【ネトゲ廃人】友人の勧めでネトゲにハマり、中学時代はまだ夜更かしをする程度だったが高校の夏休みにネトゲ熱が再燃してからは学校をズル休みするようになってしまい…back

【ネトゲ廃人】友人の勧めでネトゲにハマり、中学時代はまだ夜更かしをする程度だったが高校の夏休みにネトゲ熱が再燃してからは学校をズル休みするようになってしまい…


続き・詳細・画像をみる


書き溜めてないし駄文になるけども
かなり人生が狂った話です
2:
ネトゲに出会ったのは中学2年生だった。
友達がパソコンに詳しくて、一緒に遊んでる時に友達がやってるネトゲを見て俺もやりたいと思い紹介してもらってやり始めた。
そのオンラインゲームは「メイプルストーリー」というやつだった。
初めて知らない人とモンスターを狩ったりしたり、自分の中ではすべてが新鮮で全てが面白く感じてた。
3:
だけど家にあるパソコンではメイプルストーリーは重くてなかなかスムーズにできなかった。
そこで親になんとか頼み込みノートパソコンを買ってもらった。
ジョーシンでパソコンに詳しい友達もついてきてくれて親と一緒に見ながらパソコンを選んでくれた。
たしかVAIOの12万ぐらいするノートパソコンだった。
母は「ちゃんと勉強もするのよ」と一言言ってレジに立った。
僕は頷きながらもはやくしたくてたまらなかった。
4:
最初は面白かったが1か月もしない内に飽きてしまった。
当時PS2を持っていて別のゲームが新しく出てそれを買ってもらい、それにはまっていた為である。
しかし、はまっていく内に夜更かしをするようになった。
親は厳しいので夜更かしをするとすぐに怒ってくるから、隣が親の部屋なので自分の部屋でもコソコソ行動して、朝を迎えていた。
それでも中学は休まず毎日卒業するまで行った。
18:
最初は面白かったが1か月もしない内に飽きてしまった。
当時PS2を持っていて別のゲームが新しく出てそれを買ってもらい、それにはまっていた為である。
しかし、はまっていく内に夜更かしをするようになった。
親は厳しいので夜更かしをするとすぐに怒ってくるから、隣が親の部屋なので自分の部屋でもコソコソ行動して、朝を迎えていた。
それでも中学は休まず毎日卒業するまで行った。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>4
中学でPS2の新作って今25ぐらいかぁ?
7:
無事に中学を卒業すると、市内でも下の中ぐらいの高校に進学した。
そこで新しく友達ができて、その友達とよく遊ぶようになった。
バイトを始めたが1か月で辞めて、学校に行っては寝るを繰り返していた。
夏休みに入ると、友達はバイトを多くいれるせいで自分が暇になった。
そこで埃をかぶったノートパソコンを手に取り、起動した。
なんとなくネットサーフィンをしているとメイプルストーリーが大型アップデートするとかいう広告に目がついた。
そういえばこんなのやってたなぁ。暇だからやってみようか。
そんな気持ちだった。それが地獄の始まりとはまだ気付かなかった
8:
無事に中学を卒業すると、市内でも下の中ぐらいの高校に進学した。
そこで新しく友達ができて、その友達とよく遊ぶようになった。
バイトを始めたが1か月で辞めて、学校に行っては寝るを繰り返していた。
夏休みに入ると、友達はバイトを多くいれるせいで自分が暇になった。
そこで埃をかぶったノートパソコンを手に取り、起動した。
なんとなくネットサーフィンをしているとメイプルストーリーが大型アップデートするとかいう広告に目がついた。
そういえばこんなのやってたなぁ。暇だからやってみようか。
そんな気持ちだった。それが地獄の始まりとはまだ気付かなかった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>7
高校に進学した時点で俺よりクズじゃないんだが
10:
早やってみると、やっぱり面白かった。
俺はどんどんハマリ夏休み中はずっと家でネトゲをしていた。
はまっていく内に課金アイテムが欲しくてたまらなくなった。
バイトもしてない俺は親に小遣いをもらい、早課金した。
コンビニ決済の仕方がわからず、コンビニに行っては帰りを繰り返してたのが懐かしい。
メイプルストーリーにはアバターっていうものがあって見た目をオシャレにする装備が色々売ってある
それらを大量に買ってはほかの人に自慢して見せた。
そして、レベルがどんどんあがっていくと、より強い装備がいるのでもっと狩りをしようと思い夏休みが終わっても学校には行かなかった。
初めて学校をずる休みした。
13:
最初は罪悪感でいっぱいだった。
親に連絡がいくんじゃないかって心配でゲームどころじゃなく
明日はちゃんと行こう。そう決めていた。
親が仕事から家に帰ると何事も無く「今日学校どうだった?」と聞いてきた
その瞬間心臓がビクッってしたが冷静を保ちつつ「普通」と答えた
親が何も知らないのを知ると急に安心して、またMSに集中してできるようになった。
14:
しかし夜更かししたせいで、朝が眠かった。
眠すぎて学校に行く気力は無く、俺はすぐに「よし、今日も休んでも問題ないだろう」
そう思い、親には学校へ行く準備を見せて、先に家を出た。
親は9時前に仕事で家をでるので先に自分が家を出なくちゃいけないのだ。
近くのマンションの駐輪場でぼーっとして9時になるのを待った。
親が家から出ていった時を見計らい、俺は家に帰り攻自分の部屋に戻って寝た。
15:
それを繰り返していく内にもうMSに夢中だった。
学校の事などすっかり忘れて、どうでもいいとすら思うようになった。
しかし1か月休んだあたりだろうか、先生が親に連絡を入れていた。
親が仕事から帰ってくるやいなやカンカンで
「なんで学校行ってないんだ?!?!」と怒られた
俺はすぐに「ごめん・・・ちょっと色々あって・・・」と意味深な態度で親を惑わせた
俺にはいろいろどころか何もない。
言い訳もその場しのぎだった。
親も察すると「明日からはちゃんと行ってよ。」と言いそれでおしまいだった。
ちなみに俺は一人っ子である。
16:
それから毎日は一応行くようにはした。
だが長くは続かなかった。
2週間ぐらいしたらまたサボるようになってしまった。
とにかく家に帰ってMSがやりたかった。
自分の居場所はMSだけだと思い込んでいた。
当然1年生の後半になると期末テストもあるが、期末テストも行かなくなった。
仲が良かった友達からの連絡も減っていたが、俺はどうでもいいと思っていた
MSができるならそれでいいと。
17:
ちょっと懐かしいわこういう親に隠れて悪いことする感じ
20:
そして1年の3学期最後の日
俺はその時だけ学校に行った。
しかし、先生からは「今日は家に帰って連絡を待ちなさい」と言われた
俺はあー留年するのか・・・・と思い落胆した。当然なのに。
親に連絡が行き留年が確定した。
母はとても怒っていてヒステリック気味になっていた。
だけど俺は一貫して「ごめん・・・次は頑張るから」と思ってもない事を言い訳にしてしまっていた。
そして父と母と3人で話し合い
「学校は転入学すれば留年は回避されるからなんとか3年で卒業してくれ」と言われ
「俺も頑張る!」と思い転入学を決めた
22:
転入学の高校は通信制だった。
MSをいっぱいできる時間を確保するために俺は凄く調べて通信制を選んだ。
これで俺は人生ハッピーだ。MSやりたい放題だ。
当時凄く幸福感に浸っていた気がする。
通信制の高校は単位制でいわゆる大学とかと同じ感じだった。
科目を自分で選んで、その科目の授業を何時間か受ける。
あとはレポートを提出すればおしまいという簡単な感じだ。
俺は通信制に入ってからもMSにどっぷりはまっていたが
その時からだろうか、、妙にMSへの熱が冷めていったきがした。
どこか物足りないなと思うようになりMSへのログインも減っていった
24:
転入学の高校は通信制だった。
MSをいっぱいできる時間を確保するために俺は凄く調べて通信制を選んだ。
これで俺は人生ハッピーだ。MSやりたい放題だ。
当時凄く幸福感に浸っていた気がする。
通信制の高校は単位制でいわゆる大学とかと同じ感じだった。
科目を自分で選んで、その科目の授業を何時間か受ける。
あとはレポートを提出すればおしまいという簡単な感じだ。
俺は通信制に入ってからもMSにどっぷりはまっていたが
その時からだろうか、、妙にMSへの熱が冷めていったきがした。
どこか物足りないなと思うようになりMSへのログインも減っていった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>22
転入時点で何の反省もないどころかむしろ廃人脳と化してるあたり本物ですなぁ
23:
ちなみにお年玉は全部MSに課金しています。
冷めていくと、次は別のゲームを探すようになった。
暇を持て余していた。
そこで次に見つけたゲームがAIONだった。
これが俺だけでなく家族を巻き込む事になるとは俺もまだ知る由もなかった
25:
AIONをやるにはスペックがノーパソだとあまりにも非力だった。
そこで母親にレポート何枚やったよ!とか今日も学校行ってきた!とか報告してデスクトップパソコンを買ってもらおうと企んだ
母も根負けしBTOのデスクトップパソコンを買ってもらえる事になった
当時のグラボは最新で26万ぐらいした。
母は「本当に本当に学校真面目にするんだよ。今しんどくても後が楽になるからね、本当に頑張ってよ」
そんな言葉は俺に何も響かなかった。
むしろこのまま楽に生きれると思っていたし、普通に大学にも行くもんだと思っていた
俺は母に「わかったから!」と言い26万ものお金をもらった。
26:
親のクレジットカードを盗んで高額請求までがテンプレ
27:
おかん…天国で見てくれてるかな
28:
しかし俺はパソコンが届くとすぐにAIONにどっぷりはまった
もう学校どころじゃなく、留年が確定した。
母は前まで以上に取り乱しヒステリックになり、包丁を持ち出して俺を本気で殺そうとしてきた。
泣きながら「あんたは親のクビをしめてばかりだ!!!!!」と言われても俺は謝る事しかできなかった。
でもそんな事はすぐに収まりまた変わらない日常に戻るとわかってたからだった。
案の定いつもと変わらない日常に戻った。
あんなに怒っていた母親もすっかり機嫌がよくなったりしていた。
29:
えぇ・・・
31:
そしてAIONで強くなるにはどうしてもRMTという取引が必要だった。
RMTはリアルマネーをゲーム内マネーと取引する事だ。
運営では規約違反になっているが、するしかないと思い、してみた。
だけど当時バイトもしてない俺はお金が無かった
でもどうしても欲しくてたまらなかった。
俺は母の財布からクレジットカードを盗んだ。
1万ぐらいならばれないだろう。そう思ってRMTをした。
32:
テンプレキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
33:
失敗作おつ
34:
しかし、1万円で無事に取引が終わるとまた取引がしたくなった。
俺は「まぁ、明細書を隠せばいけるだろ」と思い、一気に10万円を取引した
36:
10万円RMTするとそこそこAIONでも準廃装備(一部)にはなり中堅プレイヤーになれた。
それがとても快感で忘れられなかった。
こうなるともう歯止めはきかなくなった
悪いと思いつつもまた10万円取引した
38:
1か月で30万弱RMTに費やしたのだ。
だけどそのあと明細書が親に渡り、母が鬼になった。
寝ている俺の首をいきなり両手で掴んで絞めてきた
最初俺は何がなんだかわからなかったけど、苦しい中「ばれた!!!!!」と思った
やばいと思い振りほどくと
母親は「私が自殺しないとあんたは気付かないだろうね。飛び降りてやる」と言い3階のベランダに向かっていった。
俺はすぐに引き留めて泣きながら
「ごめんなさい!!!もうやらない!!おねがい!!」
と言い、それでも母親は身を力いっぱい乗り出して今にも落ちそうだったため父親がそれに気づいて力づくで止めてもらった。
父からその後殴られ、俺はもうどうしようもないぐらい屑だと思っていた
40:
ガチでテンプレ通りでわろた
41:
そして10日もすればまた変わらない日常に戻っていった。
俺は相変わらずネトゲをする日々で学校のレポートは一切やらずに放置していた。
そして今年も留年が確定した。
42:
よぉ屑ww
43:
今何歳だよ
45:
クズの遺伝子は死んでも治らない
46:
俺はもうどうしたらいいのか分からなかった。
父親は「高校は卒業したほうがいい。だからせめて高校は行ってくれ」と言われ
俺もわかったといった。
母と父は俺の教育について喧嘩が絶えなかった
48:
それでも母も父も俺を信じようと言ってくれた。
学校のレポートを母と父が仕事を終わってから俺の代わりにやってくれていた。
俺もそれを見て少しづつやる気がでてきた
一緒にレポートをやった
49:
それでも母も父も俺を信じようと言ってくれた。
学校のレポートを母と父が仕事を終わってから俺の代わりにやってくれていた。
俺もそれを見て少しづつやる気がでてきた
一緒にレポートをやった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>48
代わりにやっちゃだめだろwwww
47:
ぶっちゃけそのレベルになると親サイドにもだいぶ問題あるよね
こういうケースでも「ゲームを取り上げても解決しない」とお前らは言うのだろうか
51:
高校4年生になった俺はなんとか学校にも行って親の協力の元、なんとか続けれていた。
だけど俺はまた同じ過ちを繰り返す。
当然ネトゲは続けていたので俺はまたRMTがしたくてたまらなかった。
俺はまた母の財布に手を伸ばした。
52:
ええ、この時が一番ひどい額で50万を使った
もうどうにでもなれ?と俺も開き直ってた
けど明細が送られてくる日が近づくとどんどん怖くなっていった
53:
どこまでクズなんだお前はwwwwwwwwwwwwwwwwww
54:
今度こそは殺される。
そう思ったから中学の修学旅行で買った木刀を寝床に置いていつでも襲われてもいいように準備した。
59:
怖くてたまらなかったのにネトゲは辞めれなかった。
親をまた裏切った自分に罪悪感が沸きネトゲをするとそれを忘れさせてくれた
そして親が階段を上ってくるときがきた。
ついにこの時が来た。俺はそう確信した
62:
ドアをどーん!と開けると母が明細書を片手に涙目になりながら立ちすくんでいた。
「あんたどうしちゃったのよ。」と言った瞬間母親の目から大粒の涙が流れ、我慢してたのか、凄く大声で泣かれた。
65:
母親は1時間近くずっと立ちっぱなしで泣いていた
俺はもう黙ってる事しかできなかった。
心臓はゾクゾクしながらも、財布から現金を盗んだ事もばれないかヒヤヒヤしていた屑である
69:
グレて勉強せずに部活ばかりやってた俺が可愛く見えるな
72:
もう完全に中毒症状だからな
薬物やアルコールと一緒
でも国は一切規制しない
73:
母はやっと泣き終わり、どん底の表情で何も言わずに俺の部屋のドアを閉めた。
俺は冷や汗をかいてたが安堵した。
最悪な結果にはならずに良かった。そんな事を考えていたのだ。
そして母親はこの事は父親には言わずに黙っていた。
74:
あーあ
78:
RMTでデータ売って少しでも金取り返してからPC粉砕すべきだな
81:
そしてさすがにやりすぎたと思った俺は明日から学校頑張ろう。そう誓った
4年生が終わり5年生になった俺は今年でやっと高校を卒業できると思った
母親も少しマシになり俺を応援してくれた。
父親も仕事が終わって家に帰ると学校の100枚近くあるレポートを手伝ってくれた
82:
そしてさすがにやりすぎたと思った俺は明日から学校頑張ろう。そう誓った
4年生が終わり5年生になった俺は今年でやっと高校を卒業できると思った
母親も少しマシになり俺を応援してくれた。
父親も仕事が終わって家に帰ると学校の100枚近くあるレポートを手伝ってくれた
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>81
手伝っちゃダメなんじゃ・・・
84:
そしてさすがにやりすぎたと思った俺は明日から学校頑張ろう。そう誓った
4年生が終わり5年生になった俺は今年でやっと高校を卒業できると思った
母親も少しマシになり俺を応援してくれた。
父親も仕事が終わって家に帰ると学校の100枚近くあるレポートを手伝ってくれた
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>81
マシってどんだけ上からなんだよwwww
83:
まあここまではテンプレ通りのネトゲにはまったクズだな
85:
お前の親も甘いなぁ
86:
盗んだ分はしっかり返済しろよ犯罪者予備軍
87:
クズだった←過去形を強調してるけど今もだろwww
88:
土曜日は家族みんなでリビングで俺のレポートをやった。
なんとなく、俺は親に愛されてるんだな。って思えてきた。
そして高校を無事に卒業した。
卒業式には母も父も仕事を休んで駆けつけてくれて
桜の木の下で写真を撮ったりドライブで観光に行ったりした。
90:
この流れはまた・・・
91:
無事に卒業した俺は当然のようにニートになった。
だが父親はそれは許さず
「明日からおじいちゃんの家に行って修行するんだ。畑手伝ってあげて。」
そういわれ
俺も「親がいない環境に行けるとかマジでラッキーだ」と思いすぐに了承。
パソコンを持っておじいちゃんの家に住みにいった
94:
無事に卒業した俺は当然のようにニートになった。
だが父親はそれは許さず
「明日からおじいちゃんの家に行って修行するんだ。畑手伝ってあげて。」
そういわれ
俺も「親がいない環境に行けるとかマジでラッキーだ」と思いすぐに了承。
パソコンを持っておじいちゃんの家に住みにいった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>91
ポジティブで羨ましい
95:
無事に卒業した俺は当然のようにニートになった。
だが父親はそれは許さず
「明日からおじいちゃんの家に行って修行するんだ。畑手伝ってあげて。」
そういわれ
俺も「親がいない環境に行けるとかマジでラッキーだ」と思いすぐに了承。
パソコンを持っておじいちゃんの家に住みにいった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>91
次はおじいちゃんのカードだ!
96:
無事に卒業した俺は当然のようにニートになった。
だが父親はそれは許さず
「明日からおじいちゃんの家に行って修行するんだ。畑手伝ってあげて。」
そういわれ
俺も「親がいない環境に行けるとかマジでラッキーだ」と思いすぐに了承。
パソコンを持っておじいちゃんの家に住みにいった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>91
>パソコンを持っておじいちゃんの家に住みにいった
あっ・・・(察し)
97:
俺のおじいちゃんは軍隊経験者で厳しいけども優しかった。
特攻隊の予科訓練生をしていたが、飛行機の生産が間に合わずそのまま終戦した経験を持つ。
おじいちゃんの家に行けば毎日ウハウハだ!と思って行ったが甘かった。
畑仕事は思ってたよりしんどかった。
朝6時に起きて 爺ちゃんと体操をして朝ごはんを食べ
それから昼前まで畑仕事をして
昼ごはんを食べて、夕方まで畑仕事をした。
正直きつかった。
俺はみるみる痩せていき、何故かモテるようになった。
100:
俺のおじいちゃんは軍隊経験者で厳しいけども優しかった。
特攻隊の予科訓練生をしていたが、飛行機の生産が間に合わずそのまま終戦した経験を持つ。
おじいちゃんの家に行けば毎日ウハウハだ!と思って行ったが甘かった。
畑仕事は思ってたよりしんどかった。
朝6時に起きて 爺ちゃんと体操をして朝ごはんを食べ
それから昼前まで畑仕事をして
昼ごはんを食べて、夕方まで畑仕事をした。
正直きつかった。
俺はみるみる痩せていき、何故かモテるようになった。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>97
じい邸で畑仕事してて自分がモテるってどうやってわかったの?
女と接点なさそうのに
これだから勝利が確定してるリア充は・・・
めしがまずい
101:
>>97
じい邸で畑仕事してて自分がモテるってどうやってわかったの?
女と接点なさそうのに
これだから勝利が確定してるリア充は・・・
めしがまずい
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>100
一応言ってなかったけど彼女は今までで6人居た過去を持つ。
それが1年続いた。
もうすぐ20歳を迎える俺は適当にネットで検索した。
そしたらとある専門学校が目にうつった
102:
>>100
一応言ってなかったけど彼女は今までで6人居た過去を持つ。
それが1年続いた。
もうすぐ20歳を迎える俺は適当にネットで検索した。
そしたらとある専門学校が目にうつった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>101
これは嘘
104:
>>100
一応言ってなかったけど彼女は今までで6人居た過去を持つ。
それが1年続いた。
もうすぐ20歳を迎える俺は適当にネットで検索した。
そしたらとある専門学校が目にうつった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>101
ネトゲ上の彼女だろ
105:
高校5年で卒業したのに
>>100
一応言ってなかったけど彼女は今までで6人居た過去を持つ。
それが1年続いた。
もうすぐ20歳を迎える俺は適当にネットで検索した。
そしたらとある専門学校が目にうつった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>101
で20とかおかしくね?
107:
高校5年で卒業したのに
>>101
で20とかおかしくね?
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>105
早生まれなんだ。
成人式の時はまだ19歳
106:
バカな俺でも入れるっぽいし、何よりおじいちゃんの家から出たい。
そう、俺は一人暮らしを視野に入れていた。
完全に親に払ってもらう気満々でいたのだ。
実家に帰り早親に専門学校の話をした。
俺はいかに専門学校に入るとこの先良い暮らしができるかを説明した。
父親と母親は「俺が本気で頑張るなら、私たちは応援することしかできない。だからちゃんと応えてほしい。これが最後のチャンスだと思って」
そういわれ俺は専門学校に入ることに決意した
108:
しかし、専門学校でまた悪夢があるとはだれも想像できなかっただろう。
俺はもう完全に更生したと思っていた
もうネトゲもほとんどやっておらず、専門学校に入れば
たくさん勉強してたくさん資格取って、就職しようと思っていたから。
110:
最後のチャンスが・・・・・・・・・
112:
はれて専門学校に入った俺は本気で学校についていこうとガチで勉強した。
無事に成績順のクラス編成の時にAクラスに入れた。
親に報告すると泣いて喜んでた。俺も親が喜んでて嬉しかった。
そこのAクラスに居た人と友達になった。
そいつは坂本という奴で、パチンコが好きだった。
俺は仲良くなった次の日ぐらいにパチンコに誘われた。
全く分からない俺はパチンコに初めて足を運び教えてもらいながら打った。
まぁ大当たりして、6万ぐらい勝ってしまった。
俺は教えてくれたからっていう理由で3万円を坂本にあげて
家に帰った。 そうパチンカスになってしまうのである。
114:
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
117:
それからは毎日のようにパチンコを打った
当然うまくいかずすぐに消えていくお金。
仕送りは少なく、今月の家賃が払えない状況になった
119:
俺はバイトもしていないが、消費者金融に借金をした。
バイトは過去にしたところと嘘をつき、借金をしたのである
今月はなんとかやっていけたがそれを繰り返すうちに1年半で借金が100万円近くになった。
120:
これが親にばれたら今度こそおわりだと思って
このことは墓場まで持っていこうと思っていた。
しかし親にばれてしまうのである
121:
…なんか、依存体質なんだなぁ…。
122:
いつでも助けてくれると思われてしまった親サイドに問題が
123:
親にばれたときは俺は既に3年生になっていた。
親からはちゃんと自分で返していきなさいと言われ
ことなきを得たが、当然借金を借金で返していくことになり
パチンコも辞めれず続けてしまった
125:
もう23かきっついな
126:
なんつーか親の易しさと甘さが全面に出た結果だな
殆どクズに育てたようなもんじゃん
127:
借金も増額上限に達しており追加融資はできなくなってしまった。
こうなってしまうと人間って本当に犯罪を考えだすんだなと思った。
言ってなかったけどこの時すでに1年半付き合ってる彼女が居た
129:
ふとした瞬間にコンビニ強盗でもするかと思ったり考えたりする自分が怖くなってきた
でも今は耐えよう、良い事があるかもしれないから卒業して就職するまでは頑張ろうと思った
ようやく重い腰をあげてバイトもするようになっていた。
131:
なんかもう面倒くさくなってきたし今日仕事だから
結論から言っていいですかね・・・。
132:
どうぞ
134:
簡潔にまとめると
某TV局から内定をもらい、就職

その時付き合ってた彼女と結婚

先週子供が生まれる
です
136:
簡潔にまとめると
某TV局から内定をもらい、就職

その時付き合ってた彼女と結婚

先週子供が生まれる
です
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>134
は?
137:
簡潔にまとめると
某TV局から内定をもらい、就職

その時付き合ってた彼女と結婚

先週子供が生まれる
です
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>134
えーすげぇ・・・
なんで勝ち組ルートに・・・
138:
親の協力があったから今の自分が居るんだと思いました。
クズには変わりないんだけどね。
でも親のやさしさは本当に尊敬できるものだと思っています
140:
嘘つくな
141:
社蓄生活に順応できるわけない
142:
結局何が言いたいのかわからん
143:
死ねクズここにハッピーエンドかいてんじゃねーよ
145:
仕事あるのに朝5時に起きてスレ立てするわけねーだろアホ
146:
いや、こんな俺でも幸せに生活を送れてるから
クズでも頑張ればなれるよと言いたかった
148:
親のやさしさ=レポートを書いてくれて金を貢いでくれる
お前が親になったからには子供にはそうしろよ
149:
嘘ついてんじゃねぇごみ
150:
????
メープルあたりのくだりならまだわかるが
パチンコあたりのくだりから読む気なくなってしまった
153:
????
メープルあたりのくだりならまだわかるが
パチンコあたりのくだりから読む気なくなってしまった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>150
ごめん、さすがに疲れてきてちょっとはしょった。
151:
ちな借金は既に返済済みで、パチンコからも足を洗った。
まぁまだまだ新人だけども仕事も慣れてきたし人間関係も良好
子供が生まれてから良い事が多くなり、昨日は貸し切りペアご招待券のチケットが当たった
そして再来月には家も買う予定です
157:
質問色々受け付けます
154:
次はFXやろーぜ!
155:
1の根っこはクズのまま?
親に甘やかされたけど自分の子供にも甘くする予定?
159:
1の根っこはクズのまま?
親に甘やかされたけど自分の子供にも甘くする予定?
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>155
本当は親に今までの事とか謝った事とかを書き出したかったんだけど
はしょってしまいました。
自分の子供にはうちの嫁さんが厳しい人なので俺は温かく見守るつもりでいます
161:
>>155
本当は親に今までの事とか謝った事とかを書き出したかったんだけど
はしょってしまいました。
自分の子供にはうちの嫁さんが厳しい人なので俺は温かく見守るつもりでいます
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>159
ワロタ
嫁任せにしないでお前もしつけを頑張れよww
何かを相談されたときに「ママに聞け」は無しだからな
156:
よっぽどのコネがなきゃ専門学校からTV局には入れないぞ
キー局どころか地方局すらも
ローカルのケーブルとかならわからないが
160:
よっぽどのコネがなきゃ専門学校からTV局には入れないぞ
キー局どころか地方局すらも
ローカルのケーブルとかならわからないが
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>156
誰もが知ってるTV局ですぜ。
162:
>>156
誰もが知ってるTV局ですぜ。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>160
誰もが知ってる局てことはキー局だと思うんだけど、大卒しか採らないのに良く専門卒が入れたな
164:
内定「局内の警備」
166:
何の価値もない話だったな
生まれ持った勝ち組環境の自慢で終わっている
167:
最後にテレビ局に就職したなんてばればれの嘘つかなきゃよかったのに
168:
専門学校生が新卒でTV局に就職できないなんてわからなかったんだろうな
TVに関わる仕事で専門学校卒でも入れるのは下請けや関連の番組制作会社などね
TV局本体に専門学校生が新卒ではいるのはコネがあっても不可能なんだよ
そこで働きが認められれば中途で採用されることはあるけど
169:
専門学校生が新卒でTV局に就職できないなんてわからなかったんだろうな
TVに関わる仕事で専門学校卒でも入れるのは下請けや関連の番組制作会社などね
TV局本体に専門学校生が新卒ではいるのはコネがあっても不可能なんだよ
そこで働きが認められれば中途で採用されることはあるけど
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>168
入れるぞ?
170:
>>168
入れるぞ?
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>169
入れない
誰もが知ってるようなTV局の新卒入社は毎年どこの大学から何人入ったか雑誌で発表される
171:
>>169
入れない
誰もが知ってるようなTV局の新卒入社は毎年どこの大学から何人入ったか雑誌で発表される
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>170
親のコネじゃねえの?


続き・詳細・画像をみる


ワイ「会社は踏み台!転職は当然!」 パッパ「仕事なめとるんか?」

【政治】首相、批判的報道に不満か…民放解体を業界警戒

立憲民主党など野党6党「安倍内閣不信任決議案提出を視野に入れるわー」

怖い地名を上げるスレ「猿喰」「百目鬼」「八木蛇落地悪谷」・・・・

【VIP】聴いてると宇宙の真理を知れる曲教えろ

アボカドみたいな油の塊をヘルシーと言い切る女子世界に違和感を覚えていた

外務省「チンギスハンの悪口言うな」←チンギスハンの歴史教えられないやん

【画像】ヌーディストビーチの全男性を勃起させた奇跡の美女がこちらwwwwww

【!?】就活GDで50分で10回くらいしか発言しなかったのになぜか受かったwwwwww

「北九州市は修羅の国」って噂、どこまで本当なのか、市の担当者に直接聞いてみた

自動車事故を起こしたインパルス堤下さんの現在wwwwwwwwwwwww

適当にラーメン屋始めたらwwwwwwwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先