【モバマス】輝子「好きだ幸子ちゃん」 幸子「は?」back

【モバマス】輝子「好きだ幸子ちゃん」 幸子「は?」


続き・詳細・画像をみる


輝子「好きだ……」
幸子「何ですか急に!? そんな恥ずかしいことを……!」カァァ
幸子「まあ気持ちは嬉しいですけど」
輝子「さ、幸子ちゃんは……私のこと、好きか?」
幸子「え」
輝子「……」ドキドキ
幸子「そ、そりゃ……もちろんですよ」
幸子「輝子さんとは一緒に色んな仕事をしてきましたし」
幸子「大変でしたけど、すごく楽しくて」
幸子「って、なんかむず痒いですね」
輝子「フヒ……嬉しいぞ……」
ギュッ
幸子「!」
輝子「じゃあ私たち、相思相愛だな」ポッ
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515413399
引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515413399/
2 :以下、
幸子「あの、何をしてるんですか。相思相愛って?」
輝子「不束者だけど、よろしくお願いします……」ポッ
幸子「どうしていちいち頬を染めるんです!?」
幸子「……も……もしかして……」
幸子「好きって、そういう意味の好きですか……?」
輝子「?」
幸子「だからですね、ボクが考えてたような『親愛の好き』でなく」
幸子「つまり……カップルになりたいと?」
輝子「うん」
幸子「!!」
幸子「え……えっと、その……」カァァ
幸子(何てこと!! 輝子さんはボクにそんな気持ちを抱いてたんですか!?)
幸子(っていうか同性愛者だったんですか!?)
幸子(し、衝撃的すぎます……でも放心してる場合じゃありません。とりあえず断らないと)
3 :以下、
幸子「ごめんなさい輝子さん、実は…」
輝子「幸子ちゃん……」スリスリ
幸子「一旦放れてもらえませんか」
輝子「分かった」スッ
幸子「ありがとうございます。では仕切りなおして」コホン
幸子「ごめんなさい輝子さん。実はボク、とんだ誤解をしていました」
幸子「輝子さんの『好き』が、てっきり友達としての好きなんだと思っていて……」
幸子「恋愛関係になりたいという告白なら、お断りしなければいけません。ごめんなさい」ペコリ
輝子「そ……そうなのか……」
輝子「うん……よくよく考えてみれば、私なんて魅力ないしな……」
幸子「いえ、そういう問題ではなくて」
輝子「キノコを愛でて、自分をさらけ出すと発狂するような奴だし」
幸子「悲観するのはそこまでです!! 輝子さんはとても素敵な人ですから!!」
輝子「ほ、本当か? じゃあ何で断るんだ」
幸子「ボクは女の子で、輝子さんも女の子だからです」
幸子「ボクは男の人を好きになると思うので」
4 :以下、
輝子「分からないぞ。付き合ってみたら、意外といけるかも」
幸子「とにかくオーケーできません!」
輝子「い、一週間だけお試しで付き合うのは……?」
幸子「ごめんなさい」
輝子「一生のお願いだ」
幸子「食い下がりますね」
小梅「ちょ、ちょっと待ったー……!」
幸子「あ、小梅さん! 良いところに来てくれました!」
幸子「実は今……」
幸子(はっ! この事、他の人に言っていいんでしょうか?)
幸子(輝子さんは恥ずかしいから、こうして人目の無いところにボクを呼び出したはず)
幸子(公にしてしまったら、きっと傷ついてしまいます)
幸子(一緒に説得して欲しいんですけどね。くっ、どうすれば)
小梅「幸子ちゃん……」
小梅「好きです……付き合ってください……」
幸子「……は?」
5 :以下、
小梅「付き合ってください……」ポッ
幸子「……」
輝子「ダメだ、幸子ちゃんは私と付き合うんだ」
幸子「付き合いませんよ!?」
幸子「ちょっと待ってください! 小梅さんもボクをそういう目で見てたんですか!」
小梅「そういう目って……?」
幸子「恋愛的な目ですよ!」
小梅「うん……」
幸子「なっ……!?」
幸子(輝子さんに続いて小梅さんまで! こんなことってあるんですか!)
幸子(ボクたち3人はアイドル仲間として切磋琢磨し)
幸子(時には友達として、一緒に買い物したりスイーツを食べに行くような)
幸子(そういう関係を築いていたと思うんですけど)
幸子(そう思っていたのはボクだけで……)
6 :以下、
輝子「私の方が幸子ちゃんのことを想ってるぞ」
小梅「ううん……私の方がその倍は……」
輝子「じゃあ私は、その倍だ……!」
幸子(お二人は影で、ボクを取り合っていたということですか)
幸子(いえ、最初はボクと同じ考えだったのかもしれません)
幸子(でも途中から、あまりの可愛さでファンを虜にする輿水幸子というアイドルの魅力にあてられ)
幸子(性別の垣根を越えて、ライクからラブになってしまったのかも)
幸子(だとしたら、ボクはなんて罪な女の子なんでしょう)ハァ
輝子「私のこの気持ちを具現化したら、地球をあっさりと覆い尽くすぞ」
小梅「私の想いは……宇宙の広さと一緒だもん……」
幸子(っていうか、さっきから小学生みたいな言い合いしてますけど)
幸子「落ち着いてください。ボクを好いてくれているのは分かりましたから」
輝子「幸子ちゃんは、どっちが良い?」
幸子「へ?」
小梅「もし付き合ったとしたら……どっちが楽しいと思う……?」
7 :以下、
幸子「だからボクは…」
輝子「答えてくれるだけでいい」
小梅「お願い……」
幸子(えぇぇぇ……)
幸子(輝子さんか小梅さん、お付き合いしたらどっちが楽しいか?)
幸子(輝子さんとのデートは……キノコを育てたり、ヘヴィメタルな音楽を聴いたり、ライブに行ったりするんでしょうか)
幸子(小梅さんとのデートは……ホラー映画を観に行ったり、お化け屋敷に行ったり……)
幸子(正直どっちも好みではないですね……)
輝子「頼む」
小梅「幸子ちゃん……」
幸子「まあ、強いて言うなら」
輝子・小梅「強いて言うなら……?」
幸子「輝子さんでしょうか」
幸子(ホラー映画やお化け屋敷は怖いですし)
8 :以下、
輝子「っし!」グッ
小梅「そ、そんな……」ガクッ
幸子(膝から崩れ落ちた)
小梅「う……うう……」ポロッ
小梅「そっか……幸子ちゃんがそう言うなら、仕方ないね……」グスッ
幸子「ええ!? な、泣かないでくださいよ!」
幸子「小梅さんとお付き合いしても楽しいと思いますよ!? 輝子さんとのデートでは」
幸子「体験できないことが色々ありますし!」
小梅「本当……? 私を選んでくれるの……?」
幸子「選ぶとかそういうのじゃないですけども!!」
輝子「そ、そうだな……私と一緒にいたって、つまらないよな……」ウルウル
幸子(今度は輝子さんですか!!)
幸子「違いますから! ボクは……その……!!」
幸子「輝子さんも小梅さんも、大好きなんですよ!!」
輝子・小梅「えっ」
9 :以下、
幸子「うう……なんてことを叫んでるんですか、ボクは」
小梅「幸子ちゃん……今の言葉……」
幸子「そのまんまです。ボクは輝子さんも小梅さんも大好きです」
幸子「だから、どっちか1人と選ぶとかできないです」
輝子「幸子ちゃん……」
小梅「すごく……嬉しい……」
幸子「と、とにかくそういう事ですから。分かってくれましたか?」
輝子「うん」
小梅「分かったよ……」
幸子(ほっ)
小梅「よ……欲張りなんだね……幸子ちゃん……」モジモジ
幸子「は?」
輝子「どっちも選べないってことは、裏を返せば」
輝子「どっちとも付き合いたいってことだ……」ポッ
幸子「いやいや!! 裏を返さずそのまま受け取ってください!!」
10 :以下、
幸子「あーそうでした! 肝心なことを伝え忘れてましたね!」
幸子「っていうか輝子さんには言いましたけど、ボクは女の子とはお付き合いできませんから!」
小梅「輝子ちゃん……身動きを封じて……」
輝子「よしきた」ガシッ
幸子「なっ!? 何をするんですか!」
小梅「安心して……私たちが、染めてあげる……」
輝子「百合色にな……」
小梅「まずはキスを……」ジリジリ
幸子「ひぃ!? やめてください! 放してください!」
輝子「ヒャッハァァァ!! 甘い一時の始まりだぁぁぁ!!」
幸子「誰か助けてくださいぃぃぃ!! プロデューサーさぁぁぁん!!」
志希「とうっ」シュッ シュッ
輝子・小梅「うっ」
バタン
志希「ふー、何とか間に合ったー」
幸子「し、志希さん!? 何でここに……!」
11 :以下、
志希「んー、手っ取り早く説明したいんだけど」
志希「あたしが今この2人に吹きかけたのは、ある薬の効果を排除するスプレーなんだ」
志希「これで何となく分からない?」
幸子「ま、待ってください。整理します」
幸子「ええっと……まさか、輝子さんと小梅さんがボクを好きって言ったのは……」
幸子「志希さんが変な薬を作ったせい?」
志希「大体あってる。実は今、346プロに同性愛者になっちゃう気体薬が充満しててね」
志希「なる人とならない人がいるんだけど、輝子ちゃんと小梅ちゃんはなっちゃったみたい」
幸子「なんて恐ろしい薬を開発してるんですか!?」
志希「たまたま完成しちゃったのが漏れ出しちゃったんだ。あたしの管理不足で」
志希「毎度お騒がせしてごめんね」
幸子「ボクは助かったのでいいですけど……今回は怒られるどころじゃすみませんよ、きっと」
志希「だねー。まあ起こしちゃったものはどうにもならないし」
志希「まずは後始末しないと。幸子ちゃんも手伝ってくれない?」
幸子「手伝うって、輝子さんと小梅さんにしたみたいに、スプレーを顔に吹きかけるんですか」
志希「そうそう♪」
12 :以下、
幸子「また襲われるのは御免ですよ……あ、そうだ」
幸子「その無効化の薬を社内に充満させることはできないんです?」
志希「ちょっと量が足りなくてねー。晶葉ちゃんに作るの手伝ってもらってるんだけど」
志希「それまでに少しでも、ね?」
幸子「なるほど……分かりました」
幸子「どうせ今のままじゃ仕事にもいけないですし」
志希「ありがとう! じゃ、行こっか」
幸子(かくしてボクと志希さんは、薬のせいでホモ&レズになってしまった皆さんを)
幸子(1人ずつ元に戻す作業を行ったのでした)
幸子(途中途中で色々大変な目に遭うのですが、それはまた別のお話です)
おわり
13 :以下、

続き・詳細・画像をみる


犬の口に目玉をくわえさせてみたら未知との遭遇

はれのひ福岡店、レンタルの着物を新成人にプレゼント「返さなくていいです」

【悲報】平塚の中学校、女子の制服スカートをやめてズボン(スラックス)にしてしまう。

【類人猿】 ボノボは善人より「いじめっ子」が好き? 研究

瞑想極めたやつおる?

【悲報】童貞を穀すセーター、即ハボすぎるwwwwwwwww

【炎上】 漫画家うすた京介先生炎上 / アシスタント残業未払い騒動で飛び火「嫌なら就職しなさい」発言

【画像】この四人が「激カワ声優」のジャンルで括られてる声優業界ヤバイだろwwwwwwwwwww

iPhoneに「計画的陳腐化」の疑い 仏検察が調査開始

【twitter】ウーマン村本 『なぜ(中国が)侵略してくると思ってるんだろう。日本と中国、どっちが多く過去にほかの国を侵略したんだろう。』

友達いない僕、客0人ライブのトラウマでなかなか2回目のライブ出演に踏み込めない

【悲報】平塚の中学校、女子の制服スカートをやめてズボン(スラックス)にしてしまう。

back 過去ログ 削除依頼&連絡先