絵里「嘘を貫き通す為に私は又嘘を重ねる」back

絵里「嘘を貫き通す為に私は又嘘を重ねる」


続き・詳細・画像をみる


それはほんのちょっと見栄から始まった。
絵里「ふふ〜〜ん。美味しそうなチョコレートがいっぱいだわ。買って帰って亜里沙と食べようかな〜」
穂乃果「あっ!絵里ちゃん」
絵里「あら?穂乃果にことり。何してるの?」
穂乃果「チョコレート買いに来たんだよぉ」
ことり「もうすぐバレンタインだもんね」
絵里「あ〜、そっか。なるほど」
穂乃果「絵里ちゃんもそうでしょ?」
絵里「え?」
穂乃果「うわ〜絵里ちゃんの持ってるチョコレート高級そうだねぇ」
絵里「そ、そう?」
ことり「あっ!もしかして、素敵な人にあげるのかな〜」
穂乃果「え?そうなの?絵里ちゃん恋人いるの?」
絵里「え?いや…」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517695139
引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517695139/
2 :以下、
穂乃果「そっか、そっか。流石絵里ちゃん。隅に置けないな〜コノコノ〜」
絵里「いや、あの…穂乃果?」
穂乃果「絵里ちゃんどんな人と付き合ってるの?カッコいい?優しい人?」
絵里「えっ…と…まあ…そんな所…」
穂乃果「そうなんだ〜」
ことり「凄いな〜絵里ちゃん」
絵里「い、いや…」
穂乃果「私達なんてチョコレートあげる相手海未ちゃんだもんね」
絵里「そうなんだ…」
穂乃果「うん。そうなの」
ことり「絵里ちゃんの恋人か〜今度会わせてね」
絵里「そ、そうね。機会があれば…」
5 :以下、
絵里「はあ…」
亜里沙「お姉ちゃんどうしたの?」
絵里「…なんでもないのよ?それより、チョコレート食べる?亜里沙と食べようかなと思って買って来たのよ」
亜里沙「ハラショー!チョコレート大好き!」
絵里「そう…良かったわ…」
亜里沙「…お姉ちゃん?やっぱり何かあったでしょ?」
絵里「え?」
亜里沙「お姉ちゃん。何か悩んでる顔してる。廃校の時と同じ顔…」
絵里「そんな事ないってば」
言えるはずがない。穂乃果達に見栄を張って恋人がいるなどと言ってしまい悩んでいるなんて…。
6 :以下、
私は何もまさか自分が蒔いた種があそこまで大きく成長するなて思いもしなかった。
絵里「はあ…昨日あまり眠れなかったわ」
穂乃果「絵里ちゃーーーん」
絵里「穂乃果…」
穂乃果「おっはよう」
絵里「おはよう…。今日は早いのね」
穂乃果「うん。珍しく早起きしたの」
絵里「そうなんだ…」
海未「穂乃果…。いきなり走り出さないで下さい」
ことり「びっくりしちゃうよ〜」
絵里「海未…ことり…おはよう…」
海未「おはようございます。絵里?元気がないように見えますが?」
絵里「え?あっ…そう?そんな事…」
7 :以下、
海未「はい。何か…」
絵里「そんな事はないわよ?」
穂乃果「あっ!?もしかして、噂の彼と何…」
海未「噂の彼?」
絵里「あーーーー!噂のカレーね?うん。美味しかったわよ。すっごく美味しかった」
穂乃果「うわぁ。な、何?」
海未「何ですかいきなり大声で…」
ことり「穂乃果ちゃん。ちょっといいかな?」
穂乃果「え?」
8 :以下、
ことり「穂乃果ちゃん。絵里ちゃんは…多分恋人の事はあんまり広めたくないんだと思うな」
穂乃果「え?そうなの?何で?」
ことり「ほら…私達…一応アイドル」
穂乃果「あっ!そっか」
海未「あの二人はコソコソと何をしてるのでしょうか?」
絵里「さ、さあ?何かしらね?」
9 :以下、
穂乃果「ふふ〜ん。絵里ちゃん。ノロケ話なら放課後聞いてあげるね」
絵里「え?」
海未「ノロケ話?どう言う事ですか?」
ことり「穂乃果ちゃん…」
絵里「何でもないから…」
海未「何なのです…一体…」
10 :以下、
種は次第に大きくなっていった。
花陽「あ〜ん。ん〜美味しいです」
凛「かよちんは美味しい?」
花陽「うん」
穂乃果「でさでさ、絵里ちゃん?どっちからいったの?」
絵里「えっと…何の話し?」
穂乃果「やだな〜あの話だよ〜」
絵里「あ、ああ…あの…こ、ことり…」
ことり「私も気になるな〜」
絵里「ええ?」
穂乃果「ねえねえ。どっちからいったの〜?教えてよ〜」
絵里「あの…あっちから…」
穂乃果「おお!そうだったんだ」
ことり「なんて告白されたの?」
11 :以下、
絵里「えっと…一目惚れ?的な…」
穂乃果「ええ?一目惚れなの?でも、まあ絵里ちゃんカッコいいからなぁ」
ことり「え?でもそれでいきなり付き合いだした訳じゃないよね?流石に…」
絵里「あっ、うん。そうね…」
穂乃果「じゃあ、何回かデートを重ねてから付き合い始めたんだ。初デートってどこに行ったの?遊園地?遊園地?」
ことり「穂乃果ちゃんの中で初デートは遊園地で決定なんだね」
穂乃果「どこ行ったの?」
絵里「あの…そうね…散歩デートとか?」
ことり「え?初デートで散歩?」
絵里「え?あっ…違っ」
ことり「素敵!憧れちゃう」
絵里「え?嘘?」
12 :以下、
穂乃果「ねえねえ、ことりちゃん?あれ聞いちゃう?」
ことり「なあに?」
穂乃果「えっとね…ゴニョゴニョ」
ことり「キャーー。穂乃果ちゃーーーん」
穂乃果「聞いちゃう?聞いちゃう?」
絵里「ちょっと、待って?何を聞くつもりなの?変な事を…」
穂乃果「もう、チューした?」
絵里「いや…あの…まだよ?あの…もっとプラトニックな関係だから…」
ことり「キャーー」
穂乃果「プラトニックだってぇぇ。よく分からないけどキャーー!絵里ちゃんのそう言うところ痺れるーーー!」
凛「穂乃果ちゃん達盛り上がってるね?」
海未「朝からあんな感じなんですよ。何かコソコソと隠してるみたいなんです」
真姫「どうせくだらない事でしょ」スッ
凛「真姫ちゃんどこ行くの?」
真姫「……お手洗いよ」
穂乃果「いやぁ…絵里ちゃん完全に恋の病に冒されちゃってるね〜」
真姫「え?今…絵里が病に冒されてるって…」
14 :以下、
絵里「はあ…まさかあんなに追求するとは…。一個下のちょっと小生意気なヴァイオリニスト志望の男の子…なんてどこにいるのよ」
亜里沙「お姉ちゃん…」
絵里「言おう。明日正直に言おう………。でも、やっぱり無理ぃ。今更言えない〜。だって、仕方ないじゃない。バレンタイン用のチョコレートを自分で食べる為に買ってたなんて思われなくなかったんだもの」
亜里沙「やっぱり何か悩んでるんだ」
15 :以下、
雪穂「うん。うん。わかった。お姉ちゃんにそれとなく聞いてみるよ」
穂乃果「何?私がなんだって?」
雪穂「え?ああ…最近さ、絵里さんの様子が変だったりする?」
穂乃果「え?絵里ちゃんの?」
雪穂「何か悩んでる素振りとか」
穂乃果「いやぁ…絵里ちゃんは今幸せの絶頂に…あれ?でも、そう言えば昨日登校中も元気がなかった様な…」
雪穂「心当たりある?」
穂乃果「もしかして、絵里ちゃん。彼氏と上手くいってないのかな」
雪穂「え?何?絵里さん彼氏いるの?」
穂乃果「え?あっ、しまった。あの…誰にも言っちゃダメだよ?」
雪穂「お姉ちゃんみたいな人が噂を広めてくんだね」
穂乃果「あはは…。それにしても、そっか。ちょっと、絵里ちゃんに聞いてみるよ」
16 :以下、
翌日
絵里「えっと…何?こんなところに呼び出して」
穂乃果「絵里ちゃん…何か悩んでない?」
絵里「悩み?」
穂乃果「うん。彼氏さんと上手く言ってないとか」
絵里「ど、どうして?」
穂乃果「えっと…何でもなかったらいいんだ」
絵里「そう?」
穂乃果「うん」
絵里「あのね…穂乃果…実は…」
キーンコーンカーンコーン
絵里「あっ…」
穂乃果「教室に戻らないとだね。絵里ちゃん、悩みがあったら相談してね?恋愛経験ないから解決出来るかわからないけど。じゃ」
絵里「穂乃果…何がどうなってるの?」
にこ「聞いてしまった…」
17 :以下、
にこ「と言うことなのよ」
希「いやいや、にこっち。そんなんあるわけないやん」
にこ「確かに言ってたわ。アイドルの自覚あるのかしら」
希「仮に…仮にえりちに恋人が出来たとしてウチに内緒にする訳ないやん」
にこ「そんなの分かんないじゃない。そう言うのを隠したいタイプかもしれないし」
希「いや、ありえん。そんなのありえんて。だいたい、えりちなんて隠し事してたって直ぐにボロを出すに決まってるんやから」
にこ「だから、実際ボロを出したじゃない」
希「でもなぁ…」
にこ「だったら…」
18 :以下、
絵里「……」
希「だからと言ってえりちの尾行までする必要あるん?」
にこ「しっかり変装までしといて何言ってるのよ」
希「そうやけど…」
にこ「あっ!あれ、絵里よね?男の人と歩いてるわよ」
希「嘘やろ…」
にこ「しかも…30代?いや、下手したら40代じゃない?」
希「そんな…」
絵里「えっと…多分こっちでいいと思うんですけど」
男「すいません。東京なんて滅多にこないので」
20 :以下、
にこ「一体どんな男なのかしら?あれから直ぐに絵里と別れたけど…」
希「なあ…もう帰らん?あの男の人を尾行してどうするん?」
にこ「どうするって…。単純に気になるってのもあるけど…」
希「野次馬根性丸出しって事やな」
にこ「あっ!」
希「今度はどうしたん?」
にこ「いや…あれ…」
希「ビジネスホテルやろ?泊まってるんやないの?家がここら辺じゃないんかな?」
にこ「そうじゃくて…あの男と一緒にいるのって…奥さんじゃないの?それに子供も…」
希「は?」
21 :以下、
自分で蒔いた種が知らない所で芽を出している事に私は気がつかなかった。
希「えりちっ!」
絵里「希?どうしたの?」
希「いや…」
絵里「何よ?」
希「……恋人…出来たんやってな」
絵里「え?どうしてそれを…」
希「やっぱり本当やったんや」
絵里「いや、そうじゃ…」
希「どうして言ってくれなかったん?親友なのに…」
絵里「ち、違うのよ」
希「相手が既婚者やから?」
絵里「はあ?ちょっと…」
希「悩んでたんやろ?だったら言ってよ」
絵里「希…何を…」
希「ウチは…ウチは…ごめん…」
絵里「ちょっと…希?希ーーーー!!!」
22 :以下、
絵里「待って、希っ!あっ…」
ズゴーッ
絵里「痛い…もう、最悪…」
23 :以下、
部室
希「……」
真姫「……」
穂乃果「……」
絵里「……」
ことり「あのぉ…」
凛「なんか部室の空気が重いにゃ」
花陽「そ、そうだね。何かあったのかな?」
海未「さあ?」
24 :以下、
穂乃果「絵里ちゃん…その傷…」
絵里「え?ああ…何でもないのよ?なんでも」
穂乃果「そう」
絵里「ええ」
穂乃果(もしかして…DV?って奴じゃないよね?絵里ちゃんの悩みって…)
海未「……」スッ
凛「あれ?海未ちゃんどこか行くの?」
海未「水筒を持ってくるのを忘れてしまったので飲み物を買いに」
凛「じゃあ、凛も一緒に行こうかな?空気が重いし」
花陽「凛ちゃん…そんな大きな声で…」
25 :以下、
にこ「はあ…もう無理。絵里?」
絵里「は、はい?」
にこ「ハッキリ言わせて貰うわ。あんたアイドルを続けていく気あるわけ?」
絵里「え?」
穂乃果「にこちゃん…知ってたの?」
にこ「昨日あんた達がコソコソと話してるのを聞いちゃったのよ。どうなのよ?」
絵里「その…」
真姫「…うっ…うっ…」ポロポロ
絵里「え?真姫?泣いてるの?」
真姫「私も…こないだ偶然絵里と穂乃果が話してるのを聞いちゃって。でも…信じられなくて…スクールアイドルを続けられなくなる程…深刻なの?」
絵里「えっと…」
にこ「当たり前じゃない。だいたい、バレたらスクールアイドルどころか高校だって…」
絵里「ちょっと待って…」
26 :以下、
まきちゃん
27 :以下、
ことり「高校は大袈裟だよ…」
にこ「全然大袈裟じゃないわよ」
ことり「それに…それってそんなにいけない事なのかな?」
にこ「ダメに決まってるじゃない。相手の事だってあるのよ?」
ことり「そうかな?私は素敵な事だと思うな」
真姫「え?何の話をしてるの?」
にこ「ドラマや映画じゃないんだから。第一スクールアイドルとして…覚悟が足りないのよ。真剣じゃないって事でしょ?希?あんたはさっきから黙ってるけど…どうなのよ?」
28 :以下、
希「ウチは…正直…悲しかった…」
絵里「希…」
希「親友だから…二人の間に秘密なんて何もないって思ってた。でも、違った。えりちには恋人が出来て…ウチは…本当は祝福しなきゃいけないのに…出来なかった」
にこ「当たり前よ。不倫を祝福する人間がどこにいるのよ」
穂乃果「え?」
ことり「え?」
真姫「え?」
絵里「あの…さっきも希が言ってたけど…一体…」
ことり「絵里ちゃん…一個下の子って言うのは…嘘だったの?」
穂乃果「もしかして…悩みって…」
絵里「ち、違う」
29 :以下、
ガチャ
亜里沙「お姉ちゃん…」
絵里「え?亜里沙?」
海未「校門の前に居たので連れてきたのですが…」
亜里沙「お姉ちゃん…やっぱり悩んでたんだね」
絵里「亜里沙…」
にこ「あんた悩んでたんじゃない。自分でも間違ってるって分かってるから悩むのよね?」
海未「あの…亜里沙を連れてきたの間違いでした?」
ことり「う、うん。ちょっと…タイミングが…」
30 :以下、
穂乃果「絵里ちゃん?どう言う事なの?」
真姫「絵里?病気に冒されてるって言うのは?」
絵里「え?何それ?」
真姫「嘘なの?」
絵里「いや…嘘って言うか私も初耳」
ことり「一体何が真実なの?」
絵里「わ、分かったわ。正直に言うわ」
穂乃果「正直に?」
31 :以下、
凛「全然話についていけないね?」
花陽「そうだね」
絵里「実は…私…恋人はいません」
穂乃果「え?」
ことり「え?別れちゃったとか?」
絵里「いいえ」
希「もしかして…妄想の彼氏と現実の区別がつかなくなっちゃったとか?」
絵里「違うの。私…バレンタインの事忘れてて…。お店でやけにチョコレートが売ってるな〜。美味しそうだから買ってこうなんて思ってたら穂乃果とことりに会っちゃって」
ことり「もしかして?」
絵里「そう。自分の為に買うって言い出せなくて…つい…」
穂乃果「え?じゃあ、旧家の出身の帰国子女のバイオリンとチェロ奏者の一個下の可愛い男ってのは?」
絵里「私…そこまで言ってない…。穂乃果達に追求されて」
海未「成る程。話が読めてきました。要するに嘘を貫き通す為にまた嘘を重ねたと言う事ですね?」
凛「嘘って怖いにゃ」
絵里「そう言う事ね」
33 :以下、
にこ「いや、そう言う事ねじゃないわよ」
絵里「ごめんなさい。本当にごめんなさい」
亜里沙「良かった〜」
絵里「亜里沙?」
亜里沙「だって、お姉ちゃん…思い詰めた顔してたから…また何かあったのかって心配だった」
絵里「ご、ごめんね」
真姫「本当よ。心配ばかりかけて。絵里に何かあったらって…」
絵里「あの…真姫?あなたは一体どうしてそんな勘違いをしたの?」
真姫「私が知りたいわよ」
34 :以下、
希「まあ、ええやん。何事もなかったって事やろ?なら、一件落着やん」
絵里「希…」
希「これ以上えりちを責めたってえりちが可哀想なんやし。な?やめような?そうと決まれば練習の準備や。よし、凛ちゃん。屋上まで競争や」
凛「え?うん!負けないにゃ〜」
海未「こら!廊下を走ってはいけません」
絵里「…」
穂乃果「希ちゃんなんか嬉しそう」
にこ「あれ、絵里に彼氏が出来たって聞いて相当ショックだったのよ。たぶん…しかも、これから絵里をいじるネタが一つ増えたって事だし」
穂乃果「成る程」
にこ「まっ、自業自得ね。嘘なんか吐くからそうなるのよ」
絵里「はい…」
真姫「……」
にこ「何よ?」
真姫「にこちゃんが言うんだと思って」
にこ「悪い?」
真姫「……別に?」
35 :以下、

36 :以下、

続き・詳細・画像をみる


生徒「氷点下なのに半袖半ズボンでマラソンするの何故?」 教師「決まりだから」

生徒「氷点下なのに半袖半ズボンでマラソンするの何故?」 教師「決まりだから」

【平昌五輪】メインプレスセンター前に“謎のオブジェ” 遠目からだと“アレ”そのもの...

【夫婦】結婚した途端「別れる、出て行け、しね、ころす」を連発。その度に食い下がってきたがついに「そうだね」と答えてしまいそれからギクシャクしてる。もう離婚しかない?

ズボラ飯最強の味方食材ランキング・・・お前らどうや???

お前らがグッと来た画像を貼るスレ『霧吹きくらいちゃんと買って来いww』

性別問わずスラックスかスカート選んで…千葉の中学校が「ジェンダーレス」対応の制服を導入

【ボッコ】うざいくらい料理上手アピする友人。いちいち知識をひけらかし私をメシマズ扱いするけど正直私の方がうまい料理もあるし単に手際がいいだけで調子のんな

同居の義両親に毎日朝4時に怒声で起こされ自営の手伝いを日が暮れるまで無給でやらされてる

【衝撃】平昌オリンピック、ノロ感染者1016人に増加!!もう中止しろよwwwww

3大アニメのバッドエンド「火垂るの墓」「フランダースの犬」

お前ら100歳まで生きたいか?俺は70くらいで死にたいわ

back 過去ログ 削除依頼&連絡先