にこ「え?サインですかぁ?」back

にこ「え?サインですかぁ?」


続き・詳細・画像をみる


にこ「ったく。あの子達遅いわね」
女の子A「あの〜」
にこ「え?何?」
女の子A「えっと…」
女の子B「早くいいなよ」
女の子A「いや…あなたから言ってよ」
女の子B「えー…」
にこ「あっ、もしかしてサイン?」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517152826
引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517152826/
2 :以下、
女の子A「え?」
にこ「色紙持ってる?」
女の子B「い、いえ…」
にこ「そう。じゃあ、何に書く?」
女の子A「えっと…」
にこ「なんでもいいわよ?」
女の子B「あの…服…」
にこ「え?服にサインするの?別に良いけど…」
女の子B「いえ…そうじゃなくて…服に…値札付けっぱなしですよ?」
にこ「え?あっ…ありがとう…」
女の子B「いえ…それじゃ…」
女の子A「ど、どうも…」
にこ「それだけ…」
3 :以下、
凛「かよちん…どうする?」
花陽「え?えっと…どうしようか?」
凛「見なかった事にしてあげるのがにこちゃんの為だよね?」
花陽「そうだね。うん…それが正解だと思う」
にこ「……」
凛「おーい!にこちゃーん」
真姫「ごめん。遅くなったわ」
にこ「あっ、真姫。大丈夫だけど…まだ花陽も凛も来てないし」
真姫「そう。よかった。って…あれ、花陽と凛じゃない?」
にこ「え?ああ…そうね」
凛「ごめん。遅くなったにゃ」
花陽「ごめんね」
真姫「大丈夫。私も今来たところよ」
凛「知ってる」
真姫「え?」
にこ「さあ、皆んな揃ったし行きましょうか?」
4 :以下、
真姫「そう言えばにこちゃん?さっき中学生くらいの女の子と話してなかった?」
にこ「え?」
凛「へ?」
花陽「え?」
真姫「え?何?話してたわよね?」
にこ「え、ええ…そうね。話してたわよ?」
真姫「ふ〜ん。知り合い?」
にこ「いや…」
真姫「え?じゃあ、何を話してたの?」
にこ「いやぁ…」
真姫「もしかして、サインでも求められたとか?」
にこ「えっと…そうよ」
花陽「!?」
凛「!?」
5 :以下、
真姫「あっ、そうなの?冗談で言ったんだけど」
にこ「ま、まあね…」
真姫「ふ〜ん。じゃあ、書いてあげたんだ?」
にこ「え、ええ…書いてあげたわよ」
真姫「そうなんだ。何?μ’sのファンだったの?それともにこちゃんの…」
花陽「真姫ちゃん!やめよう?その話はやめよう?」
にこ「え?」
真姫「は?え?なんでよ?」
花陽「いや…ほら?おしゃべりは後にして行こうよ」
真姫「別に…」
凛「真姫ちゃん今日はよく喋るね?」
真姫「なっ、何よ?いけないの?」
花陽「ううん。全然いけなくないよ?いけなくないけど…」
6 :以下、
真姫「じゃあ、なんなのよ?」
花陽「いや…ここで話すような事じゃないかなって」
真姫「そんな事ないでしょ」
凛「とにかく行くにゃ〜」
真姫「わ、分かったわよ。もう、なんなのよ」
花陽「ホッ…」
真姫「じゃあ、行きましょう」
にこ「待ちなさい」
真姫「今度は何よ?」
にこ「いや…あんたじゃなくて」
真姫「え?」
にこ「花陽と凛」
花陽「え?」
凛「え?」
真姫「え?何?私は?」
にこ「あんたはいいから」
真姫「な、なんでよ」
7 :以下、
にこ「本当、すぐ終わるから。二人…来て…」
真姫「もう…なんで私だけ仲間ハズレなのよ」ボソッ
花陽「あ、あの…」
凛「何かな?」
にこ「みてたの?」
花陽「え?えっと…」
凛「な、なんの事かにゃ〜」
にこ「見てたのね?その反応見てたのね?」
花陽「ほ、本当になんの事かわからないよ?」
凛「にこちゃんなんかしたの?」
にこ「…本当に何も知らないの?」
凛「うん」
花陽「なんの事か分からないな」
にこ「そう…なら良いけど…」
8 :以下、
真姫「もう…なんなのよ。私だけ仲間ハズレにして…」
にこ「お待たせ」
花陽「ごめんね?」
凛「さあ…行くにゃ〜」
真姫「ふんっ」
凛「真姫ちゃん。拗ねないで〜。本当に大した事じゃないんだよ」
真姫「別に拗ねてなんか…あっ、にこちゃん」
にこ「ん?」
真姫「服に値札付いてるわよ?」
にこ「え?」
凛「にこちゃん…」
花陽「ま、まだ付けっぱなしだったの?」
にこ「え?」
花陽「あっ…」
凛「にゃ…」
にこ「……やっぱり見てたんじゃない」
花陽「えっと…」
凛「うん」
真姫「え?何?なんの話?」
にこ「いや…」
13 :以下、
「サイン2」
14 :以下、
女の子A「あの〜」
絵里「はい?」
女の子A「えっと…」
女の子B「早くいいなよ」
女の子A「いや…あなたから言ってよ」
女の子B「えー…」
絵里「あの…何かしら?」
女の子B「あの…いつも応援してます」
女の子A「サインをお願いしても良いですか?」
15 :以下、
絵里「え?サイン?」
女の子A「はい。ダメですか?」
絵里「いえ…そんな事ないけど」
女の子B「本当ですか?」
絵里「ええ…えっと…何に書けばいいのかな?あまりこう言うのって慣れてないから…」
女の子A「あっ、色紙持ってます」
絵里「そうなんだ。用意が良いわね…。えっと…」
女の子A「Aでお願いします」
女の子B「私はBで」
16 :以下、
絵里「AちゃんとBちゃんね。はい…」
女の子B「ありがとうござい…ます…ん?」
女の子A「大事にしま…あれ?」
絵里「え?何か?」
女の子A「あっ…いえ…ありがとうございます」
絵里「これからも応援よろしくね」
女の子A「は、はい」
女の子B「頑張って下さい」
17 :以下、
女の子A「ねえ?あの人…誰?」コソコソ
女の子B「もしかして人違いだった?」コソコソ
絵里「…聞こえてる」
19 :以下、
「服」
20 :以下、
穂乃果「も〜どうして言ってくれなかったのさぁ」
絵里「いや…だって穂乃果が気に入ってると思ったから」
穂乃果「その時はね?でもさ…でもさぁ…変でしょ?」
絵里「い…いや…」
穂乃果「変なんでしょ?絵里ちゃんだったら買わないでしょ?」
絵里「まあ…」
穂乃果「だったらその時止めてよぉ」
海未「私は止めたじゃないですか」
穂乃果「そうだけど…。いや…違うんだよ」
海未「何が違うのですか?確かに止めましたよ?派手過ぎると」
穂乃果「そうじゃなくて…。だって海未ちゃん着眼点が違うもん」
海未「何がですか?そんな事ないですよね?」
絵里「え?私?」
海未「派手過ぎますよね?」
絵里「派手って言うか…」
穂乃果「でしょ?派手どうこうの問題でもないでしょ?」
絵里「えっと…ねえ?」
穂乃果「そう言う事なんだよ」
海未「言ってる意味がわかりません」
穂乃果「わからない?結構分かりやすく言ったつもりだけど?」
21 :以下、
海未「分かりません」
穂乃果「だからぁ…この服は別に派手ではないんだよ」
海未「派手ですよ」
穂乃果「だから…海未ちゃんはそうだから…」
海未「そうだからって?」
穂乃果「そうなんだよ」
海未「本当に意味が分かりません」
穂乃果「とにかく派手ではないの。海未ちゃんの指摘は違うの。ね?」
絵里「え、ええ…まあ…。だからね?海未は…ほら?どっちかって言うと落ち着いた感じの服が好きでしょ?だから…そんなに派手じゃなくても派手に見えてしまっていると言うか」
海未「つまり…要約すると私の趣味は地味と言う事ですか?」
絵里「地味と言うか…ねえ?」
穂乃果「いや…穂乃果が言いたいのはそう言う事じゃなかった」
絵里「え?」
海未「もういいです。どうせ私は地味ですよ」
穂乃果「あ〜…拗ねちゃった」
絵里「え?私がいけないの?」
22 :以下、
「カップ」
23 :以下、
ことり「えーっと…希ちゃん…凄いね」
希「まあ、育ち盛りやからね」
ことり「穂乃果ちゃんは…あっ、少し大きくなった?」
穂乃果「え?本当?」
ことり「うん。でも、衣装は今まで通りでも大丈夫かな?」
穂乃果「そうなの?」
ことり「うん。じゃあ…にこちゃんは…」
にこ「…」
ことり「えっと…」
にこ「変わった?」
ことり「う、うん」
にこ「え?本当に?」
ことり「そうだね…」
にこ「つ、ついにBの大台に?」
希「それって大台なん?」
24 :以下、
ことり「あの…えっと…」
にこ「B?ついにBカップになったのね」
ことり「えっと…AAA…だよ?」
にこ「ふ、ふ〜ん。AAAね…。AからAAAにね」
穂乃果「おお!Aが増えたね!…それって凄いの?」
希「凄いに決まってるやん。普通あり得ないんやから」
穂乃果「へ〜にこちゃん凄い」
にこ「え?ま、まあね」
ことり「あの…もしかして…サバ…」
にこ「…そうよ」
26 :以下、
「学生の本分」
28 :以下、
ルビィ「花丸ちゃん?テストの点どうだった?」
花丸「理科と数学が結構まずい事になってるズラ。ルビィちゃんは?」
ルビィ「ルビィは英語と社会の点数が少し低かったんだ」
花丸「ちょっと、勉強の方が疎かになってたズラ」
ルビィ「そうだね。もうちょっと勉強すれば良かったな」
ガチャ
果南「お疲れ〜。あれ?二人だけ?」
花丸「果南ちゃん…」
果南「どうした〜?元気ないなぁ」
ルビィ「実は…テストの点数が悪くて」
花丸「ちょっと、不味いズラ」
29 :以下、
果南「そっか。テストの返却が始まったもんね」
ルビィ「そうなんだ」
花丸「果南ちゃんは余裕だね」
果南「まあ…私はね」
ルビィ「はあ…」
花丸「はあ…」
果南「まあ…確かにテスト結果が悪いと気分も落ち込むけどさ。人生ってテストの点数だけで決まる訳じゃないでしょ?」
花丸「果南ちゃん…」
果南「嫌な事があったらさ頭空っぽにして切り替えちゃった方がいいよ」
花丸「果南ちゃん…。果南ちゃんは頼りになるお姉さんって感じズラ」
ルビィ「落ち着いた雰囲気が大人の女の人って感じだよね」
果南「大袈裟だなぁ」
30 :以下、
ガチャ
ダイヤ「御機嫌よう」
ルビィ「あっ、お姉ちゃん!」
果南「ダイヤ。遅かったね」
ダイヤ「まあ、ちょっと。ルビィ?テストの点数はどうでした?」
ルビィ「え?」
ダイヤ「まさか…悪かったのですか?」
ルビィ「う、うん。少しだけ」
ダイヤ「はあ…。今回勉強をしていないとは思っていたけれど」
ルビィ「う、うん」
ダイヤ「ルビィ?学生の本分は学業なのですよ?」
ルビィ「で、でも…テストの点数だけで人生が決まる訳じゃないって…」
ダイヤ「確かにテストの点数が全てではないです。ですが、それは勉強をしていない人の言い訳ですわ」
ルビィ「うぅ…」
果南「あ、あのさ…ダイヤ…」
ダイヤ「果南さん。ちょっとだけ待っててください」
果南「え?あっ、うん」
31 :以下、
ダイヤ「友達と遊びたいからとかスクールアイドルの練習に夢中になってとか。気持ちは分かりますわ」
ルビィ「うぅ」
ダイヤ「でも、夢や思い出を言い訳にはしたくないでしょ?」
ルビィ「うん」
ダイヤ「だったら、勉強もちゃんとおやりなさい」
ルビィ「はい。お姉ちゃんごめんなさい」
ダイヤ「分からない所があったら私が教えてあげますから」
ルビィ「お姉ちゃん…。ありがとう」
果南「……」
花丸「……」
果南「あの…ダイヤ?私も勉強見てもらっていい?」
花丸「」
33 :以下、
「学生の本分2」
34 :以下、
穂乃果「いやぁ…まずいなぁ。まぁ、いつも通りだけど…まずいなぁ」
ことり「穂乃果ちゃん、どうしたの?」
ヒデコ「何かあったの?」
ミカ「心の声がダダ漏れだけど…」
穂乃果「実はさぁ…数学のテストの点数が…数学のテストも?悪くって…。海未ちゃんに怒られちゃうよ」
ことり「あ〜…海未ちゃんに…」
ヒデコ「でも今回のテスト難しかったよ」
ミカ「うん。平均点も低かったし」
フミコ「実際私もいつもより悪かったよ」
穂乃果「…だよね?そうだよね?ことりちゃんは?」
ことり「え?私もそんなに良くなかったかな」
35 :以下、
穂乃果「本当?なーんだ。そうだったんだ」
ヒデコ「うん。期末で頑張るしかないかなって感じ」
穂乃果「そっか〜。良かったぁ。で、皆んなは何点だったの?」
ヒデコ「73点だよ」
ことり「75点だったかな?」
フミコ「71点だよ」
ミカ「私は…70点」
穂乃果「ほ〜…なるほど」
ことり「うん」
ヒデコ「穂乃果は?」
穂乃果「え?いやぁ…まあ…ね?」
ことり「え?あっ、うん」
ヒデコ「え?何がうんなの?」
36 :以下、
穂乃果「いやぁ…うん、うん。そっかぁ。70点台って悪いんだなぁ」
ヒデコ「穂乃果は何点だったの?」
穂乃果「え?いや…そんな人に言う程の点数でもないよ?本当…」
ことり「穂乃果ちゃん…」
穂乃果「ほんと、ほんと。こんな事ってあるんだねぇ」
ミカ「こんな事って?」
穂乃果「いや…気にしないで。うん。いや〜…そう言えば皆んな今回あんまり勉強してないって言ってたよね?」
ヒデコ「え?言ったっけ?」
ことり「えっと…」
フミコ「言ったかもしれないけど…それが?」
穂乃果「いや…何でもない…」
ことり「穂乃果ちゃん…」
穂乃果「私…ちょっと…」
ことり「え?どこに行くの?」
穂乃果「凛ちゃんかにこちゃんの所に」
ことり「穂乃果ちゃん…」
37 :以下、
「お洒落な食べ物」
39 :以下、
ツバサ(μ’sの穂乃果さんと矢澤にこさんよね?)
穂乃果「ね〜おでんを買ってこうよ」
にこ「嫌よ。おでんなんて」
穂乃果「何で?嫌いなの?」
にこ「にこ達はアイドルなのよ?」
穂乃果「だから?関係ある?」
にこ「アイドルにおでんなんて似合わないでしょ?」
穂乃果「そんな事ないよ。そんな事を言ってるとおでん屋さんに怒られちゃうよ?って言うか好感度下がるよ?」
にこ「ぐっ、じゃあ、あんたはA-RISEがおでんを食べてるイメージ出来る?」
穂乃果「え?それは…」
にこ「出来ないでしょ?」
41 :以下、
穂乃果「まあ…確かにツバサさんはおでんは食べないだろうけど…」
にこ「でしょ?アイドルはイメージが大切なんだから」
穂乃果「そっか…」
ツバサ(いや…今まさにおでんを買おうとしてたんだけど…)
穂乃果「でもさぁ…それはツバサさんのイメージであって穂乃果達は違うじゃん?ほら?おでんが似合うアイドルだと思うんだよね。μ’sって」
にこ「そんなアイドルはいないわよ」
穂乃果「実際にこちゃんだっておでん好きでしょ?食べたいでしょ?美味しいよ〜、ホクホクの大根に牛スジ!あ〜考えただけで涎が…」
にこ「汚いわよ。でも…そんな話をしてたら…確かに食べたくなって来たわね」
穂乃果「でしょ?やっぱり、おでんを買っていこう!μ’sは等身大で行こうよ!」
にこ「こ、今回だけだからね」
42 :以下、
穂乃果「うん。それじゃあ、何を買って行こうか?」
にこ「そうね。私は玉子が食べたいわね」
穂乃果「奇遇だね。穂乃果も玉子!それから…トマトなんてあるよ?真姫ちゃんに買って言ってあげよう」
にこ「そうね。後…凛はロールキャベツなんて喜びそうよね」
穂乃果「絵里ちゃんはウィンナーでいっか」
にこ「そうね。ウィンナーで良いわよ。絵里は」
穂乃果「あっ、手羽先もある!手羽先食べたい…でも、ことりちゃんが気にするかな?」
にこ「何でよ。関係ないでしょ」
穂乃果「チーズかぁ。チーズは好きだけどおでんに合うのかな?」
にこ「合うからあるんでしょ?珍しいけど。チーズかぁ…A-RISEはおでんのチーズじゃなくてチーズフォンデュでも食べるんだろうなぁ」
穂乃果「チーズフォンデュ?何だっけそれ?」
にこ「何でもないわよ」
穂乃果「そっか。まあ、とりあえずこんなもんでいっか」
にこ「そうね」
ツバサ(オーソドックスな具が玉子しかない…)
穂乃果「さっ、帰ろう」
にこ「そうね。なんだかんだでお腹空いたわ。A-RISEはおでんなんか食べた事ないでしょうね」
ツバサ「………さて…ダイコンと牛スジ買って帰ろう」
44 :以下、
「練習」
45 :以下、
ドン
梨子「ん〜…なんか違うかなぁ」
ドンッ
梨子「しっくりこない…」
トン
梨子「これは全然違う…」
ドン
梨子「はあ…やっぱり私はするよりされる側…」
千歌「何知るの?」
梨子「え?ち、千歌ちゃん…いつから…」
千歌「最初から居たよ」
梨子「そ、そう…あの…」
千歌「梨子ちゃん…ストレス溜まってる?」
梨子「ち、違うの。えっと…あの…そう!相撲!相撲に最近ハマってて!突っ張りの練習?」
千歌「へ〜…そうなんだ」
梨子「うん」
46 :以下、
「お揃い」
47 :以下、
絵里「にこ〜お待たせ」
にこ「絵里」
絵里「希は?」
にこ「まだだけど」
絵里「そうなの。何やってるのかしら?」
にこ「いや…あんたも今来たばかりじゃない」
希「お〜い」
にこ「やっと来た」
希「遅れちゃってごめんな〜」
にこ「大丈夫よ。絵里も今来た所だか…ら…希…その服」
希「ん?あっ!?あちゃ〜にこっちと被っちゃったなぁ」
にこ「あんた…その服どこで買ったの?」
希「あそこのデパートで買ったんやけど」
にこ「うわっ…同じだわ。最悪…これじゃ、まるで合わせて来たみたいじゃない」
希「そんな事言っても仕方ないやん」
48 :以下、
にこ「あんた着替えて来なさいよ」
希「嫌や。なんでウチが」
にこ「だって希が後から来たんだから」
希「そんなにウチとお揃いが嫌なんやったらにこっちが着替えて来ればいいやん。にこっちの方が家も近いんやし」
にこ「嫌よ。面倒くさい」
希「ウチだってそうや」
にこ「じゃあ何?今日一日ずっとあんたと双子コーデで過ごさなきゃいけないの?最悪だわ」
希「そんなに最悪って連呼しなくてもええやん。そんな言われたらウチだって傷付くし」
にこ「分かったわよ。我慢するわよ」
希「だから我慢とか言わんでよ」
にこ「はいはい」
希「よろしい。それじゃあ行こっか」
にこ「そうね」
51 :以下、
絵里「ちょっと待って」
にこ「うん?」
希「どしたん?」
絵里「私だけお揃いじゃないのはなんか嫌」
にこ「え?」
希「えりち?」
絵里「いや…だってそうでしょ?三人で歩いてて二人お揃いの服を来てるのに一人だけ違うって」
にこ「何子供みたいな事言ってるのよ」
絵里「結構嫌なものよ。仲間ハズレになった気分よ」
にこ「そんな事言ったってどうしようもないじゃない」
絵里「そうだけど。分かってるんだけど…」
希「じゃあ、えりちはどうしたいの?」
絵里「どうしたいって…それは…私もその服買う…とか?」
にこ「はあ?今から買いに行くの?無理よ。映画始まっちゃうわよ」
絵里「そっか。そうよね。分かってる。ごめんなさい、忘れて」
希「まあ、映画観終わったら買いに行けばええやん」
にこ「そもそも私は被りたくないんですけど…」
52 :以下、
〜映画館〜
絵里「チケット買って来たわよ」
希「ありがとう、えりち」
にこ「それにしても館内は暑いわね」
絵里「確かに。外があれだけ寒かったから余計暑く感じるわ」
希「上着脱げばええやん。そしたらウチとお揃いじゃなくなるよ」
にこ「言われなくても脱ぐわよ」
絵里「私も脱いじゃいましょ」
にこ「んっ……あっ…あんた…そのインナー…」
絵里「え?あっ…嘘?」
にこ「また被った…」
希「え?ウチだけ仲間ハズレなん?なんか嫌や」
53 :以下、

55 :以下、

続き・詳細・画像をみる


うちのカミサンは某音大で声楽やってたけどカラオケは下手糞。つーか変。 淡谷のり子みたいだ。

【悲報】もうすぐ発売のメタルギアサバイブさん、モンハンワールドのせいで空気

浜矩子「安倍政権によるお国のための1億総動員の食指が本格的に伸びてきた」

日本にはスマートフォンという便利なものがあります。来日した外人観光客に貸してあげようではないか! という計画が神奈川県で

【画像】ビッチのまんさん、野外フェスで案の定ヤられてしまった結果wwwアッアッアッパンパンパンwwwww

【画像あり】乳首がめちゃくちゃピンクの女エロすぎだろwwwwww

「QWERTY配列」などという欠陥キーボードが世界中のパソコンを支配しているという事実

【SS】朝潮型について

【朗報】ニコニコ動画、遂に完全復活するwwwww

コインチェックさん「出金再開の予定について数日中にも見通しをお知らせいたします^^;」

「ローンを組んだ年齢が遅すぎた」家を失い借金だけが残った高齢夫婦がアパート暮らし

同棲してる彼女に猫を飼いたいと相談したら喜んでくれた。でもペットショップに行って以来、彼女は「飼いたい」と言わなくなった。

back 過去ログ 削除依頼&連絡先