サンタ幼女「今年もクリスマスをぶっ潰すぞォ!!!!トナカイぃ!!!!」鹿「...」back

サンタ幼女「今年もクリスマスをぶっ潰すぞォ!!!!トナカイぃ!!!!」鹿「...」


続き・詳細・画像をみる


一昨年
>サンタ幼女「クリスマスなんてぶっ潰してやるよぉ!!!」
サンタ幼女「我はメシア、明日この世界を粛清する」トナカイ「...」
去年
トナカイ「メリークリスマ...」サンタ幼女「うるせー!!!!!」
2: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 18:37:36.16 ID:wVC82Hl6o
前回のあらすじ
時間が経つのって早い
あらすじおわり
3: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 18:38:23.12 ID:wVC82Hl6o
☆☆☆☆ 12月24日 ☆☆☆☆
サンタ幼女「...」
サンタ幼女「ついに...ついに来てしまったか、この時が」
サンタ幼女「というか今年早くね?まだ私的には5月6月くらいの感覚なんだけどぉ」
鹿「...」
サンタ幼女「実はまだ12月じゃないんじゃないのこれ、本当は6月だけどメディアが騙してるやつじゃないのこれ」
サンタ幼女「...はぁ、うだうだ言っても仕方ないか。来てしまったものはしょうがないもんねぇ」
サンタ幼女「ということで!今年クリスマスをぶっ潰すぞォ!イェアアアアアアアアアアアアアイッ!!!!!
鹿「...」
5: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 18:39:23.09 ID:wVC82Hl6o
サンタ幼女「去年のあの怨みを忘れたりはしない!あのクソアマが!!私の給料減らしやがって、おかげで今年は半分くらいもやしばっか食ってたわぁ!」
サンタ幼女「成長期の幼女にこんな仕打ちしてただで済むと思うなよな!絶対にぶっ殺してやるぅ!」
鹿「...」
サンタ幼女「ん?あぁ、そうか。トナカイは一昨年と去年は居なかったから何があったかは知らないよね」
サンタ幼女「いやぁ...去年は惜しいところまで行ったんだよ。私の唯一の失敗は組むパートナーを間違えたことだね」
サンタ幼女「そもそもサンタ狩りの連中なんて、何百年も前からサンタと戦ってるくせに一度も勝ったことがないフニャチン野郎共だったからなぁ。そりゃ勝てないわ」
サンタ幼女「...だから今年は秘密兵器の助っ人を呼んでるんだよね。まあこれは最後のお楽しみということでぇ」
6: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 18:40:21.57 ID:wVC82Hl6o
サンタ幼女「とりあえず今年は初心に戻って、最初と同じようにコツコツとクリスマスをぶっ壊そうかな。原点回帰ってやつ?」
サンタ幼女「最近リブートものって流行ってるからねぇ」
鹿「...」
サンタ幼女「さあトナカイ!ソリを出せ!目標は>>7だ!」
サンタ幼女「ここならクリスマスで浮かれてる発情した猿共がいっぱい居るだろうからな!まとめて皆殺しじゃあ!!!!!」
鹿「...」
7:以下、
でぃずにーらんど行こうぜ☆
9: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 18:51:24.22 ID:wVC82Hl6o
☆☆☆☆ 夢の国 ☆☆☆☆
サンタ幼女「何か私ってこういうところばっか来てる気がする」
鹿「...」
サンタ幼女「しかしトナカイのソリってすごいよなぁ、時600?も出るんだもん。どんなとこにも一瞬で行けるよ」
サンタ幼女「前の役に立たない鹿は500?までしか出なかったからねぇ。これが鹿とトナカイのスペックの差ですわ」
鹿「...」
サンタ幼女「え?その鹿は今どうしてるんだって?」
サンタ幼女「...美味しかったよ」ニヤァ
10: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 18:58:48.53 ID:wVC82Hl6o
ガヤガヤ ガヤガヤ
サンタ幼女「しかし...何だこの人混みは。クリスマスにテーマパークとかばっかじゃねえのぉ」
サンタ幼女「どう考えても混むに決まってんじゃん、行くにしても時期ずらせよ。待ち時間が無駄だわ」
サンタ幼女「私ってさぁ...こういう待ってる時間が一番嫌いなんだよね。正直列に並んでるやつらを見ると心の中で笑ってるよ、ばーかあーほ消えろボケカス死ねってね」
鹿「...」
サンタ幼女「あー寒っ!本当によくこんな寒いのに外に出てるんだよぉ...」ブルッ
サンタ幼女「トナカイ、ちょっと暖めさせて」ダキッ
鹿「...」
11: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 19:05:54.59 ID:wVC82Hl6o
イチャイチャ イチャイチャ
サンタ幼女「...」ギュー
鹿「...」
サンタ幼女「何かさぁ...ああいう人目も気にせずに乳繰り合ってるやつらを見るとメラメラと燃えるものが湧いてくるよね」
サンタ幼女「破壊衝動というか...殺意というか、ドス黒い感情がさぁ」
サンタ幼女「ククク...私のボルテージもやっと温まって来たよ。クリスマスはこうでなくちゃ」
サンタ幼女「さぁ!この夢の国を悪夢へと変えてやろうじゃないか!!!!」
サンタ幼女「これが本当のナイトメアビフォアークリスマスってな!ガハハハハハハハハハ!!!!!」
12: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 19:11:29.04 ID:wVC82Hl6o
サンタ幼女「よいしょっと」ドサッ
鹿「...」
サンタ幼女「ん?この袋の中が気になる?」
サンタ幼女「これはねぇ...私が今日のためにコツコツ作ってきた秘密道具が入ってるんだ」ガサゴソ
サンタ幼女「対クリスマス破壊用の兵器がね...ククク...」
サンタ幼女「よし、最初はこれを使ってリア充共をボコるか」ガサッ
サンタ幼女「てれれてっててーん!>>14!」
鹿「...」
13:以下、
ウソ800
14:以下、
スモールライト
15: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 19:39:03.56 ID:wVC82Hl6o
サンタ幼女「スモールライトー!」
鹿「...」
サンタ幼女「言っておくけど、これは丸パクりじゃないから。私は他人のアイデアを丸パクりするようなデザイナーじゃないから」
サンタ幼女「ちゃんと新機能も付いてるんだからね、断じてパクりではないから」
鹿「...」
サンタ幼女「本家はこのボタンを押すと小さくなりますぅ」カチッ
ピカー
サンタ幼女「それに加えて私の改は横のこのボタンを押すと>>16になる!」
16:以下、
思い浮かべた料理が出てくる
17: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 19:47:06.40 ID:wVC82Hl6o
ピカー
サンタ幼女「なんと!その小さくなった人物の思い浮かべた料理が出てくるんだぞぉ!!!!」
鹿「...」
サンタ幼女「...」
サンタ幼女「...よく考えたらこの機能いらんな。料理を出す必要性がないし、そもそもそんな都合よく食い物のことばっか考えてるやつなんてデブしかいないし」
サンタ幼女「これならまだキテレツをパクって小さくなったり大きくなったりする方が良かった」
サンタ幼女「まあ作っちゃったもんは仕方ない。これで暴れるとするか」
鹿「...」
18: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 20:03:00.57 ID:wVC82Hl6o
サンタ幼女「ちょっと試しにあそこのアホ面してる男で試してみよ」ピカー
男「!?」ビクッ
キュイーーーーーン
サンタ幼女「おぉ...本当に小さくなった。正直人を小さくするなんて現実離れしたこと出来ないと思ってたんだけど」
サンタ幼女「さすが私の頭脳、幼女ながらにして既に22世紀を上回ってしまったか...我ながら末恐ろしい幼女だよぉ」
鹿「...」
サンタ幼女「さて、天才な私は安易にカップルを小さくしまくるというガキみたいなことはしない」
サンタ幼女「...カップルの片方を小さくして、ひとりぼっちで夢の国に放置されるという地獄を味合わさせてやるぜぇ」ニヤニヤ
19: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 20:22:37.77 ID:wVC82Hl6o
...............................................................
...................................................
DQN男「あ、すまん。俺ちょっとトイレに行ってくるわ」
女「うん分かったー」
DQN男(俺はDQN男、こんなガラの悪い格好をしてるが見た目通りの不良だ)
DQN男(でもこの不良スタイルともお別れだ...俺は今日、あいつに告白する)
DQN男(真面目に生まれ変わってやる!勉強も真面目にやるし、族からも抜ける!俺はあいつのために生きるんだ!)
サンタ幼女「ほいっと」ピカー
サンタ幼女「おっ、ラッキィー!見るからに不良のやつを小さく出来た!」
サンタ幼女「こんなピアスに金髪頭のやつなんてカツアゲ強盗殺人何でもやってる大悪党って相場が決まってるからねぇ、いやぁ...いいことしたわぁ」
鹿「...」
20: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 20:27:42.53 ID:wVC82Hl6o
サンタ幼女「だいぶ小さく出来たね。もう100組くらいは孤立したんじゃいかな?」
サンタ幼女「まあそれでもカップルは腐るほどいるんだけど...まったく片しても片してもキリがないな」
鹿「...」
ネズミ「ハハッ」
サンタ幼女「え?なに?写真撮って欲しいって?仕方ないなぁ」
サンタ幼女「はいチーズっと」カシャ
鹿「...」ペコリ
ネズミ「ハハッ」
サンタ幼女「さすが奈良産のトナカイ...礼儀正しくちゃんとおじぎするんだ。あの馬鹿鹿とは大違いだな」
21: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 20:35:52.12 ID:wVC82Hl6o
鹿「...」
サンタ幼女「ポップコーンも買って欲しいって?お前、意外とここ満喫してるな...まあ別にいいけど」
鹿「...」ペコリ
サンタ幼女「私もお腹減ってきたなぁ、そろそろお昼だし」
サンタ幼女「そういやこのライトのもう一つの機能全然使ってなかったな。昼時だし食べ物のこと考えてるやつ多いからそろそろ使えるだろ」
>>23「」スタスタ
サンタ幼女「おっ!ちょうど都合いいところに通行人が!あいつから何か食べ物出してみよ!」ピカー
22:以下、
休憩中のアヒルの中の人
23:以下、
お忍びで遊びに来て行方不明になった切り札閣下を探す切り札婦人
24: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 21:06:18.24 ID:wVC82Hl6o
ピカー
サンタ幼女「何かよく分かんないけど婦人っぽいやつを小さくした」
サンタ幼女「...あれ?食べ物がドロップしないぞ?どうなってんだ?」
鹿「...」
サンタ幼女「あーそっかぁ...金持ってそうなやつだったし食べ物のことなんて考えてないか。金持ちは金のことしか考えてないからな、これだから上級国民は!」
サンタ幼女「...ん?待てよ?」
サンタ幼女「そうだ!わざわざ他のやつを小さくしなくても、私が食べ物のことを考えながら小さくなればいいじゃん!」
サンタ幼女「かっー!自分の頭の良さに感心するわぁ!さすが天才サンタですわぁ!」
25: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 21:13:20.42 ID:wVC82Hl6o
サンタ幼女「ということでトナカイ!私に向かってこのボタン押して!」
鹿「...」
サンタ幼女「さーて何食べよっかなぁ...やっぱクリスマスだしチキンだねぇ!ほらチキン!カモンチキン!」
鹿「...」ピカー
キュイーーーーーン
サンタ幼女「うおっ、まぶし」
シュィィィィィィィィィン...
シュィィィィィィィィィン...
シュィィィィィィィィィン...
サンタ幼女「...」ギュッ
サンタ幼女「あれ成功した?」キョロキョロ
26: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 21:22:11.22 ID:wVC82Hl6o
サンタ幼女「あんまり自分の体が小さくなったって実感はないな...当たり前だけど」ペタペタ
ヌッ
サンタ幼女「ん?何か上から気配が...」クルッ
巨大チキン「」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
サンタ幼女「ワッツ!?」
ドシーーーーーン
サンタ幼女「な、なにこれ...重い...な、なんでこんなにでかいチキンが...」
サンタ幼女「そ、そうか、私が小さくなったからだ!だから普通のサイズでもこんなに巨大になったのか...!」
サンタ幼女「で、でもこれはさすがにでかすぎぃ...!!!!チキンに押し潰されるぅ...!!!!」グググッ
27: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 21:31:14.91 ID:wVC82Hl6o
デロンッ
サンタ幼女「!?」クルンッ
サンタ幼女「な、なに?急に裏返った!?」
鹿「...」
サンタ幼女「ト、トナカイ!助けてくれたのか!」
サンタ幼女「やっぱりお前は使えるトナカイだぁ!鹿とは全然違う!」
鹿「...」
サンタ幼女「ふぅ...危うくクリスマスにチキンに押し潰されて死ぬという最高にマヌケな死に方をするところだった。こうは死にたくないな」
サンタ幼女「というかチキンも普通に地面に落ちてるし...これじゃ食えないじゃん。もう元に戻ろっと」
29: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 22:06:51.76 ID:wVC82Hl6o
サンタ幼女「...あ、あれ?」
サンタ幼女「どうやって戻ればいいんだっけ?あのライトは小さくなる方しか付けてなかったし」
サンタ幼女「」ゾワッ
サンタ幼女「ちょ、ちょっと待てぇ!えぇっ!ちょっ...ええええっ!?」
サンタ幼女「ど、どうすればいいのっ!?でかくなるライトなんて作ってないんですどぉ!?」
サンタ幼女「これなんてミクロアドベンチャーだよ!!もう潰れただろあれ!」
サンタ幼女「ト、トナカイ!何とかして!もうお前だけが頼りだ!」
サンタ幼女「このままだと通行人に潰されるぅ!!!!」
鹿「...」
鹿「>>31」
30:以下、
6時間後に戻ります
31:以下、
敢えて見捨てる
32: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 23:36:53.38 ID:wVC82Hl6o
鹿「」スタスタ
サンタ幼女「えっ...ちょっ...」
鹿「」スタスタ
サンタ幼女「...」ポツーン
サンタ幼女「へ?」
サンタ幼女「いやあの...トナカイさん、そいつはひでぇんじゃないかなって」
サンタ幼女「え?マジ?マジでこのままなの?」
サンタ幼女「...」
サンタ幼女「うわあああああああああああああん!!!!!誰か助けろよおおおおおおおおおおお!!!!!」
33: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 23:38:18.20 ID:wVC82Hl6o
☆☆☆☆ 3時間後 ☆☆☆☆
サンタ幼女「」カチャカチャ
サンタ幼女「...出来た!」
サンタ幼女「さすが私だぁ!まさかあのスモールライトをバラしてビックライトに改造するなんて!」
サンタ幼女「くっくっくぅ...さすがにこのサイズで作業するのはちょいと疲れたがこれで完成だ」カチッ
サンタ幼女「よし、後はこのボタンを押せば元のサイズに戻るはず」
サンタ幼女「ただ...ちょっと問題があるがあるんだよねぇ」
サンタ幼女「部品が足りなかったから不具合があるかも...元のサイズには戻るんだけど、副作用で>>34になる可能性があるんだよなぁ」
34:以下、
すぐに戻ったり戻らなかったり不安定
36: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 23:49:48.53 ID:wVC82Hl6o
サンタ幼女「一度戻ってもまた突発的に小さくなるかも...しばらくは体が不安定になる可能性がある」
サンタ幼女「ぐぬぬ...めっちゃフラグになりそうで嫌だけど、これ使わないと元に戻れないし...」
サンタ幼女「...こういう時にあの鹿がいたら便利なんだけどな。一応あいつは言葉通じるし」
サンタ幼女「ええい!出来てしまったもんは仕方ない!使うしかないわ!」
サンタ幼女「まあトイレ中に小さくならない限りは大丈夫でしょ!スイッチオン!」ポチッ
ニョキニョキニョキイイイイイイイ
サンタ幼女「我復活ッッッッッッ!!!!!」
37: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/24(土) 23:57:58.06 ID:wVC82Hl6o
サンタ幼女「さて...あのトナカイどこ行った?」キョロキョロ
サンタ幼女「私を捨てて行きやがって...今度会ったらただじゃおかねぇ」
サンタ幼女「とりあえずソリ置いてある駐車場に行ってみるか。私の持ってる鍵ないと動かないし」スタスタ
鹿「...」ノビー
サンタ幼女「あ、あの野郎...!ソリの中でくつろいでやがる!」
サンタ幼女「しかもあのショップで売ってるネズミの被り物やその他お土産も色々買ってるし...あいつは女子高生か!」
サンタ幼女「やいやいゴラァ!トナカイ!よくも私を捨てて行きやがったな!!覚悟は出来てんだろうなぁ!?」
鹿「...」
38: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 00:09:08.09 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「おかげで私はアントマンみたいな体質になってるんだからな!どう責任取るんだよ!」
鹿「...」ヒョイッ
サンタ幼女「いらねぇよ!そんなお菓子!友達にあげるお土産感覚で謝罪してんじゃねえよぉ!!!!」
鹿「...」
鹿「...」ヒョイッ
サンタ幼女「だからいらんって...ん?」
札束『』ドサッ
サンタ幼女「えっ?こ、これお前の金?」
鹿「...」コクッ
39: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 00:17:00.48 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「え?なに?これを私にくれるの?謝罪の意味で?」
鹿「...」コクッ
サンタ幼女「...」
サンタ幼女「しゃ、しゃあねえなぁ!許してやっかぁ!今回だけ特別だからな!」
鹿「...」ペコリ
サンタ幼女「いやいいって!そんな頭下げなくても!私も正直そこまで怒ってるわけじゃなかったし!」
サンタ幼女「それにしても...トナカイのおじぎは本当に可愛いなぁ。もう一回やって!」
鹿「」ペコリ
サンタ幼女「いやーん!かーーわーーいーーいーーー!!!!」バタバタ
40: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 00:26:27.93 ID:4LjV9bJ5o
シャンシャンシャン♪シャンシャンシャン♪
サンタ幼女(むふふ、1枚...2枚...諭吉がいっぱい...)ペラペラ
サンタ幼女(思わぬ臨時収入だったねぇ!これなら今年の正月は寿司が食えるYO!)
鹿「...」
サンタ幼女「あーっ!気分爽快!今年ならクリスマスをぶっ潰せる気がするよ!」
サンタ幼女「さて次はどこに行こっかなぁー♪>>42とか行ってみますかぁ!」
鹿「...」
41:以下、
サンタ協会本部
42:以下、
東京スカイツリー
43: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 01:19:27.90 ID:4LjV9bJ5o
☆☆☆☆ スカイツリー ☆☆☆☆
サンタ幼女「千葉から東京は早かったねぇ、というか何で東京って付いてるのに千葉にあるんだよあそこ」
サンタ幼女「おぉ、あれが黄泉比良坂...じゃなかった。スカイツリーか」
サンタ幼女「さすがにこの近くでソリ止めたら、ツイッターとかにUFOと間違って上げられそうだな。迂回して行こっか」
鹿「...」
サンタ幼女「そういやスカイツリー周辺って私と同じ若い女のサンタが近くに住んでたなぁ...ちょっと前に担当地区変更のお知らせが来た時に見かけたっけ」
サンタ幼女「まあエリートの私が名前も知らないなんて下級サンタもいいところだろ。特に気にする必要もないな」
44: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 01:31:58.97 ID:4LjV9bJ5o
......................................................
..........................................
トナカイ「もうクリスマスですか...今年は早かったですね」
トナカイ「トナカイの仕事に就いてから早2年、忙しい毎日でしたがあっという間に過ぎて行きました」
トナカイ「...今年もあのサンタさんはクリスマスを潰そうとしてるんでしょうか。いや絶対やろうとしてますね、あの性格なら」
トナカイ「まあもう私には...関係ない話なんですけどね」
「待たせてしまってごめんなさい。寒くなかったですか?」
トナカイ「あ、"サンタ"さん。プレゼントの材料は買えましたか?」
サンタ少女「えぇ、ここに。さぁ帰りましょうか」ニコッ
45: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 01:41:01.75 ID:4LjV9bJ5o
サンタ少女「今年はいつもと比べて暖かいですね。残念ながらホワイトクリスマスは無理そうです」
トナカイ(私は今年に入ってあのサンタさんの担当から、サンタ少女さんのトナカイに移動することになった)
トナカイ(正直めちゃくちゃ嬉しかった...やっとあのサンタさんに振り回されないんだなと思うと翼が生えた気分でしたよ)
トナカイ(別れ際なんて、本気であの人私を食べようとしてたし)
サンタ少女「あ、そうだ。トナカイさんのためにこれを買ってきたんでした」
トナカイ「?」
サンタ少女「はいこれ、帽子です。角が冷えるといけないですからね」ニコッ
トナカイ(...天使だ)
46: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 01:48:39.36 ID:4LjV9bJ5o
トナカイ(いや本当に天使だこの人...優しいし気立てもいいし思いやりも人一倍ある)
トナカイ(前がアレだっただけに余計に輝いて見える...)
サンタ少女「今日はクリスマス当日ですからね!頑張って行きましょう!」
トナカイ(あぁ...私は一生この人に付いていこう。今年こそは和やかなクリスマスが過ごせそうです)
サンタ幼女「ここら辺でソリ止めっか」クイッ
キキィィィィィィィィ!!!!!!!!!
サンタ少女「へぶちっ!?」ドンッ
トナカイ「!?」ビクッ
47: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 01:56:40.25 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「ん?今何か当たった?」
鹿「...」
サンタ幼女「気のせいか。いくらサンタでも人身事故とか洒落にならないもんねぇ」
サンタ少女「」チーン
トナカイ「サ、サンタ少女さん!?大丈夫ですか!?サンタさん!」
トナカイ(い、一体何が...サンタさんが上から来た何か轢かれて...)
サンタ幼女「うん?あれ?そこで寝てるやつの隣にいる鹿...どっかで見たことあるな」
サンタ幼女「あ、お前あの鹿じゃん。まだ出荷されてなかったの?」
トナカイ「」ビクッ
トナカイ「そ、その声はまさか...サンタさん?」クルッ
50: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 19:23:52.27 ID:4LjV9bJ5o
トナカイ「な、なんでサンタさんがこんなところに...地区はもう違うのに」
サンタ幼女「スカイツリー見に来たんだよ。何か文句あっか」
鹿「...」
トナカイ「...どうでもいいですけど、何でシカがソリ引いてるんですか?」
サンタ幼女「はぁ!?シカっ!?どこがだよ!うちのトナカイはどう見てもトナカイだろうが!」
サンタ幼女「変な因縁付けてんじゃねえよこの鹿野郎!バラして鍋にすんぞぉ!」
鹿「...」
トナカイ「いやどう見てもそれシカじゃないですか...さすがに見れば誰でも気付きますよ」
51: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 19:28:58.91 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「じゃあなに!お前は鹿とトナカイの明確な違いを言えるのかぁ!?ほら言ってみろよ!」
トナカイ「えっ」
トナカイ(シ、シカとトナカイの違い...言われて見れば説明しづらい。私はトナカイだから本能的に違うと分かるけど、人にそれを伝えるとなると...)
サンタ幼女「ほら言えないじゃん!言っとくけどこのトナカイはお前よりもスペック高いんだからな!」
サンタ幼女「時600?だぞ!500の雑魚が調子に乗んな!」
鹿「...」
トナカイ「いやいや...鹿がそんなに早く走れるわけないですよ」
52: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 19:35:32.37 ID:4LjV9bJ5o
トナカイ「ってそんなこと言い合ってる場合じゃないです!大丈夫ですか!?サンタさん!」
サンタ少女「」
サンタ幼女「は?なに?そこで寝てるやつってサンタなのぉ?」
サンタ幼女「はぁ?...クリスマス当日だってのに呑気で外でおねんねでちゅか。羨ましいわ...ヒマそうで」
トナカイ「何言ってるんですか!あなたがソリで轢いたからこうなってるんですよ!」
サンタ幼女「えっ、マジ?」
サンタ幼女「ね、ねぇ...トナカイ、当たってないよね?私ちゃんと安全運転してたよね?」
鹿「...」
53: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 19:43:02.55 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「...そうか」
サンタ幼女「こっちは当たってないって言ってるんだけど」
トナカイ「なんでシカの言ってることが分かるんですか!!!!絶対適当に言ってるでしょ!!!!」
トナカイ「ダメです...目を覚まさない...とりあえず救急車を呼んで...」
サンタ幼女「ちょっと待って、それはヤバい」ガシッ
トナカイ「ちょっ...!何するんですか!このままだと命に関わる可能性も」
サンタ幼女「いや...救急車呼ぶってことは警察も来るわけじゃん?そうしたら事故だってことになるじゃん?」
サンタ幼女「今、事故ったってバレると点数がちょっとヤバいんだよね?...免許取り消しになるから」
トナカイ「は?」
54: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 19:49:09.01 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「ということでここは撤収!トナカイ!ずらかるぞ!」
鹿「...」
トナカイ「ちょっと!?離してくださいよ!何で私まで連れて行かれるんですか!」ジタバタ
サンタ幼女「ついでだからお前もクリスマスを潰すのを手伝ってもらう。拒否権なんてないからな」
トナカイ「ならサンタ少女さんはどうするんですか!このまま放っておくんですか!?」ジタバタ
サンタ幼女「うん、まあサンタだしソリで轢かれたくらいは大丈夫でしょ。ちょっと気絶してるだけだってぇ」
トナカイ「さ、最低!人でなし!この悪魔!」ジタバタ
サンタ幼女「ははっ、もっと褒めろぉ」
サンタ少女「」シーン
56: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 19:55:27.47 ID:4LjV9bJ5o
シャンシャンシャン♪シャンシャンシャン♪
トナカイ「んん???!!!!ん!!!!」モガモガ
サンタ幼女「鹿がうるさいからちょっと黙ってもらった」
サンタ幼女「まったくせっかくスカイツリーを見に来たのにとんだ災難に遭ったわ。おかげで行きそびれた」
サンタ幼女「今度は>>58に行こっかなぁ...あそこなら人多そうだし」
トナカイ「んんん!!!!ん?!ん??ん???!!」ジタバタ
鹿「...」
57:以下、
武道館
58:以下、
病院
59: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 20:23:27.08 ID:4LjV9bJ5o
☆☆☆☆ 病院 ☆☆☆☆
サンタ幼女「よし着いたっと」
鹿「...」ジー
トナカイ「...何で病院なんですか?」
サンタ幼女「別にぃ?ただ単に人が多そうってだけだけど?」
トナカイ「...人が多そうってここ」
ヒュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ......
トナカイ「...廃病院なんですけど」
サンタ幼女「だって普通の病院とか死にかけのジジババしかいないじゃん。さすがの私も老人をいたぶる趣味なんてないよ」
トナカイ「ここのどこが人が多いんですか...人じゃない者は多そうですけど」
鹿「...」ジー
60: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 20:33:49.99 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「ちっちっちぃ...甘いなぁ、だからはお前は鹿なんだよぉ」
サンタ幼女「ここは有名な心霊スポット、そして今日はクリスマス、この組み合わせが分かんないのぉ?」
トナカイ「...分かんないです」
サンタ幼女「脳ミソ空っぽで金もないアホな若者が肝試しに来るんだよ。ここは無料のお化け屋敷みたいなもんだからね」
サンタ幼女「ただでスリルが味わえて、思い出が作れて、ついでに自分のいいところも見せられるかもしれない...こんなコスパがいいところは中々ないわ」
トナカイ「...まあ言われてみればそうですけど」
鹿「...」ジー
61: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 20:59:20.66 ID:4LjV9bJ5o
トナカイ「でもそんな都合よく人なんて来ますか?まだ太陽も昇ってますし、来るのが早いような気がするんですけど」
キャーーーーー!!!!!
サンタ幼女「いるじゃん」
トナカイ「えぇ...」
サンタ幼女「夜は寒いし、ガチで雰囲気が出て怖いからな。大抵こういうやつらはちょっと怖くないように明るい内に来るもんよ」
サンタ幼女「さて、私達もおどかしに行くか」ガサゴソ
サンタ幼女「ふふ...この>>62を持ってきて正解だった。これを見たらくっそビビるだろうなあいつら...」ニヤニヤ
鹿「...」ジー
62:以下、
死にかけたサンタ
64: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 21:22:40.41 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「この死にかけたサンタを...」ズルッ
サンタ娘「」ドサッ
トナカイ「ちょっとおおおおおお!?」
トナカイ「ど、どこから持ってきたんですかその人!!!!何かやけにでかい袋が積んでるなとか思ってたら何つうもんを入れてるんですか!!!!」
サンタ幼女「ソリで飛んでる時に偶然行き倒れになってるところを見つけてね、何かに使えそうだから拾ってきた」
サンタ娘「み、水...」ガクッ
トナカイ「...今の時代によく行き倒れのサンタなんて見つけましたね」
鹿「」ジー
65: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 21:32:56.10 ID:4LjV9bJ5o
サンタ娘「お、お願い...水を...ここ数日何も口にしてなくて...」ピクピク
サンタ幼女「サンタのくせにクリスマス当日に行き倒れとかこっちまで情けなくなって来るわ」
サンタ幼女「いいかぁ?お前の仕事はその死にかけた演技であそこの病院にいるやつをビビらせることだ。もし上手く行ったら飯をくれてやる」
サンタ娘「ほ、ほんと...?前払いってあり...?」ピクピク
サンタ幼女「だめ、死んでるやつが欲しいのに生き返ってどうすんだよ。いいから全力で死にかけろ」
サンタ娘「わ、分かった...もう少しだけ頑張る」ピクピク
トナカイ(...どうしてクリスマス当日なのに死にかけてるんだろう)
66: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 21:53:22.62 ID:4LjV9bJ5o
サンタ娘「うぅっ...」ギュッ
トナカイ「あ、あのしっかり掴まってくださいね。落ちちゃいますから」トコトコ
サンタ幼女「外から聞こえた声的に三階に居そうだねぇ。降りてくる二階の階段で待ち伏せよっか」
鹿「...」ジー
トナカイ「...サンタさん、冷静ですね。ここが怖くないんですか?」
サンタ幼女「はぁ?怖い?なんで?」
トナカイ「なんでって、どう見ても幽霊が出てきそうな不気味な場所じゃないですか。正直今の時間でも出てきそうですよ」
サンタ幼女「あのねぇ...幽霊なんているわけないじゃん。んな非科学的なもの」
鹿「...」ジー
67: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 22:28:46.41 ID:4LjV9bJ5o
トナカイ「...サンタさんが非科学的とか言うんですか」
サンタ幼女「だって幽霊って死人でしょ?死んでもまだこの世にいるとか矛盾してるじゃん」
サンタ幼女「もし仮に居たとしたら、誰かにコンタクトを取ってとっくに幽霊の存在が証明されてるでしょ」
サンタ幼女「今の時代になっても存在があやふやの時点で居ないってことを確定させてるんだよ。そんなことも分からんのか」
トナカイ「確かに一理ありますけど...」
トナカイ「...私ってちょっとだけ霊感というか、目に見えない何か感じる時があるんですよね。野生の勘っていうか動物の本能というか」
トナカイ「...ここ危ない気がするんですよ。今まで体感したことないくらいに嫌な予感がします」
68: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 22:35:22.39 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「は?なにそれ?スピリチュアルってやつ?」
サンタ幼女「くっさぁ...お前心霊系女子かよ...引くわぁ」
トナカイ「いいですよ、どうせ言っても信じてくれないと思ってましたし」
サンタ幼女「まあいいや、なら幽霊が本当にいるか試してやるよ。ホラ吹きが」パシャッ
トナカイ「な、なにしてるんですか?」
サンタ幼女「写真、そんだけやばいなら心霊の一匹くらいは写ってるでしょ」パシャパシャ
トナカイ「そんな連写で撮らなくても...」
サンタ幼女「ほーら何も写ってな...い?」
サンタ幼女「な、何これぇ?>>69みたいなのがあるぞ」
69:以下、
トナカイの悪ふざけ
70: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 22:47:37.06 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「おめぇの角じゃねえかぁ!!!!!」ゲシッ
トナカイ「ごふぉっ!?」ドンッ
サンタ幼女「無駄にでかいんだよその角!邪魔なんじゃ折れよ!!」
トナカイ「お、折れって...そんなの無理ですよ!我慢してください!」
サンタ幼女「じゃあいいよ!私が折ってやるから!」ガシッ
トナカイ「なっ...いやっ...は、離してください!怒りますよ!!!!」
サンタ幼女「うるせぇ!もう折る季節だろうが!そんな長いとフケが沸くぞ!」
トナカイ「髪じゃないんだから放っておいてくださいよ!!!!いい加減にしないとまた刺しますよ!?」
鹿「...」ジー
71: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 23:05:13.33 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「うるせぇ!今日という今日は折ってやるからな!神妙にし...ん?」ピタッ
サンタ幼女「おい鹿、お前背中に乗せてた死にかけのサンタはどうした?」
トナカイ「えっ?どうしたってちゃんと後ろに...あれ?いない?」
サンタ幼女「なんだよ...どっかに落としたのか?何やってんだか」
トナカイ「そんなわけないですよ。ちゃんとさっきまでは私の上に居ました」
サンタ幼女「じゃあ何?急に消えたってかぁ?アホらしい」
トナカイ「...」ゾクッ
トナカイ「ま、まさか...神隠し?」
72: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 23:18:25.49 ID:4LjV9bJ5o
サンタ幼女「は?何言ってんだこいつ」
トナカイ「だ、だってそれしか説明が付かないですよ。急に消えるなんて」
サンタ幼女「あほくさ、んなのあるわけないじゃん。頭大丈夫?」
トナカイ「...さっきから気になってたんですけど」
鹿「...」ジー
トナカイ「あのシカさん、病院に入ってからどこかを見つめてませんか?まるで何かが居るみたいに...」
サンタ幼女「廃墟マニアなんじゃないの、壁が物珍しくて見てるだけでしょ」
鹿「...」クルクル
トナカイ「いや違います...明らかに視線が動いてます。まるで何かを目で追ってるように」
73: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/25(日) 23:26:55.86 ID:4LjV9bJ5o
トナカイ「もしかしたら...シカさんも、私と同じで動物的な直感で何か見えてるのかも」
サンタ幼女「はぁ...しつこいなぁ。そんなに言うなら試してやるよ」ガサゴソ
サンタ幼女「てれれてってーてーん!シカウンリンガルー!」
サンタ幼女「これはトナカイ語を訳してくれる機械だ!ほらトナカイ!何を見てるか言ってみろ!どうせ虫か何かだろうけど」
トナカイ(シカウンリンガルってもうシカって認めてるじゃないですか)
鹿「...」
ピピッ
『>>75』
74:以下、
落ち武者の一団が
75:以下、
ああ、窓に!窓に!
78: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/26(月) 22:02:11.45 ID:AYHiU5ifo
『ああ、窓に!窓に!』
サンタ幼女「はあ?」クルッ
トナカイ「窓?」クルッ
ペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタ
ペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタ
ペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタ
ペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタ
ペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタ
サンタ幼女「ひぃっ!?」ビクッ
トナカイ「ま、窓に手形が...さっきまでは何もなかったのに...」
鹿「...」
サンタ幼女「え、ちょ、なにこれ...えっえっえっえっ?」
サンタ幼女「いやあれ...マジでナニコレ?ドッキリ?ドッキリか?」
79: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/26(月) 22:03:10.68 ID:AYHiU5ifo
トナカイ「ドッキリなわけないじゃないですか...どう見ても心霊現象ですよこれ」
サンタ幼女「いやほんとマジで...あ、あり得ないんだけど」ブルブル
トナカイ「...サンタさん、もしかして震えてます?」
サンタ幼女「ば、ばっきゃろぉ!誰がチビったってぇ!?」
トナカイ「いや...誰もチビったとか言ってないんですけど」
ダダダダダダダダダダッッッッ!!!!!!!!!
トナカイ「!?」ビクッ
トナカイ「う、上の階段から何か走ってきますよ!どうするんですか!」
サンタ幼女「うわあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」ダッ
トナカイ「逃げ足はやっ」
鹿「...」
80: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/26(月) 22:04:14.12 ID:AYHiU5ifo
ダダダダダダッ
サンタ幼女「ちょっとどうなってのぉ!?この階段、降りても降りても下の階に着かないんだけどぉ!!!!」ダダダッ
トナカイ「む、無限ループってやつですね...この建物に閉じ込められたんでしょうか」
鹿「...」
サンタ幼女「ざけんなぼけええええええええええええええ!!!!お前ら何とかしろよおおおおおおおおおお!!!!!」ダダダッ
トナカイ「何とかしろって言われても...私達ただの動物ですよ?こういう状況こそサンタさんの専売特許だと思うんですけど」
鹿「...」
サンタ幼女「そ、そうだ!こういう時のために>>81作ったんだった!これなら役に立つはず!」
81:以下、
どこでもドア
82: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/26(月) 22:14:16.37 ID:AYHiU5ifo
サンタ幼女「うおおおおおおお!!!!どこでもドアアアアアアアアアアアア!!!!」ドーン
トナカイ(...もはや何でもありですね)
鹿「...」
サンタ幼女「これなら外に出られる!さすが私!天才!」
サンタ幼女「うおおおおおおおおおおおおお!!!!開けえええええええええええ!!!」
ガチャ
パァァ
サンタ幼女「よし!これで外だ!助かっ...」
83: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/26(月) 22:21:11.61 ID:AYHiU5ifo
サンタ幼女「...は?」
トナカイ「こ、これは...私達がさっきいた階段の前ですね」
鹿「...」
サンタ幼女「ちょっとどうなってんの!?私は外に出たいって言ってんの!もう一回!」グッ
ガチャ
ガチャ
ガチャ
サンタ幼女「外に出られないいいいいいいいいいいいい!!!!!!」
トナカイ「ドアを開けても病院内にしか出られません...本当に閉じ込められたみたいです」
サンタ幼女「ちょ、ちょっとぉ...もうやばいんだけどぉ...ひ、日が落ちてきてもうすぐ真っ暗になるぅ...」ブルブル
トナカイ「この雰囲気で完全に光がなくなるとなると...かなり怖いですね」
鹿「...」ジー
84: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/26(月) 22:30:13.66 ID:AYHiU5ifo
サンタ幼女「うっ...うぅぅ...どうすれば...はっ!そうだ!」ピコーン
サンタ幼女「鹿!トナカイ!あの窓に突っ込め!!!!最後のガラスをぶち破って外に出るぞ!」
トナカイ「えっ?そんなこと出来るんですか?普通こういうパターンって窓もめちゃくちゃ頑丈になってると思うんですけど」
鹿「...」
サンタ幼女「お前らの馬鹿みたいなスピードと、角で突っ込めば対戦車砲並のパワーが出るだろ!さすがに向こうもそれだけの威力は想定外のはずだ!」
サンタ幼女「いいから早くしろ!暗くなったらもうあいつらの時間だ!そうなると私達は一生助からないぞ!!!!」
トナカイ「わ、分かりましたよ...やるだけやってみます」
鹿「...」
85: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/26(月) 22:41:35.05 ID:AYHiU5ifo
トナカイ「じゃあ一二の三で行きましょうか、シカさん」
鹿「...」
トナカイ「...あのシカさん?」
ゲシッ!!!!!!!
トナカイ「痛あああっっ!?」
トナカイ「ちょ、ちょっとサンタさん!私、何もしてないのに何か蹴られたんですけど!」
サンタ幼女「このウマシカ野郎!人に物頼むなら様付けろや!それとシカじゃなくてトナカイだろうが!」
トナカイ「な、なんで私がそんなことまで...」
サンタ幼女「お前は助かりたくねぇのか!!!!このままだとよく幽霊屋敷に飾ってある鹿の剥製にされるぞ!あの首から血が流れるやつ!」
トナカイ「...トナカイさん!一二の三でお願いします!」ピキッ
86: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/26(月) 22:51:35.39 ID:AYHiU5ifo
トナカイ「いち...にの...」
サンタ幼女「はよ行けや!!!!時間ないっつってんだろうが!!!!皮剥いで三味線にすんぞ!!!!」ゲシッ
トナカイ「あーもう!さんっ!!!!」ビュンッ
鹿「...」ビュンッ
ピキーン!!!!!!!!
ググググググググッ...パリーン!!!!!!!!!
サンタ幼女「よっしゃあああああああ!脱出成功ー!やったあああああああああ!!!!!」
トナカイ「う、うぅ...めちゃくちゃ固かった。角が折れるかと思った...」
鹿「...」
スタッ
サンタ幼女「どうだ!ざまあ見ろ!!!外に出たらこっちのもんだもんね!」
サンタ幼女「やーい!この根暗が!人をおどかしてそんなに楽しいか!そんな性格だからすぐ死ぬんだよ!死人はさっさと地獄に言って死ねカス!」
87: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/26(月) 23:49:23.82 ID:AYHiU5ifo
サンタ幼女「ばーか!ばーか!てめぇなんて塩さえあれば怖くないんだよぉ!!!!この私様を襲おうなんて10年早いわ!」
トナカイ「ちょ、ちょっとサンタさん...言い過ぎですよ。また何かあったらどうするんですか」
サンタ幼女「はん!あいつらは建物から出てこない引きこもりだからもうまったく怖くないねぇ!今頃悔しくてキーキー言ってるわ!」
鹿「...」ジー
鹿「...」チョイチョイ
サンタ幼女「ん?なに?」
鹿「...」クイクイ
サンタ幼女「...?鹿せんべい欲しいの?」
鹿「...」ブンブン
88: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/26(月) 23:58:30.45 ID:AYHiU5ifo
サンタ幼女「違う?」
トナカイ「もしかしてあのシカウンリンガルが欲しいんじゃないですか?ポケットにクイクイしてますし」
サンタ幼女「あぁ、これぇ?」ヒョイッ
鹿「...」コクコク
トナカイ「...何か伝えたいことがあるんでしょうか」
サンタ幼女「ただお腹が空いたからご飯食べに行こうってだけじゃないのぉ?もう暗いし」
ピピッ
『マダ』
トナカイ「ん?」
サンタ幼女「まだ?」
89: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/26(月) 23:59:30.09 ID:AYHiU5ifo
ピピッ
『 ウ シ ロ ニ イ ル 』
90: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 00:42:11.10 ID:T2NLl8/vo
............................................................
.............................................
トナカイ「...」
サンタ幼女「...」
鹿「...」
トナカイ「...サンタさん」
サンタ幼女「...」
トナカイ「わ、私...誰にも言いませんから。気にしないでくださいよ」
トナカイ「そ、それにサンタさんの年齢の子ならそう珍しいことでもないですよ。多分...」
サンタ幼女「...」
トナカイ「せ、生理現象ですし...仕方ないです。あの状況なら大人だってチビってもおかしくな...」
サンタ幼女「うるせええええええええええええええ!!!!!!それ以上言うなあああああああああああああああああ!!!!!!!」
93: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 00:57:36.81 ID:T2NLl8/vo
サンタ幼女「今後その話題出したらマジでバラすからなぁ!!!!!誰にも言うなよぉ!!!!!」
サンタ幼女「とくにあの糞野郎にだけは言うなぁ!!!!あいつに知られたらマジで人生終わるぅ!!!!!」
トナカイ「あ...はい、分かりました」
鹿「...」
サンタ幼女「くっ...切り替えて行こう。今年こそはサンタ協会をぶっ潰すぞ」
トナカイ「...いきなり話変わりましたね。今年もやるんですか?もうやめましょうよ」
トナカイ「あの聖女さんがいる限り攻略は無理ですって、無理ゲーもいいとこですよ」
鹿「...」
94: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 01:09:00.74 ID:T2NLl8/vo
サンタ幼女「...今年はちょっと違う」
サンタ幼女「あいつがいるのはグリーンランドにあるサンタ協会本部だ。今年攻め込むのは...」
サンタ幼女「ここ!北海道にあるサンタ協会日本支部!」
トナカイ「何かいきなりグレードダウンしましたね」
鹿「...」
サンタ幼女「とりあえず日本のクリスマスだけはぶっ潰すことに決めた!海外はよく考えたら関係ないからどうでもいい!」
サンタ幼女「あいつがいないここなら私一人でも制圧できるはずだ!」
トナカイ「自信だけは毎回ありますね。自信だけは」
95: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 01:24:46.70 ID:T2NLl8/vo
トナカイ「でも腐ってもサンタ協会ですよ?さすがにサンタさん一人だけじゃ絶対無理ですよ」
サンタ幼女「くっくっくぅ...んなことは分かってるよ。いくら私が天才で最強で可愛くても、個では限界がある」
サンタ幼女「なら同志を作ればいいだけの話、一人じゃ出来ないことも二人なら出来る。単純に戦力が倍になるからな」
トナカイ「同志って...またあのサンタ狩りの人と手を組むんですか?」
サンタ幼女「あんな雑魚共は論外だ。今回は私と同等、いやそれ以上の使い手を金で雇った」
サンタ幼女「こいつはすごいぞ...下手をしたら単体だけでも聖女といい勝負をするかもしれない。まあ今回は安全策をとって日本支部にするけど」
トナカイ「...そんなにすごいんですか?」
96: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 01:34:20.70 ID:T2NLl8/vo
サンタ幼女「もうそろそろここに来る時間なんだけど」
ピンポーン
サンタ幼女「あっ!来た!時間通り!」
トナカイ(単体で聖女さんと同等...あんなめちゃくちゃな力を持ってる人と渡り合えるなんて、魔法使いか何かでしょうか)
トナカイ(ちょ、ちょっとドキドキして来ましたね。もしかしたら怪獣とか化け物かも)
サンタ幼女「では紹介してやろう!今回雇った助っ人の...」
サンタ幼女「>>98だ!!!!」
97:以下、
モブA(聖女の変装)
98:以下、
ゴルゴ13
99:以下、
つよい
100: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 21:38:52.55 ID:T2NLl8/vo
スナイパー「...」
サンタ幼女「こいつが伝説の超A級狙撃者のスナイパーだぁ!」
サンタ幼女「目標の暗殺率は99.9%!まさに生ける伝説の殺し屋だよぉ!!」
トナカイ「...」
鹿「...」
トナカイ(ガチの人じゃないですか)
サンタ幼女「依頼料めっちゃ高かったんだからな!おかげで私の貯金はすっからかんだ」
サンタ幼女「まあその分、仕事してもらうけどねぇ!こいつで日本支部の幹部を仕留めてやる!」
トナカイ(めちゃくちゃガチの暗殺計画じゃないですか)
101: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 21:48:30.48 ID:T2NLl8/vo
スナイパー「...」
サンタ幼女「あ、こいつ自分の後ろに立たれるのが嫌いみたいだから注意してねぇ」
サンタ幼女「もしやったら蜂の巣にされるから」
トナカイ(めちゃくちゃ危険人物じゃないですか)
サンタ幼女「さぁ!北海道に行くぞぉ!これで日本のクリスマスとはさよならだぁ!」
トナカイ(...)
トナカイ(さ、さすがに...殺しを見逃すわけにはいきませんよね)
トナカイ(いや今までも結構スレスレのことばっかしてましたけど...今回は話が別です)
トナカイ(何とかして私が止めないと...)
102: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 22:00:13.37 ID:T2NLl8/vo
☆☆☆☆ 北海道 ☆☆☆☆
サンタ幼女「さすが北海道...さっむぅ!!!!」
サンタ幼女「でも本場の蟹は美味いな、さすが北海道」ムシャムシャ
トナカイ「その蟹、どこから持ってきたんですか」
サンタ幼女「何かそこの漁場のカゴに入ってたから貰った」ムシャムシャ
トナカイ「拾い食いみたいな真似やめてくださいよ...お腹壊しても知りませんよ」
スナイパー「...」
トナカイ「...あ、あの人さっきからずっと黙ったままですけど大丈夫ですか?」
サンタ幼女「無口な性格なんでしょ。プロは喋る暇があったら手を動かすからな」
鹿「...」
103: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 22:17:24.84 ID:T2NLl8/vo
サンタ幼女「さて、ここから少し移動したらサンタ協会の日本支部だけど」
サンタ幼女「行く前に向こうの情報をおさらいしよっか」
サンタ幼女「まず日本支部は本部の要塞と比べたらめちゃくちゃしょぼい。見た目はただのビルだし」
サンタ幼女「一応、サンタ狩り対策のためにそういうトラップはいくつかあるけどまあ素人しか引っ掛からないよあれ。私も下見でこの前行ったけど一人で攻略出来そうだったもん」
サンタ幼女「まあ所詮は極東の島国だからねぇ、サンタ文化は欧米の方が盛んだし」
サンタ幼女「んで今回のターゲットはこいつ」ペラッ
サンタ幼女「こいつが実質日本支部のボス、本部で言うと聖女のポジションだね」
サンタ幼女「名前は>>105、まあまあ強いらしいけど...今の私の敵じゃないよぉ」
104:以下、
西住しほ
105:以下、
コンバット越前
106: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 22:51:12.89 ID:T2NLl8/vo
サンタ幼女「名前はコンバット越前」
トナカイ「...誰ですかそれ」
サンタ幼女「セガ・サターンのクソゲー帝王『デスクリムゾン』シリーズに登場。
10年前の傭兵時代、戦闘中に謎の階段と謎の扉を見つけ、せっかくだから選んだ赤の扉の中にあった銃『クリムゾン』を勝手に持ち出してしまったが為にデスビスノスの軍勢につけ狙われるハメとなった医者。
ぶっちゃけ私も元ネタよく知らんから多分もう出てこないと思う」
サンタ幼女「固有名詞のキャラは扱いにくいからねぇ...」
トナカイ「な、何の話ですかそれ」
サンタ幼女「とにかくこいつを殺ればいいって話だよ。こっちには伝説のスナイパーもいるし楽勝でしょ」
スナイパー「...」
サンタ幼女「じゃあ攻めこむとしますか。イエヤアアアアアアアアアアッッッ!!!!」
トナカイ(...テンション高いな)
107: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 23:06:06.41 ID:T2NLl8/vo
☆☆☆☆ サンタ協会 日本支部 ☆☆☆☆
トナカイ「こ、ここが日本支部ですか。私はアイスランド産ですから来るのは初めてです」
サンタ幼女「へーアイスランドにも鹿っているんだ」
鹿「...」
トナカイ「...ところで、あのスナイパーさんはどこに行ったんですか?姿が見えないですけど」キョロキョロ
サンタ幼女「そりゃ狙撃者だからね、向かいのビルからターゲットを狙うんだってさ」
サンタ幼女「私の仕事はターゲットを目標のポイントまで誘導すること、楽でいいね」
トナカイ「そ、そうですか...」
108: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/27(火) 23:23:56.84 ID:T2NLl8/vo
サンタ幼女「さっ、入るか」スタスタ
トナカイ「えぇっ!?正面から行くんですか!?」
サンタ幼女「だって私サンタだし。何にも後ろめたいことなんてないし」スタスタ
トナカイ(監視カメラに記録されてるとかそういう考えはないんでしょうか...)
ウィーン
トナカイ「...外装と同じで中身も何か質素ですね。本部は明らかにリッチな感じだったのに」
サンタ幼女「最近不景気だからねぇ、階段はめんどいし上までエレベーターで行くか」ポチッ
トナカイ「...ここもうちょっとセキュリティ強化した方がいいですね」
109: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/28(水) 00:09:48.20 ID:rgexupAVo
ブォォン...
トナカイ「ここのトラップって何があるんですか?」
サンタ幼女「サンタIDを登録してないやつが入ると防犯ロボが襲ってくる」
サンタ幼女「まあ弱いんだけどね。どれくらい強いか気になって試しに一個起動してみたら間違って壊しちゃったよ、隠したからバレてないと思うけど」
トナカイ「...バレてますよ、普通に」
サンタ幼女「あと一応最上階を守る守護神がいるね」
トナカイ「守護神?」
鹿「...」
チーン
サンタ幼女「お、最上階に着いたか」
110: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/28(水) 00:17:54.97 ID:rgexupAVo
トナカイ「ちょ、ちょっと待ってくださいよ。守護神ってなんですか?」
トナカイ「まさか本部にいたあのキメラみたいなのじゃ...」
サンタ幼女「あいつは聖女のお気に入りのペットだから特別だよ、何かどっかの無人島から食べた生物の遺伝子を取り込む生物の卵を持ってきたみたいだからね。あんなの滅多にいないわぁ」
サンタ幼女「ここにいるのはもっと可愛いやつ」
トナカイ「か、可愛いんですか?」
ズシーーーーーン...
サンタ幼女「あ、こっちに気付いた」
トナカイ「ちょっ...何ですかこの振動!絶対でかいやつじゃないですか!」
>>111「グルルルル...」
サンタ幼女「あ、出た」
トナカイ「!?」ビクッ
111:以下、
アメリカンコッカースパニエル
112: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/28(水) 00:29:56.59 ID:rgexupAVo
アメリカンコッカースパニエル「

サンタ幼女「おー...よちよちぃ?可愛いでちゅね?」
トナカイ「...」
アメリカンコッカースパニエル「」ヘッヘッヘ
サンタ幼女「ほら!お前の好きな骨だぞ!」ヒョイッ
サンタ幼女「取ってこぉい!!!!」ブンッ
アメリカンコッカースパニエル「」ダッ
サンタ幼女「さ、行くか」スタスタ
トナカイ「えぇ...」
113: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/28(水) 00:39:39.36 ID:rgexupAVo
トナカイ「何ですか今の...何か普通の犬に見えたんですけど...」
サンタ幼女「犬だよ。犬種はアメリカンコッカースパニエル、一応猟犬だね」
サンタ幼女「名前はアンコニエル、覚えやすいでしょ?」
トナカイ「いや名前とかどうでもいいんで...なんであれが守護神なんですか」
サンタ幼女「だって可愛いじゃん」
トナカイ「えぇ...」
鹿「...」
サンタ幼女「これであとはターゲットを暗殺するだけだな。いや本当楽だったわマジで」
トナカイ「ドン引きするくらいスムーズで怖いですよ」
114: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/28(水) 01:18:36.05 ID:rgexupAVo
サンタ幼女「三度目の正直ってやつだねぇ!今年こそはクリスマスをぶっ潰せるよぉ!」
トナカイ「...サンタさん、本当にやるんですか?人を殺すんですよ?いいんですか?」
サンタ幼女「は?お前、今更なに言ってんの?ここまで来たらやるしかないだろ」
サンタ幼女「私がどんな思いでこの2年間頑張って来たか...段々近付いてくるクリスマスにうなされた日々を忘れやしない」
サンタ幼女「それに今年もプレゼントの準備なんてまったくなーんにもしてないしねぇ。止めるなんて出来るわけないじゃん」
サンタ幼女「クリスマスをぶっ潰せるなら一人の命なんて安いもんだよぉ!!!!」
トナカイ「そう...ですか。分かりました」
トナカイ「私は少しお花を摘みに行ってきます。一人で勝手に決着をつけてきてください」トコトコ
115: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/28(水) 02:03:23.42 ID:rgexupAVo
サンタ幼女「は?なんだよお花を積むって、鹿なんだからここですればいいだろ」
サンタ幼女「ま、いいや。元からあいつなんて戦力外だし」
サンタ幼女「行くぞトナカイ、これが何百年も続いた聖戦の最後だ」スタスタ
鹿「...」トコトコ
トナカイ「...ふぅ」パタン
トナカイ「ここなら...誰も居ませんよね」ピッ
プルルルルル...プルルルルル...
トナカイ「あ、もしもし。私です、実は今年も...」
トナカイ「はい...はい、お願いします」
116: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 20:40:54.10 ID:2ve73DgPo
バンッ
サンタ幼女「カチコミじゃオラアアアアアアアアアアア!!!!!!!」
コンバット越前「」ビクッ
サンタ幼女「よっしゃ!ターゲット確認!」
サンタ幼女「こっち来いやゴラアアアアアアアアアアアアッッ!!!!!」グイッ
コンバット越前「」ズルズル
サンタ幼女「今だスナイパアアアアアアアアアア!!!!ヤれえええええええええええ!!!!!」
スナイパー「...」ジャキッ
バキューーーーーン!!!!!!
117: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 20:55:50.11 ID:2ve73DgPo
コンバット越前「」バンッ
コンバット越前「」バタッ
サンタ幼女「...」
サンタ幼女「ふ、ふはは...ふははははは...こ、これで」
サンタ幼女「日本の代表を失ったサンタは大混乱、プレゼントを配る余裕もなく今年のクリスマスは終了...」
サンタ幼女「ついでにクリスマスにイチャイチャしてるやつらも何となく死んで、めでたくクリスマスは中止というわけだ」
サンタ幼女「か、勝った...やっと、この戦いに...」
ピピッ
『...任務は遂行した』
サンタ幼女「おぉ!センキュー!マジで助かったよぉ!」
『...俺はもうここを離れる。以後この番号は破棄する、これでさよならだ』ピッ
サンタ幼女「さすがプロ、蝶のような華麗な仕事の後は風のように何事もなかったかのように去る...かっけぇ」
118: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 21:07:47.74 ID:2ve73DgPo
サンタ幼女「私も大きくなったら殺し屋になろっかなぁ、リア充専門の」
サンタ幼女「何はともかくこれで私の勝利だぁ!2年目にして勝ったぞおおおおおおおおおおおお!!!!!」
トナカイ「サンタさん...本当にやったんですか」
サンタ幼女「おっ!う○こから帰ってきたか!一番いいところを見逃したな!」
サンタ幼女「どうだぁ!これで今年のクリスマスは消えた!いずれ日本だけではなく世界のクリスマスもぶっ潰してやるよおおおおおおおおおおおお!!!!」
トナカイ「...」
鹿「...」
サンタ幼女「今日はご馳走だな!チキンにケーキに...寿司とピザとステーキとパフェも食べよう!」
サンタ幼女「くくくぅ...あとあと、勝利の記念にどっか旅行にも行こうかな。そうだな...温泉にしよう!別府か下呂辺りに行こう!」
聖女「熱海にしませんか?あそこは食べ物も美味しいしちょっとしたリゾートですよ」
サンタ幼女「熱海かぁ...あっ!今日焼き肉も食べるか!」
119: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 21:28:27.61 ID:2ve73DgPo
サンタ幼女「...ん?誰だ今の」
サンタ幼女「さっき熱海って言ったやつ誰?」
トナカイ「...」
鹿「...」
サンタ幼女「空耳か、まだ何か憑いてるのかな」キョロキョロ
サンタ幼女「...あとでお払いでもしてもらうか」
サンタ幼女「まあ例え幽霊だとしても今の私の敵じゃないけどねぇ!スナイパーも雇ったんだし聖女もついでに殺っとけば良かったわ!!」
サンタ幼女「あのクソババア!次会ったらマジでぶっ殺してやるからな!この性悪ゴミクズビッチがっ!!」
ツンツン
サンタ幼女「あ、なに?」クルッ
聖女「」ニコッ
120: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 21:35:51.61 ID:2ve73DgPo
サンタ幼女「...」
聖女「」ニコニコ
サンタ幼女「...マジで憑かれてるみたいだな。幻覚まで見えるわ」ゴシゴシ
サンタ幼女「まあどうせ幻覚なら殴っても平気か。オラァ!!死ねェ!!!!」ブンッ
聖女「誰が性悪ゴミクズビッチですか」ブンッ
サンタ幼女「へぶちっ!?」ドゴォ
サンタ幼女「」ゴロゴロゴロー
トナカイ「うわぁ...綺麗にクロスカウンターが入りましたね」
鹿「...」
121: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 21:44:30.14 ID:2ve73DgPo
聖女「まったく...毎度毎度よく飽きないですね。しかも今年は殺し屋まで雇って暗殺ですか」
聖女「何だか、だんだんエスカレートしてませんか?来年は戦争でも始める気ですか」
サンタ幼女「な、なんでごいつがごごにぃ...」ゴロー
トナカイ「...私が呼びました」
聖女「そういうことです♪」
サンタ幼女「もうマジでやめろよこの展開...毎回同じじゃねえか...」ゴロー
聖女「お互い様ですよ。いい加減、諦めてください」
122: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 21:58:23.70 ID:2ve73DgPo
聖女「あなたが暗殺したと思っていたこの代表は偽者の偽物ですよ。そもそもコンバット越前がサンタなわけないじゃないですか」
聖女「でもあの伝説の殺し屋を雇ってくるとは思わなかったですね。面倒なことにならず帰ってくれて助かりました」
聖女「さて...今年もお仕置きの覚悟は出来ていますよね?まさか覚悟も持たずに反乱を起こすほどあなたも馬鹿ではないですもんね?」
サンタ幼女「...」
トナカイ(絶対考えてなかったよなぁ...あの人ポジティブだから」
鹿「...」
聖女「では今年は...そうですね。ノーパンでソリの下が透ける仕様でプレゼント配りを...」
サンタ幼女「...ぃ」
サンタ幼女「異議ありィィィィィィィィィ!!!!!!!」
123: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 22:09:17.45 ID:2ve73DgPo
サンタ幼女「お前、本当毎回毎回同じ展開なんだよぉ!!!!二年連続三度目じゃねえかっ!!!!みんな飽きてるわ!!!!」
トナカイ「みんなって誰ですか」
サンタ幼女「そもそもなんなん!?お前だけ何か別の次元の力持ってね!?一人だけズルいじゃん!こっちにも強い能力よこせよおおおおおおおおお!!!!!」
トナカイ「一昨年辺りはサンタさんも天候操ったり時間止めたりしてましたよね」
サンタ幼女「とにかく私が言いたいのはちょっとは変えろってこと!!お前がいると私が絶対勝てないじゃん!何にも面白くないじゃん!全部茶番じゃん!」
サンタ幼女「せめて何か救済措置くれよおおおおおおおお!!!!!」
トナカイ「サ、サンタさん言ってることが支離滅裂ですよ。そんなこと言っても自分の立場は変わらな...」
聖女「なるほど、一理ありますね」
トナカイ「ええっ!?」
124: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 22:22:53.42 ID:2ve73DgPo
聖女「確かに誰にでも平等にチャンスはあるべきです。正直、私も一方的に勝つのはあまり面白くないですからね」
聖女「もっとスリルがないと人生は楽しくありません。たまには大穴が当たるのを見るのも楽しそうです」
サンタ幼女「え、あ...うん?」オロオロ
トナカイ(最後の苦し紛れに言った言葉で何か変な方向に向かってて混乱してますね...)
鹿「...」
聖女「いいでしょう、最後のチャンスをあげます。飴とムチ...というやつです、最も飴になるかムチになるかはあなた次第ですが」
サンタ幼女「えっ!?うそっ!?マジぃ!?」
聖女「ここにサイコロがあります。偶数の目ならあなたに幸運なことが、奇数の目なら不幸なことが起こるというゲームにしますか」
聖女「肝心の内容は...偶数は>>125、奇数は>>126。まさに天国と地獄というやつですね。ククッ...面白くなってきました」
125:以下、
向こう5年間クリスマス中止
126:以下、
ホラー映画呪怨の俊雄君にクリスマスプレゼントを渡すんだ、ただし母親の佐伯伽?子に見つからない事
見つかったら確実にコロコロされるぞ
127: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 22:47:31.86 ID:2ve73DgPo
聖女「偶数ならクリスマスを5年間中止にします」
サンタ幼女「はぁっ!?」
トナカイ「えっ!?」
聖女「全世界のクリスマスを祝う行為を5年間禁止にします、パーティーもツリーもなしです」
聖女「ついでにカップルで会う行為も禁止します。あ、チキンを食べるのははギリギリセーフです」
サンタ幼女「え、ちょ...お前マジで言ってんの?嘘じゃないよね?」
聖女「私は本気ですよ、これでもギャンブルは好きな方でしてね」
聖女「これくらい賭けないと面白くありません...ふぅ、ちょっと興奮してきました」
サンタ幼女「ク、クリスマスが...5年も中止...お、おおおおおおおおおおお!!!!!!」
128: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 23:04:09.37 ID:2ve73DgPo
トナカイ「さ、さすがにダメですよ!聖女さん!そんな独断で中止なんて無理です!」
聖女「サンタ協会で一番偉いのは私です。全ての権利を持っているのも私です」
聖女「その私が中止と言ったら、恐らく全てのクリスマス文化は停止しますから大丈夫ですよ。約束は破りません」
トナカイ「そういうことじゃなくて!こんなくだらない賭けでクリスマスを5年も消すなんて間違ってます!」
サンタ幼女「お前は黙っとけや鹿!これは私とこいつの問題だ!」
聖女「で、奇数の場合ですが...『呑む家』という都市伝説を知っていますか?」
130: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 23:15:52.48 ID:2ve73DgPo
サンタ幼女「...?知らない」
聖女「その家に入った者は必ず消えてしまうという都市伝説です。こちらの調査で、その都市伝説の家が実在し二人の親子の幽霊が住んでることが確認出来ました」
聖女「ですが...その住み着いてる幽霊が厄介でしてね。子供はそこまで危険じゃないんですが、母親の方は...かなりヤバいです」
聖女「あなたにはその家に行って、子供の幽霊にプレゼントを届けて欲しいんです 」
サンタ幼女「...」ゴクリ
サンタ幼女「い、いいぜ...や、やってやるよ」
トナカイ「ま、待ってください...その母親の霊ってどれだけ危ないんですか?」
聖女「分かりやすく言うなら...今は呪いの範囲が家に収まってますが、もしこれが世界に拡散したら大変なことになるくらいヤバイです」
131: ◆gqUZq6saY8cj 2016/12/29(木) 23:23:08.01 ID:2ve73DgPo
トナカイ「や、やめた方がいいですよサンタさん!失敗したら死んじゃいますよ!!」
サンタ幼女「うるせぇ!私はクリスマスを潰すために死ねるなら本望だ!」
サンタ幼女「早くサイコロを振れぇ!もう覚悟は決めた!」
聖女「決まりましたね。では振ります」スッ
トナカイ「や、やめください二人とも!!!!こんなの間違って...」
コロコロコロ...
コロコロコロ...
コロコロコロ...
コロン
サイコロの目『>>132のコンマ』
132:以下、
えい
133:以下、
さすが期待を裏切らないな
134:以下、

続き・詳細・画像をみる


2018年あけましておめでとうございます!!「ばるろぐ!」管理人から新年のご挨拶

紅白に出てきた安室奈美恵(40)の顔が白すぎると話題

【ミリマス】詐称門【SS】

ナイアガラ凍結 57年ぶりの寒さ

中日、根尾を獲得した場合二刀流で育成

「ニッポンアニメ100」好きなアニメキャラ1位は『タイバニ』虎徹、2位 オルガ・イツカ、3位 サーバル

【衝撃】新年早々、ガチでヤバいJK現るwwwwwwwエッッッッッッ

【悲報】カウンターで箸が隣席側にあると遠慮して取れない。15分間我慢して待ち続けた男の書き込みにネット絶句

【仮装通貨】「ビットコイン長者」のリストアップに国税当局が着手。税逃れ防ぐ

こういうコート着てるキモオタ

【朗報】落合博満さんの選ぶ2017プロ野球ベストナイン、わりとまとも

【画像多数】 ストーブON! ネッコ『シュババババ』

back 過去ログ 削除依頼&連絡先