもう終わりなんだって、胸が締め付けられる思いだった。その直後に、彼女はこう言った
キスしよっか
また、なにを言っているのか分からず動揺した
最後の最後で、こんなことが起こるとは思わなかった
その公園は、二人だけの空間のように思えた
遠くに見える東京タワーが、涙で歪んで見える。
じゃあ...とだけ言って、唇にキスをした。それは、性的な感情を全て排除した、正真正銘の別れのキスだった。
それは、今までしたことのない、キスだった。
駅まで見送った後、改札の前で抱きしめて、見えなくなるまで手を振った。
しばらく涙が止まらなかったので、少し時間をあけて2次会に参加した。
波乗りジョニーを、嗚咽をこらえながら歌って、少しでも想いが届けばいいなって思った、大学最後の春休みでだった。
44:
以上になります
すごい自分でもわけわからない言い回しになってて、想いがあふれてきて読みにくかったかもしれませんが、お付き合いして頂いたかたありがとうございました
45:

屈託のないいい話だった
次からはもう少し練って転載されるようなストーリーにするといいかもな
48:
>>45
ありがとうございます
如何せん初めてなもので、文才もない私にそう言って頂けると光栄です
46:
今は遠き青春の甘酸っぱさを堪能できた。
この恋を経験して、キミはきっと一回り大きく優しい人間になれるから、
彼女を好きだった自分に誇りを持ってしっかり社会人として働いてくれ。
そんなキミを好きになってくれる女性が必ず現れるから。
49:
>>46
応援してくださってありがとうございます。最高の恋愛だと思っています。彼女のような素敵な女性に出会えると自分でも祈る次第です。
50:
>>49
そっか、言われてみれば時期的にここ数日の話な訳だよな。
おっさん久しぶりにほろ苦いけど一所懸命な若者の話を聞けて嬉しかった。
お国へ帰っても頑張ってな。
4

続き・詳細・画像をみる


【ミリマス】プレゼントは【SS】

パチ屋行って台取るのに下皿にiQOS本体置いてた結果wwwwww

彼女いない歴=年齢が馬鹿にされる理由がわからんのやが

民進新党名、「民主」有力 立憲と本家争いへ 新党の党首は当面、大塚、玉木両氏による共同代表制とする案が浮上

立憲・枝野代表「警察や海保から幹部を半分以上送り込んで自衛隊をつくり直せ」

ソニー映画、脱大作でヒット リメークが歴代1位に

試食のバイト、買わなくてもいいから食べて欲しいと経験者「感想を言ってもらえるだけでありがたい」

中居正広、ラジオで稲垣、草なぎ、香取が歌う「雨あがりのステップ」オンエア、「雑音が入ってないと売れない」と感想

「利己的な遺伝子」の意味を博識なj民がワイに優しく解説してくれるスレ

村上ショージ、手術していた さんまがラジオで明かす

科学の疑問に詳しい人が分かりやすく答えてくれるスレ

【モバマス】工藤忍「ラブソングを あなたに」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先