『XBOXでリリースされている『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』ミーハーに向けた行動アドバイス記事』が掲載中。back

『XBOXでリリースされている『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』ミーハーに向けた行動アドバイス記事』が掲載中。


続き・詳細・画像をみる

1 :
【難易度】★★★★★
実はこれが一番難しいかもしれない。プレイ自体はXbox One、Xbox One Xのどちらでも問題なくできるが、後者は、4K対応テレビに接続すれば細密なグラフィックでプレイできるという利点がある。そのぶん本体のお値段も張るので、これから本体を購入する場合は、『PUBG』に対する自身の本気度がどの程度か、いま一度考えてみよう。Xbox OneまたはXbox One Xでオンラインプレイを楽しむには、有料のXboxLiveゴールドメンバーシップに加入する必要がある。まあ本体を買ってしまった人であれば、このあたりは十分許容範囲だろう。(※本記事ではXbox One版のスクリーンショットを使用)
Xbox Liveゴールドメンバーシップは、対象のゲームを安く買えたり、無料でプレイできたりする特典が多数。
STEP2 :
【難易度】★☆☆☆☆
マッチング待機中のロビー(ゲーム本編の舞台の一部でもある離れ小島)では、自分を含むゲーム参加者たちがわさわさ動く姿を楽しめる。中には、何の意味もなく殴りかかってきたり銃撃してくるプレイヤーもいて、ゲームを始めたばかりの時はおおいに戸惑うかもしれない。ここで「攻撃されるということは、何か自分に非があったのでは……」などと思い詰めていたら、本番が始まる前から気持ちで負けてしまう。いざゲームが始まれば、ロビーで誰が何をしたかなんて皆いちいち覚えていないので、むしろ自分から他のプレイヤーに殴りかかって、格闘戦の感触を養っておこう。
「みんな血の気が多いな」「ストレス溜まってるのかな」などと思いながら殴られ続けるのも一興。
STEP3 :
【難易度】★★★☆☆
ゲーム開始時は、戦場となる島の上空を横断する飛行機から、好きなタイミングでパラシュート降下する。腕自慢の猛者たちは、物資が豊富で、時間経過によるプレイエリア制限に臨機応変に対応できる島中央部めがけてドサドサ降りていくので、初心者は必然的にそこを避ける必要がある。かといって人気のない端っこばかり狙っていると、プレイエリア制限への対応が完全に運まかせになってしまうばかりか、戦闘経験を積み重ねる機会さえ得られない。さしあたっては、猛者たちよりも若干早めに地上に降り立てる"島中央部の少し手前"か、付近に着地する敵の数が多少減る"島中央部を少し通過したあたり"で降下するのがよいだろう。
何度もプレイすることで、プレイヤーが密集する人気降下スポットや意外な穴場がわかってくるはず。
降下中は、眼下とともに、周囲の敵の様子もチェック。着地していきなり鉢合わせることのないように。
STEP4 :
【難易度】★★★★☆
ゲーム本編で最初の壁となるのが、"戦闘用装備を整えること"。ちょっとモタモタしているうちに付近にいる他のプレイヤーに目ぼしい施設を物色され尽くし、そのまま出会い頭に始末されてしまう……ということを繰り返すうちに「このゲームは本当におもしろいのだろうか?」という疑念が湧き上がってくるのも、無理のない話である。ここを突破するためには、建物に入る前の周辺の目視と、スムーズなドアの開け閉めの徹底、そして、銃器を入手した時にすみやかに弾を装填する習慣をつけるしかない。狭い室内での1対1のバトルにそこそこ勝てるようになってからが『PUBG』の本当の始まり……くらいの気持ちでリトライしよう。
扉が閉まっている建物は、まだ誰も入っていない=アイテムがある可能性が高い。
運よくファーストコンタクトを制することができれば、相手が集めていた装備をごっそり奪える。
STEP5 :
【難易度】★★☆☆☆
『PUBG』はプレイ時間が経過するにつれて、マップのある一点を中心とした"安全地帯"が狭まっていく。安全地帯の外側は、その場にいるだけでダメージを受け続ける"ブルーゾーン"で徐々に覆われていくため、生き残るには兎にも角にも安全地帯に居続けなければならないのだ。移動の際には、中級者以上のプレイヤーの待ち伏せや、スナイパーライフルによる狙撃に出くわす場合もあるが、安全地帯の範囲が広いうちは、つねに動き続けれていれば案外振り切れる。安全地帯の中心までの最短ルートは、メイン画面右下のマップウィンドウにつねに表示されているので、まずは愚直に前進だ。
初心者の脅威"ブルーゾーン"の最前線をあらわす青線は、マップ画面でもリアルタイムに移動する。
大抵の地形は乗り越えられる。見るからに危険なエリアでもなければ、ひたすら最短距離を進むべし。
STEP6 :
【難易度】★★★☆☆
目立たぬように、はしゃがぬようにプレイし、残り人数が30くらいになるまで生存できるようになってきたら、周囲の状況により気を配ることで、生存率をさらに上げていこう。敵の目視はもちろんのこと、銃声や車両のエンジン音、そして建物内の物音などをしっかり聴くことも重要だ。5.1chなどのサラウンド環境……とまでいかなくても、通常のヘッドフォンでも十分、音のする方向や距離を把握できるので、移動方向などの判断材料としておおいに役立てよう。
ゲームに関する情報を制する者だけが「ドン勝」にありつける。騒音を利用して自分が発する音を誤魔化す技も。
STEP

続き・詳細・画像をみる


コブラ「俺が魔法少女ぉ?」キュゥべえ「そうだよ!」

「ICANを主催するのは、辻元清美が創設のピースボート」

なぜ缶コーヒーは欧米で流行らないのかwwwwwwwww

出身中学がクソ荒れてた奴にわかる事www

沙織「ええっ!?アヒルさんチームとカバさんチームがケンカ!?」

『ポプテピピック』大人気だけど… 正直『ポプテピピック』が売れたら日本のアニメ業界が終わる気がする…

初めての車で70スープラ欲しいんだが

すごい偶然の数々を書き込んでくれ

インド人「隕石やんけ写真とったろ」→結果wwwwwww

【レイバーネット】やめろ!都心初のミサイル避難訓練!1/21・22(緊急行動

プレイステーションキャラクターたちの10センチ大フィギュア「Totaku」海外で登場!

マック行ったら絶対注文するもの

back 過去ログ 削除依頼&連絡先