【視聴率】「西郷どん」第3話は14・2%“お由羅騒動”赤山靱負が切腹を命じられる衝撃の展開back

【視聴率】「西郷どん」第3話は14・2%“お由羅騒動”赤山靱負が切腹を命じられる衝撃の展開


続き・詳細・画像をみる


1/22(月) 10:02配信
 俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第3話が21日に放送され、平均視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。
 第1話、第2話はともに15・4%。今回は微減となった。
 大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(63)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の激動の生涯を新たな視点で描く。脚本はNHK連続テレビ小説「花子とアン」、テレビ朝日「ドクターX?外科医・大門未知子?」などで知られる中園ミホ氏(58)。初の大河脚本となる。演出は野田雄介氏ら。
 第3話は「子どもは国の宝」。大家族で暮らしが苦しい西郷吉之助(鈴木亮平)は父・吉兵衛(風間杜夫)と共に商家から大借金をする。その折、武士の身分にありながら、貧しさのため土地を捨て、家族と夜逃げする少年に出会う。吉之助は斉彬(渡辺謙)に意見書を出し、人々の窮状を訴える。その思いに突き動かされた斉彬は、父・斉興(鹿賀丈史)を隠居に追い込もうとする。しかし、斉興と由羅(小柳ルミ子)は大逆襲に転じる…という展開だった。
 終盤は「お由羅騒動」によって赤山靱負(沢村一樹)が切腹を命じられる衝撃の展開。SNS上には「赤山先生が!」「赤山靱負にとうとう…」「うわー、マジか…早すぎるよ」などと驚きの声が相次いだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000094-spnannex-ent
7
2時間スペシャルで完結させろ
8
なんか軽いんだよなあ
13
もうこういう話どっかで散々見た
19
ちゃんと大河やってるから俺は好き
32
鈴木亮平が浮いている
渡辺謙はいいと思う
35
いつも通りにBSプレミアムで見た
それにしても出だしから視聴率が良くないねえ
50
歴代ワーストの花燃ゆより下になるかもしれん
88
ヒロインは空気のままで良い
117
亮平さんもう少し肩の力抜いて
132

続き・詳細・画像をみる


【視聴率】「西郷どん」第3話は14・2%“お由羅騒動”赤山靱負が切腹を命じられる衝撃の展開

【冷めた】高校時代、障害者に押し倒されそうになったという話をしたら彼が激怒。「お前が悪い、この差別主義の凶暴女!」

北海道・東北・北陸「じゅww10センチで大雪ww10センチだって10センチm9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャー」

三大男なら食えて当たり前の量「寿司15皿」「ステーキ500g」

息子が発達の子のお世話係されるのが納得いかない。息子「誰かがやらなくちゃいけないんだ」

歌手「遊助」こと、上地雄輔のことバカにしてる奴らなんなん?

すごい偶然の数々を書き込んでくれ

息子夫婦が里帰り出産と同居要請をしてきてるけど嫁が反対してる。嫁「子育てなんかしたくない」

卓球・張本「やった!水谷さんを倒したぞ!これで僕もスターの仲間入りだ!」 ネット民「」

一番カッコいい用語は? 世界史「カノッサの屈辱」数学「ド・モルガンの法則」

空手家(二段)「勝負だ!」 剣道家(初段)「剣道三倍段って知ってるか?」

フランス人「次はグレンダイザーの映画化を頼む」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先