【スマホ】iOSのシェア、アメリカ、ヨーロッパ、日本で低下 Androidが大きくリードback

【スマホ】iOSのシェア、アメリカ、ヨーロッパ、日本で低下 Androidが大きくリード


続き・詳細・画像をみる


市場調査会社、カンター・ワールドパネル(Kantar Worldpanel)によると、アンドロイドのシェアはiOSを大きくリードしており、いくつかの主要マーケットではその差は広がり続けている。
2017年11月末までの3カ月間で、iOSはアメリカ、ヨーロッパの4つの主要マーケット(イギリス、フランス、イタリア、スペイン)、日本でシェアを失った。一方アンドロイドは、これらのマーケットでシェアを増加させた。
だがアップルは、中国で活路を見出した。中国ではアンドロイドがシェアを落としている。
アップルにとって、それぞれ世界1位、2位、4位の売上規模となるアメリカ、ヨーロッパ、日本でのシェア低下は同社にとって大きな痛手だ。
アメリカでは、iOSのシェアは前年比で4%低下し、40%となった。一方で、アンドロイドのシェアは4%上昇し、60%となった。ヨーロッパの4大マーケットでも、iOSはシェアを失った。前年比でイギリスで4%、フランスでは2%のシェアを失い、イタリアとスペインでは、1%未満のシェアを失った。
日本では、前年比マイナス5.5%。一方で、アンドロイドはシェアを6.1%伸ばし、2016年11月時点の42.3%から48.4%となった。
一方、中国ではシェアを5%伸ばし、アンドロイドは逆にシェアを失った。これにより、中国でのiOSのシェアは昨年の19.7%から24.3%となった。中国での出荷数の減少に直面していたアップルにとって、大きな転換点となった。
中国においてiOSはシェアNo.1のOSではないが、シェア増加はアップルにとって大きな意味を持つ。なぜなら、中国はアップルにとって世界で3番目に大きなマーケットであり、中国での収益増はアップルにとって良いニュースとなる。iOSのシェアが5%増加したことは、中国の熾烈なスマートフォン競争の中で、アップルの競争力が増したことを意味している。
中国でのiOSのシェア増加はつまり、アップルがファーウェイ(Huawei)、シャオミ(Xiaomi)、サムスン(Samsung)からユーザーを奪ったことに他ならないとカンター・ワールドパネルのドミニク・サネボ(Dominic Sunnebo)氏は記した。iPhoneXは2017年11月、中国でシェアの6%を占め、トップセラーとなった。
BUSINESS INSIDER JAPAN 3時間前
https://www.businessinsider.jp/post-160345
3
ワイのアンドロイドPHS返せ!
4
信心が足りない
7
キャリアの優遇施策次第だからな
11
毎度のこと・・・
13
10万超えの本体なんて誰も望んじゃいない
そこを見誤った
17
10万超えさせたのは失敗だったんじゃないの
やっぱ
32
やっぱ泥みたいに2万くらいの端末がないとな。
45
泥頑張れ
47
iphone高すぎる
83

続き・詳細・画像をみる


みりあ「プロデューサー、ちゅー!」

これだけ私が世話をしているのに、犬が一番なついていたのは何故か娘だった。その娘が2年ぶりに帰省してくる。

きのう新幹線で九州に帰るときわたしの隣に大学生っぽいかわいい男の子が座ってきた。

【画像】 日本人下着モデルの女の子が「おやすみ用ブラ」を着けた結果 

長男が結婚した。お嫁さんは幼い頃に病気で母親を亡くしてしまって、しっかりと頑張って生きてきた子なの

漫画の最終巻の表紙ってどういうのが理想的?

師走だってのに会社倒産し、無職になった

えっ!?何で!? モンハン「笛の切れ味には気をつけよう」←分かる

馬鹿が高速道路を192キロで走った結果wwwwwwwwwww

【同人】なんだよこの漫画www【注意】

【悲報】 NHKさん、なんJ民だったwwwwwwwwww

中国、大気汚染対策として「世界最大の空気清浄機」を建設

back 過去ログ 削除依頼&連絡先