鞠莉「えへへ・・・無邪気な寝顔・・・このまま、ずっと一緒に居られたらいいのに・・・」  |c||?.-?|| Zzzback

鞠莉「えへへ・・・無邪気な寝顔・・・このまま、ずっと一緒に居られたらいいのに・・・」  |c||?.-?|| Zzz


続き・詳細・画像をみる


ワン!ワン!
鞠莉「・・・! こらっ、ライラプス・・・! ダイヤがおきたらどうするよっ・・・!」
|c||・.-・|| !
鞠莉「あっ・・・目が覚めた?」
鞠莉「もぉ・・・マリーを待たせるなんて、失礼にもほどがあるわよ?」
鞠莉「はぁ・・・ほっぺたプニプニしたかったわ・・・」ボソッ
鞠莉「でも、寝顔がたっぷり見られたし・・・良しとしまショー・・・♥」ボソッ
|c||・.-・|| ?
鞠莉「なっ、何も言ってないわよ? 気のせいよ、気のせい」
鞠莉「うん! ダイヤは良く聞き間違いとかするじゃない」
|c||・.-・||
|c||^.-^||
4 :
鞠莉「・・・え? 膝枕・・・?」
鞠莉「あぁっ///!!」スクッ
|c||>.-<|| ドサッ ゴロンゴロン
鞠莉「庶民のクセに、マリーの膝枕を堪能するなんて、分不相応にも程がありマース!」
鞠莉「恥を知りなさい、恥を」
|c||;.-;||
5 :
鞠莉「あ・・・痛かった・・・?」
鞠莉「誰か!!」パンパン
ガチャ! ギィ
ザッザッザッザ
メイドA「・・・」
メイドB「・・・」
メイドC「・・・」
鞠莉「ダイヤの頭に以上が無いかチェックしなさい!」
鞠莉「精密検査も怠らないように・・・万一異常があれば・・・貴女達、みんなクビだから」
メイドABC「!?」
|c||;^.-^||
9 :
|c||^.-^||
サワサワ… ジロジロ…
メイドA「かたい」
メイドB「かたい」
メイドC「硬度10」
|c||´.-`||
鞠莉「・・・」
鞠莉(頭を床にぶつけた時・・・ハデな音してた・・・この程度の安物カーペットでは危険ね)
鞠莉(ダイヤが精密検査を受けている間に、張り替えさせた方がいいかしら・・・)
パンパン!パンパン!
ガチャ
ガチャ! ギィ
ザッザッザッザ
メイドD「・・・」
メイドE「・・・」
メイドF「・・・」
鞠莉「カーペットを新調しなさい。安全性を配慮したものにね」
鞠莉「分かったらさっさと行きなさい!!」
メイドDEF「!!」
タッタッタッタ
|c||;^.-^||
13 :
〜〜〜〜 |c||^.-^||ヘッド精密検査中デース☆〜〜〜〜
ガチャ
鞠莉「あっ!シャイニー! 大丈夫だった?」
鞠莉「ま、まぁ・・・さっき主治医から異常は無いと聞いたから、心配はしてなかったけど」
鞠莉「ほ、本当だから! 微塵も、これっぽっちも、ぜーんぜん心配なんかしてないんだから!」
|c||^.-^||
鞠莉「・・・その顔、全然信用してないわね」
鞠莉「いいわヨ べつにもうっ・・・ダイヤっていつもそんな感じなんだから・・・」
鞠莉「まぁ・・・他の奴らと違ってマリーを前にしても態度を変えないのが、ダイヤの良い所なんだけど・・・」ボソッ
✌ |c||^.-^||✌
15 :
鞠莉「えっ・・・また声に出てるって・・・?」
鞠莉「なっ・・・///」
鞠莉「何も言ってないわよ! 言ってないったら言ってないんだってばぁ///!!」
|c||^.-^||
鞠莉「はぁ・・・はぁ・・・まあいいわ」
鞠莉「初日から何かあったりしたら・・・マリーとしても、管理能力を問われるだろうし」
|c||^.-^|| ?
16 :
鞠莉「あぁ・・そういえば説明してなかったわね」
鞠莉「ダイヤは今日からここで生活するの」
鞠莉「ほんの二十畳くらいしかないから・・・生活に困るかもしれないけど・・・」
鞠莉「少しくらいは我慢してよね☆」
|c||^.-^||
|c||;^.-^|| !?
18 :
鞠莉「どうしてって・・・そんなの決まってるじゃない☆」
鞠莉「マリーがいつでもダイヤに会えるようによ」
|c||^.-^||
鞠莉「『毎日学校で会ってる』ですってぇ!?」
鞠莉「そんなのほんの一握りの時間じゃない!!」
鞠莉「一日は24時間しかないのよ!? 学校に居るのはその内 多く見積もっても8時間!」
鞠莉「授業で5時間取られたら3時間しかなじゃない!」
鞠莉「その3時間だって・・・ ダイヤは他の女の子と話したり、トイレに行ったり、休み時間にスクフェスしてたり・・・全然マリーの相手をしてくれないじゃない!!」
鞠莉「昨日だってそうよ・・・!  ダイヤと話をしたのは、『シャイニー☆』と『ぶっぶーですわ!』の一言だけ・・・そんなの会話したうちにはいらないデース!!」
鞠莉「一昨日もそう・・・その前だって!」
鞠莉「ダイヤはマリーがこんなに話しかけてるのに・・・いつも他の女の子(主にハグ魔)と話してたじゃない!!!」
|c||;^.-^||
19 :
鞠莉「えっ・・・ぁ・・・そ、それは・・・」
鞠莉「恥ずかしくて声に出せなかったから・・・///」ボソボソ
鞠莉「・・・じゃなくてぇッッッ!!!!」
|c||;゚.- ゚||
鞠莉「マリーが ダイヤに用事があるって思ってるんだから・・・ダイヤから話しかけなさいよ!」
鞠莉「これだから庶民は気が利かないって言うのヨ」
|c||;・.-・||
|c||;^.-^||
21 :
鞠莉「・・・いいわ。 そのあたりも含めて、ダイヤにはマリーがこれからたっぷり教育してあげる」
鞠莉「どう? 嬉しいデショ?」
|c||;´.-`||
鞠莉「訳が分からないって・・・もぅ! どうして分からないのよぉ・・・!!」
鞠莉「・・・いいわ、もう一度言ってあげる」
鞠莉「あなたは」
鞠莉「今日から」
鞠莉「ここに住むの」
鞠莉「永遠にここから出られないの!」
|c||^.-^|| …
|c||;.-;|| !?
26 :
ツカツカツカ・・・
鞠莉「今日からここがダイヤの住処・・・ダイヤの世界!」
鞠莉「ダイヤは、一生この部屋で暮らすのヨ。分かった?」
|c||;´.-`||
鞠莉「もぅ・・・っ! さっきから質問ばっかり・・・!」
鞠莉「マリーが好きな時にダイヤに会えるようにするために決まってるデショ!?」
鞠莉「大事な物は一番近くに置いておくの・・・当たり前じゃない」
|c||^.-^||
鞠莉「えっ・・・ぅんなっ・・・そ・・・ななっ・・・///」
鞠莉「す、すすっ好きかって、素で言われたら恥ずかしいじゃない///!」
鞠莉(こんな面と向かって言われると、破壊力バツグンね・・・///)
鞠莉(体温が2℃くらい上がった気分よ・・・///)
27 :
鞠莉「ま、まあ?  ダイヤがマリーに好意を持つのは百歩譲って許してあげるわ。ありがたく思いなさい///」
✌ |c||^.-^||✌
|c||^.-^||
鞠莉「ぇっ・・・? え、ぅ・・・ぁ・・・///」
鞠莉「マリーがっ・・・ダイヤのこと・・・す、きっ・・・///」
鞠莉「・・・そんなわけ無いじゃない///!!」
|c||´.-`||
鞠莉「っ・・・」
鞠莉(・・・ダメよマリー・・・今こそダイヤに告白する時)
鞠莉(永遠のLOVEを不動のものにするのよ・・・!)
鞠莉(そうしたら・・・ダイヤに言い寄ってくる邪魔なあいつらも・・・)
鞠莉(きっと諦めるに違いないわ・・・そうに決まってる)
鞠莉「んっ・・・んんっ・・・」
鞠莉「一度しか言わないからよく聞いてよ?」
|c||・.-・|| ?
28 :
鞠莉「私・・・小原鞠莉は・・・」
鞠莉「ダイヤのことがすっ・・・す・・・」
|c||^.-^|| !
鞠莉「・・・嫌いじゃないわ」
|c||^.-^|| ・・・
|c||´.-`|| =3
31 :
鞠莉「なーにーよ! 人がせっかく一大告白したのに!!」
鞠莉「・・・もしかして、今ので通じなかった?」
鞠莉「し、仕方ないわね・・・」
鞠莉「庶民にも分かりやすいように言い換えてあげる」
鞠莉「私は・・・ダイヤのことが、だっ・・・」
鞠莉「だ・・・だ・・・」
|c||^.-^||
鞠莉「だいっ嫌いでもないわ!」
|c||^.-^|| ・・・
|c||˘.-˘|| =3
鞠莉「ちょ、ちょっとぉ! マリーが間違ってるみたいじゃない!」
鞠莉「嫌いでも、だいっ嫌いでも無いのよ? 分かるデショ!?」
|c||^.-^||☞
鞠莉「ま・・・まっ・・・また好きって言ったぁ///! 好きって///!!」
鞠莉「好きって・・・マリーに向かって・・・///! 好きって・・・///!」
鞠莉「はっ・・・はぁーっはぁ、はぁーはぁっ///」ミモダエ
|c||^.-^||
33 :
鞠莉「ダイヤ・・・マリーを萌え殺す気///!?」
鞠莉「そうね・・・そうに違いないわ///!」
鞠莉「危なかったわ・・・気が付かなかったら、危うく命を奪われるところデース!」
|c||;・.-・||
鞠莉「でも残念ね・・・この程度でマリーを倒そうなんて百年早いわ!」
鞠莉「 ダイヤはもうマリーのモノ・・・」
鞠莉「マリーに歯向かうことは一生できないんだから!」
|c||;゚.- ゚||
タタタッ! ガチッガチャガチャ!
ワン!ワンワン!
|c||;>.-<|| !!
鞠莉「逃げようとしても無駄よ・・・」ツカツカ
鞠莉「部屋にはこのライラプスが居るんだから・・・」
鞠莉「マリーの自慢の軍用犬よ☆」
鞠莉「ダイヤが大人しくこの部屋に居る限り・・・ライラプスも危害を加えたりしないわ」
鞠莉「でも、ダイヤが少しでも逃げるような素振りを見せたら・・・」
グルルウウウゥゥ
|c||;.-;||
34 :
鞠莉「分かってるデショ? 訓練された軍用犬には、人間は勝てないわよ?」
鞠莉「逃げようとさえしなければ、この子は全然危険じゃないから・・・可愛がってあげてね☆」
バウッバウッ
|c||;´.-`||
鞠莉「・・・学校? そんなもの必要ないわ」
鞠莉「必要な教育は、家庭教師を呼びマース」
鞠莉「マリーと一緒にマンツーマンで・・・♥」
鞠莉「うふふっ♪ 想像するだけで嬉しくなってくるわぁ〜・・・♥」
|c||^.-^||
鞠莉「・・・」
鞠莉「とっ・・・とにかく! ダイヤはこれからずっと私と一緒なの!」
|c||;^.-^||
37 :
鞠莉「ここなら他の女共に惑わされること無く、マリーだけを見ていられるデショ?」
ジリリリリリ!!
鞠莉「もぅ、うるさいわね・・・今取り込み中なのに・・・!」
ガチャ
鞠莉「・・・なんですって? 侵入者?」
鞠莉「モニターに映しなさい」
ブゥーン
鞠莉「なんだ、雌犬共ね・・・もう嗅ぎつけてくるなんて」
鞠莉「丁重にもてなしてあげなさい・・・殺しちゃだめよ? 国内は面倒だから」
鞠莉「そうね・・・レズパーティーをやると言って、梨子を呼んで。あとは、同じ密室に一晩閉じ込めておきなさい」
ガチャン
鞠莉「あ〜あぁ〜、どんな可哀相な目に遭っちゃうのかしら〜♪」
鞠莉「自業自得とはいえ同情しちゃうわぁ〜・・・♪」
鞠莉「フフフッ♪ フフッ・・・アハハッアハハッウフッアハハッウフッウフッウフフッ↑ウフッウフフッ↓」
((|c||;゚.w ゚||))
39 :
鞠莉「あの2人・・・ダイヤの知り合いなのよね・・・?」
鞠莉「確か・・・どっかの旅館の娘とその幼馴染だっけ?」
|c||;^.-^||
鞠莉「さしずめ・・・ダイヤを取り返しに来たってとこかしら」
鞠莉「いちいち相手するのも面倒なんだけど・・・とりあえず、旅館と幼馴染の親族を買収しておけばいいかしら」
鞠莉「庶民なんてすぐに買収できるわ♪」
鞠莉「どーせああいう人種は・・・本人にダメージを与えても上手くいかないでしょうしね・・・」
鞠莉「それよりは社会的に抹殺しちゃうのが一番ね♪」
|c||;´.-`||
42 :
鞠莉「ろくにお金も無いくせに・・・ダイヤに言い寄った上、このマリーに盾突こうなんていい根性してるわ」
鞠莉「ま、身の程知らずには違いないけど」
|c||#・.-・||
鞠莉「・・・『お金で何でも解決するのですか』・・・ですって?」
鞠莉「はぁ・・・ダイヤもお金の価値が分かって無いのねぇ」
鞠莉「お金で買えないものなんて無いの・・・お金で人生だって帰るのヨ♪」
鞠莉「例えば・・・ダイヤの・・・ふふっ♪」
鞠莉「いいわ! これからダイヤには、マリーの思いと・・・お金の力を存分に教えてアゲル♥」
鞠莉「そして・・・毎日♥毎日♥毎日♥毎日♥毎日♥毎日♥私の相手をしてぇ・・・♥」
鞠莉「身も心も私のトリコリコになるのヨ♥」
鞠莉「ウフフッ♥ 考えただけで楽しくなってきたわぁ〜♥」
|c||;.-;||
45 :
鞠莉「ウフフッ♥ 今日はもう遅いから・・・明日からにしまショ♪」
鞠莉「ウフッ♥ それじゃあ・・・ゆっくりおやすみなさい♥」
ツカツカツカ
ガチャ バタン
|c||;.-;||
|c||;.-;|| ・・・
|c||・.-・|| !
|c||^.-^||
タタタタ! ガチャガチャ!!
バウ! バウバウバウ!!
|c||;>.-<|| !!
ガチャガチャ!! ガチャガチャ!!
|c||;>.-<||
ワンワン!! ワ・・・キシャアアアァァァァ!!
|c|| ロ || ゚.゚
ダダダダッ
((|c||;゚.w ゚||))
キシャアアァアァ…ワン
|c||;゚.ロ ゚|| ・・・
ワン・・・クゥーン
|c||;゚.- ゚|| ・・・
|c||;´.-`|| ・・・
|c||;・.-・|| ・・・
|c||・.-・|| ・・・
|c||ー.-ー|| ・・・
|c||˘.-˘|| Zzz
|c||^.-^|| 終わりですわ
47 :
なんだこれ…
48 :

続き・詳細・画像をみる


【クズ】長年付き合った彼女と破局後、落ち込んでいる俺に優しくしてくれた女性と自暴自棄のまま妥協で結婚。そんな訳で嫁の事は愛してないし結婚生活に耐えられないから離婚したい

三菱東京UFJ銀行「紙の通帳を使う人には、毎年手数料を払ってもらおう」

メキシコ行ってきたから向こうがどんな国だったか語っていく(画像あり)

【モバマス】渋谷凛「くっ、殺せ!」モバP「ふへへ…」

ドミノピザが始めた「追加料金200円で20分、300円で15分以内配達」ってサービス、かなり危なくね?

たくさんの人たちの愛のリレーに救われて、幸せな大家族の一員になった猫、スマッシュちゃんの画像集

【悲報】パワプロアプリさん、萌え豚に媚びてしまう

生活保護申請したら親戚中にハガキ行ってワロスwwwwww

自殺未遂で1000年前の記憶が蘇った日本人男性 前世で過ごした1000年前の京都を報告

マルクス「お前ら貨幣は貨幣だから貨幣と認めるし商品と交換できると思ってるだろ?それ勘違いだぞ」

刺繍のプロ「羽が欠けた蝶に別の羽を移植してみたら…」→元気に飛んで行く

ワイ「腕時計買おかな」 謎の勢力「!!」シュバババ

back 過去ログ 削除依頼&連絡先