飼い主が危ない!心臓発作を起こした飼い主の命を救った猫back

飼い主が危ない!心臓発作を起こした飼い主の命を救った猫


続き・詳細・画像をみる

1. カラパイア »
2. 知る »
3. 動物・鳥類 »
4. 飼い主が危ない!心臓発作を起こした飼い主の命を救った猫

-->
飼い主が危ない!心臓発作を起こした飼い主の命を救った猫
2018年03月29日 ι コメント(2) ι 知る ι 動物・鳥類 ι #
 飼い主を襲った暴漢を追い払ったとか、飼い主が事故に遭ってしまった時に助けを呼びに来る犬の話はよく聞く。だけど人間を助けるのは別に犬の専売特許じゃない。
 猫だって飼い主を助けるのだ。犬に襲われた少年を助けた勇敢なタラの物語を知っている人も多いだろう。
 普段はツンとおすまし、人間となれ合うのが好きじゃない猫だって、イザとなったら必死になって飼い主を助けようとするのである。
 これは、心臓発作を起こした飼い主の命を救った猫の物語である。
スポンサードリンク
-->
人に懐かなかった猫
 ブランディ・ミラーさんの母親、タミーさんと継父のカーク・マティスさんは、ショッツィーという猫を飼っている。ミラーさんが11年前に譲り受けた子猫だ。
 しかし、ショッツィーは人間に懐くタイプの猫ではなかった。そばに寄れるのは、タミーさんとカークさんだけで、来客があれば隠れてしまう。ミラーさん姉妹に対してすら追い払おうとするのだった。
 「単に私や姉妹のことが好きじゃないんですよ」とミラーさんは思っていた。
image credit: Brandy Miller/The Dodo
飼い主が倒れた!すぐに行動を起こした猫
 そして3月2日の早朝に事件は起こった。
 カークさんが大きな心臓発作に見舞われたのである。
 カークさんは毎朝、午前4時に仕事に行く。その日もショッツィーにエサをやり、出かけるところだったのだろう。しかし、玄関に向かおうとしたところで心臓発作が起こり、そのまま倒れてしまったのである。
 非常事態を察知したショッツィーは、すぐに行動を起こした。
 寝室に駆け戻ってベッドに跳び乗り、寝ているタミーさんの身体の上を歩き回り、枕元で飛び跳ねたのだ。そして、今までに一度も出したことがないような声で鳴いたのである。
 「ショッツィーはピューマみたいな声で吼えたわ」とタミーさん。
 ショッツィーの様子から何かが起こったことに気づいたタミーさんは、すぐに起き出してリビングルームへと向かった。
 そこでカークさんが倒れているのを発見したのである。
 緊急通報を受けて駆けつけてきた消防団員の処置のおかげで、カークさんの心臓は鼓動を再開した。そして、間一髪のところで、病院への搬送が間に合ったのである。
image credit: Brandy Miller/The Dodo
もう目が離せにゃい。退院後も飼い主を護衛する猫
 2週間の入院の後、カークさんは自宅に帰ってきた。近いうちにバイパス手術が必要とはなるが、とりあえずのところは容態が安定したのである。
 それ以来、ショッツィーはカークさんのそばを離れずにいる。
 「(ショッツィーは)カークのことをずっと見ているんです、トイレに行く時でさえもね」とミラーさん。「常に視界の中に入れてるんです」
image credit: Brandy Miller/The Dodo
やっぱり最高の猫だわ!
 一家の人々は、ショッツィーが一緒に暮らしていたことに深く感謝している。特にカークさんは、感謝の念が十分に伝わっているか常に気にかけている。最上等のエサを与え、最高の暮らしができるよう、気を配っているそうだ。
 また、この一件以来、娘のミラーさんとショッツィーの関係も少しずつ変化している。ショッツィーは、今までよりも頻繁にミラーさんのそばに来るようになったのだ。ミラーさんは二度とショッツィーを「いじわる猫」とは思わなくなった。
 「11年前にこの猫を選んで連れてきたことを、これほど感謝したことはありません」とミラーさん。
 「神さまの計画には、時には四つ足の友達も含まれているんですね。すばらしい仲間だというだけじゃなくて、とても賢いし、時には私たちよりずっと優れた感覚を発揮するのよ!」
image credit: Brandy Miller/The Dodo
References: The Dodo / Facebook など / written by K.Y.K. / edited by parumo
あわせて読みたい
飼い主を救うのは犬だけではない。様々なペットが飼い主を救った7つのドラマティック物語
動物たちの無償の愛。人間を助けた10の動物たちの物語
人間にとって真のヒーローとは動物たちなのかもしれない。絶体絶命のピンチを救ってくれた18の動物物語
おばあさん、助けてあげて!隣人のピンチを救ったヒーロー猫(カナダ)
地下に捨てられたていた赤ちゃんをあたため続け命を救った猫(ロシア)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
スポンサードリンク
- twitter公式アカウント
- facebook公式ページ
- Google+公式ページ
- カラパイア全記事一覧
「知る」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリをもっと見る
この記事をシェア :
人気記事
最新週間ランキング
1位
11324 points
葛飾北斎から学ぶ絵の描き方。絵を描くための手引書「略画早指南」がインターネット公開。
2018年3月23日
913520705762
2位
1979 points
特定の植物のエッセンシャルオイル(精油)が胸を大きくする可能性。ただし男性に限る(アメリカ研究)
2018年3月24日
185669351
3位
1743 points
他人のストレスは伝染する。細胞レベルで自らの脳を変化させていることが判明(カナダ研究)
2018年3月19日
78666924741
4位
1688 points
脳を保存して意識をコンピューターにアップロード。電脳化の為の脳保管プロジェクトが開始される。ただし100%致死的
2018年3月24日
1273314992
5位
1376 points
オレゴン動物園がはじめた「アマゾンのカスタマーレビュー風に動物たちを紹介」する企画が大ウケしている件
2018年3月20日
8614511351
もっと読む
----------------------------------------------------------------------------
スポンサードリンク
Facebook
カラパイア
コメント



1


1. 匿名処理班


- 2018年03月29日 11:46
- ID:Bduki2N80 #





こりゃ利発そうな猫ですわ
毛並みも綺麗だし大事にされてきたんだろう






2


2. 匿名処理班


- 2018年03月29日 11:53
- ID:EWJzdEYh0 #





出来たにゃんちゃんだ
ウチの子なら倒れた俺に餌の催促をすると思うわ






3


3.


- 2018年03月29日 11:56
- ID:rPPMWx0.0 #











4


4.


- 2018年03月29日 12:09
- ID:oFPEdVsE0 #











5


5.


- 2018年03月29日 12:21
- ID:knM2e7SN0 #











6


6.


- 2018年03月29日 12:21
- ID:qDWQ.UlT0 #











7




続き・詳細・画像をみる


ワシやオオカミが暮らす廃倉庫で居候を始めたバカだけど

【悲報】里親の80%以上が「養育で困難」を経験、25%が養子関係を解消  「愛着障害(暴力的な衝動)が見られる」 「ばれるようなウソをつく」

【悲報】今年の花粉、ガチでヤバすぎる

【朗報】甲子園に偏差値76・慶応女子の巨乳JKが映ってしまう!

東京オリンピックのボランティア、1日5時間でメシありユニフォーム提供の厚待遇・・・やるか?(※画像あり)

おばあちゃんがデパートに行くためにバス停でバスを待っていたらなかなかこない。

【画像】女ってこのくらいの肉付きが理想だよな?

【悲報】4月から「初診料」が800円も値上げされるぞー あと国保料の上限もアップな

数学どこで挫折した?素人「数学A」玄人「数学A」敵「数学A」

(´・ω・`)はメールを打つようです

【画像】この時期のリクルートスーツの女性即ハボすぎなんだがwwwwww

【悲報】ドラゴンボール超、最終回であれだけ作画に力入れてもワンピースに勝てず

back 過去ログ 削除依頼&連絡先