ダイハツ乗用車第1号は美しきイタリアン 1964年発売「コンパーノ」back

ダイハツ乗用車第1号は美しきイタリアン 1964年発売「コンパーノ」


続き・詳細・画像をみる

1:
”カロッツェリアに依頼
マイカー時代の幕開けとなった1960年代、三輪トラックメーカーだったダイハツは時代に乗り遅れまいと、乗用車への参入を画策していた。
61年秋のモーターショーに700ccの試作車を出品したものの、予想外に不評だった。原因はデザイン。小型車には不似合いな大型のフロントマスクが洗練さを欠いた。デザインの重要性を痛感したダイハツは、洗練されたスタイルを求めてイタリアのカロッツェリア(車両デザイン工房)の門を叩いた。
当時、日本ではカーデザインの手法が確立されていなかったため、各メーカーはカロッツェリアにデザインを依頼していた。プリンス「スカイラインスポーツ」はミケロッティ、日産「ブルーバード」はピニンファリーナ、マツダ「ルーチェ」はベルトーネが手がけた。
ダイハツが白羽の矢を立てたのは「ビニアーレ」。フェラーリやマセラティを代表作に持つ名門だ。
ダイハツの乗用車第1号は「コンパーノ」と名付けられ、63年6月にワゴン、翌64年2月には独立したトランクを持つセダン「コンパーノ・ベルリーナ」が登場した。
モーターショーで復活
小さなボディのコンパーノはバランスのとれたモダンなデザインが特徴。当時のカタログには「美しいイタリアン・スタイル」と謳われた。内装もイタリアンムード満載。木目張りのダッシュボードに黒い4眼メーター、3本スポークの細いウッド調ハンドルはスポーツ心をくすぐる。
ただし、中身が旧態依然なのは否めない。フレームはトラックと同じハシゴ型、800ccエンジンは41馬力足らず。
ダイハツは性能の低さと販売力の弱さを補うため、派生モデルを次々と繰り出す。とくにオープンカーの「スパイダー」は美しく、当時の国産車
中でも印象深い一台だ。
それでもコンパーノは販売面で苦戦を強いられ、6年間の生産台数は約12万台止まり。69年4月には提携先のトヨタとの兄弟車「コンソルテ」にバトンタッチして、一代限りで姿を消す。
登場から半世紀、もはや過去のクルマとなったコンパーノだったが、昨年の東京モーターショーに突如、コンセプトモデルとして“復活”した。4ドアクーペの流麗なスタイルは未来的で、イタリアデザインから出発したダイハツ乗用車のDNAが息づいていた。(中村正純)
※コンパーノはイタリア語で「仲間」、ベルリーナは「セダン」の意味
【データ】コンパーノ・ベルリーナ800デラックス
水冷直列4気筒OHV797cc 41馬力
全長3800ミリ×全幅1445ミリ×全高1410ミリ
車両重量755キロ
最高度110キロ
乗車定員5人”
産経WEST 2018.3.24 10:55
http://www.sankei.com/west/news/180324/wst1803240034-n1.html
116:
>>1
画像も貼らずに
iframe未対応です
2:
見たことない
4:
カロッツェリアすげーな
ただのナビ屋じゃ無かったのか
5:
ダイハツは昔からイタ車好きの心を微妙に
くすぐるw
91:
>>5
微妙過ぎて相手にされてないけどな (´・ω・`)
12:
>>5
デトマソと組んでたし
今じゃ安全上で出せない形状だな
57:
>>12
シャレードのエンジンを供給してたな。
94:
>>12
コロンボ警部に乗ってほしいw
117:
>>12
優美なデザインだよな
この時代のイタ車は美しい
11:
かっちょえ?な
13:
イタリアからカーデザイン学ぶとかまだまだ発展途上国だったよな
17:
オープンのスパイダー
18:
コンパーノ

コンパーノベルリーナ

コンパーノベルリーナスパイダー
どう考えてもやりすぎだろ
車名長すぎだわ
70:
>>18
ベルリーナスパイダーだとセダンオープンカーの訳になるよ。
名はコンパーノスパイダーが正しい。
19:
デトマソ926ターボ
22:
ミラジーノがコンパーノのDNA継いでたな
31:
>>22
それはマネクーパーだろ
23:
いま見たら50年前のクルマはどれも美しい
40:
>>23
ヨタハチに乗っている。自分が入手してから20年。
78:
>>40
小学生のときから2000GTよりスポーツ800のほうが格好いいと思ってた。うらやましい
24:
926Rが好きだ
26:
ピニンファリーナ・ジウジアーロ・ベルトーネはスーパーカーブームの時よく聞いたがビニアーレって初耳だわ
予測変換でも出やしない
32:
>>26
ショウ用コンセプトカー
ダイハツスポーツ
https://221616.com/car-topics/20070530-a35986/
3輪トラックメーカーから乗用車メーカーへの脱皮を図るダイハツが、イタリアのビニアーレ社とのコラボで生み出した幻のショーカー、それが『ダイハツ・スポーツ』だ。
63年のトリノ・ショーに、このクーペとコンバーチブルを出品している。行方不明だったが、海外のオークションに出たのを知り、ダイハツが買い戻した。
95:
>>32
いいデザインだなあ
27:
メッキパーツが美しいね
28:
竹が材料で使われてると聞いた
33:
>>1
美しいデザインだのー惚れ惚れするわ
この頃のデザイン大好き
38:
ガワこのままで、中身最新の技術積んで売ってくれよ。買うから。どっかの企業が中身プリウスで2000GT造ったろ
41:
>>38
衝突安全性能の問題で無理
どんどん出っ張りは無くなる方向
43:
レトロデザインって日本人の好みに合うのかね
45:
シャレードは知ってる人多いだろうけど
シャルマンとかみんな知ってるかな…?
52:
>>45
一応ダイハツ初の高級車だね。ベースはカローラ。
コンソルテもそうか。
80年代に支那へ行った時、北京の街はシャレードだらけだったな。
81:
>>45
家の車がシャルマンだった
伯父さんとこもシャルマン
66:
シャレードデトマソはマジ欲しかった
75:
コンバーノ・スパイダーには憧れました。
隠密剣士のスポンサーがダイハツでモノクロのCMを見たもんです。
89:
シャレード デトマソ ビアンカ
その頃のコンパクトカーでは最もお洒落だった気がする
バブル期はどのメーカーも勢いがあったな
100:
>>89
>シャレード デトマソ ビアンカ
はバブル崩壊後のクルマ。
103:
シャレードデトマソは2代目からだけど初代でも計画はあったのだよな。
初代の丸目のシャレードが一番好きだな。
105:
コンパーノベルリーナは美しいよなあ
107:
新しいコンパーノ発売する気じゃないのかな
いいと思うけどね
【車】ダイハツ乗用車第1号は美しきイタリアン 1964年発売「コンパーノ」
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1521894250/
iframe未対応です
コメント一覧
1.
2. 1.名無しさん
3. 2018年03月26日 12:02
4. ID:wuHq9HN90
5. コンセプトモデルは丸目じゃないから論外
6.
7. 2.名無しさん
8. 2018年03月26日 12:08
9. ID:m9UOi6bN0
10. 3

続き・詳細・画像をみる


生まれて初めてファミチキ食べたんやけど

【アニメ】4月9日スタート「ゴールデンカムイ」杉田智和・大塚明夫・関俊彦が追加キャストに、新PVも公開

【森友】政府批判を繰り返す小泉進次郎さん、朝日新聞が逐一報道し取り上げる

中小企業「『年間休日100日以上』『アットホームな職場です』と募集してるのに誰も来ない」

ゾイドって安かったよな

P 「あー、佐々木千枝とキスしたい」 橘ありす「…」ムカ

岡本和真 .267(60-16) 4本 15打点 14三振 四球3

【画像あり】ワイ「ラブドールポチったろ!」→宅配「お届け物でーす(大声)」

車やバイクのマフラーって何のためにあるんだっけ?

【悲報】まんさん、全員オナニーしていたことが判明・・・・・

落ちるよ溶けるよ!飼い主を信頼しきっている犬、その身を飼い主にゆだねる「トランスフォール」ごっこを楽しむ。

ポンキッキ45年の歴史に幕 思い出とかあるかー?

back 過去ログ 削除依頼&連絡先