【スマホ】iOSのシェア、アメリカ、ヨーロッパ、日本で低下 Androidが大きくリードback

【スマホ】iOSのシェア、アメリカ、ヨーロッパ、日本で低下 Androidが大きくリード


続き・詳細・画像をみる


市場調査会社、カンター・ワールドパネル(Kantar Worldpanel)によると、アンドロイドのシェアはiOSを大きくリードしており、いくつかの主要マーケットではその差は広がり続けている。
2017年11月末までの3カ月間で、iOSはアメリカ、ヨーロッパの4つの主要マーケット(イギリス、フランス、イタリア、スペイン)、日本でシェアを失った。一方アンドロイドは、これらのマーケットでシェアを増加させた。
だがアップルは、中国で活路を見出した。中国ではアンドロイドがシェアを落としている。
アップルにとって、それぞれ世界1位、2位、4位の売上規模となるアメリカ、ヨーロッパ、日本でのシェア低下は同社にとって大きな痛手だ。
アメリカでは、iOSのシェアは前年比で4%低下し、40%となった。一方で、アンドロイドのシェアは4%上昇し、60%となった。ヨーロッパの4大マーケットでも、iOSはシェアを失った。前年比でイギリスで4%、フランスでは2%のシェアを失い、イタリアとスペインでは、1%未満のシェアを失った。
日本では、前年比マイナス5.5%。一方で、アンドロイドはシェアを6.1%伸ばし、2016年11月時点の42.3%から48.4%となった。
一方、中国ではシェアを5%伸ばし、アンドロイドは逆にシェアを失った。これにより、中国でのiOSのシェアは昨年の19.7%から24.3%となった。中国での出荷数の減少に直面していたアップルにとって、大きな転換点となった。
中国においてiOSはシェアNo.1のOSではないが、シェア増加はアップルにとって大きな意味を持つ。なぜなら、中国はアップルにとって世界で3番目に大きなマーケットであり、中国での収益増はアップルにとって良いニュースとなる。iOSのシェアが5%増加したことは、中国の熾烈なスマートフォン競争の中で、アップルの競争力が増したことを意味している。
中国でのiOSのシェア増加はつまり、アップルがファーウェイ(Huawei)、シャオミ(Xiaomi)、サムスン(Samsung)からユーザーを奪ったことに他ならないとカンター・ワールドパネルのドミニク・サネボ(Dominic Sunnebo)氏は記した。iPhoneXは2017年11月、中国でシェアの6%を占め、トップセラーとなった。
BUSINESS INSIDER JAPAN 3時間前
https://www.businessinsider.jp/post-160345
3
ワイのアンドロイドPHS返せ!
4
信心が足りない
7
キャリアの優遇施策次第だからな
11
毎度のこと・・・
13
10万超えの本体なんて誰も望んじゃいない
そこを見誤った
17
10万超えさせたのは失敗だったんじゃないの
やっぱ
32
やっぱ泥みたいに2万くらいの端末がないとな。
45
泥頑張れ
47
iphone高すぎる
83

続き・詳細・画像をみる


【ミリマス】女子力が招いた悲劇

【画像】 膣ドカタ、客にフェラしてる最中にお●っこされ精神崩壊 (画像あり)

広島のgoogle mapで変な穴を見つけたんやが

【モバマス】前川みくと汚喘ぎ

【毒親】人格障害の診断済みの父から電話。3月に出産する事を伝えた時の第一声に凄く腹が立ったけど「何言っても無駄」と改めて思った

【悲報】Twitter内で匿名で質問をすることができるツール、14万人が自作自演

back 削除依頼&連絡先