女子小学生「ふーん…小学生専門の足つぼマッサージ屋さんなんかあるんだ」back

女子小学生「ふーん…小学生専門の足つぼマッサージ屋さんなんかあるんだ」


続き・詳細・画像をみる

1 :
-通学路
女子小学生「うー…ブーツ履いて学校行くと足疲れる…」
ムチッ…ムチッ…
おっさん(おっ!クソ寒いのにショーパンの淫乱小学生発見!あれはレイプしても情状酌量の余地ありだろ…)
シコシコ
おっさん「こんにちは^^ お嬢ちゃん1人?」
女子小学生「誰このハゲ キモいから話しかけてこないで」
ペッ
おっさん「いい具合に生意気だね…おじちゃん興奮してきちゃった…^^」
ハァハァ
女子小学生「なに?どいてよ 警察呼ぶよ?」
おっさん「かわいい太もも丸出しにして淫乱アピールしてるけど寒くない?大丈夫??」
スリスリ
女子小学生「触んなハゲ!!死ね!!」
ゲシッ
おっさん「今時の子は学校行くのにもブーツ履くんだ^^足疲れてない?」
女子小学生「え…?ちょっと疲れてるけど…」
おっさん「最近ここに小学生専門の足つぼマッサージ屋さんができたんだ^^ よかったら行ってみない??」
女子小学生「足つぼマッサージ?楽しそー!」
おっさん「おいで^^ こっちだよ^^」
女子小学生「♪」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1517263357
10 :
-マッサージ屋さん
おっさん「ここに名前と住所 電話番号と好きなオナニー書こっか^^」
女子小学生「ちょっと!息臭いから顔近づけんな!殺すぞ」
おっさん「(´;ω;`)」
女子小学生「〜♪」
サラサラ
おっさん「ふぅん…愛沢姫華ちゃん…10さい…誕生日は2月18日か…かわいい名前だね^^」
女子小学生「きも 名前呼ばないでよ 早くマッサージしろ」
おっさん「そうだね^^ 横になってごらん^^」
女子小学生「こ…ここに?」
おっさん「ブーツ脱がすね^^」
ヌギヌギ
女子小学生「あっ…」
ムワッ…
おっさん(うわ…1日がんばった小学生の蒸れた足裏堪んねェ…)
ハァハァ
おっさん「^^」
クンクン
女子小学生「ひゃっ!?なんで匂い嗅いでるの!?」
おっさん「匂い嗅いだら 姫華ちゃんが どんな風に疲れてるかわかるんだ^^」
クンクン
女子小学生「え…そうなの…?」
15 :
おっさん「ん…んん〜っ…」
クンカクンカ
女子小学生「うぅ〜…鼻息が気持ち悪い…」
女子小学生(こんな一生懸命 足の裏嗅がれるの初めて…なんか恥ずかしい…)
おっさん(くそっ…足コキに最適な足裏しやがって…姫華ちゃん臭ヤバい…脳みそがやられる…!)
クンクン
女子小学生「ねぇ もういいでしょ?さっきからずっと嗅いでるんだけど…」
おっさん「あっ!ごめんね〜^^あまりにも足マンコだったから!つい…」
女子小学生「?」
おっさん「それより姫華ちゃん…だいぶ疲れてるみたいだね…匂い嗅いだだけでわかるよ…^^」
女子小学生「や…やっぱり…?私 毎日がんばってるからねー」
おっさん「これは特別コースのマッサージした方がいいね!^^」
女子小学生「と…特別コース?」
19 :
女子小学生「でも私 今お金1500円しか持ってないんだけど…足りる?」
おっさん「大丈夫!今なら☆フューチャー・ヴィジョン☆を見たって言ってくれたら初回無料になるんだよ」
スマートフォン「http://blog.livedoor.jp/conbul/」
女子小学生「これ私が毎日見てるブログ!ほんとに無料でいいの!?」
おっさん「もちろん^^」
女子小学生「じゃあ特別コースで!早くして!」
おっさん「オッケー^^じゃあまずは目隠しするよ^^」
女子小学生「きゃっ!?えっ…えっ?!なんで?!」
おっさん「人は視覚を封じられると 全身の神経が敏感になるからね…通常よりマッサージの効果が出やすいんだよ^^」
女子小学生「そ…そうなんだ(よくわからないけど すごそう)」
おっさん「次は手足を拘束するよ〜^^」
カシャカシャ…
女子小学生「ちょっ…ちょっと!これじゃあ動けない!」
おっさん「マッサージに集中するためだよ^^ 高級マッサージ店じゃ普通だけど…姫華ちゃんは小学生だから知らないのも仕方ないね」
女子小学生「え…し…知ってるもん!マッサージに集中するためでしょ?」
女子小学生(でも手足動かせないし何も見えないから ちょっと怖いかも…)
24 :
おっさん(これであのクソ生意気な姫華ちゃんも ただの足マンコだな)
モミッ
女子小学生「ひゃっ!」
おっさん「どう?姫華ちゃん?気持ちいい??^^」
モミモミ
女子小学生「えっ…う…うん…少しだけね…少しだけ…」
おっさん「じゃあもっと強めにしようかな^^」
グリッ…グリッ…
女子小学生「んふっ!!」
おっさん「大丈夫 大丈夫!マッサージに集中してね〜^^」
グリッ…グリッ…
女子小学生「んんっ…」
おっさん(思った通り姫華ちゃんは足裏が敏感だな 足裏奴隷の素質があるね^^)
女子小学生(ヤバい…なんか体が熱くなってきた…)
ハァハァ
おっさん「ねぇ気持ちいい?^^気持ちよくないなら さらに強めにするよ?」
モ゙ミッ…モ゙ミッ…
女子小学生「あっ…もう気持ちいいからぁ…これ以上 強くしないで…」
25 :
おっさん「足裏にやらしい汗かいてるね…^^」
女子小学生「え?」
おっさん「じゃあこれから薬塗りますよ〜^^」
おっさん「^^」
ペロッ
女子小学生「きゃっ!?」
おっさん(クソッ…足の裏までやらしい姫華ちゃん味しやがって…)
ペロペロ
女子小学生「な…なんか舐められてるような気がするんだけど…」
おっさん「ん?感覚が研ぎ澄まされてる証拠だね^^ 薬塗ってるだけだから安心して^^」
ペロペロペロ
女子小学生「う…うん…」
おっさん「左足には 別のお薬塗ろっか^^」
おっさん(チンポ擦りつけてやる 足裏で妊娠しろ^^)
ペチャ…ペチャ…
女子小学生「な…なんか変な気分…」
27 :
おっさん「くっ!!」
ドピュロス
女子小学生「えっ?!」
女子小学生「なんか暖かいのが かかったんだけど…」
おっさん「ん?ああ 薬だから心配しないでね^^拭き取ろっか」
フキフキ
女子小学生「?」
ムチッ…ムチッ…
おっさん(ちくしょう…太ももからも姫華臭ヤバいな…小学生に触れる機会なんかめったにないから 今のうちに揉んでおくか)
モミッ
女子小学生「!!」
女子小学生「ちょっと太ももは…!!」
おっさん「太もも揉みほぐしとかないと 効果出ないからね^^ 姫華ちゃん知らなかったかな?^^」
モミモミ
女子小学生「は?知ってるし…常識じゃん」
おっさん「そうだよね^^ 太ももにも薬…塗っとくね^^」
ペロペロ
女子小学生「んっ!!」
おっさん(姫華ちゃんの太ももから おじちゃんの唾液の匂いが取れなくなるくらい舐めてあげるね^^)
ペロォ…
28 :
女子小学生「ね…ねぇ…太ももに薬塗りすぎじゃない…?」
おっさん「そうだね^^」
おっさん「そろそろ足裏マッサージに戻るか…」
モミッ
女子小学生「ふっ!」
おっさん「ん?ここかな…^^」
コチョコチョ
女子小学生「んひゃっ?!ちょっと!く…くすぐったい…!!」
おっさん「くすぐりは健康にいいんだよ^^」
コチョコチョコチョ
女子小学生「んひゃっ!!くひ!うひひひひ!!」
バタバタッ
おっさん「姫華ちゃんどうしたの?^^足裏くすぐられて気持ちいい?^^」
コチョコチョ
女子小学生「やめてぇ!!1回やめて!お願い!!」
おっさん「ダメダメ 1回拘束解いちゃうと薬の効果がなくなっちゃうからね^^」
コチョコチョ
女子小学生「あははははは!!」
31 :
おっさん「足の指の間も…!」
コチョコチョ
女子小学生「いぎっ?!そ…そこはやめてぇ…やはははは!!」
おっさん「それとも土踏まずかな?」
コチョコチョ
女子小学生「んきゃっ!!やっ!ひゃっ!あひゃひゃひゃ!!」
女子小学生「お願いもうやめてぇ!!本当にやめてぇ!!」
おっさん「へぇ 土踏まず弱いんだ^^ えいっ!えいっ!」
コチョコチョコチョコチョ
女子小学生「うひゃ!!うひゃひゃ!!なんでなんでぇ!!もうやめてってばぁ!!」
おっさん「ん?やめなかったらどうなるの?^^ やめなかったらどうなるの?^^」
コチョコチョコチョ
女子小学生「お願い!!お願いやめてっ!!」
バタバタッ
女子小学生「んひぃぃぃっ!!」
ジョジョジョ
おっさん「うわっ!おしっこ漏らした!!」
おっさん「あーあ 姫華ちゃん気持ちよすぎておもらしちゃった^^ 小学5年生なのに恥ずかしい^^」
女子小学生「うぅ…死ねぇ…死ねハゲぇ…」
シクシク
33 :
おっさん「でもくすぐりはやめてあげない^^」
コチョコチョ
女子小学生「やっ?!なんで?!」
おっさん「姫華ちゃんくすぐり大好き?^^」
コチョコチョコチョ
女子小学生「きゃははは!!嫌い!嫌い!嫌い〜〜〜ッ!!」
おっさん「そんなこと言ってるくせに しっかり笑ってる…くすぐられるの好きなんだね^^」
コチョコチョ
女子小学生「ち…違っ…これはおまえがくすぐるからぁ!!」
おっさん「ん?じゃあ姫華ちゃんの大好きな土踏まずやっちゃお!」
コチョコチョコチョ
女子小学生「お゙っ?!」
ビクンッ
おっさん「姫華ちゃんが気が狂う寸前まで 土踏まずくすぐりまくってあげるからね〜^^」
コチョコチョコチョコチョ
女子小学生「うひゃああああ!!あははははは!!お゙っ…お願いやめてぇっ!!」
38 :
おっさん「姫華ちゃん さっきはさんざん生意気抜かしてくれたね^^」
コチョコチョ
おっさん「お仕置き!重点的に土踏まず責めまくってあげるよ^^」
コチョコチョコチョ
女子小学生「ふぇぇ!!ふぇ!ふぇ!あひゃひゃひゃ!!」
バタバタッ
おっさん「クソ!おらっ!目隠し取ってやる!無様なアヘ顔見せろ!!」
バッ
女子小学生「ひっ…ひゃはははは!!」
女子小学生「ん゙もっ…もうやめてぇ(鼻水出てる)…」
おっさん「うわ かわいい姫華ちゃんの顔が台無しだね^^」
コチョコチョコチョコチョ
女子小学生「ひっ!ひぎっ!やめてください!!許して!許してぇ!!」
おっさん「ん?じゃあ おじちゃんの足裏奴隷になる?」
女子小学生「ふ…ふざけんなぁ…ハゲの奴隷になんか…くっ…なってたまるかぁ…」
おっさん「ふーん」
コチョコチョ
女子小学生「絶対殺してやる…!!このクソハゲ…!!許さない!!」
41 :
-7分後
女子小学生「お゙っ…奴隷になるからぁ…なんでもするからもうやめてください…」
おっさん「あきらめるの早いぞ^^指の間と土踏まず同時責めだ^^」
コチョコチョ
女子小学生「んぎぃっ!!」
女子小学生「んひゃあああ!!やめて!やめてぇ!!」
ガクガクガク
おっさん「^^」
女子小学生「これ以上は本当にヤバい!!これ以上は本当に!!」
バタバタッ
おっさん「ん?どうなっちゃうの^^ 見せて見せて〜^^」
女子小学生「くっ…くぅぅ…やだぁぁぁ…」
ブリッ
女子小学生「〜〜〜ッ」
ブリブリブリッ…
おっさん「うわ!!うんこ漏らした!!」
45 :
女子小学生「く…くそぉ…死ね…死ねぇ…」
ブルブル
おっさん「はい うんこ漏らしのくせに生意気な口きいたから もう1回こちょこちょの刑^^」
コチョコチョ
女子小学生「んひゃっ!?なんでなんで!!もうやめてってばぁ!!」
おっさん「うっわ 姫華ちゃんのうんこ臭すぎ…小学5年生でこれは ちょっと引くわ…」
女子小学生「許して…許してください…くひっ…くひひっ…あひゃっ!あひゃひゃ!!」
おっさん「うんこ漏らしてこんなに爆笑してんの姫華ちゃんくらいのもんだよ…^^ 生きてて恥ずかしくないの?^^」
女子小学生「ごめんなさいっ…ごめんなさいぃ…もうハゲって言わないから許してぇ…」
グスン
おっさん「じゃあ仲直りのキスしよっか^^」
女子小学生「は…?なんでおまえと…」
おっさん「^^」
コチョ…
女子小学生「ひっ!わ…わかったからぁ…」
ベッ
おっさん「姫華ちゃんの舌 ピンク色でかわいい〜^^」
ペロッ
女子小学生(うぅ…臭い…お願いだから早く終わって…)
シクシク
50 :
女子小学生「ハァ…ハァ…ハァ…」
女子小学生(お気に入りのショーパンだったのに…うんことおしっこまみれで最悪…もう履けない…)
グスン
おっさん「姫華ちゃん^^」
女子小学生「もういいでしょ!早くおうちに帰して!」
おっさん「ダメダメ^^ これからいっしょに映画見よっか^^」
ピッ
女子小学生「映画?!そんなの興味ないから!!」
『うひゃああああ!!あははははは!!お゙っ…お願いやめてぇっ!!』
女子小学生「え…うそ…これって…」
ブルブル
女子小学生「全部撮ってたの!?」
おっさん「そうだよ^^最初から全部ね^^」
おっさん「うわ 見てこの姫華ちゃんの顔!ヨダレと鼻水まみれ!みっともな〜い^^」
女子小学生「そんな…こんなの私じゃない…」
ガクガクガク
おっさん「これ 姫華ちゃんの学校の友達みんなに見てもらおっか^^ もちろん好きな男子とかにもね^^」
女子小学生「や…やめて!!やめて…ください…」
おっさん「じゃあこれからおじちゃんの言うことなんでも聞くんだよ?^^」
女子小学生「は…はい…」
ポロッ…ポロッ…
54 :
おっさん「おら姫華ちゃん おっぱい出せ」
女子小学生「くっ…」
ヒンニュ…
おっさん「うわ!ちっぱいちっぱい!女児おっぱい!」
チュッ
女子小学生「うぇ…きっも…」
おっさん「そんなこと言っていいのかな?^^」
女子小学生「ひ…す…すみません…」
おっさん「ああクソッ…姫華ちゃんの貧乳おっぱいにチンポ擦りつける!!喰らえッ!!」
ペチャ…ペチャ…
おっさん「うっ」
ドピュロス
女子小学生「きゃっ!!」
おっさん「ハァー…ハァー…姫華ちゃんは貧乳派か…1度でいいから巨乳小学生レイプしまくりたい…」
シコシコ
女子小学生「…!」
女子小学生「あ…あの…私の友達で とってもおっぱいおっきい友達…いるの…」
おっさん「!^^」
女子小学生「代わりにその友達連れて…来ます…だから…さっきの動画…消してください…」
おっさん「へぇ…姫華ちゃん友達売るんだ…最低だね^^ 最悪だ^^」
女子小学生「だって…だって仕方ないもん…なんで私だけ こんな目に遭うのよ…」
シクシク
おっさん「おじちゃんは かわいい小学生を奴隷にできるならそれでいいけど^^」
58 :
-次の日・聖ホーリー小学校
女子小学生「静華ちゃんおつかれ 冬の体育辛いね〜」
おとなしい子「うん…私 おっぱいおっきいからすぐ肩こっちゃうの…」
ムチッ…ムチッ…
女子小学生「!」
おとなしい子「あ…ごめんね…姫華ちゃんにイヤミ言ったわけじゃないよ?」
ボイン…
女子小学生「静華ちゃんさぁ…最近 いいマッサージ屋さんできたの知ってる?」
おとなしい子「マッサージ屋さん?」
女子小学生「うん!私の紹介なら静華ちゃん タダでマッサージしてもらえると思う!」
おとなしい子「えぇ〜 ほんと〜??」
女子小学生「うん!「友達紹介キャンペーン」っていうのがあるの!」
女子小学生「静華ちゃんは私の友達だよね」
おとなしい子「え…?う…うん…」
女子小学生「じゃあ放課後いっしょに行こ!」
おとなしい子「わーい 楽しみだなぁ♪」
女子小学生「ふふっ…」

63 :
愛沢 姫華(女子小学生)
“吸ケツ鬼”
年齢:10さい
誕生日:2月18日
おっぱいの大きさ:
必殺技:ラブラブ姫華ビーム
いつも下着と見間違えるほど短いショーパンを履いて太ももを丸出しにしている小学5年生
ダンスが得意でスマホゲームとイケメンが大好き
自分の身内とハヤトくん以外は基本的に見下しているけど ケツ穴をいじれば即アヘるので姫華ちゃんに遭遇したら試してみよう
6

続き・詳細・画像をみる


“功労者”のとんねるずを見捨てられなかったフジテレビ

【社会】東芝降板のサザエさんスポンサー、アマゾンら3社が提供へ

コインチェックさん「出金再開の予定について数日中にも見通しをお知らせいたします^^;」

【画像】「日本一制服が似合うJK」が決定

ブライダル業界「結婚式挙げない人が多すぎる」

東芝降板のサザエさんスポンサー、アマゾンら3社が提供へ

【動画】ゲーム音楽のアレンジが大好きな奴wwwwww

ワイ「ガリガリやし健康診断の結果も低体重ぐらいやろ」

TCG+SLG『不如帰 大乱 1553竜虎相打つ』ニンテンドースイッチで2018年春配信決定!

【教育】「もう食べられません」と訴える児童に嘔吐するまで給食を食べさせた小学校女性教諭を戒告処分。都教委

第一巡選択希望格好良い駅名

店長「店員がサングラスして接客してるってクレームきた」俺「え?してないですよ!」→真相が・・・

back 過去ログ 削除依頼&連絡先