こころ「おねえさまへプレゼント!」back

こころ「おねえさまへプレゼント!」


続き・詳細・画像をみる


ココア「今年達成で6年連続。面倒くさい」
こころ「ママ泣いちゃうよ?」
ココア「いや、おとといママ小躍りしながら「チョコが食べたいわーチョコが食べたいわー誰かくれないかしらー」って歌ってたし」
こころ「そんなのはあれだよ、カモフラージュ。本心を隠すカモフラージュ」
ココア「は。じゃなんか案あるの?」
こころ「だからそれを考えようとしてるのよ」
ココア「それ聞いたの6回目だ」
3 :
こころ「むーん」
ココア「諦めるべきだね」
こころ「…」
ココア「…」
こころ「…」
ココア「…」
こころ「ねえココアぁ」
ココア「はぁ。だから思い付かないって」
4 :
こころ「何か、ヒントでいいの。真面目に考えてよお〜」
ココア「全く…。…ああ。クラスのマミが母の日の話ししてた」
こころ「うんうん、何て?」
ココア「洗濯とかお皿洗いとか、水に触って手が荒れてるから、ハンドクリームあげるって」
こころ「ナイスアイデア!」
ココア「マミ、なかなか気が利いてるよ」
5 :

──
???「ふんふーん♪」←エプロン姿に泡を立てたスポンジ片手に手際よく皿洗い
???「ふふふんふ〜ん♪」←エプロン姿で洗濯物をよく晴れたベランダに皺を伸ばしながら手際よく干してる
???「ふ〜んふ〜ん♪←エプロン姿でツインテールを揺らしながら床を手際よく雑巾がけ
???「ふ(略)」←なんかおねえさま(おねえちゃん)がやってる
──

6 :
こころ「…」
ココア「…」
こころ「うちのママって洗濯とかお皿洗いしないよね」
ココア「家事全般やらないし」 
こころ「時々考えるんだけど、おねえさまってママなのよ」
ココア「見た目はともかく中身はママだね、あれ」
7 :
こころ「そうそ…って見た目?!おねえさまへの冒涜?!いくらココアでも許さないわ!」
ココア「いや、あの小柄さがスーパーアイドルとしての人気の理由?というか一部?一要素ってことだから」
こころ「あ、そうだったの…」
ココア「何、その、にこ姉には感謝してるよ。私だって」
こころ「そうだよね」
ココア「まあ」
こころ「おねえさまにも、日頃の感謝を込めてプレゼントするわよ」
ココア「おー」
8 :
日曜日。昼過ぎ。
熱心にアイドル雑誌を読むおねえさまにちょっと失礼して外出を告げます。
にこ「…ふむ」ペラ
こころ「にこおねえさま、研究中のところ失礼します」
にこ「ん、こころ」
9 :
こころ「おねえさま、二人で出かけてきます」
にこ「いってらっしゃい。あーどこ行くの?」
こころ「どこにする…?」
ココア「思い付かないなー。モールでいいよ。近いし広いから見て探せばいいし」
にこ「…?」
こころ「それしかないよね。分かった。おねえさま、ショッピングモールに行ってきます」
10 :
にこ「了解。夕飯までには帰ってきなさい」
こころ「はい、勿論です。行ってきます」
ココア「行ってきます。いやまじで何にする?ある程度決めておかないと見つかんないって」
にこ「あと雲行きが怪しいから傘持っていきなさいよー」
こころ「はーい。さすがおねえさま。完璧過ぎて欠点という欠点がないから役立てるものが見つからないわ!」
11 :
ココア「手全然荒れてないじゃん、つるつるすべすべだよ。さすが宇宙ナンバーワンアイドル…」
こころ「そうなるとやっぱり食べ物?ヘアアクセサリなんて考えてみたけど、おねえさまに似合うアクセサリなんて私達のセンスじゃ及ぶに足りないし」
ココア「食べ物。悪くはないんだけどさ、思いつかなかったので食べ物にしました感あるじゃん。悪くないんだけどさ」 
こころ「言われてみればそうかも…」
12 :
悩んでいるとあっという間にショッピングモールに到着しました。
こころ「どこ見ればいいんだろ…」
ココア「困った」
こころ「立ち止まっちゃいけないよね。おねえさまが「立ち止まったらそこでアイドル終了よ」って言っていたし」
ココア「さすがねえちゃん」
こころ「近いし、とりあえずアクセショップ。見に行きましょう」
ココア「うん」
13 :
──
こころ「これも違う…これも違う」
ココア「これでもない…これでもない」
こころ「これは…!」
ココア「お…あった」
こころ「高過ぎる…!」
ココア「なにこの金額…」
こころ「世界のにこにーの領域ともなると平凡な一学生が介入できる隙はないと言うことですかつ」
ココア「おねえちゃんは私達の届かない所にいるのを感じた…。妹で、姉妹でありながら…。いや妹でいさせて頂いてるんだ」
14 :
──
ココア「やっぱお菓子は駄目だな」
こころ「友達っぽいというか、手軽すぎて適当っていうか、こんなもので感謝を伝えたくないね」
ココア「缶に入った高そうなのいいと思うけど」
こころ「嫌。よそよそしいじゃない。私こころは妹であることに誇りを持っているんだから。却下却下」
ココア「むう」
ココア「お」
こころ「ん?」
ココア「あれ苺」
こころ「…」
15 :
ココア「どうよ」
こころ「…妙案ね。ただ、日持ちしない」
ココア「日曜だっけ?母の日」
こころ「そう」
ココア「どうよ」
こころ「つまり来週もう一度来るってこと?」
ココア「うん」
16 :
こころ「悪くはない。他に案が浮かばなかったらそれにしよ」
ココア「やったね。決まり」
こころ「違う違う。また時間があるんだからよりいいものが無いか考えるの」
ココア「散々考えたからお腹いっぱい。帰ろ帰ろ」
こころ「ナンバーワンでも上を目指すのよ。ちょっと待ちなさいよー」
ココア「へいへーい」
17 :
こころ「全くもう。先に一人で行っちゃ駄目よ。はぐれたら大変なんだから」
ココア「…」
こころ「ココア聞いてるの?昔一人でゲームセンターの方に走っていって…」
ココア「傘」
こころ「へ?」
ココア「忘れた」
こころ「…あ」
ココア「…めがざーさーいってる」
18 :
こころ「…本降りじゃない」
ココア「この姉気取り」
こころ「ば、うるさいわね!忘れてた分際で!どうせおねえさまには遠く及ばないですよーだ」
ココア「…はあ」
こころ「…はあ」
ココア「…んで、どうするさ、諦める?諦める?それとも諦める?」
こころ「えとつまり、どのみち諦めるしかないってことが言いたいの?」
ココア「上手いこと言ったつもりなのにムカつくんですけど」
19 :
こころ「こころお姉様とお呼び」
ココア「…」
こころ「…」
ココア「…」
こころ「…傘、買う?」
ココア「割り勘?いちご間に合うかな…」
こころ「どんだけ所持金少ないの」
ココア「いやそうしゃないっしよ」
20 :
──「はあ、はあ」
──「あ…チビたちー!」
ココア「良いの、渡したいじゃん」
にこ「間に合った…もう、持ってけって行ったでしょうに」
こころ「おねえさまっ!おねえさまっー!」
ココア「さっすがねえちゃん」
にこ「この季節は毎日雨降るんだから。梅雨の間くらい傘持ち歩きなさいよ」
こころ「分かりました。忘れないように心がけます」
ココア「おっけ」
21 :
にこ「はいじゃこれ」
こころ「?」
ココア「?」
にこ「?二人してはてなマーク浮かべてどうしたの?あっいけなーい、にこにーったら、にっこにっこにーを待ちわびる子羊達にそれをその口から言わせようとするなんてー」
こころ「ええと」
ココア「いや」
22 :
にこ「?それともあいあい傘?あんあたち基本あいあい傘じゃなかった?」
こころ「そうでもなくて、疑問はおねえさまが手渡された傘ですよ」
ココア「おねえちゃんのじゃん」
にこ「ああ、そんなこと。姉は妹にいい方を譲るのが人間として当然のことよ。考えなくたって自然にそうするわね」
ココア「いや駄目でしょ。気にしなくちゃ。身分わきまえないと」
こころ「ココアの言う通りです。おねえさまともあろうお方がそのような貧相なビニール傘をさして歩いていい道理はありません」
23 :
にこ「ふん…。ふふ。なら、忘れたり失くさないようにすること。あんたたちがあのピンクのフリフリの傘何処かに置いてこなかったらこうはならなかったのよー」
ココア「…原因は全部こっちだけど」
こころ「だからって、おねえさまが」
にこ「はい聞かない聞かなーい。なに、マイシスターズはにこにーに恥をかかせたいの?」
こころ「そんなはず!」
24 :
にこ「なら大人しく言うことを聞くこと。にこにーはね、スーパーアイドルであると同時に姉なの。お姉さんよお姉さん。妹も躾けられないんじゃ、姉として失格よ。だから、ね?」
こころ「…はい」
ココア「…はい」
にこ「よし、良い子。じゃ、キュートな天使たち、帰るわよ」
こころ「ありがとうございます、おねえさま」
ココア「おねえちゃんありがとう」
25 :
こころ(あれが、我らが母であり姉のにこ様)
ココア(やばいようちのねえちゃん)
にこ「ふっふーん」
こころ(ねえ、傘)
ココア(うん、傘で決まりだな)
にこ「…?」
26 :
日曜日。昼過ぎ。
熱心にパソコンに向かってアイドルの情報を集めているおねえさまにちょっと失礼して外出を告げます。
にこ「…ふむ」カチッ
こころ「おねえさま、研究中のところちょっと失礼します」
にこ「ん?こころ。どしたー?」
こころ「また二人でショッピングモールに出かけてきますね」
27 :
にこ「行ってらっしゃい。夕飯までには帰ってきなさいよ」
こころ「傘も忘れずに持っていきます!では」
ココア「行ってくるわ、おねえちゃん」
こころ「さあさあ、ココア」
ココア「はは、いや待ってって、一人で先行くなって説教したのこころでしょー」
にこ「走って転ぶんじゃないわよー」
こころ「はーい!」
にこ「…ふふ」
28 :
少し息を切らしてショッピングモールに到着して、そのまま傘が沢山並んでいるノーブランドのコーナーへと足を運びました。
こころ「んんん…」
ココア「ビミョい。おばさん臭いのしかないよ」
こころ「これがこの中では…」
ココア「ないない、ここの裏のこのおばさんピンクなカラーがあり得ないって。くすんだピンクとかにこ姉にはあり得ない」
こころ「確かに」
29 :
ココア「これは…どう、この贅沢なの」
こころ「それこそあり得ないわ。その変に上品さを求めちゃったみたいな失敗シルクみたいな生地はおねえさまの白い肌とビビットカラーな服を濁らせるもの」
ココア「まあ、その通りかも」
こころ「…ないよ」
ココア「…ない」
こころ「どうしよう…」
ココア「……あそこ、傘なかったっけ」
こころ「どこのこと?」
ココア「あの可愛いってかプリティなもので溢れてるお店」
30 :
──
こころ「あった」
ココア「うん。あった」
こころ「このふわふわしたひらひら」
ココア「上品すぎないキュートでナイスなレース」
こころ「ポップさ、楽しさをイメージさせる彩度の高い色のアクセント」
ココア「女の子らしさを具現化したかのように計算し尽くされたまるっこい柄、フォルム」
こころ「そしてスーパーアイドルにこにー様のイメージカラー、ピンクの布地」
ココア「ほとんど原色のピンクが、くどくないギリギリのところまで塗りたくられていて、アイドルの王者の証の色であることを強調してる」
31 :
こころ「これしかない」
ココア「うん。これしかない」
こころ「…結構な値段ね」
ココア「うわ、ギリ」
こころ「苺にする?」
ココア「まさか」
こころ「ね」
ココア「…はやく渡そう」
こころ「うん。行こ」
32 :
──
ココア「うわーまた降ってるじゃん」
こころ「安心しなさい!今日はおねえさんのこころがしっかりと傘を持ってきてるから」
ココア「おねえちゃんに言われてだけどね」
こころ「今日は自分で思い出したからいいの」
ココア「わーこころおねえさんかっこいー」
こころ「棒読みはイラッと来るんですけど…」
33 :
 「…ひっく」
ココア「…」
こころ「女の子?」
 「……ふぇぇ。ひっく」
ココア「…?」
こころ「…さあ」
ココア「どうする?」
こころ「聞いてみるよ」
34 :
こころ「どうしたの?おねえさんが力になるよ。迷子かな?」
 「ううん。おうち…帰れないの」
ココア「…迷子じゃないの?」
 「傘、持ってない」
こころ「お母さんやお父さん、おにいちゃんおねえちゃんはどこ?」
 「おうち」
35 :
ココア「一人で、家から出てきたの?」
 「うん」
ココア「まじかよ…」
こころ「おうちの人に、お出かけするねって、伝えたかな」
 「ううん」
こころ「…かえしてあげよ」
ココア「…おっけ」
36 :
こころ「おうちの人、きっとみんな心配してるからさ、お姉さんと一緒に帰ろ」
 「…っ」フルフル
こころ「…えっと、どうしてかな?お母さんに怒られることでもしちゃったかな」
 「…ちがう。…お花」
ココア「…あ」
 「お花…買ってあげたかったの…ぐすっ…」
こころ「…お母さんに?」
 「ママのお花…足りないよ…楽しみにしてたのに…っ」
37 :
ココア「それ、80円って…馬鹿、ねえこころ金貸して、二倍で返すから」
こころ「ココア…。いや、貸しとか分かんなくなるし、私が行く」
ココア「いや、私に面倒見れる訳ないじゃん。利子はどうでもいいから」
こころ「…頼むわ」
38 :
15分後
ココア「…はぁ、はぁ。これ、あげるから。カーネーション。量はあんまないけど」
 「おねえちゃん…これ、くれるの?」
ココア「…そうだよ。ママ、喜ばしてあげなよ」
 「ありがと!おねえちゃん!ママにあげる!」
ココア「そ、そっか」
39 :
こころ「…じゃ、おうち、帰れる?」
 「早く帰る!」
こころ「じゃあ、おねえさんと一緒に帰ろ。雨降ってるから、この傘使ってね。おうち、教えてくれるかな」
 「うん!」
ココア「…は?ちょ、こ、こころ」
こころ「…ちょっと待って」
ココア「……は」
40 :
──
 「あのねー、おうちね、あそこ左に曲がったらもうすぐだよ」
こころ「もう道覚えてるなんてすごいね」
こころ「ね、大丈夫かな、きっと家の人、カンカンだよね」
ココア「……ねえ」
こころ「……」
ココア「……まだ?」
こころ「……まだよ」
41 :
 「おねえちゃんの傘、すっごい可愛いね!ピンク色可愛い」
ココア「」ピクッ
 「ママも赤とかピンクとか大好きなんだよ」
こころ「ごめん」
ココア「…いやこころ何」
こころ「その傘、おねえさんたちからプレゼントします。とっても可愛いでしょ。大切に使ってね」
 「ほんとに!?ありがとう!おねえさんたちちょー優しいね!」
ココア「…………は。は、は?はは?はあ。は?」
42 :
こころ「…謝る」
ココア「こころいや」
 「あ、ママ!これ、ママにあげる!」
こころ「っ!まずい!」
ココア「っ…!」
43 :
走り出した女の子。曲がり道で塀のせいで死角になってお母さんの姿は見えない。
追って駆け出した先に見えたのは、片手を大きく雨空に広げたお母さんの姿。
悪意のある悪事に暴力で躾けるのは仕方がないこと。でも、悪意のない、それも善意でしかない間違った行動には、暴力で対処する必要なんてない。
こころの方向が間違ってないのなら、そこに対抗する力がないのなら、力を加えても間違えた方向にしか向かない。
おねえさまは、行動ではなく、気持ちで考えてくれる方だから。
その子は、何も間違ってなんかいないの。
44 :
こころ「待って!!」
ココア「っ!!」
 「…ふぇ?」
次の瞬間、お母さんの右手は、その女の子を強く抱き締めていた。
左腕に、は二本の傘がかけられている。
すぐに傘は地面に無造作に落とされて両手でさらに強く。
その顔は、小さな女の子の肩に、埋められる。
肩を揺らして。
45 :
カーネーションが、ちょっと二人の間で潰れて、びっくりして離されたピンクの傘は、ひっくり返って雨に濡れた。
理解のあるお母さんで良かった。
良かったね。名前も知らない女の子。
いつの間にか閉じていた、にこおねえさまがくれたフリフリの傘を再びさすこともなく、そっとその場を立ち去った。
46 :
5分ほど歩いたところで。
ココア「こころ!」
こころ「……ごめん」
ココア「ごめんじゃないよ、どうすんだよ傘?!探して、探して、小遣い叩いた挙句花買ってやって、全部渡してはいおしまい?勝手に主人公になって進めんなよ!」
こころ「……っ」
ココア「声かけてやるのはいいよ、素晴らしい、花金借りてまで買ったのも私だ、けど、あの傘渡すことに何の意味があった?こころの今持ってる傘をなぜ渡さなかった?
無残に親子の感動シーンの絵の飾りになってお終いだよ?こんなの、あんまりだ、酷い仕打ちだよ…どうして……こんなバッドエンド迎えなくちゃいけないのさあ…………っ!」
47 :
こころ「…そう、そのとおり。こころが全部間違ってる。ごめんね…ごめん、ほんと、ごめん…」
ココア「謝るならさっ、今すぐ同じの買ってこいよ!おねえちゃんに渡せるはずだった、母の日に渡せるはずだった傘、買ってこいよ!」
こころ「……っ」
ココア「……うああああぁぁぁぁぁぁっ」
こころ「……くっ……っ、……わあああぁぁあぁっ」
ココア「泣くようなこと、しないでよっ……!」
そう言って、ココアは私を抱き締めた。
48 :
きっと、本当は全部通じてる。
私達はみんな不器用で、ぶつけ合わせて、泣くことでしか、それを確かめ合えない。
おねえさんとして、先に抱き締めてあげられなくて、これではおねえさん失格だと思った。
いくらか落ち着いてから、私は自分の気持ちを伝えた。
49 :
こころ「おねえさまは…どんなことがあっても、私達や周りを優先して、あんな風に笑ってられる。自分の傘なんだから自分で使って、ビニール傘を渡せばいい。そこに非常識も悪質さも全くないのに、おねえさまはそうするの」
ココア「知ってる」
こころ「いつだってそう。自分の趣味のアイドルのこと調べるのも、学校のことも、時には体調だって、自分のことは全部後回しで、働くお母さんのかわりをしてくれた」
ココア「そうだね」
50 :
こころ「いつだって。横断歩道に杖をついてる人がいれば飛んでいっちゃうし、迷子の人が居れば家まで送り届けるし、泣いてる子にだって、笑顔の魔法をかけるの」
ココア「にこ姉は正義の塊みたいなおねえちゃんだからね」
こころ「そう。にこおねえさまはいつだって真っ直ぐで、誰よりも正しくて、どこまでも格好いいわ」
ココア「…」
こころ「例え、スーパーアイドルなんかじゃなくても、おねえさまは、世界で一番かっこいい」
51 :
私達はみんな不器用で、おねえさまだって不器用なんだ。
おふざけのようにスーパーアイドルを自称して、仮面を被って、汚いことは全部あさっての方向に受け流すしか、正義を貫く方法はおねえさまはない。
良い事をして生まれる実益、損害、単純な自己満足。
無意味、という言葉もまた正しい。さっきの一抹なんか、まさに無意味。
こころ「どんなことがあっても、自分の正義を、嫌な顔一つせずに貫けるにこは、最強の、世界一かっこいいおねえさまよ。憧れたって仕方がないじゃない」
52 :
その無意味さを隠し、笑い、明日に向かえるのなら、それは真の正義だと思う。
私達妹が知る姉ならば。
矢澤にこならば、背中を押してくれるはず。
笑顔を届けるにこおねえさまなら。
かわいいは正義、ともいうし。
53 :
ココア「なんかさ、すごい矛盾。ねえちゃんに傘を渡したいような、ねえちゃんの望むような像を目指すべく傘を手放したいような」
こころ「おねえさまなら、どっち選んでも喜んでくれそうだけど」
ココア「どっらも間違った方向は向いてないからね」
こころ「そうだね」
ココア「…その、さ」
こころ「?」
ココア「焦ってかなり酷い事言って、ごめん。ちょっと嫉妬もしてたんだろうな。かっこよかった。こころねえちゃん」
54 :
流石に家につく頃にはしょんぼりしてしまいました。
こころ「ただいまー…」
ココア「…」
にこ「おかえりなさっ…てびしょびしょじゃない!傘持って帰ってきてるし…?」
にこ(あれ?傘買いに行ってくれたのかな、って思ってたんだけど思い違い?自意識過剰?)
こころ「傘…」
ココア「…まあ、あれ。濡れたい気分だったんだよ」
55 :
にこ「?良く分かんないけど、とりあえずは風邪引かないうちにお風呂」
こころ「……」
ココア「……あー、その、悪いことした訳じゃないんだけどね」
こころ「……ごめんなさい。おねえさま」
ココア「その、さ、慰めてやってほしい、のかな…」
56 :
にこ「……ふふふふ」
こころ「…?」
ココア「…お?」
にこ「ありがとう!あんたたち」ギュッ
こころ「えっ、おねえさまっ?」
ココア「な、何が?」
にこ「伊達に何年もスーパー姉やってないわよ。その悲しそうな顔見れば大体分かっちゃうわよ〜」スリスリ
こころ「え、エスパーだ?!」
ココア「まじで?!」
57 :
にこ「あんたたちはね、なんも間違ってなんかないわ。その気持ちだけでにこはとーっても嬉しいの。だから、そんな顔しないで。ありがとう、こころ、ココア」
にこ(チビ達が私に何らかのサプライズの計画を立てていたこと、それがやむを得ない理由で失敗したこと、やむを得ない理由に後ろめたい気持ちがないのと、本当はそれしか分からないけどね)
にこ(姉として、自分の為に涙の跡作ってくれる妹を抱き締める以外に選択肢なんてないもの)
こころ「おねえさま…」
ココア「おねえちゃん…」
にこ「ぐす」
58 :
こころ「おねえさま?」
ココア「おねえちゃん?」
にこ「ば、ばかねー、あんた達のびしょ濡れの体が冷たくて鼻水が出ただけよー。ほら、お風呂お風呂」
こころ「…はい」
ココア「…りょーかい」
にこ(本当に良い子達に育って感激。涙見せちゃったらお姉さん台無しでしょ?仕方ないわね)
59 :
にこ「あぁー、買い物ですっかり疲れちゃった。カレーの具材買ってきたんだけど、作るの大変だなぁー。ちょっと今のにこにーにはキツいかもー」
こころ「…!」
ココア「…っ」
こころ「おねえさま、私作ります!真心込めて作りますから、待っててくださいね!」
ココア「私もやる!料理とか、あんまし覚えてないけど、美味しく作るよ」
 
 
本当に、私達のおねえさまは最高です。
60 :
後日、おねえさまが女の子のお母さんと遭遇したらしいです。
ちょっと潰れたガーネットは綺麗に飾り、傘は有難く使っているそうです。
お母さんが。
赤とピンクが好きとか言ってたから、女の子が一緒にプレゼントしたのかな。
あとおねえさまに全部バレて恥ずかしいです。
お礼にとガ=ナの手作りチョコレートを山のように貰いました。
うちのママが一番喜んでいました。
61 :
見返りって言うと汚いけど、感謝してくれる人もいるという事実だけで、もしかしたらおねえさまは頑張っているのかもしれません。
表現しきれない感謝を伝えていこうと思います。
笑顔にするために。
笑顔を見るために。
おしまい。
63 :

姉妹の真面目な話は意外と見ないから良かったよ
65 :
乙にこ!
68 :

続き・詳細・画像をみる


【朗報】ハンターハンターのゴレイヌは能力抜きでも最強だぞwwwwwwwwww

【画像】誰だっけ?みんなが忘れていそうな有名人の画像を貼ってくwwwww

トイレブラシでコップ洗う…中国「五つ星ホテル」驚きの実態

モンストやパズドラのガチャ確率表示への課金ユーザーの反応がこれwwwwwwwwwwwww

【新潟】遭難のスキー客親子、心肺停止の状態で発見 妙高市

めちゃくちゃ可愛いい空手家見つけたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【朗報】ハンターハンターのゴレイヌは能力抜きでも最強だぞwwwwwwwwww

水卜アナ 高校時代から太かったww

各球団のセンターが球団の扱う商品を持って殴り合ったら優勝するのどこ?

こころ「おねえさまへプレゼント!」

【画像】娘(人形)と香港の街を観光してきたで!

桃乃木かなって何でセクシー女優になったんだろう、可愛すぎだろ(※画像あり)

back 過去ログ 削除依頼&連絡先