【モバマス】カラフルほたるback

【モバマス】カラフルほたる


続き・詳細・画像をみる


・赤菊ほたるは火に強い
藍子「ああっ、茜ちゃんがイチノセドラッグのオーバードーズで自然発火しちゃった……! 女子寮が真っ赤に燃えてます!」
未央「火事だー! 唐突に洒落にならない事態になっている!」
藍子「このままだと、中に取り残された幸子ちゃんが危ないです……」
未央「誰か助けに行かないと……!」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514050274
引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514050274/
2 :以下、
夕美「お困りかなっ? 困ってるなら、レスキュー夕美ちゃんにお任せだよっ!」
藍子「夕美ちゃん! その植木鉢は……?」
夕美「これは色ピクほたるっていう植物でねっ」
未央「なんて?」
夕美「いろんな色があって、植物なのに動いて働いて凄いんだよっ」
未央「植物なの?それ」
夕美「マンドラゴラの親戚みたいなものかな?」
3 :以下、
藍子「なるほど……その色ピクほたるはともかく、火事なんです! 幸子ちゃんがまだ女子寮に……!」
夕美「うんうん、そんなときはこの赤菊ほたるの出番だねっ」スポーン
未央「おもむろに植物を引っこ抜いた! その葉っぱの下には……」
ほたる「出番ですか……? 頑張ります」
未央「髪が赤くて葉っぱが頭から生えてるほたるんだ! いやなんで?」
4 :以下、
夕美「赤菊ほたるは火に強いんだよっ! そーれっ」ポーイ
未央「投げたーっ! ほたるんをおもいっきり大火事の女子寮に放り投げたー!」
夕美「よろしくね赤菊ほたるちゃーん!」
5 :以下、
ゴゴゴゴゴ
藍子「? 何の音でしょうか……」
未央「女子寮が崩れる! 危ない!」
ガラガラガラドジャーン
藍子「ああっ……幸子ちゃーん!」
未央「ま、間に合わなかった……」
6 :以下、
夕美「大丈夫! 赤菊ほたるは攻撃力が高いから壁を破壊して幸子ちゃんのいる場所への最短ルートを突き進めるの! ほら見て、間に合った!」
ガラガラガラ
未央「あっ、瓦礫が盛り上がって……」
ほたる「ええいっ!」バーン
幸子「けほっけほっ……ほたるさんが間一髪覆い被さってくれて助かりました!フフーン!」
藍子「凄い! 赤菊ほたる凄い! 幸子ちゃんが助かってよかった……」
夕美「偉いぞ赤菊ほたるちゃんっ。あとでお守りいっぱい買ってあげる!」
ほたる「えへへ……頑張りました」
未央「……私はどこから突っ込めばいいんだろうか」
7 :以下、
・青菊ほたるは溺れない
小梅「大変……! 海でグラビアのお仕事してたら……幸子ちゃんが海中の幽霊に引きずり込まれちゃった……」
輝子「と、唐突だな……大丈夫かな幸子ちゃん……」
ガボゴボガボゴボ
輝子「あぶくが凄い……た、助けないと」
8 :以下、
夕美「お困りかなっ? 困ってるなら、レスキュー夕美ちゃんにお任せだよっ!」
輝子「夕美さん……植木鉢を抱えて突然現れて……どうした……」
夕美「海難救助は、この青菊ほたるにバッチ来い!」スポーン
小梅「わぁ……引っこ抜いた葉っぱの根っこが……髪が青いほたるちゃんになってる……!」
ほたる「お仕事ですか? なんでもやります……やらせてください」
輝子「い、意味がわからない……」
9 :以下、
夕美「青菊ほたるは溺れないんだよっ! そーれっ」ポーイボチャーン
輝子「な、投げた……景気よく、幸子ちゃんが溺れてる辺りに向けて……!」
10 :以下、
ザバァァァァ
小梅「あ……サメがいっぱい寄ってきた……これはマズイ……映画だととってもマズイ……」
輝子「さ、幸子ちゃん……どうか無事で……」
11 :以下、
ザバーン
小梅「あっ……海中から何かが飛び出してきた……こっちに来る……」
夕美「青菊ほたるは溺れる仲間を岸に投げて助けるんだよっ」
どさっ
幸子「フフーン! 三途の川が見えましたけどボクですからね! 助かりました!」
小梅「わあ……青菊ほたる、凄い……!」
輝子「でもサメに囲まれてるぞ……青菊ほたるはどうやって逃げるんだ……?」
夕美「そこはライオンが頭に噛みついても流血で済むくらい丈夫な色ピクほたるだからね! うまくやってくれるよ!」
バシャバシャバシャ
輝子「うおお……サメが、サメが群がってる……ほ、本当に大丈夫なのか……」
小梅「あ……サムズアップしてる……」
夕美「ねっ大丈夫でしょ? ありがとー青菊ほたるちゃーん!」
輝子「手振ってる……物凄く理不尽な状況なハズ……なんだけど……まあいっか……」
12 :以下、
・黄菊ほたるは高く飛ぶ
裕美「大変! 幸子ちゃんがスカイダイビングしたんだけどパラシュートが開かないんだって! どうしよう……」
乃々「どうしようもこうしようもないと思うんですけど……助ける方法は……」
13 :以下、
夕美「お困りかなっ? 困ってるなら、レスキュー夕美ちゃんにお任せだよっ!」
裕美「夕美さん……! その小脇に抱えた植木鉢はいったい……」
夕美「パラシュートの事故なら黄菊ほたるが適任だねっ!」スポーン
ほたる「やれることがあるって、幸せなことだと思います……任せてください……!」
14 :以下、
乃々「葉っぱの下には髪が黄色いほたるさんがぶら下がってる……えっどういうことなんですかこれ……意味わかんないんですけど……」
裕美「その黄菊ほたるを、どうするんですか?」
夕美「黄菊ほたるは高く飛ぶし、しかも爆弾を扱えるくらい手先が器用でその上電気に強いんだよっ! そーれっ」ポーイ
乃々「天高く投げたんですけど……気持ちいいくらいにひゅーんと飛んでったんですけど……これ夕美さんの肩も凄いんじゃ」
15 :以下、
ゴロゴロゴロ
裕美「あっ、空が曇ってきた……」
ざーーーーーーーーー
裕美「雨が、どしゃ降りの雨が……!」
乃々「なんなんですかこの急展開……」
夕美「色ピクほたるが傘を持たずに出掛けると高確率で雨が降るんだよっ」
16 :以下、
ピカッ!ゴロゴロゴロ
乃々「ひっ、雷です……雷ですけど……近いですね……」
裕美「大変……! 雷は高い所に落ちるから……幸子ちゃんが危ない!」
夕美「大丈夫っ! 黄菊ほたるは雷に強いから!」
乃々「いやあの、幸子さんの心配……」
ピカッ!ドカーン
乃々「あっ……今の幸子さん直撃したっぽいんですけど……これ無事なんでしょうか……」
17 :以下、
パカッ
裕美「あっ、パラシュートが開いた……!」
夕美「黄菊ほたるは手先が器用! パラシュートの故障くらい簡単に直せるよっ」
乃々「雷ぶち当たったのは心配しないんですね……」
夕美「ありがとー黄菊ほたるちゃーん! 気を付けて降りてきてねー!」
フフーン
裕美「返事が帰って来た! よかった……」
乃々「この事務所ヤバい丈夫な奴しかいないんですか……人体の神秘ぃー……」
18 :以下、
・紫菊ほたるは力持ち
友紀「マズイよマズイよ! コントロールを失って暴走する新幹線に幸子ちゃんが取り残されてる!」
紗枝「唐突やなぁ」
友紀「このままだと猛スピードで終点に突っ込むぞー! ヤバいよどうしよう!」
紗枝「落ち着きなはれ」
19 :以下、
夕美「お困りかなっ? 困ってるなら、レスキュー夕美ちゃんにお任せだよっ!」
紗枝「誰かと思えば夕美はん。その指でくるくる回しとる植木鉢はなんどす?」
夕美「重いものを受け止める……紫菊ほたる、キミにキメたっ!」スポーン
ほたる「もう出番……!? だ、大丈夫です、やれます……!」
紗枝「うわぁ葉っぱから髪が紫のほたるはん生えとる。ちょっと生理的にキツイわぁ」
友紀「紫菊ほたる……その指命、ズバリ心は?」
20 :以下、
夕美「紫菊ほたるは力持ちっ! あととっても重たいんだよっ! そーれっ」ポーイ
友紀「おおう、見事な遠投! 中継無しで凄い距離を飛んでいく!」
紗枝「さっき重たい言うてはりましたけど、夕美はん肩えらく丈夫やなぁ」
21 :以下、
ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"
紗枝「なんやこのアイドルらしからぬ雄叫び、放送禁止ちゃいます?」
友紀「おおっ! 新幹線が急に減したー! きっと紫菊ほたるががっぷり四つで新幹線を受け止めて、ずざざざざーといい感じに線路抉ってるんだ!」
夕美「そう、紫菊ほたるならねっ」
ぷしゅー
紗枝「完全に止まった……なんなんこれ……ついてけん……」
フフーン!バンバンバン
友紀「窓ガラスを叩く音が聞こえるよ! きっと幸子ちゃんだ! おーい無事かぁー!」
紗枝「適応力高いなぁ」
夕美「ありがとー紫菊ほたるちゃーん! 今迎えに行くからねー!」
紗枝「…………まあ無事ならええか……思考停止思考停止」
22 :以下、
・羽菊ほたると岩菊ほたる
幸子「フフーン! 何故か天井がなくて左右の壁が迫ってくる部屋に閉じ込められました! このままでは押し潰されますね! 誰か助けてください!」
夕美「お困りかなっ? 困ってるなら、レスキュー夕美ちゃんにお任せだよっ!」
幸子「夕美さん! 植木鉢を頭に乗せてどうしたんですか!」
23 :以下、
夕美「まずは岩菊ほたるだねっ!」スポーン
ほたる「やるだけやったって免罪符が欲しいだけなのかも……それでも、最後まで……」
幸子「植木鉢の葉っぱを引き抜いたら、やたらゴツゴツしたほたるさんが出てきました!」
夕美「岩菊ほたるはとーっても硬いんだっ! そーれっ」ポーイ
幸子「投げました!」
ガツッ
幸子「壁と床の間に挟まって、壁の動きを止めました!」
24 :以下、
夕美「今のうちに羽菊ほたるっ!」スポーン
ほたる「アイドル……やりたいです……!」
幸子「続いて引き抜いたのは羽が生えたほたるさん! 天使みたいですね! ボクもですけど! フフーン!」
夕美「飛ぶよ、掴まって!」
幸子「天井がないから空から逃げるんですね! ありがとうございます夕美さんほたるさん!」
ほたる「えへへ……」
夕美「頑張ってね羽菊ほたるちゃん! 幸子ちゃんを安全な場所に!」
ほたる「はい、頑張ります……ぱたぱたぱた」
幸子「夕美さんありがとうございました! フフーン!」
25 :以下、
・白菊ほたるには毒がある
今年の冬はあまり雪が降らない。
それでも寒さは確実にあって、事務所に入るまでマフラーも手袋も外せなかった。事務所は暖房、効いてるといいな。
26 :以下、
ガチャリと扉を開ける。
「おはようございますっ。……あれ、ほたるちゃんひとり?」
入ってすぐ、私の視界に飛び込んで来たのは、ドラセナに水をあげる白菊ほたるちゃんの姿だった。
「あ、おはようございます。夕美さんが来る少し前に、ちひろさんがちょっと出掛けました」
「そっか、入れ違いかぁ」
言いつつ、私はほたるちゃんの水やりを覗きこむ。
丁寧に、慈しむように水を与える、その仕草を、なんとなく眺める。
「大きくなってきたねっ」
「はい……枯れずに育ってくれて、嬉しいです」
27 :以下、
まだほたるちゃんが、プロダクションに来て間もない頃の話。
不安そうで、全てに恐怖していて、おどおどびくびくした女の子が、新人だと自己紹介してきた。
申し訳なさそうに、すみませんすみませんと繰り返しながら。
所属事務所が三回倒産したと、私はとても不幸なんだと、いきなり言い出してきた。
だから、私には出来るだけ近づかないで欲しい、と。
28 :以下、
……なんというか、また強烈な子が増えたなぁ、と思った。
聞けば13歳、そのくらいの年齢なら世界も狭いし、突拍子のない言動も微笑ましいものだ。
そう、思っていたのだけれど。
本当に彼女は不幸だった。
29 :以下、
ふと姿を見かければ、大抵何かを謝っている。被害を与えている。
一緒にレッスンすれば、トレーナーさんが遅れる、ラジカセが壊れる。
バックダンサーをさせれば、機材は不調、照明は落ちてスピーカーは故障、衣装は届かず出演者は急病でバタバタ倒れる。
正直侮ってたけど、ここまで来ると本物だった。
どれも私たちのプロダクションは乗りきってきた道だから対処は出来たけど、ほたるちゃんの泣きそうな顔は晴れなかった。
30 :以下、
生憎放っておける夕美ちゃんではないのだ。
「幸福の木……?」
事務所に来てしばらくして、私はほたるちゃんにひとつの観葉植物の植木鉢を渡した。
私に出来るコミュニケーション、その最効率はやっぱり、植物だ。
「そっ! 置ききれなくちゃって。ほたるちゃん、育ててみない?」
植木鉢を押し付けながら、ちょっと嘘をつく。置ききれないくらいはない。スペースを考えるのもガーデニングだよ。
それと、少しほたるちゃんを観察してわかったんだけど、きっとこの子はこのくらい強引でないと、逃げる。
31 :以下、
「その……私が育てたら……枯れるんじゃないかと……」
案の定、ほたるちゃんは唐突な無理難題に目を白黒させて、ついでにキョロキョロさせて、逃げ道を探していた。
「大丈夫大丈夫、ほたるちゃんに毒があるわけじゃあないでしょ?」
「……毒は……あります」
おっと。
意外だった。冗談も言えたんだ。
そう一瞬思ったけど、ところがどっこいほたるちゃんの眼差しは真面目一辺倒。
「毒があるんです。私には、不幸っていう……」
32 :以下、
言ってることは詩的だけど本人は真剣。
こりゃ重症だ。この先この子はどうアイドルしていくんだろう、
と、考えて。
ふと、疑問に感じた。
「……ほたるちゃんってさ、どうしてアイドルやろうと思ったの?」
33 :以下、
毒があるなんて自己申告しといて。
近づかないでと願っておいて。
アイドルって、中心で輝く存在じゃないの?
何故、自分から振り撒く立場を目指すんだろう?
嫌味な感じの質問だけれど、私自身のために断っておくと、別にほたるちゃんを虐めようという魂胆は全くない。ゼロだ。不憫な子に笑ってほしくて近づいた。その点、私はアイドルだ。
「どうして……ですか……どうして……」
ほたるちゃんは、何かを必死に言語化しようと、指をいじいじしながら、口をパクパクさせている。
頑張れ、頑張って。
思わず心の中で応援してしまった。
34 :以下、
「…………憧れ、なので……」
迷った挙げ句、出た言葉はたったひとつ。何の説明も出来てない、単語ひとつきり。
それだけで全てを説明しきれると、その目は語っていた。
逸らしっぱなしだった目を、はじめてしっかり合わせて、言ったのだ。
それで十分だと言わんばかりの、確かな誇りと、それから……数え切れないたくさんの感情を、真正面からぶつけてきた。
35 :以下、
「そっか」
夕美ちゃんはものわかりがいいのです。
「そっかそっか。じゃあさ、やっぱり」
「……わわっ、と……」
私はドラセナを押し付けて、くるりと踵を返した。
「それ、育てると幸せになれるんだっ。お世話、お願いね!」
「へ……? えっと、あの─────」
「それ、きっとほたるちゃんに必要なものだから!」
この子は、このくらい強引じゃないと逃げてしまうだろうから。
すたこらさっさと、夕美ちゃんは退散したのであった。まるっ。
36 :以下、
白菊ほたるには毒がある。
13年、茨の道を歩いてきて、そうして醸成された毒だ。
それは確実に、白菊ほたるに触れた人々を虜にして放さない。
白菊ほたる自身も、その毒が歩みを止めさせない。
確実に、彼女は花開いていた。
37 :以下、
でも毒は毒だ。
やっぱり、私としては、健康が一番だと思うわけです。
38 :以下、
「ところでほたるちゃん、今日のお仕事は?」
「今日ですか……えっと、GBNSのみんなとファッションモデル、そのあとでバラエティー収録です」
水やりを終えたほたるちゃんに聞くと、そんな答えが返ってきた。
スケジュールを話すほたるちゃんは心から楽しそうで、そこに毒はない。
白菊ほたるは、あの日私が必要だと思ったものを手にいれていた。
その助けになれたのかな、ドラセナも。そうだと嬉しいな。
39 :以下、
「そっかそっか。楽しんできてねっ」
「はい……えへへ」
白菊ほたるには毒がある。
まだまだそれは残っているけど、今まさにデトックスの真っ最中。
ほたるちゃんの未来は明るい。明るくしたい。明るくしなくっちゃ。
だって、アイドル相葉夕美なんですから、私!
40 :以下、
・個性がいろいろほたるんズ
P「大変だ大変だ大変だー! 幸子のライブがテロリストにジャックされてしまったー! どうしようどうしよう!!」
夕美「お困りかなっ? 困ってるなら、レスキュー夕美ちゃんにお任せだよっ!」
P「相葉ちゃん!! そしてその植木鉢と、植えてある植物は……」
夕美「色ピクほたるなら、テロリストくらいお茶の子サイサイだよっ! 幸子ちゃんを助けてくるねっ」
P「ありがとうレスキュー夕美ちゃん! 頼む、幸子を救ってくれーっ!」
41 :以下、
テロリスト「動くな! サインください!」
幸子「フフーン! ちょっとばかりピンチが過ぎますね! カワイイって罪!」
テロリスト「おっと、警備員は全てスタンガンで眠らせたぜ。ここからは俺たちのステージだぁ!」
ヒュウウウウウウウウ
テロリスト「ん……? 何かが降ってくる……! 全員撃てーっ!」
テロリスト集団「うおおおーっ!」パンパンパンパン
カキンカキンカキン課金カキンカキン
テロリスト「跳ね返しただと!?」
しゅたっ
夕美「お困りかなっ? 困ってるなら、レスキュー夕美ちゃんにお任せだよっ!」
テロリスト「相葉ちゃんだ! サインください!」
42 :以下、
夕美「羽菊ほたるで上空まで飛んできて、岩菊ほたるで身を固めながらの落下! さぁ、lilac timeをはじめよっか!」
テロリスト「撃てーっ!」パンパンパンパンパンパン
夕美「効かないよっ」カキンカキンカキン
テロリスト「くそう! 兄貴、頼みます!」
テロリスト筋肉「おれ おまえ くう」
夕美「わぁ、すっごい筋肉! でも紫菊ほたるなら!」スポーン
ほたる「あの……が、頑張ります……!」
43 :以下、
がしっがしっ
テロリスト「バカな! 兄貴と組み合えるような剛力がいるはずねぇ!」
テロリスト筋肉「おまえ つよい ほれそう」
ほたる「つ、強いだなんて……そんな……えへへ」てれてれ
夕美「今だっ赤菊ほたる!」ポーイ
ぺしっ
テロリスト「あっ兄貴の顔面に新しいほたるちゃんが張り付いた!」
ほたる「ええーい、植木鉢をたくさん受け止めてきた頭での頭突きーっ……!」がつーん
44 :以下、
テロリスト筋肉「つよい まけた おれ おまえ みつぐ」
テロリスト「兄貴ー! くそう、だがこっちには人質の幸子ちゃんが……いない!どこにいった!?」
夕美「幸子ちゃんなら、ステージ下に準備されてた熱湯風呂に隠したよっ。青菊ほたるだから出来たことだねっ」
テロリスト「うわあああ畜生ーっ」バチバチ
夕美「スタンガン? 仕方ないなぁ……黄菊ほたるちゃんに任せちゃおっと」ポーイ
ほたる「…………」とことことこ
テロリスト「ノコノコ愛らしく歩いてきやがってぇーっこれでもくらいやがれぇーっ!」バチバチバチ
ほたる「効きません……すみません……」ぺちん
テロリスト「ぐはっ」
夕美「テロリスト鎮圧成功!」
45 :以下、
P「ありがとうレスキュー夕美ちゃん!」
藍子「ありがとうございますレスキュー夕美ちゃん!」
未央「レスキュー夕美ちゃん!最高!」
茜「ボンバー夕美ちゃんエクセレント!」
小梅「かっこいい……レスキュー夕美ちゃん……」
輝子「ヒャッハーレスキュー夕美ちゃんサイッコーだゼェェェェェ!!!」
サメ「いえーいレスキュー夕美ちゃん抱き締めてーっ!」
裕美「レスキュー夕美ちゃん!感動をありがとう!」
乃々「レスキュー夕美ちゃんこそ地球の希望なんですけど……」
雷「レスキュー夕美ちゃん!握手して!」
友紀「かっとばせーレスキュー夕美ちゃん!」
紗枝「ほんにレスキュー夕美ちゃんかいらしなぁ」
ヘレン「ダンサブル!レスキュー夕美ちゃん!」
幸子「ガボゴボガボゴボ」
ほたる「レスキュー夕美ちゃん……!」
夕美「困ってるなら、レスキュー夕美ちゃんにお任せだよっ! いつでも呼んでね!」
おしまい
46 :以下、

続き・詳細・画像をみる


【DeNA】高卒2年目・細川を右翼レギュラーへ ラミレス監督

【画像】さんま御殿に出てるタヌキ美少女は誰だと話題沸騰wwwwwwwwww

【悲報】クリスマスにバス内でイチャつくカップル、嫉妬で盗撮されてしまう

年収800万の俺が離婚した結果wwwwwwwwww

輸入スポーツハッチ買いたいんだけど

【ハンターハンター】クラピカって相手が旅団じゃなくても強いよなwwwwwww

back 削除依頼&連絡先