トラックのフロントグリルに引っかかったまま数十キロ。ほぼ無傷で救出されたラッキーなノスリ(アメリカ)back

トラックのフロントグリルに引っかかったまま数十キロ。ほぼ無傷で救出されたラッキーなノスリ(アメリカ)


続き・詳細・画像をみる

1. カラパイア »
2. 知る »
3. 動物・鳥類 »
4. トラックのフロントグリルに引っかかったまま数十キロ。ほぼ無傷で救出されたラッキーなノスリ(アメリカ)

-->
トラックのフロントグリルに引っかかったまま数十キロ。ほぼ無傷で救出されたラッキーなノスリ(アメリカ)
2018年03月22日 ι コメント(5) ι 知る ι 動物・鳥類 ι #
 今年2月中旬のこと、アメリカ・ウィスコンシン州の "Humane Animal Welfare Society of Waukesha" で働くマーク・ヘスさんのところに、動転した運転手から電話がかかってきた。トラックの前面に鳥が引っかかっている、というのである。
 仕事柄、ヘスさんは動物が保護される現場に何度も立ち会ってきた。しかし、そんなヘスさんでも、これほどラッキーな例は初めてだった。
 もちろん、トラックに引っかかってしまったこと自体は幸運とはいえない。だが、そのタカ科のアカオノスリ(red-tailed hawk)は、フロントグリルに挟まった状態で州間高道路を数十キロメートルも運ばれていたのである。
 しかも、ただ生きのびていたというだけではなく、ほとんど無傷だったのだ。
スポンサードリンク
-->
トラックとノスリの接触事故
 助けを求めてきた運転手は、州間高道路を時110km超で走っていた。走行中に、トラックの前にノスリが降りてきたことは覚えていた。しかし、そのノスリがトラックにぶつかったということには気がつかなかったのだ。
 しばらく走ってから休憩のためにトラックを停め、そこで初めて、ノスリがフロントグリルに引っかかっていることがわかったのである。
image credit: Wildlife In Need Center
強運のノスリ、ほぼ無傷で救出に成功
 救出に必要な道具を持ってすぐさま駆けつけたヘスさんは、最悪の事態をも覚悟していた。経験上、同様の事故に遭った生き物は、ひどいケガのために生き延びられなかったからだ。
 ヘスさんは3〜4分でフロントグリルを切り、ノスリを救助することに成功した。
image credit: Wildlife In Need Center
 「多少とも落ち着いたあとでは、ノスリは自分の脚でしっかりと立っていました」とヘスさん。「コンディションは全体的にとても良好に見えました。とりわけ、そんな高で走っている車にぶつかった後としては...」
 意外かつ嬉しいことに、ノスリは骨折ひとつしていないようだったのである。
image credit: Wildlife In Need Center
ただいまリハビリ中
 ヘスさんは、ノスリをワイルドライフ・イン・ニード・センターという野生動物専門の保護施設に運び込んだ。
 センターではレントゲン写真が撮られ、ヘスさんの診断が正しかったことが判明した。幸運なノスリの骨は、一本たりとも折れていなかったのである。
 その他にも特に大きなケガはなく、ぶつかった衝撃で多少の腫れがある程度だった。ノスリはセンターに引き取られ、「グリラー」と名づけられた。
Hard to believe this hawk got hit by an SUV going 70 mph just a day ago! Thanks to quick thinking and quality care from @HAWS_Waukesha @helpingwildlife?The outlook is good. More at 10 on @WISN12News pic.twitter.com/HH51H89SZR— Ben Hutchison (@WISNBennyHutch) 2018年2月22日
 センターの教育コーディネーター、アレックス・シュレヒト氏によると、グリラーは歩き回れる程度の大きさのケージの中で、身体の腫れが引くまで数日間治療を受ける。その後はもっと広い囲いに移り、問題なく飛べるかどうかの確認が行われる。
 グリラーの飛行能力が標準並みに戻ったら、生き餌が与えられる。自力で狩りをして生き延びる能力が戻っていることを確かめるためだ。
image credit: Wildlife In Need Center
再び大空へ
 現在のところ、グリラーはエネルギーに満ちており、よく食べ、健康状態は非常に良好だそうだ。身体の腫れも引きつつあり、数週間後には野生に返せる見込みである。ヘスさんはその日を待ちわびている。
 「これまで、交通事故に遭った動物はたくさん救助してきましたが、こんなに運がよかったのは、他にはいませんでした」とヘスさん。「生きていたのは奇跡です。グリラーが再び大空へ羽ばたく日が楽しみですよ」
References: The Dodo / Facebook など / written by K.Y.K. / edited by parumo
あわせて読みたい
深い傷を負って獣医に助けられたフラミンゴ。危機に瀕している野生動物を救うための活動に参加(キュラソー島)
瀕死の状態で保護されたアメリカキンメフクロウ。お手製の手動ルームランナーで歩く訓練を開始したよ(カナダ)
飛び方を知らないペリカンが大空を飛ぶ日。孤児のペリカンと人間の愛情物語
これでまた飛べるはず。深刻な感電で翼を失った鳥の手術
スロベニアの森で出会ったモフられ好きなフクロウ、人間の助けを得て再び飛ぶ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
スポンサードリンク
- twitter公式アカウント
- facebook公式ページ
- Google+公式ページ
- カラパイア全記事一覧
「知る」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリをもっと見る
この記事をシェア :
人気記事
最新週間ランキング
1位
6172 points
イラっとしたら刺す!上司のブードゥー人形が職場の士気を高めることが判明(カナダ研究)
2018年3月14日
53507363947
2位
1867 points
24時間以内、42万円でかっこいい家が建つ。3Dプリンターハウスがさらに進化!
2018年3月17日
9537973780
3位
1853 points
追いかけてハイブリッド。新たなる人面犬の存在が確認される。あまりの人面っぷりにコラ疑惑も浮上したがガチでした。
2018年3月15日
12385212074
4位
1690 points
南極で古代文明の遺跡を発見か?氷が解けたことで人工構造物の正体が明らかに?(※追記あり)
2018年3月17日
94756510078
5位
1615 points
他人のストレスは伝染する。細胞レベルで自らの脳を変化させていることが判明(カナダ研究)
2018年3月19日
73160224537
もっと読む
----------------------------------------------------------------------------
スポンサードリンク
Facebook
カラパイア
コメント



1


1. 匿名処理班


- 2018年03月22日 11:54
- ID:GlE0bXuc0 #





安心していい場所だとわかるせいなのか
正面からの顔が本当に穏やかだ
無事でよかった






2


2. 匿名処理班


- 2018年03月22日 11:55
- ID:LJ2Ff9HU0 #





うちの窓ガラスにぶつかり、しばらく気絶し逃げた
スズメを思い出す







3


3. 匿名処理班


- 2018年03月22日 12:23
- ID:nQFe84300 #





はさまってるところ、なんとも言えない顔してるなあww
ともあれ、無事でよかったよかった






4


4. 匿名処理班


- 2018年03月22日 12:31
- ID:AsQVWBzi0 #





この鳥は時110.0001kmで飛行してきて車の前で減したのだろう。






5




続き・詳細・画像をみる


【ハンターハンター最新話】ヒソカが旅団メンバー採点した結果wwwwwwwww

人生初デートすることになったwwwww

中国ネット3強(百度、アリババ、テンセント)、自動車業界進出 大手自動車メーカーを脅かす

小倉唯(24)ちゃんの最新画像来たぞwwwwwwwwwww

「人間の体感時間は20歳で人生の半分を迎える」←これマジ?

何も聞こえねえぜ。 投稿者:思春期糞土方 (8月16日(水)07時14分22秒)

【東京・奥多摩】男女13人「下山できない」119番

焼き餃子をオカズに白飯食べれる奴wwwwwww

【衝撃映像】シルク・ドゥ・ソレイユの団員が公演中に死亡する瞬間の動画がヤバイ

【動画】ドコモショップでキレるおじさん! 他の客がそれを注意しさらにブチぎれてしまう

中日ドラ1鈴木博志、オープン戦5試合連続無失点継続中

youtuber「警察の前で白い粉落としたろ!(動画収入10万円」警察「はい罰金40万円」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先